ボーナスの使い道 ~はじめての液晶~

Category : Diary
突然ですが自室のTVを新調しました(・∀・)



今まではPanasonicのプラズマTV(46インチ)だったのですが…

購入してからちょうど5年目で壊れたので(涙
(エラーランプ点滅で基盤がイカれたっぽい→電源がつかなくなった…)

20130731_01.jpg
KDL-46W900A

SONYの液晶TV(BRAVIA)の46インチにしましたヾ(≧∀≦*)☆彡
5年前のプラズマTVと比較するとベゼル部分が狭くなっているので全体的にコンパクトになった印象。
50インチクラスでも良かったかもなー。部屋狭いけど←

プラズマTVを修理しても良かったのだけど、修理で数万~10万近く取られることを考えると新調しちゃった方がいいかなーと。

液晶と比較した場合、プラズマは応答速度と画質が段違いに良いのがウリだったのだけど、
最近は「倍速液晶」がブームで残像感が無くなり、店頭で見てもほとんど違いが分からなくなったし、なによりプラズマは絶滅状態なのでいつサポートが切れるか分からない…ということで、初めて液晶TVを購入してみました(・∀・)

とりあえず画質に関する設定項目が多すぎて戸惑ってます(汗

最初はザラつき感があって『やっぱりプラズマにはかなわないのかな…』と思っていたのだけど、
画質設定のノイズリダクション効果が半端ない!!
色々いじってみたところ、以前のプラズマTVよりもハッキリクッキリ映るようになった気がする(`・ε・!!

とりま映像の切り替えが速いVAMPSのLIVE映像(Blu-ray)を流してみたのだけど、
プラズマと比較して残像が目立つことも無くヌルヌル動いていて全然問題なかった。

今年発売のW900シリーズは店頭で見るとかなりドギツイ色使いをしているのだけど、
画質の設定次第でどうにでもなるんだろうなーと思っていたらまさに予想通りでした(・∀・)

「倍速液晶」でも良かったのだけども、追加で数万円払えば「4倍速」になる…ということで、
少し奮発してW900を購入しました。
※倍速=1秒間に120コマ、4倍速=1秒間に240コマ
http://www.sony.jp/bravia/technology/mf/

この違いを実際に目で確かめたわけではないのだけど←
5年前のプラズマよりクオリティが格段にダウンするのだけは避けたいなーと思ったので…。

プラズマTVのときから画質には満足していたので、買い替えたことでの満足度はそこまで無いのだけど…
消費電力と発熱が抑えられるようになったのが最大のメリットですねー。
プラズマTVの発熱は尋常じゃないですからね(笑)
肌寒い秋でも暖房要らず←

既にプラズマTVを2台壊しているので今回は5年延長保証に加入しました(・∀・)
同じ部屋で使っているデスクトップPCのHDDは長年酷使し続けていも1度もとんだ事が無いのに、なぜプラズマだけが連続して壊れるのか。PCのパーツに比べると元々壊れやすいのかなぁ。

突然の17万円の出費は痛かったー!(ノ∀`)
今年のボーナスの使い道がまさか液晶TVになるとは思わなかった。
これがなかったらUltrabookでも買おうかと思っていたのに…。
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2013   0 trackback

TOKYO IDOL FESTIVAL 2013 2日目

Category : idol
今日は7cm以外特にお目当てがなかったので重役出勤。

朝10時前から現地入りしている人は尊敬に値しますw

自分の知人に関しては朝からずっとZepp Tokyoに居座ってる人が結構多かった。
LinQからX21までは楽しかったけれど、アイドルカレッジのヲタのガラが悪くてゲンナリしたのだとか。
更にその後に控えていたHKT48のヲタは更に最悪だったみたいでw
『48グループ系のヲタは行儀がいいと思ってたけれど、今日のを見て考え方を変えた』とのこと。
まぁ有名になればなるほどバカが集まりやすくなるから仕方ないねヽ(´ー`)ノ

・Cheeky Parade(SMILE GARDEN)
・Negicco
・7cm物販(梅田悠・細田海友・今吉めぐみ)
・palet
・Cheeky Parade(ENJOY STUDIUM)
・HKT48
・7cm物販(加藤雅美・伊東愛)
・リンダⅢ世
・Dream5
・ベイビーレイズ
・7cm

うーん、今日もあまり観てないなぁ。
でもお目当てのアイドルの前に体力切れor体調不良になってしまっては元も子もないからね。

Negiccoはチェックするつもり全くなかったのだけど、休憩中や7cm LIVEの前乗り段階で目撃することが多くて2日とも観てしまった。『ざんねーん!!』の現地の様子が頭から離れない(笑)

PASSPO☆やSUPER☆GiRLSに比べるとまだ全然なのだけど、今日はその2組が出ていなかったので
なんとなくチキパ(Cheeky Parade)を中心に見て回った。
知人達の間でもチキパの評価は上々だった。
BPMが速い曲ばかりなのに最初から最後までダンスのキレが凄くて、更には歌声もかなり安定してる。
昨日今日のLIVEで気づいたけど、歌が上手い子が2人いるね。
片方はSUPER☆GiRLSの溝手るかっぽい声で結構好きかも。

HKT48の曲、何曲か分からなかったああああ!!
分からなかった曲は全部知人から教えてもらったw
やっぱり最近のシングルに入ってるカップリング曲は分からん…。
あとは支店グループの曲もあまり聴いたことがなかったり。
HKT48デビューシングル『スキスキスキップ』はサビに入るまで何の曲なのか全然分からなかったw

7cmの物販は後半の部(?)はなぜかサイン会に変わってた。
まみたん(加藤雅美)Tシャツは早々に売り切れていたので、途中からタオルへのサイン会になっていた。

個人的にサインにはあまり興味が無いので、昨日みたいにちょくちょく話せた方が良かったな。。。
このサインにプレミアがつくほど有名になって欲しいものです(売ったりしないけど)
加藤雅美&伊東愛が物販に出ている時、
『すごい美人の2人がいる』と足を止めてくれた2人の女子がいてなんだか嬉しかったり。

リンダⅢ世のゆるさ…というか、やる気無さげなダンスが逆に目を惹いたw
そういえばこのユニット、春ちゃんの番組『Joynt』にも出ていたよなぁ。
インタビューからして放送事故に近いものがあったような…
(バラエティ慣れしていないのでJOYが質問してもなかなか返ってこない)
群馬在住のご当地アイドルであるにも関わらず、
全員ハーフ(もしくはクォーター?)というコンセプトからして凄いw

ベイビーレイズはNHK朝ドラ『あまちゃん』で使われている『暦の上ではディセンバー』が聴けてご満悦♪
元々ベイビーレイズは激しい曲が多いからモッシュが起こるんじゃないかとヒヤヒヤしていたけれど、ヲタ達のマナーは非常に良くて意外だった。

その後に出てきた7cmは確実に昨日より盛り上がっていたと思う。
今日のセットリストには『キラメク明日』は入っておらず、アップテンポな曲ばかりだったこともありテンションの高さをずっと持続できていたのが良かったんじゃないかと。
後は衣装チェンジの効果!?
いやー、今日もまみたんは胸を盛大に盛ってたね←

HPのカラフル衣装より、今日の白衣装の方がゴージャスでセクシーで舞台映えするからイイと思うんだけどなー。
江川マネージャー曰く『あの衣装は照明がないとキツいんですよ』とのこと。

TLの感想ツイートを見た感じでは総じて7cmの評価は上々だったようで何より。
最初のお披露目LIVEを見たときはガッカリ感しかなかったけれど、ここまで引っ張り上げてきたメンバー&スタッフさんの努力には頭が下がります。ホント。

一部のファンの間で、更にはメンバーの間でも『7cmはアーティストなのか、アイドルなのか』みたいな葛藤があるみたいだけれども、個人的にはそんなジャンル分けはどうでも良くて『楽しければ別にどっちでもいーんじゃね?』と思う。
圧倒的な人気や楽しさの前ではジャンル分けなんて無意味だし、アイドルを軽視している人達の批判なんてさざ波みたいなもの。実際、ヤフコメでAKB48を必死に批判している人達とか見ているとかわいそう…というか見苦しいだけだしw

何はともあれ、まずは知名度と人気を獲得しなければ。
本当にやりたいことはその後にやればいい。
Posted by りすお [RIS-O] on 28.2013   0 trackback

TOKYO IDOL FESTIVAL 2013 初日

Category : LIVE
TOKYO IDOL FESTIVAL 2013に行ってきました(*・∀・)ノ

今日はひたすら楽しむ!!をモットーに、ブログ用のネタなどは一切考えずに遊び倒して来ました。
というわけで写メは1枚も撮っていません。

遊び倒したと言いつつ…猛烈な暑さと湿度で体力を奪われ、チェックしようと思っていたアイドルの2/3くらいしか見られなかったのだけど…。

・アイドルカレッジ(少しだけ)
・アイドリング!!!×さくら学院×バニラビーンズの混成ユニットLIVE
・PASSPO☆
・7cm物販(梅田悠・甲斐田樹里)
・SUPER☆GiRLS
・7cm物販(加藤雅美・今吉めぐみ・細田海友)
・negicco
・7cm
・トークショー(パワースポット、BELLRING 少女ハート、7cm)

途中、休憩や食事を挟んでいたから思ったより全然見れてないな…(^_^;)

とにかく蒸し暑くてキツかったー。
ただ、予報は一日中雨になっていた気がするので、夕方までずっと晴れていたのはイイ意味で予想を裏切られた感じかな。(その後はゲリラ豪雨だったけど…)

7cmのステージやトークショーを良い位置で見るために早めに次の会場入りしていたのだけど…
特に運命の出会いと呼べるようなアイドルのステージは無かったかなー。
以前のTIFでBABYMETALのLIVEを見てからガッツリハマったんだけど、今日に関してはそのような衝撃的な出会いは無かった。
まぁPASSPO☆やスパガはアイドル界の中では有名な安定株だし、7cmは元SDN48だし…
あまり冒険していなかったから当たり前といえば当たり前か。

ホントはCheeky Parade(チキパ)、ベイビーレイズ、Paletも観たかった。
あと、余裕があればBiSも。

チキパとPaletは7cmの対バンイベントで初めて間近で見てダンスのキレがいいなーと思ったので。
ベイビーレイズは何といっても大人気朝ドラ『あまちゃん』で使われている『暦の上ではディセンバー』でしょう!

■7cm物販中のオモシロエピソード

加藤雅美:7cmでーす!物販ありまーす!

通りすがり:えっ、どんなのがあるの?

加藤:ステッカーとか500円からありますよ(^ω^)

通りすがり:( ´_ゝ`)フーン (ちょっと見て去る)

僕:宣伝ならステッカーよりCD売ろうよw LIVEに来てもらわなきゃ!!

加藤:あっ、そうか(笑)

生来の優しさでついつい安いアイテムを勧めてしまうまみたんらしいエピソードじゃないかとヽ(´ー`)ノ


梅田悠:元SDN48がやってる7cmでーす!

通りすがり:えっ、芹那いるの!?

梅子:あちゃー…芹那はおらんのやけど(笑)

通りすがり:(´・ω・`)

僕:(…これが知名度の差か!)


■ほっこりエピソード

梅田悠:元SDN48がやってる7cmでーす!!

通りすがり:えっ、僕SDN48のアルバム持ってますよ!聴いてます!!

梅田:えーっ!!ホントですか!?

こんな人が少なくとも4~5人いたような。
SDN48…というか48グループの知名度・ブランド力って半端ないな…と改めて認識させられた。


加藤雅美:7cmです!よろしくお願いします!!

通りすがり:舞台屋上ワンダーランドに出ていましたよね!僕観に行きましたよ!!

加藤:わぁー!!嬉しいっ!!ヾ(≧∀≦*)☆彡

TVに出ていないと新規顧客の獲得はなかなか難しいと思っていたのだけれども、
TV以外の経路から興味を持ってくれる人を直接この目で見られてなんだか嬉しかったなー。




PASPPO☆はこの曲が良かったヾ(≧∀≦*)☆彡


民族大移動が激しいエリアに入ってしまうとキツいけどw

スパガ(SUPER☆GiRLS)は夏SONG連発で盛り上がるセットリストだったなー。
今日見たステージの中ではスパガが一番良かった!!



時間に限りがあるTIFのステージで「常夏ハイタッチ」「MAX!乙女心」「プリプリ♥SUMMERキッス」を全て詰め込んでくるとは…。
溝手るかのソロパートは歌が上手すぎてシビれたヾ(≧∀≦*)☆彡
MCが短めでその分曲を詰め込んでくれていたのもイイ感じだった。

「運命の出会い」はなかったものの…
negiccoの『アイドルばかり聴かないで』の歌詞に衝撃を受けた!!

『アイドルばかり聴かないで』
作詞・作曲・編曲 小西康陽

どんなにキミがアイドルを
好きだとしても構わない
でも
どんなに握手をしたって
あのコとは
デートとか
出来ないのよ
ざんねーん!!

でも
どんなにキミがアイドルを
好きだとしても構わない
でも
どんなにお金を積んでも
あのコとは
キッスとか
出来ないのよ
ざんねーん!!

(歌詞は一部抜粋)



これはヒドいwww

アイドルヲタの幻想を打ち砕く強烈な歌詞w

しかも「ざんねーん!!」の部分でヲタがシンクロしてて笑ってしまったヽ(´ー`)ノ

女ヲタならともかく…
この歌詞を聴いていて一気に現実に引き戻されたりしないのかな( ̄ー ̄;)



でも、よーく聴くと「アイドルヲタをdisっている曲」じゃなくて、彼に振り向いて欲しい女の子の気持ちを唄った曲だったりするところがウマい。




7cmのステージも良かったのだけど、4曲はあっという間だったな…。
『キラメク明日』で細田海友を皮切りに加藤雅美、梅田悠が涙を流していたのが印象的だった。
その後に行われたアメスタ放送によれば、『48グループの知名度を借りていたSDN48時代ならともかく、7cmとして初めてあれほど広いステージでLIVEを出来たのが感動的だった』とのこと。
お客さんの入りもまぁまぁだったし、今回のTIF出演による宣伝効果はそれなりにあったんじゃないかな。

Posted by りすお [RIS-O] on 27.2013   0 trackback

どうしてもスッキリしたいのなら

Category : Diary
テレホーダイやISDNの時代ならいざしらず、ADSLや光回線などのブロードバンドが主流となった今では「常時接続・定額制」が当たり前の時代になった。
更には3G回線やLTEなどの普及によってガラケーやスマートフォンから気軽に・いつでもネットに接続できるようになり、今やインターネットはぐっと身近なモノになった。むしろ空気のような存在といっても過言ではないかもしれない。

その身近さと手軽さにはちょっとした罠がある。

コンビニの冷凍庫(アイスケース)の中に入り、寝そべった写真をネット上にUPして、炎上し店が閉店に追い込まれたケースはその主な例だろう。

これは極端な例だが、そうでなくても気づかないうちに自分の評価を下げてしまっている可能性があることに注目したい。

丁度いいエッセイがあったので、部分的に引用してみたいと思う。

以前にTwitterで「マスゴミなんて言葉を使っちゃダメだよ」とつぶやいたことがある。かなり感情的な反発を受けたけど、ダメだと思う理由は「自分に悪影響」、「業界に悪影響」、「社会に悪影響」の三つがあるんだ。

1.自分に悪影響がある

 口に出したりツイートすると、すっとするかもしれない。でも読んだ人はどう思う? 反権力の闘志として尊敬してくれるだろうか? たぶん違うよね。怒りっぽくて怖い人と思われる。
 気持ちがすっとすると、それ以上の思考を人間はやめる。「なぜマスゴミと言われても偏向報道をやめないのか?」、「経済的理由?」、「たとえば霞ヶ関のルール、みたいな内部の独自論理かも?」と自分なりに推論する習慣を失っちゃう。

以上の「気持ちがすっとする」と「怖い人と思われる」、「思考停止のクセがつく」の三点で差し引きしたら、たぶん自分への影響はマイナスだ。

(中略)

 でも、もう時代が違う。ツイートは開放されている。つまり公共財だ。つぶやくのは自宅の植木と同じ。人が嫌がるツイートは、家の前にゴミを並べる行為だし、ネガティブな書き込みを繰り返すのは、自宅前をゴミ屋敷にするのに等しい。
 意外だけど、ネット社会においては、逆に言論の自由は制限されるんだ。公演や公道では全裸はダメでしょ? 楳津かずおさんは自宅を好きな色に塗ったら怒られた。景観を悪くしたら周囲の地価まで下がるからだ。ネット社会で「すっとするから、なに言うのも自由」と思ってる人は、「これだけ広いんだから、どこでウンチするのも自由」って主張してるのも同じなんだよ。
 でもね、それは匂うから嫌われる。

「岡田斗司夫の近未来日記」より抜粋



これは実に的を得た意見だと思う。

ネガティブなツイートをすることで貴方の気分はスッキリするかもしれない。
けれど、それを見たフォロワーさんはドン引きしている…なんていう状況も多々あり得るし、ネットは世界中に開かれているため身内(フォロワー)以外の人に見られている可能性だって大いにあり得るのだ。

リアルタイム検索をすると、気に食わない芸能人を汚い言葉で叩いている人をチラホラ見かける。
気まぐれでその人のツイートを遡って見てみると、案の定その人のツイートは不平不満であふれかえっていることが多い。芸能人だけならまだしも、先輩、友人、親など身近な人も汚い言葉で叩いている。
「どうせ友達しか見ていないだろう」という”思い込み”があるんだろうな…。
その友達すら呆れているのかもしれないのに。

その他にも「ねむい」「ダルい」「1限サボった」など、当人以外の人間にはどうでもいいツイートの連発にも困ったものである。これはツイートに限ったことではなくブログにも言えることなのだけれども、ごく身近な人にしか分からない交友関係・同僚の話など「自分語り」ばかりしている人の意図も理解しがたい。

別にこれは誰かを不快にさせているわけではないし、ツイート=つぶやきという意味合いとして捉えれば、誰かのためになる話をする必要もないわけで…。

でもね、『それってわざわざ世界に向けて発信することなのか?』と思うのです。

かくいう自分も日々ストレスとプレッシャーに晒されているし、理不尽な世の中や政治に対して言いたい不平不満はゴマンとある。けれども、それを見て「楽しい・面白い・考えさせられる」と思ってくれる人はいないと思うので敢えて書いていない。
※参考「ネットで人が集まる場所のつくりかた」

このブログはエンタメ色が非常に強いので、『コイツ遊びまくってんな』とか『大した仕事してないんだろう』と軽く見られることも少なくない。事実、僕は仕事が出来る人間ではないのだが、少なくとも同僚や上司に迷惑をかけるような仕事のやり方はしていないつもりだ。年収だって人並みにある。

そうした誤解をうけるとちょっぴり悲しい気持ちになるのだが、少なくともネガティブツイート/ブログ連発で「怖い人」「怒りっぽい人」「気難しい人」というイメージを与えるよりは幾分マシなのかな…なんて考えていたりもする。

話はそれてしまったのだけれども、
結論としては『スッキリするためにネット上に不平不満を並べるのはお勧めしない』ということだ。

スポーツ/運動で発散するとか、趣味に没頭するとか、気の合う仲間と居酒屋で語り合う、会いたい人に会いに行く(by 芹那)など、別の形で発散する方が賢明だと思う。
Posted by りすお [RIS-O] on 26.2013   0 trackback

BSスカパー!がアツい

Category : TV
スカパー!のチャンネルまたはパック・セット等の契約者は無料で視聴できるBSスカパー!

言ってしまえば有料チャンネル契約者へのサービスなのだが、
単なるオマケとは思えないほど番組のラインナップが豪華なのである。

まずは今週末にお台場で開催されるTOKYO IDOL FESTIVAL 2013
BSスカパー!では、7/27(土)と7/28(日)の20:00~終演予定の22:00までの模様が生中継で放映される。

20130723_01.jpg
【番組内容】
昨年夏、史上最大規模のアイドルフェスとして開催され、大きな話題となった「TOKYO IDOL FESTIVAL」が今年も東京湾岸地区で7月27日(土)&28日(日)に開催決定!!
この番組では、メインとなるZepp TOKYOの「HOTSTAGE」やフジテレビ湾岸スタジオが会場となる「DOLL FACTORY」などを中心に今年も史上空前の規模でアイドルが集い、様々なライブ・イベント・ショーの模様をお届けします。
また、今年もMCによゐこの濱口優を迎え、フジテレビ特設スタジオ、通称「TIFスタジオ」からお届けします。

BSスカパー!では、7/27(土)と7/28(日)の20:00~終演予定の22:00までの模様を生中継でお届けします。(※CS放送フジテレビNEXTでは、12時間×2日間合計24時間「TOKYO IDOL FESTIVAL2013」の模様をお届けします。)
http://www.bs-sptv.com/program/page/001754.html



お次はAKB48『思い出せる君たちへ~A6th「目撃者」公演~(5/12昼公演)』

ファミリー劇場において8月~12月にかけて放映される『思い出せる君たちへ』全32公演。
ファミリー劇場では8月9日から放映開始になるのだけれども(「~A1st「PARTYが始まるよ」公演~(5/2)」)、なんとBSスカパーではファミリー劇場に先駆けて8月4日に『思い出せる君たちへ~A6th「目撃者」公演~(5/12昼公演)』が無料で放映されるのである。
※ちなみに放映時間は2時間30分…ほぼノーカット!?

BSスカパー!の場合、プロモーション的な意味合いもあるので画面の隅に※キャプションが入ることも多いのだけれども、それでも雰囲気は十分に味わえるだろうし、なにより高画質でLIVE映像を見られるのはお得だと思う。
※写真や図、映像などが持つ意味を説明する文章

20130723_02.jpg
【番組内容】
思い出せる君たちへ~AKB48グループ全公演~」全32公演から1公演先出し放送!

思い出せる君たちへ~A6th「目撃者」公演~(5/12昼公演)
AKB48としてはもっとも新しいオリジナルセットリスト。公演がスタートした2010年夏はすでに大ブレイクを果たしていた時期。
安易なアイドル曲で守りに入ると思いきや、新しいチームAに与えられたのはボサノバあり、ユーロビートあり、アメリカンロックあり、ラテン系ありの挑戦的な曲構成だった。
『サボテンとゴールドラッシュ』の篠田麻里子、『愛しさのアクセル』の高橋みなみなど、ユニット曲も出色の出来。
アンコール曲『Pioneer』に込められたチームAの開拓者精神あふれる公演を堪能したい。

ファミリー劇場では、8月9日(金)後9:00~11日(日)後9:00まで「思い出せる君たちへ ~AKB48グループ全公演~」のうち6公演を含む、AKB48関連番組を48時間連続放送!チャンネルオリジナル番組「AKB48 ネ申テレビ」や、「マジすか学園」シリーズ3作など番組も盛りだくさん!!
http://www.bs-sptv.com/program/page/001789.html



20130723_03.jpg

先日は「NMB48 西日本ツアー2013 12月31日~あと271日~ in 大阪ORIX劇場 えっ?あれも放送されんの?」も放映されていた。

その他、アイドル系以外にもFUJI ROCK FESTIVALの中継があったりして何気に凄い。

「興味はあるけれどLIVEに足を運んだり、DVDやBlu-rayを購入するまでじゃないんだよな…でも無料なら観てみたい!」
そう思っているアーティストやアイドルのLIVEを放映してくれるありがたい放送局なのである。

自分はプロモーションビデオを観るのが好きで有料チャンネルを1チャンネルだけ契約しているのだけれども、
ぶっちゃけ契約チャンネルよりもBSスカパー!を観ている時間の方が長かったりする(笑)

そんなこんなでBSスカパー!が観られる世帯の人は、今後番組表・放映スケジュールを確認してみるといいかも。
Posted by りすお [RIS-O] on 23.2013   0 trackback

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation- 2日目

Category : LIVE
TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation- 2日目
最終日公演に参戦してきました(*・∀・)ノ

20130721_01.jpg

昨日に引き続きさいたまスーパーアリーナ!!

20130721_02.jpg
20130721_03.jpg

浅倉大介のユニットaccessからも祝い花が。
元々TM NETWORKのサポートメンバーとして活躍していた浅倉大介
むしろT.M.Revolutionの楽曲プロデューサーと言った方が分かりやすいかなー。

ちなみに元SDN48の大河内美紗は、浅倉大介のコンサートのコーラスメンバーとして活動していたこともあるそうな。



オープニングは昨日と全く同じ始まり方。
曲も『Beyond the time』から始まり、その後の曲も同じ構成。

そのまま『CAROL』に流れ込み…って、この時点で大体のファンが気づいたと思うのだけど、
今日のコンサートって昨日のセットリストとほとんど変わらないんじゃ・・・。

結局、昨日の『Resistance』が『I am』に変わっただけで、他の曲は全て同じだった。。。

以前、小室哲哉氏が『今回のライブは2日間で1セット』みたいなことを言ってたような気がするけれど、あれって客を集めるための小手先の口車だったのか?
そんなこんなんでちょっとガッカリな感じでした_| ̄|〇

もちろんTMの曲は好きだけれども…ね。
昨年の武道館LIVEのようなヒット曲メドレーならともかく、今回『CAROL』は外国人が歌ってるし、寸劇の内容も意味が非常に分かりづらいし…
昨年のセットリストならともかく今回のセトリで2日間連続で観るのは少しキツかったなー。

今回のセットリストならWOWOWで十分かな。
昨年のLIVEはWOWOWのLIVE映像を観てからBlu-rayの購入もしたのだけれども。
※WOWOWはいくつかの曲が省略されており、Blu-ray&DVD版の方が音質が良かった。

ウツの姿がちょっと痛々しかったな…歌声は健在だったのだけれども。
以前ならステージを縦横無尽に走り回っていたのに、今回は徒歩移動(走るというより歩く)だったし。

今回のLIVEに関してはウツの病気の事もあったし致し方ない部分もあるかな。
TMは来年結成30年を迎えることもあり、本格始動は来年ということでしょうかねー。
今年のLIVEはちょっと変化球?っぽい感じだった。

『GET WILD』のアレンジは相変わらず格好良かった。
間奏になると曲調がガラっと変わる大胆なREMIXで、本当に小室氏は50代半ばに差しかかっているのだろうか?と思えてしまうほどのアグレッシブな編曲だった。

Posted by りすお [RIS-O] on 21.2013   0 trackback

idol Land “2013 SUMMER”

Category : LIVE
idol Land “2013 SUMMER” 昼公演に参戦してきました(*・∀・)ノ

【出演】 ☆昼公演☆
Cheeky Parade/アイドルカレッジ/7cm/palet/PPP! PiXiON/アイドルカレッジ候補生

会場は新宿BLAZE

旧コマ劇場の近くにこんなLIVE会場があったとは知らなかった。

オールスタンディングで800人も収容できるってマジ!?

西武新宿駅からメッチャ近い立地の良さ。
唯一客席に段差が少ないのは残念だったけれど、ステージは結構高目に作られているから見えやすいし、
なにより音質がかなり良くて気に入った(・∀・)
7cmの曲に関して言えば、いままでで一番良い音で曲が聴けた気がする。
普段気づかないような細かな音までしっかり聞こえた!!

まぁ昼公演に関してはキャパ800に対して300人いるかいないか・・・
くらいしか入ってなかったから、それで視界が良かったのかもしれない(笑)

7cmは例外として他のアイドルの中ではPalet(パレット)が一番良かったかな。

ダンスの難易度は低めだと思うけれど、メンバーの動きがキレッキレで凄かった。
特に以前まみたん(加藤雅美)と舞台で共演したみっきー(君島光輝)のダンスが半端なかったΣ(・ω・ノ)ノ!
メジャーデビューが決まっているとのこと。おめでとう。
楽曲のクオリティも高めで良かったと思う。
今日昼公演に出演していたアーティストの中では一番楽曲が良いと思った。
結構可愛いメンバーが揃っているし、総合点は高いんじゃないかと。

アイドルカレッジはかなり人気があるようで曲数も多かった。
それなりに可愛い子が揃っていると思うけど若すぎてヽ(´ー`)ノ
他のアイドルも若いかw
楽曲はそれなりに良いけれど、いまいちピンと来なかったなー。
JK風の制服衣装は可愛かった。
ていうか他のどのアイドルよりもアイドルカレッジの制服衣装が一番可愛かったような…w
※好みの問題なので異論は認めます

Cheeky Parade(通称チキパ)は色々なイベントで遭遇することが多くて
今まで何度か観たことがあったのだけど、こんなに近い距離で観るのは初めてだった。
改めて良く見るとルックスの良いメンバーが揃ってるなーという感じ。
super girls(スパガ)が結成されたオーディションで落選したメンバーとは思えないなー。
出演したアイドルの中ではダンスの難易度は最も高かったと思う。
ダンスのキレの良さはチキパが一番だったかなー。
Paletも凄かったけれど難易度を比較するとチキパの方が上のような気がした。
BPMの速い曲が多くて物凄い運動量に思わず感心してしまった。
でも曲自体は姉貴分のスパガの方が好きだなー。

7cmに関しては普段通りの堂々としたパフォーマンスで良かったと思う。
『七色』を聴いたのは久しぶりのような。
最初バラード曲?と思ってしまったけれど、そういえば途中から盛り上がってくる曲だったっけ( ̄∇ ̄)
昼公演はいつものカラフルな衣装だったのだけど、夜公演はゴージャス&セクシーな白衣装だったようで、夜の方も観たかったなぁ。

物販のハイタッチ会はかなり緩かったようで…
メンバー&観客共に満足度の高い接触になったようで何より。
いつもの巨漢の剥がしの人はいなかったのかなw

自分は次のLIVEに間に合わないので物販は回避してそそくさと移動してしまいました⊂(・ω・ )⊃≡3
Posted by りすお [RIS-O] on 21.2013   0 trackback

TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-

Category : LIVE
TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-に参戦してきました(*・∀・)ノ

20130720_10.jpg

会場はさいたまスーパーアリーナ!!

20130720_11.jpg

グッズに『ハンバーグ用プレート』があるw
LIVEと一体どんな関係が…!?

20130720_12.jpg

どうしてもハンバーグプレートに目が行ってしまう←

20130720_13.jpg

パンフレット以外の主要なグッズがかなり売り切れていたのでスルー。

やっぱり大人世代は購買力あるねー。

相変わらず客の年齢層が高い。
一見すると氷川きよしのファンなんじゃないかとも思える←

20130720_15.jpg

FANKS(TMファンの総称)からのスタンド花!!

ボリュームが半端ない!! こんな巨大なスタンド花初めて見たよ…。
やっぱり大人世代は購買力(ry



LIVEはほぼ定刻通りに開始。

今回はステージの舞台セットがかなり凝っていて、森のようになっていた。
時代は1950年代のアメリカで、そこにTMのメンバーが降り立つ…みたいな設定。
詳しくはコチラの記事を読んでください←

TM NETWORK、さいたまスーパーアリーナ公演で会場限定CD発売決定

昨年の日本武道館のLIVEと同じく、外国人の男女数人が登場。
今回は更に外国人の数が増えて、まるでミュージカルような構成になっていた。
まず最初に小室哲哉が登場し、シンセに囲まれた定位置についた。
その後、ギターの木根さんも登場。
そこから小室哲哉の演奏に載せて寸劇(?)がしばらく続く。
今回のLIVEは元々5月に行われる予定だったのだけど、ボーカルのウツ(宇都宮隆)のすい臓手術の影響で7月に延期されたもの。
ウツの登場を心待ちにしていたファンはやきもきしていたに違いない。

ウツが登場したときの歓声は凄かったなー。

術後の体調が心配されたのだけど、歌声は全盛期とほとんど変わらず健在だった。
ただ、全般的にウツの体調を気遣う構成になっていて、CAROLでは謎の外国人がボーカルを担当。
全般的に『この人、誰?』感が会場を支配していたようなw
CAROL自体が長いこともあるけれど、観客の2割くらいは途中で座っていたなぁ( ̄∇ ̄;)
外国人がボーカルを担当していたこともあり、雰囲気的には”小室哲哉ソロライブ”みたいな感じだった。

寸劇は相変わらず理解しづらい内容で…

・優雅に朝食のコーヒー(?)を飲み、新聞を広げる木根さん
・バーの小テーブルでノリノリの宇都宮さん

一体何が始まっているのかと…w

自分みたいな若造には理解し得ないTM NETWORKメンバーとFANKSの独特の世界観があったりするんだろうか。
ちなみに寸劇中も小室さんはずっと出ずっぱりで演奏していた。



↑は日本武道館のLIVEのものだけど、今回も照明は素晴らしかったなぁ。

昨年の武道館LIVEは再始動LIVEという意味合いが強かったせいか、
2日間とも”過去のヒットメドレー”という感じだったのだけど、今回はアルバムCAROLの内容を採り入れていたり、大胆なREMIXがされていたりと色々”変化”を感じさせる内容だった。
曲と曲のインターバルを設けず演奏を続けながらそのまま次の曲に流れ込む感じになっていたのだけど、前奏のREMIXが激しく全く先が読めない構成で、そういう意味では楽しめたかな。

以前、小室氏が『今回のLIVEは2日間で1セット』と言っていたのだけど、本当にそんな感じになるのかも。

ただ、曲が始まるとちゃんと原曲の雰囲気を残したREMIXになっていたのは好印象だった。
LIVE初演奏の『一途な恋』だけは全般的にかなりREMIXされていたけれど。

そういやTMの代表曲ともいえる『GET WILD』で”ゲッゲッゲッ”(GET)のサンプリング音源が使われなかったLIVEって珍しいような!! より原曲に近づいた感じかな?
GET WILDに限らず昨年の武道館LIVEとは構成・曲調もかなり変えてきていて、色々工夫が感じられたなぁ。

実質1時間50分くらいのLIVEでMCは一切無し。
昨年の武道館LIVEではちょっとだけMCがあったような…?
まぁ演奏を聴きに来ているわけだからいいんだけれどね。

唯一『Be Together』でウツが冒頭に『ただいまです!』と一言だけ叫んでいたのには感動したなー。
「手術で心配かけちゃってゴメン!」というFANKSへのメッセージが内包されている気がした。

今回のLIVEもアンコール無しでノンストップ完結型。
その間、小室さんはずっと出ずっぱりで負荷が半端なかったと思う。
まさに”小室哲哉劇場”といった感じのコンサートだった。

■日本武道館ではこの”演出”に見事に騙されたヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 20.2013   0 trackback

Silent Siren CD予約会 in 大宮カタクラパーク

Category : Music
Silent Siren CD予約会 in 大宮カタクラパークに行ってきました(*・∀・)ノ

20130720_01.jpg

さいたま新都心ってコクーンだけかと思ったら、その隣にもショッピング街があるのね。
100円ショップとスーパー2店&飲食店となると、ショッピング街と呼べるかどうか微妙な空間だけどw

会場は屋外だったから暑かった~(>_<)
まぁ34~35度とかじゃなかったから若干過ごしやすかったんだけどね。

メンバーの服装も夏らしくてイイ感じ♪
なにより今日はメンバーの髪型がレアだった!!
ひなんちゅのツインテールとか、すぅちゃんのツインテールとか…etc
ツインテール協会の回し者ではないです(汗

今回の予約会はミニライブ付き!
新曲『ビーサン』を含め楽しめましたヾ(≧∀≦*)☆彡

そして、今回の新曲のCD予約会において初のグループショットを撮影してきました(・∀・)

20130720_02.jpg

R:実はこの後、隣のさいたまスーパーアリーナでTM NETWORKのLIVEなんですよー(*・∀・)ノ

メンバー:おおーっΣ(`・Д・ノ)ノ

あいにゃん:えっ、この後!?

R:そうです!!

すぅ:ええ休日の過ごし方やね( ̄∇ ̄)

R:TM分かります? Revolutionじゃないですよw

ひなんちゅ:名前は聞いたことある(・∀・)

R:小室哲哉さんのバンドですよー。

メンバー:あぁ!!

やっぱり今の10~20代はTM NETWORK知らないか…(笑)
世間的な認知度では小室哲哉>>>TMなんだねー。
安室奈美恵やglobe世代…よりもうちょっと下なのかな。

20130720_03.jpg

Σ( ̄∇ ̄;)ハッ!! 推しメンのゆかるんと全く会話してないぞ(汗
Posted by りすお [RIS-O] on 20.2013   0 trackback

7cm主催 Try Out #3@サンシャインシティ噴水広場

Category : SDN48
元SDN48の7人によって結成されたユニット7cm(ナナセンチ)

7cm主催イベント「Try Out #3」@サンシャインシティ噴水広場に行ってきました(*・∀・)ノ

■7cm Try Out #3 7cm Stage Performance 2013/7/19


複数のアーティスト/アイドルが出演する中、7cmのステージは3曲15分間でした。
今回は定点カメラ風に撮影しています(*・∀・)ノ
3曲ぶっ続けの動画です。手抜きじゃないですよ←

サンシャインは照明がきちんとしていてステージが明るくなっているから
綺麗な映像になりますなぁ(´∀`*)<暑いけど

相変わらず音声は残念な感じだけれども、安物のデジカメじゃ仕方ないですねー。

リアルタイム検索によると、イベント開演前は7cmファンはほとんど現場にいなかったようなのだけれども、いざ開演したらそれなりの数が集合していたようで。
第一、平日の16:30の開演に間に合うサラリーマンはほとんどいないよねヽ(´ー`)ノ
かくいう自分もイベントの途中から参戦して、7cmのステージには何とか間に合いました。
ちなみにこのイベントのためにわざわざ神戸から参戦した知人は、7cmのステージのほんの1~2分前に到着するというタイミングの良さw 昨日から都内入りしていたのにミュージカルを観ていて遅れそうになったそうな。

■7cm Try Out #3 サンシャインなんとかステーション 2013/7/19


KONANがサングラスをかけてタモ○さんに成りきり、
某有名音楽番組風にお送りする「なんとかステーション」

特にタ○リさんのモノマネするわけでもなく…設定を説明されなきゃ分からないって!!(笑)
15分制限を取っ払った長時間動画に挑戦しています(・∀・)

トークに集中するあまり、KONANのお股がしばしば緩んで行くのですがw
セクシーな(はずの)太ももを見ても全くありがたみを感じられないのは何故だろう( ̄ー ̄;)←
同じ場所から見ている知人も失笑していました…(^_^;)
SDN48時代に結構きわどいグラビアを見てきたからなのかなー。
先日週刊誌に激写された芹那のTバック写真も”身体を張ったギャグ”にしか思えなかったしw

■7cm Try Out #3 7cm JUST DO IT 2013/7/19


「なんとかステーション」最後のゲストは7cm
トークは結構グダグダだったけれど(汗
歌番組の締めは7cmの「JUST DO IT」でしたヾ(≧∀≦*)☆彡
トークパートと同じく、アップのまま撮影しています(・∀・)

■7cm Try Out #3 全員曲~Ending 2013/7/19


最後は主演者全員でゆずの『夏色』を熱唱。
席に座っていた観客も総立ちで最高の盛り上がりを迎えましたヾ(≧∀≦*)☆彡
カレイドナイトのお陰でJKの観客も多く駆けつけていて、
いままでとは少し違った盛り上がりになっていて新鮮でした(´∀`*)

KONANは夏風邪がぶり返して鼻声でツラそうだったけれど、最後まで立派に司会進行を務め上げていた。
先日熱中症気味になった加藤雅美もすっかり回復していたようで安心した。

7cmのステージは15分+1曲だったけれど、長時間におよぶイベントのほとんどに7cmのメンバーが顔を出していたこともあり、神戸から来た知人も満足していたようで本当に良かった。
CDやグッズを購入するのは素晴らしいひとときを与えてくれたメンバーへの恩返しと考えて、500円のステッカーではなくCD&タオルを大量購入してください(・∀・)←
スタッフの方も分かりきってて最後の方はステッカーしかテーブルに出していなかったw
Posted by りすお [RIS-O] on 19.2013   0 trackback

握手会あるある

Category : idol
7月14日深夜に放映された『乃木坂って、どこ?』より。

興味深い内容だったので今更ながら採りあげてみる。

20130717_01.jpg

昨今のアイドル業界では重要な活動の1つとして位置づけられる握手会。

20130717_02.jpg

『○○ちゃんしか!』のように堂々と”単推し”宣言をしておきながら、
コッソリと他のメンバーのレーンに握手しに行っているファンが多数いるのだとか。

AKB48でもSDN48でも度々MCの話題に上ったこの話。
乃木坂46においても例外ではないようだ。

20130717_03.jpg

個人的にはMC中の”ウケを狙ったネタ”なのかと思っていたのだけど、

乃木坂メンバーの話を聞く限りではそうでもないらしい…?

20130717_04.jpg

『本人(ファン)は気づいてないと思っているけれど、アイドルはあざとく見ている』のだとか。
野呂さんの表情w

20130717_05.jpg
20130717_06.jpg

わざわざ服を着替えて変装(?)しているのに、メンバーには全て見透かされているというw
意味ねぇーーーw


20130717_07.jpg

さゆりんご(松村沙友理)いわく、『(単推しのファンとは)信頼関係みたいなものがある』とのこと。

まさかメンバー側から”信頼関係”という言葉が飛び出すとは思いもしなかった。


握手会は一種の茶番だと考えていたし認知にも一切興味が無かったので、2007年にAKB48劇場に通い始めてからしばらくは劇場公演(LIVE)一本に絞り、握手会には一切行かなかった。

ちなみに48グループのメンバーと初めて接触したのは『桜の栞』写真会。

『自分のケータイに写真が残るんだったら記念になるし行ってみようかな…』と思い、同じく接触初参加の知人を誘って写真会に参加したのが最初。それ以降はSDN48メンバーの対応の良さと意外性(実際に話してみたら恐ろしいほど頭の回転が速かった芹那など)にすっかりハマってしまった(汗

アイドルに全く興味が無い人、CD複数枚購入に眉をひそめる大人達は揃ってこう口にする。

『向こう(アイドル)は仕事だからファンに良い対応をしているだけ。それ以外には何もない』

卒業公演すら行わず、逃げるように去って行ったメンバー。
恋愛禁止条例を破って彼氏と付き合っていたことが白日の下に晒されて解雇されたメンバー達を見ていると『そうなのかな』と思う節もあったけれど、生誕祭や単独コンサートで感激の涙を流すメンバー達を見ていたら、いつしか『ほんのわずかでもファンと信頼関係があるといいな』と思うようになっていた。

今回の”あるあるネタ”に関して言えば『単推しだったと思っていた人が他のレーンに行っていたことが悲しい』ということだったので、元々DD(誰でも大好き)をオープンにしていた僕には全く当てはまらないな( ̄∇ ̄)←

そもそも僕の握手会の楽しみ方は…

・ふと気が緩んだ瞬間に彼氏の存在を漏らすんじゃないか
・SDNイジリー的なノリで下ネタ発言を誘発(最低


『素○って何ですか?』 by 梅田悠

一般的なファンとはちょっと違った楽しみ方をしていたので
元々メンバー達は僕には何も期待していなかったと思う(`・ε・!!

実を言うと未だに”おいしい”とか意味が分からない。
どこまで行っても「アイドルとファン」という構図は変わらないのに。
中には繋がっちゃう人もごく少数いるみたいだけど※イケメンに限るという枕詞がつくので(ry

確かに特定のファンを優遇しているメンバーも存在するけれど、
そういう人は苦手なので自分から近づくことは無かったからなぁ…。


「単推し」についてバナナマン設楽が鋭いツッコミをしていた。

設楽:完全な単推しの人には何かサービスしてあげるわけ?

乃木坂メンバー:いや…

即答したメンバーはゼロ。

20130717_08.jpg
20130717_09.jpg

それに対し『髪の毛くれよ!』と逆ギレするバナナマン
その返しはおかしいw

別に単推しだから偉いとは思わないし、『単推しなんだから俺にもっとオイシイ思いをさせろ』みたいな発言を頻繁につぶやいていた知人の要求も最後まで意味不明だった。
『常連客なんだからサービスしろよ!』と飲食店で言ってるのとあまり変わらないと思う。

まぁでも今回のさゆりんご発言により、「単推しであることのメリット=推しメンとの信頼関係の構築」というある種の幻想が証明されたと考えれば、それは素敵なことなのかもしれないね。

Posted by りすお [RIS-O] on 17.2013   0 trackback

7cmは個性的な7人が集まったユニットです

Category : SDN48
20130715.jpg

見事に私服バラバラ( ̄∇ ̄)

土曜日は朝起きれなくてギリギリに現地入りしたのだけど、
ちょうどリハーサルが行われていて私服姿のメンバーが見られましたヾ(≧∀≦*)☆彡

SDN48卒業後は握手会が無くなっちゃったから、
直接この目で私服を見たのは久しぶりな気がするな…。

KONANに関しては私服以外にリハ用の服を準備していたみたいだけど、
やっぱりちょい強めな感じなのね…(笑)

というわけで、イオンモール北戸田 番外編でした(・∀・)

イベントをハシゴしているとブログ書く暇がなくなる(汗

今週末もそんな感じになりそう。
ある意味リア充!?ヽ(´ー`)ノ
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2013   0 trackback

7cm イオンモール北戸田 ミニライブ 動画

Category : SDN48
先日イオンモール北戸田で行われた7cmのミニライブの動画。

この会場、構造的に問題があるような…。

メンバーと観客が盛り上がってる空間のすぐ後ろがエスカレーターになっていて
買い物客の『あっ、なんかイベントやってる』みたいなテンションの低さが何とも言えないw

M1.JUST DO IT in イオンモール北戸田 [2013/7/13 13:00]


M2.Brilliant World in イオンモール北戸田 [2013/7/13 13:00]


MC


M3.キラメク明日 in イオンモール北戸田 [2013/7/13 13:00]


M4.Believe in イオンモール北戸田 [2013/7/13 13:00]


MC2


M5.Say yeah! in イオンモール北戸田 [2013/7/13 13:00]




同じ映像ばかりだと飽きるので、15時の回はズームにしてみました(・∀・)

チビッ子たちが乱入して大変なことになっていましたヽ(´ー`)ノ
メンバー達がしばしば下を向いているのはそのせいですw

20130713_10.jpg

最終的にまな様(伊東愛)がお母さん代わりになっていたというwww

ハイタッチ会中はずっとこんな感じで『握手券何百枚分だよ!』と嫉妬しているヲタがいましたε=\_○ノ

さて(・∀・)
ズームについてですが…
おいおい! カメラのフォーカス間違ってるだろ!というツッコミは受け付けません←
なぜならモノ覚えが悪くて次が誰のパートかすぐ忘れるから(汗

M1.Baby ときめいて in イオンモール北戸田 [2013/7/13 15:00]


M2.JUST DO IT in イオンモール北戸田 [2013/7/13 15:00]


MC


M3.Brilliant World in イオンモール北戸田 [2013/7/13 15:00]


M4.キラメク明日 in イオンモール北戸田 [2013/7/13 15:00]


MC2


M5.Say yeah! in イオンモール北戸田 [2013/7/13 15:00]
Posted by りすお [RIS-O] on 14.2013   0 trackback

7cm イオンモール北戸田 ミニライブ ~ OVERHEAT 2013

Category : SDN48
元SDN48の7人で結成されたユニット7cm(ナナセンチ)のミニライブを観に行ってきました(*・∀・)ノ

場所はイオンモール北戸田。

さいたまさいたま!(古っ

ミニライブ中にやんちゃな子供達がステージ前を駆け回ったり、
ステージに登ったりするハプニングもありつつ…(笑)

その他、会場の構造とか色々気になる点はありましたが(・∀・)
メンバー達のパフォーマンスは良好で、イベント自体は楽しかったですヾ(≧∀≦*)☆彡

サンシャインとは異なり、あまり照明が当たらない会場だったので
デジカメ撮影はうまく行かず(´・ω・`)

せっかくなので面白写真でもUPしておきますか。

20130713_01.jpg

ふくれっ面の細田海友さん。
何があったの!?Σ(・ω・ノ)ノ!

20130713_02.jpg

ド安定のまみたんスマイル。
手に持っているのは一体何!?

20130713_03.jpg

小さな折り鶴を頭に載せてポーズを決める梅田悠。
この日は梅子の母親&姉もイベントを見に来ていましたヾ(≧∀≦*)☆彡

20130713_04.jpg

\(^o^)/

(笑)

動画も撮影してきたので別のエントリでUPします(・∀・)




7cmのミニライブの後は赤坂に移動⊂(・ω・ )⊃≡3

20130713_06.jpg

駅から出たらCheeky paredeがライブをやっていましたw

20130713_07.jpg

お目当ては赤坂BLITZ!!

20130713_08.jpg

OVER HEAT 2013というイベントに参戦してきました。

いやー、女子率高かったなぁ(´∀`*)

シシド・カフカとSilent Sirenを観たら帰ろうと思っていたのだけど…。
シシド・カフカは最後から2番目で、Silent Sirenはトリ(最後)でした(苦笑

一日中イベントで疲れがきていたのだけど、シシド・カフカのエモーショナルなドラムプレイと可愛いサイサイメンバーに癒されて疲れが吹っ飛びましたヽ(´ー`)ノ
それに2000円でこれだけ観られればお得感満載ですしね。

シシド・カフカのライブは初めて観たけど格好良かったなー。
髪を振り乱して演奏しつつ歌も唄うって…器用だなぁ。
その後に出てきたサイサイのドラマーひなんちゅがシシド・カフカに影響されて髪を振り乱して演奏していて、影響されやすいんだなーって思ったw

ドラムって凄く格好いい楽器だと思うんだけど、歌番組での扱いは最低なんだよね…。
一般的には”地味な楽器”の部類に入るのかなぁ。
そういう意味でシシド・カフカの演奏は「ドラムってこんなにカッコイイ楽器なんだよ!」というある種の新しい価値観を観客にアピール出来たんじゃないかと。

ちなみにこの日の夜からSilent Silenの新曲『ビーサン』のMVが解禁になりましたヾ(≧∀≦*)☆彡
タイトルが示す通り、夏にピッタリなMVになっているのではないかと。

とりま1st&2ndシングルのビックリするような厚化粧モデルメイク路線は終了したようで安心しましたw

Posted by りすお [RIS-O] on 13.2013   0 trackback

BABYMETALワンマンライブ LEGEND "1999" YUIMETAL & MOAMETAL聖誕祭

Category : LIVE
久しぶりに風邪ひいてダウンしていました(´・ω・`)

おまけに急な仕事が色々舞い込んできて帰宅が遅くなったり…。

なんだかんだで仕事>趣味>睡眠という優先順位になってしまうツマラン♂です。

それはさておき(・∀・)

6/30に参戦したBABYMETALワンマンライブ LEGEND "1999" YUIMETAL & MOAMETAL聖誕祭の日記を書いていなかったので簡単に。

20130630_21.jpg
20130630_22.jpg

自分の顔を入れて写真撮影できるのだけど、さすがに恥ずかしくて出来なかった…w
でも他の人は恥をかき捨てて堂々とやっていたなぁ。
うん、僕ってメタルじゃないね←

結論から言うとスッゲー楽しかったヾ(≧∀≦*)☆彡

BABYMETALは今までオールスタンディングの会場ばかりで今回が初のホールライブだったわけだけど、
会場のノリは最高だったね。

相変わらずダンスはキレッキレだし、SU-METALの声量半端ないし、照明効果も凄かった!!

自分たちは2Fのセンターブロックあたりの座席だったのだけど、
丁度目の前が関係者席(というかアミューズ予約席?)だったらしく。

開演前に(元々BABYMETALの本体だった)さくら学院のメンバー達がゾロゾロと入ってきて
一部の観客が盛り上がっていたのだけど、自分たちはBABYMETALにしか興味が無いので誰が誰だか(苦笑
さくら学院のヲタからしたら歓喜するシチューエーションだよなぁ…コレって。

■前代未聞!? LIVEに「休憩タイム」
LIVE中にMCが一切無いことでも有名なBABYMETAL
爆音とどろく中、キレの良いダンスとアーティスト顔負けの声量で観客を魅了するメンバー達。
ノンストップで立て続けに繰り出される曲の数々に酔いしれていたら…
突然ステージ上に幕が下りてきて客電が点いた。

あれ?アンコールにしてはまだタイミングが早すぎるよね!?
まさかコレでLIVE完全終了?
Zepp DiverCityの修行LIVEは実質45分だったから有り得なくもない←

ザワつく会場に鳴り響くアナウンス

『ただいまより10分間の休憩を挟みます』

ズコー ε=\_○ノ

おいおい!これは舞台じゃないぞw

この展開には関係者席にいたアイドルの卵(?)の女の子達も大爆笑。
確かにこんなLIVEは見たことが無いΣ(・ω・ノ)ノ!

でも、(長時間の握手会など)体調不良で倒れるまでメンバーを酷使する48グループとは違って、
アミューズはちゃんと少女たち(BABYMETALメンバー)をいたわってる感じがイイね(・∀・)!


■お約束VTR
BABYMETALのLIVEの醍醐味の一つ(?)ともいえるチープなVTR
AKBをディスったり、チャラ男藤森っぽい♂が出てきたりして毎回笑わせてくれるのですが、
今回は冴えに冴えていてかなり面白かった。
今回のオマージュネタはなんとデーモン小暮!!
『おまえを蝋人形にしてやろうか!』の決めゼリフで盛り上がる客席w
X JAPANのオマージュといい、今回の件といい、狙ってる世代は明らかに30~40代のような…。
他にもだんご三兄弟も出てきたりしてカオスなVTRだったなぁ。
↑文字だけだと全く状況が伝わらないと思うけどw


■YUI&MOA聖誕祭
今回はYUIMETAL & MOAMETAL聖誕祭ということで、2人のソロ曲が披露された。
なんと「ちょこっとLOVE」と「LOVEマシーン」のメタルREMIX!!
2人の可愛さと重厚なメタルミュージックのギャップがなんともいえない魅力を放っていた。
この辺りの選曲も10~20代よりやや上を狙ってきている気が…(笑)
この曲のインパクトが強かったせいか、以前行われたSU-METAL聖誕祭よりも今回のLIVEの方がより聖誕祭色が強くなってる気がしたなー。


BABYMETALが所属するアミューズ(事務所)は多くの人気ミュージシャンを抱えている。
・サザンオールスターズ
・福山雅治
・ポルノグラフィティ
・Perfume

Perfumeは最近ワールドツアーが成功して盛り上がっているけれど、
BABYMETALも元々海外ウケがいいし、むしろPerfumeよりもグローバル展開しやすそう。
※youtubeのコメントは外国人ばかり

ここ数年で見事にブレイクしたPerfumeに引き続き、
次はBABYMETALがアミューズの株価を押し上げるんじゃないかと思っている。

Posted by りすお [RIS-O] on 12.2013   0 trackback

恋愛モンスター 芹那の恋愛観が明らかに!?

Category : SDN48
本日21時から日本テレビで放映される『解決!ナイナイアンサー』にて
芹那がキツいツッコミを食らっている模様。

20130709_01.jpg

フット後藤、ビビる大木のみならずナイナイまでアノ騒動に言及w

みんなFRIDAY読んでるんだなー( ̄∇ ̄)

20130709_02.jpg

ついに「恋愛モンスター」扱いw

20130709_03.jpg
20130709_04.jpg

一般的なアイドルでは躊躇してしまうような下ネタ(?)でも
芹那には気軽にツッコめるところがバラエティで重宝される理由かなーなんて思ったり。

20130709_05.jpg

共演の女性陣からフルボッコに!?Σ(・ω・ノ)ノ!

いやー楽しみだわヽ(´ー`)ノ

この時間は仕事しているのでリアルタイムでは見られないけど_| ̄|〇

先日、南海キャンディーズの山ちゃんが芹那の事を『あれはバケモンだ』と発言して騒動になっていたけれど、
マジでその通りだと思う。
いろいろポテンシャルが高すぎて男の方がついていけない(笑)

Posted by りすお [RIS-O] on 09.2013   0 trackback

AKIBA GIRLS FESTA 2013

Category : SDN48
AKIBA GIRLS FESTA 2013 -夏女の大山愛未と藤社優美がセクシー全開で盛り上げちゃうぞ♡SP!!-
に参戦してきました(*・∀・)ノ

20130707_01.jpg

【出演】大山愛未 / KNU / ナツアキ / 藤社優美 / 7cm(伊東愛、今吉めぐみ、梅田悠、甲斐田樹里、加藤雅美、​KONAN、細田海友)/ 光上せあら

元SDN48メンバーが大集合(笑)
そのなかになぜかKNUが混じっているという。

風邪気味だったので直前まで回避しようか迷ったのだけど
チケット代無駄にするのも勿体ないので行ってきました。

7cmが終わったら帰ろうかと思っていたのだけど、案の定トリで最後までいるハメに(苦笑

ナツアキは久しぶりに会ったけれど目がキラキラしてて可愛かったなー( ̄∇ ̄)
あいみん、ふじこ、せあらも元気そうで何より。

KNU=巨乳の略ということは何となく知っていたので、
もっとイロモノなのかと思っていたけれど、衣装も曲も歌もわりと正統派アイドルといった感じで意外だった。BiSみたいな感じかと思っていたのだけど割とかわいい子もいたし←
ただ、ももクロの替え歌はお下品でしたw

TwinBox自体が地下アイドルLIVEのメッカみたいな感じだからか、
すごく地下地下しい現場でしたw
背面ケチャとか久しぶりに見たYO!
メンバーもファンも楽しそうで、それはそれでイイんじゃないかな。

個人的にはああいうノリについていけないなーと改めて思った。
周囲のテンションが高すぎると逆に自分のテンションが下がるのでw
SDN48解散後、いくつか地下アイドルっぽい現場に顔を出したけれども結果的に定着しなかったのはそういう理由からかな。
別にこじんまりとしたライブハウスでもロックバンド系なら問題ないのだけど。

途中イントロクイズがあったけれど、梅子&KONAN組は分からな過ぎ!!(笑)
かくいう自分もほとんど分からなかったんだけどね( ̄∇ ̄)
aikoもケツメイシもサザンも桑田佳祐も聴かないからなぁ。
梅子が『この選曲したの誰やー!?』ってブーブー言ってたけど、世間的には割と有名な曲ばかりだよねw
最後はSKE48の『パレオはエメラルド』でようやく梅子&KONANチームが正解。
ハーゲンダッツ券を通常の倍の4枚ゲットしていて流石だと思ったw

MCパート、七夕の願い事の話で梅子(梅田悠)がファンに向かって爆弾発言。

梅子:推しメンと結婚したいとか無理やからなー ( ´_ゝ`)

観客:工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

梅子:Σ(・ω・ノ)ノ!

ガチ恋系の人達残念でしたねw

加藤雅美:私は…7cmとファンの皆さんが健康でありますように!と願ってます。

KONAN:さすが加藤さん! ホンマ心が綺麗やなぁ~。

まだ”加藤さん”なのか←

それはさておき(・∀・)
どうせなら『お金持ちの彼氏が欲しいー!!』と私利私欲に走った願いを大声で叫んでほしかったw
これが芹那だったら空気を読んでそう言いそうだけど、まみたんはまだまだだなっ!(何様



トリを飾った7cmはさすがの盛り上がりで、対バンLIVE2度目とは思えないくらい馴染んでいた。
生歌も上手くなってきてるし、ボイトレ効果すごいなー。
細田海友による曲中の喋り部分が聞こえづらかったのが残念(その後ブログにUPされたけど)
病み上がりのKONANは声が全然出ていなくてツラそうだった。

7cmお披露目の時はガッカリ感しかなかったのだけど、徐々にイイ感じになってきた気がする。
「まみたーん!」とか「梅子ぉー!」等のコールはあるものの、ジャージャーやかましいMIXとか無いし、アイドルアイドルしていたSDN48時代よりもアーティスト寄りになったというか、まぁ個人的にMIXが苦手なだけですけど。
イマキチブログを見ても分かる通り、7cmが目指すところはアーティストらしいので、その方面に向かって邁進してほしいと思う。

あいみん(大山愛未)の歌の上手さはSDN48時代から知っていたけれど、ふじこ(藤社優美)もなかなか。
最後に2人でデュエットした宇多田ヒカルの『First Love』は良かった!!
あれだけ上手く歌えたら気持ちいいだろうなー。

「ナツアキ、KNU、せあらは物販やチェキやります」ってMCの誰かが言っていたような気がしたので、7cmは物販無いと思って早々に引き揚げたら、実はその後物販やっていたとか。
告知はちゃんとやってほしいなぁ。
事前告知があったとしても高温多湿の中3時間立ちっぱなし&風邪気味でツラかったのでスルーしていたかもしれないけれど。

ナツアキとふじこに関してはSDN48卒業以来初めて?(SDN同窓会公演やTDC公演などは除いて)
久しぶりに間近で見たけれど元気そうでなにより。

AKB48劇場からTwinBoxへと場所は変わったものの、
今年も温かいファンと気心の知れた多数のメンバーに囲まれて生誕祭を迎えられて良かったね。
Posted by りすお [RIS-O] on 07.2013   0 trackback

ESP学園 presents COLORS2013

Category : LIVE
ESP学園 presents COLORS2013というイベントに参戦してきました(*・∀・)ノ

抽選で当たったので入場料500円だけで複数のアーティストのLIVEが見られるというお得なイベント。

■出演アーティスト
Silent Siren
真空ホロウ
摩天楼オペラ
FLiP
TOTALFAT
heidi.

http://www.esp.ac.jp/colors2013/?page_id=3912

場所は新木場のStudio Coast
都内最大規模のライブハウスですね。
SlipknotやMARILYN MANSONなど海外の著名なアーティストのLIVEなどでもよく使われている会場です。

自分はSilent Siren目当てで、知人は摩天楼オペラが目当て。

この2つのアーティストのLIVEが終わったら引き上げようと思っていたのだけど…
Silent Siren ⇒ 4番手
摩天楼オペラ ⇒ トリ

結局最初から最後までいるハメになりました(苦笑
15:00に会場入りして5時間ガッツリLIVE!!

ただ、この日は外がモーレツに暑かったからライブハウスの中の方が過ごしやすかったなヽ(´ー`)ノ

正直、サイサイ以外は『名前は聞いたことあるけれど音楽までは…』というアーティストばかりだったのだけれども、どのアーティストもアグレッシブにロックしててフツーに楽しめました。
逆にサイサイだけがポップで浮いていたような( ̄ー ̄;)

Flipはガールズバンドなんだけど、想像以上に音が激しくてビックリ。
しかも演奏うめぇえええ!!Σ(・ω・ノ)ノ!
普通に聴き入っちゃったよ。



ガールズバンドでこれだけ激しい音楽をする人たちを生で見たのは初めてかも。
ギターソロとか男性アーティストにも引けを取らないパフォーマンスだったし…

20130706.jpg

見た目はゴシックパンクっぽい感じだけれども、一応「ガールズエモバンド」という区分けらしい。


真空ホロウは演奏時とMCのギャップが激しい。
最初は『えっ? モロに茨城弁!?』ってビックリしたけれど、訛りを気にせず堂々としているから逆に清々しい。
少人数のバンドなのに音はしっかりしているしボーカルも聞きやすくて凄いなーと素直に関心。

heidi. は人気あるねー。
heidi. がパフォーマンスし終わった後、観客がごっそり減った(笑)
歌っている時は割と丁寧なのに、観客を煽るときの『オイ!オイ!』という声はダミ声(シャウト)になっていてビックリ。

TOTALFATはフェスの常連ですねー。
知名度の高いフェスにはいつも名を連ねているような。
エモ?パンクロックに部類される音楽で、観客のボルテージが一番高まったアーティストだった。
激しいモッシュ・クラウドサーファー・ダイブが発生したのはTOTALFATの演奏時のみ!!
パンクロックはどれも同じような音楽に聴こえてしまうので個人的にはアレでしたけど…

Silent Sirenは最近演奏上手くなってきたなーと思っていたのだけど…
こうしたアーティストと一緒に出演すると確実にレベルの差を痛感してしまう。
演奏技術もボーカルもまだまだ向上の余地有りですね。
8月発売のシングル『ビーサン』に収録されている『スターマイン』を初視聴できたのが良かった。
白を基調とした爽やかな衣装が可愛かったー。
前髪の伸びたすぅちゃんが可愛いと思ってしまった…ごめんよゆかるん←
『(BABYMETALの)SU-METALはいいけど、こっちの(Vocalの)すぅは声のパンチが弱くてダメだー!』と知人がダメ出ししていましたw

摩天楼オペラはビックリするほど声が高かった。
あれをカラオケで歌える人はかなり限られるような…。
観客の独特な振り付けは見ていて面白かった。
あとはヘッドバンギングがすげぇw 首吹っ飛んでいくんじゃないか?というほど。
これだけ振り回す女の子達を間近で見たのは久しぶり。
ヘドバンの風圧感じたしwww

結論(・∀・)
サイサイは可愛かった←
…じゃなくて、
ライブを重ねてきているアーティスト達と比較しちゃうとサイサイはやっぱり浮くなーという印象。
初見の人達にも『サイサイ演奏凄いじゃん!ボーカルも凄い!』と言われるようなアーティストになって欲しいなぁ。
Posted by りすお [RIS-O] on 06.2013   0 trackback

元SDN48 梅田悠 加藤雅美 in 氏郷まつり 2012 動画

Category : SDN48
元SDN48の2人(梅田悠 加藤雅美)が梅田悠の地元、松阪市に凱旋したときの動画です(*・∀・)ノ

7cm(ナナセンチ)の活動が予想以上に活発化してきていて、
梅まみコンビのイベント・LIVEはしばらく無いんじゃないかなーと思ったのでUPしました。

ちなみにこの時に着ていた衣装について…

20130706_10.jpg

劇団ひとり氏は『クイズ番組のアシスタントみたいな衣装だな』と言っていました( ̄∇ ̄)w

■Jump!


■曲名未定


■MC


■負け惜しみコングラチュレーション (SDN48)
Posted by りすお [RIS-O] on 06.2013   0 trackback

眠眠打破のCMキャラクターに芹那が大抜擢

Category : SDN48
今年の眠眠打破のCMキャラクターに芹那が大抜擢されました!!

20130704_01.jpg

眠眠打破といえば、過去にSDN48をCMに起用していたことも知られています。

20130704_03.jpg

SDN48解散後はNMB48がイメージキャラクターを務めていましたが、
今年は芹那が単独で選ばれました!!

20130704_02.jpg

芹那の等身大フィギュア「ニセリーナ」も登場!
何かこえぇw

20130704_04.jpg

単独出演のためCM撮影もサクサク進んだとのこと。

SDN48時代と比較して…

CM撮影にかかった時間は12分の1で、ギャラは12倍!?(*´艸`)←

冗談はさておき(・∀・)

SDN48の解散が決まったタイミングで早々にスポンサーを降りたGR○Eとは異なり、
眠眠打破さんはSDN48が解散(全員卒業)する最後の日までバックアップしてくれたので好印象ですねー。

眠眠打破は販促キャンペーンの一環として「大人の修学旅行」を企画し、

・SDN48メンバーと旅館でワイワイ
・メンバーが浴衣姿でパフォーマンス(歌を唄う)
・浴衣姿でツイスターゲーム
・メンバーがファンにお酌
・翌朝、メンバーが部屋まで起こしに来てくれる

等々、”CD1枚で10秒だけ会話が許される握手会/プレゼント禁止など色々制限があったSDN48”の
常識を覆す神企画を打ち出してくれましたヾ(≧∀≦*)☆彡

そして今回の神企画は…!?

芸能界イチのモテ女、芹那とリアルデート!!

キタ━━━(・∀・)━━━ !!

20130704_05.jpg
なんですかこの趣味の悪いバスはw

でもコレじゃ単なる晒し者じゃないかwww

まぁでも大人の修学旅行よりはハードル低そうだし、応募してみようかなヽ(´ー`)ノ

大人の修学旅行は宿泊前提だったから仕事の繁忙期は参加自体が無理だったからなぁ。

以前、TV番組で『スポンサーの人に気に入られようとして(一部の)メンバーが普段と全然違う感じになっていたのがちょっと嫌だった。』と語っていた芹那。

結局、CM起用されるか否かはそういうことじゃ決まらないんだよね。
もしかしたら色仕掛けでコロっと決めちゃうお偉いさんもいるのかもしれないけどw

結果的に自身の知名度・ブランド価値を高めた芹那が大勝利したということで。

■眠眠打破公式サイト
http://minmin.tv/index.htm
※PCから見るとスクロールの仕方が面白いサイトになっています




Posted by りすお [RIS-O] on 04.2013   0 trackback

撮影可能ライブの可能性

Category : Diary
日本では暗黙の了解として慣例のように守られてきた「ライブ中の録音・撮影禁止」というルール。

元SDN48の7人によって結成されたユニット「7cm」のイベント(ミニライブ)では原則撮影が可能となっており、その試みに驚きを感じた人も少なくないようだ。しかし、海外のLIVE・フェスなどでは基本的に撮影可能となっており、youtubeの動画などを見るとカメラやスマートフォンを構えた観客の姿が多数みられる。

実は7cmのような”絶賛売出し中”のユニットのみならず、BOOM BOOM SATELLIETSなどのメジャーなバンドも撮影を解禁している。

芸能人は容姿そのものが商品になることから肖像権には特に敏感である。
では、最近になって撮影可能なLIVEが増えているのはどういうわけだろうか。
丁度良い記事があったので、以下に引用してみる。(強調したい部分は赤字にしている)

顧客満足度につながる新たな試み 「録音・撮影OKライブ」の是非

海外にならい、実験的にではあるものの日本でもライブでの画像・映像撮影OKの動きが広がりつつある。海外の事例を見ても明らかなように、ファンによる投稿素材の拡散性、ニュース性といったメリットが、デメリットを凌駕する実態があるようだ。撮影可に踏み切った2組に、メリットの中身、そして効果の大きさを聞いた。

 携帯やスマートフォンのカメラが高機能になるにつれ、問題視されてきたライブの隠し撮り。だが、海外アーティストの大半がプロ機材でなければ撮影を解禁している流れに伴って、日本でも実験的に撮影可とする動きが加速しつつある。

 年初に行われた初のホールコンサートで堂々撮影OKを謳って話題になった九州発のアイドルグループ、LinQもそのひとつ。話題づくりという側面もあるにはあったが、撮影可に伴う是非を一度きちんとあぶり出したかったこと、またファンの需要に応えるための施策でもあったと、ジョブ・ネットのJJ 小野プロデューサーは語る。

 「エンタメ市場におけるアイドルのコンサートはある種“サービス業”の要素が大。だからこそ顧客満足度を上げたいと考えて撮影解禁を打ち出しました」

 当該のコンサートでは“全席一律○○円”をやめ、小野氏が言う「資本主義を導入した価格設定」も取り入れた。最前列中央の最も高額なかぶりつき席や、ホール1階及び2階最前列に望遠や三脚なども持ち込める“撮影に特化した席”を設ける試みだ。ファンからは「神がかった企画」と絶賛された模様だが、さて、実際に露呈したメリット・デメリットとは?

 「まずメリットは動員が増え、しかも高額な席から売れていったこと。ライブにおける付加価値がうまく作用した結果だと思います」と小野氏。

 なんでも、件の撮影特化席のほとんどは熱心なファンに“雇われた”プロ級のカメラマンが占める結果になったという。

 「自分はライブに集中して楽しみ、写真をプロに任せた分業体制。お金を費やしてでも自分だけの写真を手に入れたいというその熱意には、本当に頭が下がる思いです」と小野氏は感慨深げに語る。

 撮影OKが常態化すれば状況は変わるかもしれないが、少なくとも現状では確かに、解禁に伴いライブ動員は増える傾向にあるようだ。昨年暮れに行ったミニツアーで全曲撮影OKを打ち出したBOOM BOOM SATELLITESも、これまでにない口コミ作用でチケットの売上ペースは格段に上がったという。FOGHORN制作部部長 原田淳氏によれば「撮影OKの評判は上々。ファンが撮影した写真をアップしてもらい、それらを交えた新曲のMVをメンバー自らが制作したことも相乗効果になったと思います」

■顧客満足度、未来への投資など“意味付け”がポイント

 一方でデメリットはといえば、率直なところ「現状ではさして見当たらない」と小野氏。

 「肖像権のムダ遣いによる失敗が出てくるとすれば今後でしょう。今はそれよりも、これから先の活動を考えたときに、撮影OK→ファンによる投稿という図式によってウェブコンテンツの増強と、知名度アップが果たせたという“未来への投資”の意味合いが大きい。撮影マニアという、LinQファンと属性を同じくする新規のファンを今回取り込めたことも大きな糧となりました」

 撮影をしてネットにアップするのはむしろ熱心なファン。いいものを撮ろうと頑張るし、マイナス心証となるような写真がウェブに上がることはまずないという。「最高の1 枚が撮れ、何にも勝る思い出になった」「厳選した最良のカットをアップするとき、自分がオフィシャルカメラマンになった気がして嬉しかった」そうした声を聞くに、撮影OK はファンの心を捉え、満足度を上げる施策であるのは確かなようだ。(オリジナル コンフィデンスより)



SDN48が解散してから約1年で生写真の価値は暴落。
オークションに出しても落札者がつかないことも多い。
国民的アイドルのAKB48でさえ”○○ちゃん全種類フルコンプ”で売り出さないと二束三文にもならない。
※同じ写真が大量に出回っていることも影響しているだろうけども

そういう意味では7cmは先進的かつ時代にフィットした方針転換をはかっていると思う。

CDが売れなくなったこの時代。(48グループだけは握手会商法で好調なようだけれども)
音楽産業で唯一好調なのはライブ・コンサート産業なのだとか。

例えば音楽ライブ。幸い07年以降、ライブの観客動員数は右肩上がりで、11年は前年比3%増の2630万人が楽しみました。チケット販売などを合計した音楽ライブの市場規模も11年は1634億円と前年を超え好調です。例えば新潟県湯沢町で毎年開かれるフジロックフェスティバルは、もはや夏の風物詩。熱心なロックファンを中心に12年は延べ14万人が現地へ駆けつけています。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0903I_Z00C13A4000000/



アーティストであれ俳優であれお笑い芸人であれ、まず”興味を持ってもらう”ことが大事。
肖像権の侵害でこうむる損失よりも、ファンを通して繰り広げられる宣伝効果の方が大きいと判断したのだろう。

コンサート会場の近くではライブで隠し撮りしたと思われる写真を会場の近くで売ってるオッチャンを見かけるけれど、ライブが全面的に撮影可能になっていけばああいう輩は絶滅するかもしれない。

上記の記事はかなり的を得ていて、2つ前のブログではデジカメで撮影した写真をいくつか載せているけれども、半目になっている写真や変顔に近い写真は自分の判断で部分的に切り取ったり掲載を取りやめている。
もしかしたら変顔をUPされた方が”おいしい”と感じているメンバーもいるかもしれないけど(笑)

ただ、撮影しながらライブを楽しむというのは至難の業。
先日のイベントでは片手でデジカメを持って、空いた方の片手を振り上げてライブを盛り上げていたのだけれども、どうしても撮影が気になってライブに集中し切れないわ映像は手ブレはするわでどちらも中途半端だった(;´Д`)

「(AKB選抜総選挙などの)イベントに行って速報をツイッターで逐一つぶやいている人って楽しめているのかなぁ」

以前、このように知人がつぶやいていたのだけれども、全くその通りだと思うw

幸いなことに7cmは今後(Tokyo Idol Festivalをはじめとする)多数のイベントに出演する予定なので、ライブハウスなどの撮影禁止ライブでは存分にライブを楽しみ、ショッピングモールなどの一角で行われるミニライブやイベントなどでは積極的に撮影していこうかな…と考えている。

3万円台のデジカメはいい加減買い換えようかな…(笑)
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2013   0 trackback

7cm主催イベント Try Out #2 @サンシャイン噴水広場 動画

Category : SDN48
2013年6月30日に開催された7cm(ナナセンチ)による主催イベント
「Try Out #2@サンシャイン噴水広場」の動画です(*・∀・)ノ

ツイッターをやってない人もいると思うので、コチラに載せておきます。

正直、デジカメ手持ちはキツかった…(苦笑

手ブレがひどかったり、途中太ももばかり映っていたりw

時間的・距離的な都合でイベントに行けなかった人用ですかねー。

デジカメで撮影したわりには綺麗に映ってるなぁ…と自画自賛←
さすがに音声はダメダメだけど…。
でも、クオリティが高すぎるとLIVE映像作品が売れなくなっちゃうから(発売されたら…の話)
この微妙な感じがいいのかもしれない。

ちなみに7cmの振り付けはメンバーの梅田悠(うめだはるか)の考案によるもの。

その他、有名どころではAKB48の『ギンガムチェック』やいくつかのカップリング曲の振り付けも担当しています。

■7cm Try Out #2 M1.Believe 2013/06/30


■7cm Try Out #2 MC 2013/06/30


■7cm Try Out #2 M3.キラメク明日 2013/06/30


■7cm Try Out #2 M4.メドレー 2013/06/30


■7cm Try Out #2 MC2 2013/06/30


KONANさん、三十路だったんですね!Σ( ̄∇ ̄;)<違う

■7cm Try Out #2 M5 JUST DO IT 2013/06/30




7cmはこれからも無料イベント「Try Out」を続けていくそうなので、
よかったらイベントを観に行ってあげてください。

■7cmオフィシャルサイト http://avex.jp/7cm/
■7cmオフィシャルブログ http://ameblo.jp/7cm-officialblog/
■7cmオフィシャルTwitter https://twitter.com/7cm_staff

■伊東愛ブログ http://ameblo.jp/ito-mana/
■今吉めぐみブログ http://ameblo.jp/megumi-imayoshi/
■梅田悠ブログ http://ameblo.jp/haruka-umeda/
■甲斐田樹里ブログ http://ameblo.jp/kaida-jyuri/
■加藤雅美ブログ http://ameblo.jp/ito-mana/
■KONANブログ http://ameblo.jp/18prokonan/
■細田海友ブログ http://ameblo.jp/hosoda-miyuu/
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2013   0 trackback

VAMPS LIVE 2013

Category : LIVE
L'Arc~en~CielのHYDEが主体となって結成されたユニットVAMPSのLIVEに参戦してきました(*・∀・)ノ

20130701_01.jpg
HYDE × K.A.Z

会場はお台場のZepp Divercity Tokyo

20130701_02.jpg
そうそうたる著名人からの祝い花

写メ撮り始めたらキリがないくらい沢山のスタンド花が飾られていましたヾ(≧∀≦*)☆彡



定刻通り19:06にスタート

ツアー3日目ということで、喉の調子やパフォーマンスが心配されたのだけど、
蓋を開けてみたら十分な声量で全く問題なかった。
※6/28~7/7の間 VAMPSはZepp Divercity Tokyoに籠城し、その内7日間LIVEするという超過酷な日程

特に『MIDNIGHT CELEBRATION』(HYDE名義で発表)に関しては
MARILYN MANSONバリのシャウトで会場を沸かせていた。

客層は例によって女子が大半なのだけど、自分よりも上の世代の女子(というかオバサマ?)が意外にも多くて驚いた。子どもの連れ添いで来てるのかな…と思ってたけど、手を挙げるタイミングとか歓声のタイミングがバッチリだったから生粋のVAMPSファンなのだろうw

VAMPSはL'Arc~en~CielよりもROCK色が強いから血気盛んな若者ウケしそうなバンドだと思っていたのだけど、
HYDEがボーカルを務めるバンドというだけあって老若男女問わず人気があるということなのかなー。

仕事帰りということもあって前方のモッシュエリアは避けて
やや後方からじっくり見ようと思っていたのだけど…
後方エリアでも結構激しいw

観客の一体感が凄くて地蔵だと逆に浮いてしまう感じ。
自分も久々に思いきりジャンプしまくった!!○(≧∇≦)o
ジャンプだけじゃなくヘッドバンギングも半端無い!

隣の女の子に『すいません、肩借りてもいいですか?』と言われて『いいですよー』と答えたら、
激しい曲で自分の肩を支えに首がもげそうなほどヘドバンしててビックリw
ええっΣ(・ω・ノ)ノ! 後方エリアでもこんなに激しいの?みたいな。

とりま明後日発売の新曲『AHEAD』が聴けて嬉しかったなーヽ(´ー`)ノ
この曲導入部分が洋楽っぽくてカッコイイ!!
とはいえ、サビはキャッチーで万人ウケしそうな感じ。
独り善がりの作品にならないところは流石HYDEさんヾ(≧∀≦*)☆彡



MCはいつも通りの下ネタでw
イケメンは下ネタ言っても許されるからズルイ←

『TROUBLE』ではドラムの人が先走ってしまい(ミスで)曲が中断Σ( ̄∇ ̄;)
最初からやり直しというレアなハプニングもあったりw

HYDE:おいおい、間違えたの誰だぁ~?

経験豊富なHYDEさん、ハプニングにも動じず余裕の返し。
しかも明らかにドラムの方向いて言ってたしw ウケた。

しかしHYDEは年齢を感じさせないなぁ…。

あれで40歳超えてるとか信じられん(`・ω・´)

自分もああいう風に年齢を重ねたいDEATH!



ちなみにダイバーシティ近辺はhide(X JAPAN)一色でした。

20130701_03.jpg

20130701_04.jpg

   
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2013   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend