SYMPHONIACS 『The Very First Japan Show 2019』

Category : LIVE
SYMPHONIACS(シンフォニアクス) 『The Very First Japan Show 2019』に行ってきました(*・∀・)ノ

20191115_01.jpg

ドイツを活動拠点とし、現在ヨーロッパを中心に全世界で熱い注目を浴びている、若手クラシック奏者集団・シンフォニアクス。メンバーは幼少期から音楽教育を受け、有名音楽学校を卒業し、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの奏者として、またソリストとして活躍中のヴァイオリニスト3人、チェリスト2人、ピアニスト1人、そしてエレクトロアーティスト/コンダクター1人の計7人からなる(楽曲によってはサポートが入り、8人編成となる)。メンバーはそれぞれウィーン、ベルリン、ブダペスト、ニューヨーク、コペンハーゲン、ソウル在住。全世界を飛び回る正真正銘の実力派貴公子たち。

「コンサートにいったことがない人でも気軽にクラシックを楽しんでもらいたい。」
そんな熱い思いから、生み出された新ジャンル<ネオクラシック>。

コールドプレイ、アヴィーチーやダフト・パンクなどの楽曲をクラシカルな弦楽器やピアノによりダイナミックなサウンドに生まれ変わらせる一方で、バッハやヴィヴァルディといったクラシックの名曲にシーケンサー、シンセサイザー、ドラムマシンを使ってエレクトロニックなサウンドやビートを取り入れ、美しさはそのままに躍動感あふれる新しいクラシックを奏でる。これが欧州クラシック界の貴公子たちが奏でる<ネオクラシック>!

■公式HPより抜粋



20191115_02.jpg

初来日公演の会場 東京国際フォーラム ホールC

20191115_03.jpg

3階席の奥の方まで埋まっていて、初来日とは思えないその人気ぶりに驚いた…。

ジャンルが「ネオ・クラシック」ということで、途中で眠くなってしまうのではないかと危惧していたのだけれども、映像と音楽の融合が素晴らしく、およそ2時間全く飽きることなく食い入るように見ていた。

クラシックの名曲に加え、アビーチーや坂本龍一の有名な曲をアレンジしていて、かなりカジュアルな感じにリミックスされているので特にクラシックに造詣の深い人ではなくても楽しめると思う。

イケメン7人組ユニットということで、会場内は女性が非常に多かったヽ(´ー`)ノ

帰り際、物販コーナーの近くを通ったら「握手会」「写メ会」列を作っていて『アイドルかよ!』と突っ込みたくなった(笑)

海外アーティストは知名度向上のために色々ファンサービスをしらなければならないから大変だなぁ…。

金曜日の夜に心地よい音楽を聴けて癒されたヽ(´ー`)ノ

これで明日の休日出勤が無ければ最高だったのだが(涙



Posted by りすお [RIS-O] on 15.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend