投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2020年3月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2020年3月は下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「大和-iFree NYダウ・インデックス」 1万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 7万円

20200331_01.png

投資金額約1,600,057円に対し、評価額は1,453,969円

投資金額に対する評価益はマイナス9.1%になりました。

20200331_02.png

ついに投資信託の評価額が投資金額(≒定期預金)を下回りましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

4年以上投資信託を積立してきて、元本割れどころかここまで評価額が下がったのは初めてです。

『こんなことなら投資なんてするんじゃなかった…orz』

2007~2008年のリーマン・ショックの時、損を出したことにショックを受けて投資を止めてしまう人を数多く見てきました。

これは投資の初心者がしばしば陥りがちな罠であり、こういった株価下落局面を耐え抜けば、その後莫大な利益を得られることは過去の歴史が証明しています。

投資信託として重要なのはこれからも淡々と毎月積立てを行うことです。

同じ1万円を投資していても、投資信託の基準価格が高ければわずかな口数しか買えないけれど、株価下落局面では多くの口数を購入することが出来ます。いわゆるバーゲンセールです。

以前から暴落を想定していた自分としては、待ちに待った株価暴落局面を目の当たりにして『このチャンスをみすみす逃す訳にはいかない!』とテンションが上がってしまい、 今月は10万円も投資してしまった…。

正直やり過ぎた(汗

コロナ・ショックは案外早く終息するのでは?
ここまでの株価暴落は行き過ぎなのでは?

そう予想していたのだけど、どうやら長期化しそうであることが分かってきました。

投資信託に回す種銭(現金)が尽きないように、節度を持ってきちんと毎月投資していかねば…と思っている次第です。

ドル・コスト法による毎月積立てでは、株価の底値や高値の予想は不要。

『株価の値動きは分からないけれど、気づけば莫大な利益が出ている』

これがインデックス投資の醍醐味なのです。

10年~15年のスパンで考えれば、インデックス投資が定期預金に負けることはないという事実を今後も投資を続けることで証明して行きたいと思います。
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2020   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/4463-1ec9211f

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend