アメリカ大統領選挙が行われる年の株価の行方

Category : investment
モーニングサテライトより

アメリカ大統領選挙が行われる年とその前年の株価上昇率に興味深いアノマリーがあるようだ。

一般的にアメリカ大統領選挙の前年の株価は上昇しやすく、アメリカ大統領選挙の年の株価は上がりにくいとされているが…?
(記録によると平均6.7%の上昇率)

20200107_02.jpg

アメリカ大統領選挙の年には2008年の「リーマンショック」が含まれているため、この年の株価大暴落を特殊要因として捉えれば、アメリカ大統領選挙の年の株価上昇率は9%に達するとのこと。

20200107_03.jpg

別の観点からアメリカ株を眺めてみると…?

アメリカS&P500の株価上昇率が20%超えを記録した翌年は株価上昇確率8割であり、平均株価上昇率は11%ということで、今年(2020年)は株価が上昇しやすい年といえそうだ。

20200107_01.jpg

アノマリーはその名の通りあくまで”傾向がある”ということなので、絶対ではないのだけど…

今年もリスクオン相場が続きそうな予感。

米中貿易戦争に加え、中東情勢もキナ臭くなってきた今、今年の株価の行方はどうなるのだろうか。
Posted by りすお [RIS-O] on 07.2020   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/4404-17e12e74

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend