monogatari 2DAYSコンサート 「アラタナカタチ」 ~モノガ~

Category : LIVE
monogatari 2DAYSコンサート 「アラタナカタチ」に2日間とも参戦してきました(*・∀・)ノ

20191102_01.jpg

会場は品川プリンスホテル クラブex

20191102_02.jpg
20191102_03.jpg

円形ステージが特徴的なLIVE会場だ。

金曜日の初日公演と土曜日の公演はそれぞれ演出やセットリストが異なっていて楽しめた。

■公演初日
金曜日のコンサートは、次々と変わっていく衣装が特徴的だった。

モノガのパフォーマンスは基本的に主要メンバー5~6人は常に出ずっぱりで、曲によっては他のメンバーも加わってパフォーマンスを行う形式が多いのだけど、今回のLIVEではメンバーの中でも特に仲の良い”はるてぃな”こと倉澤遥×工藤茶南による2人の歌唱シーンがあったり、既存曲も色々アレンジされていて楽しめた。


おそらく早着替えの時間を短縮する意図もあったのだろうけれども、それでも普段のノンストップライブに比べるとインターバル時間の若干の冗長さを感じてしまった。

ただ、過去のモノガのワンマンライブといえば、定期公演に毛が生えた程度の内容で、新曲&リリイベ発表で「おめでとー!」みたいな流れが定番だったのだけど、今回のLIVEは違っていて、ワンマンライブならではの特別感を味わうことが出来た。

20191102_05.jpg
公式SNSより拝借

円形ステージを上手く使った演出で、取り残される人もなく楽しめたのではないだろうか。

それでもセンターは一応あるから、中央付近の座席が一番楽しめると思うけどね。


■公演2日目
会場後方にドラムセットが用意されていたので『おっ?』と思っていたのだけど、やはり生バンド構成のLIVEだった。

リーダー福本カレン曰く『モノガ初の生バンドLIVE』ということで、初日公演に来ていた人もまた違った新鮮さを味わえたのではないだろうか。

生バンド演奏によるパフォーマンスと、オケによるパフォーマンスが半々くらいで、昨日のコンサートよりも尺が長かった。

個人的には本日の公演は11月6日をもってモノガを卒業し、芸能界を引退する「香山あむ」の卒業公演のように感じられた。

クラブex内には演出のレーザー光線が飛び交い、中央に位置するミラーボールに反射した光の粒がキラキラとしていて、過去一番の華やかなワンマンライブだったように感じられた。

簡単ではあるものの、香山あむから卒業に際して挨拶もあり、彼女の新たな船出にふさわしい舞台だったと思う。

『まだ11月6日の定期公演もあるので、最後までよろしくお願いします!』と発言もしていたが、個人的には今日の公演が最後の見納め公演だったので何だか感慨深いモノがあったなぁ…。



驚いたのは過去の(他の)メンバーの卒業公演でも表情を崩さなかった”モノガの顔”ともいえる柊宇咲が時折涙ぐんで唄えなくなりそうになっていたことだった。
クールビューティーで謎めいたイメージがあったけれど、こうやって人前で泣くこともあるのか・・・と。



原宿物語時代からライバル的存在だった香山あむが卒業するということで、今までのアイドル活動を通して経験してきた様々な思い出が去来してきたのだろう。
二人の間には単に仲が良いという関係以上の何かがあったのだと思う。

20191102_04.jpg

改名前の原宿物語時代から通してモノガにはほとんど映像作品が残されていないので、貴重な放送となりそうだ。

(ちょっと早いけれど)香山あむさん、卒業おめでとう。

芸能界引退後は、今まで出来なかった普通の女の子としての様々な経験を楽しんでください。

Posted by りすお [RIS-O] on 02.2019   0 trackback

@ JAM the Field vol.16 ~夢アド・転校少女・monogatari出演~

Category : LIVE
@ JAM the Field vol.16に行ってきました(*・∀・)ノ

最近はカルチャーズ劇場の着席制公演ばかり行っているので、こういうオールスタンディング形式のアイドルイベントは久しぶり。

20191026_02.jpg


本日のイベントでは夢アド(夢みるアドレセンス)をはじめ、AKIBAカルチャーズ劇場の公演でよく見ているモノガ(monogatari)、転校少女、Ange☆Reveが出演する俺得イベントだった。

しかも、「桜エビ~ず」を除くと、自分が見たいと思うアイドルグループの出演時間が固まっているという俺得な(ry

これは行くしかないでしょ~!!○(≧∇≦)o

そう思ってチケットを早めにGETしたのだけど、
推しメンの夢アド・志田友美ちゃんはラグビーの仕事で不在_| ̄|〇

20191026_01.jpg
恵比寿リキッドルーム

元々物販はスルーするつもりだったので、今日も今日とて重役出勤。

結局下記のグループのLIVEを見た。

・マジカル・パンチライン
・Ange☆Reve
・monogatari
・桜エビ~ず
・転校少女
・夢みるアドレセンス

もう歳なのでずっと立っているのはツライかな…と思っていたのだけど、最近よく歩いているせいか全然苦にならなかった。

まぁオープニング(午前11時)から最後(20時前)までずっと見ていたツワモノもいるようだし(笑)
そんな甘いことは言っていられないねヽ(´ー`)ノ

マジカル・パンチラインは元アイドリング!!!のさとれなこと佐藤麗奈が卒業してからほとんど見ていなかったのだけど、皆顔面偏差値高いな~なんて思いながら見ていた。全然知らない曲ばかりだったけれど、個人的には好きな曲調だったように思えた。悪くないね。

monogatariの香山あむ、そして本日のMCを務めていた転校少女の岡田夢以はアイドルとして最後の@JAM出演とのことだった。

一般的な社会人の場合、”年度”が変わる3月末かボーナス月(6~7月)に辞める人が多いけれど、アイドルは年内いっぱいで卒業というパターンが多いのかもしれない。

春は出会いと別れの季節というけれど、アイドル達にとっては年末年始がそのシーズンなのかもしれない。


モノガは体調不良で少しの間休んでいたセンター香山あむが久しぶりに復帰。

復帰直後だったからなのか、対バン形式で緊張していたのか分からないけれど、いつものような笑顔溢れるパフォーマンスではなく、若干表情が硬めだった気がした。ひょっとしたらまだ体調不良が続いていたのかも…?
それでも『魔法を解かないで』は他のメンバーと同様、アイドルスマイル全開で踊っていたけれど。

モノガも転校少女も特にしんみりとした雰囲気になることなく、通常通りの魅力あふれるステージを披露していた。

数あるアイドルグループの中でも転校少女の塩川莉世ちゃんのボーカルのクオリティの高さを買っているのだけど、今日に限っていえば桜エビ~ずの方が迫力があって上手かった気がする…。
それぞれのステージで自分が居た位置が違ったせいかな…。

大体のアイドルは最新の衣装を着用してLIVEパフォーマンスを行っていたようだけど、
イベントのトリに登場した夢アドは…


なぜかダイナーズの衣装だったΣ(・ω・ノ)ノ!

リーダー荻野可鈴いわく『ウチラだけ浮きまくってる』と自覚していた模様(笑)

ハロウィン直前の週末ということで、夢アド的には今日のイベントはハロウィン公演だったらしい。

セットリストは最新アルバム中心かと思いきや、『JUMP!』や『キャンディちゃん』といったインディーズ時代の曲(何年前?)が含まれていて驚いた。途中、(ハロウィンということで)夢アド仕様のチロルチョコを客席に投げ入れるパフォーマンスも。

リーダー荻野可鈴ちゃんは相変わらず(?)MCかっ飛ばしていたけれど、髪型はザ・アイドルという感じで可愛かったw
最年少の山下彩耶ちゃんはツインテール似合うわ~ヽ(´ー`)ノ


帰り際、恵比寿駅近くの人気ラーメン店「光麺」に立ち寄ったら、自分以外の客が1人しかおらず、その1人も間もなく出て行ってしまったので結局自分一人になってしまった。。。

週末の恵比寿でこんなことあるんだ。。。(笑)
Posted by りすお [RIS-O] on 26.2019   0 trackback

monogatari 【倉澤遥バースデー公演】 モノガ定期AKIBAカルチャーズ劇場公演

Category : LIVE
monogatari 【倉澤遥バースデー公演】 モノガ定期AKIBAカルチャーズ劇場公演に行ってきました(*・∀・)ノ

20191006_01.jpg
20191006_02.jpg

AKIBAカルチャーズ劇場のロビーはすっかり生誕祭仕様に。

20191006_03.jpg
20191006_04.jpg

スタンド花はもちろんのこと…

20191006_05.jpg

ロビー全体が飾り付けられていた。

20191006_06.jpg
20191006_07.jpg

規模が凄い…
人気メンバーの生誕祭だと気合いの入り方も違うらしい。

そうこうしているうちに、元ユメトモ(夢アドファン)のYさんと遭遇(w

転校少女の定期公演でもユメトモを見かけるし、世界は広いようで狭い。

20191006_08.jpg

劇場内に足を踏み入れると、ステージ背後の巨大モニターに本日の主役・倉澤遥の顔がどどーんと映し出されていた。

MCパートで倉澤遥が『縮尺がおかしい! 顔デカすぎ!w』と言って笑いを誘っていた。

本日は生誕祭公演ということもあり、客席は奥の方まで観客で埋め尽くされていた。
相変わらず生誕祭公演と通常公演の落差が酷い…(笑)

モノガのファンってこんなにいたのか…
オマエら普段どこに隠れていたんだ…とツッコミたくなるくらい。



■LIVE
お姫様チックな衣装に身を包んだ倉澤遥のソロ曲がいきなり冒頭からスタート。

途中で歌詞が飛んでしまい、『ラララ~♪』で誤魔化すところが笑えたw

その後、メンバー全員が登場して原宿物語時代から歌われてきた名曲『魔法を解かないで』を披露。

曲が終わって次に行くかと思いきや、またしても『魔法を解かないで』のイントロが流れ出して『?』となる観客。

倉澤遥:はる(遥)は、魔法が好きだから、もう1回魔法を解かないでをやらせてください!(観客w

まさかの同じ曲2連発(笑)
いや~、はるるって面白い子だわ~ヽ(´ー`)ノ

卒業&芸能界引退を発表した当の香山あむに関しては、特にいつもと変わらず笑顔とキレの良いパフォーマンスを披露していた。
卒業を控えた末期のアイドルにありがちなやる気のない表情やパフォーマンスではなく、LIVE自体は楽しんでいるようだった。

いつもは『私の歌を聞けええー!』とマクロスFのシェリルばりの迫力で唄うメインボーカルの福本カレンに関して、今日の公演に関しては一歩引いたパフォーマンスのように思えた。同じくモノガのメインボーカルである倉澤遥に華を持たせてあげていたのだろうか。

最後の曲『monogatari』では、香山あむが曲中に倉澤遥に話し掛け、センターに誘ってツインボーカルで一緒に歌うシーンも見られた。曲の最後に倉澤遥がセンターポジションに来るのは決まっていたようだけど、曲の途中でセンターに来て2人で歌ったのは香山あむのアドリブだったように見えた。
あむちゃんはサービス精神が旺盛だし、ファンがどうすれば喜ぶか分かっているようでこのあたりの機転の利かせ方はアイドルとしての素質の高さが感じられた。

生誕祭公演の特殊な演出としては、倉澤遥ソロ曲が2曲挟まれていただけで、その他は通常のmonogatariの定期公演と同じような構成だった。
過去に行われたメンバーの生誕祭公演とは異なり、今日の公演は普段通りのノンストップライブだった。
結果的に倉澤遥のソロ曲が2曲あったにも関わらず、LIVE自体の時間は30分程度でいつもと変わらなかった。

人気メンバーの生誕祭だから、LIVE自体はサクッと終わらせて特典会に時間を割こうという運営の算段なのだろうか。

フォロワーさんから物販代行を頼まれていたこともあり、3億年ぶりに特典会に参加してみた。

20191006_10.jpg
倉澤遥バースデーTシャツ

Tシャツにサインを入れてもらえたし、全員写メも撮った。

20191006_09.jpg

生誕祭公演なのになんだか自分が主役みたいだ…
やっぱりメンバーだけの写メにしておけば良かったかなヽ(´ー`)ノ

だいぶ気温が下がってきたので、ダボっとしたロング丈のパーカーを着込んでいったら『なんだかチャラくなったね』とメンバーにイジられて終了ヽ(´ー`)ノ

特典会ではグループからの卒業を発表した香山あむの待ち列と、本日の主役=倉澤遥の特典会列が同じくらいの長さで競っていてすさまじい状況になっていた。2人とも遅くまでファン対応お疲れ様。

倉澤遥さん、18歳のお誕生日おめでとう\\\\٩( 'ω' )و ////




Posted by りすお [RIS-O] on 16.2019   0 trackback

たけやま3.5 聖音5000枚突破記念 3.5ノット結束TOUR FINAL EXTRA at F.A.D横浜

Category : LIVE
たけやま3.5 聖音5000枚突破記念 3.5ノット結束TOUR FINAL EXTRAに行ってきました(*・∀・)ノ

20191013_01.jpg
20191013_02.jpg
20191013_03.jpg

会場はF.A.D.横浜

中華街からすぐの場所にあるライブハウス。

こんな住宅地のど真ん中みたいなところにライブハウスがあったとは(汗

20191013_04.jpg

前日12日から3日間連続のLIVEが予定されていたものの、台風の影響で中止。

本日13日のLIVEも開催が危ぶまれたものの、開演時間を12時から17時にズラすことにより何とか開催に漕ぎつけた模様。

ただ、移動手段のないヲタクも多かったようで、会場内は結構空いていた。

20191013_05.jpg

本日のLIVEはバンドスタイルだがサポートメンバーの男性陣はおらず、4人のみだった。

個人的にはZepp DiverCity Tokyo以来のたけやま3.5だ。
うーん、半年ぶりくらいかな?

20191013_06.jpg

武田雛歩:横浜いくぞー!!

20191013_07.jpg

あぁ、雛歩ちゃんかわゆす(*´艸`)

20191013_08.jpg

基本的に「たけやま3.5」はライブ中の撮影が許可されているため、高価な一眼カメラを構えている人もチラホラ見かけた。

ホント雛歩ちゃんは笑顔がよく似合う。

20191013_09.jpg

新グッズの説明をするVo.武田雛歩

20191013_10.jpg

ギター&ベースの見せ所。

20191013_11.jpg

最後はバンドスタイルではなく、アイドルスタイル(?)で振り付けを踊りながら歌ってみたり。

20191013_12.jpg

フレッシュだわ~ヽ(´ー`)ノ

20191013_13.jpg

決まった!!(`・ω・´)

20191013_14.jpg

武田雛歩:たけやま3.5ってアイドルなの? バンドなの?と聞かれることが多くて…

雛歩:アイドルイベントにも沢山出させてもらったし、アイドルさんとの対バンも多かったし、すごく皆さん頑張っているのでアイドルの皆さんのことは尊敬しています。・・・でも! 私達はこれからガールズバンドとしてやっていきたい!!(観客拍手

たけやま3.5メンバーによる力強い”バンド宣言”も飛び出しつつ…
およそ1時間程度のLIVEは無事に終了した。



LIVE終演後の特典会はいつも大混雑なので避けて帰っていたのだけど、今日は台風の影響で参加人数もさほどではなかったので、特典会に参戦してみることに。

メンバーとのチェキ or 写メ撮影が選択可能ということで迷わず写メを選択。

アイドル現場では通常「チェキ券」や「写メ券」を購入するのが普通だけど、たけやま3.5はその場で現金会計だった(笑)

ちなみにチェキor写メ会はなんと2000円!!

更に!! メンバーのみを写す場合は3パターンも撮影できるという…。

たけやま3.5のレギュレーションは神なのか!?Σ(・ω・ノ)ノ!

■パターン1
20191013_15.jpg

■パターン2
20191013_16.jpg

■パターン3
20191013_17.jpg

うーん、みんなかわゆす(/∀\*) ※KSDD

■Xポーズ
20191013_18.jpg

ドラムの脇田穂乃香ちゃんが、MCで『YOSHIKIさんを目標にする!』と言っていたのでXポーズ (乂Д´)!!

国内におけるガールズバンド市場はまだまだ小さいこともあり、本日の『たけやま3.5ガールズバンド宣言』を聞いて、スキャンダルやサイサイ(SILENT SIREN)みたいにロックフェスに呼ばれるくらいに成長して欲しいな…と思った。

Posted by りすお [RIS-O] on 13.2019   0 trackback

monogatari モノガ定期AKIBAカルチャーズ劇場公演

Category : LIVE
monogatari モノガ定期AKIBAカルチャーズ劇場公演に行ってきました(*・∀・)ノ

20191003_01.jpg

開場前の整列時にはかろうじてロビー内に収まる60番までの人が集まっていたくらいだった。

生誕祭等の特にイベントの無い通常の定期公演だと集客キッツイなぁ・・・といった感じ。

ちなみに入場が完了してドリンク交換や物販が始まったタイミングで客席を撮影した写真のがこちら。

人すくなっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

ただ、フラッと見に来る人が多いのか、開演前の19時頃にはこの2.5倍くらいの客がいつの間にか入っていた。

まぁAKIBAカルチャーズ劇場は柱に邪魔されない位置であればどこに座ってもステージを見やすいから、開演前ギリギリに来て観覧してもそれなりに満足度は高いのかもしれない。

本日の定期公演のセットリストは下記の通り。


例によって本日も約30分間のノンストップライブだった。

ただ、本日の公演では『この間、北海道に遠征してきたんですよ~』から始まった最後のMCがなかなか面白かった。

・サーモン寿司事件
 空港で工藤茶南、倉澤遥、香山あむの3人がサーモン寿司(にぎり)をコンビニで購入しようとしたところ、
 工藤茶南のサーモン寿司だけが賞味期限切れで『それでも買います?』と問いかけられてブチ切れ(w
 茶南『絶対おなか壊すでしょ! 誰が買うか!って話ですよ』(観客w

・柊宇咲アイス大好き事件
 モノガメンバーの間では北海道の空港でアイスを買って食べることが定番となっている
 みんなでアイスを食べていたところ『あれ? 宇咲がいない?』
 気づいたら2個目のアイスを買いに行って食べていた(w
 またいなくなったと思ったら、3個目のアイスを食べていた(ww
 ⇒宇咲が照れて客席に背を向けてステージ奥に行ってしまう

・西銘沙英おみやげ買いすぎ事件
 同じ商品を6つくらい購入して空港の手荷物検査で怪しまれていた(w

メンバー同士の暴露大会みたいになっていて面白かったヽ(´ー`)ノ

いままでのモノガは、こういったメンバー同士の和気藹々としたエピソードが少なかったような…。
ようやく普通のアイドルっぽいグループになってきた感じがする。(今までが変だった)

今更気づいたのだけど、メンバーの卒業ラッシュによりマイクの数が不足しなくなったのか、最後のMCではメンバー全員がマイクを持った状態でしゃべっていた。

MCの得意・不得意はあれど、(誰とは言わないが)ただでさえ干され気味のメンバーはこういうタイミングでアピールした方が良いと思うのだけど、その子は例によってほとんど一言も発しなかった。

やはりメンバー間の力関係とかあるのかなぁ…。

そういえば工藤茶南の髪色がビックリするくらい明るくなっていて驚いた。
そういうギャル路線(?)で行くならいいけど、黒髪似あっていたし、10代のアイドルとしてはもうちょっとトーンを抑えた方が良い気がする。
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2019   0 trackback

the HIATUS 10th Anniversary Show at Tokyo International Forum

Category : LIVE
the HIATUS 10周年記念公演 『the HIATUS 10th Anniversary Show』に行ってきました(*・∀・)ノ

20191001_01.jpg
the HIATUS

伝説のエモ・ロックバンドELLEGARDENが活動を休止してから、細美武士ソロプロジェクトとしてスタートする予定があれよあれよという間に新生バンドthe HIATUSが結成され、そこから10年間活動し続けてきたthe HIATUS

自分は1st E.Pからの10年来のファンということもあり、今日の公演に参戦できる幸せを噛み締めながら有楽町へと向かった。

20191001_02.jpg
東京国際フォーラム

20191001_03.jpg

いつ来てもココはオシャレで雰囲気が良いね。

20191001_04.jpg

ここで写真を撮影している人が沢山いた。

20191001_05.jpg
20191001_06.jpg
20191001_07.jpg

フォロワーさんと合流して客席へ。

20191001_08.jpg

本日の公演はもちろんSOLD OUT

5000人以上のキャパを誇る東京国際フォーラム Aホールであるにも関わらず、最後まで『チケットを譲ってください』と嘆願する人達がネット上で多く見かけられた。



10周年記念公演ということで、1stアルバムから最新アルバムまでの曲が新旧バランスよく織り交ぜられていた。

初っ端は1st E.P 『Ghost In The Rain』
ツアーでも滅多に演奏されなくなった曲ということもあり、観客のボルテージはいきなり最高潮に。

2曲目はLIVEの定番曲である『the flare』
サビの爆発力は凄まじい。
個人的にも好きな曲。


先日まで最新アルバム『Our Secret Spot』を引っ提げて周る全国ツアーを行っていたこともあり、最新アルバムからの曲は少なくなるのかな…と予想していたけれど、『Hunger』 『Regret』 『Time is Running Out』などがセトリに入っていて驚いた。

個人的に最新アルバムの中では『Time is Running Out』が歌詞・メロディともに好きなので、記念すべき10周年公演のセットリストに入っていて嬉しかった。

歌詞の中の1フレーズが凄く気に入っていて…。
皆さんは自分より遥かに成功を収めている友人に対して

Wish you the best of luck out there

なんて言えますか?
自分なら嫉妬の渦に飲み込まれて素直に言えないかも(苦笑

■Time is Running Out 歌詞和訳
https://hamidashimonoblog.com/thehiatus-oursecretspot-timeisrunningout/

2ndアルバムのリード曲になっている『The Ivy』
かつて邦楽でこれほどまでにカオスなイントロある?っていうくらい当時は衝撃を受けたな~。


スペシャルゲストを呼んでツインドラムで演奏するのも豪華だったし、弦楽器を交えて演奏された『Insomnia』の壮大さはすさまじかった。

バラード曲のパートでは、悲し気な歌詞が切ない『Twisted Maple Trees』を聴いて泣きそうになった。

I'm dead

My fault

You can not forgive me

the HIATUS - Twisted Maple Trees



サビで『You can not forgive me』を熱唱する細美さんの姿といったらもう…。

気づけば1stアルバムからの曲がかなり入っていたな~という印象。

今となってはほとんど演奏されなくなった曲も多い訳で、10周年記念公演ならではのセットリストといった感じかな。

MCパートで缶ビール(?)を飲みまくっているのに、声量が全く落ちない細美さんのボーカル凄すぎる…。

既に40歳を超えているというのに、体力・声量ともに落ちるどころかどんどん迫力を増してきている気がする。

やっぱり鍛えてる人は違うな・・・。

20191001_09.jpg

この日の座席は1階席33列目という決して恵まれた席ではなかったけれど、満足度はとても高かった。

以前から言っているけれど生演奏のロック系コンサートは別に席が近くなくても音楽がメインだから歌と演奏がしっかりしていれば楽しめるんだよね。逆にビジュアルを売りにしているアイドル系のコンサートは席がステージから近ければ近いほど満足度が上がる仕組みだけど(笑)

冒頭の1曲目は1st E.Pの『Ghost In The Rain』で始まり、Wアンコール最後の曲は最新アルバムの最後に収録されている『Moonlight』で締めるという、まさに10年を振り返るかのような10th Anniversary Showだった。



20191001_10.jpg
20191001_11.jpg

LIVE終了後はフォロワーさんと有楽町駅付近に新規オープンした『神座』でビール&ラーメン\\\\٩( 'ω' )و ////

あぁ…今日が金曜日だったらいいのに(泣

ただ、素晴らしいLIVEに参戦して『また明日から戦うぞ!』という意欲が出てきたことも事実。

LIVEは僕の生き甲斐です。

I'm still hoping for the best

Never knowing for how long

the HIATUS - Time is Running out



Posted by りすお [RIS-O] on 01.2019   0 trackback

チャイナフェスティバル 2019 初日 ~alan(阿蘭)ミニライブ~

Category : LIVE
3連休初日\\\\٩( 'ω' )و ////

夕方から代々木公園で行われている『チャイナフェスティバル2019』に行ってきました(*・∀・)ノ

20190921_01.jpg

原宿駅到着⊂(・ω・ )⊃≡3

iPhone11に機種変してから初めて撮影したのだけど…

本当は外真っ暗だったのに明るく撮影出来ていて凄いΣ(・ω・ノ)ノ!

20190921_02.jpg

代々木公園到着。

iPhone11広角モードで撮影

20190921_03.jpg

ライブが行われているステージの座席はすべて埋まり、客席を囲むように立ち見客が溢れかえっていた。

20190921_04.jpg
20190921_05.jpg

僕が到着してすぐにAyasaさん(山本彩のソロツアーに参加)のヴァイオリン演奏が終わったため、Ayasaさん目当ての客が退出するのを見てスルスルと客席に潜り込むことが出来た。

僕の今日のお目当ては元avex所属の中国人(チベット)アーティストのalan(あらん)

映画『RED CLIFF(レッドクリフ)』のテーマソングを歌っていたことで有名な方。

20100124_00.jpg
alan(阿蘭/あらん)
10年前のアー写

20100124_04.jpg20100124_05.jpg

10年前のコンサートの写真

オフィシャルな写真がこの時くらいしか見つからなかった…(笑)

中国から招かれたバンドやアーティストのLIVEが終わり、いよいよ今日のステージのトリにalanちゃんが登場!!

20190921_06.jpg

うぉおっ、相変わらず可憐だ…(´∀`*)

20190921_07.jpg

高音を響かせるalanさん神々しいわ~。

20190921_08.jpg

MCパート

20190921_09.jpg

alan:日本語の歌を歌うのは緊張する。

alan:中国では日本語の歌を披露するチャンスが無くて…。

alan:久しぶりに日本来て、ファンの皆さんの顔を見て、ワタシ少し悲しくなった。(観客???

alan:みんな年取ったね(笑) (観客www

alan:みんな年取って少し変わった(観客w  もちろんワタシも少し変わった!

そりゃ10年前と比較されちゃ…(苦笑

20190921_10.jpg
20190921_11.jpg
20190921_12.jpg
20190921_13.jpg

iphone11はいくら奇麗に撮れるとはいっても、ズーム撮影には限界があるなぁ…。

その可憐な見た目から誤解されそうだけど、alanちゃんは何オクターブもの高音を出せる超実力派アーティストなのである。




20190921_14.jpg
20190921_15.jpg

久しぶりに生で迫力のある高音を聴けてゾクゾクした…(T_T)

20190921_16.jpg
20190921_17.jpg

夜風に髪をなびかせるalan

本日のLIVEは屋外ステージで台風17号の影響が心配されたものの、この日は雨が降る事もなく、気温も丁度良くて夜風が心地よい最高のロケーションだった。


20190921_18.jpg

リップサービスなんだろうけど『日本でもコンサート(出来るように)頑張る!!』と言ってくれたので、またワンマンライブを行ってくれることに期待している。

20190921_19.jpg

チャイナフェスティバルのステージは客席を含め終始とても和やかな雰囲気だった。

最近韓国との関係がギクシャクしていることもあって、相対的に中国の地位や好感度が上がっているのかもしれない。

20190921_20.jpg

麻婆豆腐やら汁なし担々麺やら、おいしそうな屋台が沢山出店されていた。

何か食べられれば良かったなぁ…。

チャイナフェスティバルを行っていることに気づいたのが当日だったので(苦笑

Googleカレンダーに予定入れていたつもりが、すっかり忘れていた(汗

いずれにせよ、気温・湿度ともに心地よい最高のロケーションでalanちゃんのコンサートを鑑賞出来て良かった。。。
Posted by りすお [RIS-O] on 21.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend