あの金はどこにいったのか?

Category : investment
今日は経済と投資のお話。
『私は投資してないから関係ないもん!』なんて言わずに、ちょっと耳を傾けてみませんか。

さほど経済に興味がなくても新聞やニュースをみている人ならば、今、かなりの非常事態に陥ってることを”なんとなく”感じているのではないでしょうか。
日経平均株価は年初来最安値を更新中。しかも昨年の”最安値”を下回る価格で推移しています。一方、為替はドル安にともない円高が進行。
本日ついに1ドル100円割れ! 一瞬ですが1ドル99円を記録しました。
現在は12年ぶりのドル安であり、ある意味『歴史的瞬間』といえます。

日本は紛れもなく輸出大国でありますから、円高が進むと産業界は大打撃を受けます。昨年トヨタやソニーなどの企業が好調だった理由の一つに円安が挙げられます。
※例
(円安時@昨年6~7月) 1ドルを円に換金すると120円手に入る
(円高時@今年3月) 1ドルを円に換金しても100円しか手に入らない。
Q.海外で1万ドルの車が売れたとき、どうなる?
A.手元に入ってくるお金は、何と1台につき20万円も違ってきます(!)
⇒為替レートが円高方面に1円動くだけで、数百億もの利益が一瞬にして吹っ飛ぶのです!!


ここで一つ疑問。
『株を売り払って現金化されたお金は一体どこに行ったのか?』

その答えの一つに『商品市場』が挙げられます。

『景気が悪くなったから株は止め止め! これからは”商品”に投資しよう!』と投資家達は考えました。

『原油』が連日最高値を更新しているのはこのためなのです!

車を走らせるために必要なガソリン。
暖を取るためにストーブなどに使用する石油。
これらの原料となるものが『原油』です。

つい先日、原油価格がついに110ドルを越えました。
ちなみに皆さんはこの110ドルの内訳を知っていますか。
タバコの料金のほとんどが税金で出来ていることは知っていても、原油については知らないのではないでしょうか。

産業界がモノを作るために燃料として使用する石油、私たちが実際に使うガソリン。
これら”実際に使用するために必要”な需要を『実需』といいます。
原油価格110ドルのうち、実需が締める割合は40ドルであり、残りの70ドルは投機(投資)によるものといわれています。

つまり、実際にその商品を使用しない投資家達によるマネーゲームで70ドルも値上がりしているんです!
これはちょっと驚くべき実態ですよね。

世界的に需要が高まりつつある『小麦』、次世代燃料として期待されるバイオエタノールに転化が可能である『トウモロコシ』などの値段も投資マネーにより上昇しています。

潔癖症の人ならばこうした現実に苛立ちを覚えることでしょう。
しかし、残念ながら(?)これは合法的な投資行為です。
人気公演のチケットなどを定価以上の値段で転売する”転売屋”とは明確に異なります。(これは規模が大きくなれば”ダフ屋行為”として逮捕される可能性もあります。)
実際、世界にはこうした巨大なマーケットが既に出来上がっており、今からこの仕組みを変えることは不可能でしょう。

『円高になったからガソリンが安く買えるようになるでしょ!』なんていう書き込みがどこぞのコメント欄にありましたが、それは”原油価格が固定されていれば”の話。
円高になってもそれ以上のペースで原油価格が高騰していれば『焼け石に水』なのです。

■ミクロ的な視点でみれば・・・?
・海外旅行は今がチャンス!(⇒円高になると両替レートが有利になる)

■マクロ的な視点でみれば・・・?
・輸出で利益が得られなくなる企業が続出(⇒下手したら倒産も)
・収益が圧迫された企業は社員の賃金やボーナスのカットに走る(⇒個人所得の減少)
・商品市場に流れた投資マネーにより生活必需品(小麦や石油)の価格が上昇(⇒家計が圧迫される)

結局巡りに巡って僕達の元に災厄が降りかかる(?)ことになるのです。
なんだか食物連鎖みたいですよね・・・。
Posted by りすお [RIS-O] on 13.2008   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/893-a26172c1

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend