『働きたくないけどお金は欲しい』

Category : Book
『働きたくないけどお金は欲しい』 著者:遠藤 洋

20190310.jpg

このストレートなタイトルがいいね(笑)

ツイッター民が喜びそうなタイトルだと思う。

しかし、中身はごくごく真面目な資産形成の本だった。

本の帯にいきなりこの本の答えが書かれているのだが…

■お金持ちになる方程式
資産形成 = 収入 - 支出 + 資産 × 利回り


これに尽きる。

貯蓄が大好きな日本人の大半は「資産形成 = 収入 - 支出 + 資産」止まりだろう。

いわゆるタンス預金というもので、いざという時のためにお金を貯め込むだけ。

お金に働いてもらうという発想が無い。

給料が出来高制だとか、外資系金融マンだとか、そういったごく少数の人達を除けば、普通にサラリーマンをやっていて億万長者になることは出来ない。

しかし、手元に残っているお金(資産)を投資に回せば億万長者にのし上がることも可能である。

つまり、時間と労働力を切り売りする労働者階級から資本家になるのだ。

「働く」本質とは何でしょうか?
それは「相手を喜ばせること」です。

あなた自身が働かなくても「相手を喜ばせる」ことができた時に、「働きたくないけどお金は欲しい」は実現します。

お金で買えないものはない?

お金で幸せは買えるのか?

【幸福度をお金に換算した価値】(年間)
・月1で友人や家族に会う時の幸福度:567万円
・結婚がもたらす幸福度:614万円
・良好な人間関係がもたらす幸福度:766万円
・健康状態が改善したときの幸福度:2700万円

【不幸度をお金に換算した損害』(年間)
・離婚がもたらす不幸度:199万円
・無職がもたらす不幸度:667万円
・別居がもたらす不幸度:1492万円
・配偶者の死がもたRす不幸度:1800万円

米国では「自分が貧しいと感じている人ほど宝くじを買う傾向が強い」



全て本の中に書いてあることで、単純な資産形成および株式投資の本とは違って読み物としても普通に面白かった。

朝起きた時、「その日、自分がやりたいこと」ができるようになって、
ようやく人は人生のスタートラインに立つ



これは本のプロローグに書かれている文章である。

お金とは自由を手に入れるために稼ぐもの。

働らかなくて済む未来を目指して、明日から気持ちを新たに頑張って働こう。

Posted by りすお [RIS-O] on 10.2019   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/4194-e5e251d3

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend