26時のマスカレイド 『ニジマスワンマン公演ニジマスストーリー第5章〜26時のオープニングセレモニー〜』

Category : LIVE
26時のマスカレイド 『ニジマスワンマン公演ニジマスストーリー第5章〜26時のオープニングセレモニー〜』に行ってきました。

ニジマス(26時のマスカレイド)のワンマンライブに行くのは今回で2回目。

今日の会場は品川ステラボール

この規模のライブハウスを完売させるとは…勢いあるなぁ。
メジャーデビュー決定後、1発目のLIVEということで、メンバーの気合いの入り方が(LIVE以前から)尋常じゃなかった。
おそらくヲタク側も相当気合いで臨んでいたに違いない。

ニジマスには特に推しメンはいないのだけど、フォロワーさん達が話題にすることが多く、48グループや坂道グループ以外では今、最も勢いのある右肩上がりのアイドルということで、偵察(?)の意味も含めてAKIBAカルチャーズ劇場の定期公演などに足を運んだりしていた。

ニジマスの多くの楽曲はサイサイ(SILENT SIREN )のコンポーザーであるクボナオキ氏が手掛けており、ポップでキュートな楽曲のクオリティーはお墨付き。メジャーデビュー後も引き続き楽曲提供を行っていくようだし、楽曲の一貫性があるから既存のファンは安心が出来るだろう。

メジャーデビュー直後にレーベルの意向により楽曲の方向性が全く変わってしまった妄想キャリブレーションは本当に可哀想だった。YouTubeのコメント欄が荒れまくってたし、結果的に解散という形を迎えることになってしまったのは残念。

大規模ワンマンらしく、会場のセットは大掛かりで凝っていた。

プロジェクションマッピングが駆使されており、特効の銀テープなんかも飛び出したりしてお金のかかっているLIVEといった感じ。

楽曲や衣装のクオリティーは素晴らしいと思う。

■新曲初披露 『ちゅるサマ』
『チェリボム』や『ハピマリ』などの曲のタイトルを彷彿させる『ちゅるサマ』

まさか…と思ったら、本当にそのまさかだった。

作詞はSILENT SIREN のすぅ(Vocal&Guitar)、作曲はクボナオキとのことだった。
まんまサイサイじゃん!?

全体的にサンパっぽいリズムでサイサイには無い雰囲気の楽曲だった。

生歌頑張ってるなぁとは思うけれども、さほど歌が上手い訳でもなく。。。
まぁアイドルにクオリティを求めてはいけないのだれど、転校少女の塩川莉世ちゃんとかホント良い声してるからどうしても比較してしまう。

ダンスに関しても激しいノリではなく、どちらかというと乃木坂的な優雅な感じ?
乃木坂も最近は難易度の高いテンポの速いダンスを行っていたりするけれど。
ファンが振りコピが出来る曲もそれなりにあるけれど、アイドル界隈ではそこまで多いとも思えない。

ただ、観客のノリは半端なかった(笑)
コールとかワールドカオスとか、とにかく一体感が凄い。
基本的に若いオタクが多いから、体力が有り余っているのかもしれない。
とはいえ、オールスタンディングの会場でありながら圧縮・モッシュなどがあるわけでもなく基本的には大人しめな人が多い印象。女の子率も結構高いから当然と言えば当然なのだけど。

今どきの若い子はこういうのが良いのか~なんて感心してしまった。(以前にも言っていた気がする)

■写真撮影タイム
20190512_01.jpg
20190512_02.jpg
20190512_03.jpg

Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/4232-b45ec8bc

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend