突如現れた謎の牛丼屋 『牛若丸』に行ってみた

Category : Diary
池袋ロサ会館の吉野家が閉店し、取り壊された後に出来たお店はまたしても牛丼屋だった。

その店の名は『牛若丸』

IMG_0224.jpg

看板の色使いがどことなく吉野家の雰囲気を漂わせているのだが、一体どんな店なのだろう?

IMG_0222.jpg

人気急上昇中の街、池袋の駅近にありながら、なんと牛丼並盛280円!!

安いっヾ(≧∀≦*)☆彡

『お初にお目にかかります…』と書かれているので、チェーン店だとしても本当に新しい店なのだろう。

IMG_0225.jpg

通常の吉野家とは異なり、食券制になっているようだ。

店の外に券売機が設置されているが、(写真左)店内にも同様の券売機があった。



20180305_12.jpg

店の中に入ると、立ち食い蕎麦屋のように店員がカウンター越しに待ち構えていて、食券を渡すと半券を返されて『お呼びしますのでお待ちください』と言われた。

ちなみに店内はごく普通の牛丼屋。
(リフォームされているので店内は奇麗)

20180305_10.jpg
20180305_11.jpg


カウンターがあって丸椅子が10席近く設置されていた。

吉野家や松屋と同様、窮屈ながらも必要最低限のパーソナルスペースは確保されている感じ。

ほどなくして出来上がった280円の牛丼と70円の味噌汁がこちら。

IMG_0219.jpg

完全に吉野家だった(笑)

ネットで調べてみると、本社所在地は吉野家チェーンと同じ中央区日本橋箱崎町のビル18階とのこと。

どうやら吉野家の実験店らしい。

■参考リンク
西池袋ロサ会館の住所で求人、2月下旬オープンの牛丼「牛若丸」は吉野家の実験店?

なるほど。どうりで看板の色使いが吉野家っぽいわけだ。

通常の吉野家は店員がオーダーをとって牛丼etcを客の目の前まで運んでくるのだけど、『牛若丸』ではオーダーを食券制にして、出来上がった牛丼をカウンター越しに客に受け渡す形式になっている。

人件費(手間)を削減している分、280円という低価格が実現している訳だ。

自炊は出来ないけれど可能な限り食費を節約したい人や、低価格で牛丼を食べたい人にはオススメの店舗だと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2018   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend