投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~

Category : investment
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

9月は定期積立てで「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を3万円購入。

20160930_01.png
20160930_02.png

投資金額490,000円に対し、評価額は484,270円

投資金額に対する評価額はマイナス1.17%になりました。

20160930_03.png

貯金と変わらないじゃん!!

イラっとしてきた←

どうしても短期的な利益を求めたくなってしまう…
でも、そうやってリスクの高い取引をすると大損失を被るのがいつものパターンだから、こうした定期的な積み立てとアグレッシブな日本株取引の両輪で進めていかなきゃダメなんだよね…。

■ダウ平均 年足チャート


ダウ平均が10倍になるまで30年近くかかったわけで…
1~2年でリターンを求めてはいけないね。

長期投資はいつか報われるはず!!
日本株はバブル崩壊以降その壁を超えられないから例外だけど、外国株なら…

それはともかく、投信の情報もちょいちょいチェックしているのだけど…

最近は大和証券投資信託委託が9月から開始したiFreeシリーズという超低コストインデックスファンドに注目が集まっているようで。「ニッセイ外国株式インデックスファンド」よりも信託報酬が低いんだよなぁ…。

100万円の投資に対し、手数料が年間で2592円かかるか、2268円かかるかの違いなのだけど、まぁ自分みたいに投資資金が少ない投資家にはあまり意味はないかな。

アイドルの特典会を1回我慢する方がお金貯まるという事実(`・ω・´)

今月は結構残業したから来月は投資額増やせるかなー。
しかし日本株(個別株)投資もしたいし、趣味にもお金を使いたいし、悩む。。。
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2016   0 trackback

志田サマー新井サマー ~大納会2016~

Category : LIVE
志田サマー新井サマー ~大納会2016~に行ってきました(*・∀・)ノ

20160929_01.jpg

本当は9/17に新宿BLAZEで行われたLIVE『志田サマー新井サマー LAST LIVE 2016 ~あの日見たサマーを僕達は忘れない~』が最後のライブになるはずだった志田サマー新井サマー


夢みるアドレセンス 志田友美 /東京女子流 新井ひとみ

しかし、その後9/24に幕張メッセで行われる@JAM×ナタリー EXPOへの参加が決定。

これが本当に最後のライブなのかな…と思いきや!?

志田サマー新井サマーの強い要望により(?)AKIBAカルチャーズ劇場にて本当のファイナルライブを行うことが決定。

実は先月のワンマンライブ時点で決まっていたっぽいけれども…w
(新井サマーがMCで志田サマーに『まとめ的なライブがあるから9/17で最後じゃなくなった』と漏らしていた)

20160929_02.jpg

後ろの巨大ディスプレイにも『大納会 2016』の文字が



■LIVE開演
衣装は1stシングル『灼熱サマー』のノースリーブ&ジレだった。
この衣装も今日で見納めか…

■セットリスト
1.GO GOサマー
2.今夜は午前サマー
~MC~
3.灼熱サマー ~SUMMER KING × SUMMER QUEEN~
4.あんなに好きだったサマー
~締めのMC~
~アンコール~
EC1.GO GOサマー
EC2.灼熱サマー ~SUMMER KING × SUMMER QUEEN~
~最後の挨拶~

■衣装
1stシングル『灼熱サマー』衣装
アンコール以降は花火Tシャツ+ハッピ姿

冒頭はいつも通り元気な感じでスタート。
自分は例によって志田サマー側の席に座っていたので、新井サマーの方は若干距離があったのだけど、一説によると冒頭から目が潤んでいたのだとか。

MCは志田サマー新井サマーの2人のみで進行。
本日は(過去のライブで司会を務めていた)芸人のさわやか五郎さんは来ていないとのこと。

志田:事故る感満載ですけれども (観客w

AKIBAカルチャーズ劇場は夢みるアドレセンスのホームともいえる会場であり、年齢的に1個上ということもあって志田友美が進行を務める形でMCが行われていった。
おっとり系の新井ひとみをリードする形でお姉さんとして気を使っている姿が見られたのは貴重だったなー。

9/17の新宿BLAZEのライブで夢アドのリーダー荻野可鈴がこのように言っていたのを思い出した。

荻野可鈴:ひっと(新井ひとみ)と一緒にいるときの友美はちょっと違うよね!

荻野:(夢アドで自由奔放に振舞っている時とは違い)ちゃんとお姉さんしてるし、出来るんだーみたいな。

MCのトークテーマや内容などは女子流さんのファンの方のブログが分かりやすくまとめてくれていたので、そちらを参照してください←
蕎麦氏 志田サマー新井サマー「〜大納会2016〜」
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2016/09/2016-8305.html


3曲目の『灼熱サマー』あたりまでは2人も笑顔で楽しそうに振舞っていたのだけれども、バラード曲『あんなに好きだったサマー』では2人も明らかに目が潤んでいた。

その後に行われた締めの挨拶では、いつも元気一杯天真爛漫な志田友美が今までに見せたことのないような寂しげな表情をし始め… いつもMCでは観客を見渡しながら喋るのに、目線を下に落として涙をぐっと堪えているような仕草を見せていた。

『今日で本当に志田サマー新井サマーは終わるんだな』と実感した瞬間だった。

最初のMCでは『今日で終わっちゃう実感が無い』と話していた志田サマー新井サマーの2人。
しかし、締めのMCでは徐々にその実感が沸いてきたに違いない。

アンコール後、花火Tシャツ+ハッピ姿で再登場。

『最後は湿っぽい空気で終われないでしょ!』ということでアンコールは盛り上がる曲を2曲立て続けに披露していた。
※『GO GOサマー』 『灼熱サマー』

志田友美も新井ひとみも今夏のユニット活動を振り返って、『志田サマー新井サマーで相手から沢山刺激をもらった。色々勉強になった』と語っていた。

普段の新井ひとみさん(女子流としての新井ひとみさん)のことはよく知らないので、志田友美に関して感じたことを書かせてもらうと、今夏のユニット活動を通して歌やパフォーマンス面ではもちろんのことだが、人として内面的にも成長出来たのではないかと思う。

いざとなればリーダーシップを取ることもできるし、お姉さんとして相方(新井ひとみ)に気を遣うシーンも多々見られた。
例えば、夢みるアドレセンスのイベントの後に志田サマー新井サマーのライブ・イベントが行われる時は、どうしても夢アドのファン(志田友美のファン)の数の方が多くなる傾向にあったわけで、そういった点で居心地が悪くならないよう色々気遣いしていたと思う。

寂しかったら泣いてもいいのに、目を潤ませながら堪えるところが”志田友美らしさ”なのかな…とも思った。

ラストライブ終了後、志田サマー新井サマーの2人は一旦ステージ裏に掃けたのだが、
その後なかなか特典会が始まらなかった。

特典会は握手会からスタート。

握手会開始前に踊るような仕草で元気アピールをしていた志田サマーだったが…

(夢アド@アシスタントプロデューサー)たけべ氏:ああやってるときの志田サマーはカラ元気ですからね。さっき裏でメソメソしてました。

…バレバレやん( ̄∇ ̄)

握手会が始まってからはファンとの交流を楽しんでいるようで二人とも笑顔に戻っていた。

自分は2ショット写メ会と3S写メ会に参加。

RIS-O:志田サマー新井サマー終わっちゃったね、、、

志田:また夢アドで会えるじゃん♪

そんなにシリアスに言ったつもりはなかったのだけど、逆に励まされてしまった。

こんな真面目なゆうみんが見られるのは珍しい←

20160929_03.jpg




■2枚目
R:(ネタで)ラストライブ終わっちゃったから”泣きポーズ”で!!

志田:うん!分かった!!


パシャ


志田:ねぇねぇ、(写メ)見てみて!

志田:私メッチャ泣いてるでしょ!?( ̄∇ ̄)


20160929_04.jpg

R:オイ!! (乂Д´)

絶対やると思ったw


■新井ひとみ
20160929_05.jpg

ユニット活動で色々楽しませてもらったので、そのお礼と、東京女子流さんのLIVE格好良かった!みたいな感想を伝えた。

ポーズは個人的にお気に入りのテヘペロっぽいやつ←

20160929_06.jpg

志田サマーも新井サマーも『来年もまた志田サマー新井サマーやりたい! ファンの皆さんも応援してください』と言っていたので、期待しているぞ(`・ω・´)










Posted by りすお [RIS-O] on 29.2016   1 trackback

@JAM×ナタリー EXPO 2016

Category : LIVE
@JAM×ナタリー EXPO 2016に行ってきました(*・∀・)ノ

仕事が立て込んでいたので日曜日のみ参加

とりあえず志田サマー新井サマーと夢アドが見られればいいや~という、ゆるーい感じで参加。

会場間の移動が想像以上にスムーズに出来たので、想定より多くのステージ(アイドル)を見ることが出来た。

・わーすた
・夢みるアドレセンス
・東京パフォーマンスドール
・妄想キャリブレーション
・W media スペシャルファッションショー (山田朱莉、一之瀬みか等)
・志田サマー新井サマー
・つりビット
・Dorothy Little Happy
・東京女子流
・BiSH
・ときめき♡宣伝部
・コラボステージ (PASSPO☆×ベイビーレイズJAPAN、 わーすた×つりビット)

中には途中からしか見られなかったアイドルもいるけれど、
まさかこれだけのアイドルのステージを見られるとは思わなかった。

会場間を1~2分で移動できたのが大きかったなぁ。

会場内はほどよく混んでいて、ガラガラではなかったのだけど…
強引な割り込み無しで3列目くらいまでは行けるし、お目当てのアイドルの前のステージから見ていれば、転換の時に最前列まで行くことも出来た。
なんだかんだで結構良い位置で見られた気がする。

一般エリアとは隔離された¥40,000のVIPエリアの優遇ぶりは凄かったけれどw
まぁ4万円ならあれくらいじゃないと…ね。

もっとギュウギュウだと思っていたけど、割と前列まで行けたことを思えばVIPエリアを無理して取らなくて結果的に正解だったと思う。一説によると金で雇われた最前管理のヲタがいたとか言われてるけど、自分が見た限りではVIPエリアはガラガラで移動し放題だったような…。
(最前管理ヲタの)お目当てのアイドルのステージが終わっていただけかもしれないけれど。

各アイドルステージの合間に特典会に参加。

・夢みるアドレセンス特典会

■山田朱莉
20160925_01.jpg

この後に行われるファッションショーのためにモデルメイクにしていたあかりん。
珍しかったので思わず写メってしまった(๑¯ω¯๑)

ファッションショーのステージでは高身長&長い脚でひときわ目立っていたε٩(º∀º)۶з

そして一ノ瀬みかちゃん可愛かった←



・わーすた握手会 ⇒ 失敗(時間制限)


・SUPER☆GiRLS握手会 (浅川梨奈、みやり等)
RIS-O:(元アイドリング!!!)『菊地亜美の1am9』聴いたのだけど、そろそろスパガ卒業しちゃうの?(T_T)
浅川:あれは(あみみが)勝手に言ってるだけだから!!(笑)
R:でも個人仕事9割、グループ仕事1割って…w
浅川:(^ω^;)(;^ω^)


・志田サマー新井サマー特典会
20160925_05.jpg

まさかの2曲だけの披露だったので「2のサイン」






特典会会場をうろついていたら、突然声をかけられた。

そこには先日としまえんで行われた泡パーティで見事に風邪をひき、
YUMELIVE JAPANを泣く泣く欠席したS氏の姿が!!

■泡パーティの様子
20160925_10.jpg

風邪でダウンしているのかと思っていたが、夢アド特典会に参加するためこの日までに気合いで治した様子。

S氏:どうしても伝えたいことがあるんだ。

小田和正風のセリフが決まっててカッコイイ!!

ちなみにS氏は幕張滞在時間2時間だったらしい。
高額チケットなのに…凄いなー。



ルックスに定評がある「わーすた」のステージ。
衣装も振り付けも可愛くて非常に見栄えが良かった。
どうやら夢アドと兼ヲタしている人が多いらしいヽ(´ー`)ノ

その他のアイドルは…
ブレイクするかどうかは置いておいて←
曲を聴いていて『いいな』と思っていたアイドルを中心に回っていた感じ。

■sora tob sakana
 『ロック好きな方は是非!』と宣伝されているけれど、バリバリのロックというより”オシャレなROCK”といった感じ。
 ピアノの旋律が綺麗だからかな…?
 メンバー達の年齢が若いからなのか、Vocalはまだまだ発展途上といった感じ。
 彼女たちが成長して歌声が安定してきたら更に良い感じになりそう。 
 楽曲はメチャメチャ良いのだが、MVのチープさが残念、、、




■妄想キャリブレーション
 メジャーデビュー以降、突然EDM路線になったことで既存のファンが激おこ
 しかしインディーズ時代を知らない自分からすると、『ちちんぷいぷい』はダンサブルでカッコイイし、良い楽曲だと思うんだけどなー。




■Dorothy Little Happy
 もうベテランの域だし、アイドルファンの間で楽曲の良さには定評があるので改めて説明するまでもないだろう。
 『The best of Dorothy Little Happy 2010-2015』は捨て曲が無い名曲揃いのベスト盤だと思う。




■つりビット
 ポップス寄りだけど耳馴染みの良いキャッチーな曲が多くて良いと思う。


そんなこんなで以前からちょっと気になっていたアイドルの生のステージを見ることが出来て良かった。


Posted by りすお [RIS-O] on 25.2016   0 trackback

YUMELIVE!JAPAN Vol.1 ~夢みるアドレセンス定期公演~

Category : LIVE
夢みるアドレセンスの定期公演 YUMELIVE!JAPAN Vol.1に行ってきました(*・∀・)ノ

会場は渋谷WWW

オールスタンディングのライブハウスながら高低差があるため、比較的見やすい会場。

過去2年ほど夢アドの定期公演YUMELIVE!はAKIBAカルチャーズ劇場で行われていたのだけど、最近の定期公演はソールドアウト続出。有料会員でも整理番号が限りなく後ろの方になるという事態が生じていたので、次のステップとして更に広い会場へと場所を移すことになったわけです。

YUMELIVE!は隔週木曜日公演で、大体月に2回~3回の公演だった。
一方、YUMELIVE! JAPANは月イチ公演となり、回数自体が減ってしまった。

メンバー個々の活動が活発化してきたり、他のイベント・対バンに出演する機会が増えてきたので、メンバー全員を隔週木曜日に招集するのが難しくなってきたのかもしれない。

渋谷はライブがある時くらいしか行かないのでアウェイ感が凄い。

地方民からすると秋葉原も相当だけれども、渋谷はとにかく人が多すぎる。
道が狭いから余計にそう感じるのかもしれない。

距離的には駅からさほど歩くわけではないけれど、トロトロ歩いている人が多いから会場に辿り着くまでに余計に時間がかかっている気がするなぁ…。

今日の公演は会社から定時ダッシュで駆け付けたのだけれども、既に入場が始まっていた。
AKIBAカルチャーズ劇場なら間に合っていたのだが…

ライブハウスなのに大きな荷物を持ち込んでいる人が多くて驚いた。

近くにいたスタッフ達も『みんな荷物持ち込んできちゃってるから…』と困惑した話しぶりだった。

結局、会場下手後方のエリアも開放してなんとか観客を会場内に入れることが出来た。

とはいえ、過去にLIVEで渋谷WWWを訪れたときは(関係者席が広かったせいか)もっとギュウギュウだったから、渋谷WWWのキャパ限界までチケットを出していたわけでもなさそう。

それとも、先日の泡パーティで歴戦の猛者たちが軒並み風邪をひいていたから、
今日のLIVEを欠席している人も多かったのかな…(笑)

■泡パーティーで風邪をひいた人達の様子



■トピックス
・女性限定エリアは中段の下手側にあった
・「YUMELIVE! JAPANのポーズ」をメンバー達がひたすら推していた
・YUMELIVE!と比較して曲数が増えた
・『キャンディちゃん』など懐かしい曲も入っていた
・曲中にメンバー達が交代でステージ袖に引っ込んで早着替えして出てきた
・ダンスショーのような演出もあった
・MC中にBGMがかかっていた(前回の東名阪ツアーと同様の演出)
・メジャー1stアルバム リリース無期限延期が発表された(原因はメンバー小林れいの喉の不調)
・アルバムは無理だがシングルなら医者のOKが出た(?)
・今冬シングル3連続リリース決定
・2017年1月に東名阪ツアー決定 (会場は前回のツアーと一緒、すべて土日)

■セットリスト
1 Viva! シャングリラ
2 ステルス部会25:00
3 リーダーシップ
4 涙が出るくらい 伝えたい想い
5 サマーヌードアドレセンス
6 ひまわりハート
7 くらっちゅサマー
8 Love for You
9 キャンディちゃん
10 ファンタスティックパレード
~アンコール~
11 おしえてシュレディンガー
12 舞いジェネ!

■衣装
『舞いジェネ!』衣装 ~ Zepp DiverCity Tokyoで披露したお姫様風衣装

20160923_01.jpg
20160923_02.jpg

YUMELIVE! JAPANのポーズ

指の形が「J」を表しているそうな。

発音は『じゃっぱ~ん!』(?)

リーダー荻野可鈴のドヤ顔が凄かったw

結成当初から行っている最後の挨拶『バイ夢~♪』よりも流行ったりして←

ちなみに「バイ夢」に関しては『流行るまでやりますっ!!』(by 荻野可鈴)

今日の公演については、ライブパフォーマンスだけでなくMCまでガッチリパッケージ化された台本通りの公演という感じだった。
メルパルクホールで行われた昼・夜2回のワンマンライブでMCが全く一緒だったときのような、ちょっとした違和感を感じた。
色々発表があったから仕方がないとはいえ、普段のYUMELIVE!みたいな肩の力が抜けた自由なMCも聴きたかったところ。

渋谷WWWはオールスタンディングのライブハウスだから仕方がないけれど、やっぱりカルチャーズ劇場の方が見やすいね。
カルチャーズなら基本座りだからよほど座高の高い人が来ない限りメンバー達の姿をじっくり見ることが出来るけれど、オールスタンディングで身長180cm超の高身長ヲタが各段の最前列にいたりするともうね…。

照明や音響もカルチャーズ劇場の方がしっかりしてる。
渋谷WWWも比較的新しいライブハウスだけど、コンクリート打ちっぱなしの壁とか…
どうしても地下アイドル感が漂ってしまう…。

ただ、YUMELIVE! JAPANになって曲数が増えたし、メジャーデビュー前の曲もやるようになって盛り上がりやすくなったことは確か。カルチャーズ劇場(YUMELIVE!)で座り席ではなく敢えて立見席を選んでいた人はYUMELIVE! JAPANになっても楽しめたんじゃないかな。



ライブレポと発表内容は上記記事を参照

アルバム発売の無期限延期発表の時、小林れいちゃんの目には涙が…。

アルバムリリースは×でシングルのリリースはOKというのは謎理論だがw
アルバムに収録予定だった新曲(収録済み)からシングルカットしていくのだろうか。

こうなるとメジャー1stアルバムはいきなりベストアルバムになってしまう予感。
2枚組ならアルバム曲が入る余地はありそうだけど…

20160923_04.jpg

m9っ`Д´) アルバム発売延期に3枚返しだ!!

これって半沢直樹!?Σ(・ω・ノ)ノ!

CDリリースイベントにすべて参加しているような精鋭達は男女問わずお金持ってる印象を受けるけれど、実際、3枚連続リリースに耐えられるユメトモ(ファン)はどれくらいいるのだろうか…。

というのも、今夏、夢アドの新曲『Love for You』と、志田サマー新井サマー(志田友美参加のユニット)のCDリリースが比較的近かったこともあり、志田サマー新井サマーのイベントにあまり人が集まらないこともあったからだ。

志田サマー新井サマーのCDリリースイベントでは、新井サマー(東京女子流@新井ひとみ)のファンの方が圧倒的に多い回もあったりした。一応、志田友美はリーダー荻野可鈴と人気を二分するエース的な存在なのだけど…

かくいう自分も金欠なので例のハイタッチ会はスルーして帰宅した。
聞くところによると(ハイタッチ会なので)秒単位の接触だったらしい。

YUMELIVE! JAPANが月イチ公演になって会える機会が減ってしまうのかな…と心配していたけれど、シングル3枚連続リリースがあるのでどうやらその心配はなさそうだ。

しかし、その前に資金が尽きてしまいそうなので、手持ちの銘柄がストップ高になってくれないかなぁ…なんて妄想してしまうのであった。

Posted by りすお [RIS-O] on 23.2016   0 trackback

【悲報】 夢みるアドレセンス ついにハイタッチ2000円時代に突入

Category : idol




20160922_01.jpg















20160922_02.jpg










Posted by りすお [RIS-O] on 22.2016   0 trackback

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- BLACK NIGHT

Category : LIVE
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- BLACK NIGHTに行ってきました(*・∀・)ノ

仕事が立て込んでいたので、昨日も今日も仕事に行ってからドーム公演参戦(泣

この日は首都圏に台風が上陸する日で、ドーム公演中にまさに台風が通り過ぎる予報になっていた。

嵐を呼ぶメタルアイドル、それがBABYMETAL(違

多くのフォロワーさんが東京ドームに集結していたので、挨拶したかったのだけど…
大雨&風&人多すぎでとてもじゃないけれど会える状況じゃなかった…。残念。



2日目のLIVEは5分遅れで開演。

昨日と比較すると入場が比較的スムーズに行ったからかな?
そもそも昨日は開場時間から押していたみたいだけど…。

昨日同様、KOBAMETALの説明VTRからライブがスタート!

やはりセットリストの最初は『BABYMETAL DEATH』から始まるのがすんなり来るね。

東京ドームという大舞台で堂々としたパフォーマンスを魅せる彼女達を見て、涙腺が何度も緩んだ。

初期の頃はTokyo Idol Festivalの小さいステージでパフォーマンスしていた彼女達が、今、東京ドームのセンターに立っている。

そもそも当初BABYMETALが口パクのダンスユニットだったことを知っている人は何人いるのだろう?

その後、SHIBUYA O-EASTワンマンライブから徐々に生歌比率を増やし始め…

Zepp DiverCity Tokyoで行われたLIVE『五月革命』にて完全生歌パフォーマンスを披露。

わずか45分という前代未聞のワンマンライブだったけれど、初の全編生歌+バンドライブということもあり不思議と満足度は高かった。

20160920_01.jpg
© Taku Fujii/MIYAAKI Shingo

NHKホールでワンマンライブを行っていた頃は、3階席のチケットが500円でオークションに出品されていたのに、今や東京ドームをSOLD OUTさせているんだもんなぁ…。本当に感慨深いものがある。

20160920_02.jpg

アリーナは勿論、外野席までビッシリと埋まった東京ドーム。

20160920_03.jpg

この2日間で11万人もの人々がBABYMETALを見にドームに集結しているという事実。

20160920_04.jpg

セットリストは昨日よりも1曲少ない12曲だった。

場面転換&メンバーの移動時間を稼ぐために昨日よりVTRが多めだった。
そして、曲の間奏で行われるコール&レスポンスも長めだった。

『ヘドバンギャー!!』でヘドバンしているとき、中央の360度円形モニターに度々ファンのオッサンが映し出されていたんだけど、その表情があまりに幸せそうで笑っちゃったよね(笑)

VTRが多めでコール&レスポンスが長かったせいか、個人的には昨日よりも若干間延びした感のあるライブだった。

自分とほぼ同じ時期から参戦している知人も同様の感想だったけれど…
他のフォロワーさんは1日目よりも2日目のLIVEの方が良かったと言っていたなー。

20160920_05.jpg

そうそう! 東京ドーム仕様の特注衣装が素晴らしかった!!

今までのBABYMETALの衣装の中で一番好き。

特に2日目の衣装は赤黒で「これぞBABYMETAL!」といった感じの衣装だったし、ラメがキラキラしていて綺麗だったなー。

昨日の公演タイトルが『RED NIGHT』で今日の公演タイトルが『BLACK NIGHT』だったわけだが…

衣装の色を見ると『今日がRED NIGHTだったんじゃね?』とつぶやいている人が多かったw

しかも、今日のセットリストの中に『紅月~アカツキ~』が入っていたし、どう見ても昨日より今日の方がRED NIGHTだよなぁなんて思ったり。



LIVEの模様はこんな感じ。

中央の円形ディスプレイを見るシーンも多く、”カメラワーク命”みたいなところがあったな…。

今後Blu-ray/DVDとして映像化されると思うけど、まずはその前にWOWOWで放送があるはずだから、それを楽しみに待っていよう。

自分の拙い文章力ではこの2日間のLIVEの熱量を伝えきれないので、レポに関しては優秀な記者やブロガーの感想を見てほしい。

例えばこちらのブログとか。

BABYMETAL東京ドームの興奮と、曖昧な不安

BABYMETALの、そして日本のライブの一つの完成形を見たように思う。もっとも、言葉を選ばず言うと、同ユニットと日本のライブの限界を見てしまったようにも感じた。これ以上、何をするというのだろう。



これは言い得て妙だと思う。

『BABYMETAL東京ドーム公演の完成度があまりに高すぎて、これ以上何をすればいいのか分からない。』と言っているからだ。

他のバンドやアイドルはともかく、BABYMETALならその壁をも乗り越えていけると信じてる。

あと、簡潔な文章でBABYMETALの魅力を十分に伝えているブログを書いているなーと思ったのは、アイドルグループ℃-uteの鈴木愛理さん。

♡BABYMETAL(あいり)

”BABYMETAL愛”が伝わってくる内容でイイネ!!

本格的に海外進出を果たす直前に行われた日本武道館公演
そして国内最大規模の会場で行われた今回の東京ドーム公演。

BABYMETALの節目のLIVEに立ち会うことが出来て本当に幸せだった。



20160920_06.jpg

帰りに以前から一緒にBABYMETALのLIVEに参戦している知人とお好み焼き屋さんに行ったら、店先にペッパー君が!!

20160920_07.jpg

この日は台風直撃ということもあり、店が空いていて快適だった。

BABYMETALはこれからまたフェスやツアーで海外を周っていくのだろうけれども、観光も兼ねて海外公演にも行ってみたいなぁなんて思った。

Posted by りすお [RIS-O] on 20.2016   0 trackback

BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT

Category : LIVE
BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHTに行ってきました(*・∀・)ノ

20160919_01.jpg

20160919_02.jpg

この日は台風の影響であいにくの空模様

会場周辺は人と傘で溢れていた。。。

20160919_03.jpg

今日明日が屋内ライブで本当に良かったと思う。

20160919_04.jpg

メジャーデビュー前からずっと見てきた彼女達がついに東京ドームの大舞台へ…。

20160919_05.jpg

ツアーTシャツとリストバンドを装着して、参戦準備完了!!



ツアーファイナル東京ドーム公演は、アリーナ・スタンドを含めすべて指定席制だった。

全席指定はNHKホールの聖誕祭LIVE以来かな?

【参考リンク】
BABYMETALワンマンライブ LEGEND "1999" YUIMETAL & MOAMETAL聖誕祭

ワンマン、FC限定LIVE、フェスを含めオールスタンディングばかりだったから逆に新鮮。

顔認証を終えた直後、入場時にスタッフから発光型コルセットが配布された。

どうやらTHE ONEシート(FC限定シート)のアリーナの観客だけではなく、スタンド席の客にも配られていたらしい。

ドーム公演2日間で11万人が来場していたらしいので、11万個用意していたのか…凄いな。

裏にカッコイイロゴ(絵柄と文字)が記載されていたので、最初はそちら側が表だと思っていたのだけど…



思いっきり逆だったwww

間違えている人があまりに多いからなのか、LIVE開演前に運営が急いで告知を出すという…w

最近流行りの発光型LEDリストバンドではなく、なぜコルセットなのか?については改めて説明するまでもないと思うが、BABYMETALはユニット結成当初からX JAPANを意識した演出を行っており、ドラム演奏時のYOSHIKIがコルセットをしていることに由来している。

客席に足を踏み入れた瞬間!!

『うぉお! センターステージじゃん!』と感動してしまった。

センターステージ構成は日本武道館公演以来だから懐かしかったなぁ。

BABYMETALの過去のワンマンライブの中で一番印象に残っているのが日本武道館公演だったから、このセンターステージ構成は嬉しかった。

【参考リンク】
BABYMETAL 日本武道館ワンマンライブ!! 「赤い夜 LEGEND 巨大コルセット祭り〜天下一メタル武道会〜」
BABYMETAL 日本武道館ワンマンライブ!! 「黒い夜 LEGEND "DOOMSDAY" ~召喚の儀~」

日本武道館はロックバンドの登竜門として有名だけれども、実際はお金さえ出せば誰でもコンサート出来てしまうし、ガラガラの客席でも『日本武道館公演を成功させたバンド/アイドル』なんて宣伝に使われることもあった。

正直、NHKホール(3500人クラス)から一足飛びに日本武道館(8000人クラス…しかも2days)に行くのは無理じゃないか?と思っていたのだが…



彼女達は見事に2日間ともソールドアウトさせたのである。

”世間がBABYMETALを放っておけなくなった”のもこの頃からだった気がするな…

20140408_02.jpg
BABYMETAL@日本武道館公演

当時、日本武道館公演の舞台装置も凝っていて凄いと思ったけれど、東京ドームのそれは更にグレードアップしていた。

20160919_09.jpg
※場内撮影禁止だったのでネットから拝借

巨大な円柱型ステージ!!

しかも360度死角のない曲面型ディスプレイが取り付けられていて、アリーナ席・スタンド席どこからでも楽しめるようになっていた。

20~30分押しでいよいよLIVEスタート!!

プロデューサーのKOBAMETALから『MCも無ければアンコールも無い』ノンストップライブであることが告知され、更に『アルバム「BABYMETAL」(1st)と「METAL RESISTANCE」(2nd)からすべての楽曲が披露される』ことが発表された。
さらに驚いたことに『一度奏でた調べは二度と奏でることはできない』と発言し、ドーム公演初日と2日目は全て違うセットリストになることが発表され、驚きを隠せない観客たちの歓声が凄かった。

20160919_10.jpg
© Taku Fujii/MIYAAKI Shingo

LIVEの素晴らしさ・クオリティの高さは文字では伝えられないほど。

屋内コンサートであんなに高い火柱が上がるのも初めて見たし、スタンド席にいた知人達まで「炎の熱が届いた」と言ってたから、ステージ内にいたBABYMETALと神バンドのメンバーは相当暑かったんだろうなぁ。

5万5千人の熱量も凄まじかった。

武道館公演のときと同じく、円型のステージの外周はぐるぐる回る仕掛けになっていて、曲中に360度ぐるりとBABYMETALの3人が回っていくような曲もあった。

個人的に最も好きな演出&ダンスになっていたのが1stアルバムに収録されている『Catch me if you can』かな。



メンバー達が鬼ごっこで走るポーズをしながら360度ぐるぐる回っていく姿がとてもチャーミングだった。

更に、BABYMETALのメンバーが裏側にいる間、円の内周にいた”神バンド”が逆側に来るようになっていたりして、凄く工夫されていた。言葉では説明しずらいけれども、円型ステージの外周と内周が逆回りに動いたり、エレベーターで装置の頂上まで行ったメンバー達がそこでパフォーマンスすることも度々あって…
とにかくスケールのデカい凄まじい舞台装置だった…w

センターステージ構成ということもあり、四方八方から飛んでくる照明やレーザー光線による演出も凄かったなぁ。
こればかりはライブビューイングやBlu-ray/DVDでは味わえない独特の雰囲気・臨場感があると思う。

20160919_11.jpg

2ndアルバムに収録されている『シンコペーション』

生で聴いたのは今日が初めてだったけれども、鳥肌が立つほど格好良かった!!

普通のアーティストであれば、アルバム発売→アルバム曲を引っ提げて回るツアーという流れになると思うのだけど、BABYMETALは2ndアルバムの曲の一部しか公開してこなかったので、実は国内で初披露される2ndアルバムの曲も結構あったんじゃないかと思う。

およそ80分のノンストップライブは無事に終演。



メタル色の強いセットリストで、自分好みだった。
2ndアルバムの曲が多かったなーという印象。

20160919_06.jpg
20160919_07.jpg

さらば東京ドーム!!



終演後、フォロワーさんと合流して新大久保の焼肉IWAで打ち上げ

20160919_08.jpg
TRILOGY!!

BABYMETALツアーTシャツを着て焼肉IWAに入ったら、BABYMETAL好きのおじさんに『ライブ行ってきたんですか!! 自分初日のチケット取れなかったんですよー!』と話しかけられたw

自分以外の2人はBABYMETALのLIVE初参戦だったらしいけれど、楽しんでくれたようで良かった。

バンド生演奏ライブは久しぶりだったらしく、改めてバンド演奏の良さに気づいたのだとか。

20160919_13.jpg
20160919_14.jpg

この感動を思わず誰かと共有したくなるような東京ドームライブだった。

20160919_15.jpg

Posted by りすお [RIS-O] on 19.2016   0 trackback

GEM Live Mixture 2016 ~4th STAGE~ vol.6ct & vol.7ct

Category : LIVE
GEM Live Mixture 2016 ~4th STAGE~ vol.6ct & vol.7ctに行ってきました(*・∀・)ノ

この日は朝9時からTOHOシネマズ日本橋で『君の名は。』を観て、三越前駅から末広町へ移動。
末広町から秋葉原駅方面に向かい、AKIBAカルチャーズ劇場でGEMの昼公演(vol.6ct)を観て、アキバのカフェでサクっとブログを更新した後、再びAKIBAカルチャーズ劇場でGEMの夜公演(Vol7.ct)を観るという強行スケジュール。

我ながら時間を無駄にしないスケジュールの入れ方に惚れ惚れするわー(笑)

『君の名は。』の時間がどうしてもLIVEにかぶってしまうので、朝イチで映画館に向かうしかなかったヽ(´ー`)ノ

AKIBAカルチャーズ劇場は夢アドが隔週木曜日に定期公演を行っている関係でメンバーズ(有料会員)になっていたので、GEMもメンバーズ枠で先行予約していた。

昼公演 → 最前列
夜公演 → 2列目

この運を夢アドに使いたかった…ε=\_○ノ

いや、単にGEMILY(GEMファンの総称)にメンバーズが少ないだけなのかもしれない。

なんせ月1公演だからね。

とはいえ、昼公演からなかなかの混み方だった。
夜公演はやたら混んでいたのだけど、なんと満員だったらしい。

今月のテーマは学園祭。

本日の公演のために特別VTRが作成され、オープニングで流されていた。

そして何と、GEMのメンバー達は全員制服姿(ブレザー&セーラー)で登場!!
各々スカートの丈が長かったり短かったり、スカートにリボンが付いていたり…
1人1人違ったアレンジで制服を着ていた。

8月は浴衣姿だったから、GEMはこれから毎月コスプレ(?)で登場してくるのかな…。

今月の衣装に関しては、萌えというよりも…
パフォーマンスが始まって間もなく皆汗だくになっていて暑そうだった←
※GEMのダンスはアイドル界の中でもかなり激しめ

相変わらずダンスはキレッキレで見ていて気持ちが良かった。

昼公演は演劇部というテーマで寸劇が挟まれたりしたのだけれども、個人的には歌で攻めてきたアイドル部があった夜公演の方が良かったかな。
アイドル部のパートではNMB48『ナギイチ』とSKE48の曲のカヴァーでパフォーマンスがあったのだけど、今日一番のMIXはこのシーンだった気がする←

夜公演では『No Girls No Fun』が聴けて良かったなー。

個人的にアルバムの中で一番クールな曲だと思っていたし、ずっと生で聴いてみたいな…と思っていたから嬉しかった。

GEMは曲とパフォーマンスが好きで特に推しメンはいないので、公演終演後サクッと退場。

そういえば、MC中にメンバーが言っていたのだけど、GEMは今度初の撮影会(写メ会?)を行うのだとか。
ずっと応援してきたファンにとっては待望のイベントだろうなー。

その点、ビジュアル良しスタイル良しの夢みるアドレセンスは初期から写メ会があったから、そういう点では恵まれてるのかな…なんて思った。

夢アドは今月下旬から渋谷WWWで月イチの定期公演を続けていくことになったのだけど、最近セットリストと衣装の固定化が著しいので…。
GEMのようにコスプレをしろとは言わないけれど、衣装を変えるなり、旧曲を中心にしたセットリストにするなり、ファンを飽きさせない工夫をしてくれたらな~なんて思った。

Posted by りすお [RIS-O] on 18.2016   0 trackback

映画 『君の名は。』

Category : Movie
今夏大ヒットしている映画 『君の名は。』を観に行ってきました(*・∀・)ノ

最初は近所の映画館で観ようと思っていたのだけれども、Web予約できない関係で窓口販売に並ぶしかなく…。

いざ、並んでみようと思ったらチケット買うまでに1時間待ちとか(汗

Web予約できる映画館なら並ばずに入れるのにバカバカしいな…と思い、ずっと機会を伺っていました。

20160918-01.jpg
20160918-02.jpg

で、選んだ映画館はTOHOシネマズ日本橋

日本橋は仕事でもプライベートでも用がない場所なのだけど、映画を観に既に3回も来ていることにΣ(`・Д・ノ)ノ

ここの映画館は綺麗だしシートも上質な感じでゆったりと観られるんだよね。

20160918-03.jpg
中央に新海誠監督のサイン!?

Yahoo!映画でもやたら高評価だし…











芸能人の感想を見ても全員『良かった!』『感動した』みたいな感じで否定的な意見が見当たらない!!

本当にそんなに素晴らしい作品なのか?と確かめてみたくなった。

過去の新海誠監督作品を観たことがあるのだけど…

確かに情景描写は綺麗だと思うし、作りが丁寧であることは認める。
けれども、作中全体に流れているナルシシズムというか、独特の間がちょっと…という感じで、正直退屈に感じてしまう作品が多かった。

しかし、『君の名は。』は常に先の展開が気になる作品でエンターテイメントを強く意識した作品になっていた。

ネタバレしちゃうと面白さが半減しちゃうから、言いたくても言えない(汗

主人公とヒロインの体が入れ替わる甘酸っぱい恋愛ラブストーリーかな?と思っていたのだけど、想像をいい意味で裏切られた!

面白かったし、感動した。

わざわざ早起きして観に行くだけの価値がある映画だった。

まだ観ていない人は是非!
Posted by りすお [RIS-O] on 18.2016   0 trackback

志田サマー新井サマー LAST LIVE 2016 ~あの日見たサマーを僕達は忘れない~

Category : LIVE
志田サマー新井サマー LAST LIVE 2016 ~あの日見たサマーを僕達は忘れない~に行ってきました(*・∀・)ノ

20160917_10.jpg

会場は新宿BLAZE

20160917_11.jpg

西武新宿駅から徒歩数分のライブハウス。

20160917_12.jpg

物販は朝11時から開始。
昼公演の入場が始まる関係で12時点で一旦締め切られたのだが…

物販の種類が多くて列がなかなか進まず、本日から発売された限定Tシャツ&ハッピを買えない人が続出。

20160917_13.jpg

一応、開場後も物販は行われていたのだけど…

20160917_14.jpg

オールスタンディングのライブハウスだから皆急いで会場内の良い場所を確保しに行くわけで、、、

昼公演でハッピを着てる人が4~5人しかいないことに気づいた志田サマー新井サマーが「おおおーい!」と観客にツッコミw

いや、皆買いたくても買えなかったんだよ。。。



本日の志田サマー新井サマーラストライブにはゲストでそれぞれが所属するユニット、夢みるアドレセンスと東京女子流が登場。
後はカルチャーズ劇場公演ではおなじみの進行役=芸人のさわやか五郎さん。

■昼公演
志田サマー新井サマーは上記の衣装で登場。

あれ?志田サマー新井サマーの衣装じゃないのか。と驚いた人が結構いた様子。

昼公演は志田サマー新井サマーのMC → パフォーマンス → 夢アド → 志田新井のコーナー → 東京女子流 → 志田新井パフォーマンス みたいな感じで、夢アドと女子流のパフォーマンスを挟む形で志田サマー新井サマーのパフォーマンス&コーナーが行われた。 (順番はうろ覚え)

すぐに夢アドのパフォーマンスがあるから予めユニット衣装に着替えているんだろうな…と、登場したときから何となく予測できてしまった。。。(笑)

■カラオケバトル
AKIBAカルチャーズで過去二回にわたって行われた志田サマーVS新井サマーのカラオケ対決。
過去一勝一敗と五分の成績だったのだが…

司会のさわやか五郎氏が『実はあのカラオケの採点は予め作られたものでした!』と暴露。

やっぱりな…ヽ(´ー`)ノ

気づいていた人はそれなりにいたようだけれども、そうでない人も結構いたようで、リアルにブーイングが上がっていたような気がするw

カラオケバトルの最終勝負は夜公演に行われるとのことで、昼公演は特別に志田サマー新井サマーのデュエット曲が披露されるとのこと( ゚∀゚)o彡°

二人とも歌が上手いからこれは良企画!!

志田新井が歌の準備に入ろうとした瞬間、ステージが暗転して妙な照明に・・・!?



ここでまさかの荻野可鈴(夢アド)×中江友梨(登場女子流)が荻野サマー中江サマーとして登場w

突然デュエット対決する流れに←

荻野サマー中江サマーが披露した曲は一青窈の『ハナミズキ』

どこがデュエット曲なんだ…というさわやか五郎氏の突っ込みもありつつw

この二人のデュエット
マジか?マジ対決なのか? と思っていたのだが、途中から演歌っぽい「語り」(小芝居)が入ってきてメチャメチャ面白かった。



二人はいたって真面目に歌っていたのだけど…
笑っていいんだよね? 小芝居の部分。。。

そんなこんなでよーやく志田サマー新井サマーの出番に。

二人が披露したのは絢香×コブクロの『WINDING ROAD』



お世辞抜きで二人のハモりは良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

「アイドルが頑張ってアカペラに挑戦しちゃいました」的なありがちな企画(?)ではなく、リアルでカラオケバトルに出られそうな歌声だったと思う。



昨日、二人がカラオケ屋でデートしていたのはこの練習のためだったらしい。

MCでは、新井ひとみが『街を歩いてる時、ゆうみん(志田友美)はオーラがあり過ぎてバレちゃうんじゃないか?と心配になってボディガードしている気になっていた』と言い、一方の志田友美は『ひっと(新井ひとみ)が本当にかわいすぎてバレちゃうんじゃないか?とボディーガードしていた』と言い、お互い芸能人ボディガードをしている気になるという謎の展開に。

お互い褒め殺しじゃないかヽ(´ー`)ノ

確かにゆうみんはスタイル良すぎる(脚細い&長い)から、帽子を目深にかぶっていても目立ちそうだ…。

デュエット対決は志田サマー新井サマーの勝利。

ご褒美にスタッフが仙川店からテイクアウトしてきた(ゆうみんの大好物)ラーメン二郎のラーメンが贈られた。

志田サマーは今夏メチャメチャ忙しくて一度もラーメン二郎に行けなかったそうで、すごく喜んでいた。

ステージ上でラーメン二郎を食す志田サマー&新井サマーを見守るというシュールな展開にw
まぁ完食するまで待てるはずもなく、食べたのは2~3口だったけれどね。



■夜公演
昼公演の反省を踏まえたのか、夜公演では志田サマー新井サマー、東京女子流、夢アドのパフォーマンスパートが綺麗に分かれていた。MCに各ユニットのメンバーが残って話してくれるところは昼公演と同じような構成だったけどね。

夢アドに関しては『くらっちゅサマー』が入っていたことを除けば、大体いつものセトリだった。
※『舞いジェネ!』『ファンタスティックパレード』『Bye Bye My Days』『おしえてシュレディンガー』

メジャーアルバム発売を控えているし、対バンイベントだとどうしてもこういう構成になっちゃうのは仕方ないと思うけれど、たまには旧曲も聴きたいなぁと思ってしまった。

『Bye Bye My Days』は夢アドの中でもかなり好きな曲だから良いのだけどヽ(´ー`)ノ

夜公演の最後の曲は志田サマー新井サマーの『GOGOサマー』だった。

最後は大団円といった感じで本日ゲスト出演してくれた夢アド&東京女子流のメンバーが全員登場。
さわやか五郎さんもちゃっかり端の方で踊っていたw



そんなこんなで自分は昼公演、夜公演どちらも参戦したのだけれども、個人的には色んな意味で”濃かった”昼公演の方が楽しめたかな。

特典会は昼公演の方しか参加できなかったけれど…

20160917_15.jpg

本日発売されたTシャツ&ハッピ衣装姿だったから貴重なタイミングに撮影できて良かったヾ(≧∀≦*)☆彡



ちなみに志田サマー新井サマーは今月中にもう一回LIVEがあるとか…!?

二人は『大人たちにお願いすればきっとライブ出来る!』と言っていたけれど、もう決まってるんでしょ( ̄∇ ̄)←

以前、カルチャーズ劇場で行われたLIVEのときに、新井ひとみが『最後にまとめ的なライブがあって、ラストライブ(今日のライブ)は最後のライブじゃなくなったの』みたいなことを志田サマーに言っていたのだけど、このことだったか…ヽ(´ー`)ノ

ちなみにAKIBAカルチャーズ劇場の公演予定として、9/15の2週間後である9/29に夢みるアドレセンスの定期公演の予定が入っていた。しかし、夢アドのカルチャーズ劇場公演は9/15がファイナルだったので、おそらく空いた9/29に志田サマー新井サマーの本当のファイナルライブが行われるのではないか?と予想されている。

真相はいかに・・・!?


Posted by りすお [RIS-O] on 17.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス YUMELIVE! Vol.47 ~FINAL~

Category : LIVE
夢みるアドレセンス YUMELIVE! Vol.47に行ってきました(*・∀・)ノ

およそ2年間に渡って行われてきた夢みるアドレセンスの定期公演『YUMELIVE!』も本日がファイナル!!

当初、別仕事の都合で志田友美の休演が予告されていたが…



なんと急遽出演できることになったようだ。

残念ながら舞台が近い小林れい、そして志田友美は公演終了後の特典会には出られないとのことだったが、AKIBAカルチャーズ劇場で行われる最後の定期公演なんだし、やはりメンバー全員で迎えたいよね。

責任感が強くて涙もろいリーダーの荻野可鈴。

今日は感極まって泣いちゃったりするのかな…と思っていたのだけど、最初から最後まで笑顔だった。

MCコーナーではAKIBAカルチャーズ劇場における思い出だったり、カルチャーズ劇場のスタッフに聞いた夢アドメンバーのアンケートとか、ファイナルらしい企画が満載だったけれど、しんみりとした雰囲気にはならず、いつも通り楽しくワチャワチャした感じで進んでいった。

可鈴ちゃんだけじゃなく、メンバー全員最後まで楽しそうにしていたなーヽ(´ー`)ノ

ただし、LIVE中の小林れいちゃんは凛々しい表情で格好良かった!!

あ、今日のゆうみん(志田友美)の髪型、普段よりちょっと幼い感じの雰囲気!?
アイドルっぽいアレンジで可愛かったなー。



MCコーナーで言っていたのだけど、楽屋の白い壁面はアイドルちゃん達のサインで埋め尽くされているらしい。
上記の集合写真の後ろの壁はその一部かな?

夢アドが定期公演を始めた当初は建屋自体が新しかったせいか、他のアイドルのサインはほとんどなく、思い切り主張したサインを書いてしまったそうで、それがあまりにも巨大で、今でも夢アドのサインが存在感を放っているのだとか(笑)

荻野可鈴ちゃんがMCで言っていた事だけれども、最後の方のYUMELIVEは常に満員御礼。
(平日公演で満員になるアイドルは珍しい)
AKIBAカルチャーズ劇場史上最高の応募総数を更新し続けるなど、まさに”有終の美”でYUMELIVE!終えることが出来たんじゃないかと思う。

個人的には視界良好で座って落ち着いて見られるカルチャーズ劇場の公演が好きだったけれど、もうこのハコでは収まらない人気アイドルへと成長したのだから、卒業して更に大きな会場へと移るのは当然の流れだと思う。

そう、ここで立ち止まって感傷に浸っている暇なんて彼女達には無いのだ。



■特典会
YUMELIVE!ファイナル!ということで、本日特典会に出ていた3人全員と写メを撮影した。

■京佳
RIS-O:最後のYUMELIVE!だから記念撮影しに来たよーヾ(≧∀≦*)☆彡

京佳:(志田)友美がいないからでしょ!!

R:いや、そんなことは(汗

京佳:「最後だから」じゃなくて「友美がいないから」でしょ!!(怒

R:な、なぜそれを…ていうか、なぜ推しメンを知ってるんだ!?w

京佳:結局友美でしょ!?

友美って何回言うんだよw

20160915_01.jpg

この距離感(泣

京佳ちゃんにはたまーにリプ送るくらいで、「いいね」もつかないので全然見られてないと思っていたけれど、自分を推してくれているファン以外のツイッターもかなり掘ってるみたいで恐ろしい…(笑)


■山田朱莉
YUMELIVE!終わっちゃったねーとか、この劇場好きだったーとか、そんな話。

あかりん(山田朱莉)はいつも派手な茶髪なのに髪の毛全然傷んでないし、むしろサラッサラで羨ましい。

ポーズをお任せにしようとしたら、もう何回撮影したか分からない『ぴよぴよポーズ』になりそうだったので(笑)

最後のYUMELIVE!ということもあり、『バイ夢』にしてもらった。

20160915_02.jpg

このポーズも何回撮影したか分からないくらい撮ってるけど( ̄∇ ̄)


■荻野可鈴
最後だから泣いちゃうかと思ったら全然泣かなかったねー。とかそんな会話。

20160915_03.jpg

ポーズお任せしたら『笑顔っ!』と言ってこのポーズをしてくれた。

可鈴ちゃん、少し前まで(目が細くなる)自分の笑顔があまり好きではなかったみたいだけれども、ファンのお陰で自分の笑顔が好きになったらしい。
実際、とても素敵な笑顔だと思う。

今日の特典会は3人だったから少し早く終わるかな?と思ったけれど、一番行列が長くなる人気メンバー(可鈴ちゃん)に引きずられる形で結局21:30過ぎまで特典会が行われていた。

写メ会まとめ出しする人は最後に撮影する暗黙の了解(というかスタッフの指示?)があるのだけど、京佳ちゃん、そして可鈴ちゃんと最後に撮影していた人は半端ない枚数で凄かったな…。

京佳 2S写メ 25枚
荻野可鈴 2S写メ 30枚

写メ1枚のレギュレーションが3,000円だから、最後に京佳ちゃんと撮影した女の子は¥75,000
荻野可鈴ちゃんと撮影した若者(♂)は¥90,000使っていることになる。

財源どこー!?((((((((;゜Д゜))))))))

まぁ別の現場を見てみると上には上がいるわけで…


こういうのを見ると僕の「アイドルヲタクは高学歴で高収入」理論がますます現実味を帯びてくるような気がする…。

なにはともあれメンバー&スタッフの皆さん、YUMELIVE!ファイナルお疲れ様でした。
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2016   0 trackback

the HIATUS Hands Of Gravity Tour 2016 at 新木場Studio Coast

Category : LIVE
the HIATUS Hands Of Gravity Tour 2016に行ってきました(*・∀・)ノ

20160913_01.jpg

本日の会場は新木場Studio Coast

20160913_02.jpg

自分はHands Of Gravity Tourの初日公演にも参戦しているので、同ツアーに参戦するのは今回で2度目になる。

やっぱり良いLIVEは何回見てもいいわ…。

Vocal&Gutarの細美さん、今回のツアーでは歌声にさらに磨きがかかっている気がする。
ELLEGARDENやHIATUSの初期のころは感情に任せて…というかノリ重視で音程が怪しくなるシーンも結構あったと思うけど、今ツアーにおける細美さんの歌は声量と迫力がありながら、音程に関してはCD並の安定感があったな…。

MCを挟んで次の曲に行くときに、曲に込めた想いとかその時の状況を話してくれるのが好き。

今日で言うと『Clone』なんかがそれ。


今日のスペシャルといえば、Bassのウエノコウジさんがこれまでになく饒舌だったところ。
細美さんがムチャぶりするシーンが多かったからなんだけど・・・w
絶妙な掛け合いが面白かったなー。

そして今日のLIVEに来て何より良かったと思うのはMCだった。

いつもは下ネタが多いのに、今日は人生観というか真面目な話が多かったなぁ。
本人は鬱とかそんなんじゃなく40才過ぎると悩みもそんなにないと言っていたけれど、やけに語りモードだった。

予め断りを入れておくと、本人的にはインターネットが嫌いすぎて、特にファンがSNSに書き込んでそれがバズるのを嫌がっているようだ。『俺、そんなこと言ってないし』 『意味合いが違う』ことが誤解されたまま広がってしまうのが嫌なんだろうな…と。

なので、すべて書き起こそうとは思わないけれど、個人的に特に印象に残っていたフレーズを自分の備忘録も兼ねて書いておく。

・周りの人に「自分を押し通して生きるなんてそんなの無理だ」と皆から言われても、俺はずっと意地を張って生きてきた。
・明日が今日の繰り返しなら生きてる意味なんて無い
・人生好きなようにやってみようぜ
・やりたいことやるのに早いとか遅いとか無いから。人生では”今”が一番若い。

後は、ラジオでは何度か話してきたことだけれども…
『中学、高校、大学とずっと俺は嫌われてきたし、それを俺自身分かってる』という話。

だからといって”他人の顔色を伺いながら態度や性格をコロコロ変えようとは全然思わなかった”ところが細美さんのカッコイイところだよね。

僕とか、一度も話したことのない女子にツイッターをブロックされてたりすると結構凹むんだけど(笑)

細美さん的には『誰だテメエは!交流なんてこっちから願い下げだ!』くらいの根性なんだろうな…

こんなこと書いていると『俺の言いたい事が1/10も伝わってない!』と細美さんに怒られそうだけど、歌だけじゃなくて言葉の一つ一つに心を動かされたし、「少なくとも自分はこういう風に感じた」という意味合いで文章に残しておきたかった。

今日のLIVEに来られた人はラッキーだったね。

こんなにアツく想いを語る細美さんはそうそう見られるものじゃないから。



Posted by りすお [RIS-O] on 13.2016   0 trackback

限りある時間を有効に使いたい

Category : Diary
今日はノーイベントデーだったので、徒歩数分の近所の映画館に映画『君の名は。』を観に行こうと思ったのだが、近所の映画館は今時珍しい窓口販売のみの形式だった。(Web予約無し)

そのため、日曜日であるにもかかわらず早起きして販売開始時間ちょっと前に映画館に向かったのだが、朝8時の時点で長蛇の列。マジかよ…。

諦めて近所の定食屋で朝飯を食べて帰宅。

しばらくして昼前に再び映画館の様子を見に行ったところ、『君の名は。』行列が更に伸びていて、チケットを買うまでに50分かかるとのアナウンスがあって諦めた。

一応、列に並んでいる人達を見てみたのだが、学生と思しき若者が多かった。


あとはカップルね。

太古から(?)映画館はデートスポットとして利用されているし、当然と言えば当然だけれども…

このクソ暑い夏の日によく1時間も並べるなーと。

まぁ友達や恋人同士だったら、そんな待ち時間も楽しめたりするのかな。。。

しかし、待ち時間が長すぎるディズニーランドは恋人同士で行かない方がいい(喧嘩になるから)なんていう説もあるし、無駄な時間はなるべく省きたいよね。

結局、家に引きこもってWOWOWでサイサイ(Silent Siren)のLIVEを観ていたりしたのだけれども…

20160911_01.jpg
20160911_02.jpg
20160911_03.jpg

画質は以前から良かったのだけれども、音声のクオリティがとても高くて驚いた。

Blu-ray/DVDなどの商品化された映像作品と比較すると、TV放映の音は重低音が薄くてイマイチ臨場感に欠けることが多い。

先日放送されたBABYMETALウェンブリーアリーナ公演、そして今回のSilent Siren横浜アリーナ公演、ともに音質が素晴らしかった。(それでも市販の映像作品比べると音質はやや劣るけれども)

話がかなりそれてしまった。。。

学生時代と比較すると自由な時間が大幅に削られてしまった今、僕はいかにして無駄な時間を減らすか?に重点を置いて行動している。

給料日前後にATMに並ぶなんてもっての他だし…





メジャーアイドルと握手するために数時間並ぶなんてことはもうやりたくない。

待ち時間中に本を読んだり、攻略中のスマホゲームを進めたり、その人にとって最適な暇つぶし方法があるなら良いと思う。

けれども、真夏の日差しの下、汗だくになりながら何かに集中することは僕にはできない。

週休3日、いや4日くらいになれば、『これくらいの列なら並んでもいいや』と思えるようになるのかな…。
Posted by りすお [RIS-O] on 11.2016   0 trackback

VAMPS LIVE 2016 at Zepp Tokyo

Category : LIVE
VAMPS LIVE 2016に行ってきました(*・∀・)ノ

20160723_01.jpg

2016年 最新バージョンのアーティスト写真

20160723_02.jpg
HYDE

20160910_01.jpg

本日の会場はZepp Tokyo

東京公演の初日!!

20160910_02.jpg
20160910_03.jpg

そうそうたるアーティストから花が贈られていた。

20160910_04.jpg

スタンド花多すぎて全部撮ることはできなかった(´・ω・`)

実は7月に大阪公演(なんばHatch)に参戦しているので、VAMPS LIVE 2016は今回が2回目。

今回は洋楽アーティスト『In This Moment』がオープニングアクトを務めていたのだけど…

女性ボーカルなのだけどデスヴォイス凄いし、タイツだし(?)
バンドメンバーはSLIPKNOTみたいな感じで素顔を晒しておらず、”これぞROCK”と言わんばかりの力強い演奏をしていた。
オープニングアクトとは思えないくらい演出が凄まじく、悪魔的なステージでメッチャ惹き込まれた!!
やっぱりLIVEはビジュアル面も大事だと改めて思ったなー。



最後に演奏された曲『Blood』が特に印象に残ってる。
洋楽って同じフレーズを何度も繰り返す曲が多いと思うけど全然飽きないしカッコイイんだよな…なぜだろう。

それにしてもYotubeの再生回数が凄い。。。

基本、オープニングアクトって退屈だったりするのだけど、今回のコラボは良かった!!
東京公演豪華過ぎるでしょ…。

20160910_05.jpg

大阪公演のときとは異なり、HYDEさんは髪の毛を上げたスタイルだった。

L'Arc~en~Cielの時みたいで逆に新鮮!!

至近距離で見たHYDE氏はやはり美しかった…(´∀`*)

20160910_06.jpg

KAZも赤髪を入れていて格好良かったヾ(≧∀≦*)☆彡



昨日のMステのスタイルを踏襲していた感じかなー。

大阪公演と同じく最新曲『INSIDE OF ME』からスタート!!



2年ぶりの新曲だけあってクオリティが高い!!

個人的に歴代のVAMPSの曲の中でもかなり上位に入ると思う。

今回はステージ下手側で見ていたのだけど、最前エリアではなかったせいか観客はやや大人しめ…!?

ファンにも高齢化の波が押し寄せてるのかな…(笑)

なんて思っていたら!!



後半の『AHEAD』から突然モッシュが巻き起こってグチャグチャにΣ(・ω・ノ)ノ!

『AHEAD』から4曲は凄まじい盛り上がりだったなー。

基本、女の子達のモッシュなのでBABYMETALのそれに比べると全然緩いのだけど…
ヘッドバンギングが始まると女の子達が髪の毛バッサバッサ振り乱してチクチク当たるのが久々の感覚だったw
オールスタンディングの醍醐味を味わった!!

とはいえ、初期のころに比べると男子の数もかなり増えて来たと思う。

初期のころはアウェイ感が半端なかったからな…ヽ(´ー`)ノ

20160910_07.jpg

ここ数年はZepp DiverCity Tokyoに行くことが多かったけれど、先日のBABYMETAL白ミサLIVEに引き続き、今回もZepp Tokyoで不思議な縁を感じた。

20160910_08.jpg

幕張で行われるVAMPS主催のハロウィンライブ、まだ行ったことが無いんだよね…。

ドレスコードが仮装だからハードルがやや高い。

20160910_09.jpg

あー、でもHYDE氏のクオリティの高いコスプレも見たい…。

それはそうと『INSIDE OF ME』に引き続き、VAMPS(HYDE)は今も曲作りをしているそうな。

年内にもう1枚くらいシングル出るのかな…。
期待したい!!

Posted by りすお [RIS-O] on 10.2016   0 trackback

VAMPSの熱狂的ライブを目の当たりにしたHKT48メンバーがドン引き

Category : Music
本日放映されたミュージックステーション(Mステ)にVAMPSが登場

20160909_01.jpg
20160909_02.jpg

海外公演の様子をまとめた紹介VTRが放映された。

20160909_03.jpg

ワイプでチラチラ映るHKT48のメンバー

20160909_04.jpg

最初は『ふむふむ』と興味深く見ていたのだけど…!?

20160909_05.jpg
20160909_06.jpg

会場前を埋め尽くす熱狂的なファンを見た宮脇咲良の表情が一変

20160909_07.jpg

凄すぎて苦笑い

20160909_09.jpg

選抜総選挙1位の指原も驚きを隠せない

20160909_10.jpg

熱狂的ファンを制圧するために機動隊まで出動。

新センターの松岡はな

20160909_11.jpg

若干引いてるw

20160909_13.jpg

クラウドサーフィンで頭上を流れてきた人を受け止めるスタッフを見た指原は…

20160909_14.jpg

『信じられない』といった表情

20160909_15.jpg

熱狂の渦に包まれたオールスタンディングのLIVE会場を見た新センターは…

20160909_16.jpg

お口あんぐりww

最高かよ!w

20160909_17.jpg

さくらたんドン引き…w

以前、YOSHIKIが出たときにドラムを破壊して投げつけるVTRが流れたのだけど…
その時もアイドルがビビってて面白かった( ̄∇ ̄)

ロックバンドのファンは共演者にアイドルが出ると『アイドルの歌なんてどうでもいいから早く○○○○出して!!』とディスる人を結構見かけるのだけど、何気にワイプの表情が面白かったりするので、そんなところに注目してみると良いかもしれない。

Posted by りすお [RIS-O] on 09.2016   0 trackback

引きこもりへの憧れ

Category : Diary
珍しく仕事の話。

ウチの部署の中堅社員(既に40代後半なので熟練社員と呼ぶべきか)が、今月末をもって退職することになった。

主な理由としては自身の体調不良らしい。

最近休みがちだったから何となく予想はしていたものの、一度レールを外れるとあっという間に転落していくこの国で、よくぞ正社員の職を捨てる気になったものだ。

仕事はもちろんだが遊びも健康な心と身体がなければ楽しめないので、後ろ向きな理由による退職を称賛することはできないのだけれども、正直羨ましいな…と。

生産性の低さを長時間労働でカバーする日本では、欧米人のように長期休暇をとるのはとても難しい。

国の政策もあり、数年前からウチの会社でも「夏休みは一週間連続で休むように」とのお達しがでたのだが、実際1週間連続で休みを取るのは難しい。それに、仮に休めたとしても日々相場を見ている自分としては夏休みやゴールデンウィークなど旅費がバカ高い時期に旅行する気にはならない。
閑散期だったら同じ価格で3~4回海外に行けるよね。

自分でお金を稼いでいる社会人なら分かると思うが、生きていくだけで結構お金がかかる。

かかるのは家賃や食費だけじゃない。
強制的に徴収される社会保険料や年金などもバカにならない。
まぁサラリーマンを辞めれば「払わない」という選択肢もあるのだが、その選択をした場合、病気になっても(薬代が高くて)病院に行けないし、年金がもらえなくなるわけで…。

つまり、退職して引きこもるにしてもお金が必要なのだ。

有吉AKBに出演したヒロシが番組で発言したこのフレーズ

20160908_01.jpg

『引きこもる程のお金がありません』

一見すると逆説的だが、実に的を得たコメントだと思う。

”貧乏暇なし”とはよく言ったもので、自分のような人間は馬車馬のように働くしかないのだ。

潔くスパっと辞める先輩社員はまだいい方で、実はウチの部署で既に4ヵ月くらい休職している人もいる。(50歳前後)

社員が2人離脱しようが、その分の仕事が減るわけでもなく、そのシワ寄せは間違いなく残された僕達に降りかかる。

実はこの春、自分も体調を崩してしまった。
以降、毎月薬代だけで1万円くらい飛んで行ってるのが地味に痛い。
1万円あればアイドルと3回写メ撮れるのに←

しかし、一生遊べるだけのお金を持っているならともかく、そうでない人が引きこもっても『なんとかしなきゃ』と焦るばかりでストレスが溜まるんだろうな…。
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2016   0 trackback

美味しいものを食べて、いいものが着たい

Category : investment



『1億は行ってない』が、それに近い年収があるといわれているHKT48の指原莉乃

20160906_01.jpg

昨年放映された『有吉の夏休み』でも『貯金めっちゃあります』と豪語するほどで、相当貯め込んでいるようだ。

指原の年収・貯蓄額は度々話題になっていることから、ネット上ではさほどの驚きは無いようだ。
そもそもテレビへの露出がかなり多いので、多額の収入を得ていることは想像に難くないわけで…当然と言えば当然か。

 指原は5日深夜放送のTBS系「Momm!!」に出演。将来結婚する相手に求める年収についてきかれ、「そりゃ、多ければ多いほどうれしいですよ」とコメント。「最低、1千万……じゃ、ちょっと少ない。美味しいものが食べたいんです。いいものが着たい。それだけです」と年収1千万円以上が希望だと明かした。



指原の言い回しの上手いところは…

『美味しいものが食べたいんです。いいものが着たい。それだけです』という部分。

これは老若男女収入の大小を問わず誰しもが持ち得る上昇志向で、実に嫌味が少ない。

実際、年収1千万円もあれば美味しいものを食べられるし、それなりにいい服も着られるのだが…。

指原が言う”美味しいもの” ”いい服”は一般人とはランクが違うんだろうなぁ。

そういえば先日放映された『AKBINGO!』で興味深いアンケートが行われていた。

■AKBメンバーの月のお小遣いはいくら?
20160906_02.jpg
20160906_03.jpg

一般的高校生の月のお小遣いは5114円のようだ。

20160906_04.jpg

一方、既にアイドルとして働いているAKB48メンバーはそれなりに使える額が多いようだ。
人前に出る職業だからメイクや美容・服にも相応にお金がかかるだろう。

20160906_05.jpg

メンバーの中でもダントツでトップだったのはAKB48年長メンバーである木崎ゆりあだった。

その額、なんと月に15万円!!

これは収入ではなく”自分で自由に使えるお金”なので、一般的なサラリーマンやOLも驚いてしまうのではないだろうか。

20160906_06.jpg

若いAKB48(チーム8)メンバー小栗有以は若干引き気味w

20160906_07.jpg

木崎家の家訓
『服は良いものを着ろ 食べるなら良いものを食べろ』

もっともらしい名言をつぶやき、自信のお小遣い額を正当化する木崎ゆりあ

20160906_08.jpg

木崎と同じくAKB48移籍組の小笠原茉由も結構なお小遣い額だった。

みんなはこれを見てどう思う?

単に”羨ましい”と思うだけ?
それとも『自分とは違う世界の人だから…』と諦める?
もしくは『自分もそっちの世界に行ってみたい』と思う?

僕はずっと『そっちの世界に行ってやる』と思って生きてきた。

高校時代、同級生がゲーセンやアニメ・ゲームに散在しているのをただ指をくわえて見ているだけだった。

勉強は大嫌いだったけれど、負けず嫌い根性だけで乗り切ってそれなりの大学に入学することが出来た。

今は一応正社員だし、人並みの給料を貰えていると思うけれど、もっとおいしいものを食べたいし、いい服を着たい。





2万円のTシャツを買うのに一瞬ためらってしまう生活から抜け出したい…。

僕が損失覚悟で株式・FX投資をしているのはそういう理由から。

20150309_01.png

1日で230万円ふっ飛ばしたこともあるけれど諦めない!!(泣

早く向こう側の世界に行きたいな。
Posted by りすお [RIS-O] on 06.2016   0 trackback

サイサイフェス 2016

Category : LIVE
ガールズバンドSilent Siren(サイレントサイレン)主催のフェス「サイサイフェス」に行ってきました(*・∀・)ノ

20160904_05.jpg

会場は昨年同様、新木場のStudio Coast

20160904_06.jpg
20160904_07.jpg

長丁場のフェスで、会場内も外もメッチャ暑かったけど楽しかったヾ(≧∀≦*)☆彡

サイサイのLIVEは安定の楽しさで…

過去のLIVE参戦記事を見てもらえばわかると思うので今回は特にレポなし←

新木場Studio Coastは夜はクラブになるということで、会場内中央には巨大なミラーボールが設置されているのだけど、サイサイのアゲアゲ楽曲『Dance MusiQ』で効果的に使われていてイイ感じだったヾ(≧∀≦*)☆彡

ちなみに衣装は先日日本武道館で行われたBS番組『フルコーラス』公開収録のときのものだった。

20160904_01.jpg
20160904_02.jpg
20160904_03.jpg

サイサイのイメージカラーであるピンクを主体としたガーリーな衣装なのだけど…

20160904_04.jpg

躍動感に溢れていてメッチャROCKだったヾ(≧∀≦*)☆彡

フェスや対バンも良いけれど、やっぱりワンマンライブでガッツリ盛り上がりたいなー。

そういえば、前回のツアーで使われていた『吉田さん』のMVが、ついにYoutubeで公開された。

この曲、歌詞も良いけれどMVもメッチャ好き。

でも、本当にすぅ(Vocal&Guitar)って”モテない系女子”なのかな…という疑問がヽ(´ー`)ノ

※実は『吉田さん』はVocalのすぅではなく、すぅとは真逆の(?)キラキラ読モ女子”吉田さん”がモチーフになっているそうな。
 (歌詞の「完璧すぎるあの子」=吉田さん)
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2016   0 trackback

志田サマー新井サマー 「あんなに好きだった交流会」

Category : idol
志田サマー新井サマー 「あんなに好きだった交流会」に行ってきました(*・∀・)ノ



今夏限定で結成されたユニット志田サマー新井サマーの特典会(LIVE無し、特典会のみ)

20160903_07.jpg

会場はハンドレットスクエア

秋葉原駅から徒歩10分くらい。
隣の浅草橋駅からの方が近いかも…。



20160903_08.jpg

ひっと(新井ひとみ)が言っていた『からあげ屋』さん見つけたヽ(´ー`)ノ

会場は電気街方面ではなく昭和通り口方面なので自分ははじめて来た場所だったのだけど、ひっとをはじめとする女子流はイベントで何度か来たりしているんだろうか。

自分は2ショット写メと3ショット写メ撮影を行ってきた(*・∀・)ノ

■志田友美2ショット
20160903_01.jpg

この衣装を生でみたのは初めて。 ええわ~(´∀`*)

LIVEのときはグッズのTシャツか1stシングルのノースリーブ衣装だったからね。

■志田友美ソロ
20160903_02.jpg

この写真映りの良さ!!Σ(゜Д゜;)

さすがモデルさんや…。

20160903_03.jpg

ちなみに全身姿はコチラ。

清楚~♪

志田サマー:りすおはこういうの好きそうだよね!!

え、どういうことw

■志田サマー&新井サマー 2ショット
20160903_04.jpg

うおおっ、このキラキラ感!!

20160903_05.jpg
1stシングル『灼熱サマー』 CDジャケット

そのままCDジャケットに使えそう・・・なんて思ってしまった。



■3ショット写メ
自分より前に撮影していた人を見ていて、ひっとがペロっと舌を出す仕草が可愛いのでリクエストしてやってもらった(´∀`*)

R:舌をペロッと出すポーズでお願いしますっ!!

新井サマー:(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

志田サマー:ねぇねぇ、ゆうみんはー!?

R:適当にヽ(´ー`)ノ

志田サマー:なにそれえぇぇぇぇ!!(怒

20160903_06.jpg

この2ndシングルの衣装はLIVEでは動きづらそうだから…
おそらく今日と来週の特典会のみの限定公開の衣装となりそうな予感。

レアな衣装姿を見られて良かった(´∀`*)






Posted by りすお [RIS-O] on 03.2016   0 trackback

元SDN48 木本夕貴 「めちゃイケ」でまさかの彼氏発覚

Category : SDN48
現在フジテレビで放映されている『めちゃイケ』にて元SDN48の2期生メンバーであり、2期生公演ではセンターとして活躍していた木本夕貴(きもとゆうき)に彼氏がいることが発覚した。
































ちなみに管理人は木本夕貴さんとは話したことはもちろん、2ショット写メも撮っていたのだけど…w


2012年 SDN48写メ会

何はともあれ極貧生活から抜け出して彼氏もできたみたいで良かった。

末永くお幸せに!!

【関連記事】
SDN48メンバーの収入格差が笑えない ~元SDN48 木本夕貴 番組出演~
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス YUMELIVE! Vol.46

Category : LIVE
夢みるアドレセンス YUMELIVE! Vol.46に行ってきました(*・∀・)ノ

およそ2年に渡って行われてきたYUMELIVE!も残すところ後2回。



AKIBAカルチャーズ劇場を拠点にライブ活動を行っているアイドルの中でもぶっちぎりの人気と集客数を誇る夢アド。

今回は事前予約が期限前に締め切られるほどの人気だった。

締めのMCで志田友美が『この2~3年で夢アド成長したね~』と言っていたのが印象的。

『2年間通い続けた人!』という問いに手を挙げたのは6~7名だったかな?

この2年でそれだけご新規さんが増えたということなのだろう。

セットリストは最近の定番曲が多めだったものの…
『サマーヌードアドレセンス』と『純情マリオネット』が聴けたのは良かった。
特に『純情マリオネット』が始まった瞬間の観客のどよめきは凄かったなぁ。

アルバム『第一思春期』に収録されている曲はどれもクオリティが高くて好きだなー。
メンバーの歌声がやたら幼い曲もあったりするけれど(^ω^;)

小林れいちゃんは喉の不調が長引いているようで心配。。。

本日のライブでは”一切声を出さない”ダンスのみのパフォーマンスだった。
途中で歌声が聞こえてきたような気もしたけれど…!?
他のメンバーが歌っていたのかもしれない。

れいちゃんの歌のパートは主に山田朱莉(あかりん)がサポートしていた。
今日のあかりんは凄く頑張っていた\\\\٩( 'ω' )و ////
そして思わず特典会に行っちゃったよね…w

最初のMCで志田友美(ゆうみん)からお知らせが。

なんと再来週の最後のYUMELIVE! ゆうみん別仕事で不参加とのこと!!Σ(・ω・ノ)ノ!

観客からの『え~っ』というブーイングがリアルに凄かったw

つまり、5人揃ったYUMELIVE!は本日が最後ということだった。

■MCの一幕
志田友美:ホント!ごめんなさ~い(^ω^;)(;^ω^)

荻野可鈴:おい!休むのかい!! 一体どうなってんだ!! 事務所どこだ!?ヽ(`Д´)ノ

可鈴:事務所ウチか! 皆一緒だわ!!


可鈴ちゃんはこの一人ボケつっこみが相当お気に入りだったらしく、
今日だけで3回くらい聞いた(笑)

れいちゃんは喋れなかったのでMCではゆうみんや京佳がサポート(というかイジりまくって)いたのだけど、こうやってメンバーのピンチを笑いのネタに変えて支え合うところとか、素敵だなーと思う。

AKB48のメンバーとは違ってプライベートで一緒に遊ぶことは少ない5人だけれども、集まったときはいつも楽し気にしているし、やっぱり仲間なんだな…なんて改めて思ったり。

れいちゃんは喉の不調があって万全とは言えなかったけれど…
5人集まったときのパワー・魅力は格別だな~と改めて思った。

定期公演終了後の特典会について。

ご新規&女性無料握手~握手会~2ショット写メ会 という定番の流れ。

サイン会や全員写メ会といった特殊なイベントが無かったにも関わらず、いつも21時頃には終了していた特典会が今日は長引いていた。
特に2ショット写メ会の行列は劇場~ロビーに収まりきらないくらい伸びていて凄かった。。。

■特典会後のトーク
本日MC中に行われたロシアンルーレット型風船(?)にて罰ゲームが決まった荻野可鈴ちゃんのソロトーク。
トークというかソロリサイタル!?
突然アカペラで『もしもしカメよカメさんよ~♪』と歌い出して笑えたw

最後の最後に志田友美も呼び込んで2人で挨拶~バイ夢♪の流れ。

ゆうみんは本日が最後のYUMELIVE!とのことで、感傷的になったりするのかな?と思いきや…
最後まで元気いっぱいの笑顔で実に”志田友美らしい”最後だったと思う。

再来週に行われる本当に最後のYUMELIVE!では可鈴ちゃんが泣いちゃったりするのかなー。
自分以外のメンバーの生誕祭公演で涙を流すくらいだから、ちょっと期待してしまう。。。

ゆうみん、2年間のYUMELIVE本当にお疲れ様。

20160901_02.jpg

久々に『おしえてシュレディンガー』の衣装だったから猫ポーズやるよねヽ(´ー`)ノ

20160901_01.jpg

あかりん今日はれいちゃんの分まで凄く頑張ってた!! お疲れ様。

Posted by りすお [RIS-O] on 01.2016   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend