仕事の愚痴

Category : Diary
ブログを改めて読み返してみると、今月はエンタメ系の記事が非常に多かった。
こういうのを現実逃避って言うのかな。今月は本当に精神的余裕が無くて大変だった。

 今月に限っていえば、平日のほとんどは帰宅して風呂に入って寝るだけ・・・という生活が続いてた。それでも残業時間は80時間程度で、これは一般的な社会人からすれば大したことは無いだろう。休日はそれなりに休めていたため救われた部分もある。しかし、基本的に僕はワークライフバランスを重視するので、残業はなるべくしないようにしている。『ダラダラ残業して仕事をする人間は無能である』という僕の考え方は、外資系企業に比較的近いのかもしれない。

 今回のプロジェクトは本当に酷いものだった。まず、プロジェクトの開始は当初の予定よりも一ヶ月以上遅れ、いきなり失敗は絶対に許されない状況に陥ってしまった。可能な限り下準備をしたつもりだったけれど、今回のプロジェクトのように(作業期間の圧縮によって)絶対的に避けられない残業があるんだな・・・ってことを改めて思い知らされた。
 しかもクライアント(顧客)側がもたついていたため、進むものも進まず非常に苦しかった。それなりに(顧客に)プレッシャーをかけていたつもりだけれども、あれこれ理由をつけては引き伸ばされ、結果的に自分の作業にも遅れが生じる・・・という悪循環のスパイラルに陥った。これって単に僕のマネジメント能力が足りなかっただけなのかな・・・。

 本稼動一週間前、更には本稼動当日になって『すいませんが追加でこれをお願いします。』 『大変恐縮ですが、これもお願いします』の連続。有り得ない。”すいませんが” ”恐縮ですが”と付け加えれば何を言っても許されるとでも思っているのだろうか。言うことをコロコロ変える人ってどうなんですかね? 周囲からの信用を失うと思うんですけど。はっきりいって知人にこんな人がいたら真っ先に縁を切りますけどね。
 課長が何度か現地視察に来ていたので、『当初の予定にない案件ですよね? これって突っぱねることは出来ないのですか?』と僕は何度も課長に詰め寄った。けれども課長はまるで何か弱みでも握られているかのようにうやむやな答えに終始するばかりで、実に頼りなかった。結局クライアントの要求を丸呑みすることになった。
 理不尽なクライアントの要求に納得出来なかった僕のイライラは頂点に達しつつあった。心と体は疲れきっているにも関わらず夜はなかなか眠れず、睡眠時間が4時間を切る日が何日も続いた。更に日中はまともに食事をする時間もとれず、一日一食で過ごしていた。
 やっぱり、自分にはこの仕事は向いていないのかもしれない。
 しかし、これで課長も僕がどういうクライアントを相手にしているか、どれだけの我慢を強いられているか少しは分かったんじゃないだろうか。これでクソみたいな評価がついたら、本当に進退を考えるべきなのかもしれない。
Posted by りすお [RIS-O] on 29.2009   0 trackback

最近のtotoBIG

Category : Diary
最大6億円が当たるtotoBIG。
今年に入ってから異様に1等が出やすくなっていることは先日のエントリで紹介しましたが、その後も1等が出まくり・・・第379回のtotoBIGではついに当せん金額が6億円割れを起こしてしまいました。(1等2口 3億9千万円)
 次回へのキャリーオーバー額がどんどん減少しているので、totoBIGの魅力が薄れてきちゃいましたね。当せん金額が3億円超あれば安心してリタイア出来ますけど、1億~2億じゃまだまだ仕事を続けていかなければならないですからねぇ。
 キャリーオーバー額がとてつもない額になるまで、しばらく様子見かな。
とはいえ、今年のtotoBIGは異様に1等が出やすくなっているので、キャリーオーバーが積みあがる可能性は低いかも・・・。
Posted by りすお [RIS-O] on 28.2009   0 trackback

巷で噂の『高音質CD』は本当に良い音が出るのか

Category : Music
先週号の『R25』(首都圏限定のフリーマガジン)にて、”「高音質CD」はどうしていい音を奏でられるの?” という記事が掲載された。詳細は省くものの概要は以下の通り。

・SHM-CD、HQCD、Blu-spec CDという3種類が相次いで市場に投入されている。
・製造過程や素材にそれぞれ独自の工夫を凝らし、CDの実力を引き出す努力をしている。
・過去の別規格メディアなどと異なり、あくまで“CD”なので、手もちの再生機で聴ける。

部屋にいるときは大抵音楽をかけている自分としては見逃せない記事だ。
機材の進化、録音技術とマスタリング技術の向上によって、ここ数年のCDは本当に音質が良くなったと思う。それぞれの楽器の音が際立つようになり、重低音もより強調されるようになった。通常のCDの音質がどんどん良くなってきているにも関わらず、SHM-CD、HQCD、Blu-spec CDなどの”高音質CD”はCDを遥かに上回る高音質なのだろうか。

 まずユーザーの反応を確認してみようと思い、ネットで検索して個人ブログやショッピングサイトの感想を30個くらい読んでみた。が、大体どれも似たり寄ったりな感じだった。

『(通常CDと高音質CDを)聞き比べても音質の違いがほとんど分かりませんでした。』
『これって詐欺じゃないの? ふざけるな!』
『この程度の違いで高い値段を出す気にはなれません。』

どなたかが書かれていた検証記事では、確かにCD読み取り精度は向上しているとのこと。しかし、その変化が劇的に人間の耳に影響を及ぼすかといえば、そうでもないらしい。もちろん、各個人が使っているオーディオ機器は違うだろうし、中には”デザイン重視で” ”店員に勧められるがままに”買ってしまった貧弱なオーディオ機器で音楽を聞いている人もいるだろう。よって、各個人による感じ方もまた様々になるので、一概にブログの感想が信用できるとは言えない。だが、しかし・・・。
 上記の感想にも書かれているように、高音質CDは通常のCDよりも価格が高めに設定されている。多くの人が『違いがほとんど分からない』と言っているCDを、高い値段を出して買おうと思いますか? 僕だったら『NO』ですね。一般の人でも”違いが分かる”CDなら買いたいなぁ。

 所詮CDという枠組み(PCM方式、サンプリング周波数44.1kHz)の中で製作されているため、いくらメディアの素材を向上させても限度があるということなのだろう。

 ブログ&レビュー巡りをしていて一つ収穫があった。
SONYが提唱している次世代CDの規格としてSACD(Super Audio CD)というのがあって、そちらはかなり音質が良いらしい。そもそもSACDは(CDの)PCM方式ではなく、Direct Stream Digital(DSD)という方式が採用されているため、通常のCDとは全くの別物らしい。これなら音質の違いにも納得が行く。しかし、SACDはソフト数が少なく(ほとんどがクラシック、ジャズ)・・・。更に通常のCDプレーヤーではSACDを聴くことが出来ないという制限が・・・_| ̄|〇

 そういえば、『R25』で作家の石田衣良さんも『大人になったらいい音楽を聴きませんか』とSACDに関するエッセイを書いていたなぁ。
 音楽に関しては基本的に雑食系なのでクラシックの音楽は嫌いではないのだけど、自分の部屋で優雅にクラシックを聴いている時間がなかなか持てないのが悩み。先日、友人からクラシックのCDを一気に7~8枚借りたのだけど、聴いているうちに眠くなってしまい途中で”落ちて”しまうこともしばしば(^_^;)
 ちなみにこれは余談なのだけど、クラシックフリーク(?)の音楽好きは相当なもので、友人の友人(要するに他人)は同じ楽曲のCDを20枚くらい持っているらしい(!) 彼いわく、指揮者や演奏者の違いによって同じ曲でも全く別物に変わってしまうのだとか。
この話を友人から聞かされたとき、さすがにちょっと引いた(笑)

 実は最近クラシック系のアーティストで気になる人がいるので、SACDプレーヤーの購入を検討している。世の中には『Hybrid CD』といって、一枚のディスクでSACDとCD両方の音源が収録されているモノがあるので、実際にどの程度違いがあるのか聞き比べてみたい。
 まぁ自分のオーディオ環境は初心者に毛が生えた程度のモノなので、どの程度”差”を実感できるか微妙なところだけど。
Posted by りすお [RIS-O] on 27.2009   0 trackback

お天気ジョシコーセー

Category : AKB48
AKB48の”ゆきりん”こと柏木由紀ちゃんが、なんと”お天気キャスター”に大抜擢されたそうな。おそらくお天気コーナーに女子高生が参戦するのは初の出来事じゃないでしょうか。この場合、”お天気お姉さん”ではなく”お天気女子高生”と呼ぶべきかもしれない。

AKB48の軌跡を追ったバイブル本『48現象』に、プロデューサの秋元康氏が以下のようにコメントを寄せているのを思い出した。

「目指すは『タイガーマスク』の虎の穴ですよ。東大合格率No.1の塾みたいに、そのうち月9主演女優の90%がAKB出身! みたいな(笑)。あのM-1で優勝したコンビもAKB!とか。ここで個性を磨いて、どんどん外に行って欲しいんだよね。最終的に、あの前田敦子も今は隠してるけど実はAKB出身らしい、みたいな感じで(笑)」



改めて読み返してみると、今回の”お天気女子高生”も秋元康氏の野望の一環なのかな・・・と思えてくる。つまり、(事務所に所属しているメンバーの)個人活動を軸にしてメディア界を席巻する存在にAKB48を成長させたいのだろう。
 当初、『知名度ゼロ』 『劇場公演の観覧客数は数人』という状態からスタートしたAKB48。それが今やTVで(誰かしらの)メンバーを見ない日はないのだから、良くぞここまで成長したものだな・・・と思う。

Posted by りすお [RIS-O] on 26.2009   0 trackback

X JAPAN 東京ドーム公演 強行突破!

Category : Music
3月24日付の新聞にてX JAPANの東京ドーム公演開催の広告が掲載された。
2面を使って大々的に宣伝されており、かなりのインパクトがあった。

3月21、22日に行われるはずだったWORLD TOUR 韓国公演が突如延期になり、5月に行われる予定の東京ドーム公演も開催が危ぶまれていたものの、あくまでYOSHIKIは”行く”つもりなんだろう。でも、ここから大どんでん返しがあったりするのがX JAPANだからなぁ。
仮に公演延期もしくは中止になった場合、一番損をするのはオークションで高値を出してチケットを購入してしまった人。払い戻し額はあくまで定価なので・・・
 うーん、とりあえず通常の申し込みで応募してみるかな。
今回は様々なタイプの先行予約があり、熱心なファンが優先される仕組みになっているため、おそらく(自分は)良席は期待できないだろう。昨年のドーム公演ではステージが遠かったから、今回は奮発して良席を狙ってみようかと思ったけれど、リスクが高すぎる。
『もう新聞広告打っちゃったから(ドーム公演を)やると言うしかない』
・・・というオチじゃないことを祈るのみ。
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2009   0 trackback

WBC 日本2連覇!

Category : Diary
野球史始まって以来の一大イベント(大会)、WBC(ワールドベースボールクラシック)で日本が2連覇を成し遂げたとのこと。おめでとう侍JAPAN!・・・ところでこのネーミングは誰がつけたんだろう(^_^;)

 『決勝リーグまでくれば大したもの、あとはオマケみたいなものだ』と、あの”世界の王”さんでさえ言っていたにも関わらず、2連覇を成し遂げてしまうのだから本当に素晴らしい。
 23時ごろに帰宅して、ニュースを観てようやく今日の試合内容を知ったのだけれど、決勝戦という最高の舞台にふさわしいシーソーゲームだったようで。延長戦に突入したのは今大会初めての出来事だったらしい。リアルタイムで観ていた人はきっとハラハラしただろうなぁ。

 やっぱり野球は面白い。最近はサッカー人気に押されて野球の視聴率が低迷気味らしいけれど、役者をそろえて素晴らしい試合を行えばまだまだ十分に楽しめるスポーツであることが証明されたのではないだろうか。WBCは”日本vs世界”という様相が色濃いので、普段の試合とは違ってその分だけ国民に一体感が生まれたのかもしれない。
 WBCの視聴率は軒並み高く、平日であるにも関わらず40%を超える試合もあったのだとか。数字が全てではないけれど、元々野球は好きなのでこうした結果は嬉しい限り。
 様々な娯楽に取り囲まれている僕達は、各々が自分の世界を持っていて、他の分野には目もくれずに自分の世界に没頭してしまいがちになる。であるにも関わらず、これだけの一体感と高揚感を味わえるのはスポーツの持つ素晴らしさなんだろうな。

 決勝戦のダイジェストを見て『これは意地と意地のぶつかり合いだな。』と思った。2連覇をかけて負けられない日本と、あと1勝で初優勝を手に入れられる韓国。お互いに守備で見せたファインプレーは本当に凄かった。
 9回に同点に追いついたのは、まさに”韓国の意地”そのものじゃないだろうか。そして、サヨナラ(負け)を許さなかったダルビッシュ、延長の10回に突き放したイチローをはじめとする日本の選手達は”日本の意地”を見せたのだと思う。
 年間100試合超行われるペナントレースの結果を見ていれば分かるとおり、優勝チームでも勝率は6割ちょっと。つまり、どんなに強いチームでもコロッと負ける可能性はいくらでもあるのだ。であるにも関わらず、WBCという世界の大舞台で2連覇を成し遂げた日本の実力は”本物”だと思う。そして、その日本を度々苦しめてきた韓国の実力も相当なものであると認めざるを得ないだろう。
いろいろ書いていたらまとまりがなくなってきたのでこの辺で。

監督・選手の皆さん、すばらしい感動と一体感をありがとう。

※以下余談
イチローが冗談で『もう韓国とは結婚しちゃう方がいい』と言っていたけれど、本当に韓国とは試合で”当たりすぎ”だと思う。各地区予選で勝ち抜いた後の二次リーグには2つのプールがあったけれど、アジア予選の1位と2位は二次リーグでは別のプールにすべきじゃないかと思った。
Posted by りすお [RIS-O] on 24.2009   0 trackback

AKB48 teamA 5th 『恋愛禁止条例』公演 ~篠田麻里子生誕祭~

Category : AKB48
絶対当たらないだろうと思っていた一般抽選に当選できたため、仕事が忙しさを極めるなか無理矢理予定をあけてチームAの”麻里子様”こと篠田麻里子ちゃんの生誕祭に参戦してきました。

■開場前
生誕祭実行委員の人から2種類のサイリウムを手渡された。ピンク色のサイリウムは麻里子様のユニット曲『真夏のクリスマスローズ』で、もう一つの白いサイリウムは『あの頃のスニーカー』で使用してくださいとのこと。

■開演
麻里子様、久々の公演登場。(←個人的に麻里子様を公演で見るのはすごく久しぶりだということ)
女性誌『MORE』の専属モデルをやっているだけあって、お人形さんのように可愛らしくて美しい。
AKB48メンバー中No.1の長身なので見栄えがいいし、華がある。
最近長い髪の毛をバッサリ切って少し若返った(?)感じ。個人的にもショートヘアは好き♪

2曲目でゆかりん(佐藤由加理)の衣装のスカートが落ちるハプニング。しかし、衣装を重ね着していたためセーフ。すぐに落ちたスカートを広い上げ、一旦舞台袖へ。二番のAメロで何事もなかったように登場するところはさすが初期メンバーだな。と思いました。


■MC
キタリエ(北原里英):『舞台に出演することになりました!』

観客:おーっ!(拍手)

あっちゃん(前田敦子)の『(イベントの)遠征先で泊まるホテルのお風呂が怖くて一人では入れない』トークから以外な展開に…。

『そういえば、たかみな(高橋みなみ)は絶対に一緒にお風呂に入ってくれないよね?』と誰かが言い出だしたのがキッカケで、”たかみなが一緒にお風呂に入ってくれない件”でメンバー達が大いに盛り上がる。

誰か:『(皆と一緒にお風呂に入れないのは)なにか秘密があるんでしょ~』

ともちん(板野友美):『温泉みたいな広い場所でも絶対一緒に入ってくれないじゃん!』

麻里子様:『朝三時くらいに起きてお風呂に入ってるのを知ってる。しかも妙にコソコソして(笑)』

観客:w

『…たかみな実は男なんでしょ?』

たかみな:『ちょっとー!!!』 

観客:www

たかみな:『AKBを4年近くやってきて今更”男でした”ってw』

ゆかりん(佐藤由加里):『最近、私に触るときの仕草が何かイヤらしくて』

たかみな:『えーっ!』

観客:www

■生誕祭
セットリスト最後の曲『大声ダイヤモンド』後の手つなぎのタイミングで生誕祭発動。

AKB48の楽曲『誕生日の夜』が流れ終わった後、メンバーと観客全員で『Happy Birthday to You』を合唱。

麻里子様:『ありがとうございます。(以降涙声) 今年は沢山メディアに出させていただいて…モデルのお仕事もやらせていただいたりして、色々なことがあった年でした。
 この前、ソロで出ているCMを見てくれた母親から電話があって…『ここまでよく頑張ったね』って…(涙
 支えてくれるファンの皆さん、メンバーそれにスタッフさん…劇場に来てくださってる皆さんがいたからこそだと思います。これからも沢山メディアに出て篠田麻里子という存在をアピールしていきたいと思いますので、AKBの篠田としても、そして(個人の)篠田麻里子としてもよろしくお願いします。』

観客:鳴り止まない拍手

たかみな:『ところで、ソネットのCMのダンス・・・見てみたいよね?』

観客:おーっ!(拍手)

あっちゃんとたかみながヒソヒソ声で即興の打ち合わせw
あっちゃんがたかみなに向かって『アカペラ一緒にやろ!』
そして麻里子様の背後に下がる二人。

麻里子『えっ?ワタシ?(踊るの?)』

観客:(笑)

どうやら麻里子様はたかみなが踊ってくれるのだと勘違いしていた模様w

麻里子様、ここでまさかのSo-netダンス(?)を披露!
※たかみなとあっちゃんはアカペラでCMの歌を合唱

突然の展開に戸惑いながらも麻里子様はCMさながらの完璧なダンスを決め、観客席からは大きな拍手が送られた。

こういうの、いいな・・・と思った。これぞまさにメンバーと観客が一体になって作り出した生誕祭だなぁと思いました。
 観客のリクエスト以上のことをやってくれるAKBのメンバーは改めてサービス精神旺盛だなぁと思えたし、観客側のマナーも良かったので大いに楽しむことができた。ヲタ特有のKYで迷惑な客もおらず、盛り上げるところは盛り上げて、(麻里子様が)真面目な話をしている時は水を打ったように静まり返っていた。



篠田麻里子さん、改めてお誕生日おめでとうございます。

だいぶソロで活躍してきていてAKBから卒業する日もそう遠くはないのかもしれないけれど、劇場で一緒に盛り上がった時間は永遠に忘れません。

そんなわけで、終始良い雰囲気のなかで行われたハートウォーミングな生誕祭でした♪


So-net CM 篠田麻里子


AKB48 - 誕生日の夜


篠田麻里子の特技 エアーオカリナw
Posted by りすお [RIS-O] on 23.2009   0 trackback

映画 『イエスマン "YES"は人生のパスワード』

Category : Movie
この前の木曜日に配布されたばかりのフリーマガジン『R25』に載っていたレビューが気になって、映画『イエスマン "YES"は人生のパスワード』を観てきました。
 仕事場と家を往復する毎日に嫌気がさしていたので、こうしたコメディータッチの映画を観て心がフッと軽くなればいいな・・・なんて思いつつ土曜日の休日出勤の後にすぐに観に行きましたo(´▽`*)/♪
 しかし、アメリカンジョークは日本人の笑いのツボと合わないことも多々あるため、さほど期待もせず・・・って、一体どっちなんだ自分。

【あらすじ】
ジム・キャリー演じる主人公のカールは、「NO」「イヤ」「パス」が基本の極めてネガティブな男。パーティーに参加するくらいなら、部屋でDVDを観ているほうがよっぽど気楽。ところが、そんな彼を見かねた友人に勧められて怪しい自己啓発セミナーに参加してしまったことがキッカケで、「選択に迫られたらすべて”YES”と答える」ポジティブな男性に変身する。それ以降カールの人生は激変するのだが・・・?

 いや~、面白い映画でした。
自己啓発本をいくつも読んでいる自分ですが、セミナーというと何となくうさんくさい気がして・・・でも、この映画を観て、やっぱりうさんくさいな!と思いました(笑) まぁそんなことはどうでもよくて、主人公カール演じるジム・キャリーの豹変振りが凄くて笑えました。

20090322_1.jpg
自己啓発セミナー 『YESの教祖』 テレンス

20090322_2.jpg
主人公 カール

20090322_3.jpg

ギターを習いたい? 答えはYES!

20090322_4.jpg

飛行機を飛ばしてみたい? 答えはもちろんYES!

20090322_5.jpg

ちょwww  これは一体何の体験(笑)

 すべてに「NO」と答える主人公と聞くと”嫌な男”のイメージが沸くけれど、映画の冒頭に登場する”ネガティブ”なカールもどこか憎めない。苦しい言い訳をして友人からの誘いを断ろうとするカールが笑いを誘います。
 『現実でこんな展開はないから!』と突っ込みを入れたくなるほどのバカバカしさが最初から最後まで貫かれているので、軽い気持ちで観られます。でも、これって実体験を基にした原作なんだよね(^_^;)
 YESと答えることによって様々な体験ができるとするならば、ちょっと実践してみたいな。と思いました。でも、選択が迫られるたびにYESと答えていたら・・・友達は増えそうだけどメッチャ疲れそう(汗 ジム・キャリーみたいにバイタリティー溢れる男性(?)ならともかく、一般的男性にはまずムリでしょうねぇ。

 基本、個人的な用事を優先させがちな自分としては、ある意味身につまされる映画でもありました。
・コンビニで新商品の飲み物が出ていたら、たとえそれが不味そうでも一度は試してみる
・とりあえず、気になる人には会ってみる!(芸能人でも一般人でも)
 自己啓発本を読むことによって、わずかながらも自分がアグレッシブになった気がしていたけれど、まだまだだな・・・と思えました。映画に影響されすぎるものどうかと思うけど(^_^;)
Posted by りすお [RIS-O] on 22.2009   0 trackback

続・夢追い人の現実

Category : Diary
最近、春みたいな暖かい陽気が続いていたけれど、昨日の夜から急に寒くなったような。
それでも日中は過ごしやすい陽気になってきたようで。
今日も比較的良い行楽日和になったのではないでしょうか。

かくいう僕は、今日は仕事でした。
三連休の中日ということで、事務所に出社してくる社員はほとんどいないわけで・・・
ガランとした事務所で黙々と作業していましたよ。

まぁ、いいさ。

後になって振り返れば、『あぁ、あんな時もあったな』と笑い飛ばせるに違いない。

こんな生活も今日でオサラバ。

きっと今日は特別な日になるはずさ。

さぁ、幸運の女神よ! 僕に微笑むがいい!!













20090321.jpg


あぁ、現実だな、現実って感じだ。
Posted by りすお [RIS-O] on 21.2009   0 trackback

AKB48 teamB 4th 『アイドルの夜明け』 3/20 おやつ公演

Category : AKB48
3連休の初日です(・∀・)!
朝方は雨がちらついていましたが・・・。
昼前くらいから明るくなってきて気温も上がり、絶好の行楽日和になったのではないかと思われます。
しっかし、今日は花粉が凄かった・・・。

前置きが長くなりましたがw
メールを出し続けてようやく当選したTeamB 4th 『アイドルの夜明け』公演に行ってきましたo(´▽`*)/♪

AKBの公演に参戦すること自体、めっちゃ久しぶり。
そういえば新曲『10年桜』発売記念イベントで1週間くらい通常公演はやっていなかったんだっけ。
 いくつかのファンブログを見て『いいなぁ』と思いながらも、お金も時間もあまり無い自分としては、特別公演とか握手会とか・・・とてもじゃないけど参戦できるイベントではなかったですね。”貧乏暇なし”とはよく言ったもので、3月は仕事に邁進していましたよ。

友人とカフェで待ち合わせて14:30頃に劇場に向かった。
おやつ公演の締め切りは15:00なので割とギリギリの時間かな・・・?と思ったら、番号は50番台で結構早めの番号だった。(AKB48劇場のキャパは250人程度)

15時過ぎに抽選開始。
TeamBは特にこれといった推しメンはいないので、(でも、ゆきりんは結構好きw)ボケーッと突っ立っていたら・・・

一巡目入場キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!

劇場に通い始めてから1年半くらいなんだけど、一巡目で入場できたのは初めてですw
もちろん最前列のシートをゲット!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
メール抽選が外れまくってたから、その分だけ運が向いてきたんだね!(脳内

とにかく(・∀・)!
最前なんです。最前列ですよ! 奥さん。

普段は障害物(人の頭)に邪魔されて見えなかった部分が色々と見られます!
足元とか、絶対領域とか・・・(笑)
間。 要するに太もも。

いかんいかん。発言が完全にオッサンだぞ自分w
AKB48というネーミングから受ける印象で勘違いしている人が多そうだけど、彼女達の魅力は萌え要素が豊富だとか、そういうことじゃないんだよね。一度公演をナマで目にすれば、エンターテイメントとしての完成度の高さが分かると思います。まぁ気になる人は一度劇場に足を運んでみてくださいw

今日は浦野一美・柏木由紀・佐伯美香・仁藤萌乃・渡辺麻友と、結構主力どころが休演。
代わりにフレッシュな”研究生”が見られるのかな・・・?なんて友人と話していたら、他のチームの正規メンバーがアンダーを務めていた。今日のアンダーはTeamAの中田ちさとさん、TeamKの成瀬理沙さんだった。これはこれで豪華なメンバーだなぁと思う。
MCで聞いた話によれば、成瀬理沙ちゃんは初のTeamB 4th出演だったらしい。
しかも主力メンバーである柏木由紀ちゃんのアンダーということで、一睡もできなかったのだとか!
それにしては堂々としたダンスだったと思う。
緊張のためなのか、前列には目線を一度もくれなかったけどw

それにしても最前列はメンバーとの距離が近い。というか、近すぎて怖いくらい。
だって、自分の1.5メートル先でアイドルが歌ったり踊ったりしてるんですよ。
一般的なアーティストのコンサートではこんな状況はまず有り得ませんよね!? 『48現象』には”最前列は別世界”と書かれていたけれど、今日何となくその意味が分かったような気がするw
 絶対領域ばかり見ていたわけじゃないけれど、メンバー間の太ももの”たくましさ”が違いすぎて気になった(ノ∀`) ていうかアンダーを務めていたTeamKの成瀬理沙ちゃんが細すぎるのかもしれない。
 真面目な話を書かせてもらうと、メンバー達の足元がよく見えるおかげでステップの踏み方とか、全身を使ったダンスの表現とか・・・普段とは別の見方が出来て非常に面白かった。

TeamB 4thのセットリストを終えた後・・・
新曲『10年桜』のTeamBバージョンが披露されましたo(´▽`*)/♪
そういえば、ナマで『10年桜』を見たのはコレが初めてなんだよなぁ。

最近のAKB人気は半端無いほどにあがってきているようで・・・
イベントを開けば半端無い混雑&長蛇の行列になり、警察がかけつけた!・・・なんていう話もよく聞くし。こういう話を聞いちゃうとイベントには参戦したくなくなっちゃうんだよねぇ。
まぁ、若い人は頑張ってくださいって感じかな。

久々のAKB劇場公演だったけれど、最前列に座れたおかげで大満足でした(∩´∀`)∩
引き続きTeamAバージョンとTeamKバージョンの『10年桜』も観られればイイな。
出来れば最前列でw

Posted by りすお [RIS-O] on 20.2009   0 trackback

夢追い人の現実

Category : Diary
ある日の友人と私のメールのやりとり。



From:友人S
Sub:結局
本文:
宝くじもtotoBIGも買えんかった
せっかく、こんな生活から抜け出せるチャンスが!w



To:友人S
Sub:Re:結局
本文:
当たれば・・・だろ!(笑)



From:友人S
Sub:当たる!
本文:
と信じてなきゃ買う意味がないさw



うんうん。わかるわかる。

宝くじやtotoの当せん確率がいくら低いとはいえ、買わなければ当たるモノも当たらないもんね。

近頃思うんだ 夢は見つけるものじゃなくて この手で描くものなんてね


って、GIRL NEXT DOORも言ってるし。 (♪ drive away)

いや、あまり関係ないけど。

ちなみにこうしてステキな夢を語り合っている二人は・・・

お互いに独身、アラサー、彼女無し。

あぁ、現実だな、現実って感じだ。



【参考文献】
穂村 弘 『現実入門』
Posted by りすお [RIS-O] on 17.2009   0 trackback

toto BIGの傾向と対策

Category : Diary
最大6億円が当たるサッカーくじtotoBIG
つい先日、第376回BIGくじの結果が確定しましたが・・・
何と1等が4口も出たそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

 実は・・・仕事が忙しくてトレーディングできない週はちょびちょびtotoBIGを購入していたりします(^_^;) しかし、まったく当たりません。4等すらカスらないという酷い有様・・・
当たる気配すらありません(ノ∀`)

m9っ`Д´) しかし!! 今年のBIGは違います。
今年初(第375回)のtotoBIGでは1等が3口出て、更に今回(第376回)は1等が4口も出ています。
まるで『totoBIGのシステムを変更したのか?』というぐらい当たりが出ていますねw

ここで、2008年のtotoBIGの結果を新しい順に20個並べてみました。

第372回 1等 1口
第371回 1等 0口
第370回 1等 1口
第368回 1等 2口
第366回 1等 0口
第365回 1等 0口
第364回 1等 3口
第362回 1等 3口
第360回 1等 1口
第357回 1等 4口
第355回 1等 1口
第354回 1等 1口
第353回 1等 2口
第350回 1等 1口
第349回 1等 1口
第347回 1等 4口
第345回 1等 2口
第344回 1等 0口
第341回 1等 0口
第339回 1等 2口

過去20回で1等は29口出ました。
平均すると1回あたり1.45口の1等が出る計算です。
今年(2009年)は2回で7口出ています。
1回あたり1等が平均3.5口出ているという凄い結果。

統計学的にいえば2008年度の当選確率(1回あたり1.45口)に集約されていく可能性が高いため、次以降1等が出る確率は極端に減ると予想されますが・・・1回ごとの収益金額(賭けられた金額)にかなりの開きがあるため、あまりアテにはならないかも(^_^;)
 今回1等が4口出たということでYahoo!などの大手ポータルサイトにニュースとして大々的にとりあげられたことから、次回のtotoBIGの掛け金が急激に倍増する可能性もあり・・・結局のところ先行きは全く読めません(ぇ

昨年は『やたら”引き分け”が出る』と非難されたtotoBIGの抽選システムですが、年をまたいでる間に秘密裏にシステムが更新されているとしたら・・・? とか、いろいろと妄想は尽きませんw

『1000分の1だとしても 手にしてやる』 (By UVERworld)

という気持ちで、皆さんもtotoBIGに挑戦してみませんか。





ビッグ6億円が4口=サッカーくじ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090315-00000066-jij-spo
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2009   0 trackback

X JAPAN ワールド・ツアー白紙撤回か

Category : Music
ケータイに※Yoshiki mobileからメールが飛び込んできた。
※・・・X JAPAN リーダー、YOSHIKIの公式モバイルサイト

『X JAPAN 韓国公演および東京ドーム公園に関しての大事なお知らせがサイトに掲載されておりますので、ご覧ください。』

またしてもトラブル発生か?と思ったら、やっぱりその通りだった。
3月21、22日に行われるはずだったWORLD TOUR 韓国公演が突如延期になったとのこと。

X および X JAPANの現役時代、とてもライブにいける環境ではなかった(身動きの取れない学生だったし、お金も無かった)僕は、トラブル続きの彼等に振り回される感覚はよく分からなかったのだけど、それってこういうことなのかな・・・と思った。
 もちろん韓国公演には行けないし、延期されても直接的な被害は無いのだけれど、この調子では5月2日、3日に予定されている東京ドーム公演が無事に開催されるのかどうかさえ不安になってきた。
 今回の東京ドーム公演を対象にした特別会員へのチケット先行販売は3月7日から行われる予定だった。しかし、当日になって突然の延期発表。『まぁこれくらいはアリかな?』と思っていたけれど、今になって考えてみれば、公式サイトに掲載されていた文章はチケット発売延期の理由としては不自然なものだった。
『多くの人がチケット申し込みに殺到することが予想されたため、チケットの先行抽選の申し込み開始日を1週間延期し、この状況に事故のない対応をできるよう、改めてチケット販売システムの見直しを図り・・・』みたいな感じだったと思う。
 X JAPANの人気なら※昨年の東京ドームライブで証明されているはずだし、発売当日になって「チケット販売システムの見直し」をするというのも変な話だ。
※10年ぶりの復活であるにも関わらず、東京ドーム公演2日分のチケット(およそ10万人分)は即座にSOLD OUT! YOSHIKIの厚意により東京ドーム公演は急遽3daysに日程変更された。
 そして今回の韓国公演延期&東京ドーム公演チケット発売延期の発表。

 東京スポーツ(以下、東スポ)によれば、X JAPANのベース担当であるHEATHの脱退問題が絡んでいるのだとか。東スポといえば新聞の”顔”である一面に『ツチノコ発見!』とか、 『ネッシーはやはり存在していた!』 『北朝鮮ミサイルのテポドンが中森明菜を直撃!』とかw 有り得ない記事をトップに持ってくるゴシップ新聞として名が通っている。よって、記事の内容を鵜呑みにするのは危険かもしれない。 しかし、最近の東スポは限りなく真実に近い記事をスクープしていたりするのだ。

『かつて東京スポーツは「東スポであってるのは日付と曜日だけ」と揶揄されることも多かったが、最近はやや事情が変わり、こと音楽関係の話題に関してはサザンオールスターズ解散報道(→活動休止)や羞恥心解散報道(→音楽活動休止)、ユニコーンの再結成報道など、かなり確度の高いスクープを連発している。』(※Narinari.com編集部より抜粋)

今回の度重なる延期発表を加味すると、あながちウソっぱちの報道とも思えないのだ。
『HEATHとのゴタゴタ問題を水面下でギリギリまで調整したけれど、うまく収拾できなかったから韓国公演を延期せざるを得なかった』というのが実情ではないだろうか。

 X JAPANを再結成するにあたって、YOSHIKIは『元々トラブルが多いバンドだから(再結成を)長続きさせるつもりはない』とインタビューで述べていたと思う。だから今更脱退というのもちょっと考えづらいような・・・

 いずれにせよ、音楽のレベルの高さとパフォーマンスは他の追随を許さない伝説的バンドであることは間違いないのだから、また見たいなぁ。昨年のLIVEに参戦して、改めて彼等の産み出してきたものは”使い捨て”の音楽ではないということを確信した。解散から10年以上たった今でも古臭い感じが全然しないし。ネットの書き込みだと「音楽が古臭い」という意見もチラホラ見かけたけど、録音機器が貧弱だった時代のCDを聞いた人なんじゃないかな・・・と思う。今はもう発売されていないだろうけど、東京ドームで行われたLAST LIVEのDVDは音質もカメラアングルも最高なので(各々のパートの見せ場でしっかりとカメラが切り替わる)一度見てほしいなぁ。ビットレート高めのディスク2枚構成で画質もかなりいいし、神がかり的なドラムプレイはyoutubeやニコ動じゃ(動きが早くて)確認出来ないと思うし。

Posted by りすお [RIS-O] on 13.2009   0 trackback

ほにゃらら

Category : Diary
お買い物第二弾!!
先日、エロカッコイイ商品(若槻千夏セミヌードTシャツw)を手に入れたことを日記でとりあげましたがー。実はもうちょっとデカイも買い物もしていたりします。

それがコチラです(・∀・)!

20090312.jpg

なんだか分かりますか?

写真上側に写っているのはHDD(ハードディスクドライブ)です。
容量は1TBです。お値段は7500円程度だったかな?
それにしてもメモリとHDDの値下がりは半端ないですねぇ。
これじゃ大手電機メーカーの半導体部門はいくら頑張っても赤字になるわけだ(ノ∀`) 

で、下側に写っているものなんですが・・・
商品名は『TViX』といいます。お値段は約4万イェンですΣ(・ω・ノ)ノ!

【以下、説明書を転記】

TViXは、ハードディスクに保存されている動画ファイルや音楽ファイル、映像ファイル、DVDファイルををご家庭のTVや家庭のエンターテイメントシステムで鑑賞できるマルチメディアプレイヤーです。また、コンピュータ用の外付けハードディスクとしてもお使いいただけます。



PCの中に保存されている動画ファイルなんかをTVで再生出来ちゃうシロモノです。
いわゆる『メディアサーバー』といわれているものですね。
wav,mp3などの音楽ファイルはもちろん、動画では avi, wmv, H.264, mpgなど様々な拡張子に対応しているのです。これだけなら『PCの画面で観ればイイじゃん』と思いそうですが、このメディアサーバーには特殊なデコーダーがついていて、ISOファイルやvobファイルなんかも再生できちゃいます。

【以下、再び説明書を転記】

TViXは、通常のDVDプレーヤーのようにDVDの映画を再生します。.ISOか.IFOフォーマットでお好きなDVDを集め、仮想のDVDコレクションリストを作成することができます。それらを通常のDVDプレーヤーが持っている機能(メニュー、チャプター、音声、字幕、早送り、巻き戻し、スロー、一時停止、ステップ、検索など)のまま再生できます。



つまり、手持ちのDVDをかき集めてTViXに入れておけば・・・
これ1台で何枚ものDVDを再生できるという寸法です(・∀・)!

1.棚から目当てのDVDを探し出す
2.DVDのパッケージを開けてDVDを取り出す
3.レコーダーの開閉トレイをオープンする
4.レコーダーにDVDをセットする
5.レコーダーの開閉トレイをクローズする
6.リモコンの再生ボタンを押す

という一連の動作を省略することができるのです!!
それくらい手間を惜しまずにやれよ・・・という声が聞こえてきそうですが、面倒くさがりやの僕には打ってつけの商品なのです(^_^;) ちなみに市販のDVDにかけられているほにゃららをほにゃららすることは法的に禁止されていますので、ISOイメージ化するのなら、ほにゃららがかかっていないDVDに限られますね。
 更に利点があります。
男女問わず、家族や恋人には決して見られたくないほにゃららなDVDの1つや2つは持っていると思います。敢えてそれが何かは言いませんがw そんなほにゃららなDVDをISOイメージ化してTViXに詰め込んでおけば、家族や恋人にバレることはまずありません。 初見の人にTViXの使い方は分からないでしょうし。
 これでいちいちベッドの下や棚の奥からコソーリほにゃららなDVDを取り出さなくても済むのです!
あぁなんて画期的な商品!(ノ∀`)
まぁ僕くらいのレベルになると、洋楽邦楽のLIVE DVDのすぐ横にフツーにほにゃららなDVDが並んでいたりするのですが、僕くらいのレベルに到達するためには相当な修行が必要だと思われますので・・・いや、むしろ到達しない方が良いような。

色々解説してしまいましたが、大画面TVでPC内の動画を楽しみたい人にはオススメの商品ですね!
どうでもいいけど、ほにゃららって何だ。

Posted by りすお [RIS-O] on 12.2009   0 trackback

ただし、イケメンに限る

Category : TV
最近、ネット上にて 『※ただし、イケメンに限る』 という文章をチラホラ見かけるようになった。
いわゆる某巨大掲示板などを滅多に覗かない僕は、そういうネット上のスラングとか流行語には弱い。『スイーツ(笑)』という言葉も本に書いてあったのを読んで初めて知ったくらいだ。

先日テレビをボーッとみていたら、あるCMが目に飛び込んできた。
むむっ。もしやこれは・・・と思ったので、そのCMを紹介してみる。

20090311_1.jpg

♂:『新しく入った子?』

20090311_2.jpg

♀:『はいっ。』

20090311_3.jpg

♂:『かわいいじゃん。そのケータイ。・・・と、君もね。』

20090311_4.jpg

どうやら”新しく入ったバイトの新人と会話している”というシチュエーションらしい。

初対面でいきなり『かわいいじゃん』って、凄くないか。

20090311_5.jpg

映像をみる限り、ホマキ(堀北真希)はまんざらでもないらしい。

初対面でいきなり『かわいいじゃん』って、凄くないか。

いや、あくまで昭和的な考え方をしているのは僕の方で、今を生きる平成の子はこうなのか。

しかも、CMのナレーションでは『新しいあなたが始まる』とか言っているぞ。

初対面の子に『かわいいじゃん』というと、”新しい自分”が始まっちゃったりするのだろうか。

うーん、分からない。分からないぞ。

僕がそんなことを言ったら、即通報されてしまいそうなのだが・・・。

・・・ハッ! 分かった! 分かったぞ。

このCMこそ、※ただし、イケメンに限る←が当てはまるのではないだろうか。

20090311_6.jpg

CMを最後まで観てみると 『ひとりひとりに、こたえを。』 としっかり書いてあった。

つまり、こういうセリフが似合う人と、そうでない人がいるということなのだろう。

というわけで、Yahoo!知恵袋を見るのは止めた。

でもね、問題が自己解決できた今でも思うのだ。

初対面でいきなり『かわいいじゃん』って、凄くないか。

Posted by りすお [RIS-O] on 11.2009   0 trackback

人生初の・・・

Category : Diary
確定申告をすることになった。
昨年、ニュースで話題の(?)レーシック受けたことによって医療費が10万円を超えた。
医療費が10万円を超過すると税金が戻ってくるらしいので、ワクワクしながら国税庁の確定申告ページで書類を作成してみたものの、還付される税金はわずかに9000円程度だった。
FXの損益も併せて申告したら、提出書類は14枚に…
あきらかに9000円以上の労力がかかっているような。
まぁ何事も経験だよな。と自分を納得させてみる。
一つ一つ、人生の経験値を上げていきたい。
Posted by りすお [RIS-O] on 10.2009   0 trackback

不況のときこそ『好きを仕事に』

Category : Diary
丁度一週間前の読売新聞で、つんく♂氏のインタビューが掲載されていた。

逆転の発想というか何というか・・・今までの自分の中にはない人生観(仕事観)だったけれど、妙に納得させられてしまう不思議な説得力があったので抜粋して掲載してみる。

本の中で、夢や目標に向かって「妄想」するだけではなく、うまく行かなかったことを含め、様々なパターンを想定しておくことが大事だと書きました。物事がうまくいく妄想をしたら、次に失敗するケースを妄想しておき、それを回避する対策を取る。どんな失敗にも落ち着いて対処するためで、危機管理に繋がります。



この意見は大いに納得。
この部分に関しては自分は比較的出来ているのかな・・・と思う。
 高校時代、既に自分には何の取柄も無いことがわかっていたので、やはり『勉強』を頑張るしかないな・・・と感じていた。(自分を含めて)芸術的センスやスポーツセンスがない人に関していえば、学生時代に人の価値を計る唯一の指標は『偏差値』だと思う。
 現役時代は理想が高すぎて見事に滑ってしまったのだけれど(笑) 浪人生時代に必死になって勉強したお陰で何とか恥ずかしくない大学に合格することができた。自分の時代は就職氷河期の末期だったらしいのだけれども、学歴があったおかげで苦労せずに簡単に内定を貰う事が出来た。
 一方、『なんとかなるさ』で生きてきた友人は、現役時代だけではなく浪人生時代も遊びまくっていて(!)大学入試は全敗。何とか二次試験(定員割れをしている学部の再募集)でギリギリ滑り込みセーフになった。就職活動もかなり苦労していて大学四年の秋頃まで内定を貰っていなかったと記憶している。その後の社会人生活もあまり上手く行かず転職を繰り返し・・・見ているこっちがハラハラしてしまうほどの綱渡りな人生を歩んでいた。これはひとえに彼の危機管理の甘さが招いた”苦労”だと思う。
※ちなみに今の彼は自覚に目覚めて立派に正社員しています。友人としてほっと安心。

自分の中で「得意」と「好き」をしっかり区別しておくことは大切です。もちろん、得意だから、それを仕事にするのもありだと思いますが、「好き」のエネルギーにはかないません。
(中略)
苦しくても、永久にこの苦しみが続く訳ではありません。僕たちには「音楽で売れたい」という希望があったので、どんなに苦しくても頑張ってこられました。



なるほど!「得意」と「好き」は違うのか。言われてみればそうかもしれない。
『学生時代に○○が得意だったから、そっちの業界に行ってみよう』と安直に考えてしまう人が3年以内に会社を辞めたりするのかもしれない。「○○が得意」といっても常に最高のパフォーマンスを出せるとは限らないだろう。スランプに陥ったときにそれを乗り切るためには「得意」ではなく「好き」の力が必要になるのだろう。

世界的に景気が悪化していますが、日本もこの2、3年が山場だと思います。まず食や住が優先され、人々が音楽にかけるお金も削られ、音楽を取り巻く状況は厳しい。けれど、どんな時代にも音楽は必要で、これまでも逆境ほどヒット曲が生まれてきました。



そういえば、オアシスのボーカル ノエル・ギャラガーも『金融不安がもうちょっと悪化すればいいのにと思っている。危機が訪れてるときっていうのはたいてい、音楽やファッション、それに政治なんかで最高のものが生まれるんだ。』と言っていたなぁ。不況が長引いて欲しいとは思わないけれど、こういう時代だからこそ暗い気持ちを吹き飛ばすような素晴らしい音楽が生まれて欲しいと願っている。

自分が苦しい時は、上司も会社も同じように苦しいんです。愚痴を言っても世の中は変わらない。だったらその代わりにポジティブで楽しいことを言った方が人生は楽です。24時間のうち23時間は必死に働いても、後の一時間だけは笑っている時間を作ればいい。そうした幸せな時間を1日にいくつ作れるかが大事で、世の中は厳しくても、自分の心まで病気になってはダメ。



これは本当にその通りだと思う。
自分の場合、本当は色々と悩みやイライラがあるのだけれど、基本的にブログにはあまり書かないようにしている。このブログはエンタメ系の記事とイベント&ライブ参戦の記事が多いので『なんか人生楽しそうだよね』とよく言われるのだけど、実はそうでもなかったりするんだな。これが(^_^;)

 好景気の時代にはさかんに「好きを仕事に」が叫ばれていた。そうした「自分探し」ブームに乗ってフリーター生活を送っていた若者は現在非常に厳しい立場におかれている。また、「自分探し」のために海外渡航した香田証生さんはアルカイダに捕まって殺害されてしまった。そうこうしている内にサブプライム不況が訪れて世界は一気に不況になってしまった。
 『なんだ・・・仕事が嫌いでも、格好悪くても、結果的に会社にしがみついていた人の方が勝ち組になってるじゃん』と思っていたのだけれど、今回のつんく♂氏のインタビューを読んで、そうでもないのかな・・と考え直すようになった。「好き」こそ不況(苦境)を乗り切るための一つのキーワードなのかもしれない。
Posted by りすお [RIS-O] on 08.2009   0 trackback

WBC観戦

Category : TV
土曜は事務所で休日出勤をしていたのだけれども、頑張って早起きして朝早く出たお陰で夕方には帰ることが出来た。帰宅後、WBCの日韓戦をみていた。
結果はまさかまさかのコールド勝ち。気持ちいいくらいの大勝だった。
イチローもエンジンがかかり始めたみたいだし、4番の村田もすごかった。日本代表の本領発揮といったところか。
10点差以上ついたあたりからお祭り騒ぎのような雰囲気になってきて、観客席ではにウェーブが自然に発生していた。韓国チームの応援席でパッタリとウェーブが止んで会場が苦笑に包まれれるのかと思っていたけれど、韓国チームの応援団もウェーブに加わってくれたのが嬉しかった。その後、日本チームを応援している観客から『おおっ』という歓声と(韓国チーム応援団に)惜しみない拍手を送っていた人がいて良かったと思っている。
 別に”日本だから韓国だから”というわけではなく、観戦マナーを含めて他国の良い面はどんどん吸収していってほしい。
 ネット上では見るに耐えない反日・反韓の誹謗中傷が飛び交っていているけれど、一部のネットジャンキーが過剰に騒いでいるだけなのかもしれない。(全員が全員そうではないけれど)四六時中ネットに書き込みしている人達にネクラな人が多いのは万国共通だな・・・と思った(^_^;)
Posted by りすお [RIS-O] on 07.2009   0 trackback

X JAPAN 東京ドーム公演詳細発表!

Category : LIVE
伝説的ロックバンド、X JAPANの攻撃が止まりません!
昨年の春、東京ドーム3daysで会場を超満員にしたド派手な復活LIVEを契機にGWには勢いのあるロックバンドを集めた『hide memorial summit』を開催。年末には初のライブハウス公演となる赤坂BRITZでの年越しLIVEを成功させました。キャパシティの狭さに反比例するようにチケットの価格は高騰、某オークションサイトではチケット1枚が50万円以上(!)で取引される異様な過熱ぶりになりました。

そして今年・・・。
ついに東京ドーム公演の詳細が発表されました。

20090306.jpg

読売新聞では朝刊・夕刊ともに一面ブチ抜きで派手な広告記事が掲載されていました。公式サイトには『新聞掲載画像UP!!!!!』とだけ書かれていたので、主要な新聞各誌全てに掲載されていたのかも。
ちなみに僕は昨年の3days Liveのうち2日目の『X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V. ~無謀な夜~』だけ参戦してきました。昨年は若い衆(といっても3~4歳年下の♂と♀なのだけど)を連れてX JAPANのLIVEに参戦したのだけど、彼と彼女のブログの感想を見る限りでは再結成されたX JAPANの印象はあまり評判はよろしくなかったようで(^_^;)
 どうやら彼(彼女)はパフォーマンス自体に文句をつけているわけではなく、X JAPAN特有の『待ち』時間が苦痛らしい。いやぁ、最近の若い子(といっても3~4歳年下の(ry)は忍耐力が無くてダメだね~w とか思ったり思わなかったり。
 言われてみれば曲と曲のインターバルは確かに他のメジャーアーティストより長いかもしれない。けれど、それを帳消しにするような魅力溢れるパフォーマンス、美しいメロディ、昨今の甘っちょろいJ-ROCKを凌駕する激しさ、命を燃やし尽くすような激しいドラミングとか・・・色々見所はあると思うんだけどなぁ。
  ちなみに♀の方は(X JAPANのLIVE参戦の件を)職場の色々な人達からメチャメチャ羨ましがられたらしく、そのときに初めてXの偉大さに気づいたのだとか。♀:『いや、私はLUNA SEA世代なんで・・・』と言われたとき、ジェネレーションギャップを感じて少し凹みました _| ̄|〇

 今年の東京ドーム公演は5/2と5/3の開催。GWはどうせ旅行料金が上がるだろうし、都内の主要なプレイスポットはどこも混んでるだろうから、今年の連休はLIVEで決まりかな。最近再びX JAPAN熱が高まってきているせいか、2日とも参戦したいな~思っています。今年に入ってから『DAHLIA TOUR』のDVDと『X JAPAN RETURNS DVD-BOX』も手に入れちゃいましたし(^_^;)

 それはそうと、新聞広告に掲載されていた『新曲を交えたベストアルバム』というのが気になる・・・。
確か昨年中に発売するとか言ってなかったっけ? まぁいつものことだけどw
X JAPAN復活の狼煙をあげた『I.V.』(映画『SAW4テーマソング』) hide追悼の美しいバラード『without you』は入るだろうけど、以前からYOSHIKIが言っている『新曲作っちゃいました。前回(『I.V.』)よりもっと激しいやつです。』というのが気になる・・・。
 個人的にXの楽曲の中では『DAHLIA』が好きなんだけど、昨年は一度も演奏されなかった。
技術的にも体力的にも、もう無理なのかなぁ。


X JAPAN - DAHLIA (LAST LIVE)


Posted by りすお [RIS-O] on 06.2009   0 trackback

AKB48 『10年桜』 と 撮影機器

Category : AKB48
先日、AKB48の新曲『10年桜』が発売されました。
オリコンデイリーチャートでは3位を記録。スタートダッシュが命のアイドル系CDとしては、まぁまぁの駆け出しではないだろうか。驚きなのはデイリーチャート1位の嵐。強すぎる・・・。CDが売れないこの時代に初日で21万枚という数字を叩き出したのは本当にすごい。
 それはさておき、今日はAKB48のPVで使用されている機材に注目してみたいと思います。
AKB48劇場支配人、戸賀崎氏が運営するAKB48公式ブログではこのように書かれていました。

撮影で使用しております、カメラですが「キヤノン」5D-markⅡといって、1眼レフデジタルカメラにして本格的動画撮影を可能した世界初といっていいシロモノで今回の「10年桜」の撮影使用は日本のメジャー級の映像の中で初です!!
(AKB48公式ブログより抜粋)



へぇ~。最近はカメラで動画撮影ができるのか。
いや、最近はケータイでも動画撮影できるし、そのくらいのことは知っているのだけど・・・僕が言いたいのは”PVとして世間に送り出せるクオリティの動画が撮れる”ことに驚いたってことであって・・・。運動会仕様(?)のハイビジョン画質のハンディカムとかならテレビCMでも宣伝しているのだけど、カメラで動画撮影というのは新鮮かも。

 で、早速PVを見てみたんですがー。

20090305_1.jpg

20090305_2.jpg

ちょっと・・・・
コントラスト(色の濃淡)強すぎない?

いや、別にキライな絵じゃないんですけどね。
パッと見で、何となくそう思いました。

20090305_3.jpg

これなんか『ギャルか!』って突っ込みたくなるくらい茶髪ですよねぇ。

このカメラがそういう仕様なのか、録画後の編集で敢えてそういう色にしているのか謎です。

まぁ、そんなことは些細な問題なのですがー。

わざわざ公式ブログで発表するくらいだし、僕等みたいな一般庶民にも身近なカメラなんだろうな~と思い、とりあえず価格ドットコムで調べてみたら・・・。

20090305_4.jpg

高えぇええええ!!

さ・・・さんじゅういちまんいぇんデスカ・・・。
かなり良い液晶 or プラズマTVが買えちゃうよw

価格ドットコムは一般的な家電量販店よりかなり安めの値段設定にされていることが多い。
それでも31万円かぁ。
社会人なら買えない値段じゃないのだろうけど『カメラにそこまでお金を出すか』が問題なわけで・・・。

20090305_5.jpg

ボディって何だよ、ボディって。

そう思って早速Yahoo!知恵袋で調べてみたところ、一般的に一眼レフカメラは『カメラ』と『レンズ』がバラバラに売られていることが多いらしい。つまり、一眼レフ初挑戦の人や、すぐに使い始めたい人は『カメラ+レンズ』の『レンズキット』という製品を購入するのだとか。全然知らなかった・・・趣味の世界って奥が深いんですね。

 でもまぁ、31万円で『世に送り出せるクオリティの作品(PV)が撮影できる』と考えれば安いのかな。『10年桜』のPVを見終わった後、電化製品の技術の進歩&価格の下落はすごいなぁと改めて感じました。

 僕がデジカメで撮影してきた写真を見た知人がやたらと褒めちぎっていた時期があったり、また、ブログに時折アップしている写真に触発されたのか(?)別の知人が『デジカメを購入しようと思うんだけど・・・』と相談してきたりして薄気味悪かった(笑)のだけど、自分の腕がイイわけじゃなく技術の進歩が凄まじいのですよ。
 あとはPhotoShopを使ってちょいちょい修正してるからね。それで見栄えが良いのかも。
自分の場合、どちらかというと撮影することよりも編集する作業の方が好きなのかも。
あぁ、もっとクリエイティブな職業に就きたいなぁ・・・って、一体何の話なんだか(^_^;)



Posted by りすお [RIS-O] on 05.2009   0 trackback

元dream 松室麻衣さん入籍

Category : idol
大手レコード会社avex traxが大々的に開催したオーディションで3万人の中から選ばれたのはたったの3名。ユニット名はdreamに決定。そのメンバーの一人が松室麻衣さんだったわけですが・・・。

 いやぁ、モー○。にはイマイチ興味が沸かなかった僕は、デビュー当時からdreamを推していたんですよねw ブログでも何度も推薦記事みたいなものを書いていたんですけど、結局ブレイクすることはなく・・・。そうこうしているうちに松室麻衣さんがシンガーソングライターを目指すとかで脱退。ここで事務所のテコ入れが入り、メンバーが大幅に増員。確か8人だったか9人だったか。それからはほとんどTVに出演しなくなり、人気も下がり続け・・・。 一方、ルックスと歌声が一段飛びぬけていた初期メンバーの長谷部優ちゃんはグラビア活動などのソロ活動を本格化。
 ここでさらにテコ入れが入り、ユニット名が『dream』から『DRM』に(笑)
ちなみにdream⇒DRMに変わる瞬間のLIVEを観に行ってたんですけど友人と共に唖然としてしまった記憶がw 歌唱力を売りにしていたわけじゃないだろうにアカペラユニットを突然始められても・・・_| ̄|〇
 そうこうしている内に人気・実力No.1の長谷部優ちゃんが脱退。
ユニット名は『DRM』から『Dream』になった・・・らしい。(もうこの辺りのことはよく知らないw)
最終的にはdreamのdが大文字になっただけぢゃんwww

 浜崎あゆみに数多くの楽曲を提供していたD.A.Iや、その他粒揃いの作曲家がこぞってdreamに楽曲を提供していて楽曲レベルは決して悪くなかったと思うのですけど・・・やっぱりavexはアイドルの売り出し方が下手ですねぇ。デビュー曲『Movin' On』から三曲続けてヘンテコな踊りが話題になってw うまく行けば今のPerfumeの位置に居れたかもしれないなぁ・・・なんてパラレルワールドを想像している自分が怖いです(笑) ちなみに『Movin' On』のサビ部分の両腕を交互に上下させる振り付けはアイドルの定番なのかモー○。やAKB48の楽曲の中でもよく見かけます。そういう意味でも先駆者だったのにぃいいいw

松室麻衣さんの入籍記事を見て、過去応援してきたアイドル達がリアルに結婚する年齢になってきたんだなぁ・・・とヒシヒシと感じています。dreamが縁でヲタ系の知人・友人とお知り合いになったので、そういう意味でも感慨深いユニットではありました。Dreamの子達に関しては今は何をやってるか知らないけど(笑)

20090303.jpg

久々に公式サイトみたらとんでもないことに!!Σ(・ω・ノ)ノ!
この『やらされてる感』はスゴイ(笑)
むりやり大人っぽくさせられているよーな・・・
それにしても何故に今更ヤフーニュースに掲載されていたのか・・・そっちの方がビックリですわw

Posted by りすお [RIS-O] on 03.2009   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend