YUMELIVE!JAPAN Vol.1 ~夢みるアドレセンス定期公演~

Category : LIVE
夢みるアドレセンスの定期公演 YUMELIVE!JAPAN Vol.1に行ってきました(*・∀・)ノ

会場は渋谷WWW

オールスタンディングのライブハウスながら高低差があるため、比較的見やすい会場。

過去2年ほど夢アドの定期公演YUMELIVE!はAKIBAカルチャーズ劇場で行われていたのだけど、最近の定期公演はソールドアウト続出。有料会員でも整理番号が限りなく後ろの方になるという事態が生じていたので、次のステップとして更に広い会場へと場所を移すことになったわけです。

YUMELIVE!は隔週木曜日公演で、大体月に2回~3回の公演だった。
一方、YUMELIVE! JAPANは月イチ公演となり、回数自体が減ってしまった。

メンバー個々の活動が活発化してきたり、他のイベント・対バンに出演する機会が増えてきたので、メンバー全員を隔週木曜日に招集するのが難しくなってきたのかもしれない。

渋谷はライブがある時くらいしか行かないのでアウェイ感が凄い。

地方民からすると秋葉原も相当だけれども、渋谷はとにかく人が多すぎる。
道が狭いから余計にそう感じるのかもしれない。

距離的には駅からさほど歩くわけではないけれど、トロトロ歩いている人が多いから会場に辿り着くまでに余計に時間がかかっている気がするなぁ…。

今日の公演は会社から定時ダッシュで駆け付けたのだけれども、既に入場が始まっていた。
AKIBAカルチャーズ劇場なら間に合っていたのだが…

ライブハウスなのに大きな荷物を持ち込んでいる人が多くて驚いた。

近くにいたスタッフ達も『みんな荷物持ち込んできちゃってるから…』と困惑した話しぶりだった。

結局、会場下手後方のエリアも開放してなんとか観客を会場内に入れることが出来た。

とはいえ、過去にLIVEで渋谷WWWを訪れたときは(関係者席が広かったせいか)もっとギュウギュウだったから、渋谷WWWのキャパ限界までチケットを出していたわけでもなさそう。

それとも、先日の泡パーティで歴戦の猛者たちが軒並み風邪をひいていたから、
今日のLIVEを欠席している人も多かったのかな…(笑)

■泡パーティーで風邪をひいた人達の様子



■トピックス
・女性限定エリアは中段の下手側にあった
・「YUMELIVE! JAPANのポーズ」をメンバー達がひたすら推していた
・YUMELIVE!と比較して曲数が増えた
・『キャンディちゃん』など懐かしい曲も入っていた
・曲中にメンバー達が交代でステージ袖に引っ込んで早着替えして出てきた
・ダンスショーのような演出もあった
・MC中にBGMがかかっていた(前回の東名阪ツアーと同様の演出)
・メジャー1stアルバム リリース無期限延期が発表された(原因はメンバー小林れいの喉の不調)
・アルバムは無理だがシングルなら医者のOKが出た(?)
・今冬シングル3連続リリース決定
・2017年1月に東名阪ツアー決定 (会場は前回のツアーと一緒、すべて土日)

■セットリスト
1 Viva! シャングリラ
2 ステルス部会25:00
3 リーダーシップ
4 涙が出るくらい 伝えたい想い
5 サマーヌードアドレセンス
6 ひまわりハート
7 くらっちゅサマー
8 Love for You
9 キャンディちゃん
10 ファンタスティックパレード
~アンコール~
11 おしえてシュレディンガー
12 舞いジェネ!

■衣装
『舞いジェネ!』衣装 ~ Zepp DiverCity Tokyoで披露したお姫様風衣装

20160923_01.jpg
20160923_02.jpg

YUMELIVE! JAPANのポーズ

指の形が「J」を表しているそうな。

発音は『じゃっぱ~ん!』(?)

リーダー荻野可鈴のドヤ顔が凄かったw

結成当初から行っている最後の挨拶『バイ夢~♪』よりも流行ったりして←

ちなみに「バイ夢」に関しては『流行るまでやりますっ!!』(by 荻野可鈴)

今日の公演については、ライブパフォーマンスだけでなくMCまでガッチリパッケージ化された台本通りの公演という感じだった。
メルパルクホールで行われた昼・夜2回のワンマンライブでMCが全く一緒だったときのような、ちょっとした違和感を感じた。
色々発表があったから仕方がないとはいえ、普段のYUMELIVE!みたいな肩の力が抜けた自由なMCも聴きたかったところ。

渋谷WWWはオールスタンディングのライブハウスだから仕方がないけれど、やっぱりカルチャーズ劇場の方が見やすいね。
カルチャーズなら基本座りだからよほど座高の高い人が来ない限りメンバー達の姿をじっくり見ることが出来るけれど、オールスタンディングで身長180cm超の高身長ヲタが各段の最前列にいたりするともうね…。

照明や音響もカルチャーズ劇場の方がしっかりしてる。
渋谷WWWも比較的新しいライブハウスだけど、コンクリート打ちっぱなしの壁とか…
どうしても地下アイドル感が漂ってしまう…。

ただ、YUMELIVE! JAPANになって曲数が増えたし、メジャーデビュー前の曲もやるようになって盛り上がりやすくなったことは確か。カルチャーズ劇場(YUMELIVE!)で座り席ではなく敢えて立見席を選んでいた人はYUMELIVE! JAPANになっても楽しめたんじゃないかな。



ライブレポと発表内容は上記記事を参照

アルバム発売の無期限延期発表の時、小林れいちゃんの目には涙が…。

アルバムリリースは×でシングルのリリースはOKというのは謎理論だがw
アルバムに収録予定だった新曲(収録済み)からシングルカットしていくのだろうか。

こうなるとメジャー1stアルバムはいきなりベストアルバムになってしまう予感。
2枚組ならアルバム曲が入る余地はありそうだけど…

20160923_04.jpg

m9っ`Д´) アルバム発売延期に3枚返しだ!!

これって半沢直樹!?Σ(・ω・ノ)ノ!

CDリリースイベントにすべて参加しているような精鋭達は男女問わずお金持ってる印象を受けるけれど、実際、3枚連続リリースに耐えられるユメトモ(ファン)はどれくらいいるのだろうか…。

というのも、今夏、夢アドの新曲『Love for You』と、志田サマー新井サマー(志田友美参加のユニット)のCDリリースが比較的近かったこともあり、志田サマー新井サマーのイベントにあまり人が集まらないこともあったからだ。

志田サマー新井サマーのCDリリースイベントでは、新井サマー(東京女子流@新井ひとみ)のファンの方が圧倒的に多い回もあったりした。一応、志田友美はリーダー荻野可鈴と人気を二分するエース的な存在なのだけど…

かくいう自分も金欠なので例のハイタッチ会はスルーして帰宅した。
聞くところによると(ハイタッチ会なので)秒単位の接触だったらしい。

YUMELIVE! JAPANが月イチ公演になって会える機会が減ってしまうのかな…と心配していたけれど、シングル3枚連続リリースがあるのでどうやらその心配はなさそうだ。

しかし、その前に資金が尽きてしまいそうなので、手持ちの銘柄がストップ高になってくれないかなぁ…なんて妄想してしまうのであった。

Posted by りすお [RIS-O] on 23.2016   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/3576-9e29413b

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend