乃木坂46メンバーの仕事観 ~趣味を仕事にした方が良いのか~

Category : TV
10月上旬に放映された「乃木坂46のガクたび」

乃木坂46のメンバーが地方の学校に”1日転校生”として入学し、
生徒と共に学んだり実習をしたり、スポーツをするというもの。

西野七瀬、井上小百合、堀未央奈の3人が入学したクラスでは総合学習が行われたのだが、
なかなか哲学チックなお題で非常に興味を惹かれた。

西野七瀬に対し『今の仕事は趣味として考えていますか?』と問う教師

20171028_01.jpg

西野七瀬は『趣味とは全く別です』と回答

20171028_02.jpg
20171028_03.jpg

今日のお題は『趣味を仕事にしたいかしたくないか』をディスカッションするというもの。

20171028_04.jpg
20171028_05.jpg

井上小百合は『趣味を仕事にしたい派』

『ライブとか芝居とか舞台とか見るのが好きだから (中略) 今この世界で頑張れている部分がある』

20171028_06.jpg

一方、西野七瀬は『趣味を仕事にしたくない派』

20171028_07.jpg
20171028_08.jpg
20171028_09.jpg

西野:仕事と趣味が一緒になってしまったら(嫌なことを)忘れられるような時間がなくなる。

20171028_10.jpg

2期生 堀未央奈の意見

20171028_11.jpg

堀:自分の好きなことを仕事にしたい。

リクルート社が以前から提唱していた「好きを仕事に」とまさに同じ。

20171028_12.jpg

教師曰く、『(趣味を仕事にすべきか、そうではないかに対し)正解はありません。みんなの価値観次第です。』

20171028_13.jpg

『実際に仕事をしてみないとわからないこともいっぱいある』



個人的には西野七瀬さんの意見と同じだな…と思った。

趣味を仕事にしてしまった瞬間に”楽しめるもの”ではなくなってしまう気がするから。

ただ、自分の知り合い/フォロワーさんは自身の夢や趣味を仕事にしている人が意外なほど多い。

仕事と趣味を完全に分けている自分は、趣味を仕事にしている人と比べて幸福度が高いのだろうか。

幸福度って数値化できないから分からないよね。

仕事以外にも余暇の過ごし方、人間関係、家族、配偶者、恋人、子供の有無でも幸福度は変わってくるだろうし。

ただ、国民的アイドルグループへと成長し、一般的には”成功者”として認知されている乃木坂46のメンバーですら、それぞれの仕事観が全く異なっているという事実。
非常に興味深い内容だった。
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2017   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend