原油20ドル台は”買い”の法則

Category : investment
サウジアラビアが提案した原油価格維持のための協調減産にロシアが反発。

ロシアのみならずOPEC加盟国も原油の増産に転じたため、原油価格が一気に下落。

久々に20ドル台に突入し、一時は前代未聞の19ドル台に突入するなど泥沼の様相に。

実は原油が20ドル台に突入したことは2016年にもあった。

一時は100ドルを超える異様な高値水準まで上昇していた原油価格がどんどん下落していくのを見た僕は、『将来原油価格が上がるのは確実! 今、原油に投資すれば儲かるのでは?』と考え、株式投資を通じて原油に投資できないか?と情報を検索。

原油価格に連動するETNがあったので、それに投資したら50万円以上損した(涙

ハッキリ言って原油ETN商品はどれもクソです。

まず、原油ETNは保有しているだけでどんどん価値が低減していく商品であること。

更に、原油価格が上昇したときはさほど上がらないクセに、原油価格が下落したときはしっかり連動、もしくは倍くらいの勢いで価値が下落していく代物だった。



【参考リンク】
■原油ブルETNが原油価格に連動していないと話題に
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-entry-3434.html

後で知ったことなのだけれども…

『原油価格が下落しているときは原油や石油を扱う企業の株を購入すべき』という事実だった。

ただし、倒産の可能性が低い国内もしくは海外の超大手企業ね。

倒産しちゃったら株も紙くずになっちゃうから…
(今の時代は株券が無いから紙くずとは言わないけれど)

そんなこんなで、今回原油価格が20ドル前半に突入したところを見計らって国内最大手のJXTGホールディングス株を買ってみた。

20200403_01.png

株価大幅下落のタイミングと相まって、320円台で購入したJXTG株を380円台で利益確定することに成功。

結果的に大成功!・・・かと思いきや?

20200403_02.png

米国株のRDSB(ロイヤル・ダッチ・シェル)に投資した方が儲かっていた。。。

一時20ドル近辺まで下落したRDSB株が、わずか1週間程度で38ドルまで上昇。

えっ、ほぼ倍じゃないか。

下落するときの勢いも半端ないけれど、上昇率も凄い。

(投資信託を除いて)昨年まで日本株一本で投資していたから、海外の原油関連銘柄を買うという発想がなかった。

原油価格20ドル台はOPEC加盟国、ロシア、アメリカといった産油国のすべてが損をする価格ということもあり、協調減産の提案を一度蹴ったロシアが結果的に協調減産に応じる意向なのだとか。

ただ、現時点で原油価格は28ドル台なので、数年間のスパンで考えればまだまだ割安。

今からでもそれなりの利益が狙えると思うけれど、気がかりなのはコロナウイルスの影響による世界同時株安に巻き込まれるんじゃないか?ということ。

そんなこんなでJXTG株は一旦利確して様子見することにした。

この行動が吉と出るか凶と出るか?

それは数年後になってから分かるんだろうなぁ…。
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend