将来貰える年金額で生活できるのか考えてみた

Category : Diary
5年に1度のタイミングで実施される「財政検証」により、年金の将来像が示されたとのニュースが各局で報道された。

20190827_01.jpg
20190827_02.jpg

順調に経済成長すれば所得代替率(月々の給料の)50%
経済がマイナス成長の場合は所得代替率30%半ばになるとのこと。

20190827_03.jpg

いずれにせよ、現在の年金水準と比較して目減りは避けられない見通しとなった。

20190827_04.jpg

今年度の現役世代(社会人)の平均収入は35万円で、貰える年金額は月々22万円である。(夫婦2人世帯の場合)

生涯独身の未婚者が貰える年金額は、半分とは言わないまでも、22万円より低くなることは言うまでもない。

20190827_05.jpg

20190827_06.jpg

2047年度の想定では、現役世代(社会人)の平均収入は47万円2千円で・・・

って、ちょっと待て(汗

20年間給料が減り続けている日本で、 30年後の収入が47万円というのは既に無理があるような気が…。








想定が正しかったと仮定して、経済成長率0.4%で平均収入47万円だった世帯の月々の年金は24万円となる。

ちなみに経済成長率マイナス0.5%だと月々の年金が18万円台まで落ち込むことになる。

20190827_07.jpg
20190827_08.jpg

所得代替率は30%台に…(死

20190827_09.jpg

年休受給年齢を75歳まで延長してくれる人が増えれば解決!!(?)

76歳で死んだら国がぼろ儲けだけどね!

20190827_10.jpg

で、実際に貰える年金額はいくらくらいなのよ?という問いに対して、WBSが明快な回答を示してくれていた。

20190827_11.jpg

将来貰える年金額は24万円の想定だが、
物価も上がっているため実質的に今の価値に直すと18万円程度になるとのこと。

2047年度の平均収入が47万円という前提自体が甘いと言わざるを得ないし、少子高齢化が進む日本で経済成長率が毎年プラスになるとも思えない。

『毎日もやし食べてるから食費かからないし月々22万円でも余裕!!』という人ならともかく、僕はそういう老後を送りたくないので、サッサと2000~3000万円貯めて老後の生活を安定させたいと思っている。

Posted by りすお [RIS-O] on 27.2019   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/4307-2fc59b1e

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend