AKB48 TeamA公演 前田敦子生誕祭

Category : LIVE
運良く連続で抽選に当選していたので、昨日のTeamK公演に引き続き、今日のTeamA公演にも行ってきた。
 メンバーの多くが大手芸能事務所に所属した今、(TV・ラジオ・グラビア・イベント等の)外の仕事の関係でTeamAのメンバーは非常に集まりにくい状況にある。 そんな状況を考慮してか、このところのTeamA公演は平日に開催されることが多く、こうして休日に公演が行われるのは久しぶり。

AKB48の公演システムを軽く説明しておくと・・・
平日は19:00から開始される1公演のみ。おそらくメンバーには学生も多いから学業の妨げにならないようにしているのだろう。
休日はずっと2公演(昼、夜)だったのだけど、人気の高まりに呼応するかのように1日に3公演行われるようになった。(12:00、15:00、19:00公演。 それぞれ昼公演、おやつ公演、夜公演と呼ばれている)  公演は(立ち見も含む)全席メール抽選方式。
今日は19:00公演に当選していたのだけれど、運が良いことにこの回は前田敦子さんの生誕祭が行われるのだ。
昨日はめちゃくちゃ運が良く、最前列から数えて2列目に座ることが出来た。(入場順は毎回ランダム)
この日の公演終了後、一緒に行った友人はかなり満足そうな表情をしていたなぁw

ひょっとして最近運気が上がってるのか?なんて勝手に思っていたけれど、運が良いのはここまでだった・・・_| ̄|〇
入場順抽選はかなり干され気味。(最後が25巡目までで)確か21巡目くらいじゃなかったかな・・・
座席に座ることができず、後ろのほうから立ち見観戦。
とりあえず、こじはる(小嶋陽菜)がよく見える位置に陣取ったつもりw

公演が始まって間もなく『やっぱりTeamA公演はいいなぁ』と思った。
現在行われているTeamA 4th 『ただいま恋愛中』公演においては『軽蔑していた愛情』や『BINGO!』のようにシングルカットされているヒットチューンが複数含まれていることも親しみやすい一因なのかもしれないけど、やはり個人的にTeamAに推しメン(一押しメンバー)が多いのがやっぱり大きいかな。
入場巡は最悪だったけれど、6月13日に発売された新曲『Baby Baby Baby』(i-mode限定配信曲)のTeamAバージョンをナマで見ることが出来たからヨシとしようw

一番最後の曲『なんて素敵な世界に生まれたのだろう』が終わり、メンバー全員が手をつないでおじぎを始めようとするところで!?

20080602_4.jpg
『と、見せかけて!?』

こじはるの一声でメンバー全員が動作を止め・・・ここで前田敦子さんの生誕祭発動。
ステージ中央に大きなケーキが運ばれてきた。

♪誕生日の夜 が流れるなか、ローソクの火を一気に吹き消す前田さん。
ここで観客席から大きな拍手と歓声が送られた。
AKB48の発足以来、高橋みなみさんと並ぶダブルエースとしてAKB48をここまで引っ張ってきた前田さん。それだけにファンからの支持も厚いのだろう。ちなみにこうしてシアターで生誕祭を迎えるのも3回目だそうな。
今でこそ公演で明るい笑顔を振りまくようになった前田さんなのだけど、AKB48に入った頃は人と目を合わせられないほどに暗い少女だったそうだ。『そんな自分を変えたくて』AKB48に入ったのだとか。なんだか中川翔子さんのエピソードにかぶるなw
冗談はさておき、多くのファンが『最初はダメダメだった』と語る前田さんがここまで成長できたのは間違いなくAKB48という土壌と、ファンの応援があってこそだろう。
多分、前田さんのファンはそうやって『成長していく彼女』に自分を投影している人も多いのかもしれないな・・・なんてことを思ったり。

20080706.jpg

なにはともあれ前田敦子さん、17回目の誕生日おめでとう☆
Posted by りすお [RIS-O] on 06.2008   0 trackback

trackbackURL:http://secretdesire.blog14.fc2.com/tb.php/1011-c45cf8cc

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend