MONOEYES Interstate 46 Tour 2019 at 豊洲Pit

Category : LIVE
MONOEYES Interstate 46 Tour 2019に行ってきました(*・∀・)ノ

20191217_02.jpg
MONOEYES

20191217_01.jpg
豊洲Pit

本日の公演はツアーセミファイナル!(明日がファイナル)

前説(LIVEを楽しむうえでの諸注意)にギターボーカルの細美武士さんが出てきて驚いたΣ(・ω・ノ)ノ!

今年は『Interstate 46』E.P.のリリースのみだったこともあり、セットリストは過去のLIVE+最新E.P.といった内容だった。

今回はツーマンライブではなくワンマンなので、時間たっぷりでほぼ全曲LIVEといった感じ。

MONOEYESのツアーの東京公演は新木場Studio CoastかZepp Tokyoのイメージが強かったけれど、今回は豊洲Pitということで、細美さんが『ツアーファイナルで豊洲Pitは初めてじゃないかな。なんだか体育館っぽいよな』と言っていて、僕もほぼ同じ感想だったので驚いた(笑)

・『Run Run』~『Like We've Never Lost』の流れは高まった



・『Cold Reaction』聴けたのは久しぶり?

・『What I Left Today』のイントロと最後がアジカンの『遥か彼方』と一緒という自虐ギャグ笑った。

・来年3rdアルバムを作る

・3rdアルバムを作ることにより、以降のLIVEのセットリストから漏れる曲が出てくる。
 『What I Left Today』はおそらくその1つ

・前方のリフト&ダイブ&モッシュが凄まじく、LIVE終盤で体調不良者2人が運び出された

個人的に印象に残ったトピックスは上記の通りかなー。

最近の細美さんのMCは哲学的というか色々考えさせられる内容のものが多かったのだけど、今日はとにかく上機嫌でそういったMCはなく、途中で風の谷のナウシカの曲とエピソードが飛び出すなど面白い内容が多かった。

BaSSのスコットが『MONOEYESは独身4人バンドだったけれども、この度一人(細美武士)が卒業して…』と話し出し、観客から『結婚おめでと~!!』と祝われる場面もあったり、とにかく幸せな気持ちになった公演だった。

前方への圧縮が凄まじかったせいか、SOLD OUTしているにも関わらず今日はステージを見やすかったな~ヽ(´ー`)ノ

豊洲駅からだと徒歩15分もあるから個人的には面倒くさい会場だったのだけど、今日みたいに見やすいのであれば今後は豊洲Pitも積極的に使って欲しいと思った。 (新木場やZeppだとギュウギュウ詰めでステージがかなり見づらい)

凄まじい熱気で昨日のBABYMETALに引き続き今日も汗だくになった。。。

今日は有給を取得してLIVEに参戦したのだけど、平日月・火のLIVEは険しいね。。。(苦笑



 
Posted by りすお [RIS-O] on 17.2019   0 trackback

BABYMETAL APOCRYPHA - ANOTHER GALAXY - at Zepp DiverCity Tokyo

Category : LIVE
BABYMETAL APOCRYPHA - ANOTHER GALAXY -に参戦してきました(*・∀・)ノ

会場はZepp DiverCity Tokyo

年末のCountdown Japanのチケットが取れなかったので、上述の通り個人的にはBABYMETALの年内見納め公演だった。

本日の公演は実質的なファンクラブである"THE ONE"登録者限定公演だった。

最近のBABYMETALのLIVEはLINE TICKET(電子チケット)なので、スマホ1台あれば済むからラク。

紙チケットだとたまに家に忘れて外に出てきちゃったりするので…



本日のTHE ONE限定公演は勿論SOLD OUT

むしろ世界的に活躍するBABYMETALをキャパ3000人未満のライブハウスで観られるなんて今となってはレアなんだよね。

個人的にZepp DiverCity Tokyoでの思い出は2013年の『五月革命』かな。

このときからSU-METALが生歌でパフォーマンスし始めたのが凄く印象に残っている。
(信じられない人もいると思うけれど、当初BABYMETALは口パクアイドルユニットだった)

なんだかんだでBABYMETALとはもう5年以上の付き合いになるのか…。
当初は(さくら学院のスピンオフユニットということで)解散するぞするぞ詐欺みたいな感じだったのに(笑)

BABYMETALのTHE ONE限定LIVEは至近距離でパフォーマンスが観られるものの、時間が短くてあっという間に終わってしまうのが特徴的だったのだけど、今日のLIVEは想像以上にボリューミーだった。



基本的には先月に行われたさいたまスーパーアリーナ公演と同様、最新アルバム『METAL GALAXY』からの選曲が多かったけれど、メッチャ久しぶりに『ヘドバンギャー!!』を聴くことが出来た。YUIMETALの代わりを務めるアベンジャーズが入ってから『ヘドバンギャー!!』を観るのは今日が初めてだった。

最近はなりを潜めていた(?)神バンドによるソロパートもあったりして会場内は大いに盛り上がった。

SU-METALの圧倒的ボーカル、メッチャ美人に成長したもののキュートさも兼ね備えているMOAMETAL、新規加入とは思えない安定したパフォーマンスを魅せるアベンジャーズ(本日は岡崎百々子)。それぞれ素晴らしかった。

やっぱりBABYMETALは3人体制がええわ~ヽ(´ー`)ノ

THE CHOSEN SEVENで下がったモチベーションがグングン回復してきた!!

ここ数年のBABYMETALは海外公演ばかりで日本を軽視するような傾向にあったけれど、2019~20にかけては日本公演が結構多いから国内のファンにとっては嬉しい限り。 最近の公演は最新アルバム『METAL GALAXY』のお披露目&プロモーションを兼ねたLIVEとも言えるけれど、今後もメンバーが負荷がかかり過ぎない程度に国内公演をお願いしたい。

【参考リンク】
BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN ~Zepp DiverCity Tokyo Day2~

BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命- - BATTLE-2

BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命- BATTLE-3&FINAL



Posted by りすお [RIS-O] on 16.2019   0 trackback

話題の新興ライブハウス「harevutai」に行ってきた ~sora tob sakana定期公演~月面の遊覧船~ TRIAL

Category : LIVE
sora tob sakana定期公演~月面の遊覧船~ TRIALに行ってきました(*・∀・)ノ

どちらかというとお目当ては新興ライブハウスの「harevutai」だったり。

2019年11月にオープンしたばかりの「ハレザ池袋」

20191128_01.jpg

そのハレザ池袋に出来た最新のライブハウスが「harevutai」なのです!!

20191128_02.jpg
開場前の様子

20191128_03.jpg

ドリンク代は¥600

20191128_04.jpg

入り口を入ってすぐにドリンクカウンターがあり、ビールも提供されていました(*・∀・)ノ

20191128_05.jpg

社会人が多く、ビールを注文している人が多かった。

20191128_06.jpg
オサカナ物販

20191128_07.jpg

えっw オサカナの物販ってPayPay使えるのw

時代の流れを感じるわぁあああヽ(´ー`)ノ

20191128_08.jpg

harevutaiの特徴はなんといっても超美麗で巨大なLEDモニター!

オサカナ(sora tob sakana)のようにVJを駆使するLIVEとは相性が良さそう。

ステージの高さは渋谷の小規模ライブハウスのような低いステージではなく、それなりの高さがあってオールスタンディングの会場でも結構視界が良かった。

Shibuya O-EASTほどは高くないけれど、それに近い高さはありそう。

キャパは400人なのだけど、構造としては横長でShibuya O-WESTっぽい造りだった。

ただ、O-WESTとは異なり客席後方に段差があるのは嬉しい。

後ろ側からステージ全体を眺めたい人、ゆったりライブを観たい人にもオススメできそう。

このライブハウスのウリはおそらく巨大LEDモニターなんだろうけれども、
個人的には音響(スピーカー)が良くて素晴らしいと思った。

20191128_09.jpg
harevutai 初来場の記念に写メを撮る人々

…自分もその一人だけどw

ちなみにオサカナの定期公演は3人体制になってから初めて見たのだけど、4人体制の時と比較しても意外に違和感はなかった。

新曲数曲が分からなかったけれど、相変わらず難解なゴリゴリのROCKを唄ってるな~と思った。

最新アルバムを聴いて音楽の方向性が変わっちゃったかな…と思っていたのだけど、ステージを観る限りそうではなさそうだ。



交通の利便性は良いけれど、渋谷新宿に比べるとライブハウスが少なかった池袋。

再開発で街並みがどんどん変わっていく楽しい街になりつつあるな~ヽ(´ー`)ノ



Posted by りすお [RIS-O] on 28.2019   0 trackback

SHUGAR ONE MAN LIVE vol.2 at 代官山SPACE ODD ~塩川莉世出演~

Category : LIVE
転校少女*の歌姫 塩川莉世率いるガールズバンドSHUGARによるワンマンライブ

SHUGAR ONE MAN LIVE vol.2 at 代官山SPACE ODDに行ってきました(*・∀・)ノ

最初は何気なく観に行ったAKIBAカルチャーズ劇場の転校少女*定期公演。

特に推しメンはいなかったのだけど、生歌を聴いているうちに『あれ?この子だけ歌がダントツで上手くね?』と気になる存在になっていったのが塩川莉世ちゃん。


そんな塩川莉世ちゃんがソロライブ(バンド結成ライブ?)を行うというので気になっていたのだけど、第1回のVol.1はタイミングが悪くて観に行くことが出来ず…。

今回のvol.2でようやく観に行くことが出来た。

会場であるSPACE ODDは渋谷駅の新南口から行く方が比較的近いのだけど、埼京線が遅れていたので結局山手線で渋谷駅へ。

20191125_01.jpg
渋谷スクランブルスクエア

20191125_02.jpg

もうイルミネーションの季節か…なんて思いながらぼんやり眺めていた。

20191125_03.jpg

若い頃はT.M.Revolutionの歌詞のように『街くらい奇麗な子と歩きたい』という願望があったけど、今の自分くらいの年齢になるとホントどーでもよくなってきてる…ヽ(´ー`)ノ

20191125_06.jpg
SPACE ODD

キャパ400人のライブハウス

20191125_04.jpg

「SUGAR」じゃなくて「SHUGAR」なのね。 (読み方はシュガー)

週明けの月曜日の夜という社会人にとっては険しいスケジュールだったものの、客入りはまぁまぁ。

個人的にはこれくらいスペースがある方が快適だけど、彼女の実力から考えるともう少し入ってもいいような…?

女性エリアが設けられていたけれど、女子少なかったなぁ…。
まぁこの現場は元からオジサン率が高めだけど(苦笑


莉世ちゃんは小顔でスタイルも良いから、もう少し年齢を重ねれば憧れを抱いてファンになる女の子も増えそう。
(ちなみに現在19歳)

転校少女*のLIVEではソロパートを任されることが多く、『イイ声してるな~』と以前から思っていたのだけど、今日のLIVEを観て、その思いはより一層強くなった。

若干声が上ずったり裏返るシーンが散見されたけれども、声量・音程ともにハイクオリティでアイドルの枠を超えていた。

BABYMETALの中元すず香(SU-METAL)、SUPER☆GiRLSの溝手るか、NMB48の山本彩みたいに声質からしてアーティスト向きな女の子がいるけれど、塩川莉世ちゃんもその一人だと思う。

今回のLIVEでは初挑戦の洋楽にも挑戦!ということで、英語詩の歌も披露していたけれど、違和感なくて素晴らしかった。

好きで好きで普段からメチャメチャ聴きこんでいる or 歌い込んでいるのか、今回のLIVEのために猛練習したのか分からないけれど、ちゃんと観衆に聴かせられるクオリティに仕上がっていたと思う。

MCになると家族の話やハワイに留学している親友の話が飛び出すなど、ほんわかした雰囲気で歌唱パートとのギャップが凄い。

LIVE終了後、観客の皆がニコニコとしていて『良い時間でしたね』と口々に語っているファンの姿を複数人見かけた。

個人的にも満足度の高いLIVEでしたヽ(´ー`)ノ

ホント転校少女*の現場は平和でいいわ~ヽ(´ー`)ノ

Posted by りすお [RIS-O] on 25.2019   0 trackback

喰らいマックス ご当地鍋フェスティバル

Category : LIVE
喰らいマックス@ご当地鍋フェスティバルに行ってきました(*・∀・)ノ

”夢アド”こと夢みるアドレセンスの現体制LIVEがあと2回しかないということで。。。

昨夜から降り続いていた雨は今日も止まず。

強くなったり弱くなったりしながら結果的にはずっと降り続いていた。

夢アドだけ見て帰るのも勿体ないな…と思い、知人(非夢アドヲタ)を誘って鍋フェスを見て回ることに。

鍋フェスなのに2人とも結局牛串しか食べなかった。。。(苦笑)

いや、鍋物美味しそうだったんだけどね…
雨をしのぐテントは混雑していたし、お値段がそれなりにしたので、これならちゃんとしたお店で食べた方がいいかなぁと。

LIVEの方はこれだけ見た。

・WEAR
・ネコプラ
・煌めき☆アンフォレット
・Chu-Z
・アップアップガールズ(仮)
・夢みるアドレセンス

本当はネコプラあたりから観ようと思っていたのだけど、その時点ですでに20分押しペースで進んでいたので、流れでWEARも見ることに。

iPhoneで現在地の気温確認したら12~13度くらいあったけれど、雨が降り続いていた上に時折風も吹きつけてきて寒かったなぁ…。まぁ昨日の7~8度という気温よりはマシだけど。

それにしてもヲタクは元気だったなーヽ(´ー`)ノ

そもそも過去の喰らいマックスと比較して参加者自体が少なく、策に囲われた優先エリア内は半分も埋まっていなかった気がする。

つまり、今ここにいるのは精鋭達なのだ(?)

足元のぬかるみや吹き付ける雨風を気にせず”推しジャン”を連発していたり、盛大なコールで盛り上げていて、僕にはその若さと元気が羨ましかったよ…w

イベントのトリに登場した夢アド。

LIVEステージのすぐ横で特典会が行われているため、お目当てのアイドルのステージが終わったらファンの大半が掃けてしまうのではないか?と危惧していたのだけど、結果的に夢アドのステージが終わるまで観客の総数はさほど変わらなかった。

SHIBUYA O-EASTやO-WEST等で行われているMARQUEE(マーキー)祭では、夢アドの手前に登場した「まねきケチャ」のステージが終わると客がごっそり減ってしまっていたのだけど、今回の喰らいマックスではそういうことにはなかったようだ。

■セトリ
M1 桜
M2 恋のエフェクトMAGIC
M3 メロンソーダ
M4 17:30のアニメ

ユメトモ達の気合の入り方が半端なかったε٩(º∀º)۶з

夢アドのステージが始まってからペンライトが一斉に点灯して華やかになり、M1の『桜』では後方でサークルを作ってグルグル回るヲタ達が現れ、M3『メロンソーダ』では渾身の『イヤイヤイヤイヤ辞めないで~!』コールが響き渡っていた。

個人的には夢アド卒業組(水無瀬ゆき、荻野可鈴、志田友美、小林れい)と、夢アド残留組(山口はのん、山下彩耶)の関係がギクシャクしていないか気になっていたのだけど、20分のステージの中では特に温度差・違和感を感じることは無かった。

M2『恋のエフェクトMAGIC』でリーダー荻野可鈴が声を詰まらせて歌えないシーンがあったような気がしたけど、僕の気のせいだったのだろうか…?(よく見えなかった)

M4『17:30のアニメ』では、決め台詞の『視ちゃだめ!』を志田友美が溜めに溜めて言っていて、個人的には『ワンマン前の最後のイベント出演だからアイドル全開で言っていたのかな…?』と思っていたのだけど、後にファンクラブアプリで本人が語っていたところによると『ジワる感じ』で言っていたらしい。

なんだいここに来てウケ狙いだったのかい…w

アイドル卒業は決定事項だし、ずっとクヨクヨしていても仕方ないからね。
いいんじゃないかな。
彼女の明るさに救われている人も多いはず。

アイドル卒業まで残すところあと1ヵ月。

言いたいことは山ほどあると思うけれど、悔いのない卒業LIVEになることを祈ってる。


Posted by りすお [RIS-O] on 24.2019   0 trackback

BABYMETAL METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN

Category : LIVE
久しぶりにBABYMETALのLIVEに参戦してきました(*・∀・)ノ

20191117_01.jpg

会場はSAITAMA SUPER ARENA

20191117_05.jpg

幕張メッセは遠くて行く気が起きないので←

SSAでやってくれて良かったヽ(´ー`)ノ

■スタンド花の数々
20191117_02.jpg
20191117_03.jpg
20191117_04.jpg

BABYMETALからYUIMETALが脱退した後に行われた『BABYMETAL THE CHOSEN SEVEN』の幕張LIVE

ヘンテコなメイクと全然可愛いとは思えない衣装、THE CHOSEN SEVENのメンバーとほぼ同じ姿になって存在感の消え失せたMOAMETALを見てゲンナリ。

『もう自分が好きだったBABYMETALじゃないんだな…』と半ば諦め気味になって、LIVEから遠ざかっていたのだけれども…。

サポートメンバーを入れて元の3人体制に戻ったとニュースサイトで見て、『おっ?これなら行く価値あるかも!』と思っていた矢先に3rdアルバム『METAL GALAXY』のリリースが発表された。

モチベが一気に戻ってきたので今回久々に参戦してみることにした訳です。

チケット代¥11,000!! 正直クソ高い!(笑)

当初はそう思っていたけれど、ゲストバンドが今をときめくBRING ME THE HORIZON(BMTH)ということもあって今となっては納得の価格かな。BMTHはフォロワーさん達の間にも人気があって、今回BABYMETALのLIVEでBMTHが見られるということでかなり羨ましがられた(*´艸`)



■LIVE
定刻通りにスタート。

BMTHの持ち時間が60分で、BABYMETALの持ち時間が大体70~80分程度だったと思う。

BRING ME THE HORIZONのLIVEは想像以上に良かった。

一応予習しておこうと思って、数か月前からAmazonプライム特典で聴けるアルバム曲を予習していたのだけど、
音源よりもLIVEの方が数倍良かった!!\\\\٩( 'ω' )و ////

最新アルバムでは音楽の路線がややおとなしくなったと聞いていたのだけど、今日のLIVEではシャウトしまくりで格好良かったあああ!!

個人的にお気に入りだった『The House Of Wolves』が聴けてテンション上がりまくり!



この手の激しい曲好きなんだよね~ヽ(´ー`)ノ

日本のバンドと比較して驚いたのは…
楽器隊(ボーカル以外のバンドメンバー)がメッチャ動いてた(笑)

ギターやベース弾きながらメッチャ暴れてる!!

足がスラっと細くて外タレだ~!と感動してしまった。
楽器弾いてる姿が絵になること絵になること!
格好良かったああああ!

後ろに流れていた無機質なロボット風のMVもイカしてた。
これが世界レベルのバンドか~なんて思いながら彼等のパフォーマンスを見てた。



セットチェンジの後、BABYMETALのLIVE開始。

3rdアルバム『METAL GALAXY』リリース直後のLIVEということで、最新アルバムからの曲が多かった。

個人的には新旧の曲がほどよく織り交ぜられていたと思ったのだけど、自分の周囲の人達は過去の曲を期待していたのか『昔の曲全然やらなかったね』とか『今日はアルバム発売直後だから仕方ないっすよ』と話している人が多かった。

『イジメ、ダメ、ゼッタイ』がセットリストに入っていなかったのは残念だったけれど、それでも決して長い時間とはいえないLIVEの中で『ギミチョコ!!』 『メギツネ』 『KARATE』 『Road of Resistance』が入っていてバランスが良かったんじゃないかと。

最近のBABYMETALの楽曲ではアイドル色がかなり色褪せてきていたけれど…
『PA PA YA』の振り付けは可愛かったヾ(≧∀≦*)☆彡
特に間奏の両腕を飛行機のように広げながらダンスする姿はとてもキュートだった。

SU-METALの歌声を久しぶりに生で聴いたけれど、やっぱり迫力凄いわ…。

3rdアルバムの曲はバラエティに富んでいる上にキーの高い曲が多いのに、しっかりと高音を出し切っていて素晴らしかった。

ただ、今日は2Days LIVEの2日目ということで疲れもあったのか、終盤の曲では何度か声がちょっとだけ裏返るシーンも垣間見られた。

巨大モニターに映し出される映像や照明効果も凄かった。
うん、アミューズっぽい(笑)

特に驚いたのは『Elevator Girl』で、MVと同様にエレベーター型に区切られた画面が上下に動いていて感動した。
あれはMV映像をそのまま流しているんじゃなくてリアルタイムで映しているんだよね…?



それにしてもMOAMETALは本当に美人になったなぁ…(って毎回言ってる気がする)

ちょっと痩せすぎな気もするけれど、最近のMOAちゃんは可愛いというよりも美しいという形容詞が似合うようになったと思う。

正規メンバーのSU-METAL、MOAMETALと比較するとサポートメンバーの存在感は薄かったけれど、それでも3人体制のBABYMETALの安定感は凄かった。

メジャーデビュー前のTokyo Idol Festival(TIF)に出ていた頃からBABYMETALを見てきた自分としては、THE CHOSEN SEVENのBABYMETALには違和感しか感じなかった。やはり3人体制になると安心するわ~。

20191117_06.jpg

この日のLIVEには既に他界したと思っていた(笑)知人のTさんも偶然来ていたので、帰りに合流して蕎麦屋で感想戦。

2012年に解散(全員卒業)したSDN48の現場で知り合ったヲタの人と、今でも付き合いがあるなんて当時は全く想像していなかったなぁ…。




Posted by りすお [RIS-O] on 17.2019   0 trackback

転校少女* 全国ツアー令和元年 ”The Fifth Autumn Of Love” ツアーファイナル

Category : LIVE
転校少女* 全国ツアー令和元年 ”The Fifth Autumn Of Love” ツアーファイナルに行ってきました(*・∀・)ノ

今日は某顧客の毎年恒例イベントのため休日出勤…_| ̄|〇

しかも早朝なのに外がうるさくて5時に目覚めてしまった…眠い _| ̄|〇

本来なら午前中だけで終わると思われていた仕事が14時くらいまでかかってしまい、そのままLIVE会場に向かうことに。

明治神宮前駅で降りて代々木公園の脇を急いで歩いていったのだけど…

20191116_01.jpg

NHK前の木々の葉が奇麗に色づいていたので思わず写真を撮ってしまった。

20191116_02.jpg

本日のLIVE会場「LINE CUBE SHIBUYA」 (渋谷公会堂)

渋谷公会堂や改名後のC.C.Lemonホールには来たことがあったけれど、LINE CUBE SHIBUYAになってから初めて来た。

昔ホールがあった場所とは少し離れた場所になったのねヽ(´ー`)ノ

20191116_03.jpg


本日のLIVEはツアーファイナルであると同時に、転校少女のリーダーである岡田夢以(めい)の卒業公演でもある。

お祝いのスタンド花が贈られていた。

20191116_04.jpg
20191116_05.jpg

やっぱりメジャーデビューすると関係者が増えるのね。

20191116_06.jpg

LINE CUBE SHIBUYAは間違いなく渋谷公会堂イズムを受け継いでいた。

一旦取り壊して再構築したとは思えないほど違和感のない会場だった。



本日のツアーファイナルでは”転校バンド”と呼ばれるバンドメンバーによる生演奏形態が取られていた。

新メンバー3名が加入してからさほど経過しておらず、しかもメジャーデビューアルバムのリリースイベントで連日各地を周っていることからLIVEのレッスン・リハ時間はさほど取れないだろうと踏んでいたのだけど…。

生バンド形態で2時間超のLIVEを披露してくれて驚いたΣ(・ω・ノ)ノ!

MCを入れるタイミングやトーク時間も絶妙だったし、アンコールを含めた合計時間ではおよそ2時間半近くにもおよぶ大規模ワンマンライブだったけれど、最後まで間延びすることなく楽しむことが出来た。

転校少女はAKIBAカルチャーズ劇場で行われている定期公演も(他のアイドルに比べて)ボリューミーだし、今回の生バンドLIVEも非常にボリューミーで『こんなリーズナブルな値段でここまで見せてもらっていいの?』と思わず恐縮してしまいそうな内容だった。

■本日のセトリ(公式SNSより抜粋)
20191116_07.jpg

相変わらず塩川莉世ちゃんイイ声してるわぁ~ヽ(´ー`)ノ

と思って感心していたのだけど、他のメンバーの安定感も凄い。


あれだけ踊っていて生歌でもしっかりと聴かせるパフォーマンスが出来るアイドルはそう居ないと思う。

転校バンドの演奏はもちろん、映像や照明などの効果も素晴らしかった。

これぞワンマンライブ!ツアーファイナル!といった感じ。

転校少女のLIVEは毎回満足度高くて良いわ~ヽ(´ー`)ノ

本日のLIVEはSOLD OUTとはいかなかったようだけれども、後ろの方までかなり埋まっていたし、盛り上がりも凄かったから成功といえるんじゃないかな。

どこかのグループと違って売り切れていないのに『当日券SOLD OUTしました!』みたいな無理矢理な演出をしないところも好感度が高い(笑)

終盤までは通常のワンマンライブとして進んでいったので、途中で夢以さんの卒業公演であることを忘れてしまいそうだったけれど、最後にはしっかりとリーダーの軌跡を辿るVTRが流されたり、メンバー達からのビデオレターサプライズがあったり…笑いあり、涙ありのバランスの良い内容だった。

転校少女リーダーの岡田夢以さん、転校おめでとう!!

…そういえば次のリーダーって誰になるんだろ!?

ちなみに本日のLIVEの模様が放映される転校少女の特番が1月にCSテレ朝で4時間スペシャル(!)で放映されるのだとか。

来年1月のCSテレ朝といえば、モノガ(monogatari)の香山あむちゃん最後のワンマンライブも放映されるし、これは有料契約検討案件だな。




Posted by りすお [RIS-O] on 16.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend