第3回夏のホラー秘宝まつり2016 「超」怖い話 舞台挨拶

Category : Movie
夢みるアドレセンスのリーダー荻野可鈴さんが出演している映画「超」怖い話の舞台挨拶に行ってきました(*・∀・)ノ

20160820_01.jpg

舞台挨拶が行われた映画館は『キネカ大森』
大森駅からすぐのところにある映画館。

初めて行った場所だったけれど、駅から近くてイイ感じだった。

舞台挨拶が行われるということで、それなりの規模の映画館を想像していたのだけれども、思ったより会場が小さくてミニシアターっぽい感じ。

「超」怖い話は3話からなる短編映画で、それぞれ独立した話になっている。

正直ホラー映画はちょっと苦手。
しかし、志田友美が主演を務めた映画『トイレの花子さん』はそれほど怖くなかったので今回も大丈夫だろうと思っていたら…
結構怖かった((((((((;゜Д゜))))))))

第一話『瓢箪』(ひょうたん)、そして荻野可鈴ちゃんが主演を務める第二話『教育実習』はそこまで怖くなかったのだけど←
第三話で幽霊が瞬間移動して来るのが恐ろしかった|д゚)

荻野可鈴ちゃんは教育実習生役
赴任した学校で巻き起こる呪いのストーリー。

序盤、学生と会話するシーン以外はほぼ恐怖におびえる演技。
表情とおびえ声だけで感情の機微を表現しなければならない難しい役柄だったものの、及第点レベルには達していたと思う。

ただ、身長が小さいので学生達と会話するシーンでは先生という感じがしなかった(^ω^;)(;^ω^)
まぁ教育実習生=大学生だからさほど年齢は変わらないか…。

夢アドの活動や個人イベント(生誕イベント等)ではまず見られない険しい表情、おびえた表情が見られたのは貴重だった。

夢アドのLIVEや特典会で話しているときは全く気にならないのだけれども、映画のスクリーンでアップになるとどうしても歯並びの悪さが気になってしまった。。。 
可鈴ちゃん、顔面ランクは最高レベルだと思うけれど、歯並びって大事だなーと改めて思った。
その点、ホワイトニング&矯正(インプラント?)で完璧な歯並びに整えているゆうみん(志田友美)は美意識が高いなーと思う。

ホラー映画なので基本的にずっとシリアスに進んでいくのだけど、廊下に落ちた血で滑ってすってんころりんするシーンだけは笑いそうになってしまった。



■舞台挨拶
まず司会進行の女性が登場。
その後に3部構成で主演を務めた女優3人と監督さん(♂)が登場。


ドレスアップした可鈴ちゃん綺麗だった(/∀\*)

立て続けに3本怖い話を見たせいか、会場は静まり返っていたのだけれども…。
その静寂を打ち破るかのごとく喋りまくる可鈴ちゃん(笑)
”おしゃべリーダー”と呼ばれる所以が分かったような…w

可鈴ちゃんの特徴的な声は会場によく響き渡っていた。

時間を計っていたわけではないので分からないけれども、大体1話30分程度の作品だったと思う。

しかし、撮影は朝から翌日の朝までほぼ24時間ぶっ通しで続けられたらしく、可鈴ちゃんを含め『とにかく眠い!眠かった!』と話す女優さんが多かった。

20160820_02.jpg
映画監督と主演女優3人

今回の映画で演技している可鈴ちゃんを初めて見ることが出来た。

過去、可鈴ちゃんは夢アドの活動と並行して(『逆転裁判』などの)舞台に出ていたようだけれども、今まで観に行ったことがなかったので、機会があれば観に行ってみたいと思った。
Posted by りすお [RIS-O] on 20.2016   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/3551-5302822b

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend