楽天モバイル 2980円超低額プランの勝負の行方は

Category : investment


NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに引き続きキャリア(MVO)として新規参入する楽天モバイル

20200303_10.jpg

料金プランは昨日ニュース番組で報道されていた通りの内容だった。

2980円でパケット通信使い放題! 更に…

20200303_11.jpg

「楽天Link」と呼ばれるアプリを使えば音声通話も使い放題!!

これはお強い!

20200303_12.jpg

そりゃまぁ赤字ですよねヽ(´ー`)ノ

これはPayPay(ペイペイ)と同じような戦略で、最初に大盤振る舞いして顧客を集め、更には楽天経済圏に顧客を囲い込もうという魂胆が透けて見えます。

20200303_13.jpg

この報道がなされてから投資家には『しばらくは赤字が続くな…』と思われたらしく、株価は下落…orz

ただ、価格というのは最大の武器になり得まる訳で…。

最初は回線の品質が安定しなかったり、楽天回線のエリアが狭かったりでそれなりの不便はあると思うけれど、なんだかんだで相当数の契約を見込めると思う。

自分は学生時代からずっとau(KDDI)を使って来たけれど、4Gになってあまりに値段が上がってしまったため、当時サービスを開始したばかりだったLINEモバイルにNMPで以降した。

最初の半年くらいはデータ通信も比較的快適に使えていたものの、それ以降は昼休み&17~19時台はデータ通信が激遅になってしまいストレスが溜まる一方だった。これはMVNOであるLINEモバイルに割り当てられた回線速度のキャパの限界まで顧客数が増えてしまったからに他ならない。

たった半年でデータ通信が低速になってしまうということは…!?
人はやはり”安さ”に惹きつけられるという事実の証明だと思う。

サブキャリアのUQモバイル、Yモバイルは(公称されていないものの)MVNOよりも回線キャパに余裕があるから昼間、帰宅ラッシュ時でも回線速度は速くサクサク動く。



これから1~2年で楽天回線エリアをどれだけ拡大できるか?が鍵になりそう。

■楽天回線エリア(東京近辺)
20200303_14.png

自分は現在UQモバイルを使っていて、スマホで動画を観たりゲームをやったりしない分、月間9GBでも余裕なのだけれども…。
楽天モバイルが打ち出す「使い放題・低額プラン」は、高速回線で動画やゲーム、SNSを楽しみたい人々にはかなりの需要がありそう。

楽天回線エリアが人口の60~70%のエリアをカバーした時には、ドコモ、KDDI、ソフトバンクと肩を並べる”4大キャリア”の一員になると予想します。

■参考リンク (MVOとMVNOの違い)
そもそも「携帯キャリアサービス」とは何か
https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-03-5-iphone.html
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2020   0 trackback

超有名企業ですら数年で株価2.5倍になるアメリカ株 ~GAFAM~

Category : investment
今朝のモーサテより

トランプ大統領の口癖『Make America Great Again!』に掛けてMAGA

20200303_01.jpg

M…Microsoft
A…Amazon
G…Google
A…Apple

20200303_02.jpg

これらの企業は(MAGA)は、3年で株価が2.5倍になっている。

トランプ大統領が大統領選に当選した当初、目の敵にしていた企業群だ。

やはり勢いがあり業績も好調な企業は、多少の規制があってもモノともしないらしい。

一方トランプ大統領が保護貿易によって守ろうとした産業・企業群である『NAGA』

20200303_03.jpg

N…Nucor(ニューコア)
A…Alcor(アルコア)
G…GM(ゼネラル・モーターズ)
A…ADM(アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド)

MAGAに対しNAGAは若干のこじつけ感は否めないものの(笑)

20200303_04.jpg

これら保護の対象となった産業を生業としている企業群の株価は冴えない。(2割減)

時代は明らかにモノづくりよりもサービスに移行してきているということだろう。

過去がそうであったように、これから数十年で世界は一変してしまうかもしれないけれど、しばらくはGAFAMに投資していればS&P500やダウ平均株価をアウトパフォーム出来そうな気がする…。
※GAFAM…Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoftの頭文字をとった俗称

『トヨタは優良企業ですが、時価総額が既に巨大すぎるため、ここから株価が2~3倍になることは考えづらいです。時価総額30億円以下の機関投資家が注目していない企業こそ、テンバガー(10倍株)、ツーバガー(2倍株)の宝庫なのです!!』

株式投資本を読むと大体こういうことが書いてあって、それは確かにその通りなのだけど、時価総額が小さい銘柄は株価が三分の一、五分の一になってしまうクソ株も多いという事実。

色んな本を読んで中小小型株中心に売買してきたけれど、生涯収支はトントンかややマイナスくらい…。
最近は何も考えずGAFAMみたいなアメリカの優良企業に投資しておけば間違いないのかもしれないなぁ…なんて思ってる。
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend