BABYMETAL 2ndアルバムの発売はメンバーも『横浜アリーナ公演で知った』

Category : Music
20160330_02.jpg

先日発売された『NYLON JAPAN』のインタビュー記事より。

20160330_03.jpg

MOAMETAL(以下MOA):2年振りなので、正直前回どういう風にアルバム制作していたのかよく記憶が無くて。
(中略)
横浜アリーナの時にこのアルバムが発売するっていうことを知ったんですけど、「間に合うのかな?」っていう不安もいろいろありました(笑)

N:今回のアルバムの発表も、自分達もその場で知るっていうBABYMETALのいつものパターンだったんですよね?

一同:はい、いつものパターンDEATH!(笑)



マジかー!w

2ndアルバムの発売はごく限られたスタッフ(制作陣)にしか知らされていなかったようだ。

バックで演奏している神バンドならまだしも、BABYMETALのメンバー(3人)は流石に事前に知らされているんだろうなーと思っていたのだけど…意外すぎて驚いた。

「キツネの神様のお告げはいつもぶっ飛んでる」とSU-METALが語っていたけれど、日本武道館公演の後、世界ツアーに飛び出すこともメンバー達は知らされていなかったし、BABYMETALの現場は常にこんな感じなのかもしれない。




Posted by りすお [RIS-O] on 30.2016   0 trackback

BABYMETAL メンバーの『推し曲』が判明

Category : Music
20160330_04.jpg

3月30日の読売新聞 夕刊より

新作「METAL RESISTANCE」の中から1人1曲、「推し曲」を選んでもらいました。

SU-METAL → 「『META! メタ太郎』デス!」

YUIMETAL → 「『Road of Resistance』デス!」

MOAMETAL → 「『KARATE』かな?」



『META! メタ太郎』 キタ━━━(・∀・)━━━ !!

歌唱力に定評のあるSU-METAL(中元すず香)のことだから、てっきり『Amore - 蒼星 -』とか、(1stでいうと)『紅月』みたいにボーカルが映えるメタル曲を選ぶと思っていたら、まさかの『META! メタ太郎』で吹いた(笑)

ファンの中でも物議を醸している(?)異色の楽曲『META! メタ太郎』

色んな意味で話題に事欠かない曲になりそうだなぁヽ(´ー`)ノ


Posted by りすお [RIS-O] on 30.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス×東京女子流 夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~ 第3夜 ユメトモの竹芝

Category : LIVE
夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~ 第3夜 ユメトモの竹芝に行ってきました(*・∀・)ノ

会場はshimokitazawa GARDEN (下北沢ガーデン)

竹芝だけど下北沢←

20160329_01.jpg
20160329_02.jpg

まずは東京女子流のステージから。

東京女子流の楽曲・パフォーマンスは同業者(アイドル・アーティスト)から熱い支持を集めていて、自分もTIFなどでチラッと見たことがあったけれど、ガッツリLIVEを見るのは今日が初めてだった。

世間に衝撃を与えた「東京女子流アーティスト宣言」の後、どのように変わったのだろうか?



結論から言うと…

うん、アーティストだった。

スタイリッシュでエレガントなステージ。
ダンスもアイドル風の可愛い感じではなく、緩急の効いた格好いいダンスで思わず見とれてしまった。

『はい!せーの!』とか、『オレモー!!』みたいなアイドルライブ特有の合いの手は一切無く(笑)
ただ、『○○ちゃーん!』みたいなコールはところどころあったかな?

”脱アイドル”は成功しているように思えた。
結構激しいダンスをしているのに生歌はブレないし、芸歴長いだけあって流石だなーと思った。

ちなみにBABYMETALに記録を破られるまで、東京女子流は史上最年少で日本武道館公演を実現したアイドルでもある。

一方の夢アド。

大人っぽいスタイリッシュなステージを見せた東京女子流に対し、バラード曲『記憶』をセットリストに入れてくるなど、対バン相手を少し意識したのかな?と思えるようなセットリストになっていた。

一番驚いたのは東京女子流×夢アドのコラボ。

過去のLIVEでは夢アドの曲に対バン相手のメンバー1人が混ざってコラボするのが通例だったけれど…

今日はなんとLIVE限定(?)のオリジナル曲を用意してきたΣ(・ω・ノ)ノ!

新井ひとみ × 志田友美のコラボ曲『あんなに好きだったサマー』

2人のハーモニーが美しいミドルテンポのバラード曲だった。

正直、曲が始まる前は「イマイチなカップリング曲程度のクオリティだろう」と思っていたのだけど、このままシングルリリース出来るんじゃないか?というくらいのクオリティだった。
僕は好きですよ、この曲。

いや~、今日ガーデン来て良かった。。。



本当に今日1日だけのために制作された曲なのかな?
とても良い曲だし、歌唱力の高い2人のコラボ、またどこかで観られるといいな…。




20160329_03.jpg






Posted by りすお [RIS-O] on 29.2016   0 trackback

TOWER RECORDS presents BABYMETAL 「METAL RESISTANCE」 出陣式

Category : Music
BABYMETAL全世界待望のニューアルバム『METAL RESISTANCE』のCDが世界最速で手に入るイベント
TOWER RECORDS presents BABYMETAL「METAL RESISTANCE」出陣式に行ってきました(*・∀・)ノ

20160328_01.jpg

タワーレコード渋谷店には23:15時点ですでに行列が。

20160328_02.jpg

入場開始の23:30時点ではおよそ250人くらい来ていたかな?
入場待機列は4Fまで伸びていましたw

■BABYMETALコラボドリンク
20160328_03.jpg
20160328_04.jpg

カシス系なのかな?と思いきやカルピスみたいな味だった。

20160328_05.jpg

発売開始の24:00が近づくにつれ膨れ上がるファンの数

20160328_06.jpg
20160328_07.jpg

アイドル好きで有名なタワーレコード社長 嶺脇氏も登場w
盛り上がってまいりました!!

20160328_08.jpg

10カウントのカウントダウンの後、BABYMETALメンバーからのショートメッセージキタ━━━(゜∀゜)━━━ !!
※タワレコ店内で明日からエンドレスで流れるっぽい



20160328_09.jpg

CD販売待機列。
購入枚数制限は1人5枚までw
※ここでファンから笑いが

しかし、このイベントではタワレコ特典の「BABYMETAL特製紙袋」はつかないので、イベント会場限定の特典狙い(抽選でフリクションペン、特賞でBABYMETAL トラッカーズベストが当たる)の人以外は大量買いする必要もなく。。

20160328_10.jpg
20160328_11.jpg

特賞の「BABYMETAL トラッカーズベスト」はこんな感じ。

20160328_12.jpg

イベントを終え、店を出たところ、既にタワレコ渋谷はBABYMETAL仕様になっていた。

20160328_13.jpg

明日以降8FでBABYMETAL特設会場が開かれるのだけど、タワレコ社長曰く『ハッキリ言って凄いです。BABYMETALのメンバーが目の前で正拳突きしてくれます!』と豪語していた。

20160328_14.jpg

世界最速でBABYMETALの2ndアルバム『METAL RESISTANCE』をGETしましたヾ(≧∀≦*)☆彡

20160328_15.jpg

史上最強の最新アルバムを引っ提げて日本人初となるロンドン ウェンブリーアリーナ公演の観客を熱狂の渦に包みこんで欲しいDEATH!!


Posted by りすお [RIS-O] on 28.2016   0 trackback

BiSH - IDOL SWINDLE TOUR FINAL

Category : LIVE
BiSH 「IDOL SWINDLE TOUR FINAL」@品川ステラボールに行ってきました(*・∀・)ノ

20160327_01.jpg

全裸PV等、色々と物議を醸していた異色のアイドルBiS(ビス)が解散した後、かつてBiSを手がけた渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」とBiSHの始動を宣言。

BiSH(ビッシュ)は別名・新生クソアイドル(「Brand-new idol SHiT」)だったが、avexに失礼ということでこの肩書は今は使われていないようだ。
しかし、ファンのことを「清掃員」と呼ぶなどその名残は未だにある模様…!?

サウンドプロデュースはかつてBiSを手掛けていた松隈ケンタ氏。
ちなみに夢みるアドレセンスのメジャーデビューシングル『Bye Bye My Days』を手掛けたのもこの人。

元々BiSの音楽は好きだったんですよね。
それで何となくBiSHのアルバムも聴いてみたのだけど…これがメッチャカッコイイわけですよ。


ROCK好きの自分に突き刺さったわけです。

ちなみに一応アイドルグループらしいのだけど、推しメンはおらず…

そもそもメンバーの顔と名前すら一致しない。
BiSHのサウンドだけが動機で今回初めてLIVEに参戦してみようと思ったわけです。

20160327_02.jpg

チケットはギリギリで買ったので、『最後方でいいや』と思って開演15分前に到着したら…
まだ半分くらいしか入場してないという。。。
開場が遅れたのかもしれないけど、この手際の悪さだけは残念だったなぁ。

品川ステラボールのキャパは約2000人なのだけど、自分の整理番号から考えると”ほぼ満員”だったと思う。
まだメジャーデビューしていないのに人気あるんだな…と驚いた。
女性ファンも結構多かったりして更に驚いた。

20160327_03.jpg

20160327_07.jpg

ロビーの柱や壁のいたるところに「リフト禁止」の注意書きが。

音楽から想像するに、かなり激しいLIVEであることは間違いないだろう。



全員が入場し終わったか否か?という絶妙なタイミングで開演。
ロッカーに荷物を入れていた人の中には間に合わなかった人もいるかもしれない。

20160327_05.jpg
※撮影可能LIVE

いよいよLIVE開演!!
某48グループのようなダラダラ長いMCは一切無し!!
ノンストップで最後まで駆け抜ける凄まじいLIVEだった!!ヾ(≧∀≦*)☆彡

音楽目当てで参戦した自分としては嬉しい誤算だったわー。

「楽器を持たないパンクアイドル」と銘打ってるだけあって、観客のノリはロックバンドのLIVEそのものだった。

モッシュ、ウォール・オブ・デスはあったものの、「リフト禁止」の注意事項はきちんと守っていてイイ感じだった。
クラウドサーフィンもなかったと思う。
その点ではBABYMETALのLIVEの方が激しさは上かな。

途中まで後方から様子見していたけれど、メッチャ汗かいた。。。

20160327_06.jpg

巨大フラッグなんかも出てきたりして、観客の一体感が凄かった。。。

■BiSHのパフォーマンスについて
生歌がメッチャ上手かった。
CDと比べても遜色なくて正直驚いたよね。

ダンスについては本格的なアイドル(?)に比べれば緩いけれど、初見でも振りコピできる絶妙な緩さがイイ感じ。振りを完全に覚えて振りコピできるようになるとLIVEを更に楽しめそう。

アンコールの最後は『星が瞬く夜に』 6連発という凄まじい内容だった。
メンバーの体力と声、良く持ったな…。



LIVEは想像以上に楽しかった。

6月から始まる全国ツアー『Less than SEX TOUR』にも参戦したいと思った。




Posted by りすお [RIS-O] on 27.2016   0 trackback

容姿の優劣や障がいの有無はモテない理由にならない

Category : Diary
大ベストセラー『五体不満足』の著者として有名な乙武洋匡さんの不倫問題。
世間のイメージとのギャップもあったせいか大きく取り上げられていますね。

不倫は当事者同士の問題だと思うし、別に自分が被害を受けたわけじゃないので…
不倫問題自体はどうでもよいのだけど。

「モテる/モテない」の境界線って、「イケメンか否か」じゃないんだなーと改めて感じた次第です。

















この手のツイート多すぎ(笑)

『乙武さんは有名人だから』
『乙武さんはベストセラー作家で金持ちだから』

上記のような意見も凡人のやっかみにしか思えません。

悔しいなら自分が有名人になればいいわけだし、女性の方から寄ってくるようなお金持ちになればいいこと。

結局、そのレベルまで自身を高めていった本人の努力・才能の賜物なんですよね。

あ、今回のエントリは別に不倫を擁護しているわけではないので。
その点はお間違いなく。





Posted by りすお [RIS-O] on 26.2016   0 trackback

元SDN48メンバー KONAN・木本夕貴が有吉ゼミで汚部屋を披露!?

Category : SDN48
元SDN48 2期生メンバーの中心的存在として活躍していたKONAN、木本夕貴の2人が揃って『有吉ゼミ』の収録に参加。






どうやらその収録の模様が3月28日に放映されるようだ。

20160324_01.jpg

『ごみ屋敷女にあ然』
番組紹介を見る限りでは…またしても汚部屋アイドルとして登場!?

20160324_02.jpg

実はKONAN、2015年11月に放映された『有吉ゼミ』に出演していたりする。

20160324_03.jpg
20160324_04.jpg

ロンドハーツに出演するようになって売れて引っ越したんですね。分かります←

20160324_05.jpg
20160324_06.jpg

やはり「元SDN48」のブランド力は今でも健在らしい。

20160324_07.jpg

ポテチ食い散らかしっぱなしヽ(´ー`)ノ

20160324_08.jpg

ゴミに囲まれた芳香剤ヽ(´ー`)ノ

KONAN:これで調和される(臭いが

20160324_09.jpg

石黒:(調和じゃなくて)中和でしょう(大爆笑

20160324_10.jpg
20160324_11.jpg

なぜかゴミ置き場が9ヵ所もあるKONAN宅

20160324_12.jpg
20160324_13.jpg

布団は10年使用

20160324_14.jpg

枕にはヨダレの模様が(;´・ω・)

20160324_15.jpg

石黒悶絶

20160324_16.jpg

KONAN:アカン!これ放送できない!(w

20160324_17.jpg

洗面所の排水口には大量の毛が…

20160324_18.jpg

恐ろしい絵になってしまったのでTV側でモザイクw

20160324_19.jpg
20160324_20.jpg
20160324_21.jpg

無事KONAN家が綺麗になりましたo(´▽`*)/♪

今回も同様の企画で登場!?
きーぼー(木本夕貴)も出演しているから違うのかな?



とはいえ、きーぼーも結構女子力に疑問があるからなぁ…ヽ(´ー`)ノ

元SDN48のメンバーがゴールデンタイムの番組でどれだけの爪痕を残しているのか、しっかりと確認したい(`・ω・´)
Posted by りすお [RIS-O] on 24.2016   0 trackback

レコメンダー presents 春日組魂2016

Category : LIVE
レコメンダー presents 春日組魂2016に行ってきました(*・∀・)ノ

20160323_01.jpg

・吉田山田
・PASSPO☆
・Silent Siren

上記3組がLIVEを披露するイベント。

PASSPO☆もSilent Sirenも好きな自分としては俺得イベントでした(`・ω・´)

駄菓子菓子!!

お互いのファン層がかぶっていないのか!?

会場となったTokyoDome City Hallはガラガラ(汗

あれ? PASSPO☆もSilent SirenもワンマンLIVEでTDCホール埋められる人気あるよね!?
対バン(もしくは集合イベント)だと急激に客が減る法則発動したか…。

以前、Silent Siren×中川翔子という人気アーティスト対バンLIVEが行われたのだけど、
六本木のEXシアターが急遽オールスタンディングから指定席制になったりした前例があるからなぁ…。

■開演直前の会場の様子
20160323_02.jpg
20160323_03.jpg

TDCホール1階席は半分程度、2F~3F席は空っぽ(0人)で、アリーナは3分の1しか埋まってなかった。。。

ぶっちゃけ3000人収容のホールで600~700人くらいしかいなかったんじゃないかと(;´・ω・)
こりゃイベンター大目玉食らってるだろうな…。

プラチナムプロダクションではPASSPO☆の方が先輩のはずだけど、トリを飾ったのはサイサイだった。

1.チェリボム
2.八月の夜
3.吉田さん
4.BANG!BANG!BANG!
5.secret base~君がくれたもの
6.ぐるぐるWonderland
7.ビーサン

1曲目の『チェリボム』ではPASSO☆のメンバーがバックダンサーとして登場してくれたヾ(≧∀≦*)☆彡
華やかだったわーヽ(´ー`)ノ

PASSPO☆はバンド形式の”バンドPASSPO”もあったりして見所があったなー。
演奏も初期の頃より格段に上手くなってた!!



しかし、皆大人になったなぁ。。。

MCではゆかるん(黒坂優香子)の愛犬「ここたん」の太り過ぎ疑惑でPASSPO☆メンバーからも、サイサイメンバーからもイジられまくっててウケたw

PASSPO☆なちゅ:ゆかるんの愛犬「ここたん」は柴犬だよね?

他のPASSPO☆メンバー:いやいや、チワワだから!!(観客w

なちゅ:ちょっと太すぎない!?

(サイサイMCにて)
ゆかるん:ここたんの体重は現在ちょっと減って6.5kgなの!

山内あいな:ちなみにチワワの平均体重は3kgくらいだからね(観客ww

その他、吉田山田ネタでMCが大幅に伸びたりして、
相変わらずサイサイメンバーはトークも面白かったなーヽ(´ー`)ノ

今日のイベントでは(各地で行われている)リリースイベントよりも近距離でサイサイメンバーが見られたし、近年まれに見る穴場イベントだったなー。












Posted by りすお [RIS-O] on 23.2016   0 trackback

『マクロスΔ(デルタ)』 放送直前 ルンピカ上映会

Category : Movie
『マクロスΔ(デルタ)』 放送直前 ルンピカ上映会に行ってきました(*・∀・)ノ

大人気アニメ「マクロス」シリーズの最新作イベントです。

20160321_01.jpg
TOHOシネマズ新宿

本放映は4月からなのだけど、今日のイベントでは第1話と2話を先行上映するというイベント。

20160321_02.jpg

ロビーにはマクロスΔ登場人物の巨大POPが
↑この3人は本作で三角関係になる主人公&ヒロインですな。

20160321_03.jpg

歌で狂人化した人間を鎮める戦術音楽ユニット「ワルキューレ」のメンバー

20160321_04.jpg

ベールに包まれた敵集団。

今作は主要な登場人物が多め。

20160321_05.jpg

今後発売予定のフィギュアの監修も行われているらしい。

20160321_06.jpg

こちらは着色済

■イベントの流れ
・司会者(吉本の若いお笑い芸人)登場~オープニングトーク(短め)
・マクロスΔ 1話~2話 上映
・総監督、監督、キャスト登場~トークイベント(40分超!)
・ヒロイン:フレイア ヴィオン役の鈴木みのりさんミニライブ2曲
  (『恋!ハレイション THE WAR』 『ルンがピカッと光ったら』)

15:00イベント開始で終演時間は17:00頃
アニメはTVサイズなので各々21分 (監督が21分と言っていたので間違いないはず)

想像以上にボリューミーなイベントだった。

アニメの方は”ネタバレなし”ということなので、特にここに書くことはなく…。

ただ、昨年末にBSで放映されたマクロスΔの特番(0.89話)では『えーっ!! ここで終わるか!!!!』というタイミングで『続』になっていたと思うのだけど、再編集した第1話も物凄いタイミングで終わる(笑)
先が気になって仕方なかったけれど、すぐに第2話が始まってくれて良かったヽ(´ー`)ノ

ちなみに0.89話は25分だったけれど、再編集された第1話は21分に凝縮されているとのこと。
ちなみに第1話では0.89話に含まれなかったエピソードもいくつか盛り込まれているため、カットされた部分が結構あるらしい。
そういう意味では0.89話は貴重かもしれない。

そもそも監督&キャストのトークといっても通常の映画の舞台挨拶みたいな短い挨拶を想定していたので、これほどトークイベントに時間を割いてくれるとは思わなかった。
声優陣は既にかなり仲良くなっているようで、大盛り上がりのトークイベントだった。
ちなみに本日の登壇者は以下の通り。

・河森正治(総監督)
・安田賢司(監督)
・内田雄馬(ハヤテ・インメルマン役)
・鈴木みのり(フレイア・ヴィオン役)
・瀬戸麻沙美(ミラージュ・ファリーナ・ジーナス役)
・小清水亜美(美雲・ギンヌメール役)

小清水さんは前作『マクロスF』のオーディションも受けていたとのこと。
前作では残念ながらキャストに選ばれなかったため、今作に参加できることになって喜びもひとしおなのだとか。

トークイベント終了後、今作で大抜擢された声優初挑戦の新人 鈴木みのりさんのミニLIVEが行われた。

本日が初イベントとは思えない堂々としたパフォーマンスに一同驚きを隠せなかった。

何より驚いたのは歌の上手さ!!
生歌なのにCDのような正確なメロディと力強い歌声。

マクロスFで中島愛が出てきたときも『すごい子を発掘してきたな』と思ったのだけど、
今作のヒロイン鈴木みのりさんも素晴らしい。

ちなみに今作マクロスΔの音楽を担当しているのは残念ながら菅野よう子さんではないのだけど、
今作の歌/曲もクオリティが高く、マクロスFと比較して明確にグレードダウンしているとは思わなかった。

マクロスFの主題歌『ライオン』は各方面からの評価が高く、数多くのアイドルがLIVEでカヴァーしていたり、カラオケの人気曲になっていたりするのだけど、今作マクロスΔからもそういった名曲が生まれるのだろうか。

4月からの放映開始が楽しみだ。



Posted by りすお [RIS-O] on 21.2016   0 trackback

東京パフォーマンスドール 「逆光×礼賛」 リリースイベント

Category : Music
東京パフォーマンスドール ニューシングル「逆光×礼賛」 リリースイベントに行ってきました(*・∀・)ノ

本日のリリイベ会場は池袋の東武百貨店8F スカイデッキ広場

屋上&屋外の開放的な会場です。

雨が降ってしまうとリリイベ中止になってしまうというデメリットがあるものの…

最近雨続きでモヤっとした天気が続いていたのだけど、
今日は嘘のように晴れていて気持ちが良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

直射日光で暑いくらいだった。



今日の衣装はコンサートで実際に使用されていたもので、ゴージャスな感じで格好良かったなーヽ(´ー`)ノ

1部(昼の部)は観客がやや少な目だったものの、それにしては女の子の数が結構多くて驚いた。

東京パフォーマンスドール(TPD)のミニライブは曲数が多いからお得感がある。
普通アイドルのリリイベミニライブと言えばせいぜい3~4曲だからね。



第二部(夕方の部)は驚くほどにファンの人数が多かったΣ(゜Д゜;)

第一部の倍くらいいたんじゃないかな?

ヲタクは夜型が多いのだろうか…。
それとも第二部はSPライブだから集まったのかな?



「SPライブ」と銘打っていただけあって、ミニライブとは思えないボリューム!

途中でユニット曲を挟みつつ、ノンストップで9曲も披露してくれましたヾ(≧∀≦*)☆彡

TPD素晴らしいっ!!

しかし、リーダーの高嶋菜七さんがMCでちょこちょこ言い間違いしていて面白かったw

このパフォーマンスが無銭で見られちゃうんだから都内って凄いわー。

山手線沿線に引っ越して移動も楽ちんになったわけで…
これからスケジュールが空いていれば他のアイドルのリリイベも色々行ってみたくなったヽ(´ー`)ノ

TPDの最新シングル「逆光×礼賛」の作曲・編曲を手掛けたのはaccessの浅倉大介さん。
T.M.Revolutionのプロデューサーとしても有名ですね。

冒頭から浅倉大介節が効いてるダンサブルな良曲だと思う。

イベント進行の人(マネージャ?)いわく、『浅倉大介さんのファンで、今回TPDを初めて見にきて好きになりました』という女の子もチラホラいたりして、それがとても嬉しかったらしい。
なるほど、それでリリイベに女の子が増えたのかーヽ(´ー`)ノ

ちなみに4/29にリリースされる夢アドの新曲はKEYTALKとドレスコーズのメンバーが書き下ろした両A面シングルになるのだけど、各々のバンドのファンの女の子がリリイベに来てくれたりするのだろうか…





Posted by りすお [RIS-O] on 20.2016   0 trackback

『株式ディーラーのぶっちゃけ話』

Category : Book
先日発売された『株式ディーラーのぶっちゃけ話』を読んだ。

20160320.jpg

自分がいつも購読しているような投資に役立つ本(雑誌)ではなく、
株式ディーラーの仕事をドキュメンタリーっぽくまとめた読み物。

読み物として普通に面白かった。

とある証券会社の中途採用のテストは想像以上に厳しく、500万円の資金を元手に150万円の利益を上げなければクビとか。
(なんと月利30%!)

ディーラーとして長く生き残っているのは順張りの投資家であるとか。

『高値で買って高値で売れ』は名言だと思う。

結局、株式ディーラーとは会社の金を使うデイトレーダーであり、
凄まじい集中力と先見の明を持っていなければ生き残れない。

自分はFX(為替取引)でデイトレーダーっぽいことをやったことがあるけれど、
メチャメチャ難しいし、薄利多売で儲からない。
2~3日で決済するスイングトレードならまだしも、デイトレードは激ムズといっていいだろう。
買った瞬間に逆方向に動き出すし、たまに上手くいっても利益確定する前に下がってきちゃったり…。

今、僕は本業のサラリーマンをしながら投資も行っている兼業投資家だ。
決済期限や時間に縛られないのは個人投資家の強みではあるけれども、損失が積み重なるとさすがに心が折れる。

僕は今後、個人投資家として生き残ることが出来るのだろうか。。。

Posted by りすお [RIS-O] on 19.2016   0 trackback

原油ブルETNが原油価格に連動していないと話題に

Category : investment
原油価格の値動きに連動し、その騰落率の約2倍の値動きをする「NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN」

この商品(原油ブル)は株式市場で簡単に売買できることから、投資家にも人気の商品である。
(銘柄No.2038)

原油価格の下落により、ガソリン価格が連日安値を更新しており、ニュースで頻繁に放映されている。

原油価格の反騰を狙って原油ブルETNを買っている投資家も多いのだが…
この原油ブルETN(2038)、値動きがどうも不可解なのである。
























以前、原油価格40ドルだったときの原油ブルETNの価格は1500~2000円だった。
一度26ドルまで下落してから再び40ドルまで回復した現在の原油ブルETNの価格は1000円。。。

■商品説明
NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN

対象指標の値動きに関する留意点

NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN(以下、「本ETN/JDR」)の対象指標である日経・東商取原油レバレッジ指数は、日々の騰落率が、日経・東商取原油指数の騰落率の2倍として計算される指数です。ただし、2営業日以上離れた期間における日経・東商取原油レバレッジ指数の騰落率は、一般に日経・東商取原油指数の2倍とはならず、計算上、差(ずれ)が不可避に生じます。
2営業日以上離れた期間における日経・東商取原油レバレッジ指数の騰落率と日経・東商取原油指数の騰落率の2倍との差(ずれ)は、当該期間中の値動きによって変化し、プラスの方向にもマイナスの方向にもどちらにも生じる可能性がありますが、一般に、 日経・東商取原油指数の値動きが上昇・下降を繰り返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなります。また、一般に、期間が長くなれば長くなるほど、その差(ずれ)が大きくなる傾向があります。
したがって、本ETN/JDRは、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。


http://nextnotes.com/lineup/detail/oilbull.html



商品説明には確かに「”ずれ”が大きくなる」とは書いてあるけれど…
原油価格が以前と同じ水準まで戻ってきたのに価格が2分の1って…いくらなんでもこれはヒドイ。

こんな事になるのなら、純粋に原油価格に連動するNEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型上場投信(銘柄No.1699)を2倍買っていた方が良いですな。

原油価格が100ドルあった時代、この商品(原油ブルETN)の価格は10000円超だったわけで。
一攫千金を夢見て買っちゃった人、多いんだろうなぁ。

20160318.png
Posted by りすお [RIS-O] on 18.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス YUMELIVE! Vol.37

Category : LIVE
夢みるアドレセンス定期公演 YUMELIVE! Vol.37に行ってきました(*・∀・)ノ

20160317_01.jpg

入場チケットを貰いにロビーに入ったところ、巨大なスタンド花が。

20160317_02.jpg

あ、そうか。
もうメジャーデビューしてから1年が経とうとしているのか。。。
時の流れは速いなー。

最近はゴッドタンやMUSIC JAPANなどTV出演も徐々に増えてきて上り調子の夢アド。
最近のYUMELIVEはほぼ満員に近い混雑だったのだけど、今日のYUMELIVEは意外なほどに観客が少なかった。
(それでもAKIBAカルチャーズ劇場で公演をやっている他のアイドルグループより多いと思うけど)

やはり一昨日Negiccoとの2マンLIVEがあったばかりだし、
平日に2日もヲタ活をするのは結構厳しいのかもしれない。

もしくは皆 欅坂46のメジャーデビュー前LIVEに足を運んでいるのかも(汗

最近のYUMELIVEはセットリストが偏っていて、『とりあえず「キャンディちゃん」と「ひまわりハート」入れておけばいいでしょ?』みたいな感じだったから、ファン(ユメトモ)も流石に飽きてきたのかも。
しかも衣装は『舞いジェネ!』もしくは『ステルス部会』のほぼ2択だったからね。

駄菓子菓子!!

今日のYUMELIVEはレアなセットリストで良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

衣装は久々の白ジャケットだった。

セットリストは歴代のシングルを順にパフォーマンスしていくというものだった。

■本日のセトリ
1.泣き虫スナイパ→
2.純情マリオネット
3.マワルセカイ
4.証明ティンエイジャー
5.Bye Bye My Days
6.サマーヌードアドレセンス
7.舞いジェネ!(Encore)

うぉー、『サマーヌードアドレセンス』はなんだか久しぶりに聴いた気がする。
そういう意味では『純情マリオネット』なんかもレアか。

通常のYUMELIVEでは1曲パフォーマンスした後に自己紹介MCが来るのだけど、今日は2曲続けてパフォーマンスしていて、『アレ?いつもと違うぞ!?』と…。

ちょうど明日で夢みるアドレセンス メジャーデビュー1周年!ということで、こういうセトリにしてきたっぽいけれど、
最近のYUMELIVEはややマンネリ化してきてるから、外イベントや2マンLIVEではやらないようなレア曲を定期公演でやっていくのが案外良かったりするのではないだろうか。

今日のMCも面白かったなーヽ(´ー`)ノ

山田朱莉の弟が『ゆうみん(志田友美)だけは推さない!』と言っていたのはウケた。
リーダー荻野可鈴が”リンス洗い流さないままリハーサルに出ていた”というエピソードは天然を超越しているような(汗



メンバー達のビジュアルもさることながら、初期のカッコイイ楽曲が気に入って夢アドのファンになった経緯があるので、今日のセットリストは嬉しかったなーヽ(´ー`)ノ





Posted by りすお [RIS-O] on 17.2016   0 trackback

夢みるアドレセンス×Negicco 夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~ 第1夜 ユメトモの新橋

Category : LIVE
夢アド春の3番勝負 ~Road to Zepp DiverCity~ 第1夜 ユメトモの新橋に行ってきました(*・∀・)ノ

会場はshimokitazawa GARDEN (下北沢ガーデン)

20160315_01.jpg

夢アドはよくこの会場を使っているイメージがあるなー。

20160315_02.jpg
20160315_03.jpg

今回の3週連続2マンLIVEの主旨は、夢みるアドレセンスがZepp DiverCity Tokyoを満員にするべく、
地図上でどんどんお台場に近付いていく…というもの。

『第1夜 ユメトモの新橋』 (2マンの相手はNeggico)
『第2夜 ユメトモの汐留』 (2マンの相手はバンドじゃないもん)
『第3夜 ユメトモの竹芝』 (2マンの相手は東京女子流)

新橋、汐留、竹芝と銘打っているのだけれども、会場は全て「下北沢ガーデン」という(笑)
夢アドメンバー(京佳)が以前のYUMELIVEで自虐的にそう話していてウケた。

持ち時間はNegicco、夢アドそれぞれ50分程度だったかな。
最後アンコールがあったりしたので夢アドの方が若干長めだったけれど。

夢アドの曲にNegiccoメンバーが混ざったり、その逆もあったり…
アンコールでは荻野可鈴、小林れい、京佳の3人が緑のタイツを履いて(Neggicoスタイル?)で「圧倒的なスタイル」を歌ったり。
こういうコラボは2マンならではだと思った。










Negiccoと夢みるアドレセンスに関して、女子アイドル界ではそれなりにネームバリューと人気がある2組だと思っていたのだけど、プレイガイド(イープラス)だとギリギリまでチケットが余っている状態だったから、後ろの方が閑散としていたらどうしよう…!?と思っていたのだけれども…



蓋を開けてみたらかなり埋まっていたみたいで良かった。

しかし、平日とはいえ下北沢ガーデンクラスのライブハウスがSOLD OUTにならないとは。。。。

Zepp DiverCity Tokyoも平日(6/17 金曜日)だから厳しいんじゃないか…と思ってしまった。

TPDみたいに後方ガラガラでも気にせず突っ走るスタイルも嫌いじゃないけど←



『同じ人間とはおもえなかった』だなんて、、、
Negiccoさんリップサービス流石だなぁヽ(´ー`)ノ

そういえば、MUSIC JAPANで観客を凍り付かせた(?)例のフレーズ

『カワイイだけじゃダメなんですか!?』をキャッチフレーズとしてゴリ押しするようになったんだね…

20160315_05.jpg

夢アド:『カワイイだけじゃダメなんですか!?』

20160315_06.jpg

夢アド以外のファン:何言ってんのこの人達…。

20160315_07.jpg

夢アド:ホントごめんなさい! そんなこと思ってないんです。

今後これが定番の流れになっていくのか…w



Posted by りすお [RIS-O] on 15.2016   0 trackback

今夜放送 「関ジャム 完全燃SHOW」がYOSHIKIのLAライフを密着取材

Category : Music

「関ジャム」でYOSHIKIのLAライフを横山・安田・錦戸が現地取材、X JAPAN新曲の本邦初公開も
music.jpニュース 3月6日(日)16時10分配信

20160313_01.png

関ジャニ∞がホストを務めるテレビ朝日系「関ジャム 完全燃SHOW」の2016年3月13日(日)放送分では、昨年8月に関ジャニ∞と「Forever Love」でジャムセッション&トークを展開したYOSHIKIのアメリカ・ロサンゼルスでの生活を、横山裕・安田章大・錦戸亮が潜入取材した時の様子をオンエア。未公開のX JAPANの新曲のコーラス録りを特別体験するほか、高級レストランでの豪華晩餐会などの模様も放送される。

●“即興ピアノ×ギター”でジャムセッション再び!?

●X JAPANの新曲を本邦初公開&コーラス録りを特別体験

●YOSHIKIとの豪華晩餐会、そして酔った安田がまさかのリクエスト!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160306-10115657-lisn-musi



ロサンゼルスに白亜の豪邸を構えるX JAPANのYOSHIKI

以前チラッと紹介されたYOSHIKIのベッドルーム
20160313_03.jpg

その私生活は謎に包まれているが、今夜放送の「関ジャム 完全燃SHOW」でその一部が明らかになる…!?

20160313_02.jpg

残念ながらX JAPANのウェンブリー・アリーナ公演とニューアルバムの発売は延期になってしまったけれど、
ドキュメンタリー映画は予定通り公開されるようだし、これからYOSHIKIのメディアへの露出が増えると思うと楽しみだ。

X JAPANドキュメンタリー映画『WE ARE X』 FILM TRAILER


 
Posted by りすお [RIS-O] on 13.2016   0 trackback

MONOEYES 初の映像作品『Cold Reaction Tour 2015』の裏ジャケットが笑える

Category : Music
20160312_01.jpg

the HIATUSの細美武士が結成した新バンドMONOEYES

水曜日に初の映像作品『Cold Reaction Tour 2015 at Studio Coast』がリリースされたのでGET

まず気になったのが裏ジャケット

20160312_02.jpg

ツッコミどころが多すぎる…。

20160312_03.jpg

え、普通こういう表情をジャケットにする!?(笑)

LIVE中の”明らかに悪意のある一枚”をそのまま載せちゃったような感じ。

ラジオ『Headgehog Diaries』に早速裏ジャケに関する質問が寄せられていたのだけど…

どうやらメンバーのオモシロ写真をチョイスしたのはメンバーのスコット・マーフィーだったようだ。

しかし、よくコレをOKにしたなぁヽ(´ー`)ノ

遊び心満載の彼等に乾杯。

録画を消化するのが精一杯で実はまだ映像を見られていないのだけれども、
MONOEYESのメンバーいわく、ボーナストラックとして収録されているドキュメンタリー映像が何度も見返しちゃうほど面白いらしい。

個人的にボーナストラックはあくまで”おまけ”であり、見忘れてそのまま時が経過してしまうことが多いのだけれども、この作品に関してはきちんと見てみようと思う。



Posted by りすお [RIS-O] on 12.2016   0 trackback

タクシー初乗り料金が安くなるらしい

Category : Diary
電車やバスなどの公共輸送機関に比べて超がつくほど割高なタクシー。

20160311_02.jpg

どうやら世界的な水準から見ても日本のタクシー料金は高いようだ。

20160311_03.jpg
20160311_04.jpg
20160311_05.jpg

かくいう自分も仕事以外でタクシーを積極的に使おうと思ったことは無い。

ハッキリ言ってタクシーはブルジョアの乗り物だと思ってる。

しかし、そんな現状を打破してくれるかもしれない検討会が開かれたらしい。

20160311_01.jpg

20160311_06.jpg

20160311_07.jpg

初乗り料金が730円だとなかなか利用しようと思わないのだけど…

20160311_08.jpg

初乗りが300円台ならば『疲れてるから今日はタクシー使おうかな』と思える。

自分の初海外はシンガポールだったのだけど、現在”世界一物価が高い”シンガポールでもタクシーの初乗りは300円程度だった。
当時は円高だったという事情もあるけれどね。

有名な船の形をしたホテル『マリーナ・ベイサンズ』から川を挟んだ向こう側にマーライオンが見えるのだけど、わざわざMRT(地下鉄)に乗って見に行くのも面倒だな…と思い、タクシーを利用したのだけど料金がものすごく安くて驚いた。

ひょっとして日本のタクシー料金は高いのか?と、このタイミングでようやく疑問に思うようになった。

ガソリンよりもミネラルウォーターの方が値段が高かったりする国も結構あるようで、そうした事情も海外に出たことが無い人には分からないだろう。

シンガポールのタクシー料金が安いことに気づいた僕達は、調子に乗ってタクシーを使いまくっていたのだけど…

『聞いたことがないホテルだ。どこにあるか分からないよ』と早口の英語で言われ、かなり焦った(笑)

シンガポールは観光業が盛んでホテルが山ほどあるからね。

20160311_09.jpg

なんでもかんでも外国の真似をすれば良いというものではないが、
外国の良い部分はどんどん取り入れていくべきだと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 11.2016   0 trackback

Welcome! [Alexandros] LIVE 2016 東京

Category : LIVE
Welcome! [Alexandros] LIVE 2016 東京に行ってきました(*・∀・)ノ

20160310_01.jpg

新進気鋭の人気バンド[Alexandros]

JAPAN NIGHT ジャカルタLIVEでVAMPSと共演(対バン)していたり、
その他WOWOWや地上波の音楽番組で彼等の音楽を聴く機会が増えて何となく気になっていた今日この頃。

20160310_02.jpg

TV越しのLIVEだと音質がイマイチ伝わりづらかったのだけど、
CDのクリアな音源を聴いてみたらメッチャ良かったヾ(≧∀≦*)☆彡

20160310_03.jpg

『ワタリドリ』のイメージが強かったから、ああいうミドルテンポな音楽を得意とするバンドだと思っていたのだけど…
電器店の店頭や有線でかかりまくっていた『Girl A』が気になっていたこともあり、CDアルバムを聴いてみたらメッチャROCKだったΣ(゜Д゜;)



『ワタリドリ』といい『Girl A』といい、音域がメッチャ広い!
とにかくサビのキーが高い!(裏声もあるけれど)

一応音楽好きなので10代~20代前半の男女が好きそうな邦楽ROCKバンドも聴いていたりするけれど、
Vocalの声や歌い方が苦手だったりしてどうもしっくり来ない…。

でも、[Alexandros]のVocal川上洋平さんの歌声は良い!!

更にもう一つプラスになるポイントがあって、それは彼らのファッション。

最近のバンドはあくまで”音楽で勝負”するつもりなのか、Tシャツにギターを担いで…みたいなスタイルの人達も多い。

けれども、個人的に”ミュージシャンは格好良くあれ!”というモットーがあるので、
ステージ上ではそれなりにちゃんとした衣装 or 服を着てほしいんですよね。
そもそも上半身裸のYOSHIKIはどうなの?という質問は愚問です←

20160310_04.jpg
20160310_05.jpg

その点、[Alexandros]のメンバーはモード系でピシッと決めていてカッコイイ。
LIVEでは革ジャンではなくジャケットを着ていることが多いね。

ロッカーたるもの、やっぱり細身のパンツを履いてほしいわけですよ。
逆にHYDEさんのようにメッチャ緩めだったりするのも有り。

しかし、ハーフパンツみたいなラフなスタイルは『無いわー』と…(特定のバンドをディスっているわけではなく)

[Alexandros]に限らず、キーが高いバンドの場合、LIVEだと高いキーを出しづらそうにしていたり、
観客を煽って(自分は歌わずに)客に歌わせたりするバンドも多い中、[Alexandros]の川平氏はしっかりと高いキーも出ていて素晴らしかった。



今回のLIVEは純粋なワンマンとは違い、グッドモーニングアメリカの金廣真悟氏、9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎氏、andropの内澤崇仁氏を招いて各々のバンドの曲をコラボで歌ったり…




終盤では観客からバンドマンを募集してステージに上げ(!)メンバーの楽器を貸して『ワタリドリ』を演奏させるなど、普段のLIVEでは絶対に観られない特別なセッションが見られて面白かった。




非常に完成度が高いバンドで、これからワンマンLIVEがあったら是非参加したいと思えるバンドだった。

男性バンドなので観客が9割方女子だったらどうしよう…とガクブルだったのだけど、
最近男子も増えてきたようで会場内には男子もそれなりにいたし、『昔は女の子の黄色い声援ばかりだったんだけど、最近は男子の声も聞こえて嬉しいぜ!』とMCで言っていたので、男女問わず彼らの音楽は純粋に評価されているようだ。

Posted by りすお [RIS-O] on 10.2016   0 trackback

武田真治の筋肉と豪邸が何気にすごい

Category : TV
デビュー直後から中性的な雰囲気を持つ俳優としていきなりブレイク、
現在では「めちゃイケ」などバラエティ番組での活躍もしている武田真治

40代とは思えないルックスは『さすが芸能人』と感心してしまうのだが、
先日放映された『メレンゲの気持ち』で紹介された肉体と豪邸は想像の上をいくものだった。

20160308_01.jpg
20160308_02.jpg

顎関節症で一時期体調を崩していたという武田真治。

医者の勧めで体を鍛えはじめたそうな。

そういえばX JAPANのYOSHIKIもヘルニア対策で体を鍛えはじめたと聞いているし、
筋肉をつけることにより一部分にかかっていた負荷が分散されるのかもしれない。

20160308_03.jpg

『自宅にジムがある』との発言に一同驚きを隠せない。

20160308_04.jpg

筋トレは”ほぼベンチプレス”だそうな。

それであの肉体が生まれるのか…。

個人的には腕立て×腹筋×スクワットみたいなセット運動をしていたのかと勝手に思っていた。

20160308_05.jpg

タンクトップ越しにも分かる凄い筋肉

20160308_06.jpg
20160308_07.jpg

まずは30kgのベンチプレス×10回

20160308_08.jpg

そしてお次は50kg×10回

20160308_09.jpg

更に70kg×10回!!(゚Д゚ )

~ここでインターバル~

20160308_10.jpg

壁ピッカピカで相当良い材質の何かで出来ていることが分かる。

20160308_11.jpg

出たー!! 高級タワーマンションにありがちな天然石の廊下!!

20160308_12.jpg

廊下も壁もピッカピカだな・・・。

いつかはこういう邸宅に住みたいε٩(º∀º)۶з

20160308_13.jpg

筋トレ終盤は90kg×10回!!Σ(゜Д゜;)

普通の人だったら潰されるな…(汗

20160308_14.jpg
20160308_15.jpg

職業柄ひどい肩こりに悩まされている自分としては肩に筋肉をつけたいと思っている。

20160308_16.jpg
20160308_17.jpg

反省しながらも筋肉自慢(笑)

鍛えてる人ってなぜかタンクトップで筋肉を露出したがる傾向にあるような・・・w

20160308_18.jpg

自宅リビングには自慢のコレクションが。

天井埋め込み型の照明やカセットエアコンなんかも映ってて、相当良い豪邸に住んでいることが分かる。

俳優としては一時期の勢いはなくなったものの、バラエティ番組への出演やトランペット演奏で音楽番組に出演するなど、なんだかんだでTVに出演し続けている武田真治。

やっぱり芸能界は夢があるなーと思わせてくれるVTRであった。

ちなみに先日Yahoo!のエンタメランキング1位に輝いた『武田真治、「この場ではっきりさせておきます」と「ゲイ疑惑」を完全否定』発言があったのも同番組だったが、個人的には筋肉と豪邸が気になったので別角度から日記を書いてみた。
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2016   0 trackback

Silent Siren アルバム 「S」 リリースイベント at イオンレイクタウンmori 木の広場

Category : Music
ガールズバンド史上最速で日本武道館公演を行ったSilent Siren(サイレントサイレン)

通称サイサイのアルバム発売記念イベントに行ってきました(*・∀・)ノ

本日はリリイベラストの日。

日程的に今回はリリイベ行けないかな…と思っていたのだけど、
色々調整してギリギリで行くことが出来たヾ(≧∀≦*)☆彡

20160306_22.jpg

本日の会場は越谷にあるイオンレイクタウンmori

行ったことがある人は分かると思うけれど…
越谷のレイクタウンは死ぬほど広い!!

モール総延長:約1,090m(なんと1km)!!

そしてサイサイがイベントを行う「木の広場」は最寄りの駅から真反対の場所(汗

往復するだけで2kmのウォーキングが出来てしまうという健康的な会場(?)でした。

20160306_21.jpg
直筆サイン入りPOP

日本武道館、東京体育館といった8000人クラスの会場を埋めるほどの人気バンドに成長したSilent Siren

いや~、予想の斜め上を行く大・大・大盛況でしたΣ(・ω・ノ)ノ!

予め別日に優先エリア入場券を確保しておいて良かったヽ(´ー`)ノ

これじゃ朝イチに行っても優先券無理だったろうなー。

ちなみに今日のSilent Sirenのイベントは以下のような流れ。

・1部 ミニライブ+サイン会 (12:00スタート)

・2部 ミニライブ+撮影会 (15:00スタート)

ちなみに昨日と一昨日のリリイベを体調不良で休んでいたキーボードのゆかるん(黒坂優香子)
今日は見事に復活していました○(≧∇≦)o

駄菓子菓子!!

20160306_23.jpg

また体調悪くなっちゃうんじゃないか?と思うほどの大行列。

混雑を予想していたのかミニライブは3曲のみに抑えていたにも関わらず、
1部サイン会が予想以上に長引いて2部の開始時間ギリギリまで行っていた。

その影響で2部の優先エリア入場&ミニライブ開始時間が15~20分くらい押していた。

そんなハプニングがありつつも、リハーサル+1部+2部のミニライブを至近距離で鑑賞できて満足o(´▽`*)/♪

大きな会場だと演奏しているメンバー達を間近で見られないからね。

■1部 セットリスト
1.チェリボム
2.八月の夜
3.ぐるぐるWonderland

■2部 セットリスト
1.チェリボム
2.吉田さん
3.ビーサン

まさかリリイベで『吉田さん』(アルバム曲)を演奏するとは思わなかったなー。
メンバー達も『こういう形でやるのは初めて』と言っていたような。
新曲だから当たり前かヽ(´ー`)ノ

サイン会は定番の歌詞カードにサインを貰った。

■すぅ(吉田菫)サイン
20160306_24.jpg

■ゆかるん(黒坂優香子)サイン
20160306_25.jpg

■あいにゃん(山内あいな)サイン
20160306_26.jpg

■ひなんちゅ(梅村妃奈子)サイン
20160306_27.jpg

■撮影会
20160306_28.jpg

みんな髪の毛サラッサラで女子力高かった…(๑¯ω¯๑)

あーゆかるん可愛い(何度目

そしてさらに(・∀・)

20160306_29.jpg

Silent Sirenの楽曲をほぼ1人で手掛けている才能溢れる若きクリエイター「ナオキャン」ことクボナオキさんとも写真を撮ってしまった(/∀\*)

それにしてもこの身長差(^ω^;)(;^ω^)

高身長の小顔イケメンで作曲&演奏も出来るなんて完璧か!!

20160306_30.jpg

ナオキャンには歌詞カードの裏面にサインを書いて貰いました。

ブレイクしてからはリリースイベントが少なくなり、会える機会がかなり減ったサイサイだけど、
フランクな部分とフレンドリーさは昔と全然変わらなくて…
改めて今日直接会うことが出来て良かったなーと思った。


Posted by りすお [RIS-O] on 06.2016   0 trackback

石川恋 ファースト写真集 『LOVE LETTERS』 発売記念イベント

Category : idol
大ヒットベストセラー『ビリギャル』の表紙を飾った金髪ギャル。
そして『有吉反省会』で禊として黒髪に戻した後、飛ぶ鳥を落とす勢いで週刊誌や青年誌のグラビアに登場している大人気モデル/タレントの石川恋ちゃんの写真集発売記念イベントに行ってきました(*・∀・)ノ




20160306_01.jpg

写真集発売記念イベントの整理券はなんと完売!!

AKB48のようなグループアイドルならともかく、ソロのモデル/グラビアアイドルとしては異例のことです。

ちなみに前回この場所で行われた2016年カレンダーイベントの整理券も完売でした。

確実に石川恋の時代が来てる(`・ω・´)

撮影タイムがあったので久しぶりにデジカメ(SONY製のコンデジ)を使ってみました(*・∀・)ノ

20160306_02.jpg
20160306_03.jpg
20160306_04.jpg

最初は定番のピースばかりで、『あれ?モデルさんなのにバリエーションが少な(ry』と思ってしまったのだけど・・・

20160306_05.jpg
20160306_06.jpg

徐々にバリエーションが増えてきましたw

20160306_07.jpg

目をつぶっちゃった不意の表情も美しい!!
※自分のシャッタータイミングが下手なだけ

20160306_08.jpg
20160306_09.jpg
20160306_10.jpg

グラビア写真はフォトショで補正されていることが多いのだけど、石川恋は実物も美しかったε٩(º∀º)۶з

20160306_11.jpg

ゲットした写真集

露出はかなり高めなのだけれども、この写真集の撮影に向けて相当筋トレして絞ったらしく、
露出度の高い写真でも全然いやらしくない。
むしろ鍛え抜かれた腹筋とくびれが羨ましいくらい

20160306_12.jpg

サインはこんな感じ。

ちなみに発売記念イベントということでちょこっとだけ話せる時間があったのだけど、
前回のカレンダーイベントよりも時間が短く、ひたすら狩野英孝の話をしていたらすぐに終わってしまったw
(先日石川恋が出演した『ポンコツ&さまぁ~ず』に狩野英孝が出演していた)

どうでもいいけどツイッターのアイコン。

20160306_13.png

石川恋=ゆるキャラみたいになってるのが凄い気になる…w



【参考リンク】
石川恋 「2016年カレンダー」 発売記念イベント

先日2S写メを撮った橋本環奈は確かに可愛かったけれど、身長的に小さすぎて(^_^;)

やっぱり石川恋や夢アドの志田友美のようにスラッとしたスレンダー足長系が好きだなーと改めて感じた今日この頃。



 
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2016   0 trackback

Silent Siren イオンモール土浦のイメージキャラクターに就任

Category : Music
ガールズバンドSilent Siren(サイサイ)がイオンモール土浦のリニューアル イメージキャラクターに就任したとのこと。










公式ホームページを見たところ、現在はリニューアルオープンに向けた準備中のようだ。

20160305_20.png

どうやら全面改装というわけではなく、一部の店舗が閉店し、入れ替わりで新しい店舗が入る模様。

イオンモール土浦といえばSilent Sirenのリリースイベントでは必ずといっていいほど回っていた大規模ショッピングモール。

茨城県は首都圏ではあまりイベントやLIVEが活発に行われているイメージが無いのだけど、イオンモール土浦は何気に有名なアーティストやアイドルを結構呼んでいたりする。

サイサイの知名度・集客力とイオンモール土浦への貢献度が評価されたのかもしれない。

Silent Sirenと7cm(元SDN48メンバーのユニット)がコラボして、
イオンモール土浦でファッションショーを行っていたあの頃が懐かしいな…(๑¯ω¯๑)


2012年 ZIPレポーターを務めていた黒坂優香子

そういえばゆかるん(黒坂優香子)は体調不良で2日続けてリリースイベント欠席していたけれど、大丈夫なんだろうか。
インフルエンザになってしまったのかな…。
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2016   0 trackback

Silent Siren 最新アルバム『S』 メンバーによる曲解説

Category : Music
3月2日に発売されたSilent Siren(サイレントサイレン)の最新アルバム『S』

リーダーのひなんちゅ(Dr)がツイッターで曲解説をしているので、備忘録も兼ねて貼り付けておこうかと。
後で「お気に入り」を辿るのも手間がかかるからね。




























前作『サイレントサイレン』よりも今作『S』の方が断然良い!

”サイサイイズム”溢れるPOPでROCKな曲の数々が見事に凝縮されていると思う。
バラード曲が意外なほど少なくて驚いたけれど、LIVEで盛り上がりそうな曲ばかりで、春~初夏にかけて行われるツアーが楽しみだ。



タワーレコードのアルバムチャートでサイサイのニューアルバムは首位発進だった。

ショッピングモール内の吹きさらしの広場で20~30人相手に演奏していた彼女達が・・・感慨深いなぁ。


Posted by りすお [RIS-O] on 02.2016   0 trackback

ガールズバンド頂上決戦 ~SCANDAL, Silent Siren, SHISHAMOアルバム同日発売~

Category : Music













女性アイドルは数えきれないほどいるけれど、ガールズバンドとなると極端に数が少なくなる現状。

国内で1,2を争うメジャーなガールズバンドのアルバムが同日リリースって偶然にしては出来過ぎじゃないか?

リリースが比較的頻繁なシングルならいざ知らず、アルバムですよ。

20160301.jpg

かくいう自分はメジャーデビュー前後から応援しているサイサイことSilent Sirenのアルバムをフラゲ。

仕事を早く切り上げて久しぶりにメンバー達に会いに行こうとしていたのだけど、
出張先の栃木県から渋谷への道のりは想像以上に遠かった…_| ̄|〇

実績・知名度の点で考えると日本武道館公演や横浜アリーナ公演を早い段階で経験しているSCANDALが有力だけれども、純粋にCDの売上枚数となるとリリースイベントを行っているサイサイが有利かな!?

10代の頃はCDランキング番組で売れているアーティストの情報を必死にかき集めていたけれど、
大人になった今は『自分が好きな音楽を聴ければそれでいいじゃん』という悟りの境地に達したヽ(´ー`)ノ 


Posted by りすお [RIS-O] on 01.2016   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend