『億男』

Category : Book
久々に読書の話題。

20150131.jpg

巷で話題のベストセラー『億男』を読破しました(*・∀・)ノ

最近はビジネス系・自己啓発系の本ばかり読んでいたので特にブログには書いていなかったのだけれども、
時折、本は読むようにしています。

本屋で平積みされているベストセラー『億男』

読みやすい文章になっているので普段読書をしない人でもスラスラ読めるはず。

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

「BOOK」データベースより



突然の幸福が舞い降りてきた男の生き様とは…!?

ワクワクしながら読み進めて行ったのだけど、、、、

結局は家族愛がテーマ?
お金で手に入らないモノの方が大事?

なんだかステレオタイプな内容でガッカリ。
過去の小説でも同じようなモノあったんじゃない?と思わざるを得ないほど退屈な本だった。

億単位のお金持ちというのは我々一般人とはちょっと違った異質な人達なのかもしれない。
けれどもこの『億男』に出てくるキャラクターはぶっ飛んでいていまいち感情移入できなかった。
なんだか無理矢理キャラクターを立たせている感じがして・・・うーん。
与沢翼を連想させるようなビジネス?マルチ商法?している人が出てきたときは笑ったけれど。

この本には喜劇王チャーリー・チャップリンの名セリフが挿入されている。

「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」

あー、ダメだ。
こういう説教くさいのホント無理。

お金が手に入れば世の中の大半の悩みは消滅するじゃないか。

眠い目をこすりながら会社に行く必要がなくなり、満員電車からも解放される。
嫌な上司や部下、わがまま客と板挟みになることもなく、自由に生きられる。

この作者には現代の若者が置かれた状況が分かってないんじゃないだろうか。
非正規雇用で食いつないでいる若者達が『お金が無いから結婚なんて無理』と嘆いていて晩婚化が進み、
出生率は低下の一途を辿っているのに・・・(最近やや回復していたんだっけ)

結婚願望が無く、家族にも憧れが無い自分としては全く共感できなかった。

しかし、Amazonでは評価が高いのでそれなりに感動したり共感を覚えた人も多いという事なのだろう。

興味がある方はどうぞ(*・∀・)ノ

Posted by りすお [RIS-O] on 31.2015   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/3143-3ba9389c

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend