週4日勤務、週休3日制という働き方

Category : Diary
19日放送のモーニングサテライト

今、日本だけではなくアメリカでも「働き方改革」が進んでいるとか。

その主な内容の一つとして「週4日勤務」が挙げられる。

20190719_01.jpg

アメリカでは週4日勤務の人気がジワジワ上がってきているのだとか。

20190719_02.jpg

週5日勤務と比較して、週の労働時間は40時間で給料水準も変わらない場合、どちらが良い?という設問に対し…

週4日勤務を希望する人が40% 週5日勤務を希望する人が27%

20190719_03.jpg

週4日勤務の企業への応募は、週5日勤務の企業より13%も多いのだとか。

20190719_04.jpg

個人的にも1日あたりの労働時間を伸ばして、その分、週休3日にした方が良いと思っている。

「今日頑張れば明日は休みだ!」と思うと、仕事にも身が入る(笑)

おそらくこの感情はアメリカを含め万国共通なのではないだろうか。

「仕事に大きなやりがいを感じている・仕事が好き」という人に関してはそうじゃないのかもしれないけれど、アメリカの統計結果から見ても休日は多い方が良いと考えている人が多そうだ。

ちなみに週4日勤務を導入した企業は、実際に労働生産性も上がっているそうな。

20190719_05.jpg

ちなみにドイツの労働生産性は日本の1.5倍!!

そりゃ日本人の労働時間長くなるはずだわ…。

20190719_06.jpg

例えばドイツでは、報告書はA4 1枚にまとめることで余計な労働時間を費やさずに済んでいるのだとか。

20190719_07.jpg

ドイツでは残業手当よりも自分のプライベート時間を充実させることに重点を置いているのだとか。

僕も社会人になった当初から一貫してこのスタンスなのだけど…。

家族や子供を養っている人は残業手当てがないとやっていけないよね。

日本は残業ありきの給与体系になっているのが問題だと思う。

ウチの会社もフレックス制度や在宅勤務(テレワーク)にようやく本腰を入れてきたけれど、週4日勤務へのハードルはまだまだ高そうだ。。。


Posted by りすお [RIS-O] on 19.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend