やたらと結婚を勧めてくる人

Category : Diary
今日は仕事関係の♂2人(自分を含む)、♀1人の合計3人で飲み会だった。

そもそも仕事関係の飲み会とか好きじゃないし、そんなことにお金を使うのなら投資資金に回したいのだけど、無下に断るのも悪い気がして、何年かぶりに参加することになった。

♀1人といっても既婚者で、自分より8~10歳くらい年上の女性だ。

以前(数年前?)、飲み会したときに自分がフリーであることが分かると、知人の女性を紹介されて無理矢理食事に連れていかれたりしたのだが、今回の飲み会でも『りすおさんの遺伝子は残すべきだと思う』『もったいない』などと言われ、やたらと結婚を勧められて困ってしまった。

なぜ僕をそこまで高く買ってくれるのか分からないのだが、おそらく僕が東証一部上場企業の社員で、さほどデブではないので心身ともに健康に見えるのからだろう。

昭和の時代はいわゆるこうした”世話焼きおばさん”が近所に居てくれたおかげで結婚できた人も多かったのだろう。
お見合い制度自体も割とメジャーだったらしいし。

『そもそも結婚願望が無いから、婚活していないし流行りのマッチングアプリも使ってません』と宣言したのだけど、いい加減諦めてくれたのだろうか。

ちなみに一緒に飲んでいた♂は僕と同年代なのだけど、昨年結婚して奥様は妊娠中だそうだ。
いわゆる高齢出産の部類に入るらしい。

その彼も『自分もこの年齢で結婚したんだから、まだ大丈夫ですよ』なんて言っていたけれど、そもそもなぜ結婚することが前提になっているのだろうか。

おそらく結婚=幸せという価値観に支配されているのだろう。

世の中には家でゴロゴロしていたり、一日中ゲームしている事が幸せだという人もいるのに。

仕事で長時間拘束されているのだから、プライベートくらいは誰にも邪魔されず自由に過ごしたい。

仕事で神経をすり減らして帰ってきて、奥さんのご機嫌をとり、家事を積極的に手伝いつつ子供の世話をしている既婚者の人って本当に凄いと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 22.2020   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend