映画 『Over The L'Arc-en-Ciel』

Category : Movie
8日間限定公開の映画『Over The L'Arc-en-Ciel』を観てきました(*・∀・)ノ

20141212_01.jpg
20141212_02.jpg

ご覧の通りL'Arc~en~Cielのドキュメンタリー映画で、
内容は主に世界14都市を回り17公演を行った“WORLD TOUR 2012”に密着したもの。

ラルクメンバーは芸能人御用達のアメブロでブログをやっていないため”普段何を思い、何を考えているのか”がベールに包まれているバンドだと思う。
※VAMPSのツイッターはhyde本人が書き込むことも多いし、各々のメンバーはファンクラブサイトでは日記を書いているのかもしれないが。。。

「バンド結成20周年を迎えた記念すべき年にWorld Tourを行った意味」、「20年もバンドを続けてこれたのは何故だと思うか?」などが語られていてファンには興味深い内容だったんじゃないかな。
ただ、自分はHYDEの自伝本を読んでいたこともありさほど目新しい内容は無かったかなーという印象。

映画を観ていて、その昔、MステでAKBメンバーだったか女子アナだったか・・・

『20年もバンドを続けてこれた秘訣は何ですか?』とラルクに質問して、
即座にhydeが『(お互い)干渉しないこと』と答えたことを思い出した。

メンバーがそれぞれ40代に突入しているという事もあると思うけれど、
基本的には皆落ち着いていて、ドキュメンタリーは淡々と進んで行く感じだった。
※外国人のコンサートスタッフにも『ラルクのメンバーは普段皆静かだね。西洋のバンドだとやかましいのが多いのだけど』と言われていた。

スキャンダラスな事件や体力の限界により過呼吸に陥るメンバー、更には卒業ネタに衝撃が走るAKB48のドキュメンタリーとは大違いで(当たり前
そういった仰々しいお涙頂戴の展開を期待していると拍子抜けするかも。

ただ、コンサートスタッフにキツく注意するTETSUYA、hydeの様子がガッツリ収録されているのは貴重かも。
LIVEでは2人ともゆったりとした口調で喋っているので物腰が柔らかい印象を持っている人も多いと思うけれど、やはり彼等はプロなんだなぁ…と改めて再認識した。
ステージの演出に対するこだわり・美意識が垣間見られた感じ。

L'Arc~en~Cielは他のバンドと違って特に難しいバンドだと思う。

TETSUYAの発言だったかhydeだったか…
『有名になるバンドって大抵1人のカリスマがメンバー全員を引っ張っていく形が多いと思うのだけど、ラルクはそうじゃない。メンバーそれぞれが曲を書くし…(以下略』

hyde:てっちゃん(TETSUYA)がリーダーだからって常に彼が気を配って調整しているわけじゃない。僕が気を遣うこともあるし、意外だけどKenちゃんが気を遣っていることもある。

hyde:多分、みんなが自分の我を通していたらバンドは2~3年で解散していると思いますよ。

メンバーそれぞれがアーティストであり、お互いにリスペクトしつつ気を遣ってこれたからこそ20年も続けてこれたのだろう。ただ、「気を遣う=我慢する」にニアリーイコールということでもあるから、それなりにストレスが溜まるわけで・・・。
そういった理由でメンバーそれぞれがソロ活動へと傾倒していったのかもしれない。
hydeの自伝本を読んだ限りでは『L'Arc~en~Cielでやることはやった』感が若干出ていたけれどね。

yukihiroの『バンドの20年間を(記者会見の)たった10秒間では語れないよね。色々ありすぎて。』という発言に納得。
ただ、インタビューアーの質問に対し『嬉しいでーす』の一言は印象が悪くて色々誤解されそう…(笑)

個人的に一番意外に思えたのはリーダーTETSUYAが語った『World Tourを機にL'Arc~en~Cielが世界に本格的に進出するとか打って出る!とかそういうつもりじゃない』という発言。
てっきりWorld Tourを契機に世界的なロックバンドへと更なる飛躍を狙っているのかと思ってた。
・・・でも、だとしたらL'Arc~en~Cielの活動自体が活発にならなきゃおかしいか。
そういう意味ではVAMPSは完全に世界を視野に入れているね。

そんなこんなで色々なことを考え、思いながら観た映画だった。

この日はお1人様だったけれど、ラルクファンの誰かと一緒に観に行った方が良かったかも・・・



Posted by りすお [RIS-O] on 12.2014   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend