BABYMETAL METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN

Category : LIVE
久しぶりにBABYMETALのLIVEに参戦してきました(*・∀・)ノ

20191117_01.jpg

会場はSAITAMA SUPER ARENA

20191117_05.jpg

幕張メッセは遠くて行く気が起きないので←

SSAでやってくれて良かったヽ(´ー`)ノ

■スタンド花の数々
20191117_02.jpg
20191117_03.jpg
20191117_04.jpg

BABYMETALからYUIMETALが脱退した後に行われた『BABYMETAL THE CHOSEN SEVEN』の幕張LIVE

ヘンテコなメイクと全然可愛いとは思えない衣装、THE CHOSEN SEVENのメンバーとほぼ同じ姿になって存在感の消え失せたMOAMETALを見てゲンナリ。

『もう自分が好きだったBABYMETALじゃないんだな…』と半ば諦め気味になって、LIVEから遠ざかっていたのだけれども…。

サポートメンバーを入れて元の3人体制に戻ったとニュースサイトで見て、『おっ?これなら行く価値あるかも!』と思っていた矢先に3rdアルバム『METAL GALAXY』のリリースが発表された。

モチベが一気に戻ってきたので今回久々に参戦してみることにした訳です。

チケット代¥11,000!! 正直クソ高い!(笑)

当初はそう思っていたけれど、ゲストバンドが今をときめくBRING ME THE HORIZON(BMTH)ということもあって今となっては納得の価格かな。BMTHはフォロワーさん達の間にも人気があって、今回BABYMETALのLIVEでBMTHが見られるということでかなり羨ましがられた(*´艸`)



■LIVE
定刻通りにスタート。

BMTHの持ち時間が60分で、BABYMETALの持ち時間が大体70~80分程度だったと思う。

BRING ME THE HORIZONのLIVEは想像以上に良かった。

一応予習しておこうと思って、数か月前からAmazonプライム特典で聴けるアルバム曲を予習していたのだけど、
音源よりもLIVEの方が数倍良かった!!\\\\٩( 'ω' )و ////

最新アルバムでは音楽の路線がややおとなしくなったと聞いていたのだけど、今日のLIVEではシャウトしまくりで格好良かったあああ!!

個人的にお気に入りだった『The House Of Wolves』が聴けてテンション上がりまくり!



この手の激しい曲好きなんだよね~ヽ(´ー`)ノ

日本のバンドと比較して驚いたのは…
楽器隊(ボーカル以外のバンドメンバー)がメッチャ動いてた(笑)

ギターやベース弾きながらメッチャ暴れてる!!

足がスラっと細くて外タレだ~!と感動してしまった。
楽器弾いてる姿が絵になること絵になること!
格好良かったああああ!

後ろに流れていた無機質なロボット風のMVもイカしてた。
これが世界レベルのバンドか~なんて思いながら彼等のパフォーマンスを見てた。



セットチェンジの後、BABYMETALのLIVE開始。

3rdアルバム『METAL GALAXY』リリース直後のLIVEということで、最新アルバムからの曲が多かった。

個人的には新旧の曲がほどよく織り交ぜられていたと思ったのだけど、自分の周囲の人達は過去の曲を期待していたのか『昔の曲全然やらなかったね』とか『今日はアルバム発売直後だから仕方ないっすよ』と話している人が多かった。

『イジメ、ダメ、ゼッタイ』がセットリストに入っていなかったのは残念だったけれど、それでも決して長い時間とはいえないLIVEの中で『ギミチョコ!!』 『メギツネ』 『KARATE』 『Road of Resistance』が入っていてバランスが良かったんじゃないかと。

最近のBABYMETALの楽曲ではアイドル色がかなり色褪せてきていたけれど…
『PA PA YA』の振り付けは可愛かったヾ(≧∀≦*)☆彡
特に間奏の両腕を飛行機のように広げながらダンスする姿はとてもキュートだった。

SU-METALの歌声を久しぶりに生で聴いたけれど、やっぱり迫力凄いわ…。

3rdアルバムの曲はバラエティに富んでいる上にキーの高い曲が多いのに、しっかりと高音を出し切っていて素晴らしかった。

ただ、今日は2Days LIVEの2日目ということで疲れもあったのか、終盤の曲では何度か声がちょっとだけ裏返るシーンも垣間見られた。

巨大モニターに映し出される映像や照明効果も凄かった。
うん、アミューズっぽい(笑)

特に驚いたのは『Elevator Girl』で、MVと同様にエレベーター型に区切られた画面が上下に動いていて感動した。
あれはMV映像をそのまま流しているんじゃなくてリアルタイムで映しているんだよね…?



それにしてもMOAMETALは本当に美人になったなぁ…(って毎回言ってる気がする)

ちょっと痩せすぎな気もするけれど、最近のMOAちゃんは可愛いというよりも美しいという形容詞が似合うようになったと思う。

正規メンバーのSU-METAL、MOAMETALと比較するとサポートメンバーの存在感は薄かったけれど、それでも3人体制のBABYMETALの安定感は凄かった。

メジャーデビュー前のTokyo Idol Festival(TIF)に出ていた頃からBABYMETALを見てきた自分としては、THE CHOSEN SEVENのBABYMETALには違和感しか感じなかった。やはり3人体制になると安心するわ~。

20191117_06.jpg

この日のLIVEには既に他界したと思っていた(笑)知人のTさんも偶然来ていたので、帰りに合流して蕎麦屋で感想戦。

2012年に解散(全員卒業)したSDN48の現場で知り合ったヲタの人と、今でも付き合いがあるなんて当時は全く想像していなかったなぁ…。




Posted by りすお [RIS-O] on 17.2019   0 trackback

転校少女* 全国ツアー令和元年 ”The Fifth Autumn Of Love” ツアーファイナル

Category : LIVE
転校少女* 全国ツアー令和元年 ”The Fifth Autumn Of Love” ツアーファイナルに行ってきました(*・∀・)ノ

今日は某顧客の毎年恒例イベントのため休日出勤…_| ̄|〇

しかも早朝なのに外がうるさくて5時に目覚めてしまった…眠い _| ̄|〇

本来なら午前中だけで終わると思われていた仕事が14時くらいまでかかってしまい、そのままLIVE会場に向かうことに。

明治神宮前駅で降りて代々木公園の脇を急いで歩いていったのだけど…

20191116_01.jpg

NHK前の木々の葉が奇麗に色づいていたので思わず写真を撮ってしまった。

20191116_02.jpg

本日のLIVE会場「LINE CUBE SHIBUYA」 (渋谷公会堂)

渋谷公会堂や改名後のC.C.Lemonホールには来たことがあったけれど、LINE CUBE SHIBUYAになってから初めて来た。

昔ホールがあった場所とは少し離れた場所になったのねヽ(´ー`)ノ

20191116_03.jpg


本日のLIVEはツアーファイナルであると同時に、転校少女のリーダーである岡田夢以(めい)の卒業公演でもある。

お祝いのスタンド花が贈られていた。

20191116_04.jpg
20191116_05.jpg

やっぱりメジャーデビューすると関係者が増えるのね。

20191116_06.jpg

LINE CUBE SHIBUYAは間違いなく渋谷公会堂イズムを受け継いでいた。

一旦取り壊して再構築したとは思えないほど違和感のない会場だった。



本日のツアーファイナルでは”転校バンド”と呼ばれるバンドメンバーによる生演奏形態が取られていた。

新メンバー3名が加入してからさほど経過しておらず、しかもメジャーデビューアルバムのリリースイベントで連日各地を周っていることからLIVEのレッスン・リハ時間はさほど取れないだろうと踏んでいたのだけど…。

生バンド形態で2時間超のLIVEを披露してくれて驚いたΣ(・ω・ノ)ノ!

MCを入れるタイミングやトーク時間も絶妙だったし、アンコールを含めた合計時間ではおよそ2時間半近くにもおよぶ大規模ワンマンライブだったけれど、最後まで間延びすることなく楽しむことが出来た。

転校少女はAKIBAカルチャーズ劇場で行われている定期公演も(他のアイドルに比べて)ボリューミーだし、今回の生バンドLIVEも非常にボリューミーで『こんなリーズナブルな値段でここまで見せてもらっていいの?』と思わず恐縮してしまいそうな内容だった。

■本日のセトリ(公式SNSより抜粋)
20191116_07.jpg

相変わらず塩川莉世ちゃんイイ声してるわぁ~ヽ(´ー`)ノ

と思って感心していたのだけど、他のメンバーの安定感も凄い。


あれだけ踊っていて生歌でもしっかりと聴かせるパフォーマンスが出来るアイドルはそう居ないと思う。

転校バンドの演奏はもちろん、映像や照明などの効果も素晴らしかった。

これぞワンマンライブ!ツアーファイナル!といった感じ。

転校少女のLIVEは毎回満足度高くて良いわ~ヽ(´ー`)ノ

本日のLIVEはSOLD OUTとはいかなかったようだけれども、後ろの方までかなり埋まっていたし、盛り上がりも凄かったから成功といえるんじゃないかな。

どこかのグループと違って売り切れていないのに『当日券SOLD OUTしました!』みたいな無理矢理な演出をしないところも好感度が高い(笑)

終盤までは通常のワンマンライブとして進んでいったので、途中で夢以さんの卒業公演であることを忘れてしまいそうだったけれど、最後にはしっかりとリーダーの軌跡を辿るVTRが流されたり、メンバー達からのビデオレターサプライズがあったり…笑いあり、涙ありのバランスの良い内容だった。

転校少女リーダーの岡田夢以さん、転校おめでとう!!

…そういえば次のリーダーって誰になるんだろ!?

ちなみに本日のLIVEの模様が放映される転校少女の特番が1月にCSテレ朝で4時間スペシャル(!)で放映されるのだとか。

来年1月のCSテレ朝といえば、モノガ(monogatari)の香山あむちゃん最後のワンマンライブも放映されるし、これは有料契約検討案件だな。




Posted by りすお [RIS-O] on 16.2019   0 trackback

投資管理アプリ「マイトレード」 日経平均高値圏の最中にサービス終了

Category : investment











Posted by りすお [RIS-O] on 16.2019   0 trackback

SYMPHONIACS 『The Very First Japan Show 2019』

Category : LIVE
SYMPHONIACS(シンフォニアクス) 『The Very First Japan Show 2019』に行ってきました(*・∀・)ノ

20191115_01.jpg

ドイツを活動拠点とし、現在ヨーロッパを中心に全世界で熱い注目を浴びている、若手クラシック奏者集団・シンフォニアクス。メンバーは幼少期から音楽教育を受け、有名音楽学校を卒業し、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの奏者として、またソリストとして活躍中のヴァイオリニスト3人、チェリスト2人、ピアニスト1人、そしてエレクトロアーティスト/コンダクター1人の計7人からなる(楽曲によってはサポートが入り、8人編成となる)。メンバーはそれぞれウィーン、ベルリン、ブダペスト、ニューヨーク、コペンハーゲン、ソウル在住。全世界を飛び回る正真正銘の実力派貴公子たち。

「コンサートにいったことがない人でも気軽にクラシックを楽しんでもらいたい。」
そんな熱い思いから、生み出された新ジャンル<ネオクラシック>。

コールドプレイ、アヴィーチーやダフト・パンクなどの楽曲をクラシカルな弦楽器やピアノによりダイナミックなサウンドに生まれ変わらせる一方で、バッハやヴィヴァルディといったクラシックの名曲にシーケンサー、シンセサイザー、ドラムマシンを使ってエレクトロニックなサウンドやビートを取り入れ、美しさはそのままに躍動感あふれる新しいクラシックを奏でる。これが欧州クラシック界の貴公子たちが奏でる<ネオクラシック>!

■公式HPより抜粋



20191115_02.jpg

初来日公演の会場 東京国際フォーラム ホールC

20191115_03.jpg

3階席の奥の方まで埋まっていて、初来日とは思えないその人気ぶりに驚いた…。

ジャンルが「ネオ・クラシック」ということで、途中で眠くなってしまうのではないかと危惧していたのだけれども、映像と音楽の融合が素晴らしく、およそ2時間全く飽きることなく食い入るように見ていた。

クラシックの名曲に加え、アビーチーや坂本龍一の有名な曲をアレンジしていて、かなりカジュアルな感じにリミックスされているので特にクラシックに造詣の深い人ではなくても楽しめると思う。

イケメン7人組ユニットということで、会場内は女性が非常に多かったヽ(´ー`)ノ

帰り際、物販コーナーの近くを通ったら「握手会」「写メ会」列を作っていて『アイドルかよ!』と突っ込みたくなった(笑)

海外アーティストは知名度向上のために色々ファンサービスをしらなければならないから大変だなぁ…。

金曜日の夜に心地よい音楽を聴けて癒されたヽ(´ー`)ノ

これで明日の休日出勤が無ければ最高だったのだが(涙



Posted by りすお [RIS-O] on 15.2019   0 trackback

何度目の優待券か ~BSフジの株主優待~

Category : investment
衛星放送のBSフジからビックカメラの商品券が届いた(*・∀・)ノ

20191114_01.jpg

2000円分の株主優待券(期限なし)

個人的にもっとも使い勝手が良い優待券だと思う。

ビックカメラは家電製品以外にもお酒やドラッグストア店のような品揃えがあるから選択肢が豊富だし。

BSフジの株は保有を続けていて、ビックカメラの株は信用取引の損失穴埋めで手放してしまったけれど(汗

もう1回どこかのタイミングで買い戻そうかなぁ…

20191114_02.jpg

あー、早くコレになりたいヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 14.2019   0 trackback

夢みるアドレセンス 初期メンバー卒業LIVEの先行抽選で落選者続出

Category : idol











Posted by りすお [RIS-O] on 13.2019   0 trackback

夢真ホールディングスは値上がり益と株主優待で一挙両得だった

Category : investment
夢真ホールディングスは建設関係の作図、建設現場施工管理者派遣を中心とした企業で、売上高・営業利益ともに堅調に成長している。

そんな夢真HDから株主優待案内が来た。

20191112_01.jpg

夢真HDは「すかいらーく」の株主優待と同じく、株数を増やせば増やすほど優待が豪華になっていく銘柄です。

更に年初の段階では配当率4%超の高配当銘柄であったので、個人的には「成長株かつ高配当銘柄」として値上がり益も狙ってNISA枠で株を買ってみた。

しばらく800円近辺でさまよっていたのだけれども…

2019年11月現在。

20191112_03.png

1000円近くまで上昇している。

日経平均株価も高値圏に突入してきたので、100株を残してほとんど売却してしまった。

20191112_02.jpg

今年はバイオ株の雄「そーせい」が2倍以上(100%超)になったし、「夢真HD」も25%の値上がり益を得ることが出来たので我ながら(NISA枠は)ナイストレードだったと思う。

といっても、分散投資で少ししか買っていないから利益といってもお小遣い程度だけど。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback

『お金が増える 米国株超楽ちん投資術』 『40代で資産1億円! 寝ながら稼げるグータラ投資術~初心者でもできる、はじめての「米国株」投資』を読んで

Category : investment
米国株ブロガーたぱぞう氏の著書が2冊同時に刊行された。

『お金が増える 米国株超楽ちん投資術』
『40代で資産1億円! 寝ながら稼げるグータラ投資術~初心者でもできる、はじめての「米国株」投資』

20191110_01.jpg

著者は米国株投資で資産1億円超えを達成した”億り人”ということで、米国株の中でも成長株に狙いを定めて集中投資していく本なのかと思いきや全然違った(笑)

当初は日本株の個別銘柄に集中投資している期間があったものの、回りに回って結果的にはS&P500に連動する投資信託やETFを購入するのがベターだと説いていた。

端的にまとめると、読者に向けて投資期間20〜30年を見越した米国株インデックス投資をお勧めする内容だった。

投資初心者向けの実に堅実な内容で、”イチかバチか”の投機を勧めていない良書といえるだろう。

ただ、本の中にも書かれている通り『資産1億円は無理だとしても、定年までに5000万円程度の資産なら十分に目指せますよ』といった内容なので、米国株投資で一発当てたい人、若い内に資産1億円を達成してリタリアもしくはセミリタイアして悠々自適な人生を送りたい人にとっては物足りない内容かもしれない。

インデックス投資ブロガーとして絶大な人気を誇る水無瀬ケンイチさんも本を刊行した時点では資産6000~7000万円程度だし、やはりインデックス投資で大金持ちを目指すのは難しいのだろう。
(それでも日本人の中ではかなりのお金持ちの部類に入るが)

インデックス投資は”月々の給料からどれだけ投資資金に回せるか?”が要なので、結局は給料が高い有名企業に勤めている人ほど有利という残酷な現実は変わらない。

ただ、人生一発逆転を狙ってハイリスク・ハイリターンな投資を行う人は十中八九破産するので(笑)
世の中そう簡単に儲けられる話は無いですよ…ということだろうなぁ。

なにはともあれ今後は自分もS&P500指数に連動する投資信託を組み入れようと思いました。(素直)

Posted by りすお [RIS-O] on 10.2019   0 trackback

続・体調不良

Category : Diary
待ちに待った土曜日\\\\٩( 'ω' )و ////

しかし、治りかけの風邪がなかなかしぶとくて体調がイマイチ。

仕方がないので薬を飲んだところ、急激に眠くなったので二度寝して起きたら、完全にイベントに間に合わない時間だった。

まぁ咳込みながらイベントに参加しても周囲に迷惑をかけてしまうし、こればっかりは仕方がない…。

年々ウイルスへの耐性が無くなってきているようで困るわー。

これが歳をとるってことなのかもしれないね。
Posted by りすお [RIS-O] on 09.2019   0 trackback

『インデックス投資は勝者のゲーム』

Category : investment
インデックス投資家のバイブルともいえる『インデックス投資は勝者のゲーム』を読んだ。

20191108_01.jpg

端的にまとめると…

『アメリカS&P500指数に連動する投資信託を買っておけば、大半のアクティブ投資ファンドに勝てる』というもの。

アメリカS&P500が如何に優れているか?について様々な角度から検証している本だった。

確かにアメリカS&P500の成績はすさまじい。

この本によると、20世紀初頭からの株式のトータルリターンは年率平均9.5%である。

20191108_02.png

1年で約10%ずつ総資産が増えていくとしたら、これは結構凄いことだと思う。

これはアメリカS&P500に限定した話であり、未だにバブル期の高値を超えられていない日経平均株価ではそうはいかない。

S&P500はベンチマークとして指標になっているが、
アクティブファンドの85%~90%はベンチマークに勝てないという歴史的な結果が出ている。

ちなみにインデックスファンドとアクティブファンドの違いは下記の通り。

■インデックスファンドとは?
市場平均(ベンチマーク)と同じような動きをする運用を目指すファンドのことをインデックスファンドといいます。ここでいう市場平均とは、株式を例にあげれば「日経平均株価」や「TOPIX」、米国では「SP500」などの株価指数のことを指します。

■アクティブファンドとは?
アクティブファンドとは、独自の銘柄選択や資産配分により、株価指数等の動きを上回る投資成果を目標とする運用方法のことを言います。

■S&P500 10年チャート
https://www.saison-am.co.jp/learn/basic/06.html



大半の投資家は”てっとり早く金持ちになりたい”人が多いので、アクティブファンドを選択する人が多かった。

しかし、アクティブファンドは年間成績がベンチマーク(インデックスファンド)を上回る年が2~3年続いたとしても、5年~10年、もしくはそれ以上のスパンでベンチマークに勝ち続けることは難しいのである。

更に世の中には無数のアクティブファンドがあり、『どのファンドがベンチマークを上回る成績を叩き出せるのか?』を見極めるのは常人には至難の業だという。確かにベンチマークを上回るアクティブファンドを探し出せる人であれば、有望な銘柄に投資する個別株投資も上手く行きそうだ。

『いや、俺は特別な人間だから年率10%以上のスピードで資産を殖やせるぜ!』という人は、個別株投資 or アクティブファンドを選択すれば良いのだけど、それだけの成績を叩き出せる投資家は果たして世の中にどれだけいるのだろうか。

実際、FX(証拠金為替取引)を10年、個別株投資を4年間続けてみて、
あまりお金が増えていない現状を省みると(苦笑

僕には特別な株の才能は無く、ただの凡人であることを痛感せざるを得ない。

リーマンショック当時はFX一本でやっていたけれど、あの時に株式投資に目覚めていれば…

「たられば」なんて言っていたらキリがないけどね。

ただ、S&P500の年率9.5%という成績はいささか出来過ぎであり、今後も同じペースでリターンが得られるかどうかは疑問とも書かれている。

確かに再びリーマンショック級の下落が来ない限り、これほどまでに力強い上昇(戻り)を見せることはないだろうなぁ…。

それでも「S&P500を超えるアクティブファンドを探し出すのは至難の業である」という事実は変わらないので、今後もS&P500に連動するインデックスファンド、しかもなるべくコスト(信託報酬や売買手数料)の低いインデックスファンドに投資し続けるのがベストな選択であると本書には書かれている。

ゆっくりではあるが、確実に資産を殖やせるインデックス投資の魅力は複数の本を読んで理解していたつもりだけれども、S&P500が年率9.5%ものリターンを叩き出していたことは知らなかった。

僕は現在日本株の個別株投資に加え海外先進国株式のインデックス投資を行っているけれど、これからはS&P500に連動するインデックスファンドも組み入れて行こうかな…と思えた。

Posted by りすお [RIS-O] on 08.2019   0 trackback

個別株ロングショート戦略

Category : investment
楽天証券のセミナーで元グラビアアイドルで現在株タレントとしても活躍している杉原杏璃さんの講演を聴いて、
『やっぱり自分も短期スイングトレードやりたいなぁ』と欲が沸いてきて…w

信用取引を使って個別株のショートでちょいちょいお小遣い稼ぎをしています。

短期といっても1日内で取引を完結させるデイトレードではなく、大体が1週間以内で取引を完結させるスイングトレード。

そもそも日中は本業が忙しいのでデイトレードは無理。。。

最近ちょいちょいショート(売り)で儲けていたのがこちらの銘柄。

フィルタリングソフト「i-FILTER」が有名な「デジタルアーツ」

20191107_01.jpg

株価は11000円を境にずーっと下落トレンド。

20191107_02.jpg

よく見たら2019年の間に株価が"往って来い"してるし!

しかも値幅が6000円~11000円って凄いな…。

PERがとんでもないことになってるので、『いくらIT企業でもこれは過大評価だろう』とずっと思っていたのだけど、徐々に業績に連動した正常な状態に戻ってきているみたい。

お小遣い稼ぎなので2~3万円の微益を数回取れた程度だから全然ドヤれないのだけど(笑)

デジタルアーツみたいなチャートを描いている銘柄は他にも結構あるんだろうなぁ…。
Posted by りすお [RIS-O] on 07.2019   0 trackback

山本彩ファンクラブイベント 「Sayaka Yamamoto Congregation 2019」

Category : LIVE
山本彩ファンクラブイベント「Sayaka Yamamoto Congregation 2019」に参戦してきました(*・∀・)ノ

昨日・今日と2日続けて当たったので、平日にもかかわらず2日連続参戦。

20191106_01.jpg

会場はZepp Tokyo

20191106_03.jpg

先週までは冴えない天気が続いていたが、イベントが行われた昨日・今日の天気は気温・湿度ともに過ごしやすく最高だった。

20191106_02.jpg

客層としてはイベント初日は男性、2日目は女性が多かった気がする。

20191106_04.jpg

以前行われたホールツアー(NHKホール)は女性客が非常に多くて個人的にはかなり衝撃的だったのだけど、今回はオールスタンディングのライブハウスということで敬遠した女性もいたようだ。

それにしても「ファンクラブイベント」でZeppを埋めちゃうんだから未だに凄い人気だよなぁ…。
(チケットはSOLD OUTで落選者も結構いた)

20191106_08.jpg

転売防止のために電子チケットが導入されていた。

20191106_09.jpg

EMTGというアプリを使って入場した。

紙チケットだとたまに置き忘れて家を出てきちゃう時があるから、
スマホだけで入場できるこのシステムは楽でいいわ~ヽ(´ー`)ノ

20191106_07.jpg
20191106_05.jpg

山本彩ファンクラブ「SYC」

20191106_06.jpg

ファンクラブイベントと銘打ったイベントだったが、構成としては「LIVEパート60分+トークパート(LIVE含む)40~50分」といった内容だった。 アイドル卒業後のさや姉の活動の主軸はあくまでLIVEということなのだろう。

過去に自分が参戦したツアーは当時発売された1st、2ndアルバムを引っ提げて周るLIVEツアーだったため、アルバム曲が中心だったが、今回のファンクラブイベントでは、シングルとして発売された新曲が中心だった。

更にアルバムに収録されていながらツアーでは1度も歌ったことがない曲を披露したり、事前にファンクラブサイトでアンケートを行った「さや姉にカヴァーしてほしい曲」の中から上位2曲を歌うという一幕もあった。

個人的にFCサイトで投票した曲を唄ってくれたのが嬉しかったなぁ…。
アンケートの上位2曲にランクインしたということは、さや姉のファンは意外に自分の世代の客層が多いのだろうか?
周囲の女子を見ると若い子ばかりだけど…!?

さや姉の脇を支えるバンドメンバーも実力者ばかりで演奏に安定感があったし、さや姉の声も力強く、久しぶりに生歌を聴いて『やっぱりイイ声してるなぁ』としみじみ感心してしまった。

NMB48のコンサートや劇場公演には一度も行ったことが無いのに、さや姉ソロ名義のコンサート&イベントはこれで5回目ということになる。つくづく自分はバンド形態のLIVEが好きなんだなーと実感。

今年は個人的に通っていたアイドルグループから主力のメンバーが卒業するから、来年以降はアイドル系LIVEよりもバンド系LIVEがメインになるんだろうな…。

さや姉のファンは行儀のよい人が多いのか、オールスタンディングであるにも関わらずモッシュはおろか圧縮すら起きず、治安の良い現場だなぁと(笑) 個人的にはもう少しオイオイ手を振り上げても良い場面…というか曲があるような気もしたけれど。

アイドル界隈ではありがちな気持ち悪いコールとか空気の読めない行動する人も(少なくとも自分の周りには)いなかったし、アイドルからアーティストへと変貌を遂げたさや姉にファンもちゃんと着いてきているように思えた。

今回のFCイベントで披露した曲の数々を聴いて、さや姉自身も言っていたけれど楽曲の幅が広がったなぁと改めて感じた。
1stアルバム、2ndアルバムを聴いた知人が『良い曲が多いと思うけど、どれも似通ってない?』と軽くディスっていたけれど←
そんな彼女には今日のセットリストを聴かせてあげたかった…。

LIVEを主軸に据えつつも、トークパートでは事前に募集したファンからの質問に答えるコーナーがあり、更にはイベント会場に来ている観客の中から選ばれたファンをステージに上げて一緒に歌ったり、MC中もファンからの声掛けに気さくに答えたりするなど、ファンクラブイベントらしい一幕もあって、ファン的には大満足のイベントではなかっただろうか。
個人的にもNMB時代のさや姉のことはあまり知らないこともあり、LIVE中心のイベントで大いに楽しめた。




12月に発売されるアルバム、そして2020年初頭から開始される全国ホールツアーも楽しみだ。

■小林武史プロデュース 『追憶の光』


■爽快なロックチューン 『棘』


Posted by りすお [RIS-O] on 06.2019   0 trackback

SONY新作ウォークマン NW-A105 を購入

Category : Diary
3年ぶりにウォークマンを新調しました\\\\٩( 'ω' )و ////

20191104_01.jpg

SONY WALKMAN NW-A105

20191104_02.jpg

音質面に関しては今まで使用していたNW-A35である程度完成されていたので、無理に買い替える必要はなかったのだけど…

20191104_03.jpg

これからは有線イヤフォンを止めて、TWS(True Wireless Stereo=完全ワイヤレスイヤホン)オンリーで行こうかなーと思っていたところ、今まで使用していたNW-A35はBluetooth接続がSBC(標準音質)にしか対応しておらず、TWSにしてしまうと音質面の劣化が激しかったので、今回AACをはじめとする様々なBluetoothプロファイルに対応したNW-A105を購入した訳です。

それなら元々AACに対応しているiPhoneで音楽を聴けば良いのでは?と言われそうだけど、iPhoneで音楽を聴いていると、メール・SMS・LINE受信時やその他SNSアプリの音が優先されちゃう時があるから、個人的に音楽プレーヤーとiPhoneは分けたいのです。

20191104_04.jpg

ちなみに今年のウォークマンから久しぶりにAndroid OSが復活。

各社からリリースされているTWSの音質・イコライザを調整できるアプリを追加インストールできるようになりました。

20191104_05.jpg

ネットで評判の高かったWF-1000XM3も既に購入していたので、合計で約6万5千円の出費(汗

WF-1000XM3が対応しているBluetoothのプロファイルはAAC・SBCのみなので、AACに対応したNW-A100シリーズのリリースを心待ちにしていたのです。

■様々なジャンルの音楽を聴いている一ノ瀬みかさんもオススメ



間もなく高音質プロファイルのapt-X、LDAC等に対応したTWSが発売されそうな気もするけれどヽ(´ー`)ノ

とりあえず有線イヤフォンで聴いた限りでは、最初から高音質でイイ感じだったけれど、NW-A35から劇的に音質が変化しているようには感じなかった。

既にNW-A35の時点でかなりの高音質だけどね。(iPhoneとは歴然の差だし)

今回Android OSを採用したことでバッテリーの減り方が激しくなっている感じ。

ただ、ウォークマンを使用した日は毎晩充電をするので、個人的にはさほど気にならないかな…。

ネット上の情報を見る限り、音質的にはA30、40、50シリーズからさほど変化はしていないので、音質面で特に不満のない人は買い替える必要はないかな?と。

自分のようにTWSイヤフォンをゴリゴリ使って行きたい人にとって、専用のアプリがインストール可能なAndroid OSを搭載したNW-A100シリーズは一考の余地があるのではないかと。
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2019   0 trackback

monogatari 2DAYSコンサート 「アラタナカタチ」 ~モノガ~

Category : LIVE
monogatari 2DAYSコンサート 「アラタナカタチ」に2日間とも参戦してきました(*・∀・)ノ

20191102_01.jpg

会場は品川プリンスホテル クラブex

20191102_02.jpg
20191102_03.jpg

円形ステージが特徴的なLIVE会場だ。

金曜日の初日公演と土曜日の公演はそれぞれ演出やセットリストが異なっていて楽しめた。

■公演初日
金曜日のコンサートは、次々と変わっていく衣装が特徴的だった。

モノガのパフォーマンスは基本的に主要メンバー5~6人は常に出ずっぱりで、曲によっては他のメンバーも加わってパフォーマンスを行う形式が多いのだけど、今回のLIVEではメンバーの中でも特に仲の良い”はるてぃな”こと倉澤遥×工藤茶南による2人の歌唱シーンがあったり、既存曲も色々アレンジされていて楽しめた。


おそらく早着替えの時間を短縮する意図もあったのだろうけれども、それでも普段のノンストップライブに比べるとインターバル時間の若干の冗長さを感じてしまった。

ただ、過去のモノガのワンマンライブといえば、定期公演に毛が生えた程度の内容で、新曲&リリイベ発表で「おめでとー!」みたいな流れが定番だったのだけど、今回のLIVEは違っていて、ワンマンライブならではの特別感を味わうことが出来た。

20191102_05.jpg
公式SNSより拝借

円形ステージを上手く使った演出で、取り残される人もなく楽しめたのではないだろうか。

それでもセンターは一応あるから、中央付近の座席が一番楽しめると思うけどね。


■公演2日目
会場後方にドラムセットが用意されていたので『おっ?』と思っていたのだけど、やはり生バンド構成のLIVEだった。

リーダー福本カレン曰く『モノガ初の生バンドLIVE』ということで、初日公演に来ていた人もまた違った新鮮さを味わえたのではないだろうか。

生バンド演奏によるパフォーマンスと、オケによるパフォーマンスが半々くらいで、昨日のコンサートよりも尺が長かった。

個人的には本日の公演は11月6日をもってモノガを卒業し、芸能界を引退する「香山あむ」の卒業公演のように感じられた。

クラブex内には演出のレーザー光線が飛び交い、中央に位置するミラーボールに反射した光の粒がキラキラとしていて、過去一番の華やかなワンマンライブだったように感じられた。

簡単ではあるものの、香山あむから卒業に際して挨拶もあり、彼女の新たな船出にふさわしい舞台だったと思う。

『まだ11月6日の定期公演もあるので、最後までよろしくお願いします!』と発言もしていたが、個人的には今日の公演が最後の見納め公演だったので何だか感慨深いモノがあったなぁ…。



驚いたのは過去の(他の)メンバーの卒業公演でも表情を崩さなかった”モノガの顔”ともいえる柊宇咲が時折涙ぐんで唄えなくなりそうになっていたことだった。
クールビューティーで謎めいたイメージがあったけれど、こうやって人前で泣くこともあるのか・・・と。



原宿物語時代からライバル的存在だった香山あむが卒業するということで、今までのアイドル活動を通して経験してきた様々な思い出が去来してきたのだろう。
二人の間には単に仲が良いという関係以上の何かがあったのだと思う。

20191102_04.jpg

改名前の原宿物語時代から通してモノガにはほとんど映像作品が残されていないので、貴重な放送となりそうだ。

(ちょっと早いけれど)香山あむさん、卒業おめでとう。

芸能界引退後は、今まで出来なかった普通の女の子としての様々な経験を楽しんでください。

Posted by りすお [RIS-O] on 02.2019   0 trackback

5か月ぶりの資格試験

Category : Diary
5か月ぶりに某資格試験を受験してきました(*・∀・)ノ

IMG_6585.jpg
朝の東京タワー

健康には結構気をつけていたつもりなのに、直前に風邪をひいてしまい最後の追い込みが出来ないまま受験…orz

5か月前の資格試験は一発合格だったけれども、今回の試験は参考書のページ数はさほど変わらないけれど密度が濃くて暗記項目ばかりで心が折れそうに(汗

この資格試験は科目合格制なので、今回は3科目中2科目受かれば御の字かな…。

1科目目は五分五分
2科目目は合格に自信あり
3科目目はほぼヤマ勘(ぉい

IMG_6586.jpg
IMG_6587.jpg

受験を終えた後、東京タワー近辺を通り過ぎてJR浜松町駅まで歩いたのだけど、
カラッとした陽気で気持ち良かったな~。

IMG_6588.jpg
IMG_6589.jpg

増上寺!

本当だったら今の自分の年齢でマンション購入してローンが払い終わっているか、サラリーマン生活をリタイアして投資だけで生活している予定だったけれど、現実は全然そうなっていないので人生軌道修正中DEATH!!
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend