SDN48 『誘惑のガーター』 公演 ~1/30 20:30公演~

Category : SDN48
休日出勤で朝9時から客先で作業していました_| ̄|〇

夜、仕事の疲れをいやすために我がパワースポットであるAKB48劇場へ…w

ところで、パワースポットの使い方はこれであってるのか!?



抽選はまたしても干され。
最近は抽選すら当たらなくなってきているらしいので、劇場内に入れるだけマシなのかな。
ステージ全体が俯瞰できるお立ち台にて観戦。

■自己紹介&MC
敢えていうなら何マニアですか?

浦野一美(シンディ):私は”公演マニア”です。

シンディ:公演出場回数1000回でギネスブック入りを狙ってるんですけど…最近考えていることがあって、AKB48劇場に1000回来ていただいているファンの方と一緒にギネスに載りたいなと。(劇場に)1000回以上来ている方いますか?

観客:メトロがいる!メトロがっ!(観客w

おや?どこかで耳にしたお名前が…(笑)

■MC2
なちゅ休演⇒代打で西国原礼子(レイチェル)が登場。
大堀恵(めーたん)とレイチェルでMCを展開

トークのテーマは『私が歌を唄うようになったキッカケ』

西国原:私のお父さんはアメリカ人とのハーフなんですけど…

めーたん:えっ…ウソでしょ?

西国原:いや、本当です。(観客驚く

めーたん:え~っ!知らなかったぁ!

西国原:ただ宮崎出身というだけじゃこんなに濃い顔になりませんから!(観客w

父親が演歌好きだったせいで自身も演歌を唄うようになったとのこと。

西国原:最近練習している曲があって…(中略)  ミュージック、スタート!

そこで突如流れ始めた曲は、大堀めしべ(大堀恵のソロプロジェクト)の『甘い股関節』(笑)

最初の方はちゃんと振りコピできていたものの、途中からグダグダになっていたような…(^_^;)

途中、レイチェルがめーたんを煽って本家本元の”大堀めしべ”がダンスを披露。
サビの部分はレイチェルとめーたんのコラボレーションが実現し、観客のボルテージは最高潮に。

ワンフレーズどころか間奏近くまでパフォーマンスしてくれていた。
いやぁ、まさかAKB48劇場で甘い股関節を観られるとは思わなかった。
なんだか得した気分♪

■三分V…梅田悠
クイズ形式で送る『三重弁講座』

・「つんどる」とはどういう意味?
1.積む
2.混んでる
3.ツンツンしてるアイドル
※正解は2

・「ほっとく」とはどういう意味でしょう?
1.掘っとく
2.捨てる
3.放っておく
※正解は2

などなど。全部で4問ぐらいあったかな?
4問終えた時点で残り時間が25秒くらいあり、次の曲紹介(『愛されるために』)がやたらとゆっくりした喋りになっていたのはご愛敬w
クイズ問題が書かれていたスケッチボードにはキュートなイラストも描かれていた。

なかなかためになる(?)内容で、大きな笑いこそ起きなかったもののこういうアプローチも悪くないな。と思えた。

■終演後のハイタッチ会

最近、他のSDN48メンバーから『最近可愛くなったよね! 恋してるんでしょ!』とからかわれている加藤雅美(まみたん)に向かって

RIS-O:なに?最近恋してるの?

まみたん:し…してないですよっ(焦

どこかの恋愛シミュレーションゲームみたいな会話だw

(まみたんの隣で)このやりとりを見ていた河内麻沙美が何故か爆笑していた。

同じ質問をした人が多かったのか、まみたんが他のメンバーから相当からかわれているのか…

河内麻沙美は以前『ViVi』『CanCam』といった超有名女性ファッション誌で読者モデルをしていた子で、整った顔立ちをしているせいかなんとなく近寄りがたい雰囲気があったのだけど、案外親しみやすい子なのかもしれないなぁ。
先月から何となくモバメをとっているけれど、結構メールを送ってくれるし内容もしっかりとしてるし。
モデル=ヲタ嫌いという勝手な思い込みはよくないね。ウンウン。
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2010   0 comments   0 trackback

the HIATUS - Trash We'd Love TOUR DVD

Category : Music
歌はいいね。

LIVE大好き。

集中しているその瞬間は嫌なことや辛いことが全て忘れられるから。

あ、別に病んでませんので気にせずに。

20100129_01.jpg

the HIATUSのLIVE DVDとマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』のBlu-rayを買いました!

the HIATUSのDVDなんですが、渋谷のTOWER RECORDで流れていた映像を見て衝動買い。

普通のLIVE DVDと違った切り口が斬新で楽しめました。

the HIATUSは、絶大的な人気を誇っていたバンドELLEGARDENのフロントマンとして活躍していた細美武志が設立したプロジェクト。公式ページには「音楽やアート、表現者たちのプロジェクト」と記されており、その活躍は単なる音楽活動にはとどまりません。

通常のLIVE DVDであれば、絶対的存在感を誇るヴォーカル&ギターの細美にカメラが集中してしまうでしょう。しかし、the HIATUSのLIVE DVDでは様々なカメラアングルで各々のメンバーがバランス良く撮影されています。

20100129_03.jpg

各々のメンバーの見せ場がしっかりと映されています。

ただ、カメラアングルの切り替えが非常に早いのでこの手の映像が苦手な人もいるかもしれませんね。

20100129_04.jpg

曲の途中で映像を二分割したり、三分割したり…

ある種PV的な映像に仕上がっています。

20100129_05.jpg

観客の声を極力抑えているところも、映像作品としてのこだわりを感じました。

ご覧の通り画質自体は美しいものではありませんが、一つの映像作品として非常に興味深い作品になっていると思います。



Posted by りすお [RIS-O] on 30.2010   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend