HYDE LIVE 2018 HYDEIST ONLY

Category : LIVE
HYDE LIVE 2018 HYDEIST ONLYに行ってきました(*・∀・)ノ

20180630_01.jpg
HYDE

この日はHYDEファンクラブ『HYDEIST』に加入しているファンだけが入場できる特別公演

20180630_02.jpg

会場はZEPP TOKYOだった。

20180630_05.jpg

観客は当然のことながら女性が多めだったけれど、L'Arc~en~Ciel、そしてVAMPS時代のアグレッシブな楽曲に魅せられた男性ファンもそれなりにいたようだ。

20180630_03.jpg
HYDE籠城中

ZEPP TOKYOにはVAMPSでお馴染みのツアートラックが止まっていた。

20180630_04.jpg

今回から電子チケットで入場することになったのだけれども、QRコードを読み取るだけなので入場にかかる時間は紙のチケットの時とさほど変わらなかった。

20180630_09.jpg
中川翔子、DAIGO、GLAY

20180630_07.jpg
YOSHIKI(X JAPAN)

そうそうたるメンバーからのスタンド花だ。。。

20180630_10.jpg

金髪姿で口元にリップを塗ったHYDEさんのお顔はとても美しかった…(/∀\*)

相変わらずの年齢不詳っぷりだった。

昨年、何の前触れもなくVAMPSが活動休止。

HYDEソロ名義のアコースティックライブ(黒ミサ)を経て、ついに再始動したHYDE

過去にリリースしたソロ曲を主体にしたライブになるのかと思いきや、セットリストは未発表の新曲が主体で後はアレンジされたVAMPSの曲で構成されていて驚いた。

VAMPSの曲は敢えてキーを下げて、よりヘヴィに、よりダークな雰囲気にアレンジされていた。

未発表の新曲がちょいちょい挟まれていたので、観客側はノリが分からず困惑していた感じも見てとれたけれど、曲自体は悪くない。例によって新曲はほぼ英語詩の曲だったと思う。世界を意識してるんだろうなぁ。

HYDE:まだ守りに入るつもりはないんで!

HYDE:この第二形態を楽しみにしていてください。

セットリストに過去のソロ曲がほとんど含まれていなかったのはそういう意味だったのだと思う。

モッシュやリフト・ダイブが巻き起こるVAMPSのLIVEの方が激しさは上だと思うけれど、HYDE LIVEでも小規模ながら前方は激しかったし、慣れたら会場内はVAMPSみたいな感じになるのかな?



L'Arc~en~Cielがブレイクして有名になり、地位も名誉もお金も手に入れたHYDE

それだけのキャリアがありながらVAMPSで精力的に活動し、VAMPSが活動休止になったら休む間もなくソロ名義でリリース&ツアーを行うモチベーションは本当に凄いと思う。

地位とか名誉とか、お金のために曲作りをしているのではないのだろう。

ビジュアルはもちろんだけど、もう生き方からして格好良いよね。

数多くのミュージシャンから慕われる理由がそこにある気がする。



Posted by りすお [RIS-O] on 30.2018   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend