企業型確定拠出年金の拠出金額を変更

Category : investment
ウチの会社は企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入していて、将来貰える年金を毎月の給料から少しずつ拠出しながら自分で運用している。

企業型DCで運用しているお金は60歳になるまで引き出すことが出来ない。

ただし、企業型DCは運用益を含めて非課税なので節税メリットが高い。

『60歳になるまで引き出せないなら自分で運用した方がいいや』と思い、今までは拠出率を50%にしていた。

残りの50%は年2回のボーナスに上乗せされて現金で支払われる仕組みとなっている。

今までは『60歳まで引き出せないお金なんて嫌だ』と思っていたのだけど、色々考えた結果、企業型DCの拠出率(金額)を今年から100%に変更することにした。

一番の理由は、ボーナスから引かれる税金の額が無視できないほど大きくなってきたからだ。

ボーナスに上乗せされて支払われた(本来の)拠出金にも税金がかかってくるので、手元に残る現金が大幅に減ってしまう。

どうせ税金で持っていかれるなら、その分を非課税の年金運用に回した方がいいや~と。

アメリカ・ダウ平均株価が最高値を更新している今、拠出金の比率を上げるのは愚の骨頂かもしれない。
けれど、どうせ手元にあっても気が大きくなって余計なモノを買っちゃいそうだし、税金で大幅に引かれるなら非課税で運用資金に回した方が得策かな…と考え直したのだ。

「山高ければ谷深し」という相場の格言があって、ダウ平均株価が最高値を更新した後に訪れる暴落はどの程度になるのか全く予想がつかないのだけれども、少なくとも自分が定年を迎えるまでに多かれ少なかれ大暴落はあるだろう。

大暴落来るなら早く来いや~。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend