夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー 1日目 食事会レポ

Category : idol
「夢みるアドレセンスと行く宮古島ファンツアー」に行ってきました(*・∀・)ノ

昨年に引き続き今年も参加してきましたヾ(≧∀≦*)☆彡

20190629_01.jpg
1年ぶりの羽田空港

昨年は朝5:30集合という鬼のような日程だったけれども(汗
今年は前日にツアーファイナル@TSUTAYA O-EAST公演があった関係で朝10:50集合だった。

集合場所に行くと見知ったヲタクが何人か。

■公式ツアーを申込んだ結果


20190629_02.jpg
行きは羽田~宮古空港直行便で宮古島に到着⊂(・ω・ )⊃≡3

飛行機から空港に降り立った瞬間、東京とは明らかに違う湿度の空気が身体にまとわりついてきた。

『宮古島ってこんなに蒸し暑いんだ…』

今年、宮古島ツアー初参戦のフォロワーさんが思わずそうつぶやいていたのが印象的。

昨年はノープランで宮古島に突撃したものの・・・。
電車が無く、バスも1時間に1~2本という宮古島では、「移動手段を確保しないと暇を持て余す」という事実が分かったので今年は自分でレンタカーを借りた。
(ちなみに昨年は空港でPさんに誘っていただいてレンタカーに同乗させていただいたので、観光も楽しむことも出来た)

20190629_03.jpg

今年は夢アドにハマった当初からのフォロワーさんであるSさんと一緒に2人でドライブ。

この日は全国的に梅雨空だったけれど、宮古島をはじめとする沖縄近辺は天気が良くて最高だった。
湿度が高めで暑かったけれど、かなり強い風が吹いていたこともあって昨年みたいに汗が止まらないほどではなかった。

この辺りの観光の話はまた別の機会に。



■夢アド メンバーと食事会 at レーベの村

夕方から「レーベの村」で夢アドメンバーを含めた食事会が行われた。

20190629_04.jpg
メンバーの到着を待つユメトモ達

18時台だと空はまだまだ明るかった。

20190629_05.jpg
夕食会で出された料理

今年の食事会はなかなか太っ腹で、上記のお惣菜と飲み放題メニューがツアー代金に含まれていた。
(昨年はイベント参加料金2000円、ドリンクは別料金だった)

20190629_06.jpg

レーベの村は宮古島の外れの方にあって、周囲には街灯がほとんど無くて夜になると少し怖い場所にあるのだけれども…レーベの村自体はとてもオシャレだったり。

20190629_07.jpg

陽が落ちるとライトアップされて更に良い雰囲気に。

20190629_08.jpg

■食事会イベント概要
 ・夢アド運営(スタッフ)前説
 ・夢アドメンバー登場 (今年は私服)
 ・夢アドメンバーとトーク交流会 (メンバーが各テーブルを周って歓談)
 ・ビンゴ大会
 ・スイカ割りゲーム (荻野可鈴が目をつぶってスイカ割り)
 ・夢アドメンバーとユメトモ達で花火
 ・ビンゴ大会贈呈式

■夢アドメンバーとトーク交流会
昨年はゲストにヤバいTシャツ屋さん&著名ウクレレ奏者を呼んでいた関係で、メンバー1人につき10分程度しか会話出来なかったけれど(それでも十分に多いが)、今年はゲストが居なかった分、時間を気にせずメンバー達と楽しく会話することが出来た。

シンプル・イズ・ベストじゃないけれど、無理にゲストを呼ばなくても今年のような形態で良いと思う。
詰め込み過ぎてもバカンス感が無くなってしまうし。

普段のリリイベだと時間の都合で秒単位の会話しか出来ないけれど、剥がしを気にせず自由に会話できるって素晴らしい!

ただ、特典会とは違ってテーブルを囲んで話すので、シャイな人、引っ込み思案な人は積極的に会話しづらいかも。。。

メンバー達は気を使って色んな人に話を振ってくれるから大丈夫だけどね。

昨年は時間切れで水無瀬ゆきとほとんど会話できなかったけれど、今年は各メンバー達とまんべんなく会話出来て良かった。

トークの最中、『ねぇ、私達つい昨日東京でLIVEしてたんだよ? 信じられる?』
リーダー荻野可鈴ちゃんが僕達にそう問いかけていたのが強く印象に残った。

僕達だけではなく、夢アドメンバーもこの宮古島に異世界感を感じていたようだ。
ここは紛れもなく日本の一部なのだけど、東京の喧騒とは明らかに違う空気や時間がそうさせるのだろうか。

ちなみに山口はのんちゃんは『ねぇねぇ、7月の生誕祭イベント来てよ~!!』と熱心に営業していた…(笑)


■ビンゴ大会
各テーブルに散ったメンバー達が一人ずつビンゴマシン(手動)を回していくビンゴ大会が行われた。

・荻野可鈴賞 ・志田友美賞 ・小林れい賞
・水無瀬ゆき賞 ・山口はのん賞 ・山下彩耶賞
・お好きなメンバーとの2ショットチェキ賞 × 5個程度

ここで奇跡が何度か起きて大いに盛り上がった。

自分のテーブルに居た荻野可鈴推しのK氏が、ビンゴ1抜けして…。
一発で(推しメンの)「荻野可鈴賞」を当てるという強運っぷり!!

『こいつ(K氏)に運を全部持っていかれた』と、同じテーブルに居たユメトモ達はゲンナリ(笑)

更に、一番最後にビンゴを上がったフォロワーのS氏もミラクルを起こした。

S氏の推しメンは「小林れい」ちゃん。
最後の景品を推しメンに引いてもらって見事に「小林れい賞」を当てるという引きの強さ!!






■荻野可鈴スイカ割り
メンバーを代表して荻野可鈴がスイカ割りを行った。

メンバー&ユメトモ達の声を聞きつつ、方向修正をして棒を振り下ろした結果…。

一発でスイカ割り成功\\\\٩( 'ω' )و ////

20190629_09.jpg

可鈴ちゃんが割ったスイカを参加者全員で分け合った。

■メンバー達と一緒に花火
20190629_10.jpg

うおおっ、リア充っぽい!!

メンバー達の花火から「火」をもらったり…
アイドルとファンの枠を超えて皆でワチャワチャできて楽しかったあああ!!
宮古島初日から最高過ぎる!!

20190629_11.jpg

途中、放送事故レベルで煙が発生(笑)

山下彩耶ちゃんが咳込みまくっていた…w

メンバー達にとっても良い思い出作りの場だったようで、メンバーがスタッフに頼んで(自分を推してくれている)ファンと一緒に写真を撮ったりしていた。

特にファンツアー3日目不参加の山口はのんとそのファンの人たちはこのタイミングで何枚も写真を撮っていた気がする。

20190629_12.jpg

当初、レーベの村での食事会は18:30~20:00の予定だったけれども、結果的に時間を大幅に超過してイベントは終了した。

首都圏で行われるイベントとは異なり、こうしたゆる~い感じが宮古島ならではという感じで良い。

20190629_13.jpg
メンバーが帰った後の様子

レンタカー組、タクシー組と分かれてこの日のイベントは終了。
(タクシーは夢アド運営スタッフさんが複数台呼んでくれるので運転できない人も大丈夫)

人数限定である上に、一人あたり16~18万円の費用がかかるこんなコアなイベントには昨年と同じ顔ぶれのユメトモしか来ないだろうと思っていたのだけど…驚いたことに今年初参加のユメトモが結構多かった。
ちなみに自分が座っていたテーブルに関しては、自分以外の4人が全員初参加で更に驚いた。

剥がしや制限時間を気にせずメンバーと歓談できる太っ腹なイベントは、後にも先にもこの宮古島ファンツアーくらいだろう。

きっと良い思い出になったんじゃないかな。

【参考リンク】 (昨年の宮古島イベントの様子)
夢アド in MIYAKO ROCK FESTIVAL 2018 ツアー 1日目 ~後編~
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-entry-4034.html


Posted by りすお [RIS-O] on 29.2019   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend