X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V. ~無謀な夜~

Category : LIVE
X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V. ~破滅に向かって~

20080329_01.jpg
3月29日 ~無謀な夜~ 

学生時代からX JAPANのファンだったというヴェノム君(♂)と、ブログ仲間のはね子ちゃん(♀)の三人で東京ドームに参戦してきた。
前日行われたLIVEでは開演時間が2時間以上も遅れたらしい。
今回のLIVEも遅れるのでは?という不安があったのだが、それは杞憂だった。
約15分押しで開演。

東京ドームの照明が一斉に落とされ、アリーナとスタンドの観客が総立ちになった。
歓声とも悲鳴ともつかない声がドームに鳴り響く。
その刹那、vocal.TOSHIの歌声が響き渡り、巨大モニターに映し出されるTOSHIとYOSHIKI。

20080329_03.jpg

一曲目は『Forever Love』
いきなりバラードで始まるとは思っていなかったので、これには不意を突かれた。
TOSHIは音を伸ばすところを伸ばしきれず、ちょっと苦しそうだったが高音はしっかりと出ていた。

2曲目は『Rusty Nail』
X JAPANに改名して以降で初めてのロックなSINGLE曲。
ステージから四方八方に伸びる緑色のレーザーと、頻繁に変わる照明効果が凄い。今までライブハウスにしか足を運んだことがなかったヴェノム君は、豪華な演出にかなり感動していたようだ。
更に凄いのは、今は無きhideがバンドメンバーとして参加している(ように見える)ことだと思う。

20080329_04.jpg

在りし日の姿を寄せ集めて編集しているのではなく、きちんと楽曲にシンクロしていたのには驚いた。
巨大モニターを見ていた限りではギターを弾く運指とか、コーラスを入れる場面の口の動きとか・・・違和感なく演奏に溶け込んでいた気がする。これは21世紀の技術だからこそ実現可能だったのかもしれないが、いずれにせよタイミングを含めて相当入念なリハーサルが必要だったはず。

20080329_05.jpg

まるで在りし日の彼がステージで演奏しているようで、彼の姿が巨大モニターに映し出される度に観客からもひときわ大きな歓声が上がっていた。

20080329_06.jpg
3/28 東京ドームの様子

3曲目は『WEEK END』
LIVEの定番ナンバーであると同時に、CDとして世に出された後にアレンジが加えられた曲でもある。激しいドラミングをしていたYOSHIKIが曲中に移動してピアノを弾くという見所が。
なんていうか、うまく言えないけど・・・バラード曲でもないのに涙が出そうになった。
Xは、まだ自分が小さかった頃の憧れで・・・TVや(VHS時代の)ビデオの中の存在だった。
それが今、まさに僕の目の前でプレイしてくれている。
嬉しいという言葉以外見つからない。一つ夢が叶ったような気もする。

6曲目の『Longing』はアコースティックバージョンだった。
TOSHI、HEATH、PATAがそれぞれギター(とベース?)を持ち、3人で椅子に座って演奏。
本来のピアノ曲とはまた違った味わいがあって良かったと思う。

20080329_09.jpg
YOSHIKIのPiano SOLO

有名なクラシックの曲を演奏していた。
(聞けば誰でも知っていると思うが曲名が思い浮かばない)
X JAPANの解散以後、まともにピアノを弾いている姿を見ていなかったので不安だったのだが、彼は本番に合わせてしっかりと仕上げてきていた。YOSHIKIの奏でるピアノと美しい照明効果によって、ハードロックバンドのコンサート会場とは思えないような幻想的な空間が作りだされていたように思える。
この『静』と『動』こそが、X JAPANの魅力なのではないだろうか。
ギターをうるさくかき鳴らすパンクバンドは沢山存在するけども、そうしたバンドの大半はピアノやオーケストラを用いたバラードとは無縁だ。逆に、美しいバラードを歌いあげるアーティストが激しいロックを歌う印象もない。

8曲目は『Without You』
今は無きギタリスト:hideのために作った曲だとか。
彼の死はX JAPAN解散後の出来事なので、当然のことながらCDリリースはされていない(だよね?)
『誰々のために捧げた曲』だとかhideのことを意識した歌詞になっていることとか、そんなバックグラウンドなんて全く関係なく、本当に素晴らしい曲だと思う。
一回聴いただけで耳から離れないメロディの美しさがある。と同時に、どこかもの悲しさが同居しているような・・・そんなバラード曲。
個人的には彼等の曲の中でもかなり上位にきた。やっぱりYOSHIKIはイイ曲を書くなぁ。

9曲目は『I.V.』
つい最近発表されたばかりの曲。
映画『SAW4』(ソウ4)の日本版エンディングテーマとしても採用されている。
いきなり曲に入るのではなく、サビの部分をリフレインで流し続けて観客に歌わせる(と同時に覚えさせる)フリ。
その後メンバー達が再登場し、重厚なギター音で一気に本編へと雪崩れ込んだ。
イントロは洋楽を意識したような感じになっていて、低音のギターが響き渡る。
どちらかといえば盛り上がるというよりはクールな曲。
正直言って映画のエンディングで聴いたときはあまり印象に残らなかったのだが、やはりライブ会場で聴くと迫力が違う。
普通にカッコイイ曲だと思う。

なお9曲目、10曲目ではギタリストとしてLUNA SEAのSUGIZOが登場。
この演出でLUNA SEA好きのはね子ちゃんのテンションが上がりまくる。

20080329_07.jpg


TOSHIは高音をしっかりと出せていたし、声を伸ばすところはしっかりと伸ばしていた。
かなり良いパフォーマンスをしていたと思う。
それは一曲目の『Forever Love』で感じた不安を吹き飛ばすには十分だった。

比較的長いインターバルの後にアンコール開始。

ステージ中央にやたら巨大なミラーボールが現れ、会場全体を照らし出す。
ゴスロリブランド『h.NAOTO』とのコラボレーションで、ファッションモデルのような外国人女性モデルが沢山登場して花道を歩く。(知って人は知っていると思うが)『h.NAOTO』は耽美的で攻撃的な衣装が多く、まるで海外のファッションショーを見ているような感覚に陥った人も多いのではないだろうか。
そのファッションショー(?)の最中パフォーマンスを行っていた(歌を歌っていた)のは+Violet U.K.(ヴァイオレット ユーケー) YOSHIKIがアメリカで着々と進めていたプロジェクトだ。
+Violet U.K.が日本公演を行ったときのDVDも持っているのだが、聴いたことが無い曲だった(ような気がする)
+Violet U.K.というとバラード曲ばかり歌っているようなイメージがあるが、かなり重厚なロックだった。
東京ドームは会場の構造で音響が悪いので、音程を正しく聞き取ることは困難だった。

少々のインターバルがあった後、YOSHIKIのdrum soloが始まった。
何が凄いって・・・YOSHIKIも凄いけど舞台装置も凄かった。
YOSHIKIとドラムセットがステージごと上昇。 その後、360度回転を始めた。
この辺までなら他のアーティストのコンサートでも見たことはある。
しかし、なんとステージが前後に移動するのだ。
ステージ前方に花道が用意されているのだが、この花道を渡って東京ドームの中央付近までステージ全体がゆったりとしたペースで移動した。
正直言ってこれには度肝を抜かれた。
激しいドラミングを繰り広げるYOSHIKIが自分達の方に段々と近づいてくるので、最初は自分の目がおかしくなったのかと疑ったくらいだ(笑)
※コピーバンド泣かせの高速ドラムプレイがこの目でナマで見られるなんて!
※Xの曲をコピーしようとすると、ギターやベースは真似できてもドラムだけは真似できないバンドが続出するという。
そしてYOSHIKIといえば※ツーバス!
※バスドラムを両足で叩くというもの。 ずっと足を動かしているので激しく体力を消耗する。
  医者いわく、高速ドラムプレイ最中のYOSHIKIは『100mを全速力で走り抜けているようなもの』らしい。

今回のドラムソロでは、両足でバスドラムを常にかき鳴らしながら(ドラムセットの斜め後方に設置されていた)シンセサイザーを弾くという離れ業も披露してくれた。

13曲目の『TEARS』では会場全体で大合唱。
Xのコンサートは初めてなのに、なんだか懐かしい感覚を覚えた。

再び長いインターバル。

しばらくして突然『本日の公演は終了になりました』という無情なアナウンスが。
昨日に引き続きまたアクシデントでもあったのだろうか。
あまりにも不自然な終わり方に観客からは『エーッ!』という声が漏れる。
その刹那、『World Anthem』(インスト曲)とともにYOSHIKIが走りながら登場!
メンバーも続々と花道へ。

『本日の公演は終了になりました』というアナウンスは単なるヒッカケだったのだ。
あぁビックリした。

最後の曲は『X』

この曲といえば・・・もちろん※『Xジャンプ(エックスジャンプ)』!!
※歌詞の『X』という部分にタイミングを合わせて、頭の上で腕(またはペンライト)を交差させジャンプするというもの。
自分が生きているうちにXジャンプが出来るなんて思ってもみなかった。感激。

X JAPANに興味の無い人からしてみれば、『いい年した大の大人が何やってるんだか』という話になりかねないが、ライブ会場というのは特殊な空間であり一種の運命共同体のようなものだと思う。
むしろジャンプしない方が浮いてしまうのだ。

聞くところによると前日のLIVEでは開場時間が大幅に遅れた上に、曲数もカットされてしまうというグタグタな内容だったらしい。しかし、今日のライブを見る限りでは『完全復活』といっても過言ではないと思う。サポートメンバーのSUGIZOも大先輩達に引けをとることなく、伸び伸びとしたギターパフォーマンスを披露していた。

あまり賛美ばかりしていると『信者』呼ばわりされてしまいそうなので、気になった点をいくつか。
・曲のインターバルが長い
・激しい曲が思っていたよりも多くなかった
・YOSHIKIのドラムプレイが少なかった。(実質5曲?)
 ⇒『DRAIN』は打ち込みの曲



X JAPANは好き嫌いがハッキリと分かれるバンドだと思う。
アーティストもファンもその奇抜な容姿が災いしてか、『なんか怖い』 『宗教っぽい』などと敬遠している人もいる。しかし、『人は見た目では判断できない』とはよく言ったもので、案外他のアーティストのファンよりも礼儀正しかったりするのだ。
(今回は確認できなかったが)Xが現役で活動していた頃には、自主的に会場周辺のゴミを拾ったりするファンも多数現れ、何度かワイドショーなどに採り上げられたこともある。
いろいろなアーティストのライヴに参戦していて気づくのだが、ライブハウスで行われたライブの後にはワンコイン制(500円)で購入したドリンクの容器が足元に散らばっていることがほとんどだ。
指定された場所にゴミを捨てることすら出来ない人達が黙殺され、奇抜な格好をしている人達はそれだけで非難されるというのはおかしな話ではないだろうか。

Xは間違いなく日本の音楽シーンに一石を投じたバンドである。
YOSHIKIはLUNA SEAやGLAYといった未来の才能を発掘し、Dir~en~greyなどのプロデュースも手がけた。現在はネオ・ビジュアル系と呼ばれるバンドが台頭してきているが、その中にもXを信奉しているアーティストは多くいる。

男性が化粧をするというなどという発想は当時では考えられなかった。
また、『やたらやかましい音』ぐらいの認識でしかなかった”ハードロック”を広く一般に普及させたその功績は大きい。
何か新しいことを始めようとする時には多大なパワーが必要になる。
X JAPANにはそのパワーが確かに存在していると思う。
そういえば2代前の首相:小泉純一郎さんはX JAPANの『Forever Love』がひどくお気に入りで、自分の選挙のタイアップソングに起用していた。やはり『現状を打破する力』を持った者同士、何か惹かれ合うモノがあったのかもしれない。

いろいろ長く書いてしまったけど、やっぱり『分かる人には分かる』し、『分からない人には分からない』のだろう。そもそも音楽とか美術といったモノは、各個人の感性に訴えるところが大きいので万人に受け入れられることはほとんど無いと思う。だからこそ自分が受け入れられないモノに対して、その対象を簡単に非難したり排斥したりするのは何か違うんじゃないのか。逆に自分が好きなモノが批判の対象になったときに、自分がどんな気持ちになるかを考えてみればすぐに分かることだと思う。

X JAPAN 『I.V.』
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2008   1 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/909-7340ae79
JUGEMテーマ:x japan そこには確かにhideがいた・・・ 10年ぶりのX JAPAN結成ライブ2日目 【無謀な夜】 開始からすでにクライマックス! 10年間待ったファンのために 見事に俺らの前に帰ってきてくれたのだ そして、流れるhideの映像 そ...

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend