マクロスF 超時空スーパーライブ Merry Christmas without You

Category : LIVE
カンノヨーコ produce マクロスF 超時空スーパーライブ Merry Christmas without You に行ってきました(・∀・)!

20101222_01.jpg

場所は日本武道館です(*・∀・)ノ

久々に菅野よう子さんの勇姿が拝める(*´艸`)
嬉しいなヾ(≧∀≦*)☆彡

ちなみに菅野よう子さんは僕が敬愛してやまない作曲家(兼ピアニスト)の一人です♪

『天才とはこういう人のことを言うんじゃないか?』と常々思っています。



仕事をサッサと切り上げて日本武道館がある九段下駅へ…

開演30分前であるにも関わらず、駅構内には「マクロスFのチケットを譲ってください」というプラカードを掲げた女の子の姿がチラホラ見受けられた。九段下駅を抜けて地上に出た後も「チケットを譲ってください」という女の子の姿が3~4人。

オークションではチケットの値段が高騰していたようだし、正規のルートでチケットを手に入れることが出来ていて良かった…

この日のためだけにファンクラブに入ったからね(笑)

だがしかし!!
そんな邪な考えが見抜かれたのか、ファンクラブ先行予約でGETしたチケットはなんと2階席だった(苦笑

とはいえ、ステージ正面の南ブロック前方だったからかなり見やすい席でした♪

菅野よう子さんがプロデュースするLIVEは演出も非常に凝っているので、ステージ全体を見たかった自分としてはむしろ好都合。 (ステージ正面だったので)ちょっとした関係者席に座っていたような気分でした。



平日のLIVEであるにも関わらず日本武道館は超満員!
『マクロスF』は深夜で細々とやっていた(?)アニメで、しかも放映が終了してからしばらく経っているのにも関わらず未だにこれだけの人気があるのだから凄い。
『マクロス』ブランドのシリーズモノとしての人気、(僕のような)菅野よう子さんのファン、出演している声優のファン、実力派アーティストであるMay'nさんのファンなど様々なファンによって人気が下支えされているのでしょう。

そういえば、今日のコンサートはなぜか女子率が高かった。
下手をしたら半分近くは女子だったかも!?
それだけ女ヲタ率が高いアニメなのか(笑)
単純に年末進行で仕事が忙しいから男子が来にくかっただけなのかもしれないけれど、過去のLIVEに比べて非常に女子が多かったので驚いた。

クリスマスと銘打ったコンサートなだけあって、サンタ姿でコスプレしてくる女の子の姿もチラホラ。
全般的にはランカよりもシェリルのコスプレをしている子が多かったかな(´∀`*)



18:36分開演(シェリル&ランカによる前節が流され始める)
21:17分コンサート終了

およそ2時間40分にも及ぶ長時間のLIVE!
それでも時間がたつのを忘れてしまうほど楽しくてアッと言う間のLIVEだった。

これは毎回感心していることなんだけれども、マクロスFのLIVEは曲と曲のインターバル(間隔)がほとんど無いんですよ。わずかな時間のMCパートとアンコールを除けば、その他は常に演奏しっぱなし。
菅野よう子さんはアレンジャー(編曲者)としても素晴らしく、雰囲気やテンポが全く異なる曲でも違和感なく繋げてしまうのです!

過去のマクロスFのLIVEは代表的な曲をひたすらメドレー形式で繋げていく構成が多かったけれども、今日のLIVEは過去のそれとは異なり1曲1曲を丁寧に聴かせてくれました。
ただ、その代わり曲数自体は減ってしまったけれど…
過去のLIVEに参戦してきた人にとっては全く問題ないでしょう。(初参加の人は残念でした)

メドレーらしいメドレーといえば『CMランカ』ぐらい?

2Fから眺めていて気づいたのだけど、今日のLIVEは観客の一体感が素晴らしかった。

シェリル(May'n)がソロで歌っているときは赤(ピンク?)のサイリウムが光り、逆にランカ(中島愛)のソロのときは緑色のサイリウムで整然と応援していました。また、二人がデュエットしているときは赤・緑・青のサイリウムの海が観客席を覆い尽くしていて、とても幻想的な光景を醸し出していたと思います。

盛り上がる曲では手を振り上げて『オイ!オイ!オイ!』と気合を入れて盛り上げたり…
もちろん『キラッ☆』は定番ですが(笑)
マクロスF最初のLIVE(Zepp Tokyo)では『コンサート初参加の人が多いのか?』と思えるほど微妙なノリだったからなぁ。そこから比較すると観客側も随分と進化したものです。

中島愛さんはかなり緊張していたようで表情がちょっと硬かったけれど、その他はさほど悪くなかった。
May'nさんは相変わらず堂々としたパフォーマンス。
そして菅野よう子さんはノリノリw
ピアノ(or シンセ)を弾いていない時はずっと踊ってたし(^_^;)
その他、白いサイリウムをタクトに見立ててオーケストラ隊に向かって指揮をしている姿が格好良かったなぁ。

今日のLIVEは過去のものとは一風変わった演出で、これはこれで面白かった。

本日のLIVEでは豪華声優陣が何人も登場。
過去のLIVEのように自由なMCを聴かせてくれるのかと思いきやそうではなく、あくまでLIVEの演出の一環として登場した感じ。

『10年後の私へ』(10年後のクリスマスへのメッセージ)みたいなテーマでアニメに登場していたメンバーが一人一人喋っていくシーンがありましたが、それが全て曲の間に埋め込まれていたのには驚きました。
(セリフが入る分、ほとんどの曲は原曲よりも長めになるようアレンジされていた)

声優陣が登場している時間を累積するとかなりの時間になると思われるので、声優ファンの人にとっても今日は嬉しい一日だったんじゃないでしょうか。ちなみに本日のステージには声シェリル(?)担当である声優の遠藤綾さんもステージに登場。
※アニメでシェリル・ノームの声を担当している人(遠藤綾)と歌を担当している人(May'n)は別々であるため、過去のLIVEでは声シェリルが登場する機会はなかった。

声優さんの声って生で聴くと凄い迫力ありますねΣ(・ω・ノ)ノ!

アルト役の中村悠さんとか、声を聴いただけで惚れそうだったしw
声シェリル役の遠藤綾さんの(シェリル風の)低音VOICEにはゾクゾクした。
そして、クラン役の豊口めぐみさんの声には萌えた(´∀`*)

ちなみにCDおよび今日のコンサートのタイトルにもなっている『Merry Christmas without You』
最初に聞いた時からなんとなく違和感を感じていたのですが、”without You”は(劇中で)死んでしまったミハエル・ブランのことを示しているみたいですね。

しかし、今日だけは別でした!
観客を「あなた」に見立てて歌詞を(without Youから)with Youに変更して歌ったりする心憎い演出があったり。(当然観客は大盛り上がり)

映像と演奏のシンクロも素晴らしく、まるでアニメの世界の中に飛び込んでしまったかのような感覚を覚えました。こういう演出を考える人って本当に凄い! ただただ感心してしまいました。

アンコール後の最後の全体曲(?)は中島愛&May'nに声優陣を加えた『Merry Christmas without You』が披露されました。ステージ上の巨大モニターには歌詞が表示され、観客も一体になって歌っていました。

最後の最後は菅野よう子さんによるピアノ演奏で締め。(確か『Vital Force』のピアノアレンジだったかな?)
このピアノ演奏が聴けただけでも数千円払う価値があると思う(`・ε・!!
この日この時この瞬間にこの場に居られたことが嬉しくて、思わず涙腺が緩みました…。

過去のLIVEのようにエンドロールやリハーサル風景が流されることはなく、ピアノ演奏を終えた菅野よう子さんは(アニメばりの)時空ワープでステージから退場w

ちょっとあっけない気がしたけれど、これはこれでアリだと思いました。
今日のLIVEは非常にコンパクトにまとめられていたイメージを受けました。
(といっても2時間40分もあったのだけど)

今日は12月22日なのだけども、『今日は本当にクリスマスなんじゃないか?』と思えるほど素敵な時間を過ごさせてもらいましたヽ(´ー`)ノ

菅野よう子さん、素敵なLIVEをありがとう!!
出演者ならびにバンドメンバーの皆さん、お疲れ様。
12月24日の神戸LIVEも頑張ってください(*・∀・)ノ

Posted by りすお [RIS-O] on 22.2010   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/1871-83979c66

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend