引きこもりへの憧れ

Category : Diary
珍しく仕事の話。

ウチの部署の中堅社員(既に40代後半なので熟練社員と呼ぶべきか)が、今月末をもって退職することになった。

主な理由としては自身の体調不良らしい。

最近休みがちだったから何となく予想はしていたものの、一度レールを外れるとあっという間に転落していくこの国で、よくぞ正社員の職を捨てる気になったものだ。

仕事はもちろんだが遊びも健康な心と身体がなければ楽しめないので、後ろ向きな理由による退職を称賛することはできないのだけれども、正直羨ましいな…と。

生産性の低さを長時間労働でカバーする日本では、欧米人のように長期休暇をとるのはとても難しい。

国の政策もあり、数年前からウチの会社でも「夏休みは一週間連続で休むように」とのお達しがでたのだが、実際1週間連続で休みを取るのは難しい。それに、仮に休めたとしても日々相場を見ている自分としては夏休みやゴールデンウィークなど旅費がバカ高い時期に旅行する気にはならない。
閑散期だったら同じ価格で3~4回海外に行けるよね。

自分でお金を稼いでいる社会人なら分かると思うが、生きていくだけで結構お金がかかる。

かかるのは家賃や食費だけじゃない。
強制的に徴収される社会保険料や年金などもバカにならない。
まぁサラリーマンを辞めれば「払わない」という選択肢もあるのだが、その選択をした場合、病気になっても(薬代が高くて)病院に行けないし、年金がもらえなくなるわけで…。

つまり、退職して引きこもるにしてもお金が必要なのだ。

有吉AKBに出演したヒロシが番組で発言したこのフレーズ

20160908_01.jpg

『引きこもる程のお金がありません』

一見すると逆説的だが、実に的を得たコメントだと思う。

”貧乏暇なし”とはよく言ったもので、自分のような人間は馬車馬のように働くしかないのだ。

潔くスパっと辞める先輩社員はまだいい方で、実はウチの部署で既に4ヵ月くらい休職している人もいる。(50歳前後)

社員が2人離脱しようが、その分の仕事が減るわけでもなく、そのシワ寄せは間違いなく残された僕達に降りかかる。

実はこの春、自分も体調を崩してしまった。
以降、毎月薬代だけで1万円くらい飛んで行ってるのが地味に痛い。
1万円あればアイドルと3回写メ撮れるのに←

しかし、一生遊べるだけのお金を持っているならともかく、そうでない人が引きこもっても『なんとかしなきゃ』と焦るばかりでストレスが溜まるんだろうな…。
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2016   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/3564-2463ae1e

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend