【FX】 くりっく365の暴挙!? 南アフリカランド狂想曲

Category : investment
土曜の朝、メールを確認して思わず目を疑ってしまった。

『有効証拠金比率低下‏』
『ロスカット注文の発注‏』

という2通のメールが来ていた。

はっ!?
ややレバレッジは高めだったけれど、十分な証拠金を積んでいたはず。
しかも、『有効証拠金比率低下‏』と『ロスカット注文の発注‏』のメールが同時刻に来ている・・・相場がどれだけ急変したらそんなことになるんだ? おかしくない?

メインの取引口座(くりっく365@イーバンク)にログインしようとしても、土曜日はメンテナンス中なのでログインできない。
そこで、くりっく365の公式HPで為替レートを確認してみることにした。


絶句・・・。


南アフリカランド(南アフリカの通貨)の最安値が 8.4 近辺だと!?

ここ1ヶ月ぐらい11円 ~ 12円の間を漂っていた通貨が、どうやったら30%も暴落するんだ!?

そこでまず、くりっく365の為替チャートを確認してみることにした。

20091102_1.jpg

土曜日の朝、4:59頃のこと。

わずか1分の間に貨幣価値が30%も暴落。

有り得ない・・・。

株じゃあるまいし、一体何百億円(何千億?)の金が動いたらそんな動きになるんだ?

そこで、他社のチャートはどうなってるのか確認してみた。

20091102_2.jpg

FX Onlineのチャート。

ZAR/JPY (南アフリカランド/円)のチャートを見ると、最安値は11.512となっている。
8円はおろか、10円台にすら突入していない。

20091102_3.jpg

店頭取引FX業者最大手、外為どっとコムのチャート。

南アフリカランド円の箇所を見てみると、本日の最安値は 11.42 となっている。
業者により多少のスプレッドの違いはあれど、最安値が11円台半ばであることには違いない。

20091102_4.jpg

FXプライムのチャート

南アフリカランドの買い気配は 11.51 で終了している。

20091102_5.jpg

外為オンラインのチャート

ZAR/JPYの数値を見てみると、最安値は 11.450 と表示されている。

これだけの材料がそろえば十分だろう。
やはり くりっく365が提示している 8.4 (円)/ランドは異常な数値である。
おそらくシステムエラーか何かで誤った数値が提示されてしまったんじゃないだろうか。

理由はともかく・・・
こんな異常な円高レートで強制決済(ロスカット)されたんじゃ、たまったもんじゃない。

ネットで様々な情報を検索したが、土日ということで担当者不在&電話がつながらない業者も多く、ほとんどが憶測の域を出ない情報ばかり。

そんな中、豊商事は今回の被害者の救済を明言。

一方、スター為替証券は顧客に以下のようなメールを出していたようだ。

2009年10月30日(金)のくりっく365の取引において、ランド円の買気配のレートにて8.415円のレートが配信されております。こちらのレートですが、東京金融取引所に確認いたしましたところ、正常なレートであるとのことです。
 よって、このレートによる評価損益の計算結果、発注されたロスカット注文は、正常なご注文となります。



常識で考えれば誰でも分かりそうな異常なレートを”正常なレート”と明言。
まぁ正常と判断したのは東京金融取引所なのだけれども・・・

一方、イーバンク(くりっく365)に連絡した人もいたようだが、『土日は担当者が不在』と言われてしまったようだ。

やばい、やばいぞ・・・
もし8.4円で約定していたら・・・
ロスカットどころか借金を背負うことにもなりかねない。

ロスカットとは損失の拡大を防ぐ仕組みであり、投資家および業者双方の損失拡大を防ぐための有効なルール。
 例えば、外為どっとコムの説明文によれば『お客様の損失が保証金以上に大きくなることを防ぎます。』と書かれており、つまりは預け入れているお金(=保証金)の範囲内で損失を限定する仕組みである。※基本的には他社も同様のルール
http://www.gaitame.com/beginner/loss.html

しかし、わずか1分の間にこんな異常なレートを提示されたのでは、投資家のなす術はない。
追加の資金を補充して耐えることもできないし、強制決済される前に損失を確定して逃げることもできない。

せっかく仕事が一段落したというのに、どうしてこう次から次へと精神的に追い詰められることが起きるのだろう。自分は仮に8.4円で決済されても支払えるだけの余力(貯金)があったからいいものの・・・高いレバレッジをかけていた投資家は真っ青だろう。

 そして、月曜日の朝が来た。
くりっく365の為替レートはほぼ正常値(11円台)に戻っている。
が、しかし!
自分の口座にログインしたところ、『ロスカット注文の執行』確認画面が出現!!
一体いくらでロスカットされるんだ・・・。

結果、7:12頃に11.34円あたりで強制決済。
他の通貨も同時に決済されたので結構マイナスだった。
11.34円だったらまだ十分に耐えられるレートだったのに、強制決済だなんて酷すぎる。
だが、8.4円で決済されなかっただけでもマシかもしれない。

仮に8.4円で決済されていたら、(前週の)200万円超のマイナスで決済されるところだった。

仮に今回の騒動で負債を背負っていたら、金融庁への直訴、取引業者への苦情、および集団訴訟をも辞さない考えだったが、結果的に損失を10万円以内に収めることができたので、今回の件に関しては目をつぶることにした。
 ただ、もう くりっく365は信じられなくなってしまったので、全額出金を決意。
よって、今年のディール(取引)はこれにて終了。
結果的には、今年は60万円くらいの利益だったかな。
ただ、昨年は100万円超の損失を出しているので原本回復はならず・・・無念。

株だったら(企業の不祥事や犯罪で)突然紙くず同然の価値になることはあると思っていたのだけど、まさか為替でこういうことが起きるとはね・・・。

ちなみに今回の件は、ロイターニュースでもとりあげられている。

<10:50> 南アランド急落、TFXのレートが市場実勢から大きくかい離
http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK034301020091102
※TFX(東京金融取引所)

どうやら、TFXでは今回のレートを”正常値”と認識している模様。

ふーん、1分で貨幣価値が30%下落して、その数分後(翌週月曜日)には30%近く上昇するんだ・・・。

今回は南アフリカランドというマイナー通貨だったから、損をこうむった人が比較的に少なかったと推定されるものの、これがアメリカドルやユーロだったらとんでもない騒ぎに発展していただろうなぁ。

税制上優位になるのはオイシイけれど、今回の騒動を見ている限り くりっく365 は危なっかしくて使う気になれない。なぜなら今回の一件は南アフリカランドだけの問題ではないと思っているからだ。
 つまり、何らかの対策が練られない限り、今後ドルやユーロ、ポンドといったメジャーな通貨でも同様の事態が引き起こされる可能性があるわけで・・・。



真偽のほどは定かではないものの、ネット上では数百万円単位の損失を報告する人や、中には1千万円超(!)の損失を出した人まで出てきている。

(損失限定の)ロスカットならまだ人生やり直しが効くかもしれない。
だけれども、今回の一件で何百万円もの負債を抱えてしまった人はどうなるのだろう。
局所的な損害とはいえ、自殺者が出てもおかしくない大事件なんじゃないだろうか。

集団訴訟を起こす皆さん、あきらめずに最後まで頑張ってください。

ただ、今回の件はどうにも納得いかないけれども、仮に戦争や内乱がおきれば為替レートが乱高下することは十分に考えられるし、アイスランドのような金融危機が訪れれば最悪”取引停止”なんていう事態にもなりかねない。今回は事故にでも遭ったと思って諦めるしかないか・・・。
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2009   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/1443-e52cc7cf

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend