2016年上半期終了 ~日本株運用結果~

Category : FX income
日曜日、映画館で風邪を伝染されたらしく、しばらくダウンしてました…_| ̄|〇

そんなこんなで2016年の上半期終了。

日本株は年初から下落し続け、円高も進行。

アベノミクスはどうやら終了したようです(´・ω・`)

そんな悪い地合いの中、取引し続けた結果がコチラ。

20160630_10.png

2016年上半期は約85万円利益確定しました。

20160630_11.png

で、現在保有している株の含み損は約53万円。

Brexit(イギリスのEU離脱問題)の結果を受けて、マイナス幅が一気に広がりました(泣

2016年上半期は差引き32万円のプラスという感じですかねー。

NISAで購入した製薬ベンチャー『アキュセラ・インク』の株価が大ブレイクしてくれたお陰で、想像以上に利益確定することが出来ましたヾ(≧∀≦*)☆彡

しかし、昨年の損失140万円を埋めることは出来なそうだな…_| ̄|〇

6営業日連続ストップ安の前にアキュセラ株を売り払っておけば、140万円の穴埋めが出来たのに…(後の祭り

2015年冬のボーナスを、株価が高かった2016年1~2月に一気につぎ込んだのは完全に失敗でした(苦笑

やはり分散投資が大事(`・ε・!!

このまま株価がダラダラ横ばい、もしくは下落するようならば現在保有している株の損切りも止む無しかなーと。

基本的に今後あまりリスクを取りに行くことは無いので、変な株を高値でジャンピングキャッチするようなことはしませんが…

現在もアキュセラと同じくバイオ株とゲーム関連株をいくつか仕込んでいるので、
何かの間違いで株価が5倍~6倍にならないかな?なんて妄想してます(๑¯ω¯๑)
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2016   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~

Category : investment
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

6月は定期積立てで「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を5万円購入。

今月から積立金額を3万円から5万円に変更しました。

(イギリスのEU離脱問題)Brexitがまさかの「離脱」となった結果を受け、世界的に株価は大暴落。

その結果を受けて手動で3万円分追加購入!

今月は「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を合計8万円分購入しました。

20160630_01.png
20160630_02.png

購入金額38万円に対して時価総額35万1437円
7.52%のマイナスでした。

定期預金している人に比べて7%以上のマイナスに…

険しい(´・ω・`)

20160630_03.png

ニッセイ外国株式インデックスファンド開始以来の基準価格の推移。

円高&株安により2013年12月時点の基準価格に逆戻りしています。

駄菓子菓子!!

ピンチはチャンスでもあります。

株の下落時に投資信託を沢山買っておけば、今後株価が上昇したときにより多くの利益を得ることができます。

■アメリカ ダウ平均30年チャート
20160630_04.png

上のグラフは1980年から2015年までのダウ平均株価のチャートです。

1980年代は1000~2000ドル台だったダウ平均価格が、2000年代に入ると10000ドル台まで上昇。

インフレ等を考慮すると単純比較はできませんが、35年間で数値上は約10倍の価値になっています。

つまり、35年前に100万円分の株を買っておけば、現在はなんと1000万円になっている計算です。

投資開始の初期に株価が下落していた方が、むしろ良い成績に繋がるんですよね。

問題は、株価下落時に投資信託を買える余剰資金があるかどうか?という事…。

6月のボーナスについて、Brexitの結果が出るまで使わずに温存しておいて正解でしたヽ(´ー`)ノ

現在は7%以上のマイナスですが(汗
定期預金をはるかに上回るパフォーマンスを目指して投資信託を継続します(`・ε・!!
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2016   0 trackback

映画 『マネーモンスター』 ~ジョディ・フォスター監督作品~

Category : Movie
ジョディ・フォスター監督作品 映画 『マネーモンスター』 を観てきました(*・∀・)ノ

名だたる有名投資家(主に億トレーダー)がこぞって観に行っている映画だったので、投資家のはしくれとして映画館で観ておかねば(`・ω・´)



このようなツイートもあったし、すでに公開から結構経っているので、きっとガラガラだろうな…と思っていたのだけど。。

日本橋の映画館は8割くらい埋まってたΣ(・ω・ノ)ノ!

東京の中枢と言っても過言ではない日本橋の映画館なら人が集まるか(^ω^;)(;^ω^)

それにここは金融街である大手町付近でもあるからね。
ただ、休日にわざわざここに来る人って、この辺りに住んでいる富豪だったりするのだろうか…。

あらすじは、人気経済番組の煽り文句に乗って、某社の株で大損を出した投資家の青年が経済番組の放送中にTV局に乗り込んで司会者を人質にとって…というもの。

この人気経済番組というのが、かなりナメた感じで…
司会者が超ハイテンションでダンスをキメて投資家を煽りながら登場するという…これは吹いたw

ジャンル的には経済番組ではなく娯楽番組ということで、それを聴いて納得。

株式相場はある種エンターテイメントに似ていて、熱狂的に盛り上がるからね。

自分もアキュセラ株が買い値の5倍、6倍になったときは…

『ヒャッハー!! 俺って天才かも!?o(´▽`*)/♪
これで超絶可愛いアイドルと1000回握手できる!!』(他の使い道は)


こんな感じだったからね。

その後、まさかの6営業日連続ストップ安で地獄に突き落とされたのだけども…_| ̄|〇







欧米ならではの大味な展開が少し気になったものの…
テンポ良く進んでいくし、それなりに緊張感もあったので面白かったですよ(*・∀・)ノ

テーマが経済番組と株というだけで、投資の知識はゼロでも楽しめる映画です。


Posted by りすお [RIS-O] on 26.2016   0 trackback

Silent Siren Live Tour 2016 Sのために Sを ねらえ! そしてすべてがSになる 福島公演

Category : LIVE
Silent Siren Live Tour 2016 Sのために Sを ねらえ! そしてすべてがSになる 福島公演の1日目に参戦してきました(*・∀・)ノ

今回のツアーはライブハウスとホールツアーが合体した形。

自分が過去に参戦した六本木EXシアター公演と長野公演はライブハウス形式(オールスタンディング)

20160625_01.jpg

そしてここ福島の郡山市民文化センターは全席指定のホールツアー形式となっている。

【参考リンク】
Silent Siren Live Tour 2016 Sのために Sを ねらえ! そしてすべてがSになる 初日公演 (EXシアター)
Silent Siren Live Tour 2016 Sのために Sを ねらえ! そしてすべてがSになる 長野公演

20160625_02.jpg

最新アルバム『S』を引っ提げて全国を回る今回のツアー

果たしてライブハウス形式とホール形式でどのような演出の違いを見せてくれるのか?

前提知識を全く仕入れないままライブに参戦したので、新鮮な驚きが沢山あった。
※以降ネタバレ

20160625_03.jpg
20160625_04.jpg


オープニング映像終了後、 サイサイのメンバーが2手に分かれて後方の扉から登場!!
そのまま客席な通路をゆっくりと降りてきてステージに上がっていった。

自分は丁度通路寄りの席だったので、目の前にすぅ(Vocal&Guitar)とゆかるん(Keyboad)が!!

20160625_07.jpg

前髪を切ったばかりのゆかるん、可愛すぎでしょーo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o



すぅの髪色がかなりファンキーな感じにΣ(・ω・ノ)ノ!

目の前にいた郡山地元民の女子高生が感動して震えてた…。

学生だとリリイベ遠征とか出来ないから、本人たちと触れ合う機会は滅多にないだろうし、間近で見られる機会もさほどないだろうから気持ちはよく分かる。自分の場合、学生時代お金なさ過ぎて全然LIVEに行けなかったから、ここに来てる子達は恵まれてる環境だなーと思う。

ライブハウス形式の公演はメンバーとの距離が近く、人口密度も凄いのでとにかく熱量が凄まじい。
ただ、今日の郡山公演は全席指定のホールツアー形式とはいえ、Vocalすぅの地元というだけあって初っ端から盛り上がりが凄かった。

メンバーはEXシアターの時と同じく4人横並びだった。
向かって左からあいにゃん(Bass)、ひなんちゅ(Drums)、すぅ(Vocal&Guitar)、ゆかるん(Keyboad)

MCコーナーでは『(福島出身)すぅに関連がある人』というアンケートを挙手制にて行い、客席にいるファン数人と会話。
そして、MC最中にすぅの名物お父さんが吠える(?)など、地元感満載のアットホームなMCを展開していた。

今や日本武道館や東京体育館クラス(8000人規模)を埋められる人気ガールズバンドなのに、未だに父がMCで(声だけ)登場するのってすごいw 少し前まではあいにゃん(Bass)のお母さんや妹(アイドルグループ ロッカジャポニカのメンバー)もよくLIVEやリリイベを見に来てたなー。

セットリスト自体はさほど変わりはなかったけれど、見せ方や演出がライブハウスの時と全く異なっているので、とても新鮮な気持ちで楽しむことが出来た。

幕が下りてきてプロジェクターの映像を投影するなど、ホールならではの演出が盛り沢山だった。

『吉田さん』(アルバム『S』収録曲)のMVいいわーヽ(´ー`)ノ
(『吉田さん』演奏中に後ろのモニターに流れていた)

歌詞と映像がモロにリンクしてるし、ストーリー性があってサイサイのMVの中でもかなり上位にランクインしてる(個人的に)

やっぱりサイサイのライブは安定した楽しさがあるね。

『DANCE MUSIQ』では見知らぬファン同士が腕を組んで左右に揺れたり…
若者のウェイ系のノリにちょっとビビりつつもw

サイサイのLIVEはファン参加型LIVEのある種の完成形だと思う。

■Silent Siren VISAカード加入者が貰える非売品クリアファイル(2種)
20160625_05.jpg
20160625_06.jpg






Posted by りすお [RIS-O] on 25.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス YUMELIVE! Vol.42

Category : LIVE
夢みるアドレセンス定期公演 YUMELIVE! Vol.42に行ってきました(*・∀・)ノ

つい先日ツアーファイナルの規模の大きなLIVEがあった関係で、今日は人が少ないだろうな…と思っていたのだけど、ほぼ満員に近い状態だったと思う。

ご新規様無料握手会に並んでいる人も多かったし、新たに夢アドにハマる人が続出しているようだ。

現状、先行予約に応募すればほぼ確実に見られるYUMELIVE(定期公演)

安定して見られるのもあと何ヶ月かなぁ…。

志田友美が主演を務める映画『トイレの花子さん新章』が公開され、現在はフジテレビの深夜ドラマの撮影を行っているとのこと。
その他、リーダーの荻野可鈴はホラー映画の主演が決定。
夢アドの活動以外にそれぞれの個人活動が忙しくなる中、今日の公演にフルメンバーが揃ったことに驚いた。

今日の定期公演は『おしえてシュレディンガー』の衣装だろうな~と思っていたのだけど、
なんとZepp DiverCity Tokyoのツアーファイナルで初披露された新衣装だった。

シュレディンガーの衣装だったら何度か写メ撮っているし、今日はLIVE観たらサッサと帰ろうと思っていたのだけど、新衣装を見てすぐに方針転換←
ヲタクちょれー(๑¯ω¯๑)

今日のYUMELIVEはライブ中心の構成。
冒頭からいきなり4曲連続のパフォーマンス!!
(普段は1~2曲やった後に自己紹介MCが入る)

MCはツアーファイナル後に行われた打ち上げの裏話。
リーダー荻野可鈴のやらかしエピソードが面白かったヽ(´ー`)ノ

今日は比較的良番だったこともあり、良い位置でLIVEを観ることが出来て良かった。

カルチャーズ劇場は基本着席スタイルだし、LIVE専用劇場だから照明もきちんとしていて凄く見やすい。
地下アイドル現場に通ってる人からすると『2000円で6~7曲ってコスパ的にどうなんだ?』と思ってる人もいるみたいだけど、見づらいライブハウスで20曲聴くのはまた違った満足感があると思ってる。

■荻野可鈴
20160623_01.jpg

■志田友美
20160623_02.jpg

2S写メ会ではティアラを頭に乗せていたけれど…
LIVEでは結構激しめに踊るから最初からティアラ無しスタイルになってたヽ(´ー`)ノ

『ファンタスティックパレード』で頭ぶんぶん振り回す京佳ちゃんは多分ロック好きだと思う。



Posted by りすお [RIS-O] on 23.2016   0 trackback

この世は勝者総取りのクソゲー ~交際経験の有無が話題に~

Category : Diary










20160622_01.jpg



















20160622_02.jpg










Posted by りすお [RIS-O] on 22.2016   0 trackback

映画 『トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ』 完成披露上映会 ~志田友美 主演~

Category : Movie
夢みるアドレセンスの志田友美が主演を務めた映画『トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ』の完成披露上映会に行ってきました(*・∀・)ノ

20160621_01.jpg

完成披露上映会ということでキャストの舞台挨拶付き。

本日の登壇者は志田友美(夢アド)、横山ルリカ(元アイドリング!!!)、多田愛佳(HKT48)などの女性陣5名と男性俳優2人、そして監督。

最前列はマスコミが陣取り、フォトセッションタイムが設けられるなど本格的。

なお、この映画は7/1~7/2に公開記念舞台挨拶があるので、そちらの方でもマスコミが入るのではないかと。
(そちらの舞台挨拶では主題歌を担当している夢みるアドレセンスのメンバー全員が登場)

『ビリギャル』等、過去にいくつかの映画の舞台挨拶に参加しているけれど、
今回は通常の舞台挨拶よりもインタビュー時間が長めでお得だったかな。

面白かったのが各アイドル登場時のヲタの反応。

志田友美 → 大きな拍手&ヲタは静か&一部のヲタがサイリウム(黄色)を振る
横山ルリカ → 大きな拍手(ヲタは大人しい)
多田愛佳 → 「らぶたぁああああん!」と大声で呼びかけるヲタが複数w

HKT48のヲタ怖い←
アイドリング!!!のヲタは厄介でやらかし系が多いと聞いていたので警戒していたのだけど、
ルリカちゃんのファンは大人しかったヽ(´ー`)ノ

舞台挨拶終了後、退出するときには『ゆうみ~ん♪』と女の子から黄色い声援が飛んでいて、さすが現役ポップティーンモデルだな~なんて思った。

■舞台挨拶登壇時の衣装
20160621_02.jpg

ドレスアップしたゆうみん(志田友美)綺麗だったわー(*ノ▽ノ)
美脚だわー(*ノ▽ノ)



映画の内容については公開前なので多くは語らないとして…

志田友美 → 主演なので出演シーン多し、ただし冒頭はほとんど出演シーン無し
横山ルリカ → 出演シーン結構多い、重要な場面に出てくるキーパーソン的な存在
多田愛佳 → 主要メンバーの中では出演シーン少なめ、セリフも少なくファンにとってはキツいかも

個人的にホラーは苦手なジャンル。
ホラーといっても洋画『SAW(ソウ)』などの残虐スプラッター系映画は全然大丈夫なんだけど、日本的ホラー(暗闇から突然幽霊が襲い掛かる!!)みたいなのは苦手。
その点、この映画『トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ』に関しては暗闇から突如襲い掛かる系の演出は少なく、安心してみることが出来た。
怖いか?と言われればうーん、、、

志田友美は昨年『脳漿炸裂ガール』という映画に出演しているのだが、その時は脇役っぽい感じだった。
しかし今作では主演を務めており、登場シーン&セリフも多く、志田友美ファンは満足してもらえるんじゃないかと。

ただ、いつもの元気でぶっ飛んでるゆうみんを期待していると裏切られるかも。

ホラー映画ということで、おちゃらけたシーンや笑えるシーンは一切無し!!
常にシリアスモードで、テンポよく進んでいく。

横山ルリカが舞台挨拶で『いつもと違う(シリアスな)ゆうみんが見どころです』と語るなど、普段とはまるで別人だった。

個人的に演技力に欠けるアイドル映画(またはドラマ)は退屈で仕方がない、時間の無駄と思ってしまう人なので、某乃木坂メンバーが深夜のテレ東でやっていたスポ根ドラマなどは見るに堪えなかった。(途中で見るのを止めた)
あとはアイドルのヤンキー映画も苦手で、『なんでアイドル(またはセクシー女優)出演のドラマってヤンキー物ばかりなんだろう?』と思っていた。

その点、今作はホラー映画という事で、『この先どうなるんだろう?』と展開を純粋に楽しむことが出来た。



基本的に映画の流れは良いのだけど…
本当のラストシーン(?)はありがち過ぎてちょっと…(全く予想通りの展開だった)

あとは主題歌の『ファンタスティックパレード』が映画の雰囲気に全く合ってない(苦笑)
こんなノリノリでROCKな映画じゃないだろうと…w

どちらかというと『記憶』みたいなバラード曲の方が合ってると思うんだけど、
今更メジャーデビュー前の旧曲を主題歌に持ってくるわけにもいかないか…。

7/2に幕張で行われる舞台挨拶には本日の登壇者に加え、夢みるアドレセンスのメンバーも舞台挨拶に登壇するようなので、ファンの方もそうでない方も是非(*・∀・)ノ




Posted by りすお [RIS-O] on 21.2016   0 trackback

Do As Infinity Acoustic Tour 2016 -2 of Us-

Category : LIVE
Do As Infinity Acoustic Tour 2016 -2 of Us-に行ってきました(*・∀・)ノ

20160619_03.jpg

Do As Infinity New ALBUM『2 of Us -14 Re:SINGLES-』(RED盤 / BLUE盤)を引っさげて東名阪を回ったツアーのファイナル!!

20160619_01.jpg

会場は昭和女子記念大学 人見記念講堂でした。

20160619_02.jpg

Do As Infinity New ALBUM『2 of Us -14 Re:SINGLES-』は、過去のシングル曲をアコースティックバージョンで再録したもの。

アルバム曲は純粋にアコースティックギターとボーカルのみで構成されていたので、LIVEもそのような形式で行われるのかな…と思っていたのだけど、蓋を開けてみたらボーカル+アコースティックギター+ベース+ピアノ+ドラムというバンド形式だった。

ただ、今回のツアーではエレキギターは一切無し!
アコースティックバンド(?)形式だった。

ボーカル伴都美子の出産を経て、久しぶりに行われた今回のツアー。

全盛期と比較しても遜色のない歌声を聴くことが出来て安心したヽ(´ー`)ノ

高音はやや出しづらそうにしていたけれど、生歌でこれだけ歌えれば十分でしょう。



伴ちゃんの歌声好きだわー。

最近はアイドル系のライブばかりだったので、『よっしゃいくぞー!』とか『うりゃおい』系の掛け声が一切無いライブに参戦して心が洗われました←

Do As Infinityの曲は歌詞も好き。

元気がないとき、くじけそうなときに背中を押してくれるような歌詞が多いからね。

自分はあまり洋楽を聴かないのだけれども、それは歌詞をある程度重視してるからだと思う。
英語詩はどうしても翻訳作業が間に入ってきちゃう関係で、頭の中にスッと入ってこないからなぁ…。



気分一新!! 明日からお仕事頑張ろう(`・ω・´)

Posted by りすお [RIS-O] on 19.2016   0 trackback

AKB48 小嶋陽菜 卒業発表

Category : AKB48
AKB48第8回選抜総選挙開票イベントにて”にゃんにゃん仮面”こと小嶋陽菜が卒業を発表



大きなイベントがある度に卒業が噂されていたこじはる。

いつ卒業発表をしてもおかしくない状況だったが、ついに…といった感じ。

こじはるファンもそれなりに覚悟していたんじゃないかな。

過去の卒業メンバーと違ってしんみりとした雰囲気にさせなかったところは小嶋さんらしいかなーと。
総選挙後に放送されたテレ朝の特番番組でも『私らしく発表させてもらいました』と言っていたような。

スカパーで何気なく流れていたシングル曲『BINGO!』が気に入って、劇場公演を観に行ったことがキッカケでAKB48にハマったのだけど、推しメンは最初から最後まで小嶋陽菜だった。

”こじはる推し”と言うとルックス重視と言われることが多いけれど(苦笑
彼女、メッチャ面白くないですか!?

AKB48がメディアに進出する前、AKB48劇場で行われている劇場公演に頻繁に出ていた頃からこじはるの面白さは光っていて、MCで場の空気をガラッと変えて爆笑の渦に包み込む破壊力がこじはるにはあった。

何年か前にノースリーブス(高橋みなみ・小嶋陽菜・峯岸みなみによるユニット)のラジオで、峯岸みなみが『小嶋さんは恵まれたルックスに甘えることなく、貪欲に笑いを求めに行ってるところが好き』と言っていたのだけれども、自分が魅力を感じた部分がまさにそこだった。

『これから将来どのようなアイドルになりたいですか?』という雑誌か何かのインタビューで、小嶋陽菜と峰岸みなみは『可愛くなりたい』 『綺麗な人になりたい』というアイドルらしい答えではなく、即答で『おもしろくなりたい』と答えたそうだ。

そんな将来像を体現するかのように”自由人”として型破りな企画を突き通していった小嶋さん。
にゃんにゃん仮面に関しては”滑っている”と酷評されていたけれど(苦笑
AKB48メンバーの中でも屈指のエンターテイナーだったと思う。

そして器の大きさも素晴らしかった。



著名評論家である宇野常寛がにゃんにゃん仮面を酷評していた記事に反応。

激怒してもおかしくないところを『応援ありがとうございます❤️』と二枚も三枚も上手な対応でまるめこみ、ネットで大反響を呼んだ。



誹謗中傷のコメントや炎上ですら笑いに変えてしまおうとするこじはるの凄さ。

AKB48がブレイクし、TVや雑誌などのメディア関連の仕事を優先するようになってから、こじはるをはじめとする著名なメンバー達は劇場公演に出ることが次第に少なくなっていった。

個人的にAKB48の活動の中でも最も魅力的で面白いのは劇場公演だと思っていたので、劇場公演に当選しづらくなってきた頃からAKB48への興味は段々と失われていったのだけれども、それでもこじはるだけはずっと注視していた。
在宅ヲタとして『有吉AKB共和国』『うまズキッ!』はずっと観ていたので。。。

こじはるの卒業時期は未定とのことだけれども、卒業までにもう一度劇場公演に入れたらいいなー。

こじはるが卒業したら、今、惰性で見ているAKB48系の番組はもう見ることは無くなるだろうな…。

『乃木坂工事中』と『欅って書けない?』に本格的に移行します←
Posted by りすお [RIS-O] on 18.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016 FINAL!!!

Category : LIVE
夢みるアドレセンス ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016 FINAL!!!に行ってきました(*・∀・)ノ

20160617_01.jpg

会場はお台場のZepp DiverCity Tokyo

20160617_02.jpg

夢アドのライブ史上最も大きな会場です。

果たして今の夢アドに都内最大規模のライブハウスを埋めるだけの集客力はあるのだろうか?
しかも、今日は平日。
社会人にとっては非常に厳しい日程だし、実際ツアーの日程が発表されたときはファンの間でも不満が噴出していた。



しかし、蓋を開けてみればチケットは事前にソールドアウト。

新曲シングルをリリースするタイミングで行われているリリースイベントでは、CDをリリースするごとにファンの数が増えていっているのを実感していたのだけど、さすがにZeppは埋められないだろうと思っていただけに驚いた。

20160617_03.jpg

20160617_04.jpg
サンリオからもスタンド花が

20160617_05.jpg

20160617_06.jpg
新曲提供したMINMI、『おしえてシュレディンガーMV』監督を務めた秋山具義さんからのスタンド花

20160617_07.jpg

自分は160番台だったのだけど、Zeppは横幅が広いライブハウスだったので何と2列目に滑り込むことが出来た。

最前エリアの圧縮を警戒してるのか、メチャメチャ早い番号なのに後方の段差がある場所に陣取ってる人達も結構いたなぁヽ(´ー`)ノ

20160617_08.jpg

20160617_09.jpg
ファン(ユメトモ)から贈られたスタンド花

超デカい!!Σ(・ω・ノ)ノ!

20160617_10.jpg

■LIVEの感想
今回の東名阪ツアーのうち名古屋公演に既に参加していたこともあり、
おそらく東京公演も同じような感じなんだろうなーと思っていたのだけど、、、

【参考リンク】
夢みるアドレセンス ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016 名古屋公演

LIVE会場に足を踏み入れた瞬間から”明らかな違い”を感じた。

自分が夢アドを知ってライブに行き始めてから2年半くらいかな?
夢アドのライブ史上最も豪華な舞台セットだった。

一昨年の東京国際フォーラム公演はシンプルながら照明効果がイイ感じに効いていたのだけど、その後に行われた2回のツアー(東京公演のみ参戦)は、予算削減かな!?と思ってしまうくらいシンプルなセットだったし、今回のツアーの名古屋公演も結構シンプルなセットだっただけに東京公演の豪華さには驚かされた…。

今日の舞台セットはキラキラゴテゴテで超豪華!!
ステージ上には階段が組まれていて、中央には巨大モニターが。

名古屋公演でセンターに設置されていたDJブースは東京公演でも使用されていたけれど、それ以外のセットはガラリと変わっていた。

照明の数は申し分ない多さだった(Zeppの設備!?)

・会場内を縦横無尽に飛び交うレーザー光線
・しばしば噴射されるスモーク
・銀テープが発射されるキャノン砲

東京公演限定の演出が盛り沢山でメジャー感が半端なかった!!



演出効果で”誤魔化す”わけじゃないけれど、
アイドルのライブにはこうした華やかさが必要だと思ってる。

もちろんメンバー達の歌声・パフォーマンスも素晴らしかった。
ダンスはキレッキレだし、『くらっちゅサマー』などのシャウト?掛け声?の部分は今までに聴いたことのないくらいテンションの高い声を出していた。

■東京公演限定のサプライズゲスト
荻野可鈴&京佳による最初のMCの後、
ステージ上段に突如現れたのは”志田サマー新井サマー”

ファン以外はなんのこっちゃ?だと思うので説明しておくと(笑)

20160617_13.jpg
志田サマー = 夢みるアドレセンス 志田友美
新井サマー = 東京女子流 新井ひとみ

グループの垣根を超えた今夏限定のスペシャルユニットなのである。

本日のライブはあくまで夢みるアドレセンスのワンマンライブ。
まさか他のグループのメンバーが登場するとは思うまい。

2人が登場した時の盛り上がりは凄かったなー。

志田サマー新井サマーのシングル曲はavex色が全面に出ているノリノリな打ち込み曲で、最近の夢アドの曲調とは一線を画しているのだけど、良い意味で今日のLIVEのアクセントになっていたと思う。




■MC
基本的には名古屋公演のMCの流れを汲んでいたのだけど、小林れいちゃんにムチャぶりして『オェエエエ!』の流れが簡略化されいたり、2階にいる関係者席に向かってファン全員で『お仕事!!くださーい!!』とお願いする流れなどは東京公演限定のMCだった(苦笑




■東京公演限定衣装
1着目 『おしえてシュレディンガー』衣装
2着目 赤リボン&夢の国風衣装
3着目 ティアラ&お姫様ライクな衣装 (東京公演限定)

ティアラ&お姫様衣装はガッツリ足出し!!
彼女達の日本人離れしたスタイルの良さが際立つ素晴らしい衣装だった。

荻野可鈴:今から私たちの足をじっくり見て良い時間を設けます!!(`・ε・!!

ユメトモ:うぇーい( ゚∀゚)o彡°

何なのこの時間w

20160617_14.jpg



■7/27発売の新曲『Love for You』
MINMIさんが楽曲提供した夢アドの新曲。

名古屋公演のときメンバーから『タオルぶんぶん振り回す系の曲』と聞いていたので、もっとアップテンポな曲かと思っていたら意外にそうでもなかった。

正直シングル曲としてはパンチが弱いかな…と思ったのだけど、ライブで聴くのとCDで聴くのでは印象もかなり違うだろうから、あまり深堀りしないでおこう。

夢アド史上最もキーが低いAメロ!?

中央モニターに表示されている歌詞に注目していたら、いつの間にか歌が始まっていて最初よく聞き取れなかった(^ω^;)(;^ω^)
一説によると『およげたいやきくん』風の歌いだしだったとか…!?

リズムの刻み方などは”MINMI感”が出まくりだったが、低音で始まるAメロ、『ダメ、ダメ、ダメ』と突然曲調が変わるCメロが面白く、そして何気に歌詞がイイ感じだった。

メッセージ性の強い曲…というわけではないのだけど、『あぁ分かる分かる』と共感を誘う内容だと感じた。

知り合いのユメジョ(夢アド女子ファンの総称)も『歌詞が女心にグッと来る』と言っていた。

20160617_11.jpg

■総括
夢アドのメンバー達は最初からアクセル全開。
LIVE中盤~終盤にはメンバー同士で頻繁にアイコンタクトを行い、時折笑顔を見せるなど、緊張による固さなど微塵も感じられない素晴らしいパフォーマンスだった。

ちなみに東名阪ツアーのうち、ファイナルの東京公演のみチケットの値段が1000円高かったのだけれども、値段以上の価値が感じられた素晴らしい公演だった。
『東京公演は平日だし、大阪(または名古屋)公演行ったから東京はいいや』と遠慮して参戦しなかったユメトモは損をしていると思う(`・ε・!!

ちなみにこの公演には複数台のカメラが入っていたので、間違いなく映像化されるだろう。

歌声、パフォーマンス、気合い、舞台セット、衣装、ステージ演出…すべてハイクオリティだったので、
映像化されたら間違いなく”買い”だと思う。

現場で声をかけてくれた皆さん、ありがとうございました(*・∀・)ノ



Posted by りすお [RIS-O] on 17.2016   0 trackback

アキュセラは売り払っていたものの…

Category : investment


アキュセラさん、いよいよ会社存続すら危うくなってきましたかね…。

前回の6営業日連続ストップ安を教訓として、逆指値を高めに設定しておいたので、
保有していたアキュセラ200株は全部売り払いました!!

約10万円の利益になったものの…

20160605_01.png

信用取引で購入したメドレックスが2日連続で10%以上値を下げたのでブン投げ

購入から数日で25%値下がりするとか新興市場恐ろしすぎる((((((((;゜Д゜))))))))

結局6月はマイナスのまま…(;´Д`)

それはそうと、ウチの会社のボーナスは結局4.5ヵ月程度に落ち着いた模様。



日本を代表する大企業のトヨタさんは7ヵ月分くらい貰えるそうで…。

そりゃ余裕で100万円超えますよねヽ(´ー`)ノ

この格差社会で上位に食い込めるよう頑張ろう(`・ω・´)
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2016   0 trackback

X JAPAN驚愕の新プロジェクト「レディースX」始動

Category : Music
6月14日放送の「めざましテレビ」にX JAPANのリーダーYOSHIKIが登場

20160614_01.jpg

後姿からもオーラが…

20160614_02.jpg

最後のアルバム『DAHLIA』リリースからの20年を振り返る

20160614_03.jpg
20160614_04.jpg
20160614_05.jpg
20160614_06.jpg
20160614_07.jpg
20160614_08.jpg
20160614_09.jpg

今年発売予定のニューアルバムについて

20160614_10.jpg
20160614_11.jpg
20160614_12.jpg

ニューアルバムの出来栄えに自信をのぞかせるYOSHIKI

20160614_13.jpg

アルバムのリリースは『早くて秋』

20160614_14.jpg

『遅くても年内中に出るのか出ないのか』

個人的な予想では、現在療養中のPATAの復活を確認した後にX JAPANのLIVEとニューアルバムの発売日をセットで公表するものだと思っていたのだが…
下手をしたらアルバム発売が来年にズレ込むことも!?

X JAPANは昨年と一昨年に横浜アリーナでワンマンLIVEを行っている。
一昨年が10月で、昨年が12月だったので、今年もおそらくその辺りだと予想しているのだが…。

20160614_15.jpg

今年はワンマンではなく、以前から噂されている『Xフェス』/『Xサミット』の発表かもしれない。

20160614_16.jpg

驚いたのはその後に放映された新プロジェクトの構想。

20160614_17.jpg

レディースX

20160614_18.jpg

プロデュース業に挑戦!?

20160614_19.jpg

ドラム、ベース、ギターなど各パート毎にメンバーを募集

20160614_20.jpg

X JAPANの編成ということは、ドラム、ベース、ギター×2、ボーカルの編成だろうか。

20160614_21.jpg

やるときゃやるぜ!!強行突破宣言!!

20160614_22.jpg

めざましテレビとのコラボ企画ということで、1曲限りのプロデュースになりそうな予感←

バンド形式ではないけれど、Violet UKプロジェクトの方はどうなったんだろ…






















Posted by りすお [RIS-O] on 14.2016   0 trackback

乃木坂46 2ndアルバムのお気に入り曲

Category : Music
20160613_01.jpg

乃木坂46 2ndアルバム 『それぞれの椅子』 初回盤ABCD 4タイプGET

4タイプ買わないと全曲聴けない&LIVE全編見られないってアコギな売り方してますなーヽ(´ー`)ノ

駄菓子菓子!!

DVDつきのアルバムって中古屋にしろオークションにしろ高値で売り飛ばせるからお得なんですよね。

すぐに中古屋 or オクで売り飛ばせば、ほぼ無料で全曲聴けてDVDの映像も見られるという…ヽ(´ー`)ノ

引っ越すときに『CDは邪魔だな』と気づいてから、家にはあまりCDを置かないようにしてる。

それはさておき(・∀・)

乃木坂46の2ndアルバム『それぞれの椅子』

大半の曲はシングルのリード曲&C/W曲なんですけど、良曲揃いですね。

シングルでは『命は美しい』が好きなのだけど、シングル以外で選ぶとすると…

CM曲としても流れている『きっかけ』

タイプDに収録されている『口約束』がイイ感じ。

個人的にピアノの音色が好きみたい。

バラード曲の印象が強い生ちゃん(生田絵梨花)がまさかのROCK曲に挑戦した『低体温のキス』もなかなか。

『ガールズルール』に収録されている『コウモリ』
当初ニュース記事でメタル曲と報道されたときは期待していたのだけど、曲調に声質が合わな過ぎてガックリ_| ̄|〇
その点、生ちゃんの『低体温のキス』はROCK曲ながら意外にマッチしていると思う。

シングルのC/W曲としては『命は美しい』に収録されている『ボーダー』、そして『太陽ノック』に収録されている『魚たちのLOVE SONG』が好きだったりするのだけど、アルバムに収録されなくて残念…。

乃木坂46に関しては年に2~3回LIVEに行く程度で、あとは『乃木坂工事中』を楽しんでるくらいのライトヲタク。

握手会に行ったら負けだと思ってる(`・ω・´)



Posted by りすお [RIS-O] on 13.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016ファイナル直前!フリーライブ第2弾

Category : LIVE
夢みるアドレセンス ようこそ!ユメ(トモ)の国ツアー2016ファイナル直前!フリーライブ第2弾に行ってきました(*・∀・)ノ

20160612_01.jpg

フリーライブの会場として選ばれたのは東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

物販列を作る時間が11:30ということだったので、11:00頃に行ってみたのだけど…

20160612_02.jpg

まだまだ余裕だったヽ(´ー`)ノ


↑ちなみに以前同会場で行われた橋本環奈のソロリリースイベントの時は、
午前9:30の時点でこの行列だったからね(苦笑


20160612_03.jpg

↑ベンチとベンチの間隔が空きすぎていたので、運営スタッフとヲタが協力してベンチを運んだ後の図(笑)



20160612_04.jpg

センターモニターの横に横断幕を貼ろうとしていたが、
ガムテープが剥がれまくるので断念して別の場所へ…

20160612_05.jpg

ぼちぼち集まり始めました。

20160612_06.jpg

後ろの方は家族連れの一般人がフツーに使ってたヽ(´ー`)ノ

それにしても暑かった…(;´Д`)

■13:00頃
夢アドのメンバーたちが何の前触れもなく登場Σ(・ω・ノ)ノ!

フリーライブ前のリハーサルということで、2曲ほど披露してマイクの調整をしていたり。

何より驚いたのは今日の衣装

てっきりセンターモニターに映し出されている最新シングル『おしえてシュレディンガー』の衣装かと思いきや…!?

なんと今日の衣装は東名阪ツアーの衣装だった!!Σ(・ω・ノ)ノ!

この衣装を初めて生で見た知人は、テンションが上がって思わず特典券を追加

いわゆる『ヲタクちょれー』というやつですね←

屋外でのツアー衣装はおそらく最初で最後。

かなり貴重な特典会になるであろうことは間違いありません(・∀・)!!

今日は週末のフリーライブということで、かなりの人が集まるのではないか?と予想していたのだけど…
広めの屋外会場ということもあり、後ろのお店の方まで観客で埋め尽くされるようなことはなく、
至って平和な現場でしたヽ(´ー`)ノ

橋本環奈のときはカオスだったからね…(苦笑

■橋本環奈ラクーアイベントの様子その1
20160228_06.jpg

■橋本環奈ラクーアイベントの様子その2
20160228_07.jpg

これが全国区の知名度を誇るメジャーアイドルとの差か…( ´ _ゝ`)



■14:00
定刻通りのフリーライブ開始

■セットリスト





■髪の毛振り乱しながら踊るメンバー達
20160612_09.jpg

躍動感があってイイ感じ!!

これは『舞いジェネ!!』の時の写メだと思うけど…
特に『ファンタスティックパレード』の時の京佳は髪の毛振り乱していてメッチャROCKで格好いいヾ(≧∀≦*)☆彡

いつも頭の飾りが取れてどっか行っちゃうくらい頭振ってるからねヽ(´ー`)ノ



■特典会

R:集合写真の時ちょくちょくやってる”カメラから目線外す格好つけた写メ”でヨロシク(*・∀・)ノ

志田:ええっ!? アレ格好つけてるように見える!?Σ(・ω・ノ)ノ!

■志田友美 2ショット写メ
20160612_07.jpg

■イメージ
20160612_10.jpg

R:1人だけ”モデル感”出してる気が…w

志田:えーっ!! そうかなぁ!?Σ(・ω・ノ)ノ!

どうやらあまり深い考えはなかったようです(笑)

屋外の自然光だとスマホカメラでも綺麗に撮れますなー。

■全員ショット写メ
20160612_08.jpg

昨日、YOSHIKIが新宿に現れたので「Xポーズ」を要求←

『X JAPANのXポーズで』と言ったら、小林れいちゃんに『( ´ _ゝ`)プッ』と笑われたのがショックΣ(゜Д゜;)

すまし顔でキメたかったのに、隣の志田友美と京佳がメッチャ話しかけて笑わせてくるというヽ(´ー`)ノ

リーダーの荻野可鈴ちゃんは勝手にアレンジしてるし(苦笑

真面目にやってくれてるのは小林れいちゃんとあかりん(山田朱莉)だけじゃん(ノ><)ノ

まぁでもコレが夢アドらしいといえばそうなんだけど…w
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2016   0 trackback

YOSHIKI 新宿サンリオショップに降臨して現場はカオスに

Category : Music































Posted by りすお [RIS-O] on 11.2016   0 trackback

アキュセラ・インクを買い増してみた

Category : investment
加齢黄斑変性症に使う治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の臨床試験で効果が確認できなかったと発表したアキュセラ・インク

驚異の6営業日連続ストップ安となり、信用取引で借金を抱えた人も出て恐怖の銘柄となったアキュセラですが…

下げ止まってから上昇に転じたので、再度買い増してみました。

信用取引は怖いので現物で…

20160609_01.png

現金が足りなかったので微益が出ていた原油ETFを売って無理矢理お金を工面した←

20160609_02.png

昨日に引き続き今日もストップ高となり、いきなり30%以上値上がりした。

原油からアキュセラに乗り換えたのは正解だったようだ。

後は良いタイミングで利益確定できれば…(これがムズい

加齢黄斑変性症に使う治療薬の臨床試験は失敗したけれど、別のパイプラインが走っているから1年半~2年後くらいにまた高騰劇を演じてくれると予測している。それまで保有していられる自信は無いけど←
Posted by りすお [RIS-O] on 09.2016   0 trackback

信用取引デイトレ絶不調

Category : investment
20160608_01.png

今月に入って既に6万円負けてる(ノ><)ノ

大手企業の夏のボーナスが平均92万円とのことで、
自分もその額を超えたいなーと思い、ボーナスの足しにしようと思ったのだけど…

逆に格差が広がっている現実(涙

夏賞与、過去3番目の高水準 平均92万円、経団連調査
朝日新聞デジタル 6月7日(火)23時42分配信

 経団連が7日に発表した大手企業の今夏のボーナス調査(第1回集計)によると、妥結額は平均92万7415円で、昨年夏より3・74%伸びた。円安などを背景に好調な企業業績を反映して4年連続で増加。リーマン・ショック前の2008年(93万329円)に迫る過去3番目の高い水準だった。



でも、この調査って実はあまり意味がなかったりする。

一部の高額報酬貰ってる人が平均を押し上げてるだけであって、中央値としてはもっと低くなるんだよね。

10人中9人のボーナスが50万円で、残り1人のボーナスが1000万円だったら平均値が145万になってしまうというカラクリ。

ゴールドマン・サックスは入社1年目の社員にボーナス1200万円支給してたくらいだし、外資系なら法外な額のボーナスをもらってる人も結構いるはず。

とはいえ、この年齢で未だに平均に届いてないのは悔しいなー。
自分のボーナスが90万円に到達するのはあと何年後だろう…(遠い目
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス 山田朱莉 20th ぴよぴよbirthday party

Category : idol


5月25日に20歳の誕生日を迎えた夢みるアドレセンス 山田朱莉(やまだあかり)さんのバースデーイベントに参加してきました(*・∀・)ノ

20160605_1.jpg

会場は夢アドメンバーのバースデーイベントとして毎回使用されてきた秋葉原パセラの8F『グレース・バリ』

20160605_2.jpg

すごい人数です。

20160605_9.jpg

【バースデーイベント内容】
・司会進行は夢アド アシスタントプロデューサー たけべ氏
・1テーブル10人掛け
・山田朱莉登場 (紫のドレス姿/ラプンツェルを意識したコーディネート)
・山田朱莉が各テーブルを回ってドリンクを参加者1人1人に手渡し
・生誕委員が集めたユメトモ(夢アドファンの総称)による山田朱莉生誕おめでとうコメントVTRが流れる
・夢アドメンバーからの誕生日おめでとうVTR
・事務所の先輩・後輩、すいえんさー共演者からのおめでとうVTR
・山田朱莉 シャンパンタワーにシャンパンを注ぐ
・生誕ケーキ登場~バースデーソングでお祝い
・山田朱莉クイズコーナー (山田朱莉がクイズに答えてファンが「正解」「不正解」を予想)
・山田朱莉クイズで決着がつかず、最後はじゃんけんで当選者2人を選出
・当選者2名には特製サイン入り色紙プレゼント (スタッフから手渡し)
・イベント時間の都合で事前にファンから集めたアンケートは全く読まれず(笑)
・たけべ氏が山田朱莉の母からの手紙を読み上げ→山田朱莉涙
・山田朱莉ハタチを迎えて今後の意気込み
・イベント終了後~特典会に移行

20160605_3.jpg

なんだかんだであっという間に終わってしまったイベントだった。
全体的に和やかな雰囲気で進行していたし、楽しくて良いイベントだったのだけど、気になった点をいくつか。

ドリンクは「ウーロン茶」か「オレンジジュース」を山田朱莉が参加者に配る形式だった。
荻野可鈴バースデーイベントでは荻野可鈴特製(?)オレンジ+グレープフルーツジュースだったので、やや簡略化されたなーという感想←

自分は荻野可鈴バースデーイベント、そして志田友美バースデーイベントに参加していたのだけど、2人とも自身のソロ曲を歌いながら各テーブルを回るコーナーがあったので、当然のことながら山田朱莉も物議を醸した楽曲(?)『ぴよぴよあかちゃむサンド』を歌うのかと思っていたが、歌のコーナーは無くて残念…。

【参考】 山田朱莉 『ぴよぴよあかちゃむサンド』


クイズコーナー当選者の景品(色紙)が結構ショボかったし、
2名限定というのもセコイ。セコすぎる。(舛添糾弾風)
しかも、山田朱莉本人からではなくスタッフからの手渡しという…w

■当選者2名のうちの1人に配られたサイン色紙
20160605_4.jpg

『おでめとう』ってw


荻野可鈴のときはテーブル全員(10人程度)が壇上で2ショットチェキを撮影できるという特典だったし、志田友美のときは当選者がもう少し多かったような…? 

ちなみにこのバースデーイベントには山田朱莉の母親も参加していた。

母親からの手紙に感動して泣きだす山田朱莉。
普段あまり泣くイメージはないだけに、とても良いシーンだった。

司会進行のたけべ氏は『皆さん、ここは結婚式の二次会みたいな会場ですけど大いに盛り上がっていいんですよ!』と煽っていたけれど、LIVEや歌のコーナーが無かったため、夢アドのLIVEのようにコールがあったり『うぇーい!』の声が上がるわけもなく(笑)

たけべ氏曰く、『今日は夢アドの現場で見る人もいるし、見ない人も結構いる』とのこと。

モデル時代の山田朱莉に憧れていた女子も参加していたのかな?
夢アドの現場よりも女子率が高かったように思えた。

オッサンの自分からすると全体的に参加者の年齢が若いな…と思っていたのだけど、山田朱莉が『この中に10代の人はどれくらいいますか?』と聞いたとき、挙がった手はチラホラ・・・といった感じだったので、大体は20代以上の大学生~社会人だったようだ。

まぁ8000円の高額イベントだからね(苦笑

社会人からすると大したことのない金額でも、学生からすると結構勇気がいる金額だと思う。
少なくとも学生時代本当にお金がなかった自分からするとまず参加できないイベントだなー。

全体的にマッタリとした感じで、参加者はもちろん山田朱莉自身も緊張することなく和やかなムードでイベントは進行していった。

他のアイドル現場で見られるような、やたらデカイ声で合いの手やツッコミを入れたがる厄介ヲタもいなかったし、個人的にはとても快適なイベントだった。

最近ストーカーによるシンガーソングライター(元アイドル)刺傷事件があったばかりで、親御さんも東京でアイドル活動をしている娘を心配していたと思うけれど、今日のイベントの様子、ファンの姿を目の当たりにして安心したのではないだろうか。

20160605_6.jpg
20160605_8.jpg

山田朱莉さん、改めてハタチの誕生日おめでとう。
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2016   0 trackback

”アイドルの握手会でカップル誕生”は都市伝説ではなかったらしい

Category : idol
テレビ東京の人気番組『家、ついて行ってイイですか?』

基本的には終電を逃した人に『タクシー代払うので家、ついて行ってイイですか?』とアポなしで直撃するガチの番組。

今日は日中に声掛けを行っていたようだ。

20160606_01.jpg

佐野ひなこ似のこちらの女性・・・

20160606_02.jpg

乃木坂46 深川麻衣推しの女ヲタだった。

20160606_03.jpg
20160606_04.jpg

本日のゲストは偶然にも乃木坂46の秋元真夏

乃木坂46のファンである一般人の彼女は大興奮

20160606_07.jpg
20160606_08.jpg

乃木坂46の熱烈なファンらしい。

20160606_09.jpg

え、1度の握手会で最低5万円(汗

20160606_05.jpg

深川麻衣単推しかと思いきや、寺田蘭世の握手券がチラホラ見えるのが草

20160606_10.jpg

乃木坂46に100万円以上使っていると聞いて、驚きを隠せない秋元真夏

20160606_12.jpg

『今、彼氏はいるの?』

『います』

20160606_13.jpg
20160606_14.jpg

『乃木坂46の握手会で知り合って』

20160606_15.jpg

真夏:すごーい!!

20160606_16.jpg

『彼氏さんは誰が好きなんですか?』

20160606_17.jpg

♀:ななみん…。

真夏:あぁ~、ななみんかぁ~(^ω^;)(;^ω^)

20160606_18.jpg

『秋元(真夏)さんはどうなんですか?』

20160606_19.jpg

♀:(メンバーの中では)好きな方…(正直

20160606_20.jpg

真夏涙目w

真夏のリアクションはさておき←

握手会会場で知り合ってカップルになるとか本当にあるんだ!
都市伝説じゃなかったのか!!

握手会会場でヲタ充かつリア充とか最強じゃないか…。

これが本当のリア充ヲタク!?

実はSDN48界隈でも『生写真あげるから俺とデートして』とアプローチして、
見事結婚までこぎつけた強ヲタがいたりする。

カップルになっただけでも『おおっ!!すげぇ!!』と尊敬されるのに、そのままゴールイン(結婚)しちゃうとか…。
底辺を這いつくばっている自分からすると雲の上の存在だわ…。

でも、これでアプローチが失敗したら…
『女ヲタヲタ発見!!』
『ダセェwwwwww』
とか、散々叩かれるんだろうなぁ(誰に



アイドルヲタクは女性からするとドン引きされる”最もイケてない趣味”らしい。

ヲタクはヲタク同士でカップルになるのが最も効率的だと思うんだけど、どうなんだろ…?


自分も新手のナンパにチャレンジしてみようかな←

Posted by りすお [RIS-O] on 04.2016   0 trackback

BABYMETAL 東京ドーム追加公演決定! ~11万人がメタルに酔いしれる~

Category : Music



BABYMETAL、東京ドーム追加公演決定 自身最多11万人動員へ
オリコン 6月4日(土)9時0分配信

 3人組メタルダンスユニットBABYMETALが、9月19日に開催する自身初の東京ドーム公演の翌20日に追加公演を行うことが決定した。

 BABYMETALは4月1日、3度目のワールドツアー『BABYMETAL WORLD TOUR 2016』のファイナルとして東京ドーム公演を発表していたが、チケット先行予約の段階で予定数を大幅に超える申し込みがあったため、急きょ追加公演が決定。2日間計11万人を動員する自身最大のワンマンライブとなる。

 公演タイトルも『BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT』に変更。2014年に行われた東京・日本武道館「赤い夜」「黒い夜」2days公演をほうふつとさせている。



なんですとー!?Σ(・ω・ノ)ノ!

昨年末に行われた横浜アリーナ公演でドーム公演が発表されたときは『ついにここまで来たか…!!』と感動したものだけど、2daysとは凄いな…。

とはいえ、9月19日(月曜日・祝日)という日程に違和感を感じていたのも確か。

おそらく日曜・月曜(祝日)の2days公演になるんだろうなーなんて思っていたのだけど…


(゚∀゚)BABYMETAL 追加公演ヤンケ!!!

( ゚д゚)ハッ!

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚ Д゚) …!?

_人人人人人人_
> 9/20 平日 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


20160603_01.jpg

え、まさかの平日!?(汗

オリコンの記事にもあるけれど、公演タイトルの『BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT』は、日本武道館公演の「赤い夜」「黒い夜」2days公演を彷彿させる。

もちろん自分は両日参戦しましたよ(`・ω・´)

【参考リンク】
BABYMETAL 日本武道館ワンマンライブ!! 「赤い夜 LEGEND 巨大コルセット祭り〜天下一メタル武道会〜」
BABYMETAL 日本武道館ワンマンライブ!! 「黒い夜 LEGEND "DOOMSDAY" ~召喚の儀~」

20140301_09.jpg
20140301_10.jpg

日本武道館公演の初日公演ではYUIMETALがステージから転落するという事故が起きてヒヤヒヤしたけれど、
その後すぐに復活して最後まで完走したのが凄かった…。



『正直言って武道館公演は早すぎる。無謀なんじゃないか!?』と危惧していたのも束の間、
先行予約の段階でチケットはソールドアウト。

その前に行われたNHKホール公演のときは3階席が1000円でオークションに出ていたりしたんだけどな(^_^;)

日本武道館公演は土日公演だったので(自分のように)X JAPAN好きの社会人には参戦しやすかった。
しかし、今回のドーム公演2日目は火曜日の平日公演であり、ハードルはかなり高い。

某48グループとは異なり、メディアへの出演はほとんどなく、CMなどにも出演していないBABYMETAL
国内のメジャーアイドルと比較すると知名度は今ひとつだが、果たしてドーム公演2daysを埋めることが出来るのだろうか。













■再生回数5200万回突破! 『ギミチョコ!!』
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2016   0 trackback

投資信託 運用状況 ~投資信託は定期預金を凌駕するか?~

Category : investment
2015年12月から開始した投資信託の積立て。

本当は5月末時点で時価総額をUPするつもりが、放置してたから忘れてしまった(汗
毎月定期的に預金している感覚…。
(決まった日にちに勝手に購入する設定にしてあるので)

5月は定期積立てで「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を3万円購入。

ダウ平均がダラダラ横ばい状態ということと、下落を警戒して手動での追加購入はせず。

20160602_01.png
20160602_02.png

購入金額30万円に対して時価総額30万8533円
2.84%のプラスでした。

メガバンクの定期預金(1年もの)金利は0.01%ですから、
投資信託の方が大幅にパフォーマンスを上回ってると言えますね。

ここでスパッと投資信託を解約すれば…の話ですが(笑)

昨年の”チャイナショック”のような相場急変動が発生した場合、3%程度の利益はすぐに吹き飛んでマイナスに転落してしまいます…。

そろそろ大恐慌が起こるんじゃないかと本気で思ってます。

サブプライムローン問題発覚~リーマンショック以降、景気拡大がずっと続いてきていますから。

20160602_06.jpg
20160602_07.jpg

大手ファンドのCEOも警鐘を鳴らしています。

20160602_04.jpg
20160602_05.jpg

あくまでアノマリーですけどね。

安倍首相も『今の状態はリーマンショック前の状況に酷似している!』と言って消費税増税を延期したくらいですし・・。



大恐慌が来たら来たで、売りから参戦すれば儲けることも可能なんですけど…
ある日突然恐ろしいスピードで下がっていくから凡人にはまず無理!!

FX(為替取引)から投資の世界に足を踏み入れて、そろそろ9年。

『30代で1億円』を目指してハイリスクな取引を続けてきた結果、
破産寸前まで追い込まれている状況(苦笑

”自分は凡人である”という事実に改めて気づかされたので、社畜生活を続けながらコツコツ頑張ります…。
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2016   0 trackback

BOOM BOOM SATELLITES 活動終了について思うこと

Category : Music



なんとなく終わりの時が近づいていることは気づいていたけれど、見て見ぬフリをしていた。

BOOM BOOM SATELLITES(ブンブンサテライツ)

スカパーで初めて彼らの曲を聴いたときは衝撃的だったなぁ。

そのときに見たMVは『PILL』だったのだけど、外国人がバンドメンバーを演じていたから最初は洋楽だと勘違いしてしまった。
そのくらい日本人離れしたクールなバンドだった。



20160601_06.jpg

当初は(歌無しの)インスト曲が多かった彼等の楽曲。

20160601_07.jpg

欧州で人気を博していたブンブンサテライツ。

音楽活動を続けていくうちにライブの楽しさ・充実感に気づき、彼等の音楽は一気にロックに傾倒していったのだけど、”エレクトロ・ロック”と称されるようになった彼等の音楽は相変わらずクオリティが高くて格好良かった。

20160601_08.jpg

ボーカル川島氏が脳腫瘍と戦っている事については、『NEWS ZERO』で2度に渡って特集されていた。

20160601_09.jpg

脳腫瘍とはその名のとおり脳にできる腫瘍のことで、どのような治療/手術をしているのか?についてはぼんやり分かっていたつもりだったのだけど、『NEWS ZERO』で公開された映像(写真)は想像を絶するモノだった…。

20160601_10.jpg

脳腫瘍摘出のために実施した開頭手術の跡

20160601_11.jpg

川島さんが何度も脳腫瘍を再発していることについては、公式ツイッターから説明があるまで全く知らなかった。
2012年~2013年頃だったと思う。

20160601_12.jpg

まさかこんな若い頃から壮絶な闘病生活を送ってきたとは全く知らなかった。

彼等のLIVEはとてもストイックで、MCらしいMCはほとんど無い。

最後に『来てくれてありがとう!』と言うくらいで、その他の時間はずっと音楽を演奏している。

LIVEではエモーショナルな演奏姿を見せてくれる彼等だが、MCがほとんどないため”異変”に気づいていたファンはあまりいなかったのではないだろうか。

20160601_13.jpg

この映像を見たときは衝撃的過ぎて言葉にならなかった。

既に右前頭葉の2割が空洞になっているとのこと。

手術は腫瘍部分のみを切り取っているのだと思っていたのだけれども、
まさか脳の一部を摘出していたなんて…
(そもそも脳自体にメスを入れる事が出来るのも知らなかった)

20160601_14.jpg

一応、摘出した脳の一部は日常生活に支障のない部位らしいのだが、
繊細な感性が要求されるミュージシャンとなれば話は別。

手術後は思ったように声が出せないこともあったようだ。

20160601_15.jpg
20160601_16.jpg
20160601_17.jpg

うまく発声することが出来ない川島に対し、一つ一つ確認していく相方の中野。

脳腫瘍手術直後で大変な状況にあることは相方の中野氏も十分に分かっているはずだが、
優しい言葉をかけるわけでもなく、同情するわけでもなく、あくまで淡々とリハーサルをこなしていく。

この映像を見たとき『あぁ、この人たちは真のプロミュージシャンなんだな』と改めて知ることになった。

※余談だが、過去にサポートメンバーのドラムの子(女子)に厳しい指摘をしていることもあった。

20160601_18.jpg
20160601_19.jpg

妥協を決して許さない彼等のストイックさが画面の向こうから伝わってきた。

20160601_20.jpg

日本武道館公演はある意味彼等の記念碑的な公演だったと思う。
(普段は渋谷のクアトロや新木場Studio CoastのようなライブハウスでLIVEを行っていたので)

20160601_21.jpg

自分は行けなかったのだけど、無理してでも行っておけば良かったな…と今になって思う。

20160601_22.jpg

2014年3月 脳腫瘍再発(4度目)

20160601_23.jpg

医師から告げられた余命は2年

20160601_24.jpg

『科学の限界です』

20160601_25.jpg

もう川島の脳に摘出できる部位は残っていない。
(これ以上メスを入れてしまうと様々な障害が出るということなのだろう)

20160601_26.jpg

彼が選んだ道は『制作中のアルバムを完成させること』

20160601_27.jpg

人生の大半の時間を音楽に費やしてきたから、これからもアーティストとして生きていくという決意。

20160601_28.jpg
20160601_29.jpg

取り乱すわけでもなく、悲しみに暮れるわけでもない。

その後、彼等の楽曲は『生』を意識させる曲が増えていった。

20160601_30.jpg

未認可の薬を処方する『治験』に参加。

このときのナレーションによると、
薬の効果により腫瘍の拡大を防ぐことに成功したと言っていたのだが…

20160601_31.jpg
20160601_32.jpg
20160601_33.jpg

日本武道館公演の最後にボーカル川島氏がファンに向けて語った前向きな決意。

それから数年で病状がここまで進行することを誰が予想していただろうか。



川島氏はまだ40代だ。

やりたい事だって沢山あっただろう。

BOOM BOOM SATELLITESの事はもちろんだが、自身の奥さん、お子さんのことだって気がかりであるに違いない。

彼等に襲い掛かる幾多の困難に比べれば、自分の悩みなんてとてもちっぽけなモノに思えるんだ。

生きてさえいればやり直すチャンスは沢山ある。

挑戦できることも沢山あるはずだ。



僕は川島さんのように多くの人を感動させる音楽作品を世に残すことはできないけれど、
生まれてきた意味が何かしらあると信じて、これからも命を燃やしていこう思う。



■BOOM BOOM SATELLITES最後の作品 『LAY YOUR HANDS ON ME』

※MVに登場しているのはVocal川島さんの実のお子さん

Posted by りすお [RIS-O] on 01.2016   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend