レーシックか、コンタクトか

Category : Diary
昨日、高校時代の同級生がレーシック(角膜屈折矯正手術)を受けた。

そして本日行われた(施術)翌日検診によれば、視力が1.2と0.9まで回復したという。
この視力が本人的に満足なのかどうかは分からないのだけど、とりあえず施術自体は成功したようで何より。

”施術を受ける”と最終的に決めたのは彼自身であり、施術が成功しても失敗しても自己責任ということになる。とはいえ、自分が彼にレーシックを勧めていただけに施術後の経過が気になっていたことも確かである。

彼は意外にも結構な”ビビり”であることが判明w
レーシック施術数日前から『ドキドキなんだが・・・』とか、色々メールが飛んできていた。
個人的な思いとしては、長年コンタクトを使用しつづけることも相当なリスクだと思っていたので、何をそんなにビビッっているのだろう?と謎に思っていたくらいだ。

ちなみにコンタクトの危険性について説明しているHPとして、
こんなページもある。(PC専用)

先日の読売新聞にもコンタクトの危険性を示唆するような記事が掲載されていた。
なんでもコンタクト内にアカントアメーバなる生物が増殖し、黒目を溶かしていくという・・・(聞いただけでも恐ろしい) また、上記HPにも書いてあるのだけれども、コンタクトを使い続けることにより慢性的な酸素不足に陥り、毛細血管があり得ないエリアまで張り巡らされてくることもあるらしい。(つまり、白目が常に充血した状態になる)

そういえば、大学時代に『俺は使い捨てコンタクトを2週間使い続けてるぜ!』とか言っている人がいたけれど、彼は大丈夫なんだろうか(汗

自分は仕事柄パソコンを長時間見ることが多く、さらに若干ドライアイの気もあったのでコンタクトをしている時は本当につらかった。『どうせ男ばかりの職場だし、それほど外見を気にすることもないか』と割り切ってからは(笑)メガネ8割、コンタクト2割くらいのペースで装着していたのだけど、メガネはメガネで鬱陶しかった。
『もう我慢できん!』ということでレーシック施術を受けることを決断。

 自分の周りではすでに数人の友人がレーシックを行っていて、全員成功していたのでそれほど不安はなかったなぁ。単純に確率論の話なんだけど、友人が全員成功していて自分が失敗したら、よほど運が悪いんだな・・・と割り切っていたから、施術前もさほど不安はなかった。
 むしろ憧れの裸眼生活に希望すら抱いていたくらいだ。

自分はレーシック施術を受けてから(両目とも)0.07ぐらいだった視力がそれぞれ1.5、1.2まで上昇。
ちなみに施術を受けてから1年半ぐらいたつのだけれども、両目ともすこぶる快調だ。

ただ、仕事でもプライベートでも目を酷使する傾向にあるので、もうちょっと目をいたわってあげないといけないな・・・なんて思っていたり。

なにはともあれ、レーシック成功おめでとう!>友人
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2009   0 comments   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend