DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

Category : Movie
レイトショーで『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』を観てきました。

20120204_03.jpg

前作もなかなか興味深い内容だったけれど、今作は前作よりも確実に濃密な内容なっていた。
本来ドキュメンタリー映画ってこんな感じだよな…とも思ったり。

ドキュメンタリー映画だけに言えることではないけれど、見る人の立場や置かれている環境によって大きく感想が異なる映画だと思う。

『感動した~!』
『本当に良かったね!』
『この子達はこんなに頑張っているのか! これからもっと応援しよう!』

梅子(SDN48の梅田悠)が言っていたように、↑そういう類の映画ではないと思う。

AKB48のイメージ向上に努めるわけでもなくメッセージ性があるわけでもなく、あくまで2011年の軌跡を包み隠さず淡々と伝えていく構成だった。

・東日本大震災~被災地支援活動
・西武ドームコンサート
・AKB48選抜総選挙
・じゃんけん大会
・海外遠征(高橋みなみ・大島優子・渡辺麻友)

メインとなるのはこの5つかな。
レコ大とかもちょこっとだけあったけれど。
前作に比べるとBGMも少なめで、全般的にシリアスだった。

被災地支援に関して彼女たちの行動を否定する人は少ないと思う。(アンチも含めて)
映画化ありき、MJのタイアップ(?)ありきと考えてる人から見ると偽善行為に見えるかもしれない。
けれど、AKB48の来訪を心から喜び、笑顔になっている被災地の方々を見てもそう言えるだろうか。
国民的アイドルと呼ばれるようになった彼女たち(しかも主要選抜メンバー)が被災地に赴いて、歌やダンスの力で被災地の方々を励ますことは誰が何と言おうと素晴らしい行為だと思う。

AKB48(その他48グループ)のメンバー達も、実際に被災地に赴いて”歌の力””エンターテイメントの力”を理解したようだった。
『誰かのために』の漠然としていた『誰か』の顔が見えた、その瞬間だったんじゃなかろうか。


海外遠征におけるAKB48メンバーの人気ぶりにはただただ驚いた。

大島優子が『まるでハリウッドスターが来たみたい』『世も末』と言っていたのを見て笑ってしまった。
特に渡辺麻友の台湾訪問時のファンの熱狂ぶりは凄かった。(バスの外にどれだけ人が集まってるんだ?と思った)

普段、AKB48劇場で彼女達のパフォーマンスを間近で見られたり、握手会で直接本人と握手できたり、常連さんになるとメンバーから認知されていたり…その1つ1つがいかに恵まれた環境であることなのか、改めて考えさせられる映像だった。

西武ドームコンサートの裏側は想像以上にハードだったようで。
初日コンサートを終えた後の秋元康Pのコメントはなんだかんだ言って的確だなぁと思った。
(予告ではメンバーを叱るシーンしか映っていないけれども)、やっぱり西武ドームの失敗はスタッフとか製作者側によるところが大きいと思う。
2日目のあっちゃん(前田敦子)は本当に倒れる寸前…というか、もう倒れていたのに気合でステージに立ち続けたんだな~ということが分かり驚かされた。
また、あっちゃんだけじゃなく、たかみなや優子もとっくに限界を突破した状態であるにも関わらずステージに立ち続けていたんだなぁ…とも思った。だけど、AKB48にどっぷりと浸かっていないライトなAKBファン(ファミリー層)があのステージを見たとき、どう感じたんだろう? そう思うと、やはり西武ドームコンサートはエンターテイメントとして、AKB48のステージとしては失敗だったと思う。(2日目、3日目も含めて)



西武ドームコンサートの舞台裏は彼女たちが言うようにまさに”戦争”

極度の緊張と暑さに次々と倒れるメンバー達。

通常のアイドルでは決して見せないようなヒドい顔をしていたのだけど、そこを含めてさらけ出しちゃうAKB48ってやっぱり凄いアイドルグループだわ…。
でも、このチャレンジング・スピリッツはAKB48発足当初からずっと受け継がれてきているんだよね。

・ブサイクな顔をしていても、裏で努力してる・頑張っている姿をファンに見せちゃおう。
・(じゃんけん大会とか)面白いからやってみようか?
・Google+に(スタッフの)検閲を入れたらつまらないじゃん。だから今すぐ検閲をやめなさい。

みたいな、チャレンジ精神。

それらすべてに全く問題がなかったわけではないけれど、ぶっちゃけ面白い。
だから、いろんな人が興味を持ってハマり出す。

法律で規制されているわけじゃないのに”アレをやってはダメ””コレをやってはダメ”って…世の中がどんどんつまらなくなっている中で、暗黙の了解やタブーを破って邁進し続けるグループ、それがAKB48なんだと思う。

ヘビーローテーションの下着PVが本当に賛美されていいのか?と言われれば首をかしげてしまうし、SDN48解散の決定が正しかったのかどうかは今でも分からない。
ただ、(SDN48に関して)徐々にメディアへの露出・仕事が増えていながらもCDの売上げは横ばいで、(AKS)メンバーの給料が上がっているわけでもない(ように見える)。一人暮らしを諦めて兄弟姉妹で同居し始めるメンバーも多い中、本当にこのままでいいのかな?と思い始めていたことも事実。

生誕祭実行委員の趣向を凝らした演出とか、メンバーの心を揺さぶる凄い手紙を書く人とか、推しメンの選抜入りに涙を流して喜ぶファンとか…傍から見ていて本当にスゲーな!と思うことも多々あるし、そんな素敵なファンからの”支え”によってメンバー達が嬉し涙を流したり、誇りを持って仕事に臨めることは素晴らしいと思う。
だけど、解散発表のときに野呂キャプテンが言った『私たちもどこかで区切りをつけなければいけません』というのも一理あるんじゃないかな…って。(誰かに言わされただけかもしれないけれど)
やっぱり”やりがい”だけじゃ食べていけないし、SDN48のメンバーとして活動している間にもどんどん歳をとっていくわけで。

なんだか色々考えさせられる映画だった。

アイドルのお手本のような映画賛美の感想を書くメンバーも多い中(←本当にそう感じたのかもしれないし、それが悪いと言ってるわけじゃないよ) AKB48と同じ48グループに属しているはずの(SDN48の)梅田悠・加藤雅美の両氏は、映画鑑賞後になんとも微妙な感想をモバメ/ブログにUPしていて…
やっぱりこの2人は違うな~と思った今日この頃。
途中でサルオバサン(広報の西山さん)やスタッフのチェックが入っているにも関わらず、ファンと真摯に向き合って自分の正直な気持ちをそのまま書いてくれるからこそ、この2人は現場人気が高いんだろうなぁ。



Posted by りすお [RIS-O] on 04.2012   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/2266-0c1fa5d0

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend