独身王子は早く死ぬ?

Category : Book
週末は特にイベントがなかったので、本を読んでいました。



『独身王子は早く死ぬ?』 牛窪 恵

かなり衝撃的なタイトルになっているのだけれども、中身は至って真面目な内容。
『結婚』に関するメリット・デメリットを多角的な面から分析している良書。
とりあえず気になったトピックスについて、目次の一部を抜粋してみる。

1 「ビジネス&健康」で一番トクするのは?
 ・早婚が転職にプラスになるケース

2 「趣味&恋愛」で一番トクするのは?
 ・既婚者の満足度が「上」になる理由
 ・恋愛の「費用対効果」
 ・結婚すれば「SEXはタダ」か?
 ・「こんなに楽しいなら、もっと早く結婚すれば良かった」

3 「子作り&子育て」で一番トクをするのは?
 ・高齢出産は命がけ
 ・40代の男性は、20代の女性と結婚できるか
 ・子育てに必要な世帯年収

4 「マネー&介護」で一番トクするのは?
 ・年収のピークと教育費のピーク
 ・貯蓄下手の独身王子は家を買えるか



 独身の男女に限っていえば、(自分のように)結婚にメリットを感じていない人間はかなりの数にのぼると思う。しかし、「結婚後の生活」は漠然としたもので、あくまで想像の域を出ることがない。
 本書では小遣いの増減から生活の満足度といった独身の男女が”気になるところ”まで踏み込んでいるので、独身の男女には是非読んで欲しい内容だと思う。



 結論から言うと、早いうちに(20代半ばくらいで)結婚してしまうのが一番良いらしい。
確かに20代の男女は年収も低く、一時的に生活が苦しくなることは間違いない。
しかし、出産・育児・介護・教育費・家のローンといった面から考えると、早婚よりも晩婚の方が圧倒的に苦しくなるらしいのだ。
 これって学生時代にちょっと似ているな・・・と思った。
早いうちに苦労していた方が後の生活が楽になるからだ。

・若いうちに受験勉強を頑張って良い大学に入れれば、就職活動で苦労することはほとんどない。
・一流企業に入社できればそれなりの年収が確保できる。(精神的充足度は別の問題として)
・周りの学生が遊びまくっているうちに公務員試験の勉強をして公務員になれれば「安定」が手に入る

 本書の結びには危機感をあおるようなことが書いてあったけれども、自分はやはり結婚したいとは思えなかった。一般的に「結婚している男性」と「独身男性」を比較した場合、独身男性の方が7~9年早死にするという衝撃的な統計が出ていることは以前の日記で書いたと思う。けれど、それが別に自分にとって「損」だとは思わない。
 足腰が弱って自由に動けなくなった状態で長生きするのが果たして「幸せ」だといえるのか。
年金もアテに出来ない今の世の中、ジリ貧で細々と生きていくのは耐えられそうにない。

 プロレスの三沢氏しかり、小悪魔agehaのモデル・純恋(スミレ)さん(21歳・脳内出血で死去)しかり、人間いつ死ぬのか分からない。将来を過度に悲観して適当な人と結婚するくらいなら、独身のままで生を謳歌していきたい。
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2009   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend