投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~ 2017年2月末時点

Category : investment
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

2017年2月は定期積立にて「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を3万円購入。

20170228_01.png
20170228_02.png

投資金額394,466円に対し、評価額は446,070円

投資金額に対する評価益は13.08%になりました。

20170228_05.png

最近は横ばいという感じですかね…。

112~113円台はまだまだ円安水準だと思っているので追加投資せず。

為替が100円に近づいたり、アメリカの株価が大暴落したら追加買いするかも。

それはそうと、優待目的で購入したWOWOWの株価が絶好調。

20170228_03.jpg

昨年28万円で購入したWOWOW株が今や40万円にΣ(・ω・ノ)ノ!

なんと購入時よりも42%も値上がりしています。

り…利益確定したい。。

12万円の利益を手にすれば、WOWOWが4年間無料で観られる計算に。。。

20170228_04.jpg

ただ、チャートを見るとまだまだ上昇ラインは崩れていないので、明確にトレンドが変わるまでは引っ張るだけ引っ張った方が良いんじゃないかなーと。

暴落に巻き込まれて最終的に利益が10万円を切っても、それはそれで仕方ないかな。
天井で利益確定するなんて天才でも無理だからね。

値上がり益を狙って投資している銘柄よりも、優待目的で購入した銘柄の方が好調でツラい。。。
優待目的で購入した株は長年保有するつもりで購入したので…。

昨年はトランプ効果で終盤に巻き返し、14%超の評価益を叩き出した投資信託。
さて、今年はどうなることやら…!?
Posted by りすお [RIS-O] on 28.2017   0 trackback

『R-1ぐらんぷり』 アキラ100%さん優勝おめでとう

Category : SDN48
普段お笑いとか全然チェックしていないのだけど、今回はゆかりのある人物が出るということで注目していた。

無数のお笑い芸人が存在する中、ゴールデンタイムの地上波番組に出演できるだけでも凄いこと。

しかも注目度の高い『R-1ぐらんぷり』

その人物とは…



今回の『R-1ぐらんぷり』で見事に優勝を果たしたアキラ100%さん。

実はアキラ100%さん、アイドルグループSDN48を卒業した直後、SMAに所属した”きーぼー”こと木本夕貴とインターネット番組で共演していたのである。

【参考リンク】
【木本夕貴出演】 あっ!とおどろく放送局 『SMA一座』

劇団木本夕貴 旗揚げ公演 ~元SDN48 木本夕貴出演~

アキラ100%さんをこの目で見たのは2012年のことだった。

申し訳ないけれど、当時は全く売れる気がしなかった(苦笑

ただ、いつも一生懸命で、真面目で、常に周りを盛り上げようとしてくれていたことだけはよく覚えている。

当時、『実はジムのインストラクターをやってる』と言っていたけれど、今でも継続しているのかな?

裸になっても見苦しくないのは鍛え抜かれた肉体があるからだろう。

しゃべり芸ではなく裸芸ということで…
自分が想像していたお笑いとは全く違ったけれど、下らな過ぎて逆に素直に笑えた。

きーぼーは「アキラ100%」と呼ぶのが面倒で(?)「アキパーさん」と呼んでいたなー。

そんなこんなでリアルタイム検索で「アキパー」を検索すると、出てくるのはSDN48ファンばかりという…w

”R-1で優勝して人生大逆転”と行くかどうかは今後次第で分からないのだけど、例え一回でもスポットライトを浴びられたことは凄いよね。

裸芸だから一発屋って揶揄する人もいるだろうけれど、人生で一発当てられる人がどれだけいるのだろうか。

アキパーさん、優勝おめでとう!!
優勝賞金500万円で美味しいものでも食べてくださいなo(´▽`*)/♪








Posted by りすお [RIS-O] on 28.2017   0 trackback

東京パフォーマンスドール ダンスサミット“DREAM CRUSADERS” at 恵比寿リキッドルーム

Category : LIVE
東京パフォーマンスドール ダンスサミット“DREAM CRUSADERS” に行ってきました(*・∀・)ノ

会場は恵比寿リキッドルーム

先日サイサイ(SILENT SIREN)のFC限定LIVEで行ったばかり。

sora tob sakanaの定期公演も恵比寿だし、最近恵比寿に行くことが増えたなー。
※代わりにアキバに行くことが少なくなった



TPD(東京パフォーマンスドール)といえばノンストップパフォーマンス!!

今回もMC無しで80分突っ走るライブで疾走感あったわーヽ(´ー`)ノ

最近のLIVEでは恒例のFLASH TIME(撮影タイム)の写真をいくつか載せてみる。

20160226_01.jpg
20160226_02.jpg

やや遠目なのでiPhoneのカメラだと色々厳しい(汗

20160226_03.jpg
20160226_04.jpg

恵比寿リキッドルームではステージから多少距離があっても段差に行って視界を確保することが多い。

20160226_05.jpg
20160226_06.jpg


2017年1月、新生TPD結成3周年にようやくリリースされた待望の1stアルバム『WE ARE TPD』がリリースされてから初めてのツアーということで、メンバーは皆気合が入っていた。

【参考リンク】
東京パフォーマンスドール 1stアルバム 「WE ARE TPD」 リリース記念購入者イベント

20160226_07.jpg

アルバム収録の新曲『ナガレボシ』を初披露。

20160226_08.jpg

『ナガレボシ』の他、新曲3曲を初披露してくれた。
てっきりTPD史上最大規模の会場である中野サンプラザ公演まで出し惜しみするものだと思っていたけれど、ツアー初日から大サービスの内容だった。

ファンの盛り上がり、一体感も素晴らしかった。

”超”がつくほどメジャーなアイドルになると、ファンがカジュアル化してお行儀が良すぎる一般層やファミリー層ばかりになってしまうけれど、やはり500~3000人規模のライブハウスでツアーやってるアイドルは現場の盛り上がりが凄い。

どっちが良いとか悪いとかじゃなく、個人的には黙々とサイリウムを振り続ける現場よりもファンの歓声で盛り上がる現場の方が好きだな…。

そうそう、TPDは生歌やパフォーマンスの素晴らしさはもちろん、曲自体が好きで現場に行ってるのだけど、何気に歌詞も良かったり。

特に好きなのは以下の2曲の中に出てくるフレーズ。

ラッシュの地下鉄の駅で

冬服着た天使を見た

くすんだ胸が涙で

洗われた

東京パフォーマンスドール 『ダイヤモンドは傷つかない』 Rearranged ver



”冬服着た天使を見た” のフレーズ、思わず情景が浮かんできそうだ…。

20160226_09.jpg
※フリー素材

これは新生TPDではなく篠原涼子がアイドルをやっていた時代の元祖TPDの時代の曲であったりするのだけど、21世紀でも全然色褪せないから凄い。


※動画ずいぶん若いな…

手垢のついた

安全なルートなんかじゃ

運命 切り拓けないじゃない

全身全霊でGET SURVIVAL!!

東京パフォーマンスドール 『SURVIVAL!!』



新生TPDオリジナル曲で、TPDの数ある曲の中でもBPMが早くROCK色が強い。

毎日眠い目をこすりながら満員電車に揺られて会社と家を往復する日々。

安全な敷かれたレールの上を歩いている僕からすると、この歌詞は眩しすぎる…(中二病



めげそうな自分の背中を押してくれる歌詞には感情移入しやすい。



3月にはTPD史上最大規模の会場である中野サンプラザにて大々的にLIVEを行うことが決定している。

年度末は色々と忙しくてサラリーマン的にはスケジュール調整するのが大変だけれども、
彼女たちは果たして会場を埋めることが出来るのだろうか。

生歌・パフォーマンス・曲のクオリティはいつ見ても素晴らしい。
新生TPDはもっと売れても良いと思う。






Posted by りすお [RIS-O] on 26.2017   0 trackback

次回「SONGS」にX JAPAN出演決定

Category : Music



3月2日(木) NHK 「SONGS」にX JAPANが出演するとのこと。

前回登場からさほど間隔があいていないので再放送かと思いきや、どうやら初出し映像らしい。

翌3月3日(金)にはX JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』が日本で公開され、
同時に同ドキュメンタリー映画のサントラも発売される。

更に翌3月4日(日本時間では3月5日)にはイギリス・ロンドンのウェンブリー・アリーナで大々的にコンサートを開催。
PATAの体調不良により1年延期になった悲願のコンサートである。

ウェンブリー・アリーナのコンサートはWOWOWで生中継されることが決定している。(3/5 早朝)
楽しみだー!!ヾ(≧∀≦*)☆彡

Posted by りすお [RIS-O] on 25.2017   0 trackback

VAMPSの新曲『Calling』のサビが突然公開される

Category : Music
VAMPSの公式ツイッターアカウントにてU.S Tourの告知が掲載された。

ツアーの告知のBGMに使われていたのは3/22発売の新曲『Calling』!!




”次のアルバムはVAMPSのダークな一面を云々”という記事があったから暗い曲が多くなるのかと思いきや、次のシングルも超アグレッシブでビックリ!

サビの数十秒しか聞けないけれどメッチャカッコイイ!!ヾ(≧∀≦*)☆彡

これは次回のアルバムも期待できそうだ。


Posted by りすお [RIS-O] on 24.2017   0 trackback

「日本の億万投資家名鑑」を買ったものの…

Category : Book
20170223_01.jpg

先日ツイッター上で話題になっていた『日本の億万投資家名鑑』を買ってきた。

ページをめくってみて…

あれ? あれれ?

この記事、以前に見たことあるぞ?

とりあえず半分くらいめくってみたけれど、どれも大体見たことがある…。

これって『日経マネー』の再録本じゃないか。

タイトルに惹かれて立ち読みせず買ってきてしまって後悔。。。

自分の中では「立ち読みしない美学」があるのだけど、これから立ち読みできるものは冒頭の何ページかだけでもペラペラめくった方が良いのかもしれないなぁ。

ただ、ツイッターやブロガー界では有名な億万長者投資家が多数登場していて、億万長者まで上り詰めた手法や最近の保有銘柄なんかも掲載されているので『日経マネー』を読んでいない人には楽しめる本かもしれない。

Posted by りすお [RIS-O] on 23.2017   0 trackback

AKB48 「こじまつり~前夜祭~」

Category : LIVE
AKB48 「こじまつり~前夜祭~」 に行ってきました(*・∀・)ノ

AKB48の初期メンバーであり黎明期をずっと支えてきた”こじはる”こと小嶋陽菜の卒業コンサート

根っからのエンターテイナーであるこじはるをフューチャーしたコンサートだから、
きっと過去のメンバーの卒コンとは違ったものになるに違いない…。

そう思いながら代々木第一体育館へ向かった。

20170221_01.jpg



こじはるのキャラクターから考えて、お涙頂戴的なコンサートにはならないだろうなーと思っていたのだけど、アンコールまでは卒コン(前夜祭)であることを忘れてしまうほど面白いコンサートだった。

むしろコンサートっぽくないというかヽ(´ー`)ノ

1曲目『ハート型ウイルス』ではこじはるが各48G支配人がかつぐ神輿に乗って登場!
思わず『モテキ』の主人公かよ!と思ってしまった…w

コンサート序盤から観客として(?)VIP席に座って後輩メンバーのパフォーマンスを応援したり、
招待したお友達=おぎやはぎの2人、アンガールズ田中、元モー娘。高橋愛と掛け合いを楽しんだり。

え、何?
「こじまつり」って”小嶋陽菜をもてなす会”なのか?

…そう思っていたら、『オイ!小嶋! 座って見てるんじゃねーよ!』と指原PRIDEが始まるという。
すべてはこの布石だったのか(゚д゚;)
指原PRIDE懐かしかったなー。 
有吉AKB共和国くだらない番組だったけれどあの緩さが割と好きだったからね。

てっきり招待客として呼んでいただけと思っていた高橋愛ちゃんとのコラボには度肝を抜かれた。

高橋愛、小嶋陽菜、指原莉乃、柏木由紀でモーニング娘。さくら組のデビュー曲「晴れ 雨 のち スキ」を熱唱。

かねてから”モー娘。好き”を公言していたメンバーと元モー娘。のコラボを実現しちゃう小嶋さんの人脈たるや!!

OGからは秋元才加がソロ曲を披露。格好良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

松井咲子さんはピアノ演奏で参加。
ショパンからの『ポニーテールとシュシュ』の前奏
…これどこかで聴いたことあるぞ?とデジャヴを感じていたのだけど…



そうか!! 2010年のコンサートと同じ演出だったのか!とこのツイートを見て気づいた。

この頃はAKB48の劇場公演とコンサートによく通っていたから、当時の印象が残っていたんだなぁ。

たかみなこと高橋みなみ(元)総監督

突然の音響トラブルに見舞われてパニックに陥りそうなこじはるを見て、VIP席からすかさずマイクで助け舟を出したところは流石だった。 会場が微妙な雰囲気になる前に瞬間的に判断したのだろう。
常に神経を研ぎ澄ませていなければ出来ない業だと思った…マジで凄いわ。

しかし、そのたかみなに対する扱いのヒドさは笑ったw

「思い出のほとんど」では完全にネタ扱いだし、事前打ち合わせ無しでソロ曲歌わせるし(^_^;)

後にも先にも高橋みなみにこれほどヒドい仕打ちができるのは小嶋陽菜だけだろうな~と思った。

「思い出のほとんど」は卒業コンサートでは号泣必至の曲なのに、たかみなを空気扱いしつつ、なぜか”思い出らしい思い出が無い”渡辺麻友と2人で歌い上げ、最後の思い出クイズでは全問不正解。
こじはる&まゆゆ:『私たち、全然思い出無いね!』で観客を大爆笑させるという…w

小嶋さん、ホント根っからのエンターテイナーだわーヽ(´ー`)ノ

ノースリーブス(小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ)1夜限りの(?)復活パフォーマンスが見られて良かった。
AKB48からのスピンオフユニットの中ではノースリーブスが一番好きだったからね。

技術面で驚いたのは代々木第一体育館とさいたまスーパーアリーナを二元中継して行われた『混ざり合うもの 』のパフォーマンス。



代々木第一体育館にいるAKBメンバーと、さいたまスーパーアリーナにいる乃木坂メンバーがシンクロして歌い踊ってるなんて凄くない!? (中央モニターにはSSAの乃木坂メンバーが、左右のモニターには代々木のAKBメンバーが映し出されていた)
AKBと乃木坂のコンサートは同日開催だったからコラボ曲は不可能だと思っていたのだけれども、遠隔でシンクロダンス出来るなんて…最近の技術は凄いなぁ。

その後、様々な演出が行われたのだけれど小嶋陽菜の”女王感”がとにかく凄かった。



アンコールからは雰囲気が変わってしっとりと。

秋元康Pがこじはる卒業に際して書き下ろしたソロ曲
バラードでいい曲だったなぁ。
『誰にも気づかれずに出ていく』みたいな歌詞で、ちょっと意外性を感じたのだけれども・・・。

終盤ではみぃちゃん(峯岸みなみ)につられてこじはるも涙を流していた。

気づいたら指原の目からも涙が…。

小嶋陽菜、指原莉乃、峯岸みなみ
主要メンバーが次々と卒業していった後、48グループの中核を担ってきたメンバーはもはや”戦友”なんだろうな…なんて思った。

こじはるの涙を見て『あぁやっぱり今日は卒業コンサートだったんだな』と気づかされた。

20170221_02.jpg

アイドル活動の枠に囚われず、グラビアも、モデルとしても、バラエティタレントとしても、競馬の予想屋としても(?)強烈なインパクトと結果を残してきた小嶋陽菜。

こんな凄い人は今後数十年現れないのではないだろうか?

昨今、見た目の可愛さ重視で『○○○○年に1度のアイドル』みたいな言われ方をする子が何人も出てきたけれど、実は小嶋陽菜こそその称号に相応しいアイドルだったのではないだろうか。
少なくともキャラ立ち・話題性・総合的なタレント力を考えると小嶋陽菜はズバ抜けてると思う。

各ニュースサイトがこの日のレポをUPしてたけれど、
モデルプレスさんが一番網羅していた気がするので貼り付けておこう。



Posted by りすお [RIS-O] on 21.2017   0 trackback

VAMPS ニューアルバムリリース決定 6月からツアーも

Category : Music



VAMPSのニューアルバム「UNDERWORLD」が、4月26日にリリースされる。

彼らのフルアルバムリリースは前作「BLOODSUCKERS」以来約2年半ぶり5枚目。「目に見える物質的な“表の世界”ではなく、ダークサイドとも言える“裏の世界”にこそVAMPSの本質がある」というコンセプトのもとに制作されており、「SIN IN JUSTICE feat. APOCALYPTICA」「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」「RISE OR DIE feat. Richard Z. Kruspe of Emigrate / Rammstein」を含む全11曲が収録される。

(中略)

アルバムリリース後の6月からは全国ツアー「VAMPS LIVE 2017 UNDERWORLD」の開催も決定した。このツアーは全国4会場にて16公演が行われる。3月22日リリースのニューシングル「CALLING」には、ツアーのチケット先行予約案内が封入される。



20170220_01.jpg

4月上旬にL'Arc~en~Cielの25周年ライブが東京ドームで行われることもあって、
VAMPSの本格的な活動はもう少し後になると思っていたのでビックリ。

今回のアルバム、”「目に見える物質的な“表の世界”ではなく、ダークサイドとも言える“裏の世界”にこそVAMPSの本質がある」というコンセプトのもとに制作されており”の一文から察するに、キャッチーなメロディではなくダークな雰囲気が漂う楽曲が多いのかな…
ラルクでいうと『Real』みたいな、やや異色のアルバムになるのかも。



6月からVAMPS特有の籠城型ツアーも始まるのだとか。

6月といえばSILENT SIRENのツアーも始まるし、スケジュールとお金の調整が大変だ(汗



Posted by りすお [RIS-O] on 20.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス アルバム発売延期に3枚返しだ!ツアー2017 ファイナル at Zepp DiverCity Tokyo

Category : LIVE
夢みるアドレセンス アルバム発売延期に3枚返しだ!ツアー2017に行ってきました(*・∀・)ノ

1月から続いていた東名阪ツアーも本日でツアーファイナル

20170219_00.jpg

会場は都内最大規模のライブハウスZepp DiverCity Tokyo

1年前、夢みるアドレセンスのメンバー"5人"で初めて立った会場である。

2016年夏に行われたTokyo Idol Festivalまでは順風満帆、着実に登り坂を駆け上がってきた夢アドだったが…

メンバーの小林れいが喉の不調により静養するため活動休止
更にもう1人、山田朱莉は規約違反による活動自粛に…。

20170219_11.jpg

5人から3人へ…
単純計算で戦力40%ダウンである。

こんな状況で夢アドは活動できるのか?
活動できたとしても満足なパフォーマンスが出来るのだろうか?

2017年、この巨大な会場に3人で立つことになろうとは、スタッフ、ファン、そしてメンバーを含め誰もが予想していなかったに違いない。

20170219_18.jpg
20170219_19.jpg

実際、1月に緊急リリースされたシングル『恋のエフェクトMAGIC』/『アイドルレース』のリリースイベントでは5人時代の夢アドが頭をよぎって違和感を覚えたし、3人の懸命なパフォーマンスにも関わらず以前のような華やかさは感じられなかった。

1月中旬に行われたツアー初日の大阪、そして翌日の名古屋は手荷物検査が厳重に行われるなどの厳戒態勢が敷かれ、メンバー3人が冒頭で謝罪を行うなど異例のライブとなった。

活動自粛となった山田朱莉はともかく、他の4人は何も悪いことをしていないはずなのに、どうしてもモチベーションが上がらず大阪公演のチケットは知人に譲ってしまった。

その知人曰く、大阪公演は客席エリア後方がかなりガラガラだったとのこと。

果たして東京公演は…

”メンバー達だけではなくファンも試されている”

そんな中で迎えた今日のツアーファイナルだった。

20170219_04.jpg
20170219_05.jpg



ツアーファイナル東京公演はガラガラどころかほぼ満員!

正直言って年末年始の騒動からここまで持ち直すとは思っていなかった。

20170219_20.jpg
20170219_21.jpg
※画像は大阪公演の様子

月イチで行われている定期公演や複数のアイドルが出演する対バンとは異なり、メモリアルなワンマン公演ということで、照明も衣装も豪華で華やかな雰囲気を演出していた。

メンバーが3人になっても寂しい絵にならないように、スタッフ・演出陣が相当に尽力してくれたに違いない。

ツアー初日の大阪公演では想いが溢れてパフォーマンス中に涙を流してしまったメンバーもいたが、今日の3人は満面の笑みを浮かべて観客を盛り上げていて、その表情からは自信すら感じられた。

20170219_12.jpg

『お客さんが全然来てくれないのではないか』
『沢山悲しませてしまったし、見捨てられても仕方がない』

メンバーの胸中にはこうした不安が常に渦巻いていたはずなのに、それを微塵も感じさせないプロフェッショナルに徹していた。

僕が一番驚いたのは今日のLIVEで披露された全ての曲を完全に3人のものにしていたこと。

20170219_16.jpg
20170219_17.jpg

元々5人のために割り振られていた歌割り、ダンスを全て再構築したのである。

今日は3人でのパフォーマンスだったが、以前僕が感じていた違和感は完全に消え失せていた。

左右のお立ち台、そして中央に設けられた花道を効果的に使っていたと思う。

 ステージ上を所狭しと駆け回り観客を盛り上げる荻野可鈴

 ソロパートで目を閉じて歌声に気持ちを乗せる志田友美

 間奏中に観客を煽り、絶叫する京佳
 
『夢アドはここで終わりじゃないし、終わらせない』

そんな強い気持ちが伝わってくるLIVEだった。

多分”エモい”ってこういうことを言うんだろうな…。

MCは必要最小限に抑えられていて、アイドルライブにありがちな長いVTRが挟まれることもない疾走感溢れるLIVEだった。

「夢アドはアイドル界の中でも屈指のビジュアルの良さがある」
「喋りだすと止まらないマシンガントークが面白い」

そんなイメージを抱いていた人も多いと思う。
けれども、今日の3人は可愛さよりもむしろ凛々しさ、格好良さが感じられた。

MCでちょっとおバカなトークをしたり、特典会でメチャメチャイジってくるメンバー達と、今日Zeppのステージに立っていた彼女達は本当に同一人物なのだろうか?と思ってしまうくらい気迫のこもったパフォーマンスだった。

20170219_13.jpg
20170219_14.jpg

東名阪ツアーを3人で決行することを英断した運営、
そして活動続行を願うファン(ユメトモ)の気持ちに彼女たちは見事に応えた。

全国各地、大小問わず様々なアイドルが乱立するアイドル戦国時代。

今日のLIVEで「夢アドはまだまだ戦えるんだ」ということを証明したと思う。

LIVE終演後、会場ロビーで知り合いのユメトモ達と会えたのでそれぞれ感想を聞いてみたのだけれども、皆が口をそろえて『良かった』と言っていた。

そして、地上に出たら数人の女の子達が泣いていたのを目にした。

それだけ感情に訴えるLIVEだったということだろう。

もしくは、メンバー3人がステージから掃けた後に流れた『小林れい復帰Coming Soon』のVTRの影響かもしれない。

3人でもこれだけのパフォーマンスが出来るのに、れいちゃんが復帰した夢アドはどれだけ凄みが増すのだろうか。

今後の夢アドが更に楽しみになった。

20170219_06.jpg

可鈴ちゃん、ゆうみん、京佳ちゃん。

今日は本当にお疲れ様。そして、幸せな時間をありがとう。

■爆音で聴く『アイドルレース』最高だった


Posted by りすお [RIS-O] on 19.2017   0 trackback

X JAPAN 来週のミュージックステーションに出演決定

Category : Music


X JAPANが2月24日の『ミュージックステーション』に出演決定

再結成後のX JAPANは年末特番であるMステスペシャルに出演したことはあったものの、1時間番組の通常のMステに出演するのはかなり久々であるはず。もしや20何年ぶり!?

20141226_04.jpg

果たしてどのような衣装と髪型で登場するのだろうか?

20141226_11.jpg

Mステスペシャルのときのような豪華演出は出来ないだろうけれども、
生放送でどんなパフォーマンスで魅せてくれるのか楽しみ。
(番組の構成上、生演奏ではなく当て振りだけど…)

Mステで演奏される楽曲はドキュメンタリー映画のテーマソングになっている『La Venus』(ラヴィーナス)

X JAPANのドキュメンタリー映画の公開は3月3日(金)

気づいたらあと半月くらいまで迫っていたのか…

YOSHIKIのソロコンサートでチラッと映像が使われていて、それを見ただけでウルっとしてしまったことを考えると、映画は号泣必至かな…。




Posted by りすお [RIS-O] on 17.2017   0 trackback

ヒゲ脱毛に興味津々

Category : Diary
突然だけどヒゲ脱毛したいなーと。

外国人や日本人でも濃い目の顔をしている人ならともかく、一般的にヒゲが似合う人って少数派だと思うんだよね。

それにヒゲがほとんど生えていない、もしくは薄い人は若く見える気がする。

見た目以外にもメリットがあって(むしろこちらの方が大きいかも)

毎朝、ヒゲを剃る手間・面倒くささから解放されるということ。

これは大きい。

もしヒゲが生えなかったからカミソリで肌荒れすることもなくなるし。

AKB48 小嶋陽菜が出演しているフジテレビ系『ハイ_ポール』内の1コーナー『神の間』にて…

20170216_01.jpg

ふとしたことから山田孝之のヒゲの話になり…

20170216_02.jpg

ウーマン村本がゴリラクリニックでヒゲ脱毛をしていることを告白

ウーマン村本:僕ヒゲ脱毛行ってるんですよ今・・・ヒゲ脱毛、ダメ?

こじはる:いや、いいんじゃないんですかね。

ウーマン村本:ゴリラクリックで。

こじはる:みんな行ってる!それ! (アンジャッシュ)児島さんも行ってますよね?

20170216_03.jpg

ゴリラクリックのHPにアクセスしてみたら本当に児嶋氏が掲載されていたw

自分のフォロワーさんはヒゲを含む全身脱毛に興味があり、値段がやや高めなゴリラクリニックではなくイセアクリニックに行く予定なのだとか。。。

デリケートな話題(?)だからなのか、それとも男性で脱毛しようと思う人が少数派だからなのか分からないけれど、自分の周囲で脱毛をしている人を見かけたことがない。

視力矯正施術であるレーシック経験者は結構いたんだけどな。。。

ちなみに僕は自分の周囲にレーシック成功者が5人以上現れたのを契機に、自分もレーシックを受けることに決めた。

レーシック施術から5年以上経過した今も両目の視力は1.2~1.5を維持している。
(レーシック施術前は両目ともに0.03くらいだった)

メガネやコンタクトのわずらわしさ・維持費から解放されて本当に良かったと思っている。

副作用といえば直射日光や横断歩道の白線がやや眩しく見えるくらいで、日常生活に差し障るほどではないし、オシャレついでにサングラスをかけていれば問題は全くない。


GAKCT氏は全身脱毛を行っているようで、ツルッツルの足をインスタにアップしていた。

ヒゲ脱毛に成功したら全身脱毛にまで行っちゃいそうで怖い…ヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 16.2017   0 trackback

Silent Siren ファンクラブイベント 第8弾 バレンタインスペシャルライブ

Category : LIVE
Silent Siren ファンクラブイベント 第8弾 バレンタインスペシャルライブに行ってきました(*・∀・)ノ

会場は恵比寿リキッドルーム

えっ、日本武道館や東京体育館クラスを埋めちゃうサイサイがリキッドルームでライブ!?

そうなのです、ファンクラブ限定ということで距離の近いライブハウスでのスペシャルライブなのですщ(゚Д゚щ)

リーダーのひなんちゅ(Drums)曰く、『もの凄く抽選の倍率が高かったライブ』なのだとか。

リキッドルームといえば、2年連続でサイサイがクリスマスライブを行ったゆかりのあるライブハウス

【参考リンク】
Silent Siren Live in X'mas ~また来たよ♡今年もちゃっかりクリスマス~
Silent Siren Live in X'mas ~聖☆ピンク☆night~

バレンタインライブと銘打って開催されたライブは今回が初めてだったのだけど、過去にクリスマスライブで何度か訪れていたこともあって初めてな感じはしなかった。

本日のFC限定公演はSOLD OUTとのことで、恵比寿リキッドルーム2Fのロビーはファンでパンパンに膨れ上がっていた。

20170214_01.jpg

入場時にバレンタインライブ限定のサイサイタオルが配布された。

おおぅ…タオル配布されること知らなくて、普通にグッズのタオル持ち込んでいたから2枚重ねだわ(汗

整理番号はあまりよくなかったけれど、しっかり視界が確保できる位置をキープすることができた。

当たり前だけどやっぱりライブハウスは距離が近い!!

武道館や東京体育館みたいな巨大な会場だと、どうしてもステージからの距離が遠めになっちゃうからね。



開演していよいよサイサイのメンバー達が登場!!

20170214_02.jpg

まさかの全員平野ノラ!!(笑)

なぜバレンタインに平野ノラ!?

予想の斜め上を行くコスプレに会場ザワザワw

セトリ1曲目はバブリーさを感じさせる(?)『Dance MusiQ』からスタート!

20170214_03.jpg

工藤静香風のひなんちゅ(Drums)
黒髪が似合っているあいにゃん(Bass)

この2人のバブリーな恰好は意外に違和感がなかった←

掛け声は『オッケー!バブリー♪』

ちなみにメンバー達が手に持っているバブル期の巨大な携帯電話は、テレ朝動画さんのお手製の段ボール携帯なのだとか。

すぅ:今日は久々のライブハウスだー!!

メンバー達は気合十分といった感じで素晴らしい歌&演奏だった。

サイサイコーナーではファンにアンケートを取ったり、ファンクラブイベント(ライブ)恒例の大抽選会も行われた。

レーベルを移籍しても、メンバーとファンの距離の近さは変わらないし、変えるつもりもないことが分かって安心した。

本日はバレンタイン当日のスペシャルライブ!!

ということで、曲名に『LOVE』がつく曲が立て続けに演奏された。

『LOVE FIGHTER』は年末ライブで演奏されなかったのだけど、本日のライブでは演奏されていた。



インディーズ時代の懐かしい楽曲を生で聴けたのは本当にレアだった。

その他、新曲を2曲も初披露するなど、ファンクラブ限定ならではの演出もあったり。
(新曲『Love Balloon』 『Days』)

そういえばロック好きから評価の高い『Limited』が演奏されたのも久々かな?

年末ライブのセトリも良かったけれど、今日のセットリストも良かった~ヽ(´ー`)ノ

新曲『フジヤマディスコ』はあいにゃんのベースが特にフィーチャーされていてカッコイイね。

20170214_04.jpg

ライブ終演後、出口にてサイサイからのバレンタインチョコのプレゼントを貰ったヾ(≧∀≦*)☆彡

20170214_05.jpg

終演後に行われたサイン会ではメンバー達に一言ずつ声をかけることができて良かったヽ(´ー`)ノ

メンバーのMCから察するに、今回のレーベル移籍は世界進出を視野に入れているようだ。

そのうちBABYMETALのように海外を飛び回ることになるのだろうか…!?

6月から開始される全国ツアーが待ち遠しいなー。



■サイレントサイレン (インディーズ曲) 『Loveのしるし』


Posted by りすお [RIS-O] on 14.2017   0 trackback

『「超」怖い話2』 完成披露試写スペシャル ~夢みるアドレセンス 主演映画~

Category : idol
『「超」怖い話2』完成披露試写スペシャルに行ってきました(*・∀・)ノ

20170212_03.jpg

昨年公開された映画『「超」怖い話」に夢アド リーダーの荻野可鈴が出演。

そして今回の『「超」怖い話2』には夢アドから荻野可鈴、志田友美、京佳、山田朱莉が出演することに。

監督は前作と同じく千葉誠二氏。

前作は1話完結のオムニバス形式だったのだけれども、今作はメンバー4人が映画の中でも友人同士という設定。

ただし、基本的に各メンバーそれぞれのストーリーとなっており、4章それぞれで超常現象(心霊現象)に巻き込まれて行く感じ。

本上映は今夏ということで基本的にネタバレNG

そんなこんなで内容には特に触れないのだけれども、思ったより本格的なホラーだった。

 ・京佳ちゃん血まみれ体当たり演技
 ・志田友美の特殊メイク(作中では別人だと思った)
 ・笑ってはいけない志田友美(?)

自分が特に気になったところは上記3か所かなー。

映画上演後、メンバー3人(荻野可鈴・志田友美・京佳)および千葉誠二監督によるトークショーが行われた。

通常、映画の完成披露試写会で行われるトークショーは5~10分程度で、後はマスコミによるフォトセッションになることが多いのだけど…

今回はトークショーの時間がたっぷりあって良かった。(20~30分近く?)

映画の裏話がたっぷり聴けたし、リーダー荻野可鈴ちゃんも「京佳血まみれ」と「笑ってはいけない志田友美」のシーンが気になっていたようで、やっぱり皆気になる点は一緒なんだなぁとヽ(´ー`)ノ

メンバー曰く、『私たちアイドルだからもうちょっと可愛らしい感じの映画になるのかと思ったら結構ガチで!』とのこと。

笑顔のシーンが全くといいほど出てこないからね。

例によって夢アドの3人は話が脱線しがちで、戦慄のホラー映画を見た後とは思えない面白いトークショーになった。
千葉誠二監督も『ホラー映画でこんなに面白いトークショーは初めて』と言っていたようなw

トークショーでは普段の夢アドのアイドル衣装とは対照的なゴシック風の衣装姿が見られて良かったヽ(´ー`)ノ










えっと…京佳ちゃんだけちょっと衣装のテイストが違うような(笑)

お胸の強調具合が凄まじい…最年少なのに(๑¯ω¯๑)


■特典会 2ショット写メ 志田友美

去り際にお褒めの言葉を貰えてご満悦(๑¯ω¯๑)

ファン1人1人を大切にしていることが伝わってきた。

20170212_01.jpg


■特典会 全員ショット写メ

京佳:自分のことカッコイイと思ってる!!

友美:(コートだけ)キムタクっぽい!

相変わらずメッチャイジってくるw

20170212_02.jpg

来週はいよいよ夢アド東名阪ツアーファイナル。

3人体制で臨むことになったZepp DiverCity Tokyoの大舞台。
果たしてどのようなステージになるのだろうか。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2017   0 trackback

夢みるアドレセンス 今夜はYUMEPARTY!~主役は志田友美(20)~

Category : idol
夢みるアドレセンス 今夜はYUMEPARTY!~主役は志田友美(20)~に行ってきました(*・∀・)ノ

20170211_01.jpg

会場は渋谷のSOUND MUSEUM VISION

初めていく会場(CLUB)だったけれど、SHIBUYA O-EASTの近くにこんな場所があったのか…と思った。

20170211_02.jpg
20170211_03.jpg
20170211_04.jpg

会場のところどころにチラシが貼ってあってなかなかの力の入れよう。



会場内は生誕イベント一色といった感じだった。

そう、今日(2/11)は”ゆうみん”の愛称で親しまれている志田友美の誕生日なのである。

誕生日が建国記念日だから生誕イベントが祝日に合わせられるのがイイね。

■夢みるアドレセンス アシスタントプロデューサーのつぶやき


小さい頃いたずらっ子の悪ガキだった志田友美がハタチか…と感慨深い(?)感想。

会場がCLUBだったこともあり、当然のことながら観客はオールスタンディング。

一体どのようなイベントになるのだろう?と思っていたのだけど、内容はフェスを意識したゆうみんのソロリサイタルといった感じだった。

・山田朱莉生誕イベント … イベント会場を貸り切ってパーティー風に
・荻野可鈴生誕イベント … トークショー&夢アドミニライブ
・京佳生誕イベント … アットホームな雰囲気を重視
・志田友美生誕イベント … 志田友美セレクトのカラオケ披露&20の質問コーナー

推しメン補正を抜きにしても、夢アドの各メンバーが最近行ってきた生誕祭の中で一番充実していたと思う。

MCにさわやか五郎さんを呼んでいて、テンポ良く進んでいったこともそう感じた一因だったのかもしれない。

開演前のオープニングアクトとして、DJ京佳によるDJパフォーマンスが行われた。
一生懸命会場を盛り上げようとしていた京佳ちゃん良かったなー。
テンション上がり過ぎて途中からマリンルックになって自慢のおっ○いを(ry

京佳:スタッフさんから「絶対に水着にならないでくださいね」と言われてたけど、テンション上がってやっちゃいました(笑)

20170211_06.jpg

今回の生誕イベントは「フェスをイメージした」とのこと。
CLUBの中であるにも関わらず本格的なラーメン屋「ゆうみん亭」が開店していてなかなかカオスな会場だったw




DJ京佳のコーナーが終わった後、いよいよ志田友美の登場!!



ヤヴァイ…これは可愛すぎる(*ノ▽ノ)

成人式のときはブルーの振袖姿だったが、今回の生誕イベントでは華やかな赤の振袖姿で登場した。

『成人式でゆうみんの振袖姿見られた地元の友人達羨ましいな…』と思っていたのだけれど、まさか実物をこの目で見られる日が来るとは!!

(参考)成人式の振袖姿
20170211_07.jpg

何曲か歌い上げた後、一旦お色直しして、後半戦へ…。

ハタチになったということで大人な雰囲気を感じさせる黒を基調としたセクシーな衣装で登場!!

日本人離れしたフィギュアのような体型に男女問わず観客から驚きの声が上がっていた。

20170211_10.jpg

ホントに足長いなw

20170211_09.jpg

さわやか五郎さんとの掛け合いも良かったし、「20の質問」も興味深い内容が多くて面白かった。

ゆうみんのイタズラ伝説。
知っている話も何個かあったけれど、○○が駆け付けた話とか初耳だったし色々スケールがデカすぎて笑ったw

小さい頃、学校や親に迷惑をかけまくっていた(?)子が、今はこうして立派になって多くの人を笑顔にしているのは何だか不思議な感じ。

小学6年生の時の恋愛エピソードなんかも飛び出してきたりして面白かったなー。

最後に豪華賞品を賭けた『一人「アイドルレース」歌唱ゲーム』
スタッフの誰もが失敗するであろうと思っていたのに、まさかの完唱!!
※『アイドルレース』は夢アド史上 No.1の早口ソング

豪華賞品=ゆうみん亭のラーメン (ラーメン二郎仕込み)


またこのパターンかよwww

※昨年夏に行われた『志田サマー新井サマー ラストライブ』のステージ上でもラーメンを食べていた

ここ1~2年で見た目も発言もグッと大人になったゆうみん。
けれどもフリーで喋り出すといつもの明るくポジティブな感じは変わっていなくて何だか安心したヽ(´ー`)ノ

■特典会(2ショット写メ会)
今日は志田友美ハタチの誕生日

・・・ということでハタチのポーズ(手で「20」を作る)を行っている人が多かった。

RIS-O:そいじゃ、皆やってるハタチのポーズやってよ(*・∀・)ノ

友美: ( ゚д゚) ヤダッ!!

R:(๑¯ω¯๑)

20170211_08.jpg

R:なぜだっ!! ことごとくポーズ指定を拒否されるのは何故なんだっっ!?

他のファンとは親しげに笑顔でハタチポーズをしていたのに…ツンデレだな!!

むしろデレ要素が全く無いぞ←

よし、死のう!(「東京タラレバ娘」風)

しかし、”これでこそ志田友美”という感じがすることも事実ヽ(´ー`)ノ



来月にリリースが予定されている夢みるアドレセンス5人体制の集大成となるベストアルバム『5』(ファイブ)

アイドルがベストアルバムをリリースするのは解散の前兆…なんていう不吉な噂が様々なところから聞こえてきていたのだけれども、今日の生誕イベントで(ハタチになって)『個人はもちろん、夢アドとしても、もっと上に行きたい』と力強く宣言していたから夢アドは今後も大丈夫だろう。

志田友美さん、ハタチのお誕生日おめでとう。

そして生誕イベントを盛り上げるために駆けつけてくれた京佳ちゃん、ありがとう。



Posted by りすお [RIS-O] on 11.2017   0 trackback

舞台「野良女」上演記念 「野良トーーーーーク」 ~佐津川愛美、芹那、沢井美優、深谷美歩、菊地美香~

Category : idol
舞台「野良女」上演記念 「野良トーーーーーク」に行ってきました(*・∀・)ノ

原作さながら泡盛片手に豪華キャストが赤裸々トーク

大ヒットドラマ「校閲ガール」の宮木あや子の人気小説「野良女」がついに舞台化。
佐津川愛美、芹那、沢井美優、深谷美歩、菊地美香の豪華キャストに加え、宮木あや子先生も登壇する豪華トークライブが開催される!

結婚?仕事?なんの為に生きている…?常に悩みがつきず、何事をするにも現実が重くのしかかってくる年齢を迎えたアラサー独身女子たち。行きつけの小汚い居酒屋で泡盛を飲みながら、今日もガールズトークに管を巻く。愚痴を言ったり自暴自棄な発言をしたりしながらも、心底にあるのは「幸せになるまで死ねませ ん!」ということ。そんなあがき続ける5人の女性たちの日常と葛藤を描いた大人気小説「野良女」が、豪華なキャストを迎えて、2017年4月ついに舞台化!今回、舞台化を記念して、キャストと演出家、そして原作の宮木あや子先生が繰り広げる豪華トークライブが開催されることが決定した!



20170209_01.jpg

主要キャストは佐津川愛美、芹那、沢井美優、深谷美歩、菊地美香の5人

舞台のストーリーはアラサー女が繰り広げるガールズトーク…!?
ということでキャストもアラサーが集まったこの舞台。
アラサーといっても奇麗どころが集結しているのでとても華やかだった。(しかもキャストは劇中衣装で登場)

このご時世、舞台で観客を集めるのは至難の業。
舞台を長年手掛けてきた老舗芸能事務所アトリエ・ダンカンの倒産は記憶に新しいところ。

そんな中、舞台公開前に行われることになったトークイベント。
平日の夜、しかも今日は雪。
果たして人は集まるのか?

…そんな心配は杞憂だった。

会場となったLoft9は、僕が到着したころにはほぼ満員で、一部立ち見客まで出ていた。

アイドル(SDN48)を卒業してから直接会える機会がめっきりと減った芹那に会える貴重なイベントということで、当時のヲタの参加率はなかなかだった。

女性キャスト5人による舞台(脚本家も女性)で、しかも戦隊モノやグラビア活動をしていた子もいるということで、オッサンしかいない現場だと思っていたけれど(失礼)、意外なことに女性も結構多かった。
モデル活動をしていたり、北川景子とともにセーラームーンの舞台に出演していた子もいて、その子がどうやら女子から絶大な支持を受けているようだった。

この辺りはラブホテルとSHIBUYA O-EASTなど有名なライブハウスばかりなのだけど、Loft9は”トークライブハウス”という珍しい形態だった。

20170209_02.jpg

今日のイベントは終演時間が21:30頃という長丁場のイベントであるため、アルコールやつまみなどを注文して知人とマッタリ飲み食いしながら参加していた。

面白いのはトークショーを行う脚本家と(芹那含む)キャストも普通にビールや日本酒を飲んでいるという…w

しかも、『お腹すいたー!』というキャストの声に応えて、ファンが「たこ焼き」や「焼きそば」をタレント宛てに注文し、タレントがお礼を言いながら食べるというゆるーいイベントw

48グループが最近よく活用しているShowroomで画面越しに東京タワー(1万円)をブン投げるよりも、こっちのほうがリーズナブルで満足度が高いんじゃないか…?というのは決して気のせいではないだろう。

司会進行はアラフォーの女性芸人だったが、各キャストの仕事歴などをよく勉強していた。
そんなこんなでトークショウ中に過去のお仕事の話になることも多く、アラサーになったにも関わらず戦隊モノの変身シーンをやることになったり、キャスト的には大変だったと思うけど(笑)

芹那に関してはSDN48時代のエピソードなんかも引き出してくれて、興味深い話を沢山聞くことができた。

キャストから(別の)キャストへの質問コーナー。

『芹那さんは自分の声を変えたい!と思ったことはありますか?』に会場爆笑。

芹那曰く・・・
・自分の声がそんなに変だと思ったことはなかった
・小学校3年生くらいでピーターパン(演劇)の主役をやったとき、隣のクラスの人が『変な声の人だ!』と言われたのだけど『なにいってるのこの人?』くらいにしか思ってなかった
・テレビに出させていただくようになってから、沢山の人にモノマネされるようになったけれど、まだ自分の声が特徴的とは思ってなかった
・気づいたのは自分(芹那)が家の自分の部屋で休んでいたとき、リビングから変な声が聞こえる!と思って…イヤな予感がしつつリビングを見に行ったら、それはテレビに出てる自分の声だった

会場全体が『えっ、そこで? 気づくの遅くね?』という空気になっていたのが面白かったヽ(´ー`)ノ

司会者の人からの『どんな人がタイプ?』という質問に対し、相変わらず芹那は答えられなかった。
きっと付き合ってきた人は年齢もタイプもバラバラだったのだろう。

さらに司会者が突っ込んだ質問をして、『では、どこからが好きな人なんでしょう?』という質問を投げかけ…

芹那:夢にその人が出てきたら?かな?

この答えには他のキャスト4人も『うんうん』と頷いていた。

19時開演で19時40分くらいまではプレスが入った真面目な(?)トークショウだったが、プレスが退場してキャストと司会、そしてファンのみになってから行われたトークショウの方はまるでガールズトークを覗き見しているようで面白かった。

結局、イベント自体は19時から22時半過ぎまで行われた。
およそ3時間半にもおよぶ長丁場のイベントだったけれど、あっという間だったなー。

最後キャストが一人づつ締めの挨拶をしていく中、芹那は『楽しかった!このイベントまたやりたい!』と言っていたのが印象的。

ユッケジャンクッパと焼きそば、たこ焼きがお気に入りだったらしく、料理をモグモグ食べる姿が見られたのはレアだった。

焼きそばを食べるのに夢中になっていて全然人の話を聞いてなかったのはウケたw


SDN48の同期で”まさみん”の愛称で親しまれていた河内麻沙美の結婚・出産を心からお祝いしていた芹那。

さぞかし結婚願望が高まっているのではないか?と思っていたけれど、『いつかは結婚したいけれど、普段生活していて結婚を意識することは全くない』と語っていた。
『バレンタインデーはもう来週ですよ?』という話になり、『えぇええええっ!?』と本気で驚いていたくらいだから、今はフリーなんだろうか。

年間400本近い番組に出演していた頃に稼いだ大金があって、頻繁にエステに通い、趣味のゴルフを楽しみ、おまけに料理の腕前もなかなかの芹那。

自身のスペックが高すぎる故に釣り合う男性はなかなかいないんだろうな…。
相手を選べる自由があると逆に選べなくなるジレンマってなんだか不思議。
Posted by りすお [RIS-O] on 09.2017   0 trackback

小嶋陽菜×峯岸みなみ出演 『コジハルタビ』 4週に渡って放送

Category : idol



こじはる、大親友・峯岸みなみとハワイへ卒業旅行! 「コジハルタビ」

アイドルグループ「AKB48」からの卒業を控えた小嶋陽菜が、大親友である峯岸みなみを連れて“卒業旅行”へ。テレビ東京では、この卒業旅行を追った「コジハルタビ」を2月6日(月)より全4回にわたって放送されることが分かった。

今月22日(水)にAKB48卒業コンサートを行う小嶋さん。第1期生としてグループを支えてきた彼女だが、卒業を控える中何を考え、何を決断しているのか? そんな彼女が卒業旅行に選んだ先は“ハワイ”。プライベートでも何度も足を運び、世界で一番好きな場所だと言うこのハワイで、今回小嶋さんは「AKB48」卒業後の“人生のヒント”を探していく。

(cinemacafe.netより抜粋)
http://www.cinemacafe.net/article/2017/02/02/46755.html


今春AKB48からの卒業を控えたこじはること小嶋陽菜、そして親友であり最後の1期生である峯岸みなみによるハワイ旅の模様がテレビ東京で4週に渡って放送される。

20170206_01.jpg

バラエティ慣れしている2人だけど、大物司会者やお笑い芸人抜きでアイドル2人を主軸に据えた番組を4週に渡って放送してくれるテレビ東京さん太っ腹だなーヽ(´ー`)ノ

20170206_02.jpg

こじはるはAKB48の世界に足を踏み入れるキッカケとなったメンバーだから、いまでもゆる~く応援してる。
写メ会には数回しか行ったことがないけれど、AKB48の劇場公演はかなりの回数観に行っていた。
※ひまわり組 1st、2nd、A4thリバイバル、A5th、A6th 等々

チームA 5th 『恋愛禁止条例』公演の途中あたりからAKB48がブレイクし始めて、急激に公演に当たりにくくなって…
そこから足が遠のいてしまったのだけれども、在宅ヲタとして『有吉AKB共和国』や『うまズキッ!』は欠かさず見ていた。

20170206_03.jpg

ハワイもこじはるも好きだから、この番組楽しみだわーo(´▽`*)/♪

まぁ旅の要素は薄そうだけどヽ(´ー`)ノ

普段ふわふわとした感じで中々本音を語らない小嶋さん。

ハワイのリラックスした雰囲気の中、親友のみぃちゃんと一緒なら貴重な話が聞けたりするのだろうか。



Posted by りすお [RIS-O] on 06.2017   0 trackback

sora tob sakana定期公演 ~月面の遊覧船~ 25匹目

Category : LIVE
sora tob sakana定期公演 ~月面の遊覧船~ 25匹目に行ってきました(*・∀・)ノ

20170205_01.jpg

会場はいつもの通り恵比寿Creato

sora tob sakanaの定期公演では毎回手荷物&身体検査があるので、なるべく身軽に、手ぶらで行くようにしているのだけど、今日は天気予報で午後から雨だったので仕方なく鞄に折りたたみ傘を入れて行った。

しかし、恵比寿で小雨がパラついていたくらいで、結局傘をさすことはなかった…。

日曜日の夜ということで、いつもより若干観客数は少なかったかな。

オサカナ(sora tob sakana)は昼公演の方が人が多いのかヽ(´ー`)ノ

まぁ大抵の社会人は日曜夜はゆっくり過ごしたいよね…。

そんなこんなでオールスタンディングの会場でありながら、適度にパーソナルスペースを確保することに成功。

整理番号はあまり良くなかったけれど、今日はオサカナちゃん達4人が良く見えた。

本日の定期公演ではVJ(背景映像)にメンバー達が描いた絵が使われているとのことで注目して見ていたのだけど…

メンバー最年長のリーダーなっちゃんの絵が一番幼稚でウケたw





それにしてもオサカナちゃん達は成長著しいね。

見た目的な話ではなく、歌唱力(生歌)面で。

今日に限って言えばMCも上手くなってきた気がする。
いつも大事故だから普通のレベルでマシと感じているだけかもしれないが…w

休日の定期公演はガッツリやってくれるからイイね!

しかし、今日はテンポが良かったこともあって体感的にはホントあっという間だったなー。

20170205_02.jpg

今後は定期公演に加えて対バンLIVEが目白押し。

オサカナはメジャーデビュー前の地下アイドルなので、守備範囲外の知らないアイドルと対バンすることが多い。

最近はアイドル界全体の曲のクオリティが上がっているので、こういう対バンライブにフラッと参戦してみるのも良いかもしれない。


Posted by りすお [RIS-O] on 05.2017   0 trackback

電子書籍ってどうなん?

Category : Diary
家の中をスッキリさせたいので、大抵のCDはネットワークオーディオとウォークマンに音楽を入れたら売り払うことにしている。

現在賃貸住まいで今後引っ越しすることを考えると、雑誌や書籍もかさばるので可能な限り減らしたい。

自分は読書家ではないのだけれども、年に10冊くらいは投資関連の書籍を買うし、雑誌に関しては毎月購入している。

比較的混雑した電車の中など、単行本または文庫本レベルの大きさならカバンから出し入れしやすいのだけれども、雑誌クラスの大きさになると出し入れするのがはばかられる。

そこで今後は電子書籍をメインにしようかなぁ…と考え中。

候補に挙がったのはAmazonのFire HD 8 タブレットとAppleのiPad mini4

両方とも8インチクラスの大きさで液晶がカラーであることは共通。
(モノクロはそもそも選択肢にない)

画面の見やすさでいえばiPadやiPad Airが候補に挙がってくるのだけれども、いかんせんアレは大きすぎる。

カフェならともかく最近電車内でデカいiPadを操作している人はあまり見かけない。
やっぱりあの大きさはスタイリッシュじゃないよね…。

重視しているのは画面の奇麗さ、目の疲れやすさ、重量、価格かなー。

そこで双方を比較してみることにした。

◆画面の綺麗さ
〇 iPad mini 4 … 2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi
△ Fire HD 8 タブレット … 1280 x 800ピクセル解像度

◆目の疲れやすさ (ネットでの評判から)
△ iPad mini 4
〇 Fire HD 8 タブレット

◆重量
〇 iPad mini 4 … 304g (Wi-Fi + Cellularモデル)
△ Fire HD 8 タブレット … 341g

◆価格
× iPad mini 4 … 5万円超
〇 Fire HD 8 タブレット … 12,980円 (Amazonプライム会員なら8,980円)

全体的にはiPad mini4の方が良いのだけど…

値段がたっけぇ(汗

以前、タブレット端末としてNEXUSを持っていたことがあったのだけれども、結局スマホばかり使っていたので結局売り払ってしまった。(当時は電子書籍を使っていなかった)

使ってみて『やっぱり紙媒体の雑誌のほうがいいや』となった場合、iPad mini4クラスの出費は痛い。
(リセールバリューがあるけれど)

別の観点では、将来メインで使っているスマホのMVNOへの移行を企んでいるので、格安SIMのスピードを体験してみたく、そういう意味でもiPad mini+格安SIMを試してみたかったのだけれども、価格差を考えるとやっぱりFire HDかなぁ…なんて思ってる。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない』を読んでから積極的にモノを売ったり捨てたりしているけれど、この本に書かれている通り後悔したことは無いな…。 どうしても必要なものは買い戻せば良いのだけれども、そう思ったことは1度もない。

部屋がすっきりすると気持ち良く過ごせるのでオススメ。

Posted by りすお [RIS-O] on 04.2017   0 trackback

ドラマ 『東京タラレバ娘』がオシャレ過ぎる

Category : TV


20170202_02.jpg
20170202_03.jpg
20170202_04.jpg





20170202_05.jpg
20170202_06.jpg



20170202_19.jpg
20170202_18.jpg



20170202_13.jpg
20170202_14.jpg
20170202_15.jpg
20170202_16.jpg








■オシャレ感が出過ぎて矛盾!?





20170202_07.jpg
20170202_08.jpg
20170202_09.jpg
20170202_10.jpg



20170202_11.jpg
20170202_12.jpg








Posted by りすお [RIS-O] on 02.2017   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend