投資のプロの9割が敗北!?

Category : investment
ちょっと前の記事になるのだけど、衝撃の集計結果が書かれていたのでとり上げてみる

「S&Pインディシーズ・バーサス・アクティブ」ファンド群の直近のスコアカードによると、2016年12月までの15年間で、米国の中型株ファンドの95.4%、小型株ファンドの93.2%、大型株ファンドの92.2%がそれぞれのベンチマークを下回った。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)グローバルが半年に1度発表するこの比較(SPIVA)には、清算されたり統合されたりして消滅したファンドも含まれている。

 S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズの幹部によると、今回初めてSPIVA に15年分のデータが織り込まれたことから、「より安定した物語」が分かる。アクティブ運用マネジャーの成績は市場のサイクルによって異なる可能性があるためだ。

アクティブ運用の9割、指数に敗北 15年間比較 - WSJ



ちなみに以下は用語説明

■アクティブファンド
目標として証券市場の平均値を上回る運用をめざすもの。目標は、国内株であればTOPIX(東証株価指数)、日経平均株価を用いる。指標とする株価指数が対象としている全体の銘柄を購入して運用するインデックスファンドと異なり、運用者が自らの方針で投資する銘柄を決定する。

■インデックスファンド
ファンドの基準価格が、平均株価指数に連動して値動きするように運用を行うもの。国内株であればTOPIX(東証株価指数)、日経平均株価を利用する。指標とする株価指数が対象としている全体の銘柄を購入して運用する。1971年に米国で開発され、日本でも急速に普及した。米国ではダウ平均株価やナスダック総合指数などに連動して運用する。

「デジタル大辞泉」より引用



いわゆる”投資のプロ”を自称するファンドマネージャーが熟考を重ねて選び抜いた銘柄の上昇率よりも、日経平均やダウ平均株価の上昇率の方が上なんですよね。

上記記事はアメリカの例なので、日本のアクティブファンドはそれよりマシみたいだけど…
それでも7割近くの国内株アクティブファンドがインデックスファンドが負けているとのこと。

ファンドとは異なるけれど、僕を含め一般の投資家が行っている個別銘柄への投資もアクティブ運用みたいなものですね。
ファンドではないので信託手数料はかからないけれど。

僕が株式投資を始めてからというもの、東京電力株が買値から2倍になったり、アキュセラ(現 窪田製薬HD)が買値から5倍になったりしたけれど、今年はまだ暴騰している保有株が無く、年間収支はマイナスという惨状(涙

ネット上の著名な投資家を見ている限り、インデックス投資家は1億円プレーヤーにはなれないものの、高級車を何台か買えるくらいのプチリッチマンにはなれるみたい。

プロの大半がベンチマークに敗北しているくらいなんだから、自分が勝てる訳ないじゃん…。

「株で毎月10万円のおこづかいを稼ぐ」
「将来は、株の配当金で暮らしたい」
「投資家として成功すれば、嫌な上司に頭を下げずにすむ」
「好きな場所で悠々自適な生活を送れる:

そんな夢や希望をもって株をはじめる人がほとんどです。私も最初はそうでした。しかし、現実はとても厳しいです。

『うねりチャート底値買い投資術』 冒頭部分を引用



投資を始める時、まさに自分がコレだった(苦笑

ポジティブな面ばかりに目を向けていた気がする。

『投資でお金を増やす人、減らす人 知識・資金ゼロからの投資超入門』
『うねりチャート底値買い投資術 -100万円から始めて1億円を稼ぐ!』

G.W.中に読んだ2冊の本、どちらも読みやすくて良かったです。

Posted by りすお [RIS-O] on 08.2017   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/3738-5df72114

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend