AKB48 - 満席祭り(希望) 賛否両論 in 横浜アリーナ ~昼・夜公演~

Category : LIVE
AKB48初の横浜アリーナコンサート!
25日の昼・夜公演共に参戦。

20100325_01.jpg

何故かAKB48のコンサートの日は雨になることが多い。
NHKホールも雨だったし、日比谷野外音楽堂のときも雨だった。
2008年か2009年のSHIBUYA-AX LIVEでは雪が降っていたような(汗

昨日からの3公演で様々な告知が発表された。
全部書いているとそれだけで長文になりそうなので、詳細はメモリストさんのブログで。

最近はもっぱらSDN48に傾倒しているので独自の視点で感想を書いてみることにする。

25日 昼公演
センター席後方にて観覧。
センター席とはいえ後方だと段差がないので意外に見づらかった。
自分達のまわりはピンチケばかり。まぁ平日の昼間だし…当然と言えば当然か。
3~4人で固まって曲中に喋りまくるわ、場違いなコールを連発するわ、『桜の栞』でMIXを打とうとするわ、怖いもの無しですか君達は(苦笑
ピンチケが厄介者扱いされる理由が分かった気がする。

途中、ノースリーブスが見たことのない衣装で登場して知らない曲を歌い出した。
観客は一瞬あっけにとられていたような。
サビに『Lie Lie Lie』というフレーズがあることから新曲の『Lie』であることが分かる。
『キスの流星』のような切なく大人っぽいイメージの曲調。ただ、『キスの流星』ほどの名曲ではないかな・・・といった感じ。
新曲披露後にノースリーブスがMCを担当。
たかみな(高橋みなみ)が『今日はノースリーブスの新曲を日本初、世界初、いや宇宙初聞いていただきました!』と興奮混じりに語っていた。
うーん、タイミング的には、”ノースリーブスのMCの後に新曲披露!”という流れの方が良かったんじゃないかな・・・。

『誘惑のガーター』のイントロが流れ始めた瞬間キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!と思ったのだけど、パフォーマンスをしていたのはAKB48の年長組メンバー(小嶋陽菜、篠田麻里子、大島優子)
いわゆるシャッフルユニットというやつですね。

各々のパートは以下の通り。
小嶋陽菜=穐田和恵
大島優子=加藤雅美
篠田麻里子=佐藤由加理

こじはる(小嶋陽菜)が穐田さんの役なのだけど、お尻を床につけて一回転するシーンで(小道具の)椅子に接触していたりして結構ヒドいw 観ているコッチがヒヤヒヤしてしまった…。
しかし、『誘惑のガーター』の世界観を壊すことなくパフォーマンス出来ていたんじゃないかと思う。
元々美形だし、バランスのとれた体型をしていることもあって妖艶な表情をするこじはるはとてもセクシーでドキッとした。

篠田さんはAKB48最年長?メンバーだけあって流石のパフォーマンス。
クールな顔をしながら難しいダンスをサラッとこなすところがエレガントな麻里子様らしい。

大島優子は普段の天真爛漫なキャラとは打って変わって、セクシーな表情で妖艶な世界観を演出していた。
元々ダンスパフォーマンスには定評のある優子。『誘惑のガーター』では当然のごとくセンターを任されていて、椅子から開脚ジャンプで飛び降りるシーンも見事にこなしていた。
しかし、流石に(SDN48の)オリジナルである加藤雅美の美しいジャンプには及ばないかな…といった感じ。
けれどもシャッフルユニットはコンサート限定のお祭りイベントのようなものだし、ここで細かい揚げ足取りをする必要は全くないのだ。AKB48年長メンバーでセクシーな曲を演じているところを一度観てみたいな…と思っていた自分は十分に楽しめた。

衣装の詳細は麻里子様ブログでどうぞ。




25日夜公演

・PAのミス?が目立って残念
(マイクが入らない=2件、曲中にしばしばノイズが入る=1件、モニタの表示がおかしくなる=1件)

・SDN48は千秋楽公演でようやく出演。
曲は『孤独なランナー』を披露。
1列目(=推され)パートを任されていたのは大河内美紗、加藤雅美、チェン・チュー、畠山智妃、穐田和恵。
曲の後半からは後列にいたメンバーも前に出てきていた。
『ヴァンパイア計画』の衣装でバックダンサーをこなすSDN48二期生16人を確認。
名前を含めた詳細なお披露目は『またの機会に』とのこと。

曲が終わった後、1万2000人の観衆を前にたじろぐことなく満面の笑みを浮かべていたのは加藤雅美。かなり可愛い表情のカットがカメラに抜かれていた。
一方、チェン・チューは曲終了直後から号泣。この様子もカメラに抜かれていた。
その後のMCでは穐田さんのマイクが入らないトラブルが発生。
すかさずキャプテンの野呂さんがフォローを入れてマイクを渡したものの、穐田さんはMCでちょっと噛んでいた。表情は若干強張っており緊張でガチガチな様子が痛いほど伝わってきた。
あそこで(篠田さんがよくモノマネしている)『穐田和恵で~す♪』でMCを始めれば盛りあがったと思うんだけどな…

その後のMCで、なちゅが『ガンバリーナ』のコールをしたのだけれども『ガンバリーナ』(曲)自体は披露されず、そのままAKB48の次の楽曲へ。
結局SDN48のパフォーマンスはこの1曲のみだった。
この扱いだったらチケットに『共演 SDN48』なんて書かなくていいんじゃない!?
※同じくSKE48の扱いもかなり悪かったと思う。



この3公演で様々なサプライズ発表がなされたのだけれども、なんといっても一番のサプライズは『AKB48の正規メンバーが全員外部事務所に移籍できる状況になった』ことだろう。

年齢的にかなり厳しいところに追い込まれていた野呂さん、大堀さんの移籍が決まって本当に良かった。
戸賀崎氏からの発表を聞いた瞬間、崩れ落ちて土下座スタイルで『ありがとう』を連発する野呂さんが印象的だった。
様々な移籍発表のなかで個人的には松井咲子の移籍が篠田麻里子と同じサムデイというのが気になった。松井さんもかなりの高身長だし、モデル路線に行くのかな?
今の篠田さんのTVでの活躍ぶりをみると、松井さんにも期待して良さそう。

あと気になったのは”渡り廊下走り隊”と”ノースリーブス”が所属するプロダクション尾木。
新たにAKB48から5~6人採用していたような…
ノースリーブス、渡り廊下に引き続き”第三のユニット”でも作るつもりなのか(笑)

この3公演で様々なサプライズ発表があったのだけれども、とりあえず言いたいことはコレにつきる。

”頑張ってきた子達が報われて良かった”

すべての発表が終わった後、顔をクシャクシャにして号泣している大島優子の姿が印象的だった。

他人の成功を自分のことように喜ぶことができる彼女の姿のなかに”AKB48の絆”が見えたような気がして、不意に目頭が熱くなった。

こういうサプライズなら大歓迎だよね。

コンサートのタイトルは『賛否両論』だけれども、限りなく『否』の少ないサプライズだったんじゃないかと。

(おそらく”否”の内容である)選抜総選挙2010の件については、昨年も同様の選挙が実施されたことにより既に免疫がついているのか『あ~また今年もやっちゃうのね』という感じの表情をしているメンバーが多かったしw
選抜総選挙の結果で17thシングルに多少波乱が起きても、18thシングルからまた元の選抜に戻るんだろうしw
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2010   0 comments   1 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend