TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30

Category : LIVE
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 大宮ソニックシティ公演に行ってきました(*・∀・)ノ

20141112_01.jpg
TM NETWORK (小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登)

20141112_02.jpg

10月29日にリリースされたオリジナルアルバム『QUIT30』を引っさげて回るこのツアー。

『QUIT30』は2枚組の大作なので、今回のツアーは新曲づくしになるかと思っていたのだけど…
懐かしい曲も沢山やってくれたのが良かった!!

『Still love her』 『THE POINT OF LOVERS' NIGHT』等々…
ちなみに『THE POINT OF LOVERS' NIGHT』を生で聴いたのは今日が初めてだった気がする。

『TIME TO COUNT DOWN』はTM NETWORKにしては珍しくアナログ全開なROCKな曲なのだけど、
今回のツアーではEDM風にアレンジされていて新鮮だったなー。

その他、TM復活後の新曲を除けばほとんどの曲がREMIXされていて新鮮な気持ちで楽しめたヾ(≧∀≦*)☆彡

『小室哲哉の曲は打ち込み曲だからCDをそのまま再現してるだけでしょ?』と思っている人はLIVEに来たら驚くんじゃないかな。イントロ~曲が始まるまで何の曲か分からないくらい大胆にアレンジされているものも多かったり。

ステージのセットは至ってシンプル。

最初はガランとした何もない空間で、LIVE開演と共に木根尚人(ギター)の足場(?)と小室哲哉のシンセサイザーを積んだ足場が出現するのみ。最初見たときは『これだけ?』と思ったのだけど…

巨大モニター&3面モニターに映し出される近未来的な映像と過去の映像が華やかで、やっぱりTMの演出は凄い!と思った。特に音声と映像のマッチングが凄かったなー。(言葉では説明しづらい)
過去のLIVE映像と生歌のリップシンクが寸分違わず合致していて準備とかリハとか大変だっただろうなーと思った。

その他、木根さんのアコギ弾き語りがあったり、小室×木根のパフォーマンスタイムがあったり…。
小室さんはショルダーキーボードを背負って動き回るし、終盤にはステージから降りて客席を縦断したり…
今までのLIVEには無かった意外な演出のオンパレードでとにかく驚いた。

TMの曲は名曲揃いだと改めて認識した日だった。

小室哲哉=華原朋美や安室奈美恵の曲を手掛けた音楽プロデューサーとして認識している人が多いと思うけれど、個人的にはミリオン・ダブルミリオンのヒットを飛ばしていた時代よりもTM時代の曲の方が好きだなー。

前回のツアーでは曲と曲が全部繋がってるんじゃないか?と思えるような構成で、緊張感を保ちつつも結構疲れる構成だったけれど←
今回のツアーでは曲が終わるごとに若干のインターバルが挟まれていた。
これはこれでメリハリがあって良かったと思う。

ツアー毎に曲を大胆にアレンジしたりシンセサイザーの音色を変えてきたり…
小室さんは相当入念に準備してきたんだろうなぁ。

ウツ(宇都宮隆)は音程を外すことも無く丁寧に歌えていたし、昨年の体調不良&手術の余波を感じさせない歌声を聴かせてくれて安心した。LIVEの冒頭から歌詞を間違えていたのはいつものことなので(w ご愛嬌ということで。

来年のさいたまスーパーアリーナ公演も参戦したいと思っています(`・ω・´)



Posted by りすお [RIS-O] on 12.2014   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/3087-178888ea

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend