映画 『るろうに剣心』

Category : Movie
映画 『るろうに剣心』を観てきました(*・∀・)ノ

20120909_01.jpg

漫画やアニメの実写化は大抵お寒い感じになるので、
さほど期待していなかったけれど個人的には楽しめましたo(´▽`*)/♪

原作の登場人物と時代背景を借りたある種のアナザーストーリーとして見れば問題なく、
一つの映画作品としては素晴らしい出来だと思います。

とにかく剣心役の佐藤健君の身体能力が凄い。

殺陣シーンはかなりの迫力があり、これは映画館の大画面で見る価値が十分にあるのではないかと。

ちなみにこの映画ではCGは一切使われておらず、ワイヤーアクションのみだそうです。

20120909_02.jpg

佐藤健君に関しては今まで中性的なイメージがありましたが、
伝説の人斬り抜刀斎らしい凄みのある表情がうまく出せていたんじゃないかな。

20120909_03.jpg

刀を抜かずして相手をバタバタ倒していくシーンは痛快だったなー。

20120909_05.jpg

映画『007』みたいな欧米人好みの派手なアクションを見てしまうと
『こんなのありえねーw』って逆に笑えてきちゃうんですが…

『るろうに剣心』のアクションシーンは(僕の中では)絶妙のカッコよさがあって、
いわゆる”超人”と呼ばれる人の中にはこういうことが出来ちゃう人もいるんじゃないか?

20120909_04.jpg

過去に「伝説の人斬り抜刀斎」が本当に存在していたら、きっとこんな身のこなしをしていたんだろうな…
自然にそう思えてくるから不思議。

武井咲は今まで単なるゴリ押し女優だと思っていたけれど、
この映画の中ではなかなか良い演技をしていたと思った。

BGMも必要最低限な箇所のみ使われていて非常に良かった。
静寂に包まれたシーンも多いので、眠気を誘われる人も多かったみたいですがw

原作(漫画)では少年ジャンプ定番の「必殺技」が多様されていたわけですが、
実写化に伴いそういう漫画的な要素はほとんど入っておらず、万人ウケする作りになっていたと思います。

ストーリー的には剣心(佐藤健) vs 武田観柳(香川照之)で終わらせていても良い気がしたけれど…
抜刀術のシーンを入れるためには刀衛(吉川晃司)との対決シーンは不可避だったのかなーという感じがしなくもない。結果、映画の尺がやや長めになっていたのがちょっと気になったかなー。

とまぁ、今まで結構褒めてきたわけですがー。

穐田さん(SDN48)には悪いけど←
主題歌のONE OK ROCKが合ってない…(;´Д`)
別にワンオク自体は嫌いじゃないし、勢いが合っていいバンドだと思うんですけどねー。
映画の雰囲気には合ってないと思います。
『ヘルタースケルター』のAA=、『桐島、部活やめるってよ』の高橋優がハマっていただけに、この点だけは残念。。。

続編が制作されたらまた観に行きたいな…と思える作品だったけれど、
Yahoo!映画であんなに高得点が出るほどの作品か?と言われれば謎。

Posted by りすお [RIS-O] on 09.2012   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend