保険のお姉さんの捨て身の営業に驚愕

Category : Diary
今日、仕事の関係で神奈川の事業所に足を運んだところ…

事務所の扉の前にスーツを身にまとった奇麗な姉ちゃんがいた。

『ははーん、さては保険の営業だな? ご苦労なこったヽ(´ー`)ノ』

そう思いながら通り過ぎようとしたところ、ササっと目の前に現れてニコッとしながら『よろしくお願いします』と1枚の紙きれを手渡された。

どーせ保険商品の紹介とか、パンフレットだろうとタカをくくっていたのだけど…

内容がヤバ過ぎてお茶吹いた( ゚∀゚)・∵.

20180417_01.jpg

個人情報全開\\\\٩( 'ω' )و ////


いやいや、いくら保険の契約を取りたいからといってコレはやりすぎでは(汗

特に自宅の所在地(最寄り駅)と携帯電話の番号を載せているのはヤバすぎる(笑)

同じクラスにいても見向きもされないブサ○クならまだしも←
かなり奇麗な子だったから、色々危険な目に遭うんじゃないかとオジサン心配してしまったよヽ(´ー`)ノ

今とは異なりインターネットが普及する遥か以前の昭和の時代。

保険のお姉さんによる営業が全盛期だったご時世に、契約をとるためにエロいことをしていた子がいる…なんていう都市伝説を聞いたことがあったのだけど、この子ももしかして…なんて思ってしまったヽ(´ー`)ノ

ただ、『ここまで頑張っているのなら、話くらい聞いてあげようかな』と一瞬思ってしまったことは事実。

押しつけがましく”自分が売りたい保険商品”を売り込んでくるのではなく、まず自分の情報を開示して興味を示させる方法は上手いと思った。

実はやり手の営業さんなのかもしれないなー。

ちなみに神奈川県の事務所は年に数回しか行かないので、おそらく彼女に会うことは二度とないだろう。

彼女が営業活動を行う残り1年の間、危ない目に遭わないことを祈るのみ←
Posted by りすお [RIS-O] on 17.2018   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend