【FX】 南アフリカランド問題で東京金融取引所(TFX)が特別措置を実施

Category : investment
やりました! 個人投資家の勝利です!!

・・・と、声高に叫ぶことは出来ない内容なんですがw

先週よりFX(為替取引)個人投資家の間で話題になっていた南アフリカランド問題ですが・・・
ついに東京金融取引所(TFX)の特別措置を引き出すことに成功しました。
個人投資家による苦情が功を奏した形になります。

インターネットで瞬く間に広まった動揺が、マスコミや世論を動かすことに成功したようです。
いやぁ、ネットの力って凄いですね。
もちろん東京金融取引所や金融庁にも相当数の苦情や陳情が寄せられていたのでしょうけど。

以下、ロイターニュースより抜粋

外為証拠金取引の取引所「くりっく365」を運営する東京金融取引所(TFX)は6日、10月30日付の取引で南アフリカランド/円ZARJPY=Rが一時実勢レートから大きくかい離した問題で、異常なレートで約定された取引と、それが原因となって強制執行された損失確定取引(ロスカット)について、申請があれば約定したレートでの反対売買を実施すると発表した。
 反対売買の対象となるのは、当時の市場実勢で11円付近だった南アランド/円が「くりっく」で8円台を付けた取引と、それがきっかけとなって発動された他通貨ペアを含むロスカット売買。投資家のポジション保有状況によっては利益が出ている可能性もあるため、希望者のみを対象とする。「くりっく」の取り扱い各社が13日午後3時まで受け付ける。値付けをするのは、8円台で取引を成立させたマーケットメーカー1社。
 TFXによると、南アランド/円が急落したのは、30日付の取引終了直前の31日午前4時59分。南アランドなど新興国通貨の流動性が急速に低下する中、マーケットメーカー1社が「急激な変動を踏まえ、同社のシステムに従って、極めて広いスプレッドのレートを提示」した。11円台の買い注文が約定された後、59分33秒に8.415円の買い注文が約定され、続いて提示された8.435円の買い注文も取引が成立。くりっくの終値となった。
 ロイターが金融機関から直接提示された対ドルレートを元に算出した南アランド/円は30日、11円台で海外市場の取引を終了していた。
 TFXでは「24時間体制で提示レートの妥当性をチェックしているが、今回は瞬間的なレート提示だったため、確認を行うことが時間的に不可能だった」として、短時間の提示でも異常レートを自動的に排除するシステムを早急に構築するとしている。
 外為市場では、週明け2日早朝の取引で円が幅広く上昇。その一因として、「くりっく」が実勢から大きくかい離したレートで取引を成立させたことが影響したとの声が多数上がっていた。

Posted by りすお [RIS-O] on 06.2009   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend