金融庁 FXレバレッジ規制案発表

Category : investment

金融庁は18時過ぎ、FX取引に関するレバレッジ規制案を発表した。法案公布後に段階的にレバレッジを見直し、最終的に25倍にするとしている。レバレッジ規制案の発表直後はドル円が売られ、クロス円も弱含むなどやや円高に振れた。規制発表で個人投資家の間で戸惑いも出ているようだ。
(Klugより抜粋 5/29)



レバレッジとは”てこの原理”の意味で、小額の証拠金を基に多額の取引ができるシステムのことを指します。(例えば、レバレッジ10倍なら1万円を元手に10万円分の取引ができます。)

 FXは株よりも変動率が低いので、短期間で大きく儲けたいと思ったらレバレッジをかけるしかありません。自分はそこまでレバレッジをかけていないので個人的にはそこまで痛くないのですが。
 (大体数時間以内に決済しますが)自分も瞬間的に30倍~50倍程度のレバレッジになることもあるので、『いくらなんでも25倍は少ないのでは?』と思ってしまいます。中にはレバレッジ200倍~400倍(!)を売りにしている業者もありますからね。

 為替相場はしばしばレート(貨幣価値)が飛びます。とくにサブプライム問題発覚以降のパニック相場では、”口座金額がマイナス”になった方も何人か見かけました。(借金状態じゃんw) 銀行の預金口座では有り得ませんよね。 まぁ投資は(そういったリスクも含めて)自己責任の世界なんで自業自得なんですけど。

 さて、この金融庁のレバレッジ規制案に対し、投資家達は『リスクは承知した上で取引してるんだよ!』と猛反発しているようです。あ~、でもこういうニュースが出ちゃうってことはいずれそうなるんでしょうね。
 それよりもFXの税金も一律20%にしてくれよ・・・と思うんですけど。株はいくら儲けても20%しか課税されないんですけど、FXは最大で50%も税金を取られてしまいます。まぁ税金が50%かかる人は『給与所得と併せて年間1800万円以上の収入がある人』なので、対象となる人はさほどいないんでしょうけど(笑) いつかは自分もそうなりたいなぁ。
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2009   0 trackback

LINDBERG 20th Anniversary LIVE 【JUMP】

Category : LIVE
待ちに待った週末!!○(≧∇≦)o
朝方に降っていた雨はいつの間にか止んでいました。

夕方、原宿駅のホームを降りると、もの凄い人ごみ。
原宿駅はいつも人が多いのだけど、今日は一味違う。
普段は夕方になると※JCやJKの帰る姿が目立つのに、今日はほとんどの人が逆方向、つまり改札に向かって歩いていく。
※JC・・・女子中学生 JK・・・女子高校生

 こんな時間からどこに向かうのだろう? そう思いながら改札を出た。
その後、ほとんどの人間が代々木公園付近の歩道橋を登っていくことに気づいた。
どうやら今日は国立代々木体育館でくぅちゃん(倖田來未)のライブが行われるようだ。
どうりで露出度の高い女子が多いわけだw

代々木体育館を華麗にスルーして、その先にあるNHKの近くまで来たら・・・今度はご婦人軍団(?)が多数登場Σ(・ω・ノ)ノ! 気になったので看板を見に行ったら今日はNHKホールでTHE ALFEE(アルフィー)の35周年コンサートが行われるらしい。
どうりで年齢層が急に高くなったわけだw

なんだなんだ? 今日は渋谷に大物アーティストが集結する日なのか!?

そして、我らアラサー・アラフォー組(?)はNHKホールをスルーして更に先へ…

20090530_1.jpg

というわけで(・∀・)!
今日は渋谷C.C lemonホールで行われたLINDBERGのLIVEに行ってきましたo(´▽`*)/♪

■客層
アルフィーよりは下回るものの、やや年齢層は高めw
見た感じ、自分よりも5~10歳程度年齢が高い人が多いような。なんてったってLINDBERG結成20周年のライブですからね。アーティストもファンも年齢が高くなるのは当たり前です。

■会場
 いろいろなLIVEに参戦してきた僕ですが、実は渋谷C.C lemonホールは初めて。
ここは元々『渋谷公会堂』といわれていた場所でLIVEのメッカだったのですが、今はすっかり写真のような小奇麗な会場にリニューアルされたのです。

■LIVE雑感
 年上の人にこんなことを言うのは失礼なのかもしれないけど、Vocalの渡瀬マキさん・・・想像以上に小柄で可愛かったです(*´艸`) しかし、その小柄な身体からは想像もつかないようなパワフルな歌声を出すのだから驚きです。ちなみに今日のいでたちは・・・トップスは胸の辺りに赤い唇がプリントされた白地のTシャツ(コムデギャルソン?) 下の方は(現役時代を彷彿させる)黒いブーツに赤と黒のチェック柄のロックなパンツを合わせていました。

セットリストは『今すぐKiss Me』からスタート!!
会場のボルテージはいきなり最高潮に!○(≧∇≦)o
LINDBERGのファンは想像以上に元気だった。最近の若者より勢いよく手を振り上げるし、身体でリズムを刻むし、掛け声も凄い。MCでは声援もよく飛んでいた。渡瀬マキと直接やりとりする観客もいたり。
  このパワーは一体どこから来るのだろう。ロックバンドのファンだからか?w
それとも最近のアラフォーは自分の想像以上に生命力に満ち溢れているのだろうか・・・(笑)

『もっと愛しあいましょ』の振り付けが楽しかった。
アーティストと客席が一体となって腕をフリフリ、指をツンツン。
いい歳した大の大人達がwww

 セットリストは最新アルバム『LINDBERG XX』を網羅しつつ、過去の名曲もかなり演奏されていた。
過去のアルバムを復習してなかったから、思い出すまで若干タイムラグがあった(^_^;)
解散前のパフォーマンスを観たことがないので比較出来ないのだけど、声はよく出ていたしバンドメンバーも目立つ演奏ミスはなく、非常に良いパフォーマンスでした。

■MC
 とにかくボーカルの渡瀬マキさんが面白すぎる。
松田聖子のファンであることを公言し、頼まれてもいないのに(?)松田聖子のモノマネを連発(しかもかなり長かったw) 挙句の果てにバンドメンバーから『ライブを私物化するのは止めてください』と突っ込まれる始末ww

元々渡瀬マキさんはアイドルだったらしい。
ヤングジャンプ クィーンだったかな? MCで本人がそう話していたような。
あの有名なYJでグラビアをやっていたとは知らなかった。当時自分は小学生だったのかな・・・あの頃は女子に全く興味がなかったからな~。今とは違ってw

歌手デビューを果たすまでのエピソードも話してくれたのだけど、それはなかなかの感動モノだった。

『歌手になりたい』
ずっと心のうちに秘めていた願望。
周囲からの理解を得られないことは容易に想像できたから、ギリギリまで誰にも言えなかったそうだ。しかし、高校三年生になって彼女は進路調査用紙の第一希望に『歌手になりたい』と書いて提出・・・見事に先生からの呼び出しを食らったそうな。
 しかし、彼女の中に”何か”が降りてきて『今すぐ行かなきゃ!』と思ったそうだ。
そして、定時制高校に転校手続きをして(!)高校三年生の夏に上京したとのこと。

凄いなぁ。自分なら何の確証も持てない状態で新しい世界に飛び込むことなんて出来ないな・・・。

■告知関連
20090530_2.jpg

9/28(月)  日本武道館LIVE決定!!

サブタイトル『~ドキドキすることやめられまへんな(笑)~』

モロに関西人的なノリが出たサブタイトルだなw

 自分は今回オークションでチケットをゲットしたので全然知らなかったけど、(今日を含む)過去3公演は非常にチケットが取りづらい状態だったらしい。そこでキャパを一気に増やして日本武道館という運びになったのだとか。
 確かに根強い人気があるバンドだとは思うけれど、月曜日って大丈夫なのか?
現在のLINDBERGにおけるメインのファン層はアラフォーの男女。みんな仕事とか子育てとかあるんじゃないのかなぁ。今日は子供を連れてきている人もチラホラ見掛けられたし。
そう思っていたら、渡瀬マキが『一人につき三人連れてきて! 三人がノルマだから!』とファンに念押し。うーむ、自由な人だなぁw


 
5/2 X JAPAN - WORLD TOUR Live in TOKYO ~無敵な夜~
5/3 X JAPAN - WORLD TOUR Live in TOKYO ~18回目の夜~
5/5 相川七瀬 REBORN PROJECT SPRING PARTY
5/10 Perfume 代々木ワンマンライブ 「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」
5/17 中川翔子 マジカルツアー 2009
5/30 LINDBERG 20th Anniversary LIVE ←今ココ

ヤヴァイ!! 今月だけで6回もLIVEに行ってるぞ(笑)
すっかりLIVE貧乏に・・・_| ̄|〇
・・・なんて落ち込んではいません(・∀・)!

NO MUSIC NO LIFE!
お金は墓場まで持っていくことはできない!(何

人間いつ死ぬか分からないからね。
人生を豊かにする趣味には投資を惜しまないのさ。

Posted by りすお [RIS-O] on 30.2009   0 trackback

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

Category : TV
本日、NHKのBSハイビジョンにて23:30からアニメ映画『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』が放映される。攻殻機動隊といえば、最新鋭のデジタル技術と斬新な発想などがふんだんに駆使されている作品で、世界的に有名な映画監督などにも影響を与えている作品だ。あの『マトリックス』は攻殻機動隊に触発された作品であることは周知の事実。技術ばかり注目されがちなのだけどストーリーも秀逸で、この映画では社会問題にも踏み込んでいていたりするらしい。元々大人向けの作品だったけど、より一層渋い作品に仕上がっているのかな。
 音楽を担当している菅野よう子さんファンである自分としては、見逃す手はないな。

 しかし、深夜に放映されていたTVシリーズはほとんど観ていなかったんだよね。社会人になってすっかりアニメを観なくなってしまったので・・・。映画に関するレビューをちょこっと見てみたけど、やはり”前提知識はあるに越したことはない”のだとか。夏にはBlu-ray BOX(上・下巻それぞれ20,000円程度)が発売されるらしいから大人買いしてみようか・・・w

・COWBOY BEBOP
・攻殻機動隊 SAC
・攻殻機動隊 SAC 2nd GIG

上記の作品はTVシリーズで見逃していた回も多々あるので、ちゃんと観ておきたいな。

最近は『けいおん!』というアニメが流行っているらしい。
彼女達がバンドで歌う曲はよく着うたランキングにランクインしているし、メインキャラクター達が着ている制服は大人気で、高額なのにも関わらずコスプレ洋品店(?)では売り切れ続出なんだとか。
 会社の人いわく、左利き用のベース(Bass)も在庫薄なんだとかw ベースってコスプレ用のアクセサリなのかなぁ? もし本当に楽器として機能するベースなら、アクセサリとして使うのは勿体無いな~って思うんだけど(^_^;)
あれ? 攻殻機動隊の話がいつの間にか『けいおん!』の話になってしまったw
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2009   0 trackback

40 翼ふたたび 

Category : Book
久々に本の話題。


『40 翼ふたたび』

 このブログではしばしばエッセイの文章をとりあげさせてもらっている石田衣良さんの作品『40(フォーティ) 翼ふたたび』を読みました。この小説は石田衣良さんが直木賞を受賞した『4TEEN 【フォーティーン】』の続編ともいうべき作品。

 『4TEEN』では14歳のみずみずしい少年が主人公だったのだけど、『40 翼ふたたび』では何と40歳の中年サラリーマン(!)”喜一”が主人公。彼は大手広告代理店に勤めていたものの、行き詰まりを感じて退職。その後比較的小さな代理店に転職するものの、前職の名残で予算を湯水のように使う自分のやり方が周囲からの理解を得られず早々に退職。そして、一念発起で独立してプロデュース業を開始するも、新規顧客の獲得は想像以上に難しく、『あー、やってらんねーな。』と口グセのようにつぶやく毎日。

 しかし、喜一がプロデュース業の募集のために細々と続けていたブログを見て、インディーズで活躍しているAV女優から”人だすけ”の依頼が舞い込んできた。広告・広報をメインとするプロデュース業とは異なるものの、収入がなくては会社の経営も自分の生活も成り立たない。生活の糧を得るために受けた仕事によって、彼の日常は予想もしない展開をとげていく・・・。

 というのが簡単なあらすじ。

 あ、冒頭の話はAV女優とのやりとりがメインになるのだけど、別にエロ系の小説じゃないですからね。

キーワードは 『40歳から始めよう』

主人公の喜一がブログで掲げるキャッチフレーズ。
40歳から? 何を? どうやって? 10代のように目の前に無限に広がる可能性があるわけではないし、やり直しのきく20代はとうの昔に過ぎてしまった。

うんざりするような状況のまま、人生の半分を折り返してしまった。もう四十なのだ。仕事の先はまるで読めず、収入は期待できない。火傷をするような恋愛も、急に女たちにもてることもないだろう。だらだらと際限なく続く先細りの人生である。
(石田衣良 『40 翼ふたたび』より抜粋)



自分はアラサー世代なのに既に”この先いいことがある”とは思えないんですけど・・・。

↑・・・と、ずっと思っていたのだけどこの小説を読んで少し考えが変わった。

石田衣良作品ではやたら仕事が成功している(もしくは成功する)主人公が多いのだけど、そういった意味では今作もその流れかな。

 AV女優からの依頼を受けたことで意外な人物に出会ったり、自分の手には負えない”重度のひきこもりの社会復帰”を依頼されたり・・・敷かれたレールを歩いているだけのサラリーマンでは決して味わえないような人生を疑似体験できるのが非常に面白かった。
 でも”本”って元来そういうものだよね。
比較的手軽に他人の人生を疑似体験できたり、自分にはない価値観や考え方を吸収できるのが本の素晴らしいところだと思う。

 あと、強く印象に残ったのは『やっぱり人脈って大事だなー』ということ。意外なところから仕事が舞い込んだり、キツイときに助け舟を出してくれる友人・知人の存在は心強い。

 主人公の喜一は様々な人から依頼された(プロデュース業とはかけはなれた)仕事をしぶしぶ(?)こなしていくのだけれど、その点と点が最後に繋がっていく構成には感動した。『正直出来すぎだろー』って突っ込みをいれたくもなったけど(笑)

 平凡な日常にウンザリしている人、自分の仕事がつまらないと感じている人、将来に不安を感じている人、自分の中の可能性に希望を持ちたい人・・・にオススメの小説です。
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2009   0 trackback

レンジブレイク!!

Category : investment
久々にFXの話題。
今週は激しく円安が進んでいます。ポンドなんか先週末から10円くらい上昇しています。
先週末に10万通貨ロングしていれば100万円の利益ですよ!奥さん!
まぁ逆なら100万円マイナスなんですけど(笑)

・昨晩のダウ平均が170ドル超のマイナスだった。(=株安・円高の連動はあるか?)
・アメリカ最大の自動車会社GMの破綻は不可避か。
・日足RCI6.26.52がほぼ頂点に達しつつある。
・昨晩0時~朝6時頃、クロス円の伸びが鈍化した。

というわけで、ショートで攻めてみたんですが3連敗で散々な結果でした。
ストップを浅めにつけておいたのが幸い。

GM破綻はむしろ悪材料出尽くしと見られていたようで。チャプター11とはいえ300万人ともいわれる労働者達のうちの何割かはリストラされるんでしょうし失業率にも影響してくれると思うんですけどね~。

 ドル円もクロス円もボリンジャーバンドの幅を広げながらグングン上昇。いわゆるレンジブレイクってやつですね。ショートするなら日足RCI9が下降に転じてからでも遅くは無かったかもしれませんね。投資歴二年ちょいのひよっ子にはキツイ展開でした・・・。

とか何とかいいつつ、今週の円安で投資資金の評価益はかなり増えてきました。
実は、底値とはいわないまでもイイ値段で仕込んだロングがいくつかあったりします。しかし、まだまだ手放すつもりはありません。ここ何年かで見れば今でも円高状態ですからね。しばらく保持してイイ感じに値上がりしてきたら売り払うつもり。

くりっく365口座は三年間のプラスマイナスを合算できるので、昨年のマイナスが相殺できるポイントまでは上昇してもらわないと困るw 理想を言えば今年から来年にかけての最高値あたりで売れるとイイな♪
Posted by りすお [RIS-O] on 28.2009   0 trackback

それでも地球は回るんです

Category : Diary
北朝鮮の暴走が止まりません。
事前予告無しの核実験の強行に加え、今日はミサイルも発射したとか。

麻生総理は毅然とした態度でマスコミ向けのコメントを発表した模様。
未曾有の経済危機に加えて地政学的リスクも台頭とは・・・
本当に大変な時代に首相になってしまったものだ・・・と同情すらしてしまう。

今の首相がバイタリティ溢れる麻生さんだったからよかったものの、突然投げ出してしまった前の二人(福田、安倍元総理)が首相を続けていたらと思うとゾッとするね。とはいえ、民主党の小沢さんはもっと信用出来ないのだけど。肝心なときに出てこないからね。あ、今は鳩山さんか。

あー、今日は何か疲れた。
世の中平和がいいね。

今日より明日は、もっといい日になるといいな。

季節外れの歌だけど、PVの映像が好きだから貼ってみる。


Gackt - 12月のLove Song
Posted by りすお [RIS-O] on 26.2009   0 trackback

LINDBERG 期間限定で活動中

Category : Music
懐かしのロックバンドLINDBERG(リンドバーグ)が※期間限定で活動しています。
※2009年限定

 自分が小学校~中学校の頃くらいに一世を風靡したバンドなので、アラサー・アラフォー世代の方は知っている人も多いと思います。音楽に興味を持ったキッカケはTMNetworkだったのですが、LINDBERGも大好きでした。

で、再始動記念したLINDBERGなんですが、先月アルバムがリリースされましたo(´▽`*)/♪

 曲目だけ眺めてみると、過去の名曲に数曲の新曲を加えたいわゆるベスト版のように見えるのですが、実際は全くの別物です。なんと新たに収録された新曲だけではなく、過去の名曲達も改めて録り直されています。つまり、最新の音源が収録されたニューアルバムなんですね。

結論から言うと、もの凄くイイアルバムです!!○(≧∇≦)o
いわゆる”しょーもない曲”が一曲も無い!(^_^;)

名曲というのは時がたっても色褪せないものなんだな・・・と改めて実感しました。
過去の曲の中には原曲に近いモノもあれば、アレンジが加えられた曲もあります。しかし、アレンジといっても原曲の雰囲気を壊すものではなく、”LINDBERGらしさ”は失われていません。むしろパワーアップしたんじゃないか?と思えるほどです。
 LINDBERGがまだ現役で活動していた当時、歌詞にはあまり注目していなかったけれど、これほど前向きで背中を押してくれるような歌詞のオンパレードだとは気づかなかった。

もっと愛しあいましょ みんな自分で精一杯
でもステキなことでしょ キズつくのも 仕方ない
かなわないもの たくさんあるけど
あなたのそばにいたいの

LINDBERG 『もっと愛しあいましょ』



↑最近流行りの草食系男子にとっては厳しい歌詞だなコレwww

 ボーカル渡瀬マキさんのちょっぴりハスキーで少年のような歌声は相変わらず健在。
歳をとってしまうと高い声が出せなくなってしまったり、声色が変わってしまうボーカリストも多い中、これは本当に素晴らしいことだと思う。

 ロックといっても限りなくポップな感じで、当時はカラオケで歌う人がかなり多かったような気がします。アラサー・アラフォー世代だけではなく今の10代、20代の子にも是非是非聞いて欲しいな。思わず口ずさんでしまうようなボーカルのメロディーラインは今の若い世代にも通じると思うんだけどなぁ。

以下余談。
 最近再結成された他のアーティストに関しても過去の名曲を改めて再録して発売してくれないかな~と思うことが多々あります。当時は録音機器も貧弱だったから音の深みとか拡がり方とか、今とは全然違いますからね。


LINDBERG - 今すぐKiss me -20th-

■最新アルバム LINDBERG XX
 
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2009   0 trackback

菅野よう子 超時空七夕ソニック(LIVE)を大胆予想

Category : LIVE
数々のCM、映画、アニメ音楽を手がけ、著名なアーティストにも楽曲提供をしている菅野よう子さんのLIVEが2009年7月7日に行われる。・・・と、ここまでは先日このブログでもとりあげた内容。

 公式ページ(?)で告知された第一次申し込みは終了。先日当落結果が発表された。大きな会場(さいたまスーパーアリーナ)になったおかげでキャパも大きくなり、今回『落選した』という声は自分の周りではあまり聞かれなかった。ちなみに去年マクロスFのLIVEを二回連続で落選した私も、今回ばかりはすんなり当選することができた。

今日はステージの構成について予想してみたいと思う。
※当たらなくてもクレームは無しということで・・・m(_ _)m

 今回の会場となっている”さいたまスーパーアリーナ”では3種類のステージ位置があり、それぞれが『エンドステージ1』、 『エンドステージ2』、 『センターステージ』と呼ばれている。 ”どこにステージが設置されるか?”によって客席からの見え方が大幅に変わってくるので注意が必要だ。

■エンドステージ1
20090524_1.jpg

まずは「エンドステージ1」。
スーパーアリーナの横一面を大胆に使ったステージになっている。

20090524_2.jpg

既に「235扉」と「238扉」から入場する座席のチケットを友人がGETしているのだけれど、仮に「エンドステージ1」という構成だと、234~237扉あたりの席は全員ステージの真後ろということになってしまう。通常、ステージ真横~後ろは『参加席』または『バックステージ』と呼ばれ、通常の座席よりもチケットの価格が安く設定されることが多い。
 ということで、「エンドステージ1」の可能性は限りなく低いんじゃないかと。

■エンドステージ2
20090524_3.jpg

お次は「エンドステージ2」。

過去さいたまスーパーアリーナで行われたLIVEでは、Gackt、BoA、Janne Da Arcなどに参戦したことがあるのだけれども、3者ともこの「エンドステージ2」の構成だったように思う。つまり、通常のコンサートではこの形式のステージが組まれることが非常に多い。
しかし、ここでも一つ問題が・・・

20090524_4.jpg

217~218扉から入場するチケットを別の友人がGETしていたりする。
「エンドステージ2」だった場合、その座席は丁度ステージの真横にあたることになってしまう。
この辺りも通常ならば『参加席』になるはずなので、「エンドステージ2」の可能性も低くなった。

■センターステージ
20090524_5.jpg

最後に「センターステージ」。

 某オークションサイトを見ると、出品されているチケットはほとんとが200レベル(いわゆるスタンド席)と、400レベル(一般的会場でいう2階席あたり)であり、アリーナチケットの出品はほとんどないようだ。仮に今回のLIVEが「センターステージ」だとすると、「アリーナ席が狭い=出品数が少ない」という図式が成り立つかもしれない。

よって、今回の”超時空七夕ソニック”は「センターステージ」なんじゃないかな~と予想。

臨場感溢れるLIVEを体感したいのならアリーナ席が一番なんだろうけど、仮に「センターステージ」ならスタンド席(200レベル)の方が案外見やすくていいかもしれない。比較的身長が低い女子や子供からすると平坦なアリーナ席だとキツイからね。

とかなんとか予想しつつも・・・

『今年のLIVEは七夕に開催するので、どこの座席も一律¥7,777円でーす。』

と言われてしまったらそれまでなんだけど(笑)

 今回の『超時空七夕ソニック』は”菅野よう子クロニクル”というべき大規模なLIVEであり、ゲスト出演者も非常に多い。(登場するゲストごとにパフォーマンスする場所や向きが違う)センターステージを存分に使った『全方位に向けたLIVE』になるかもしれない。さすがにオーケストラやピアノ奏者(菅野さん)はあまり動けないだろうけど、ボーカリストならステージ上を自由に動き回ることができるからね。


■菅野よう子さんによる告知
http://www.mxtv.co.jp/yoko_kanno/


SEATBELTS LIVE (COWBOY BEBOP)

■おそらくLIVEで演奏される曲目が勢揃い!?
Posted by りすお [RIS-O] on 24.2009   0 trackback

JOURNAL STANDARD × 妄撮

Category : Diary
グラビア界に革命を起こした「妄撮」(モーサツ)。
皆さんはご存知でしょうか?

このブログでも過去に何度かとり上げたことがあるので、ずっと読んでいる方は知っていると思いますが・・・

『妄撮』とは・・・今はなき月刊『KING(キング)』で連載されていたグラビアです。

コンセプトはズバリ『妄想』+『撮影』 !!

写真集の帯には以下のようなコピーが書かれています。

「かわいいコの服の下を妄想する・・・
 そんな男子中学生マインドを今も心に持ち続ける男たちへ。」

つまり『私服(制服)の下はこんな感じ!?』という男子の妄想を具体化した写真集なのです(*´艸`)

こう書くとなんだか”えげつない感じ”がしますがw
個人的にはアーティスティックな写真だと思っています。

百聞は一見にしかず。「妄撮」のグラビアはこんな感じです。

20090522_1.jpg
磯山さやか

どうでしょう、なかなか『エロカッコイイ』グラビアだと思いませんか。

そんな「妄撮」が、ファッションブランドJOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)とコラボレーションしてTシャツを作っちゃったのです! 

「エロ」を妄想するように、「エコ」も妄想しよう!

妄想=イマジネーションの素晴らしさを具現化する「妄撮」という事で、
それをエコにまで広げようというチャリティーコラボ企画。



既にコラボ第一弾のTシャツは発売されていたので、今回は第二弾となります。

今回コラボレーションしたグラビアアイドルは以下の四人

・最年長グラドル!? 三十路でもカワイイ! ほしのあき

・AKB48のセクシー担当 大堀恵

・数々のバラエティ番組で活躍している 山本梓

・野球フリークとして知られ、先日コアリズムダイエットを成功させた 磯山さやか





AKB48フリークの僕としては・・・


もちろん(・∀・)!










20090522_2.jpg
たくさん着てほし~の!

大堀恵は敢えて避けて、ほしのあきTシャツを購入w

ポップでちょっぴりエロいデザインがイイ感じ♪


更にっ (・∀・)!


20090522_3.jpg

同時に山本梓Tシャツも購入♪

プリントされているフォント(文字)がパンクで格好良かったので、つい・・・(^_^;)

ブランド物だけあって、結構いい値段するんですよコレ。(定価6930円)

池袋PARCOで購入したのですが、今日はちょうど10%OFFセールだったみたい。ラッキー♪
ちなみにPARCOカードを持っていれば(合計)15%引きになっていたのだとか。
自分は丸井派なのでPARCOカードは持っていませんでした(ノ∀`)

ちなみにこのTシャツの収益の一部はエコ活動に寄付されるそうです。
この夏はエコ×エロをアピールしたいと思います♪(誰に

『ウチの近くにはジャーナルスタンダードなんてないよ~!』という方のために、通販も用意されていますのでご安心を。

【「妄撮」エントリ 参考リンク】
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-date-20080619.html
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-date-20080813.html
Posted by りすお [RIS-O] on 22.2009   0 trackback

何だか気になる

Category : Diary
新型インフルエンザが猛威をふるっています。
日本ではまるでパンデミックが起きたかのような騒ぎようです。
海外ではさほど重要視されておらず、ニュースでのとり上げられ方も小さいのだとか。

トピックスを眺めていて・・・気になる部分を見つけてしまいました(・∀・)!

20090521_01.jpg



( ・∀・)ん?



20090521_02.jpg


なんか響きがエロいと思ったのは僕だけでしょうか(ヴァカ


年中発情期の男子中高生じゃあるまいに・・・_| ̄|〇

それはさておき(・∀・)!

この混乱に乗じて一儲けしようと企んでいる人達もいるようです。

20090521_03.jpg

( ゚д゚)ポカーン

ちょwww 定価1,100円のマスクが16,000円とかwww

利益率何パーセントだよ!ヽ(`Д´)ノ

こういうのは法律の不備をついたギリギリセーフのラインなんでしょうけど・・・
こうなったら人間終わりだなーと思います。
Posted by りすお [RIS-O] on 21.2009   0 trackback

ボーナス額に見る平均値のワナ

Category : investment
大手企業の夏のボーナスは19%減だそうです。19%減といったらボーナス額が約1/5も減ることになります。更に本日発表された日本のGDPは年率15.2%減だそうで、これは戦後最悪の数値なんだそうです。
まさにお先真っ暗。世知辛い世の中になりましたねぇ。
しかし、先日から株価は回復傾向にありますし、為替も円安方向に傾いてきました。
マーケットは世の中の流れを先取りする傾向にありますから、これから徐々に景気は回復してくるものと考えられます。と言いつつも、最近の株高・円安傾向は単なる見せかけの調整で、後になってドーンと落ちる可能性もありますが。

話が横道にそれてしまいました(汗
この時期になると毎年のように出るボーナス額に関するニュース。
某大手ポータルサイトのコメント欄やmixi日記が必ずといっていいほど騒がしくなりますねw

繰り返しになりますが大手企業の夏のボーナスは19%減で、額にすると75万4009円だそうです。

『おいおい、減っても75万円かよ! 年額150万円貰えるってか?』

という人も多いかと思いますが、この数値には”平均値のワナ”が隠されています。

既に多くの本やフリーペーパーの記事などで紹介されていますが、この数値はあまりアテにはなりません。というのも一部の”超”高給取りによって全体の数値が押し上げられている可能性が非常に高いからです。

例えばここに10人のサラリーマンがいたとします。
1人目から9人目までのボーナスは100万円で、10人目のボーナスが1000万円だと仮定します。すると、この10人におけるボーナス額の平均値は何と190万円(!)になります。
この平均値を見ると、1人目から9人目のサラリーマンは『えーっ!みんなそんなに貰ってるの?』ということになりますよね。

『いくらなんでも1000万円のボーナスは極端じゃない?』と思ったそこの貴方。
甘いっっっ!m9っ`Д´)

アメリカの大手証券会社ゴールドマンサックスは、何と入社一年目の新入社員にボーナス1000万円を支払った例がありますからね。更に、(確か2~3年前の調査で)『40人に1人は億万長者』という調査結果も出ています。つまり、学校のクラスの中に1人程度は総資産1億円以上の億万長者がいるという計算になります。そう考えると、ボーナス1000万円は決して有り得ない数値ではないということが理解できるでしょう。
むしろ、世の中にはこれくらいの格差が存在すると思っていた方が妥当です。

ボーナス額や給与額の調査結果には、こうした”平均値のワナ”が隠されています。

こうした歪みを是正するために最近では”中央値”という新たな指標が注目を集めつつあります。この話に関してはまた今度。
機会があったら中央値に関するエントリをあげてみようと思います。

参考:中央値(wiki)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%80%A4



夏のボーナス19%減=落ち込み最大、自動車は3割減-経団連調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090520-00000107-jij-bus_all
Posted by りすお [RIS-O] on 20.2009   0 trackback

最新型ウォークマン NW-X1060

Category : Diary
本当はGW前にエントリを挙げる予定だったのですが、タイミングを逸してしまいました。

先日「ちょっと大きな買い物をした」と書きましたが、それがコレです。

20090519.jpg

SONYの最新型ウォークマン NW-X1060です(・∀・)!

今まではふっる~いmp3プレーヤー(1GB)を使っていたのですが、そろそろ新しいのが欲しいな~。出来れば動画もみられるやつがいいな~と思っていました。そこに丁度最新型ウォークマン発売のニュースが飛び込んできたので、発売されるまで新機種の購入を我慢していました。

 噂によると夏頃発売では?といわれていたのですが、4月末には店頭に並んでいました。そして我慢しきれずに発売日当日に購入してしまいました(^_^;)
 池袋の大手家電量販店ビッグカメラやヤマダ電機では49800円(ポイント10%)だったのですが、なぜか地元のヤマダ電機は47500円(ポイント10%)だったので迷わず購入(^_^;) まぁ今はかなり値下がりしてきていますけどね。

さて、このウォークマンX。見た目はiPod Touchをモロに意識したシロモノになっていますが(^_^;)中身は全くの別物です。機能がかなり凄いことになっています。

・原音にかぎりなく近く。6種類の“クリアオーディオテクノロジー”ハイエンドオーディオに迫る音質を。フルデジタルアンプ「S-Master」

→発売前の記事では『100万円クラスのピュアオーディオに使われているアンプ』と書いてありましたΣ(・ω・ノ)ノ! さすがに100万円クラスということはないでしょうが(笑) オーディオマニアぐらいしか買わない高品質(&高価格)ピュアオーディオの技術が使われているのは凄いですね。

・周囲の騒音を約98.0%(*)低減。「デジタルノイズキャンセリング」

→GWに名古屋に遊びに行ったときに新幹線に乗っていたのですが、ノイズキャンセリング機能を使うことによって新幹線が走っている音は全くといっていいほど聞こえなくなりました! これは凄いですね。ちなみに今まで発売されていた機種についていたノイズキャンセリングはアナログ方式で、騒音低減率は約70%と言われています。

・ミュージッククリップ・ワンセグなどを美しい映像で。3.0型ワイド有機ELディスプレイ搭載

→通常こういった機種には液晶が使われていることが多いのですが、液晶は発色があまり良くなく動きの早い動画にも弱いことが知られています。(なので自分はプラズマテレビ派です) しかし、有機ELディスプレイを採用することによって発色が格段に良くなりました。

他にも様々な機能があるのですが、イチイチあげているとキリがないので割愛。

 さて、実際に使ってみた感想ですが・・・確かに音質は良いですね○(≧∇≦)o
『おーっ、この曲こんな音まで入っていたんだ』というほど細かい音までよく聞こえます。しかし、付属のイヤホンだと何か音がこもった感じがして、結局ゼンハイザーのイヤホンに換えちゃいました(^_^;) この辺は人それぞれで音の好みによるところが大きいかもしれませんね。

 この機種には「スタジオ」「ライブ」「クラブ」「アリーナ」「マトリックス」「カラオケ」など様々なサラウンド機能がついていますが、不自然なほど音が変化するため自分は「オフ」にしています。このサラウンド機能はちょっとやり過ぎな感じ。

 動画は本当に綺麗です(・∀・)! 電車で座れたとき、または友人とカフェで待ち合わせているときなんかに気軽にライブ映像を楽しめるところがイイですね。
 ワンセグ機能もついているのですがまだ使っていません。録画機能もついているので前日に録画しておいたTV番組を通勤中に見る・・・なんて使い方もできるのかも。

 無線LAN&YouTube機能は使っていません。宝の持ち腐れですかねー。
基本的にインターネットは速度&安定重視なので自宅では有線LANを使っています。

 難点はやや重いところ。
スーツのポケットに入れているときにはさほど重みを感じませんが、Yシャツのポケットに入れるとズッシリとした感じになります。

20090519_2.jpg

ほぼ同時期に発売されたウォークマンEシリーズもいいなぁ(´∀`*) なんて思ってます。
デコラティブなデザインがファッションセンスをくすぐります。
定額給付金で買っちゃおうかな・・・(^_^;)

夏場は”クールビズ”でスーツを着ることはほとんどないので、Yシャツのポケットに入れやすく(重量が)軽いEシリーズの方がいいかもしれませんね。平日(通勤用)はウォークマンE、休日(遊び用)はウォークマンXなんていう使い方もアリかも。うわっ、なんかブルジョアな感じw
Posted by りすお [RIS-O] on 19.2009   0 trackback

中川翔子 マジカルツアー 2009 in NHKホール

Category : LIVE
『しょこたんの歌、結構いいですよ。ヘビーローテンションで聴いてます。』と友人に勧められたので、しょこたんのアルバムを聴いてみたら意外に良かった。繰り返し聴いても飽きることのない良曲ばかり。一昔前まではノリやキャラ重視だったアイドルの歌が最近は様変わりしたようだ。
 このノリの良さはどこかで・・・と思って調べてみたら、AKB48に楽曲提供をしているFuntaがしょこたんにも楽曲提供していたり。そんなこんなでLIVEに一度行ってみますか!という話になり・・・

『中川翔子 マジカルツアー 2009 ~WELCOME TO THE SHOKO★LAND~ ギザ追加公演』に行ってきましたo(´▽`*)/♪
ちなみに今日はツアー最終日のファイナルです! 会場はNHKホールでした(・∀・)

4/26 AKB48 NHKホール
5/5 相川七瀬 SHIBUYA BOXX
5/10 Perfume 国立代々木競技場第一体育館
5/17 中川翔子 NHKホール ←今ココ

ちなみに↑最寄り駅は全て原宿駅です。
何回原宿来てるんだよ自分www(・ω・;)(;・ω・)

■客層
想像以上に女子の数が多かった。全観客の4割~5割に迫る勢いだったと思う。
女子は比較的若い子が多いような。男子は上から下まで色々(^_^;)
老若男女問わず・・・とまではいかないけれど、ファン層はかなり広い。
あと、コスプレ率が半端ないw
しっかし最近の子はメイクが上手だなぁ。
コスプレをしている子の中にはモデルみたいな美人も多くて思わず目移りするw

■LIVE形態
アイドルとしては珍しい生バンド構成。
ベース、ギター、シンセ、ドラム、コーラス(一人)だったかな?
もちろんしょこたんも口パクなど使わずに生歌で勝負!
打ち込み(いわゆるカラオケみたいな)ではないところが好感を誘う。
Magical Tourの名にちなんで”おとぎの国”のお城みたいな舞台セット。しょこたんは天井から吊り下げられたブランコで登場。

■歌の方はどうなの?
2007年の紅白歌合戦ではいわゆる”アキバ枠”で登場したしょこたん。
当時は緊張のせいか音程がちょっとヤバかったような記憶があるけれど、実際のしょこたんはやはり歌が上手かった。たまにちょっと音を外すことがあるけれど個人的には口パクより生歌の方が断然良いと思う。

■MC

しょこたん:ギザですかっ!?

観客:ギザーッ!

しょこたん:ギガントですかっ!?

観客:ギガント!!

しょこたん:トゥットゥルー♪

観客:トゥットゥルー♪

しょこたん:バッカルコーン!!

観客:バッカルコーン!!

ああああ楽しいけど何だか残念な感じだ(笑)

※説明
ギザ・・・容量の単位「ギガ」に由来するらしい。「とても」「すごく」みたいな意味。ex.ギザかわゆす!
ギガント・・・ギザよりも上位に位置する言葉。「めっちゃ」「超」みたいな?
トゥットゥルー♪・・・テンションが上がったときに出る言葉。ドラクエでいうレベルアップみたいな感じらしいw
バッカルコーン・・クリオネが餌を捕食する際に使う触手。クリオネは一見癒し系だが捕食時には信じられないほど凶悪な姿(?)になる。

■アニソンメドレー
LIVE後半にはアニメ好きのしょこたんにちなんでアニソンメドレーが披露された。
るろうに剣心の「そばかす」 ドラゴンボールZの「CHA-LA HEAD-CHA-LA(チャラ ヘッチャラ)」 エヴァンゲリオンから「残酷な天使のテーゼ」&「魂のルフラン」、セーラームーンの主題歌、プリキュアの主題歌、うる星やつらの主題歌(!)などなど。

↑友人曰く、『8割ぐらい知らない曲でした(笑)』

更にっ!

しょこたん:抱きしめて!銀河の果てまで~!!

RIS-O:Σ(・ω・ノ)ノ!

マクロスFの『星間飛行』が始まったときはテンション上がりましたw

しょこたん:私の歌を聞けぇええ~!!

RIS-O:Σ( ̄∇ ̄;)

引き続きマクロスFの後期主題歌『ライオン』へ。更にテンションが上がるww

そして最後はマクロスFの初期主題歌、坂本真綾が歌う『トライアングラー』に突入!
この曲は坂本真綾の持ち歌の中でもかなりキーが高く、難易度が高い曲であるため、流石のしょこたんもかなりキツそうだった。
メドレー曲を聴いて、ああ早く菅野さんのLIVEに行きたいなぁ。とか思ったり。

■告知関連
・今回のファイナル公演はDVDになる。
・今回のコンサートの模様は後日NHK-BSで放送される。
・10月に日本武道館公演が決定!!

NHK-BSというと『スーパーライブ』かな?
NHKで放映されるなんて凄いなぁ。まさに国民的アイドルですね!
そしてそして、アーティストの登竜門とされる日本武道館公演が決定! おめでとうございます!!

■簡易的感想
・生歌+生バンドでパフォーマンスしていたことには好感が持てた。
・ファン(観客)はかなり統率がとれていて凄かった。ウェーブとかタイミングバッチリだし、アンコールの『空色デイズ』の大合唱もちょっぴり感動した。
・何か物足りないな・・・と思ったのはMC。 (しょこたん)元来の真面目な性格が良く出ていて、ファンへの感謝の気持ちはよく伝わったと思う。けれど、グダグダながら最後にキッチリと笑いを取る他のアイドルに比べるとややMC力が弱い気がした。

怒涛のLIVEラッシュはこれにて終了。
来週からは引きこもりかな・・・(´∀`;)

ちなみに本日の会場の様子は『しょこたん★ブログ』にて掲載中
http://blog.excite.co.jp/shokotan/2872913/

最新曲↓


■参考 (バッカルコーン)
Posted by りすお [RIS-O] on 17.2009   0 trackback

国家的婚活プロジェクト!?

Category : Diary

「婚活」とかいう言葉がメディアでとりざたされているなか、ついに政府までもが結婚の後押しを始めた。小渕優子・少子化対策担当大臣を旗ふり役に発足した「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」がそれで、驚いたことに、その第1回会合では「結婚したいと思っている人たちがどうすればモテるか?」を真剣に議論。しかも出会いがないなら行政が政策として出会いの場をつくるべきなんてことまで話し合っているのだ。
(中略)
従来の少子化対策は「結婚後」が出発点だった。つまり、子どもを持ちたい人たちがいるのに事情があってなかなか実現できない。その環境をどう整備するかというのがこれまでの議論だったのだが、そこをさらにさかのぼり、若者がなぜ出会ったり結婚できないのかを考え、政策として取り組もうというわけだ。
(中略)
だが「結婚しない=モテない」といわんばかりの議論も失礼な話だし、そもそも結婚するしないは個人の自由。むしろ政府が考えるべきなのは、家族をつくりたくなる国にすることだと思うのだが…。
(フリーマガジン 『R25』より抜粋)



というわけで、政府が婚活を後押ししてくれるそうです(笑)
本文を読んで何となく違和感を覚えたのですが、「どうすればモテるか?」と「若者がなぜ出会ったり結婚できないのか」はあまり相関性がないような気がします。だって、周囲に異性がいなければモテるもモテないもありませんからねぇ。
 一般的社会人ってどういう人のことを言うのかよく分かりませんけど、少なくとも自分と(昨日の日記に出てきた)友人に関していえば、今の生活の中で新たな出会いは期待できません。仕事場と家を往復する日々にウンザリといった感じで。

 ちなみに友人はジムに通って体を鍛えているので『そこで出会いとかないの?』と突っ込みを入れてみたのですが、『ねーよ!』の一言。

RIS-O:『ジムの常連になると見知らぬ人から挨拶されたり話しかけられたりするって聞いたけど』

友人:『常連になるほど通ってないし・・・』

全く話になりません。

 ここ数年結婚情報サイトが活況を呈しているらしいのですが、自分はかなりの不信感があるので利用しようとは思いません。まぁ結婚願望がないことが一番の理由だと思うんですけど、高額な登録料を支払ったにも関わらず思うように女性を紹介してもらえないとか、トラブル件数がかなり多いことで一時期社会問題にもなりましたからね。その他、様々な社会学の本に書かれている内容によれば、「カップルの数を水増ししている」だとか「実際にゴールイン(結婚)した会員のパーセンテージを発表していない」など様々な問題点が浮き彫りになってきています。

 色々と否定的なことを書いてしまったけれど、今回のこの政府の政策、結構いいんじゃないかと思います。少子高齢化対策としてはようやく一歩前進といったところでしょうか。

■政府が出会いの場を設けることのメリット
 ・訳の分からない業者が運営するお見合いパーティーよりも安心感がある。
 ・政府(国)の施策=公共料金と考えると(パーティー参加にかかる)費用は割安?w

 もし、この政策が実施されることになったら、ブログのネタにもなるので参加してみようかと思ったけれど、真面目に婚活している人達に失礼だから多分しないと思います。(ぇ

元記事(PC専用)
http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112009051404
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2009   0 trackback

夢も希望もありません

Category : Diary

自分かこの世界か、どちらかを愛することができれば自殺を踏みとどまることができる

小説家:平野啓一郎



 日本における自殺者の総数は年間3万人超だそうです。しかも、1998年から11年連続で3万人超えなのだとか。果たしてこの国に生まれた僕達は幸せなんでしょうか。ちなみに30代の自殺者は4850人で、統計の残る1978年以降最多だそうです。
 自分はアラサー世代なんですけど、給料が全く上がらないので正直キツイです。将来が不安でたまりません。(だから副収入を求めて投資をしている) いや、給料自体は微増しているんですけどね、それ以上に税金の増加率の方が凄まじいわけですよ。

 年金ベースで考えると今の30代は最も不遇な世代だそうです。ベビーブームの時期に生まれた団塊の世代が退職し、今度は彼等(彼女等)が年金を貰う番になります。その年金を負担しているのは現在働いている私達なわけで・・・こうした人口の歪みによって最もワリを食っているのが30代らしいのです。そりゃ給料も上がらないわな・・・なんて、ここでグチっても仕方がないのですが。自分は実家にパラサイトしているので多少の遊ぶお金はありますけど、もし一人暮らしをしていたら娯楽にかけるお金や食費を削ったり涙ぐましい努力をしないとイケナイんだろうなぁ。

 いや、今の自分が苦しいのはお金の問題だけじゃない。多分、生活に張りがないからだな。
夢とか希望とか・・・今更そういうの無いし。やりたいことは大体しちゃったし。
『将来は何になりたいですか?』って、今がもう”将来”だし。
結婚願望は無いし子供も苦手だし。最近は恋愛すら面倒くさいと思うようになってきた。

働くことがお金を稼ぐ手段にすぎないとき、それは労働だ。こういう場合、働く時間はできるだけ短いほうがよい。だから「速やかに時間よ過ぎろ!」と念じて働いている。そのとき、体は確かにここにあるのだが心はここにない。心と体が離れているから、働いている時間は自分の時間ではないと感じる。

『続 働く理由~99の至言に学ぶジンセイ論』より抜粋



職場での自分は死んでいる。では、生きていると感じられるのはどんな時なのか。
音楽を聴いているとき、映画を観ているとき、LIVEに参戦しているときぐらいかな。
どれも一過性の楽しみだからなぁ。
人生の大半を占める”仕事をしている時間”がつまらないからやっぱりキツイ。完全なミスマッチだと気づいているのならサッサと転職すれば良いのだけれど、自分が何に向いているのか分からない。
趣味といえば色々あるけれど、果たしてそれが職業になるのか。
人のためになる、人を楽しませるレベルまで達しているかといえば決してそうではない。

同世代の小説家、平野啓一郎さんはなかなか良い言葉を残してくれている。

せめて、自分を好きでいるために、人格を複数持つべきだ。職場での自分が嫌いでも、家族といるときの自分が好きなら、その人格をベースにする。コミュニケーションの機会が増えるし、孤立しない



うーん、やっぱり趣味をベースに生きて行く方がいいのかな。
今の自分のような”広く浅く”というのは、実はすごく中途半端なのかもしれない。

ちなみに僕の高校時代の同級生の口癖はコレです。

『この先、生きていても楽しいことなんて何もないと思えてくるな。』

完全に『夢のカリフォルニア』(堂本剛主演のドラマ)のパクリですw
こっちまで鬱になるから止めてくれ・・・_| ̄|〇

Posted by りすお [RIS-O] on 14.2009   0 trackback

ぱふゅーむ効果

Category : Diary
PerfumeのLIVE記事をアップしたら、アクセス数が普段の2倍近くまで上昇してビビりました。(209アクセス) AKB48関連のエントリもアクセス数が上がるけどPerfumeの勢いも半端ないな・・・なんて、アクセス数から世の中の動向を分析してみたりw

そういや、ここ最近の日記を振り返るとエンタメ系の話題ばかりだなぁ。
そりゃ君が遊びまくってるからだろーなんていう突っ込みが入りそうですが(汗
今日は個人日記ブログらしく行きますよ。

とにかく最近、暑いですね~(;´Д`)
数日前から夏日(25度超え)が続いています。特に今日はジメジメ・・・
こんな日のスーツは地獄ですね。半袖でいいよもう。

で、自分はすっごく暑がりで病的なまでに汗をかきます。
汗をかくと気になるのが体臭。
アラサーともなれば加齢臭も加わって更にヤヴァイことになりますw

体臭って自分では気づきにくいからやっかいですよね。
自分の臭いには慣れてしまうため自分では気づきにくいのだとか。
体臭で不快感を与えないためにはどうすれば良いか?
そこで登場するのが香水です。”ぱふゅーむ”です。

香水をつけ始めてからしばらくはブルガリのプールオムを使っていたのですが、いい加減飽きてきたので数年前からカルバンクラインの期間限定販売の香水『ck one summer』を使っています。毎年異なる香りでリリースされるのですが、このシリーズに共通している”ほのかな甘い香り”が好きなんですよね~。

ネットで検索したら今年バージョン『ck one summer 2009』の情報がもう出ていました。

20090512.jpg
ck one summer 2009

商品の説明
クールでリフレッシング、プールで過ごす楽しい夏の日々を表現した2009年のシーケーワンサマー。ブルーミントとキューカンバーのクールなリフレッシュ間で始まり、シトラスノートのジューシーさとエネルギーが満ち溢れています。ウォータースプラッシュアコードが広がり、芳しいラムカクテルが夏の気ままで楽しい感覚を演出します。香調はアクアティックフルーティ。(Amazonより抜粋)



ブルーミントはイイとして、キューカンバーって”キュウリ”ですよね(・∀・;)
一体どんな香りになっているんでしょうか・・・
商品説明では”ウォータースプラッシュアコードが広がり”なんて書いてありますが、意味がサッパリ分かりません(笑) そんなことを言っている人、実際にいるんですかねw

でもでも、丸ノ内のOL?ジョシコーセー? まぁどっちでもいいや。
『男子にはどんな香水をつけてほしい?』という女子を対象にしたアンケートの結果をみると、『何もつけていない男性』が1位になっているという・・・
うーん。なかなか難しいですね。
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2009   0 trackback

菅野よう子 information

Category : Music
数々のCM、アニメ、映画音楽を手がけ、Crystal kayやSMAPなどにも楽曲提供をしている天才作曲家:菅野よう子さんの情報を紹介。

 昨年は『マクロスF』のBGMや主題歌を手がけ、オリコンランキングを大いに賑わせたことで話題になりました。その『マクロスF』のLIVEはZepp Tokyoや日本武道館(!)などで行われ、オークションではチケット価格が高騰、超満員のLIVEは盛況のうちに幕を閉じました・・・が、なんと今年はそれをも凌ぐ凄まじいLIVEが行われるようです。

2009.7.7(Tue)さいたまスーパーアリーナ!
YOKO KANNO SEATBELTS『超時空七夕ソニック』
~次回公演は22世紀を予定しております。~



何が凄いって会場も超巨大ホールですごいんですけど、とにかくゲストが超豪華!

May’n(シェリル・ノーム/マクロスF)、中島愛(ランカ・リー/マクロスF)、
坂本真綾、ORIGA (ex攻殻機動隊 S.A.C.)、Scott Matthew (ex攻殻機動隊 S.A.C.)、
山根麻以(COWBOY BEBOP)
steve conte (ブレンパワード、カウボーイビバップ、ウルフズレイン」、攻殻機動隊S.A.C.)

まさに菅野ワールド全開!という感じですね。
『菅野よう子クロニクル』のLIVEといっても過言ではないでしょう。
既にチケットぴあでは先行予約が行われています。

 マクロスF繋がりでお友達になった友人の何人かに『七夕LIVE行くんですか?』と聞いてみたところ、既に彼等(彼女等)は漏れなくチケットを申し込んでいました(笑) いやぁ愚問でしたね(;´Д`)

問題はこのLIVEが平日に行われるということ。
自分は定時退社すれば間に合うけど、ほとんどの人はそうじゃないんだろうなぁ(*´艸`)

さらにさらに(・∀・)!
今月末(5/27)には過去の名曲を網羅した3枚組のアルバムが発売されます。
その名も・・・

YOKO KANNO SEATBELTS
来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ


タイトルなげぇ!Σ(゜Д゜;)

菅野よう子ファンの方にとって大半の曲は既に聴いたことがあると思いますが、CD初収録となる曲もチラホラ見受けられるため迷わず購入する方もかなりいるようです。CD3枚組、しかもこれだけの良曲揃いで3,990円というのはリーズナブルな価格設定ではないでしょうか。なんだか回し者みたいだなぁ僕w

Posted by りすお [RIS-O] on 11.2009   0 trackback

Perfume - 代々木ワンマンライブ 「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」

Category : LIVE
飛ぶ鳥を落す勢いで快進撃を続ける女子3人組のユニット、Perfume(パフューム)のLIVEに行って来ました(・∀・)!

場所は国立代々木競技場第一体育館。
キャパシティおよそ1万3千人の巨大施設ですΣ(・ω・ノ)ノ!

20090510_1.jpg
開場時間前(16時頃)

20090510_2.jpg
開演時間前(17時頃)

見てのように凄い数の人、人、人。
改めてPerfume人気の凄さを思い知らされました。

ファンクラブに入っている友人のかんさんのお陰でアリーナ良席をゲット。
かんさんのお友達(♂&♀)と僕の4連番で、なんとアリーナ最前ブロック(Aブロック)でした。さらに花道の近くであったため、メンバーが3~4メートルの距離まで来てくれたりしてテンション上がりまくりでした( ゚∀゚)o彡°のっち!のっち!

アリーナはもちろん、1階席~2階席まで客席は満杯でした。
あのAvril Lavigneでさえチラホラ空席が目立っていたというのに・・・本当にビッグになったものです。

セットリストは今までリリースされた曲の集大成といった感じで大いに楽しめました。
彼女達の特徴であるロボットのようなダンスは、お人形さんのような可愛らしさでした。彼女達のダンスは一見非人間的にも見えるのですが、MCでは一転して人間臭さ爆発といった感じで面白いです。TVのバラエティ番組でみせる天然っぽさ、気さくな雰囲気はそのままでしたね~。

MC部分では客席とのカラミが本当に多い!これには本当に驚かされました。
通常、日本武道館や代々木体育館でLIVEを行うようなビッグなアーティストは客席とあまり絡まずに進めていくことが多いのですが、Perfumeは違います。

(客席の女性に対し)『そんなに(服装)露出して大丈夫ですか~?』

女性:『大丈夫でーす♪』

Perfume:『ちょっと刺激が強すぎるような・・・』

観客:w

Perfume:『まぁ今日は出会いの場だからイイか! アピールしなきゃね!』

観客:(そうなのか?)w

Pefume:『あーっ!! おチビちゃんがいる! 何歳?』

♂(の母親?):『4歳』

Perfume:『4歳?すごい! お名前は何て言うの?』

♂:『ひびき~』

Perfume:『ひびき!? 仮面ライダー響じゃん!!』

観客:w

自分達のことはそっちのけで(?) マキシマム・ザ・ホルモンや9mm Parabellum Bulletの話題が沢山出てきていて面白かったです。他にも客席からPerfumeの似顔絵やイラストを受け取ったり、阪神タイガースのユニフォームや帽子を被っている人を目ざとく見つけて客とコミュニケーションしたり・・・客席から手渡された(投げ込まれた?)PerfumeオリジナルTシャツやタイガースグッズを受け取ったりw 客席から色々なものが手渡されてもスタッフは特に制止する様子はなくwww
本当にメジャーアーティストなのか?と思ってしまうほどフレンドリーでした。
有名になっても初心を忘れずにファンと触れ合おうとする気持ちは素晴らしいですね。

セットリストで圧巻だったのは『Yoyogi Disco mix』と銘打たれたメドレー。
ステージ中央のPerfumeメンバーを中心に、左右の巨大モニターには”それぞれ違う映像”が映し出されていてビジュアル的に非常に凝っていました。(どこに目をやっていいか困るくらい) そうかと思えば、あーちゃん、かしゆか、のっちの3人がそれぞれ花道の左右中央に一人ずつ広がりパフォーマンスを繰り広げたり・・・こりゃ二日間代々木に通った人じゃないとLIVEの全容はつかめないなw

Perfumeのファンは非常にノリがよく(且つお行儀が良く)好感触。サビが終わって3人がダンスに入る度に歓声が上がっていました。またボッ立ちしている人は少なく、みんな腕を振り上げてタテノリしていました○(≧∇≦)o ノリの良い打ち込みサウンドと巨大ミラーボール、レーザー、照明によって代々木はディスコ空間に生まれ変わりました。

このライブの模様は16日午後8時からWOWOWで放送される予定です。
復習しなきゃ・・・(`・ω・´)

■告知関連
7月8日(水) NEW ALBUM発売
8月より全国ツアー開始



Posted by りすお [RIS-O] on 10.2009   0 trackback

スラムドッグ$ミリオネア

Category : Movie
映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。

この作品はアカデミー賞8部門に輝いた凄い作品です。
一般的なハリウッド映画と違い、有名な俳優は誰一人として出ていないし派手なCGなどは一切ありません。低予算映画ながら緻密に練られたシナリオによって観客を飽きさせない内容に仕上がっています。

■あらすじ
巨額の賞金が懸かった人気クイズ番組に出場したスラム街出身の少年ジャマールが、周囲の予想に反して正解を連発。あと1問を残したところで不正を疑われて警察に拘束された彼は、自らの過酷な生い立ちを明かしていく。
(シネプレックスより抜粋)



人口数世界第二位、多数の優良なIT技術者を生み出し今や世界の中心になろうとしているインドが舞台となっている映画で、スラム街の野良犬(=スラムドッグ)と呼ばれ、人々から蔑まされていた主人公の物語です。

 (ミリオネアの)一攫千金のドキドキ感もさることながら、初恋の女の子に寄せる純粋な想いが感動を誘います。また、それだけではなく、”生きること”への執念、インドが抱える問題、貧富の格差、宗教間の対立、差別などの問題にも鋭く切り込んでいます。

20090509.jpg

 いや~凄い映画でした。正直、終盤の展開は『出来すぎだろう』と思ってしまうところもあるのですが、それでも涙が出ます。最初は”お茶汲み”とバカにされていたスラム街の青年が、正解を重ねていくうちに民衆からの支持を得ていく様にも感動。映画だから多少美化されているところはあるのだろうけど、人の成功を応援し、一緒になって喜べるインドの人達の態度は日本人にも見習って欲しいと思った。日本人は金持ちへの嫉妬が根強いからね。

また、この映画では要所要所に『運命(Destiny)』という言葉が使われていて、夢見る少年の心を忘れていない僕にとってそれはとても素敵な響きがしましたw 映画好きの人だけではなく、ドラマチックな展開を期待する女子にもオススメな映画ですね。

 これは余談なのだけど、やはり”みのもんた”の『溜め具合』は世界最強だなと思った(笑)
※クイズミリオネアは世界中で同じような番組が放映されています。
Posted by りすお [RIS-O] on 09.2009   1 trackback

坂本真綾 LIVE DVD発売

Category : Music
数々のアニメ・映画の声優をこなし、同時並行で音楽活動を行ってきた坂本真綾さんですが、この度LIVE DVD 『坂本真綾LIVE TOUR 2009 “WE ARE KAZEYOMI!”』 を発売することになった模様です。ついに!というか”待ちに待った”という方も多いことでしょう。今までCDに付属している形でリリースされたDVDはありましたが、単体のLIVE DVDとしては初めてです!! 
 『天空のエスカフローネ』で主題歌デビューしてから天才作曲家:菅野よう子とのタッグでその音楽的才能をメキメキと開花させていった彼女。いまやオリコン上位入りは当たり前のアーティストとなりました。(比較的スローなペースでリリースしているので、世間的な知名度はイマイチかもしれませんが)

1/24に行われた東京国際フォーラム ホールAでの約3時間に及ぶライブの模様が収録されているようです。本当はLIVEに行く予定だったのですが、ちょうどこの日に休日出勤が入って行けなかったんだよなぁ(ノ∀`)

DVDリリースに伴い特設サイトが開設されており、動画の試聴もできます。
(試聴コーナー)
http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/wearekazeyomi/disc.html

何曲か試聴してみましたが、ドラムの音の通りが良くかなりクリアな音声が収録されていますね。一般的なLIVE DVDと比較するとややボーカルのボリュームが強めかもしれません。また、現在確認できる限りでは観客の声は全く聞こえないので、LIVEの臨場感は薄まっているかもしれませんが、彼女の美声をじっくり聴きたい人には持ってこいでしょう。

Amazonでは既に予約可能となっており、何と定価27%引きの特価価格となっています。
ただ、Amazonの新商品は発売日当日に届かないこともあるので要注意ですが・・・(^_^;)

 
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2009   0 trackback

アフタースクール

Category : Movie
大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子といった割と旬な実力派俳優が集まった映画。

あらすじ: 母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。(シネマトゥデイ)



この作品は面白かった!!
緻密に練られたシナリオは秀逸。ネタバレ厳禁なのであまり喋れませんが。

『アフタースクール』・・・放課後? 何?学園が舞台?ということで、当初はあまり期待していませんでしたが、良い意味で裏切られました。このタイトルのつけ方にはセンスを感じますね。実際は学校を卒業して大人になった彼等が繰り広げる人間ドラマというか何というか。

 最後のタネ明かしのシーンは思わず引き込まれる。『え~!実はそうだったの?』と思うんだけど、ちゃんとつじつまが合っている。しかも、通常はシリアス一辺倒でクライマックスに突き進んでいくドラマや映画が多いなか、何気に笑えるシーンが混じっていたりするところも凄い。
 今や絶大な人気を誇る大泉洋さん。彼の『俺が、俺が』という個性的過ぎるキャラクターがあまり好きではなかったのだけど、この作品では(ややコミカルな役柄ながら)彼の我の強さが控え目に抑えられていたため安心して観られた。
 クライマックスで大泉洋が佐々木蔵之介に投げかけるセリフは必見。本当にカッコよかったです。
堺雅人さんは本当にいろいろな役柄を演じることが出来るんだなぁと感心。佐々木蔵之介さんの悪ぶった役柄もハマッていて楽しめました。
観終った後に一服の清涼感が漂う作品。オススメ!

Posted by りすお [RIS-O] on 07.2009   0 trackback

僕の彼女はサイボーグ

Category : Movie
録画してあった『僕の彼女はサイボーグ』を観ました。

なんというか・・・全てにおいて中途半端な作品だと思った。
コミカルな要素もあるけど正直あまり笑えない。
純愛ストーリーなのか、未来と過去を行き来するSFファンタジーなのか・・・最後まで見てもどっちつかずといった感じで。2時間半近くある作品なだけに観客を飽きさせない工夫が欲しかったなぁ。最後は怒涛の展開と仰天のタネ明かし。ここで『おおっ!』と思える人は『この映画は良い作品だった』と思えるのかも。自分はついていけませんでしたが・・・。ただ、恋愛の始まりを予感させる冴えない主人公(小出恵介)と綾瀬はるかの出会いのシーンはちょっとイイな♪と思えた。
綾瀬はるかはあまり好みのタイプではないけれど、この映画を観ると確かに美人さんだな~と思った。ただただ、綾瀬はるかの可愛さが光る作品。
酷評してしまったけれどもAmazonでは結構評価が高い。
小出恵介と綾瀬はるかのファンは見る価値アリじゃないかな。

 
Posted by りすお [RIS-O] on 06.2009   0 trackback

相川七瀬 REBORN PROJECT SPRING PARTY

Category : LIVE
GW最後のイベント(・∀・)!
相川七瀬さんのライブ『REBORN PROJECT SPRING PARTY』に参戦してきました。

会場はSHIBUYA BOXX
あまり聞き慣れない会場ですが、自分も初めての場所でした。

20090505_1.jpg

原宿側から見ると代々木体育館の裏、NHKホールのすぐ近くですね。
近くには有名なライブハウスSHIBUYA AXなんかもあります。

会場のキャパシティは何と280人!
我ながらよくチケットが取れたなぁと思いますw

20090505_2.jpg

ステージはこんな感じで、まさにライブハウス!!○(≧∇≦)o  という感じの場所でした。
いやぁ、こちらは東京ドームと違って音響が良いですね(笑)

なぜこのような小さい会場になってしまったか?ということなんですけど、別に相川さんの集客力に問題があるわけではありません(^_^;) 今回のライブは春から続いているREBORN TOURの追加公演的な位置づけだったらしく、急遽追加公演が決定されたため会場が空いてなかったんじゃないかな・・・というのが僕の推測です。

LIVE時間は1時間45分程度。
オープニングにDJステージ(?)があったので実質的なLIVE時間はもっと短いかな。
でもでも、ゲストが豪華で大満足のLIVEでした!!

■ゲスト
Joey Carbone (ジャニーズに名曲を数多く提供している凄い人)
室姫深 (知る人ぞ知るギタリスト、相川さんにはダリアやPrismという名曲を提供)
マーティー・フリードマン (世界的に有名なメタルバンド:メガデスの元ギタリスト。数多くのTV番組で活躍中)
NATCHIN (ベーシスト。 元SIAM SHADE[シャムシェイド]のベーシスト兼リーダー)
高田有紀子(キーボード?電子ピアノ? 相川さんにはバラード曲を提供)

2階の客席にはTRFのCHIHARUさんが来ていたようです。

MCで相川さんが『これだけ忙しくゲストが入れ替わるライブって、そうそうないよね(笑)』と言っていたのが笑えた。3月のライブではわずかに1~2曲だけ登場していたマーティー・フリードマンが中盤から後半にかけてずっと出演してくれたのが嬉しかった。

 ギターに関してはあまり詳しくないのだけど、やっぱりマーティのギターは凄い。というか上手すぎる。邦楽アーティストのライブに参戦していると、タイミングがズレたり音を外したりしてヒヤヒヤさせられたりすることもしばしばあるのだけど、マーティのギターは本当に正確。まるでCDを聴いているんじゃないか?と思えるほど。かと思えば間奏で遊び心いっぱいのアレンジを聴かせてくれたり。何よりライブの観客として『マーティのギターは聴いていて気持ちいい』(これ重要)というのが全てかな。
 マーティのイメージってどうなんだろう? 世間的には『タモリ倶楽部の空耳アワーSPで面白いコメントをしている外国人』なのかな(^_^;) 本当にすごいギタリストなんですよ~彼は!

高田有紀子さんは『すきだよ』を電子ピアノで弾いてくれました。(相川さんのボーカルで)
いやぁやっぱり生演奏はいいですね。CDでは味わえない微妙な間とか、強弱とか・・・最高です。

当日の様子は高田さんのブログに掲載されています。

http://blog.goo.ne.jp/sironekonancy/e/591df28f7e11a982f0f721761545379e

偶然にも高田さんは5/3にX JAPANのライブに参戦していたとのこと。
同じ行動をしていたなんてウケるw

3月のツアーと比較すると、おそらく曲数は今日(追加公演)の方が少なかったと思う。けれども会場のキャパが少ないお陰でアーティストとの一体感が生まれたし、なにより豪華なゲストのおかげで満足度は今回の方が高かったです。それにしてもツアー本編よりもゲストが盛大に豪華になる追加公演って・・・いいのかそれでw
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2009   0 trackback

映画ばかり観ていた

Category : Movie
X JAPANのライブ放送目当てに先月からWOWOWを契約しているのですが、映画の放映回数が半端ないですね。有料放送だけあって途中でCMが挟まれない構成でイイ感じ。
そんなこんなでイベントのない休日は映画ばかり観ていました。

■邦画
『恋空』
『聴かれた女の見られた夜 』
『ひぐらしのなく頃に』
『アヒルと鴨のコインロッカー』

■洋画
『ファイト・クラブ』
『バイオハザード3 RESIDENT EVIL』
『NEXT-ネクスト-』
『ソードフィッシュ』

簡単に感想を。
■『恋空』
大人達が眉をひそめる問題作(?) ネットではやたらとバカにされている同作品ですが、とりあえず一度観てみないと評価できないと思うので。あらすじだけ聞いて本編は観ていない人が多いんじゃないかなぁなんて。
 うーん、2時間で色々詰め込みすぎ? やはり内容が薄っぺらい感じがします。無理にレイ○とか混ぜ込む必要はなかったんじゃないだろうか。元カノのサキもあんなに酷いことをしておきながら『私のこと、ひっぱたいていいよ。』って・・・現実世界だったらそれじゃ済まないでしょう。歳の近い友人(♀)は『小説のほうは意外に面白かった』と言っていたので、多分、小説はもうちょっと心理描写が細かくかかれているのかもしれませんね。

■『聴かれた女の見られた夜 』
AV女優の蒼井そらが主演。別にファンじゃないでんですけど深夜にTVつけたら偶然流れていたのでそのまま観ちゃいました。前半~中盤までは淡々とした感じ。最後の展開は『え~っ!そうなるの?』と思わず仰天。自分が女子だったらあんな男(隣人)はお断りですw

■『ひぐらしのなく頃に』
原作は大ヒットした小説。ホラー?サスペンス?思ったよりは怖くなかった。ホラーは苦手な方なのでこれくらいが丁度いいかも。村の女の子が(転校生♂に腕を絡めたり)やたらと積極的なんだけど、これって田舎では当たり前なのか? 正直羨ましい(笑) 結局何だかよく分からないまま終わってしまう。どうやら続編が公開されているらしいですね。

■『アヒルと鴨のコインロッカー』
瑛太主演。原作は人気小説家の伊坂幸太郎の著作。
タイトルを観ただけでは意味不明だけれども、内容は人種差別に踏み込んでいたりして結構深い。この作品は映画ファンの評価が高いようだけれども、いかんせん前半~中盤にあまりみどころがなく淡々と進んでいくので途中でちょっと飽きてしまった。

■『ファイト・クラブ』
ブラッドピッド主演。結構前の作品(^_^;)
一見すると『拳と拳のぶつかりあい、男臭い作品』に観られがちなのだけど、実は資本主義社会への抵抗を描いたメッセージ性の強い作品。その切り口の鋭さは現在の(サブプライムローンによる)金融崩壊に警鐘を鳴らしていたのではないか?と勘ぐってしまうほど。ただ、映画として、エンターテイメントとして楽しめる作品ではないかな・・・実際、興行的にはイマイチだったという噂が。

■『バイオハザード3 RESIDENT EVIL』
いわゆる続編ですね。 ミラ・ジョヴォヴィッチのカッコイイアクションは健在。
観ている人も多いでしょうから特に感想を述べる必要もないかな(^_^;)
前作・前々作に引き続き安定したクオリティーで観客を楽しませてくれる作品だと思います。

■『NEXT-ネクスト-』
2分間先が見える男が主人公のお話。
見所が沢山あって凄く楽しめる作品。少し先の未来を読んで今後襲い掛かるであろう災難を次々と切り抜けていく様は痛快。5.1chサラウンドもふんだんに駆使していて迫力のある作品となっている。ただ、犯人グループの目的は結局最後までよく分からなかった(笑)

■『ソードフィッシュ』
既に現役からは引退した天才ハッカーのお話。
主人公は天才ハッカーなのだけど、映画の内容としてはマシンガンぶっぱなしたりカーチェイスがあったり、アクションシーンがふんだんに盛り込まれている。展開が次々と移りかわるので観ていて飽きなかった。この映画も例によって悪人グループの目的はよく分からなかった(笑)

基本、自分は邦画好きなのだけど今回に限っていえば『NEXT』と『ソードフィッシュ』が面白かったな。まだ『レッド・クリフpart1』と『アフタースクール』、『僕の彼女はサイボーグ』 『スピード2』の録画が残っているので何とかゴールデンウィーク中に観ておきたい(汗

あ、現在公開中の映画では『グラン・トリノ』がオススメです。
Yahoo!映画を見ている限りではかなり評価が高いので、万人にオススメできる内容かと。
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2009   0 trackback

X JAPAN - WORLD TOUR Live in TOKYO 18回目の夜

Category : LIVE
セットリストは昨日とちょこちょこ変わっている感じ。Rose of Pain(Acoustic Ver) がlongingになっていたり。DAHLIAが無いかわりにOrgasmが入っていたり。Orgasmで客席にガスを撒き散らすYOSHIKIのパフォーマンスは健在。セットリストにSilent Jealousyが入っていなかったのは残念。しかし最後にはArt Of Lifeを演奏してくれた。

 個人的にはEndless RainからArt Of Lifeまでのフリが非常に長く感じた。また、Art Of Lifeのピアノ部分のパフォーマンスも非常に長かった気がする。長時間のLIVEに疲れたのか周囲にはシートに座り込む人も多く見かけられた。

 YOSHIKIのパフォーマンスは良好。昨日はドラムプレイでしばしばミスが目立ったが、今日はイイ叩きっぷりだった。一方、Orgasmの間奏ではギター演奏が乱れるトラブルがあったり。
 今日のメンバーのファンサービスっぷりは凄かった。各メンバーがステージから降りて客席に近づくシーンが何度も見られた。その度に客席が圧縮されて大変なことになっていた(^_^;)

今日も客席は3階席まで満員だった。この集客力は本当に凄い。
17:30開演で終演が21:30 およそ4時間にも及ぶ長いLIVEだった。近くの人達の話によれば『X JAPAN史上もっとも長いLIVEだった』とのこと。メンバーの皆さん、お疲れ様でした。

Posted by りすお [RIS-O] on 03.2009   0 trackback

X JAPAN - WORLD TOUR Live in TOKYO 無敵な夜

Category : LIVE
昨年見事に再結成を果たしたX JAPANの東京ドーム公演に行ってきた。
個人的に感じたことを簡単に書いていこうかと。

■ドタバタ劇
とあるスポーツ紙では、X JAPANのベーシストであるHEATHが事務所契約問題により既に脱退していたと伝えられていた。公演2週間前の段階で「まだリハーサルが出来ていない」とも。3月の韓国公演が中止されているだけに今回の東京ドーム公演の開催も危ぶまれていたが何とか開催にこぎ付けたようだ。
 YOSHIKI mobileにて「X JAPANの諸問題、だいぶいい感じにまとまってきたよ」というYOSHIKIのメッセージが伝えられていたが、この段階では詳細は分からず。

5月1日のエンタメニュースで以下のニュースが発表された。
・HEATHがYOSHIKIの説得により脱退を考え直し、東京ドーム公演に出演することになった
・サポートメンバーとして活躍していたLUNA SEAのギタリスト、SUGIZOがX JAPANの6人目のメンバーとして新たに加入する。
 結果として最高のカードが揃ったことになるのだけど、う~ん、正直このドタバタ劇はいただけないなぁ。世間一般の意見としては「お騒がせバンド特有の予定調和?」と見る向きもあるようだった。

■開演前
20090502_1.jpg

今回の公演タイトルは『X JAPAN - WORLD TOUR Live in TOKYO~攻撃続行中~ 無敵な夜』 このタイトルは一体何を意味するのか・・・

20090502_2.jpg

5月2日は(ギタリスト)hideの命日ということで、hideのコスプレをした人達が非常に多かった。

20090502_3.jpg

開演20分前だというのに東京ドームの外には凄い人数が。
結局アリーナ、スタンド席、2F、3F席まで客席はギッシリと埋まっていた。10年間全く活動していなかったにも関わらず、この集客力は凄い。

■LIVE開演
おそらく20分押しくらい? 時計を見ていなかったから分からない。

01.SE(The Last Song)

高音部を歌うTOSHIの声がかすれていた。
『今日は声の調子良くないのかな・・・』と思っていたら2曲目以降復活。

02.Rusty Nail

2曲目にRusty Nailを持ってくるいつもの流れ。
敢えてそうしていたのか分からないけれども、ドラムプレイはやや簡略化されていたような。

03.Weekend

ドラムを叩くYOSHIKIの表情がかなり苦しそう。まぁ苦しそうにドラムを叩いているのはいつものことなのだけど(^_^;) そう思っていたら、両手を完全に止めてバスドラム(足)だけでプレイするシーンが見られた。トチった?トラブル? 今日のYOSHIKIは調子が悪いのだろうか。

04.新曲(JADE?)

『今日はお前達に新曲を用意してきたぜ~!』というTOSHIの軽いMCを挟んで新曲発表!
イントロの低音ギターが印象的なヘヴィな曲。SLIPKNOTの曲にありそうな感じw
そう思っていたらAメロ?Bメロ?からガラッと雰囲気が変わる。サビは美しいメロディ。
全編英語詩なのかと思っていたら、途中で少し日本語が混じる歌詞のようだ。
興味がある方はコチラで。(音量注意)

05.HIDEの部屋(PATA solo + CELEBRATION)

hideの命日というだけあって、hideをフィーチャーした内容になっていた。
アリーナ席には大きな風船が多数投げ込まれてお祭り的な雰囲気に。
自分はアリーナ席にいたので楽しかった。

06.Rose of Pain(Acoustic Ver)

TOSHI、PATA、HEATHによるアコースティック構成。
昨年はlongingだったから、今年は構成を変えてきたようだ。

07.Tears
08.YOSHIKI & SUGIZO(Piano & Violin)

YOSHIKIのPiano Soloの最中にSUGIZOが登場。その手にはヴァイオリンが!
これでピアノ、ドラム、ギター、ベースに加えレパートリーにヴァイオリンが加わったことになり、『新生X JAPAN』の誕生を決定付ける瞬間だったと思う。
YOSHIKI & SUGIZOでDAHLIA(バラードバージョン?)を演奏。最後にTOSHIが加わりDAHLIAの一節を歌う。歌い終わった後もシンセサイザーの音は途切れない・・・ということは?

09.DAHLIA

DAHLIAキタ━━━(゜∀゜)━━━ !! ということで会場のボルテージは最高潮に。
その激しさから昨年は一度も演奏されなかった曲。
ここでもトラブル発生? YOSHIKIがスネアドラムを叩く左手を休めてバスドラムとシンバルだけで演奏するシーンも垣間みられた。なんだか危うい感じ。それでも個人的に好きな曲をやってくれたことは嬉しかったな。

10.紅

DAHLIA~紅 というハードな流れ。
YOSHIKIは大丈夫か?と思っていたら、この曲ではイイ叩きっぷり。謎だ・・・。

ここまでは曲と曲の間にほとんどインターバルは無く、昨年のLIVEよりスムーズに進行している印象を受けた。

=====EC1=====

と思っていたら・・・アンコールでステージを退いてから再び登場するまでのインターバルは、やはり他のアーティストより長かったw

11.Violet UK

昨年に引き続きゴスロリブランド『h.NAOTO』とのコラボレーション。
このステージではゴスパン(ゴシック+パンク)を前面に押し出して来ていた。
ファッションショーのような雰囲気。

12.YOSHIKI Drum solo

昨年に引き続き可動式ドラム。
自分は花道に近い位置にいたためYOSHIKIのドラムプレイを間近で見ることが出来た。

13.Without You

生オーケストラを交えて昨年とは違ったアレンジで演奏された。
凄い良曲なので早くCDを出してくれないかな~と思う。

=====EC2=====

やっぱりインターバルは長め。

14.IV

前半部は観客が一緒になって歌うのだけど、その部分は昨年よりやや短くなったような気がする。
本編(?)はほぼ完璧な内容だったと思う。

15.X

hide memorial Summitで登場した『無敵バンド』がステージに登場。
自分の位置からでは誰が誰がか分からなかったのだけど、噂ではマキシマム・ザ・ホルモンが応援に駆けつけていたとか。
例によってイイ歳した大の大人が『Xジャンプ』してきましたよw

16.Endless Rain

『本当はこれで終わりだったんだけど、もう一曲やってもいいかな』
というTOSHIのMCでEndless Rainへ。
今日の公演が比較的スムーズに進行したおかげでYOSHIKIの機嫌が良かったのだろうか(^_^;)

17.SE(Say Anything)

■総論
昨年の東京ドーム3daysに比較すると、YOSHIKIがドラムプレイする曲が大幅に増えた。また、今日のセットリストを振り返るとアグレッシブな曲が非常に多く、『攻撃続行中』というツアータイトルの名に恥じない攻撃的な内容だった。
終演は21:30過ぎくらいで気がつけば3時間超のLIVEになっていた。しかしそれはダラダラしたものではなく、あっという間の3時間だった。全体的には素晴らしい内容だったと思う。

Posted by りすお [RIS-O] on 02.2009   0 trackback

四日市と名古屋嬢と名古屋観光と

Category : Diary
4/30(木) 夜

■SKEその後
 SKE48の公演が終わった後、栄駅からすぐに名古屋駅に向かいました(・∀・)!
そして名古屋駅から近鉄線に乗り換え四日市(よっかいち)へ・・・元々関東で暮らしていた長年の友人が一年間限定で三重県の四日市に出張しているので、今日はそのお宅に泊めさせてもらおうという魂胆です。

■四日市
名古屋から近鉄四日市まではおおよそ30~40分。
近鉄四日市駅を降りるとアーケードの商店街が広がっていました。
撮影時は深夜だったので、ほとんどのお店が閉まっていましたが(^_^;)

20090501_01.jpg

ん? 何だか気になる物体が・・・

20090501_02.jpg

この人形は”ろくろ首”のように首がニョキニョキ伸びるそうですΣ(・ω・ノ)ノ!
地元の人には申し訳ないけど、正直気色悪かったですw

駅前はそれなりに栄えていますが、ちょっと外れると普通の住宅街でしたね。
工場地帯で有名な四日市だけあって、海側には多数の工場と煙突が見えました。
そのまま友人宅で一泊。
半年振りに会った友人は元気そうで良かったですo(´▽`*)/♪



5/1(金)

■喫茶マウンテン
 今日は知り合いの名古屋嬢(♀)が遊んでくれるということなので、四日市の友人宅を出た後、彼女に指定された集合場所へ行きました。

20090501_03.jpg

名古屋から電車で30分くらいのところにある『八事日赤』駅にやってきました。
はちじ・・・?にっせき・・・?
最初読み方が分かりませんでしたが『やごとにっせき』駅と読むんですね(^_^;)
近くには名古屋大学、南山大学といった偏差値の高い名門大学が沢山あったりΣ(`・Д・ノ)ノ

20090501_04.jpg

今日の目的地はココ。『喫茶マウンテン』です(・∀・)!

20090501_05.jpg

■喫茶マウンテンとは?
喫茶マウンテン(きっさマウンテン)は、名古屋市昭和区にある、風変わりな料理を出すことを特徴としている喫茶店である。また、店名から登山用語になぞらえて、喫茶マウンテンへ向かうことを「登山」、完食したときは「登頂」、一人で食べきった場合は「単独登頂」と呼ばれる。注文したものを残してしまった場合は「遭難」と呼ばれる。(Wikipediaより抜粋)



20090501_06.jpg

店内に入りました。見た感じフツーの喫茶店ですが・・・?
メニューには謎の料理や飲み物の名前が沢山書かれていました(汗
あ、もちろんフツーのメニューも揃えているのでご安心を。

さて、どうしようか・・・。
ここはもちろん!ブロガーとしてはネタに挑戦しないわけにはいきません(笑)

自分は『青いコーラ』と『甘口抹茶小倉スパ』を注文。

20090501_07.jpg

青いコーラが出てきましたw
飲んでみた感じ、ちゃんとコーラの味がしていました。
ここでふと思い出したのですが、これは過去に期間限定で発売されていた『キュウリ味のコーラ』ですね。しかし、そんな風変わりな商品を常備している喫茶店って一体・・・w

20090501_08.jpg

『甘口抹茶小倉スパ』 キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!

これはスイーツなの? 主食なの? わけが分かりませんΣ(・ω・ノ)ノ!
料理からは湯気がモンモンと立ち上っていましたがw

20090501_09.jpg

写真では分かりにくいですが量がかなり多いです。
おそらく2人前近くあるんじゃないでしょうか・・・。

20090501_10.jpg

小倉と生クリームを混ぜてみました。カオスです(ノ∀`)

GWを利用してわざわざ『マウンテン』に来ている人が多かったらしく、店内ではケータイやデジカメで料理をパシャパシャ撮影する音が色々なところから鳴り響いていましたw

20090501_11.jpg

名古屋嬢(♀)は激辛ピラフを注文。
こちらもかなりの量です。
※「単独登頂」目指して頑張るぞ~!!○(≧∇≦)o  ※wiki参照


『甘口抹茶小倉スパ』 を一口食べてみました。
抹茶パスタ・・・微妙に薄甘い味がついている?
小倉と生クリームのコラボレーション。まるでスイーツを食べているような感覚・・・にはなりませんw だってパスタが温かいんですもの(ノ∀`)

まるで『暖かい草餅』を大量に口の中に詰めているような感覚に陥ります。
激マズというわけではないけれど、段々胸ヤケがしてきました・・・(汗

その結果・・・。

20090501_12.jpg

二人とも「遭難」しました(ノ∀`)www

うーん、飲食店で料理を残してしまったのは久しぶりだ。無念。。。
いや、無理をすれば完食できたと思うんですけどね。
ここで気分が悪くなると後のデートに支障が出るので回避させていただきましたm(_ _)m

■店内のメニュー
20090501_13.jpg

イチゴUFOとチョコUFOです。
一体どんなスイーツなんだろぉか・・・。

20090501_14.jpg

黒いチャーハン、赤いワンピーススパ、ハリケントースト。
名前からして危険なニオイがw

20090501_15.jpg

ロバライスとスパイス合衆国ピラフ。
ロバライスって何!?Σ(・ω・ノ)ノ!

味の良し悪しはともかくとして、こうした既成概念を打ち破る試みは結構好きだったりw



■映画鑑賞

名古屋駅に戻ってきました。

20090501_16.jpg

東京モード学園のビルです。
新宿のコクーンタワーも特徴的ですが、こちらもかなりのものですね~。

その後、名古屋駅から少し歩いたところにある複合商業施設で映画を観ることに。
『スラムドッグ$ミリオネア』が観たいな~と思っていたのですが、その映画館ではやっていませんでした。そこで、フリーマガジン『R25』で紹介されていたクリント・イースト・ウッド主演の『グラン・トリノ』を観ることに。

RIS-O:『グラン・トリノ 、大人二枚ください』

スタッフ:『1000円ずつになりま~す♪』

RIS-O:『???』

♀:『あっ!今日ファーストデイじゃん。ラッキー♪』

全然気づかなかったけれど、今日はファーストデイだったのか。
通常1800円かかる映画が1000円で観られて得した気分o(´▽`*)/♪

さて『グラン・トリノ』ですが・・・結論から言うとすっごくイイ映画でした○(≧∇≦)o
個人的にはヒット! オススメです!
主人公はクリント・イースト・ウッド演じる”頑固な老いぼれジイサン”なんですが、最高にカッコイイ男の生き様をみせてくれたような気がします。通常のヒーローモノとは違ったアプローチで問題を解決していくストーリーは秀逸でした。これがデートじゃなかったらボロ泣きしていたかもw

その後、東海地方ではメジャーな『米田(こめだ)のコーヒー店』という喫茶店に行きました。

20090501_17.jpg

『シロノワール』というスイーツ?おやつ?です。
パンケーキ(?)の上にソフトクリームとチェリーが乗っかっています。
ホットケーキのようにガムシロップをかけていただきます。
パンは暖かいのにソフトクリームは冷たくて・・・不思議な感じでしたが美味しかったです♪

ほぼノープランで名古屋に乗り込んだのですが、色々案内してくれた名古屋嬢(♀)のおかげで充実した一日を過ごすことができました。
ブログのネタも収集できたしw 感謝感謝ですm(_ _)m
Posted by りすお [RIS-O] on 02.2009   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend