アトリエ・ダンカン事業停止、自己破産申請へ

Category : SDN48

芸能事務所 木の実ナナ、尾藤イサオら所属の芸能事務所
株式会社アトリエ・ダンカン 事業停止、自己破産申請へ


TDB企業コード:984439626
「東京」 (株)アトリエ・ダンカン(資本金1000万円、東京都渋谷区神宮前4-2-22、代表池田道彦氏)は、2月1日付で事業を停止し、事後処理を中原澄人弁護士(東京都港区南青山5-5-20、電話03-6418-1888)ほかに一任、自己破産申請の準備に入った。

 当社は、1979年(昭和54年)2月に設立された芸能事務所で、舞台制作を中心に芸能タレントのマネジメントを手がけていた。演劇プロデューサーである代表と女優・木の実ナナが設立した経緯を持ち、代表の人脈から所属タレントを確保。芸能マネジメント事業においては、主力タレントの木の実ナナや尾藤イサオなど30名程度のマネジメントを行っていた。舞台制作事業については、志村けん出演の『志村魂』や河村隆一出演の『Musical Songs Concert SUPER DUETS』など有名タレントを起用した舞台・ミュージカルの企画制作を手がけ、一定の収入を確保、2012年9月期には年収入高約7億円を計上していた。

 2012年10月には、主力タレントである木の実ナナがデビュー50周年を記念してアルバム『SHOW GIRLの時間旅行~my favorite songs』を発売。その後も精力的に舞台制作活動を行っていたが、赤字公演が続くなか、当社が企画・製作・プロデュースを手がけ、2014年2月12日から3月9日に東京グローブ座にて上演予定であった、ロックバンド・X JAPANのギタリストであるhide氏の楽曲によるROCKミュージカル『ピンク スパイダー2014』の公演中止を1月14日に発表するなど、動向が注目されていた。

負債は現在、調査中。
(帝国データバンクより引用)
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3877.html



元SDN48メンバーである加藤雅美、梅田悠が所属する芸能事務所アトリエ・ダンカンが自己破産するとのこと。

このニュースはYahooトピックスに掲載され、演劇ファンはもちろんのこと過去にAKB48の片山陽加・佐藤亜美菜が所属していたことからAKBファンの間にも大きな衝撃が走った。

つい先日、ROCKミュージカル『ピンク スパイダー2014』の中止が急遽発表され、社長名義で「企画・製作である弊社株式会社アトリエ・ダンカンの止むを得ぬ事情により急遽公演を中止させて頂くことになりました」との説明がなされた。

この発表を額面通りに受け取る人は少なかったのだけれども…
まさか老舗事務所の経営が傾いているなんて夢にも思わなかった。

昨年末に開催されたアトリエ・ダンカン主催の舞台『船に乗れ!』は何度か観に行ったのだけれども、
少なくとも自分が見に行った回については渋谷シアターオーブには常に満員に近い観客が入っていたので尚更驚いた。

以下のような記事もあり、ギリギリの状態で経営を行っていたことが推測される。

木の実ナナら所属のアトリエ・ダンカンが破産へ、演劇ファン大ショック!

俳優の木の実ナナや尾藤イサオらが所属し、舞台制作でもおなじみの芸能プロダクション、アトリエ・ダンカンが2月1日付で事業を停止、事後処理を弁護士に一任し、破産申請の準備に入ったことが3日、分かった。

同社は1979年2月に演劇プロデューサーである池田道彦氏と木の実が設立。所属する29名の俳優のマネージメント業務を行っていた。舞台制作事業については木の実の「SHOW GIRL」、志村けんの「志村魂」や小堺一機の「小堺クンのおすましでSHOW」などの舞台、ミュージカルの企画・制作を手掛けてきた。昨年9月期には約7億5000万円の売り上げ高を記録したが、近年、赤字公演が続いており、黒字に転換することはかなわなかった。

今月12日から東京グローブ座で上演予定だったロックミュージカル「ピンク スパイダー2014」の公演中止を約1か月前に「やむをえない事情で中止」と発表するなど、ぎりぎりまで資金繰りにかけずり回っていたが、ついに力尽きた。負債額は調査中で、億単位になる模様。
http://irorio.jp/entame/20140203/108721/



これは推測なのだけれども…

アトリエ・ダンカン主催の舞台を開催(金融機関から借金して先行投資?) ⇒ チケットが売れず投資分がペイ出来ず

この流れを断ち切ることが出来なかったのだろう。

しかし、昨年9月期には7億5000万円もの売り上げ高を記録していながら、それからわずか半年で経営状態が危うくなるものなのか。

つまり舞台を開催するためにはそれだけの投資が必要で、常に自転車操業だったということなのかな…。

自分が舞台を観に行きはじめたのはSDN48メンバーが舞台やミュージカルに出演するようになった2011年頃からなのだけれども、その内情を知るにつれ舞台演劇をめぐる状況の厳しさが肌身に染みて分かるようになった。

簡潔に言うと”一見すると盛況に見える舞台も実は赤字かもしれない”ということだ。

満席だからといって順風満帆とは限らない。
蓋を開けてみれば正規のチケットの価格で来ている人は意外に少なかったりするのである。

かくいう自分も(元SDNの)複数のメンバーの舞台を観に行っているのだけれども、その内の何公演かは無料で観ていたりする。「実は私は某メンバーの関係者でした」なんていうオチではなく、自分のような一般人でも無料もしくは大幅な割引価格で観られる舞台は意外なほどに多いのである。

役者やスタッフのモチベーションが下がることを恐れているのか、それともビジネスホテルの空室理論と同じで「空席を作るくらいならチケットをバラ巻いてでも埋めた方がマシ」と考えているのか内情は分からないけれども。

アトリエ・ダンカン主催の舞台『船に乗れ!』に関してもスポンサーであるハウス食品から招待チケット(無料)が出ていたようだし、舞台が開幕間近になると定価¥10,000のチケットが半額で売りに出されたりしていた。

『次の作品がヒットすれば借金がペイできる』と説得して回っていたのだろうけれども、結局『ピンクスパイダー2014』にはお金を貸してくれる(出してくれる)金融機関もしくはスポンサーがつかなかったんだろうな。。

梅田悠・加藤雅美の2人は現在7cm(ナナセンチ)というユニットで活動していることから、このままavexに引き取ってもらう流れになるのかな…。いずれにせよ舞台女優一本に絞らずダンス&ボーカルユニットのメンバーとして二足のわらじで活動していたことは不幸中の幸いだったと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2014   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/2886-83ca5917

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend