SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2019『HERO』

Category : LIVE
SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2019『HERO』に行ってきました(*・∀・)ノ

20191230_01.jpg
SILENT SIREN

会場は横浜文化体育館

個人的には初めて行く会場だったけれども、JR関内駅、副都心線の日本大通り駅からも比較的近くて行きやすい場所だった。

今回のコンサートリーダーは”ゆかるん”こと黒坂優香子


サイサイメンバーの中でも屈指のアイドル好きであり、加入当初は随所でももクロ好きを公言してしていた。

そんな彼女がコンサートリーダーということで、女子的な甘い世界観のLIVEになるのかと思いきや…!?

前半からメッチャ攻めたセットリストになっていて、アグレッシブに飛ばしまくっていたΣ(・ω・ノ)ノ!

■セットリスト(前半)
01.Limited
02.女子高戦争
03.イブニングスター
04.Attack

この辺りまでMC無しで一気に演奏されていた気がする。

サイサイリーダーの”ひなんちゅ”こと梅村妃奈子が『サイサイもバンド結成から10年間もやってきて、歳だからこのセットリストはキツイ(笑)』みたいなことをMCで言っていて笑ったw

ゆかるんの想いが強く反映されていたのはコンサート終盤だった。

黒坂:私がサイサイ(のバンドメンバー)に誘われて、『バンド経験もないし』『途中加入でファンの皆が受け入れてくれるだろうか』と、すごく悩んでいた時、背中を押してくれたのがこの曲でした。

それからスタートしたEN曲『All Right 〜"今"を懸ける〜』がエモかった。

それはそうと、あいにゃんこと山内あいなが髪の毛をバッサリ切っていてボブになってて可愛かったあああ♪

本人的には『メッチャ頭振れる!』ということでロック寄りにしたような(?)ことを言っていたけれど、個人的には女子力が更に上がっていた気がした。





LIVE終了後、メンバー達が『風邪ひくなよ~』とサイファミ(ファン)に声をかけつつステージを掃けていった。

セットリスト、演出、衣装面も大満足で、年末を締めくくる良いLIVEでしたヾ(≧∀≦*)☆彡


来年発売するフルアルバム、そして春ツアーも楽しみーヾ(≧∀≦*)☆彡



帰りは横浜中華街をブラブラ散歩してから帰宅の途へ。

20191230_12.jpg
20191230_13.jpg
20191230_14.jpg

心なしか行き交う人々の足取りもゆったりとしていて、中華街全体にゆるやかな年末の空気が漂っていた。

2019年もこうして終わっていくんだなぁと感じた。





Posted by りすお [RIS-O] on 30.2019   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2019年12月末時点

Category : Investment trust
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2019年12月は定期積立にて下記の投資信託を購入。

「ニッセイ外国株式インデックスファンド」 2万円
「三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」 2万円

20191230_01.png

投資金額約1,380,110円に対し、評価額は1,672,354円

投資金額に対する評価益は21.18%になりました

20191230_02.png

いや~、アメリカ株強い。強すぎる!!

米中貿易摩擦問題が出るたびに小幅に下落するものの、不死鳥のように甦って最高値を更新してくる。

ダウ平均も凄いけれど、2019年の後半はナスダックが凄かった。

分散効果を高めるために両方含まれているS&P500に連動するインデックス投資に切り替えて正解だったかも。

2008年のリーマンショック以降、アメリカは過去最長の好景気が持続している訳だけれども、そろそろ暴落が来てもおかしくないと言われながら今のところ特にリスクらしいリスクは見当たらない。

米中貿易摩擦は既に合意を織り込んでいるような動きだから、万が一決裂したら暴落するのだろうか。

そういえば、先日放映されたモーニングサテライトで興味深いデータが示されていた。

20191230_03.jpg

過去10年間の株価騰落率。

これを見ると日本株は結構健闘していたことが分かる。

ヨーロッパ株などに比べるとかなり良いパフォーマンスを上げている。

駄菓子菓子!!

20191230_04.jpg

GDP成長率で見るとアメリカと日本の差は歴然であり…

この10年の株価の上昇は”アベノミクス”による例外的な動きと見るのが妥当だそうだ。

20191230_05.jpg

ちなみにこちらが過去30年の株価騰落率。

やっぱり日本株はクソだな( ´ _ゝ`)

定年まで働いて老後を豊かに暮らそうと思っている人向けの”真面目な資産形成手段”としては、アメリカ株に連動するインデックス投資を行っていくのが良いのだろう。

それでも僕は経済的自由を諦めたくない。

だから個別株投資も頑張る!!(`・ω・´)
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2019   0 trackback

目指せアッパーマス層 ~年末資産チェック~

Category : investment
2019年にどれだけ総資産が増えたか振り返ってみようと思う。

『目指せアッパーマス層』と題して、今後不定期に資産状況を振り返ってみようかと。

ちなみにアッパーマス層とは資産3000万円以上保有している世帯のこと。

20191229_01.jpg

本当は準富裕層、欲を言えば富裕層(資産1億円)を目指したいのだけど、いきなり高い目標を掲げても挫折するのが目に見えているので、まずはアッパーマス層ということで。

■個別株投資
20191229_02.jpg

毎年のようにマイナスを計上していた日本株の個別株投資。

今年は年間収支プラスが確定\\\\٩( 'ω' )و ////

個別株投資では8%資産が増えた。

コロプラの空売りでこんがり焼かれてしまったのが悔やまれる。

余計な事をしなければ10%以上のパフォーマンスを叩き出せたのに…。

今年はNISA枠の取引が好調でバイオ株「そーせい」が買い値から約2倍に、建設派遣業の「夢真ホールディングス」が780円くらいから1000円まで上昇したところで利益確定できたのが良かった。

■総資産
20191229_03.png

家計簿アプリ「マネーフォワード」で総資産の推移を確認したみた。

2019年の初めから年末にかけて、 総資産は24%も増加していたΣ(・ω・ノ)ノ!

まぁスタート地点が低かったんですけどね。。。(浪費家だったので)

収入が上がったということもあるけれど、夏以降アイドルの特典会にかかるコストを徹底的に削減できたのが大きかった。

しかし個別株投資で8%しか利益を出していないのに、総資産が24%も増えているのは一体…!?

おそらく海外株(メインはアメリカ株)が好調で投資信託と企業型確定拠出年金(DC)の評価額が上がったからに違いない。

日本株でアレコレ苦労しなくてもアメリカ株に連動する投資信託をひたすら買い続けていた方がパフォーマンスが良かったのかもしれない(汗

まぁでも徐々にトレードは上手くなってきているので、近いうちに個別株投資でも海外株インデックス投資に勝るパフォーマンスを叩き出したい。

本業の年収も上げて行きたいけれど、ウチの会社じゃ少し偉くなっても年収1000万円程度だと思うからあまり期待できないなぁ。
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2019   0 trackback

転校少女* 定期公演2019 〜私立元麻布学園祭 〜

Category : LIVE
転校少女* 定期公演2019 〜私立元麻布学園祭 〜に行ってきました(*・∀・)ノ

転女のAKIBAカルチャーズ劇場公演は今日も相変わらず大盛況\\\\٩( 'ω' )و ////

小倉月奏ちゃんが休演だったので4人体制での公演だったけれども、
特に違和感を覚えることなくきっちりと仕上げてきたメンバー達素晴らしい!

忘年会企画(?)として行われた二人羽織面白すぎたヾ(≧∀≦*)☆彡


いや~、ホント転女のメンバー達は仲良しで平和だな~ヽ(´ー`)ノ



今日はアイドルライブに参戦したものの。。。
夢アドの初期メンバーは全員卒業、モノガ(monogatari)は活動休止状態…というか主要メンバーが抜けて崩壊状態なので、ほぼヲタ卒みたいな感じ。

今後アイドル系のLIVEは着席制のカルチャーズ劇場やホールライブくらいなら行こうかな…といった感じ。

オールスタンディングのLIVEはROCK中心のアーティストだけでいいかなぁ。

ちなみにBABYMETALと山本彩はアーティスト枠です。


昼間からビール飲んでLIVE鑑賞という贅沢な連休初日を過ごしてしまったヽ(´ー`)ノ
※カルチャーズ劇場では缶ビール&ハイボールが提供されている


それにしても秋葉原混んでいたなぁ…。

昨日仕事納めした人達がドドっと集結した感ある。

地方から出てきた人も多いんだろうなぁ。

ネット通販が全盛の時代だけれども、秋葉原は未だに人気があるってことだね。
(「じゃんぱら」などのお店で掘り出し物を探している人が多かった)
Posted by りすお [RIS-O] on 28.2019   0 trackback

六本木ヒルズ クリスマス 2019 けやき坂イルミネーション

Category : Diary
IMG_6961.jpg

先日、六本木ヒルズに行ってきました(*・∀・)ノ

IMG_6933.jpg

クリスマスイルミネーションの写メをペタペタ貼り付けてみる。

IMG_6934.jpg

撮影機種:iPhone11

IMG_6935.jpg

オリンピックまであと○日

IMG_6939.jpg
IMG_6942.jpg
IMG_6943.jpg

クリスマス一色

IMG_6941.jpg

ベントレー

IMG_6945.jpg

けやき坂の向こうに見える東京タワー

七色に輝いていた

IMG_6947.jpg

iPhone11画質素晴らしい(・∀・)

IMG_6948.jpg

もはやコンデジは不要ですね。

IMG_6951.jpg

今年はJRAが協賛しているのだとか。

IMG_6952.jpg

今年のけやき坂イルミネーションは寒色のみ。

以前は赤色に変わったりして楽しめたんだけどなー。

IMG_6954.jpg
IMG_6955.jpg

毛利庭園

IMG_6956.jpg

昼間は暖かかったのに、夜になって急に風が吹いてきて寒かった((((((((;゜Д゜))))))))

IMG_6957.jpg
IMG_6959.jpg
IMG_6960.jpg

都内は散歩しているだけで楽しいな~ヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 27.2019   0 trackback

「本当にやりたいことがあるのならば、時間をかけてもいいから諦めないこと」 ~山本彩インタビュー~

Category : Music

「グループにとって悪影響だった」――山本彩が振り返るNMB48、一人で立ち向かった「恐怖」と「26歳の開花」
12/25(水) 8:30配信Yahoo!ニュース 特集

NMB48を2018年11月に卒業し、現在はシンガー・ソングライターとして歩む山本彩(26)。アイドル時代について「メチャクチャ前向きだったわけではない」と言いながらも、エンターテインメントについての「最高の学び舎」だったと振り返る。自分がいることがNMB48に悪影響だと感じてソロに転向した後は、「元アイドル」の肩書と葛藤しながらも、愚直なまでに音楽と向き合おうとしている。山本が考える夢を諦めない秘訣とは。(取材・文:田口俊輔/撮影:稲垣謙一/Yahoo!ニュース 特集編集部)

やりたいことだけやったって成長しない

「当時は、メチャクチャ前向きだったわけではないんです」

山本彩は、結成から2018年11月に卒業するまでの約8年間のNMB48時代をこう振り返る。握手会やグラビア撮影もするアイドル活動は、山本に必要な経験だったのだろうか。

「でも、やりたいことだけやったって、自分は成長しないと思うんです。最初は不本意だと思っていたものが、周囲の方に評価をしていただくなかで、自分では気が付けなかった武器がみつかるわけで」

(中略)

「ここに来るまで、なんでこんな時間がかかったんだろう?とは思わないですね。どちらかと言えば満を持して!のほうが強いですね」

そう笑いながら語る。どれだけ時間をかけても愚直に夢への道を切り開き続けた山本の歩み方は、セカンドキャリアの構築に悩む同世代に勇気を与えるだろう。

「夢を諦めかけたときに、グループのオーディションを受けました。 正直、目指す夢とのギャップもあり最初は完全な乗り気ではなかった。それでも諦められないものがあったから挑戦して、今があります。もし、本当にやりたいことがあるのならば、時間をかけてもいいから諦めないこと。折れない限り道はつながっていきますから」



Yahoo!ニュースより抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00010000-ytokushu-ent&p=1


一般人の何倍もの濃密な時間を過ごしてきた元NMB48の山本彩さん。

成功者が言うと説得力が凄い。。。

自分も理想の生活を目指して諦めずに頑張ろう。
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2019   0 trackback

恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション2019 Baccarat ETERNAL LIGHTS - 歓びのかたち

Category : Diary
先日、恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション2019 Baccarat ETERNAL LIGHTS - 歓びのかたち に行ってきました(*・∀・)ノ

iPhone11でテキトーにパシャパシャ撮ってきたのでUPしておきますね。

IMG_6913.jpg
IMG_6914.jpg

夜景でも奇麗に撮れるiPhone11のカメラしゅごい…。

IMG_6915.jpg
IMG_6916.jpg
IMG_6917.jpg
IMG_6918.jpg
巨大X'masツリー

IMG_6919.jpg
IMG_6920.jpg

iPhone11画質エグいっ!!

一昔前のiPhoneに比べて格段に進化している気がする。

IMG_6922.jpg

カップルばかりかと思いきや、お1人さんで撮影を楽しむカメラ趣味の人や、女子同士でキャッキャしているグループも結構多かった。

IMG_6923.jpg
IMG_6925.jpg

バカラのシャンデリアはいつ見ても凄い。

IMG_6926.jpg

IMG_6927.jpg

イルミネーションに彩られた街を見るのが好き。
Posted by りすお [RIS-O] on 23.2019   0 trackback

夢みるアドレセンス ワンマンLIVE 2019 現体制ラスト特典会

Category : idol
夢みるアドレセンス ワンマンLIVE 2019 現体制ラストの特典会に行ってきました(*・∀・)ノ

何の予定も無い空虚な日曜日。。。

だったはずが、心優しいユメトモのご厚意により特典券を譲ってもらえることになり、急遽特典会に参加できることに。

特典会 第3部のみ参加

■全員写メ
20191222_02.jpg

またこのメンバーで宮古島に行きたかったなぁ…。

■2ショット写メ


夢アドとしては最後の特典会だけれども、芸能活動を辞めるわけではないのでまたどこかで会える機会はあるだろう。

ただし、アイドルを卒業してしまった以上、仮に彼女達が希望したとしても今までのように頻繁に会える機会を設けることは出来ない訳で。

お互い涙こそ見せなかったけれど、名残惜しさが溢れる特典会だった。

自分は夜に神戸から遠征してきた知人と会うために六本木に移動したのだけど、特典会の最後の方は涙涙の2ショット写メ会だったようだ。




自身の生誕祭やメンバーの卒業公演で涙を流すアイドルはいるけれど、特典会でヲタクと一緒に泣いてくれるアイドルは珍しい。

長年の信頼関係や絆の強さがあってこそ見られる光景だったと思う。

そして、こういったネタも信頼関係がないと『ただの塩対応アイドル』になってしまうので出来ないだろう(笑)


先日の現体制ラストライブは最前管理に邪魔されて色々カオスな現場になってしまったけれど、

今日の特典会会場は終始和やかなムードで温かい空間が広がっていて良かったなぁと。

特典券を譲ってくれたさいさん、本当にありがとう!!
Posted by りすお [RIS-O] on 22.2019   0 trackback

HAVASI Pure Piano

Category : LIVE
ハンガリーのピアニストHAVASI(ハヴァシ)のピアノコンサートに行ってきました(*・∀・)ノ

20191221_01.jpg

冷静に考えて1週間で5本のLIVE(またはコンサート)に参加している自分は我ながらどうかしていると思う。。。(笑)

12/14 Symphonic Memories – music from SQUARE ENIX
12/16 BABYMETAL APOCRYPHA - ANOTHER GALAXY
12/17 MONOEYES Interstate 46 Tour 2019
12/20 夢みるアドレセンス ワンマンLIVE 2019 ~現体制ラストライブ~
12/21 HAVASI Pure Piano

20191221_02.jpg

会場は渋谷Bunkamura オーチャードホール

HAVASI初来日公演らしい。

音源を探したのだけど簡単には見つからず、Amazon Prime Muiscにプライム会員向けに無料で聴ける音源があったから聴いて来たのだけど、管弦楽器を交えたクラシックスタイルのコンサートなのかと思いきや、純粋にピアノ1台だけを駆使したコンサートだった。

通常、海外アーティストが来日したときは色々な特典をつけてCDや映像作品などを売り出していることが多いのだけど、今回はそういった販売は一切なし。珍しいコンサートだった。

20191221_03.jpg

MCを聞いていた限り、どうやらHAVASIはハンガリーと日本の国交樹立150周年の一環で来日したようで、親善を深める意味も込めたコンサートだったらしい。

ちなみにセットリストはクラシックの名曲…ではなく、なんと全曲オリジナル。

壮大な映像との相乗効果で眠くなることなく最後まで楽しめた。

微妙な表現かもしれないけれど、スクウェア・エニックスの大作RPGに使われそうなカジュアルで耳馴染みの良い曲が多かったと思う。

HAVASIのMCは全て英語で、予めMCの内容は決まっていたので後ろのモニターに同時の日本語訳が映し出されていたのだけど、微妙にタイミングがズレていたりして(笑) 個人的に英語のヒアリング能力をもうちょっと高めたいなぁと思った。
5~6割は聞きとれて意味も分かったのだけど、どうしても頭の中で和訳している時間があるから途中で間に合わなくなる。

自分はピアノには詳しくないのだけれども、超絶技巧の速弾きが凄かった。

帰り際、おそらくピアノを習っている女子達が『なんであんな指の動きや強弱が出来るの? 私には絶対出来ない』と口々に話していて、あぁやっぱりそれほど凄まじいテクニックだったんだなぁと。

本当に良い曲が多かったので、日本でもCDを発売したらいいのに…と思った。
今は何でもサブスクで聴く時代なのかもしれないなぁ。

Posted by りすお [RIS-O] on 21.2019   0 trackback

夢みるアドレセンス ワンマンLIVE 2019 ~現体制ラストライブ~

Category : LIVE
夢みるアドレセンス ワンマンLIVE 2019に行ってきました(*・∀・)ノ

本日のワンマンLIVEをもって初期メンバーの荻野可鈴、志田友美、小林れいの3人、そして2年前に加入した水無瀬ゆきが夢アドを卒業することが決定している。つまり、現体制ラストライブなのだ。

20191220_00.jpg
会場はTSUTAYA O-EAST

なぜ金曜日の平日だったのか。
もっと大きい会場で盛大に送り出すことは出来なかったのか。(チケット落選者もチラホラ)

様々な思いはあるものの、今回の卒業は事務所主導で急遽決まったことなので仕方ない。

プロデューサー曰く、今年の夏頃に事務所の方からプロデューサー退任(=現体制の終了)の話があったとのことだったので、そこから年内の空いている会場を探すのはきっと至難の業だったに違いない。



なんだかんだ年末の忙しい時期ということもあり、仕事の都合で有給休暇を取得することは叶わず…。
仕事後に会場に着いたら既に物販は終わっていた。

個人的には7月の宮古島ファンクラブツアーを最後にもう散財するのは止めようと思っていたから、特典会に参加できないのなら、それはそれで仕方ない。

20191220_01.jpg

自分の整理番号は100番台後半で、キャパを考えればまぁまぁ。
そもそも今日のLIVEではファンクラブ枠で800番台あたりまでチケットが出ていたらしく、
ユメトモ(ファン)が『ファンクラブ会員そんなにいたのか!』とやや自虐的に驚いていたのが印象的(笑)

20191220_02.jpg
20191220_03.jpg
20191220_04.jpg

開演直前に最前管理グループが後方からドドっと流れこんできて、センター辺りで揉めていた。

過去の東名阪ツアーや今年の春に行われた全国ツアーではこういった話は一切聞こえてこなかったし、(対バンやフェスを除き)自分が参戦した夢アドのワンマンLIVEではこうした光景は初めて見たのだけど、オマエら普段どこにいたんだ…。
ていうかユメトモじゃないでしょ。

ユメトモ界隈(特に高いお金払って宮古島ツアーに来るような比較的ガチなユメトモ)は基本メッチャ平和だからねヽ(´ー`)ノ

■ニコニコ生放送 in 中国在住ユメトモ


これはアカンw




リーダー荻野可鈴が前日にツイートしていた通り、MC少な目の”ほぼ”ノンストップライブだった。

衣装はメンバーのツイート(写メ)に映っている通りで、下記の3種類だった。

 ①7人体制になって初のワンマンライブ(豊洲Pit)で初披露されたカラフルな衣装
 ②『any ( | ) any』のスタイリッシュな衣装
 ③本日のグッズとして販売された黒地Tシャツ&ホットパンツ

舞台セットは特に大がかりなものはなく、「YUMEADO」の垂れ幕のみ。
照明等はおそらくO-EASTに常備されているものを使っていたと思われる。
端的に言えば春の全国ツアーと同じかな。

20191220_05.jpg

現体制ラストのワンマンライブとしてはやや殺風景だったものの、チケット完売でパンパンに膨れ上がった超満員の観客と、7年半のアイドル活動(水無瀬ゆきは2年間)の全てをぶつけてくるメンバー達のパフォーマンスがエモくて、いつの間にか些細なことは気にならなくなっていた。

リーダー荻野可鈴に至っては、LIVE序盤にしっかりとセットされていた前髪がいつの間にかどこかに行っていて、途中からずっとおでこ丸出し&髪の毛かき上げの気合い入りまくりモードでパフォーマンスしていた。

今日のLIVEで個人的に意外だったのはセットリストだった。

前半パートはインディーズ時代のアルバム『第一思春期』の収録されている曲(『ステルス部会25:00』 『ひまわりハート』 『キャンディちゃん』)が立て続けに披露され、まるでAKIBAカルチャーズ劇場で定期公演を行っていた時代にタイムスリップしたかのように錯覚してしまった。

これはおそらくメンバー達自身の思い入れの強さと共に、活動初期のまだ観客数が少ない時代に応援してくれたファンへの恩返し的な意味も含まれているのではないかと思う。実際、今日の現体制ラストライブで久しぶりに夢アド現場に来たユメトモもチラホラ見かけた訳で、この取り組みは大成功だったのではないかと。

個人的にも『第一思春期』時代の曲とパフォーマンスが好きでファンになったので、このセットリストは嬉しかった。

振り返ってみれば今日のセットリストは『第一思春期』からの曲が中心で、メジャーデビュー後間もなくリリースされたシングルのC/W曲やアルバム『5』からの楽曲もそれなりに、そして最新アルバム『SEVEN STAR』からの曲はわずか数曲といった構成だった。

メンバー達の様子・表情はかつてのワンマンライブと同じく笑顔に溢れていたし、メンバー同士アイコンタクトを交わしてニコっとするシーンもしばしば見られた。本当に今日がラストライブなのだろうか・・・と信じられなくなるほどだったが、志田友美の瞳はLIVE前半から潤んでいたように見えた。単に照明が反射していただけかもしれないけれど…。

本日のワンマンLIVEをもって夢アドを卒業する4人(荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆき)と、新体制の夢アドメンバーとして活動し続ける2人(山口はのん、山下彩耶)の温度差・関係性が気になっていたのだけど、前回のイベント同様、今日のLIVEでも特に違和感はなかった。
今回の卒業・残留劇はメンバー間の仲違いによるものではないから当たり前といえば当たり前か…。

アンコールで披露された楽曲『メロンソーダ』では水無瀬ゆきが感極まって涙。
歌えなくなる場面もあったが、リーダーの荻野可鈴がパフォーマンス中に水無瀬を後ろからギュッと抱きしめる思いやりを見せていて、(ファンだけではなく)相変わらず全方位に気を配っていて凄いなぁと感心させられた。

アンコールが終わり、更にWアンコールにより再登場したメンバー達。

ここでようやくメンバー1人1人からユメトモに向けた挨拶が行われた。

山下彩耶、山口はのんの残留組(新生夢アド)の2人のMCが終わった後、
水無瀬ゆき、小林れい、志田友美、荻野可鈴による卒業組の挨拶が行われた。

水無瀬はMCで引き続き涙を流し、今まで気丈に振舞ってきた小林れいも思わず言葉に詰まり感極まった。その様子を見ていた志田友美も堰を切ったように涙を流し、小林れいに抱き着く場面もあった。

メンバーの間でも”滅多に泣かない女”として認知されている(?)志田友美の涙を見たのは凄く久しぶりな気がする。
喉の不調で長期休養することになった小林れいの報告をファンにしたとき、小林れいが療養から復帰した最初のワンマンライブ(duo MUSIC EXCHANGE)のとき、そして今日。

最後に話し始めた荻野可鈴。

アイドル活動を振り返って(やや自虐的に)『楽しい事よりもツライことの方が多かったかもしれない。』と。
それでも活動を続けてこれたのは本当に楽しかったから。
ユメトモの皆がいてくれたからといった内容だったと思う。

元々夢アドはティーン誌のモデル活動をしていた女の子達が大人の都合で集められたアイドルグループであり、右も左も分からないままスタートしたアイドルだった。

人生に1度しか訪れない貴重な青春時代の全て、7年半もの月日をアイドル活動に捧げてくれた初期メンバーの3人には本当に感謝してもしきれないくらいだと思っている。
『夢アドとして日本武道館のステージに立つ』という夢は叶えられなかったものの、楽な道に逃げることなく最後までアイドルを続けられたことは誇りに思って良い。少なくとも応援し続けてくれたユメトモに対してはしっかりと筋を通したと思う。

水無瀬ゆきに関しては2年という短い期間ながら、夢アドに新しい風を吹き込んでくれたし、いつの間にか可鈴の家に泊まりに行って上裸で歩き回るくらいまでの仲(笑)になっていたようだし、とても濃密な時間を過ごせたのではないかと思う。

荻野可鈴:『どんなにツラいことがあっても、小林れい、志田友美、この2人がいたから乗り越えて来られた』

このワンフレーズがとても印象に残った。
新規加入したメンバーにも勿論感謝はしていると思うけれど、やはり7年半という月日と苦楽を共にしてきた初期メンバーは、やはり可鈴にとっては特別な存在だったということだろう。

今までは”夢アドのリーダー”としてメンバーを平等に扱い、新規・古参ファンの区別なく神対応で接する完璧な立ち振る舞いを見せてきた荻野可鈴だったけれど、最後の最後に本音が聞けた気がした。

荻野可鈴のみならず、志田友美、小林れいの最後のMCはアイドル活動の7年半を総括するにはあまりにも短い時間だったけれども、今までの活動を支えてくれたユメトモ、スタッフ、そして苦楽を共にしてきたメンバーへの愛を感じさせるものだった。

Wアンコールの最後に披露された曲がメジャーデビュー曲『Bye Bye My Days』だったのは歌詞も含めてエモかったなぁ…。

なにはともあれ現体制ラストのライブお疲れ様でした。

山口はのんさん、山下彩耶さん、2人は夢アドの看板を背負って今後もアイドル活動を頑張ってほしい。

荻野可鈴さん、志田友美さん、小林れいさん、水無瀬ゆきさん、夢アド卒業おめでとう。









Posted by りすお [RIS-O] on 20.2019   0 trackback

MONOEYES Interstate 46 Tour 2019 at 豊洲Pit

Category : LIVE
MONOEYES Interstate 46 Tour 2019に行ってきました(*・∀・)ノ

20191217_02.jpg
MONOEYES

20191217_01.jpg
豊洲Pit

本日の公演はツアーセミファイナル!(明日がファイナル)

前説(LIVEを楽しむうえでの諸注意)にギターボーカルの細美武士さんが出てきて驚いたΣ(・ω・ノ)ノ!

今年は『Interstate 46』E.P.のリリースのみだったこともあり、セットリストは過去のLIVE+最新E.P.といった内容だった。

今回はツーマンライブではなくワンマンなので、時間たっぷりでほぼ全曲LIVEといった感じ。

MONOEYESのツアーの東京公演は新木場Studio CoastかZepp Tokyoのイメージが強かったけれど、今回は豊洲Pitということで、細美さんが『ツアーファイナルで豊洲Pitは初めてじゃないかな。なんだか体育館っぽいよな』と言っていて、僕もほぼ同じ感想だったので驚いた(笑)

・『Run Run』~『Like We've Never Lost』の流れは高まった



・『Cold Reaction』聴けたのは久しぶり?

・『What I Left Today』のイントロと最後がアジカンの『遥か彼方』と一緒という自虐ギャグ笑った。

・来年3rdアルバムを作る

・3rdアルバムを作ることにより、以降のLIVEのセットリストから漏れる曲が出てくる。
 『What I Left Today』はおそらくその1つ

・前方のリフト&ダイブ&モッシュが凄まじく、LIVE終盤で体調不良者2人が運び出された

個人的に印象に残ったトピックスは上記の通りかなー。

最近の細美さんのMCは哲学的というか色々考えさせられる内容のものが多かったのだけど、今日はとにかく上機嫌でそういったMCはなく、途中で風の谷のナウシカの曲とエピソードが飛び出すなど面白い内容が多かった。

BaSSのスコットが『MONOEYESは独身4人バンドだったけれども、この度一人(細美武士)が卒業して…』と話し出し、観客から『結婚おめでと~!!』と祝われる場面もあったり、とにかく幸せな気持ちになった公演だった。

前方への圧縮が凄まじかったせいか、SOLD OUTしているにも関わらず今日はステージを見やすかったな~ヽ(´ー`)ノ

豊洲駅からだと徒歩15分もあるから個人的には面倒くさい会場だったのだけど、今日みたいに見やすいのであれば今後は豊洲Pitも積極的に使って欲しいと思った。 (新木場やZeppだとギュウギュウ詰めでステージがかなり見づらい)

凄まじい熱気で昨日のBABYMETALに引き続き今日も汗だくになった。。。

今日は有給を取得してLIVEに参戦したのだけど、平日月・火のLIVEは険しいね。。。(苦笑



 
Posted by りすお [RIS-O] on 17.2019   0 trackback

BABYMETAL APOCRYPHA - ANOTHER GALAXY - at Zepp DiverCity Tokyo

Category : LIVE
BABYMETAL APOCRYPHA - ANOTHER GALAXY -に参戦してきました(*・∀・)ノ

会場はZepp DiverCity Tokyo

年末のCountdown Japanのチケットが取れなかったので、上述の通り個人的にはBABYMETALの年内見納め公演だった。

本日の公演は実質的なファンクラブである"THE ONE"登録者限定公演だった。

最近のBABYMETALのLIVEはLINE TICKET(電子チケット)なので、スマホ1台あれば済むからラク。

紙チケットだとたまに家に忘れて外に出てきちゃったりするので…



本日のTHE ONE限定公演は勿論SOLD OUT

むしろ世界的に活躍するBABYMETALをキャパ3000人未満のライブハウスで観られるなんて今となってはレアなんだよね。

個人的にZepp DiverCity Tokyoでの思い出は2013年の『五月革命』かな。

このときからSU-METALが生歌でパフォーマンスし始めたのが凄く印象に残っている。
(信じられない人もいると思うけれど、当初BABYMETALは口パクアイドルユニットだった)

なんだかんだでBABYMETALとはもう5年以上の付き合いになるのか…。
当初は(さくら学院のスピンオフユニットということで)解散するぞするぞ詐欺みたいな感じだったのに(笑)

BABYMETALのTHE ONE限定LIVEは至近距離でパフォーマンスが観られるものの、時間が短くてあっという間に終わってしまうのが特徴的だったのだけど、今日のLIVEは想像以上にボリューミーだった。



基本的には先月に行われたさいたまスーパーアリーナ公演と同様、最新アルバム『METAL GALAXY』からの選曲が多かったけれど、メッチャ久しぶりに『ヘドバンギャー!!』を聴くことが出来た。YUIMETALの代わりを務めるアベンジャーズが入ってから『ヘドバンギャー!!』を観るのは今日が初めてだった。

最近はなりを潜めていた(?)神バンドによるソロパートもあったりして会場内は大いに盛り上がった。

SU-METALの圧倒的ボーカル、メッチャ美人に成長したもののキュートさも兼ね備えているMOAMETAL、新規加入とは思えない安定したパフォーマンスを魅せるアベンジャーズ(本日は岡崎百々子)。それぞれ素晴らしかった。

やっぱりBABYMETALは3人体制がええわ~ヽ(´ー`)ノ

THE CHOSEN SEVENで下がったモチベーションがグングン回復してきた!!

ここ数年のBABYMETALは海外公演ばかりで日本を軽視するような傾向にあったけれど、2019~20にかけては日本公演が結構多いから国内のファンにとっては嬉しい限り。 最近の公演は最新アルバム『METAL GALAXY』のお披露目&プロモーションを兼ねたLIVEとも言えるけれど、今後もメンバーが負荷がかかり過ぎない程度に国内公演をお願いしたい。

【参考リンク】
BABYMETAL WORLD TOUR 2015 in JAPAN ~Zepp DiverCity Tokyo Day2~

BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命- - BATTLE-2

BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命- BATTLE-3&FINAL



Posted by りすお [RIS-O] on 16.2019   0 trackback

YOSHIKI 紅白歌合戦でKISSとコラボ

Category : Music

YOSHIKI、紅白出場が決定 今年はKISSとコラボ「ゴジラを倒した以上のインパクト…」

20191215_01.jpg

 X JAPANのYOSHIKIが、大みそか恒例の『第70回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45 総合)に出場することが15日、都内で行われた会見で発表された。米ハードロックバンド・KISSとのコラボレーションが実現し、今年は「YOSHIKI feat. KISS <YOSHIKISS=ヨシキッス>」としてステージに立つ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000344-oric-ent



ここ数年、何らかの形で紅白歌合戦に出演してきたX JAPANのYOSHIKI

出場者が全員発表されて、『うーん、今年はYOSHIKIの出演は無しか…つまらないなぁ』と思っていたところ、まさかの展開に!!

KISSはYOSHIKIがROCKに傾倒するキッカケとなった偉大なバンドであることはファンの間では有名な話。

紅白歌合戦という最高の音楽番組でコラボとは凄い。

幾多の困難にブチ当たりながらも子供の頃の夢を着実に叶えていくYOSHIKIさん格好良いわぁ~ヽ(´ー`)ノ

僕も理想の生活を目指して頑張ろう(`・ω・´)

20191215_02.jpg
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2019   0 trackback

Symphonic Memories – music from SQUARE ENIX at カルッツかわさき

Category : Music
スクウェア・エニックスのゲーム音楽をオーケストラアレンジで演奏するコンサート
『Symphonic Memories – music from SQUARE ENIX』に行ってきました(*・∀・)ノ

本日、ご招待していただいて参加したコンサートはYoshiki Classical以来のクラシックコンサートだった。

会場である「カルッツかわさき」は初めて行く会場で、駅からやや距離があったものの、奇麗な会場だった。

20191214_02.jpg

コンサートホールの反対側の体育館では、偶然にもコレット運動会(まねきケチャetcが所属する事務所)が行われていて、イベントが終わってぞろそろとヲタクが出てきていた…w

20191214_01.jpg

こちらがホール入り口

20191214_03.jpg
スタンド花

20191214_04.jpg

FINAL FANTASY8、 FINAL FANTASY15、そしてゼノギアスBGMのオーケストラアレンジを堪能。

指揮者は海外の方だった。
ファイナルファンタジーレベルの壮大なRPGになると、ゲーム音楽もワールドワイドなんだなぁと。

自分がプレイしたことがあるのはFINAL FANTASY8のみだったけれど、15の音楽もサウンド・トラックを聴いて知っており、読書時などによくBGMとして流していたこともあって馴染みが深く、オーケストラアレンジの生音で聴いたときは正直鳥肌が立つほど感動した。

ファイナルファンタジーの作曲家として最も有名なのは植松伸夫さんだと思うけれど、個人的にはFF13やFF15みたいなクラシカルな楽曲の方が好みかなー。生粋のゲーマーであるフォロワーさんは『昔のファミコンみたいなピコピコ音や打ち込み系の方が好き』と言っていて、好みは人それぞれだなぁと。

Posted by りすお [RIS-O] on 14.2019   0 trackback

映画 『フラグタイム』

Category : Movie
アニメ映画『フラグタイム』を観てきました(*・∀・)ノ

この作品は作品外のところで話題になっていて(賃金未払い問題)、もしかすると円盤(Blu-ray/DVD)が発売されないのではないか?という可能性もあったので、急いで行ってきた(笑)

20191212_01.jpg

映画館に入る時に短編漫画(?)を貰った。

どうやら入場特典らしい。

内気で周囲のクラスメートと距離を置いているヒロインの女子高生と、周囲のクラスメートから頼りにされているクラスの中心的な女子高生の心の交流と自我の解放を描いた物語。

百合的な展開もあるので、何の前提知識も仕入れずに見に行くと驚くかも。

序盤はもうちょっと詳細に描いた方が良かった気もしたけれど・・・(急展開過ぎて)

素材(女子高生同士)や背景(超能力的なやつ)は異なるものの、物語の芯となるストーリーについてはありがちと言ってはありがちだけれども、起承転結がうまくまとまっていたとおもう。

1時間ちょっとの比較的短めのアニメ映画なので、2時間映画が我慢できないスマホ依存症の人達にもオススメできるかも(毒

エンディングテーマがEvery Little Thingの『fragile』で懐かしいなーと思えた。

今年のアニメ映画としては『天気の子』と『HELLO WORLD』が観たかったのだけれども、『後でWOWOWで放送されそうだし…』という理由で観に行かなかったので、今回久々に映画館で集中して観ることが出来て良かった。

Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback

6月に引き続き11月の資格試験も無事合格した話

Category : Diary
11月初旬に受験した「MCPCモバイルシステム技術検定 1級」に合格した。

20191211_01.png
認定証

6月に受験した「MCPCモバイルシステム技術検定 2級」に引き続き、無事1発合格することが出来た。

この試験は携帯電話で使われている3G、4G、5G技術に加え、Wi-FiやBluetooth等の無線技術の仕組みや成り立ちを理解しているかどうかを試すもの。おそらく携帯電話各社(ドコモ、KDDI、ソフトバンク)の社員は取得を推奨されるんじゃないかな。知らんけど。

本当は最短距離で1級資格を取りたかったのだけど、1級の受験資格として2級が必要だったので(汗
6月から段階的に受験していった訳です。

いやぁ、今回は厳しかった…
1科目は絶対に落としたと思っていた。

1級試験は科目制となっていて「ネットワーク」「端末・アプリケーション」「モバイルシステム」の3科目全てが合格点に達していないと1級認定されない試験となっている。だが、1度合格した科目はもう受験しなくても良いので、落ちた科目だけを次の回以降で潰していけば良いという受験者にとっては比較的楽な試験と言えるだろう。

20191211_03.png

こんな感じで科目ごとに合格証が発行される。

「ネットワーク」「端末・アプリケーション」は何となく問題になりそうな箇所が分かっていたのだけど、「モバイルシステム」だけは毛色が異なっていて、犯罪や法律に関する記述なんかもあったりして、正直どこが試験に出るのか全然分からなかった。

更に、試験1週間前にちょうど風邪をひいてしまい、『今回は「ネットワーク」「端末・アプリケーション」の合格を目指そう。「モバイルシステム」は来年春受かればいいや』と半ば諦め気味になり、実際の試験でもあいまいな部分はほとんど間違っていたので、この科目は落としたと思っていた。

しかし、蓋を開けてみたらまさかの合格。

20191211_02.png

そもそもこの試験は合格基準や採点結果が一切公開されていない珍しい試験なので、合格ラインが7割なのか、それとも6割なのか…それすら分からないという(汗

まぁ、何はともあれ1発合格出来て良かった。

参考書はソッコーで捨てよう(笑)

勉強嫌いの自分がなぜ今になって資格試験を受けているのか?

それは少しでも収入を上げたいからに他ならない。

早く資産を作って仕事を辞めたいから、仕事(本業)を頑張る。

矛盾しているようだけれどもこれが正攻法なのだと悟った。
Posted by りすお [RIS-O] on 11.2019   0 trackback

今年も無事にボーナスが支給された

Category : Diary
前回のボーナスからおよそ6か月

労働という名の奴隷生活を続けてようやく冬のボーナスが支給された。

月々の給料ではトントン、もしくはマイナスになるくらいの支出があるので、夏と冬のボーナスが僕の命綱になっている。

ここ数年、基本的にボーナスの8割~9割は投資に回している。

貯金(キャッシュ)は向こう数か月生きられる分だけ確保しておいて、残りは全て証券口座へ。

早く経済的自由(Financial Independence)を手に入れたい。

そして平日の昼間からゴロゴロしたいわ~ヽ(´ー`)ノ

20191210_01.jpg
20191210_02.jpg
Posted by りすお [RIS-O] on 10.2019   0 trackback

『○○ちゃんが1番かわいい!』はクソリプだった!

Category : idol
長年の疑問に対し、グラビアアイドルの2人が明確な回答を示してくれた。




もう何年も前から繰り返されてきた光景。

推しメンが他のアイドルまたはグラドルと一緒に映っている写メに対し、『○○ちゃんが1番かわいい!!』といった(クソ)リプが沢山並んでいて、以前から『このリプは正解なのか?』と疑問に思っていたのだけど…

そのあまりの数の多さに『もしかして間違っているのは僕の方で、”一番可愛い”と言われている等の本人(アイドル)は嬉しかったりするのか?』と誤解してしまいそうになるほどだった。

常識的に考えればこうしたクソリプは推しメンに対し、「彼女と一緒に映っているアイドル・友達に申し訳ないと思わせてしまうのではないか…」とためらうのが普通だと思うが、一部のヲタクはそういった想像力すら働かないらしい。



こうしてハッキリ言ってくれるアイドルが台頭してきたのを見て、『令和だなぁ…』と新時代の到来を実感したのだけど、願わくばこうした苦言を呈さなくても済むような治安の良いツイッターランドになってくれることを願っている。
Posted by りすお [RIS-O] on 09.2019   0 trackback

夜の池袋西口公園

Category : Diary
再開発中の池袋駅周辺。

池袋東口にはハレザ池袋や最新鋭のシネコンが入ったQ Plaza IKEBUKUROなどもオープンしたのだけど、西口も負けていなかった。

20191208_01.jpg
20191208_02.jpg

しばらく工事中だったI.W.G.Pこと池袋西口公園

20191208_03.jpg

この前、散歩していたら、いつの間にかリニューアルオープンしていた。

20191208_04.jpg

GLOBAL RINGの奥側にはイベントやコンサートで使えそうなステージとモニターがあったり。

20191208_05.jpg

オシャレなカフェもオープンしていた。

20191208_06.jpg

おおっ、池袋らしくない(?)シャレオツなカフェだヽ(´ー`)ノ

20191208_07.jpg

食事した直後だったので店内には入らず、この日は外観を撮影しただけ。

20191208_08.jpg

池袋西口公園の代名詞だった噴水はリニューアル後も設置されていた。

地面と噴水の境目が無い斬新なデザインだった。

都内は街並みがどんどん変わっていくから散歩しているだけで楽しいわ~ヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2019   0 trackback

日本人の給料が上がらないことに関する皆さんの反応

Category : Diary










Posted by りすお [RIS-O] on 07.2019   0 trackback

デジタルアーツ何とか逃げ切り成功

Category : investment
フィルタリングソフト国内大手のデジタルアーツ

2019年の半ばから株価はずっと下落傾向なので、何度か売りで入って小遣い稼ぎさせてもらっている銘柄。

実は数日前に6000円の時に売りでINしたら、図ったかのようにそこから反発し始めて6400円台に。。。
(含み損4万円超)

含み損が5万円を超えたら損切りしようと思っていたのだけど、ギリギリのところまで上昇してから今日は急降下。

20191204_04.jpg

今日だけで8%も下落してた(汗
特にニュースが出た訳でもないのに…

でも、これでこそデジタルアーツという感じがする(笑)

20191204_02.jpg
デジタルアーツ日足

20191204_03.jpg

6000円で売っていたので、なんとか5000円程度利益確定。

ショボすぎる…
ホントにお小遣い稼ぎだわ(´・ω・`)

今日の上から下まで取れてたら5万円だったのになぁ…。
売りはタイミング勝負だから難しいわ。

まぁ損失が出なかっただけ良しとしよう。
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2019   0 trackback

ブックオフの株本コーナーで

Category : investment
20191203.jpg

ブックオフの株本コーナーで210円で叩き売られていた本を3冊買って来た(*・∀・)ノ

LIVEのチケット代でクレカの支払いがとんでもないことになっているので、安価に楽しめる趣味として読書を推進しようと思う。

ちょうど今は試験勉強の空白期間で余暇時間を多めに取れるし。

今年の年末は珍しく仕事が忙しくないので、その分給料も低いのだけど(汗

購入したまま見ていないBlu-ray/DVDもちょいちょいあるから、そういうものをどんどん消化してオークションに出していきたい。
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2019   0 trackback

「ラルク解○。」が大喜利状態に

Category : Music

















Posted by りすお [RIS-O] on 01.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend