FX収支報告 2nd Stage

Category : FX income
月イチ恒例の収支報告の日がやってきました。
月末の土曜日に公表する予定だったのですが、イベント入れまくった関係で日記を書くタイミングを逸してしまい発表できませんでした(笑)
一日に何度も日記を書くのは僕の主義に反するので・・・

2007年12月からFX口座を開き、取引を開始しました。

20080731.jpg

開始8ヶ月時点での収支は、約4万2千円の利益です(・∀・)!

あぁ・・・俺ってセンスないわー_| ̄|〇 (ボクシング@内藤風)

ある程度円安になった時点ですべての建て玉を決済し、一度フラットな状態(ノーポジション)にしました。再度、円高になってきた頃にNZドル(ニュージーランドドル)を購入したのですが・・・ この通貨が想像以上にグングン下がる下がる(;´Д`) ちなみに7/31現在で79円台の前半をさまよっています。昨年は97円台まで行っていたのに・・・一年で20円近く下落した計算になります。一万通貨持っているだけで20万円近くの為替差損が発生している計算です。いくら金利が高くても通貨価値自体が下がってしまってはどうしようもないですね(^_^;)

昨年から世界中の金融市場を混乱に陥れ、様々なセクターに影響を及ぼしている(原油高騰などの遠因にもなっている)『サブプライム問題』
 一見オセアニア通貨(オーストラリア・ニュージーランド)はサブプライムには無縁と見なされていたのですが、両国ともに景気の減速傾向が顕著になってきました。
景気が減速すると金利が下がるのが普通です。

実際、ニュージーランドのカレン財務相(だったかな?)は同国の景気が減速傾向にあることを明確に宣言し、先日サプライズの利下げを行いました。(政策金利8.25% → 8.00%)
利下げは実行されましたが、金利8%という数値は低金利(金利0.5%)にあえぐ私達日本人にとって羨ましい金利であることには違いありません。それで再度NZドルに飛びついたのですが・・・今現在グングン通貨価値が下がっています(ノ∀`)
 お金を増やすのって難しいですね・・・

面白いのが(アメリカ)米ドル。
悪い指標があるとグーンと通貨価値が下がっていたのが慣例のようになっていましたが、ここ最近は107円台をウロウロしています。仮に106円台に落ちてもすぐに跳ね返されるようになってきており下値は固いのではないか?というのが大方の個人投資家が予想しています。
 大抵皆の予想とは逆の方向に行くのが相場というものですが(笑) デイトレードでウン十億円の資産を構築し、ファイナンシャル・インディペンデンス(経済的自由=不労所得だけで暮らしていける)を実現しているスゴ腕トレーダーの方も含め、大方の投資家がそのように予想しているので、比較的確度は高いと思われます。

テクニカル分析によると”108円台の壁”を超えれば109円~110円まで一気に行く可能性が高そうです。金利はだいぶ下がってしまったのでスワップ(金利)収入には期待していませんが、108円をブレイクすることを期待して(アメリカ)ドルにも少し投資しています。
 うーん、為替差益を狙うのはスワップ派らしからぬ行動ですね(^_^;)
先日のボーナスで資金をさらに追加し、現在元本は150万円で運用しています。

うーむ、それにしても年利20%は難しそうだなぁ・・・
そうこうしているうちに8月に突入してしまいますね。
『あと五ヶ月しかない』と見るか、『あと五ヶ月もある』と見るか・・・
Posted by りすお [RIS-O] on 31.2008   0 trackback

芸能人もレーシック!

Category : Diary
お笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜さんがレーシック(視力矯正手術)を受けて視力が回復したそうです。

ちなみに僕もレーシック経験者です(・∀・)!
日本最大規模にして最高に有名な『品川近視クリニック』にて施術を受けました。

結果から言うと、両目の視力が0.06だったのが・・・
右1.5 左1.2 になりました(∩´∀`)∩

ちなみに施術料金は、友人からの紹介(割引券)があったため17万円くらいで済みました。
過去歯列矯正に40万円くらいかかったことを考えれば、費用対効果としてはかなり良いと思います。

コンタクトしたままPC作業しているとすぐに目が乾くし、充血するし、シバシバするし・・・。
メガネの場合、湿度の高いところに行くとすぐにレンズが曇るし、夏の暑い季節には汗をぬぐうときにイチイチ外さなきゃならないのがウザッたくて・・・我慢ならない段階に来ていたのです。

日本の国民病とも言える『近視』が、わずか十数分の手術で治ってしまうなんて素晴らしいと思いませんか。

もちろん、デメリットもあります。
光がまぶしく見える『ハロー・グレア』という現象です。
日差しが強い日だと、太陽の照り返しがまぶしくて横断歩道の白線を見ていられません(笑) 夜中に街灯がやたら明るく見えるのもこの現象ですね。
 でもでも、そんなデメリットよりも裸眼生活における開放感の方が何倍も勝っていると思いますけどね♪



ハリセンボン・春菜、視力矯正手術を受けるも“メガネ続行”宣言!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080730-00000003-oric-ent
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2008   0 trackback

マクロスF 超時空スーパーライブ

Category : LIVE
『マクロスF 超時空スーパーライブ』に参戦してきた。
会場はお台場にあるZepp Tokyo
日本最大級のライブハウスであり、そのキャパシティは2700人。
2000人以上収容できるライブハウスであるにも関わらず、想像をはるかに上回る参加希望者が殺到し、熾烈なチケット争奪戦が展開された。
某オークションでは定価2100円のチケットが2万円超に・・・
更に整理番号200番以内になると4万円~5万円(!)という値がついたのだ。
主催者側がこの状況を重く見たのか、ライブは急遽1日2公演行われることが決定された。

20080728_1.jpg
自分達は夜公演の方に参戦。

夜公演が始まる前にmixiでお友達になったNさん(♀)に初対面♪
ていうか、mixiで知り合ってから数日しかたってないんですけど・・・
なんか自分の日記にやたら共感してくれたらしく、向こうから『機会があったらお茶したいですね~♪』とか言ってきたくらいだし。。 
ちょっとは警戒心とか無いのかw
mixiってスゲェ(笑)
ま、向こうは既婚者なので何も起こらないんですがwww



おそろしい程の良番(整理番号100番以内)だったので、最前列!とはいかなかったが二列目に陣取ることが出来た。

『一般的にライブハウスの最前列あたりではタックル、体当たり、肘打ち何でもアリだから』
と予め友人に警告しておいたのだけど、今回の観客はお行儀が良くて押されたり割り込まれたりすることは全くなかった。

今回のライブツアーのタイトルは『マクロスF 超時空スーパーライブ 「デビュー!ランカ・リーwithシェリル・ノーム」』
あくまで主役はランカ・リー(=中島愛)というわけだ。

ちなみに中島愛さんはマクロスFのオーディションでデビューした正真正銘の新人、5,000人の中から選ばれたシンデレラガールなのだ。小さいイベントはいくつかこなしているようだけれども、これほど大きな会場で歌うのは彼女自身にとっても初めてだろう。つまり今日はランカ・リーのデビューの日であり、中島愛としてのデビューの日でもある。

前半はランカ・リーのデビューライブらしくアイドルアイドルしたノリ。中島愛さんもかなーりブリブリの衣装だった(^_^;)
 間近で見た人なら分かると思うけど、中島さんは目鼻立ちがかなりクッキリしている。どちらかといえば『可愛い』というよりも『美人』系。それだけにブリブリした衣装にはちょっと違和感が。エレガントな大人っぽい衣装が似合いそう。
 とはいえ、あまり容姿のよろしくない人がブリブリの衣装を着るのに比べれば100倍良いと思うw

途中のMCではアニメ内で声優として活躍している早乙女アルト役の中村悠一さん、ミハエル・ブラン役の神谷浩史さんが登場。
女子の黄色い歓声が湧き上がるw この二人の登場は予め告知されていたため、当然のことながら声優さん目当てでライブに来ている人もいるんだろうなぁとか思ったり。二人は軽妙なトークで会場を盛り上げてくれました。

再びランカのライブが開始。
途中で歌シェリルのMay'n(メイン)さんが颯爽と登場。
ナマで『私の歌を聞けぇ~♪』を聞くことが出来て観客は大満足(笑)
※アニメ内(ライブ)でシェリルが良く言うセリフ

二人の持ち歌が一通り終わった後、中央のスクリーンに意味深な映像が流れ始め、同時にピアノの音色が聞こえてきた。マクロスF OST内に収録されているサントラの曲だ。
 映像が写し出されているスクリーンの”幕”の向こう側に、うっすらと人の姿が写っていた。カチッとしたYシャツ姿だったので男性かと勘違いしていた人もいたが、あれは間違いなく菅野よう子さんだ。
 菅野ファンの自分としては、あまりの嬉しさに思わず『キター!』と織田裕二ばりに心の中で叫んでしまったくらいだw

基本的にオケはマクロスFのサントラを踏襲しているものの、ピアノの旋律には様々なアレンジを加えられていた。 2分間くらいの演奏の後、ステージ脇から坂本真綾さん登場。二人は相変わらずスクリーンの幕の向こう側なのだけれども、真綾さんが現れたことに気がついた会場は大盛り上がり。
アカペラで『トライアングラー』を歌い出した真綾さんを追随するかのように、菅野さんがピアノを弾き始めた。『トライアングラー』のバラードバージョンだ。菅野さんと真綾さんの二人は相変わらずスクリーンの向こう側。くっそ~!今回はあくまでも”脇役”に徹するつもりだな!?w

 中島さんのファンには申し訳ないけれども、真綾さんの歌声を聞いた瞬間『やはり格が違うな』と思った。真綾さんのボーカルは実に安定している。透き通った声であるにも関わらず、声量もあった。
それにしても菅野さんが弾くピアノの旋律はこの上なく美しかった。
これぞライブの醍醐味というものだろう。
カラオケはあくまでカラオケ。微妙な”間”や空気感は決してナマの迫力にはかなわないのだ。
 もうね、これを聞けただけで今日のライブに来た甲斐があるってもんですよ。

中島さんに関して、もう一つだけ苦言を言わせてもらうのならば”目線”かな。多くのライブをこなしてきたMay'nさんは最前列から後方、2Fの関係者席までまんべんなく見渡していたし、観客からのアツいコールにもちゃんとレスを返していた。最前列にいた僕達の方に手を伸ばしたり、カメラに寄ってドアップになったりと迫力のあるライブパフォーマンスをしていた。一方の中島さんはライブ中ずっと”やや後方”を見つめたまま。
最前列のほうにいた僕達に視線やレスを向けてくれることはほとんどなかった。まぁ、この辺は場数を踏むことでどうにでもなるだろうから、今後に期待かな。
 フォローするわけじゃないけれど、中島さんも素晴らしいパフォーマンスをしていたと思う。『CDではイイ声出しているのに、ナマで聞いてみたらガックリ・・・』というのはメジャーアーティストでもよくあることだ。その点、中島さんは比較的安定したボーカルを聴かせてくれたと思っている。

いろいろ言ってしまったけれど、チケットの定価2100円だったことを考えると十分すぎるほど濃密なライブだったと思う。
チケットの神様、先行予約で当選させてくれてありがとう(笑)

 菅野さん・・・頼むからもうちょっと皆の前に出てきてください(涙
貴方のパフォーマンスを待っている人は想像以上に沢山いるんですよ~。と声を大にして言いたい(ノ∀`)

※会場内に複数のカメラが入っていたのを確認。
 WEB配信するだけにしてはやや規模が大きい気がしたので、おそらくこのライブはDVD化されるんじゃないだろうか。ライブに行けなかった人にも希望の光が!?
Posted by りすお [RIS-O] on 27.2008   0 trackback

モテ系プール

Category : Diary
今週もプールに行ってきました(・∀・)!

ちなみに今回は市民プールではなく・・・(笑)

20080726_1.jpg
としまえんデス!!(・v・)

としまえんのプールといえば、都内プールの定番ですね。
これはつまり『若いオネーチャンが沢山いる♪』という公式が成り立ちますw

今日はまさにプール日和ッ!(・v・)
気温はグングン上昇中♪ ひと夏の恋の熱も上昇中?(ヴァカ 
何だか今日は楽しい日になりそうo(´▽`*)/♪
男同士でプールに来ているという一点だけを除けばww

僕と同じくIT業界に勤めているV君を連れて行きました。
ちなみに自分と同じく彼も全く女性に縁がない職場で働いています。

としまえんのプールは色々あって面白いんですよ~。
流れるプール、競泳プール(50m)、子供用、波のプール、ウォータースライダー(多種類)などなど・・・



とりあえず・・・
プールに行って~
泳いだり~
流されたり~
ラジバンダリ!

↑コレ若い女子の間で流行ってると聞いたので早速使ってみました(笑)

ところで、V君が面白いことを言っていたので載せちゃいます(・v・)

RIS-O:『としまえんのプールはどうよ!?』

V君:『いやぁ~楽しいですねぇ。同年代の女子の水着姿が見られただけで※3,800円以上の価値はありますよ!(∩´∀`)∩』
※プール入場料金

RIS-O:『料金の大半は水着鑑賞料かい! どんなシステムだよソレ(笑)』

・V君はあまり泳げる方でないので練習用のプール?でちょこっと泳ぎ方を教えてあげたり。
・自分は競泳用プールで500mほど泳いで体力切れ(;´Д`)
・昼間あたりから曇ってきていたので日焼け時間を少々長めに → 肌がメッチャ赤くなった(ノ∀`)

20080726_2.jpg
特筆すべきはウォータースライダーでしょうか。
ここのスライダーは規模が大きいので非常にスリリングで面白いんですよね。グルグル曲がりくねっているものもあれば、直滑降で猛スピードが出るものもあり・・・

二人して滑ってきましたよ~。ε=\_○ノひゃっほーい!

イイ年した大の大人が(笑)



気がつけば”おやつ時間”(午後3時)になっていたので、そろそろ帰ろうかな・・・とも思っていたんですがー。 何とV君はこうした『遊園地』に来たことがない(来た記憶がない?) ということが判明Σ(・ω・ノ)ノ! こんな展開もあろうかと今日は一日フリーの乗り物券を購入していたため、急遽遊園地でも遊んでいくことに。

20080726_3.jpg
V君は当然この手の絶叫マシンにも乗ったことがなく・・・
『うぉぉ・・・』と声にならない叫び声がこだましましたw

RIS-O:『こういうところはね? 女子と来ると2倍楽しいんだよ(´∀`*)』

V君:『そうなんですかぁ~。 あぁ俺は学生時代何をやっていたんだろう・・・_| ̄|〇』

頑張れV君!! 負けるなV君!!
その前に自分も頑張れ!(ノ∀`)
Posted by りすお [RIS-O] on 26.2008   0 trackback

気分はいつもチャレンジャー♪

Category : Diary
少し前の話になるんですがー。
KIRIN NUDA(キリン ヌューダ)に新味(ピンクグレープフルーツ&トニック)が登場したと聞きつけたので、早速買ってきました。
 コンビニで新しいジュースが陳列されていたらとりあえず購入しちゃいます♪ う~ん、僕ってパンクだなぁ(ヴァカ

一応、現在発売されているNUDAを”全種類”買ってきました。
というのも、一番最初に登場したNUDAを飲んだときに思わず(゚д゚)マズー と言ってしまってから、それ以来ずっと飲んでなかったんですよね。

あれから僕も大人になって(笑)味覚も変わってるかもしれないし、普通のNUDA(?)以外の味なら結構イケるかもしれないし!?

普通のNUDA、ピンクグレープフルーツ&トニック、グレープフルーツ&ホップと3種類試してみましたが・・・
全て(゚д゚)マズー でしたwww

Σ(゜Д゜;)しくじったかー!?
と思ったんですけど、一つだけ自分に合うNUDAを見つけました(・∀・)!

20080715.jpg
レモン&トニック味

自分は某ラーメンチェーン店とかで出されている『レモン水』(水の中にレモンのスライスが入れてある)が結構好きなんですよね。NUDAは炭酸飲料なんだけど『レモン水』と同じような感覚で飲むことが出来ましたo(´▽`*)/♪
カロリーゼロだし、普通の水に飽きたときはNUDAを飲んでみるのも良いかも。いや~、『モノは試し』とはよく言ったものですね!

【補記】
味的にはKIRIN LEMONから甘みを抜いた感じ。
『砂糖入れろ!』と言いたくなりそうな、そうでもないような(笑)
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2008   0 trackback

AKBクオリティ!?

Category : AKB48
佐川急便ツイータo(´▽`*)/♪
20080725_2.jpg
??

20080725_3.jpg
AKB48 伝説のSHIBUYA-AX 4days LIVE!

今年の1月にSHIBUYA-AXで行われた映像が収録されているDVDです。
このLIVEは彼女達の持ち歌100曲(!)を4日間で歌いきる!といったスゴイ内容でした。
ちなみにこのLIVEは4日間ともに平日開催(月曜~木曜日)だったため、全日程に参戦できた人はきっと不良会社員かニートか学生くらいでしょう(笑)

20080725_4.jpg
中身はこんな感じ。

100曲全て収録した3枚組DVDのお値段は16,800円
今日発売の商品であるにもかかわらず、7月の初旬に急遽発売告知がなされたため金欠ヲタと学生ファンは涙目www
普通DVDの発売って1~2ヶ月前に告知するもんじゃない?
さすがAKB(ノ∀`)

100曲全て収録した3枚組DVDのお値段は16,800円
1曲168円と考えればかなり安いかもw

右下に映っているのは同梱されていたLIVE写真集。
これ・・・確かバラ売りで買うと3000円だったような。
内容がショボ過ぎて萎えたわ~。
これがAKBクオリティーか・・・_| ̄|〇

がっつりDVD鑑賞したいのだけど、今週末は何気に忙しい(ノ∀`)
Posted by りすお [RIS-O] on 25.2008   0 trackback

NANO-MUGEN 回顧録2 ASIAN KUNG-FU GENERATION

Category : LIVE
21日に参戦したASIAN KUNG-FU GENERATION主催のロックフェス『NANO-MUGEN FES.2008』についてもう一つ。

先日ELLEGARDENに関する日記を書いたけれど、やはり大トリのASIAN KUNG-FU GENERATION(あじあん・かんふー・じぇねれーしょん)を忘れてはいけないでしょうw

敢えて詳細なライブレポートはしません。どこか別のブログでも見てください。盛り上がり方に関してはELLEGARDENに比べればやや大人しい印象を受けたのですが・・・とにかくメンバーとファンの一体感が凄かった。『会場全体が一体になる』というのは正にこういう状態なんだろうな~と思いましたよ。手を振り上げるタイミングも皆揃ってたし、『ループ&ループ』では会場の8割くらいの人がジャンプしてたんじゃないか?
 自分は中央ステージが良く見えるスタンド席の前の方に居たんだけど、皆が一斉にジャンプしているせいか足場がグラグラ揺れていて怖かったw Σ(・ω・ノ)ノ!

・最新のミニアルバム『まだ見ぬ明日に』は全然聴いてなかったんだけど、結局ライブでは全く演奏されなかったw(と思う)
・コンピレーションアルバムに入っていた『夏蝉』は事前にスカパーのPVで予習して行ったから問題なし♪
・『フラッシュバック』~『未来の破片』という流れでライブスタート! 大ヒットソング『リライト』 『ループ&ループ』などライブで盛り上がる曲を中心に、いわゆる”鉄板セットリスト”を展開してくれました!

ボーカル兼ギターの”ゴッチ”こと後藤さんがMCで非常にイイことを言っていたので載せてみたいと思う。フェス自体が数日前のことだし、不覚にもMCの内容に感動してウルっときてしまったため詳細までは覚えていません。そのため細かい点で色々と間違っているかもしれませんがご容赦を。

『音楽が好きな人が増えたら、もっといろんなことが良くなっていくと思うんだよね。』

『インターネットに(悪口)書き込んだって気分は晴れないけど』

『今、孤独を感じるている人もいると思うけど、音楽を通してこうやって盛り上がれるじゃん。良い音楽を聴いて、共感できたら・・・秋葉原にトラックで突っ込む必要もなくなるだろうし。』

『今は世の中がどんどん悪くなってきてると思うけど、むしろ(週刊誌やテレビの報道のせいで)悪くなってきていると”思い込まされている”んだけどね。 そんな風潮に俺達は音楽で対抗していきたい』

このMCを聞いた瞬間・・・「これって『転がる岩、君に朝が降る』の歌詞そのものじゃないか。」と思った。彼等は自分達の曲の歌詞を本気で体現しているんだなぁ・・・と思ったら、思わずウルッときてしまったよ。



出来れば世界を僕は塗り替えたい

戦争をなくすような 大それたことじゃない

だけどちょっと それもあるような

俳優や映画スターにはなれない

それどころか 君の前でさえも上手に笑えない

そんな僕に術はないよな

ASIAN KUNG-FU GENERATION - 『転がる岩、君に朝が降る』



彼等は世界的なスーパースターではないし、アメリカの大統領みたいに強大な権力を持っているわけでもない。でも、世界の片隅から日記でウダウダ言ってるだけの僕に比べれば遥かに世の中への影響力があるでしょう。 そんな彼等が未来への前向きなメッセージを表明したことは本当に素晴らしいことだと思う。MCを聞いていた人の中には僕みたいに共感した人も多かったんじゃないかな。

いつか、僕も、少しだけでいいから世界を塗り替えてみたいなぁ。
たった一人の好きな人の前ですら上手く振舞えない今の自分には無理だろうけど。
Posted by りすお [RIS-O] on 24.2008   0 trackback

NANO-MUGEN FES.2008 回顧録1 ELLEGARDEN

Category : LIVE
昨日はASIAN KUNG-FU GENERATION主催のロックフェス『NANO-MUGEN FES.2008』に行ってきましたo(´▽`*)/♪

通常、ロックフェスというと野外をイメージする方も多いと思いますが、このフェスは毎年横浜アリーナで行われています。邦楽・洋楽問わず様々なアーティストがパフォーマンスするため、ライブの時間はかなり長いです。

20080722_1.jpg
野外フェスと同じように屋台が沢山出ています。

20080722_2.jpg
アルコールもあります♪



今回の目玉はもちろんASIAN KUNG-FU GENERATIONなのですが、注目度でいえば先日突然の活動休止を発表したELLEGARDENでしょう。
ちなみに(ボーカル兼ギターの)細美さんは今日は金髪でした。

ここからは簡単なライブレポなんですが、とにかく盛り上がり方が半端じゃなかった。
オープニングの後、しょっぱなから『Space Sonic』で飛ばしまくる彼等。
オールスタンディングのアリーナ前方は正にカオス状態。人が渦のように揺らめいていましたね~。
サビに入った瞬間に複数のペットボトルが宙を舞い、飛び散る水しぶき、人の頭の上を転がっていく人間(いわゆるクラウドサーファー)が多数。
(一応、モッシュ・ダイブは禁止されているんですがw)

『いやぁ~、(ライブは)面白いね~。こんな面白いんだったらずっと続けていけばいいんだよね。 俺ら、しばらくお休みすっけど、これはお前等にとっても俺達にとっても”通過点”でしかないから!』

MCで細美さんはこんなことを言っていたような気がする。

いつも最後の曲は『Make a wish』で終わることが多いのだけど、今回のラストソングは『ジターバグ』でした。

一切の情熱が かき消されそうなときには
いつだってキミの声が この暗闇を切り裂いてくれてる
いつかそんな言葉が 僕の物になりますように
そうなりますように

ELLEGARDEN - 『ジターバグ』



彼等は活動を休止するに至った理由をこう述べています。
『ニューアルバムを製作する過程でメンバー間にモチベーションの違いが出てきてしまった』

これは完全に僕の妄想なのだけれど・・・
今回ラストソングに『ジターバグ』を選んだ理由は、その歌詞の中に彼等自身の願望も含まれていたからかもしれない。敢えて説明するまでもないけれど、歌詞で言われている『キミ』はELLEGARDENの再生を待ち望んでいるファンのこと。
つまり、活動を続けていく上で必要なモチベーション(情熱)を保てなくなくなった彼等が再び再生するためにはファンの力が不可欠なんだと思う。では具体的に何をどうすればいいか? なんてことは分からないけれど。
活動休止という名の暗闇に包まれたトンネルを抜けた先には、きっとまばゆい光が降り注ぐことでしょう。今まで以上にパワーアップして僕たちの前に戻ってきてくれることを期待して待ってます!!

Posted by りすお [RIS-O] on 22.2008   0 trackback

夢を死なせるわけにいかない

Category : Diary
僕はまだ夢を諦めていません(・∀・)!

20080720.jpg
買ってきました! サマージャンボw

この写真・・・改めてよく見てみると『シャツIN』してる率高くね!?(笑)

今回は気合入ってますよ~。
何せ全国で一番多く高額当選者を輩出している『銀座のチャンスセンター』で買ってきましたから!

これって単に(銀座の売り場で)売りに出している枚数が多いから、それだけ当選する人も多く出てくるだけなんじゃ・・・ とか言ってはダメですねw

さぁ、明日は※体力勝負なので余計なことは考えずに早く寝ますかね。

※ASIAN KUNG-FU GENERATION主催のロックフェス『NANO-MUGEN Fes.2008』に参戦してきます!! おそらく僕がELLEGARDENの勇姿を見る最後の機会になるでしょう・・・
Posted by りすお [RIS-O] on 20.2008   0 trackback

AKB48 TeamB 3rd 初めてのサプライズ

Category : LIVE
今日は友人と一緒に、久しぶりにチームB公演を観に行きました。

今日の”おやつ公演”(15:30公演)は、チームB 3rd 『パジャマドライブ』公演の記念すべき第100回公演だったようです。 そんなことを全く知らなかった僕たちは入場してから気づいたんですがw

サプライズの内容は・・・
・チームBの1st , 2nd , 3rdの歴史を辿る短編VTRの上映。
・通常のセットリスト(曲目)に加え、公演で最も盛り上がる曲『Dear my teacher』の再演
・更に! 初心を忘れないように? チームB 3rdの1曲目でもある『初日』で締め。

もう何度もAKB48シアターに足を運んでいるけれど、こうしたサプライズは初めてでした。
何だか得した気分o(´▽`*)/♪

まぁ会場内の柱の前にカメラが入っていたので、『何かがあるな』とは気づいていたんですがw
『私、今日をもってAKB48から卒業します!』とか・・・
そういうネガティブ(?)なサプライズじゃなくて良かった。

同じセットリストを100回もやってるのかー。
これって凄いことだよね。継続は力なり(∩´∀`)∩
チームBの皆さん、健康に気をつけてこれからも皆に元気を与える公演を続けていってくださいね!
Posted by りすお [RIS-O] on 20.2008   0 trackback

日焼けか、エビちゃんか

Category : Diary
10年ぶりくらいにプールに行ってきました!o(´▽`*)/♪
プールといっても『市民プール』なんですが(笑)
※(市民プールではなく)もっとデカいプールやレジャーランドみたいなところは何度か行ってましたよ(汗

冷房の効いた部屋でネットばっかりやってると頭おかしくなりますからね!

一度引っ越してしまった関係で、今住んでいる市には市民プールがありません(・∀・)! なので、今日は隣の市まで泳ぎに行ってきましたよ~! 自転車でw
今のウチから市民プールまで片道2kmくらいあるんじゃないだろぉか・・・
市民プールに着いたころには水浴びしたみたいに汗だくになってました(;´Д`)

今日は学生からすると『夏休み初日』なんですよね。
空はピーカンで天気良いし、正にプール日和。
メチャメチャ混んでいたら嫌だなぁ・・・なんて思ってたら、かなり空いてたΣ(・ω・ノ)ノ!
ん? なんだ? 少子化の影響なのか?(^_^;)

資生堂『アネッサ』のエビちゃんみたいなOLいないかなぁ・・・とか探してみたんですけど、いるはずもなく・・・まぁ場所が市民プールなんで家族連れが多かったですね。後は日光浴しに来てるオッサンか小学生くらいのガキばっかりで・・・
目の保養はできませんでした(ノ∀`)

20080719.jpg
※参考 アネッサのエビちゃん

やっぱり『としまえん』とか、そういうオサレなプールに行かなきゃダメだな(・∀・)!

実はワタクシ、水泳は得意だったんですよ。
スイミングスクールに通っていた関係で、クロール・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライと一通りできるんですo(´▽`*)/♪ 小学校の頃は水泳の学年選抜メンバーにも選ばれていました。
しかし、そんな過去の栄光(?)は遠い昔・・・。
久々に真面目に泳いでみたんですがー。
100mくらい泳いだところですぐに筋肉痛がwww
普段使わない筋肉使ったせいだろうなぁ・・・。
背泳ぎしたら進路が曲がりまくって側壁にぶつかるしw
クロールも息継ぎを頻繁にしないとすぐに苦しくなっちゃう・・・
昔は25mくらいなら無呼吸で行けたのに(ノ∀`)

日焼けもしたかったので、適度に休憩をとりながら日光浴(´∀`*)

実はワタクシ・・・雪の様に肌が白いんデス!
『女の子だったら良かったのに』とか言われたことも何度かw
これでラルクのhydeさんみたいなビジュアル系の顔だったら良かったんですが、自分は微妙にヒゲが濃いので・・・色白だと目立っちゃってイヤなんですよね~。

・・・・・・ふと思った。

イイ年した大の大人が一人市民プールで日焼けを楽しんでいる状況ってどうなん!?

そんな考えが頭をよぎった瞬間。 有線放送からポルノグラフィティの『痛い立ち位置』が流れてきて少しブルーになりました・・・_| ̄|〇

☆今日の運動☆
チャリンコ 往復4km
スイミング 800m + α
日焼け   少々

毎日続けることが出来れば確実に痩せられるな・・・。

とりあえず(・∀・)!
久々に体を動かすことが出来て気分爽快デス!o(´▽`*)/♪
どなたか一緒にオサレなプール行きませんか!?(エビちゃん風OL希望)
Posted by りすお [RIS-O] on 19.2008   0 trackback

どうして君を好きになってしまったんだろう?

Category : Music
東方神起の新曲『どうして君を好きになってしまったんだろう?』のPVを見ていてイロイロと思うところがあったので(謎 今日はそのPV(プロモーションビデオ)を紹介しますw

ちなみにこのPVでヒロインを演じたのは女優業、CMで活躍する『み~な』こと藤井美菜ちゃんですo(´▽`*)/♪
20080718_01.jpg
カワo(^▽^)oユス

ていうか美形だよね・・・フツーに。

さて、ここからPVの内容紹介です。

20080718_02.jpg
社会人になってから久しぶりに会う二人。

♀:『・・・久しぶり。』
♂:『久しぶり! 元気だった?』

20080718_03.jpg
突然結婚式会場のシーンに飛ぶ

20080718_04.jpg
神々しいまでに美しい花嫁

20080718_05.jpg
沿道から二人を見送る僕。

そう。今、君の隣にいるのは僕じゃない・・・。

20080718_06.jpg
フラッシュバックする大学時代

20080718_07.jpg
楽しかった思い出の数々

20080718_08.jpg
卒業式まで仲間同士ずっと仲良しだったけど、二人の関係は平行線で・・・

20080718_09.jpg
再び最初のシーン
(社会人になって久しぶりに二人が会うところ)

しばらく沈黙した後、

彼女が意を決して言った言葉は・・・。

20080718_10.jpg


♀:『・・・私、結婚するんだ。』


20080718_11.jpg
(結婚式会場で)花道の脇から花嫁姿の彼女を見守る僕

20080718_12.jpg
ふと絡み合う二人の視線

彼女の表情から一瞬笑顔が消える。

20080718_13.jpg
♂:『おめでとう!』

彼女の幸せを願って潔く祝福する僕。

20080718_14.jpg
『私、この人と将来を歩いていくんだ』

過去を振り切って、改めて婚約相手への気持ちを確実にする彼女。




20080718_10.jpg


♀:『・・・私、結婚するんだ。』


20080718_15.jpg

♂:『・・・幸せにね。』

20080718_16.jpg
別々の道を歩き出す二人

20080718_17.jpg

♀:『・・・・・・サヨナラ』



このPV切ないわぁ~(ノ∀`)シクシク

この主人公って、実は僕なんじゃないのか?ww

このPVに一つだけ突っ込みを入れさせてもらいますが、『ふと絡み合う二人の視線』のシーン!!
彼の姿を見たら気持ちがぐらつくことくらい分かりそうなもんなのに、結婚式会場に”彼”を呼ばないだろーフツーw

団体行動が苦手な僕は、女子と遊びに行くときは大抵1対1になるのですが・・・

夜景の綺麗なデートスポット
居酒屋からの帰り道
車の助手席に座っている彼女
人気(ひとけ)のない駅のホーム

『今、自分の思いのたけを彼女にぶつければ、何かが変わるかもしれないな。』

そう思いながらも自分に自信がなくて・・・結局何も言えずに終わってしまったことが何度かあります。このPVを見ていると『あのとき告白していれば、今頃全く違う人生を送っていたのかもしれないな・・・』なんて思えてきて切ないです・・・。

皆さんにはこういう『人生の分かれ道』ありましたか?

この気持ち・・・学生にはわかんねーだろうなぁぁぁあああああ!

変な日記でゴメンw


リンク PVの動画↓
http://jp.youtube.com/watch?v=-83NpOnZSvs
Posted by りすお [RIS-O] on 18.2008   0 trackback

医療系ドラマが支持される理由

Category : TV
夏ドラマが続々と始まった。
今クールのドラマでは『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』と『tomorrow』の視聴率が良いらしい。『tomorrow』の方は見逃してしまったため見ていないのだけど、山Pが好きな私は『コード・ブルー』を見ている。あくまで山Pが好きなのであって、決してガッキー(新垣結衣)が目当てなのではない。敢えて強調すると余計に怪しまれそうだけど(笑)

予め断りをいれておくけれども、私は『視聴率が高いドラマ=良いドラマ』とは思っていない。また、第1話の視聴率はドラマの脚本よりもキャスト人気に依存するところが大きいことも知っている。

 いろいろと前置きが長くなってしまったけれども、『コード・ブルー』と『tomorrow』は医療系ドラマである。2つの医療系ドラマが揃って好発進したのは単なる偶然だろうか。少なくとも私にはそう思えない。そういえば以前放映されていた『医龍2』は、同じクールにやっていたドラマのなかでもダントツに面白かった。視聴率もずっと好調をキープしていたように思える。

 とりあえず、自分が見ていた『医龍2』と『コード・ブルー』について軽く分析してみたい。
これらの医療系ドラマに共通しているのは一体なんだろうか。
まずはドラマの”見せ場”を考えてみよう。 これら医療系ドラマのクライマックスは大抵『オペ中に訪れる予期せぬ事態をどう乗り切るか』 もしくは『今、オペをするか否か』という究極の選択を迫られるシーンである。

これらのシーンに共通するのは『今、”自分が”やらなければ患者が死んでしまう』ということだ。この場面で必要とされているのは紛れもなく『代えが効かない存在=”私”』である。

 これは日本を含む全ての先進国において共通していることだけれども、合理化が進んだ現代ではほとんどの労働が機械化、マニュアル化されている。どうしても機械化できない部分を仕方なく人間が補助しているのが現代の労働(仕事)である。このような仕事のほとんどは”誰でも”それなりに出来るようになっているため、使い勝手の良い派遣労働者などが利用されている。(ここ十年くらいで派遣労働者が激増したのも、”合理化”を押し進めてきたことと全く無関係ではないだろう)
 言い方は悪いけれども派遣労働者は経営者側から見れば『使い捨て』の存在である。多くの派遣労働者がそんな自分のあやふやな立ち位置を自覚し、将来に対する不安を募らせているのではないだろうか。
 現代は”自分じゃなきゃダメなんだ”という『使命感』を感じる仕事が少なくなっている。だからこそ『使命感』を感じさせる医療系ドラマ(脚本)がウケているのではないだろうか。

こっちの都合はお構いなし、急患で四六時中呼び出される医者は本当に大変な仕事だと思う。プライベートの時間をきっちり確保したい私としては、(高収入であることを除けば)医者はそこまで魅力的な職業とは思えない。ただ、仕事のなかで『使命感』を感じることが出来ることについては正直羨ましい。

※第二回の視聴率調査では『コード・ブルー』が16% 『tomorrow』に至っては13.9%と大きく視聴率を落としてしまった。今後どうなるかわからないけれども、この2つのドラマが大コケしたら今回の的外れな憶測を笑ってやってください。
Posted by りすお [RIS-O] on 17.2008   0 trackback

ホルモン(・v・)

Category : Music
今週のオリコンウィークリーチャート(シングル)

Perfumeの新曲『love the world』が首位を獲得!
テクノアーティストの1位は史上初で、YMOが「君に、胸キュン。」で記録した2位を25年ぶりに更新したそうです。おめでとうございます!o(´▽`*)/♪

そしてそして、先日紹介したばかり!!
いきものがかりの新曲『ブルーバード』が3位にランクインしましたo(´▽`*)/♪
ええ曲や~。

で、意外だったのがコレ(とかいったら失礼だけどw)

マキシマム・ザ・ホルモンの『爪爪爪』が2位にランクイン!!Σ(・ω・ノ)ノ!

昨年の3月ごろだったかな?
スカパーで彼等のPVを見て一目惚れして、すぐに音楽コミュニティ(?)の友人達に紹介したんですが・・・すぐにハマッてくれた人が何人かいましたw

音楽はとってもアグレッシブ。
低音ギターを響かせた重厚なメロディ、ボーカルの声質も結構カッコイイ感じで、途中で入ってくるラップ!?シャウト!?が絶妙ときたもんだ!
そして何よりも魅力的(?)なのが歌詞!(∩´∀`)∩
一見すると『英語で歌っているのか?』と思うんですが、実際は日本語メインだったりして・・・英単語がまばらにちりばめられた歌詞は意味不明でスゲー下らないwww

ライブで盛り上がる『恋のメガラバ』を例に挙げると・・・

20080716_1.jpg
(ラップ部分)メロメロ エロ プレイガール!プレイガール!

20080716_2.jpg
H都合なドラマスティック 結合なご満悦プレイ

20080716_3.jpg
(Bメロ)HEY! いれろ冷房

『結合なご満悦プレイ』って何(笑)

PVで彼等が見せる動きはキレが良すぎていてビビるww
そんなこんなで結構前から注目していたバンドだったんですが、いつの間にかここまでブレイクしていたんですね(^_^;)

みなさんはホルモン好きですか!?
Posted by りすお [RIS-O] on 16.2008   0 trackback

ポジション再構築

Category : investment
いやぁ、株式市場は大変なことになってますね~。

・・・なんて他人事みたいに言ってられませんw
為替相場の方も大変なんDEATH!
今日はドルやユーロが急落し、久しぶりの円高が訪れています。
最近の為替相場は落ち着いていたんですけどねぇ・・・。

しかし、今回は珍しく(?)事前に危険を察知することができました(笑)

7月11日のこと。
クロス円がある程度円安に振れた段階で、全ポジション(建玉)を綺麗さっぱり決済しました。
スワップ派(金利収入派)らしからぬ行動で申し訳ないですm(_ _)m
昨年末(2007年12月)に85.87円という高値で掴んでしまったNZ(ニュージーランド)ドルを決済することができて気分爽快ですw
ニュージーランドの政策金利は8.25%なので、ジワジワと金利(スワップ)で稼いでいこうと思っていたのですが、(円に対して)通貨の価値が大幅に下がってしまったのです。ここしばらくずっと80円~82円あたりをさまよっていたので、『再び85円以上の値をつけるまでには相当な時間がかかるだろうな』との判断です。

(2万NZドルの)決済レートは81円台の前半で、為替差損でマイナス93000円を計上してしまいましたが、スワップ(金利)収入が73908円貯まっていたのでかなり相殺できました。
それと、93円で掴んだオーストラリアドルを103円台で決済しました。
こちらは為替差益で何とプラス10万円(!) スワップ(金利)で16000円手に入れることができました!
実は他にもいろいろポジションを持っていたのですが(苦笑 それも決済。
元本120万円にしては明らかにオーバーポジションだったので、ここで一度ポジションを再構築したかったのです(^_^;)



つい先日、日経平均株価は12営業日連続で下落。
これはなんと54年ぶりの出来事なんだそうです!
12日間の下げ幅は合計1214円。日経平均が13000円近辺をさまよっていることを考えると10%近く下落したことになりますね。株をやっている人のなかにはかなり厳しい状況に追い込まれている人もいるのではないでしょうか。
更に更に、アメリカのNY(ニューヨーク)株式市場ではダウ平均株価が年初最安値を更新!

これだけ悪い材料が揃ってくれば、いくら平和ボケしている僕でも警戒するというものです(^_^;)

以前何度か損切りをしていたため、元本マイナス10万の状態がずっとつづいていたのですが、今回の決済(利益確定)でわずかながらプラスに持って行くことが出来ました。
昨日余計なポジションをとってしまったせいで、早速評価損を抱えていますが(苦笑
とりあえず!! ここから再スタートです。

目指せ年率20%!○(≧∇≦)o
Posted by りすお [RIS-O] on 15.2008   0 trackback

ジャンボ(・v・)

Category : Diary
今日は何の日?

そう、サマージャンボ宝くじの発売日DEATH!!m9っ`Д´)

ここでちょこっとトリビア。
今回のサマージャンボはいつもと比べて少しだけ違うんです(・∀・)!

今年、30周年を迎えるジャンボ宝くじ。1等・前後賞合わせて3億円が40本、2等1億円が80本、さらに今回は30周年記念賞として3万円が8万本! なんだか当せんしそうな予感がビンビンしちゃう!?



まぁ例によってフリーマガジン『R25』からの引用なんですけどね(笑)
その他、3等の1000万円も400本用意されていて、これは何と昨年の3倍以上なんだそうです!

もし、貴方が高額当選者になったらどうしますか!?
家族・恋人・友人・会社の同僚・・・どこまで話す?

ちなみに僕が高額当選者になったら・・・・
自己顕示欲が旺盛なので包み隠さず公表しますw
”人生大逆転男”として『SPA!』とかに載っちゃいたいです♪(ヴァカ

ちなみに先日のドリームジャンボ&ミリオンドリームの結果は以下の通りでした。

20080714.jpg


今回も全然当たる気がしないな・・・(ー∀ー)
Posted by りすお [RIS-O] on 14.2008   0 trackback

ドラマ 『ホームレス中学生』

Category : TV
今日はフジテレビにて放映されたドラマ『ホームレス中学生』の感想を書いてみようと思う。敢えて説明するまでもないけれど、原作者は麒麟の田村さん。大ベストセラーを記録した同名小説のドラマ化である。

この物語の何が素晴らしいかといえば、私達が今まさに忘れかけている『助け合いの精神』がドラマの中で見事に体現されていたことではないだろうか。
『困っている人を見かけたら助けてあげる』
これは簡単なようでなかなか難しい。ドラマということである程度美化されていた点はあるだろうが、それでも商店街の人達の対応は素晴らしかった。助け合いの精神は兄弟間においても発揮されていた。
 父親の『解散』宣言から始まった生活は、決して恵まれたものではなかった。けれども、共に笑い、共に泣き、そして高校の合格を共に喜んでくれた兄や姉の存在は、彼にとって”救い”であったのだと思うし、兄弟がいたからこそ『これからも生きていこう』と思えたのではないだろうか。

逆境は多くの人に訪れるし、悩みのない人間などまずいないだろう。
たとえ貴方がいま置かれている状況がみじめなものであったとしても、じきに訪れるであろう変化の時を待ち続けて欲しい。
秋葉原で無差別殺傷事件を起こした加藤のように、自分自身に落胆し、他人を憎み、社会を憎み、自暴自棄になってその怒りの矛先を他人に向けてはならない。反社会的な行動を起こしたその時に、本当の意味で『負け組』になってしまうのだと私は思う。

この作品の原作者である麒麟の田村さんは、著書『ホームレス中学生』の大ヒットによって多額の印税を手に入れ、世間から注目を浴び、仕事のオファーも次々と舞い込むようになっている。不遇であったホームレス時代から一転して、国民的な人気者へと華麗なる転身を遂げたのだ。これは、自分達を見捨てた父親を憎むことなく、くじけそうになりながらも自暴自棄にならずここまで生きてきたことに対する神様の贈り物なのではないだろうか。
永遠に降り続く雨がないように、貴方がいま置かれている状況がずっと続くとは限らない。これから先の人生で何が起こるかなんて誰にもわからないのだから、どうか希望を捨てないでほしい。
いつかきっと、貴方の良いところを認めてくれる人が現れるその日まで。

Posted by りすお [RIS-O] on 13.2008   0 trackback

『羞恥心』が止まらない

Category : idol
クイズ!ヘキサゴンからデビューしたユニット『羞恥心』の勢いが止まらない。
正直ここまでブームになるとは思っていなかったのだけれど、イベントで5000人~12000人(!)もの観客を集められる集客力は並大抵のものではない。
 結局のところ『おバカ』という個性は、彼等自身を注目させるキッカケ・・・いわば『玄関口』のようなものだったのだろう。彼等が発する『おバカ珍回答』は嫌味がなく、人を幸せにする笑いを提供するものだと私は当初から気づいていた。
相変わらず『おバカがもてはやされるなんて』という批判は多いが、それはもはや物事を表面的にしか見られない人達が、自分の価値観を必死に守ろうとしているだけにしか見えない。

今年の3月ごろ、『”おバカ”ブームについて思うこと』を友人と同時期に日記に書いてみた。

『おそらく今だけのブームだと思う』
『夏ぐらいには廃れていそうだけど』
彼はブログでおバカ解答者達をこき下ろしていたけれども、今なお続く彼等の人気ぶりを見て一体どう思うのだろうか。

【関連エントリ】
『クイズ!ヘキサゴン』に関する考察
http://secretdesire.blog14.fc2.com/blog-date-20080316.html



【編集長の目っ!】“バカ”にできない、羞恥心の人気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080711-00000023-oric-ent
Posted by りすお [RIS-O] on 12.2008   0 trackback

iPhone狂想曲

Category : Diary
朝のニュース番組で民放各局が一斉にiPhone発売開始の瞬間を放送していてビビったw
なんでも表参道では1キロにも及ぶ行列が出来たとか。

ところで、これって総販売台数が決まってたりするんですか? 違いますよね?

いずれ手に入るものを並んでまで手に入れようとする神経が分からない・・・。
まぁこれも行列好きの日本人の性(サガ)なんでしょうね。

♂:『いやー、俺iPhone手に入れちゃったよ。テヘッ』

♀:『わぁ~、iPhone手に入れたんだぁ~。すごぉ~い(はぁと』


いや、すごいのはiPhoneであって、君じゃないから(笑)

エルメスのバーキンは女性の憧れだという。
エルメス社の社長が、ジェーン・バーキンというカリスマ女優のために作ったバッグのことだ。
100万円近くするそのバッグはいつも予約待ちで、買うのはたいへんだというが、苦労して手に入れたバッグを友人に褒められたとしても、よく考えてみると、褒められているのはバーキンであり、その人自身ではない。
 シロガネーゼやパリジェンヌに憧れるのもわかるが、そういう人は、みんなが価値を認めるブランドで武装すれば、自分自身の価値も上がるとでも思っているのだろうか。

山田玲司 『非属の才能』より引用



自分の若い頃に大流行したビックリマンチョコ。
あんなシール一枚に何の価値も見い出せなかった僕は、当時一切手を出しませんでした。
そういえば、ゲーム界でもお金を出してまでレアアイテム収集している人がいたけど、全くもって理解不能でしたね。
そんなもので自分の価値が向上するわけないのにね。

↓両手で操作する携帯電話とか・・・ダサすぎるww
 むしろiPodに”電話機能が付加された”と見るのが正しいのか?



【参考】iPhoneビギナーQ&A (はてなより抜粋)
Q、iPhoneには赤外線通信機能はありますか?
A、無い。

Q、携帯専用サイトは見れますか?
A、見られない。

Q、FLASHやJAVAが含まれているWEBサイトは見れますか?
A、見れない。

Q、WEBやメールの本文をコピー&ペーストできますか?
A、できません。

Q、iPhoneのカメラにはオートフォーカスや手ぶれ補正ありますか?
A、無い。

Q、iPhoneのカメラで動画撮れますか?
A、撮れない。

Q、iPhoneの電池交換は自分でできますか?
A、できない。

Q、iPhoneにはワンセグ付いてますか?
A、無い。

Q、ノートパソコンのモデムとして利用できますか?
A、できない。

Q、iPhoneにはモバイルスイカとかお財布機能ありますか?
A、無い。

Q、S!メールには対応してますか?
A、無い。

Q、マイクロSDカードは使えますか?
A、使えない。

Q、不在着信ランプやイルミはありますか?
A、ありません 。

Q、単語登録や定型文登録できますか?
A、できません。

Q、iPhoneでドコモやAUの友達と携帯メールのやりとりは普通にできますか?
A、普通には無理。

Q、iPhoneはブルートゥースではワイヤレスで音楽聴けますか?
A、聴けない。

Q、iPhoneは片手で操作できますか?
A、基本は両手

Q、iPhoneは野外で着うた、着メロは買えますか?
A、無線LAN状態じゃないとiTunes Storeで買い物は無理。3G状態、つまり野外での購入は無理。



Posted by りすお [RIS-O] on 11.2008   0 trackback

負け組の戯れ言

Category : Diary
今日のエントリは愚痴っぽい日記なので、そういうのを見たくない人は読まないよーに。

昨日新人歓迎会が行われた。
その場で新人君から興味深い話を聞くことが出来たので、少し紹介してみようと思う。
テーマは我が社における正社員の男女比率。
新人君の話によると、今年は約70人程度の新卒が採用されたようだが、そのうち女子はわずか7人程度だったという。つまり女子は全体の1割しか採用されていないことになる。確か自分が採用された年には約120人程度の新人が採用されていたと思うが、女子はそのうち2割にも満たなかったと思う。

これってどこかおかしくないか?

アパレル業界やその他事務職に比べれば、IT業界は女子にとって不人気なのかもしれない。でも、昨今の就職活動においては情報収集および企業エントリーのためにパソコンが必須といわれるまでになったし、ミクシィやブログなどがこれだけ普及している現代において全くパソコンに触ったことがない女子は少ないだろう。 これだけITが身近になった時代なのだから、女子の中でもある一定数はIT業界に興味を持つ子もいると思うのだが・・・どうだろうか。
 身体能力的に男子よりも劣る女性が不利であろうと思われる業種(建築現場や引越し等)において、男女比率が偏るのは仕方がないのかもしれない。しかしIT業界はいうまでもなく頭脳労働であり、いわゆるホワイトカラーだ。これは暴論かもしれないが、システムエンジニアはぶっちゃけ”努力次第でどうにでもなる職種”だと思うw
このような時代背景があるのにも関わらず、採用された新卒社員の男女比率が9:1というのは、どう見ても自然な流れとは思えない。

ウチの社内には『STOP! セクシャルハラスメント』と書かれたポスターなどがいくつも貼られ、人権教育の一環で毎年セクハラ防止のビデオを社員に見せて、さも『女性に優しい会社』であるかのように装っているが、この偏った採用活動こそ立派な女性差別ではないだろうか。

ある日、会議に召集されて、大部屋に行ってみると”(自分も含めて)部屋の中にいた二十数人は全員男子だった。”とか・・・ぶっちゃけ萎えるんですよw
『ここは男子校か!』と心の中で突っ込みを入れる自分がいる(笑)
 ムサイ野郎同士で固まって黙々と仕事をしていると、仕事に対するモチベーションにもある程度影響があるんじゃないか?と思うのです。こういうことを言うと『職場は恋愛するところじゃない!』と怒られてしまいそうだけど、事実、男子ばかり(その逆もしかり)の職場だと”価値観が片寄るんじゃないか?”とも思えるのだ。

最近、仕事に関する本や自分探し系の書籍をいくつか読んでいるのだけれども、どうやらこうした(男子に偏った)採用活動をしているのはウチの会社だけではないようだ。『婚活時代』などの著作で知られる白河桃子さんは、晩婚化や『結婚できない男女』の増加について、
『日本企業が※ダイバーシティを進めてこなかったツケ』
と述べている。
※有能な人材確保のために、女性、外国人、少数民族などを受容し活用できる組織を作る人材管理手法のこと。ダイバーシティーは多様性の意。

結局のところ、会社からすれば『採用してから間もなく結婚・出産で会社を辞められては困る。だから女子は採用しにくい』というのが本音ではないのか。今まではただ『何となく』それで上手くいっていたから良いものの、これからの時代もそれが通用すると思ったら大きな間違いだと思う。いつまでも古い価値観を引きずって『何となく』を続けていれば、いずれ恐竜のように絶滅してしまうのではないだろうか。

先日、ヤフーのトップ記事で『下流社会2』からの引用と思われる記事が掲載された。
女子が『やりたい職業』というランキングにおいて『キャバ嬢・ホステス』が9位にランクインしていたことについて大々的にとりあげられており、この記事は物議をかもした。この記事には『世も末だ・・・』 『キャバクラ嬢なんてサイテー』というコメントが多数寄せられたていた。
以前の自分ならそう思っただろうが、いざ社会人になってみると『こんな時代ならアリかな?』とも思えてしまう。

女子の場合、一生懸命勉強して四年制の大学を卒業しても、必ずしも就職できるとは限らない。
事実、大手企業への就職は男子に比べると明らかに”狭き門”となっている。
(自分より)明らかに不真面目だった男子学生の方がどんどん内定を貰っていくのだから、真剣に勉強している方がバカバカしくなるというものだ。こんな時代なら安易に”稼げそう”なキャバクラ嬢へと流れてしまうのも無理はないと思われる。
(実際のキャバクラ嬢は大変な職業だと思うし、TVに出たり都内の一等地に暮らしたりしているキャバクラ嬢はピラミッドの頂点に位置する一握りだと思うが)



秋葉原で無差別殺傷事件を起こした加藤は、自身のことを「負けっぱなしの人生」、「彼女さえいればこんなに惨めに生きなくていいのに」「彼女がいない、ただこの一点で人生崩壊」などと言っていた。

もし加藤の言うことが真実なら、ここ?年彼女のいない自分の人生はとっくに崩壊しているw
しかも、普段女っ気のない環境で生活していて『勝負の舞台にすら上がれていない』自分は一体どれだけの負け組なんだろうかw

出産費用の一部を補助したり、子育てにかかる費用を軽減するのも結構だが、本当に少子高齢化が深刻な問題だと考えているのならば、まずこうした雇用格差にメスを入れ『男女が出会う機会』を増やすべきではないだろうか。

Posted by りすお [RIS-O] on 10.2008   0 trackback

栄冠から背を向けて

Category : Book
人気作家である伊坂幸太郎さんが、自身の著作『ゴールデンスランバー』について直木賞の選考対象となることを事前に辞退していたそうだ。
直木賞は多くの作家にとって憧れであり、喉から手が出るほど欲しい賞であろう。予備選考前の段階で辞退するのは極めて異例ではないだろうか。伊坂幸太郎さんいわく、直木賞は色々な意味で話題性があり、影響力が大きい賞であるだけに『執筆活動の妨げとなる』と判断したようだ。

伊坂作品の人気ぶりは誰の目から見ても明らか。『陽気なギャングが地球を回す』、『アヒルと鴨のコインロッカー』などの作品はいずれも映画化されているし、『めざましテレビ』などでも”注目の作家”としてとりあげられていたからだ。

多分、この人は本当に大切なものが分かっているのだろう。
大事なのは賞をとることではなく、良い作家でありつづけることであるということに。

第129回直木賞作家、石田衣良さんは自身の著作で以下のように述べている。

作家になるのは簡単だが、作家であり続けるのはたいへんだ。
果てしないのぼり坂が待っているのだから。

石田衣良 『てのひらの迷路』より



伊坂さんの作品は過去何度も直木賞にノミネートされている。
これがどういうことか分かるだろうか。
つまり彼の作品は、直木賞を獲るレベルには十分に達しているのだ。
あとは『いつ』 『何の本で』賞を獲るのか、ただそれだけの問題である。

既に『ゴールデンスランバー』は2008年本屋大賞、第21回山本周五郎賞を受賞している。これらの賞を獲る前に伊坂さんに直木賞を与えられなかったことは、直木賞を主催する日本文学振興会にとって最大の失敗として記憶されることになるだろう。



<伊坂幸太郎さん>「ゴールデンスランバー」、直木賞選考を辞退
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000019-maiall-ent

 
Posted by りすお [RIS-O] on 09.2008   0 trackback

NANASE AIKAWA GIG'08 ”七瀬の日”

Category : LIVE
毎年恒例、7月7日は『七瀬の日』ということで!
相川七瀬さんのLIVEに行って来ました。

20080707.jpg

会場は『SHIBUYA-AX』
原宿駅と渋谷駅のちょうど中間あたりにあるライブハウス。

平日開催だから今日は会場空いているんじゃないかな?と思っていたのだけれど、実際はかなり混んでいた。ここしばらく新曲のリリースをしていないし、TV出演していないのにも関わらず、こうして七夕にはちゃんと集まってくれる沢山の暖かいファンがいて”いいなぁ”と思ったよ。

今年もバックバンドにFuzzy Control(ファジーコントロール)をむかえ、非常に力強いライブパフォーマンスをしてくれました。去年の七夕LIVEは七瀬さんが妊娠8ヶ月だったから『ライブ中に産まれるんじゃないか』と見ているこっちもヒヤヒヤしていたのだけれど(笑)
今回のライブではバンドも観客も一体になって完全燃焼できたんじゃないかな。

今年の11月ごろにニューアルバムのリリースが予定されているらしい。
ニューアルバムのコンセプト(タイトル?)は『REBOON』(再生)
今年から本格的に”攻撃再開”といったところか。
今回の七夕ライブではニューアルバムに含まれるであろう新曲がチラホラ散りばめられた内容になっていた。ノリが良い曲、美しいバラード曲、どれもイイ感じで楽しめました。

劇場版仮面ライダーキバのテーマソングを担当することになったとか。
タイトルは『Circle of Life』
七瀬さんいわく『今までの私の曲には無かったメタルな曲』
サビは大団円を予感されるキャッチーで前向きなメロディだった。映画の内容はよく分からないけど、おそらく仮面ライダーのエンディングテーマとしてはふさわしい感じになってるんじゃないかな。サビはね・・・。
というのも、Aメロが激しすぎるんですよ。
映画を観に来ている子供の耳にはちょっと刺激が強すぎるんじゃないか?これw みたいな。

七瀬さんの音楽活動が緩やかになってからというもの、(J-POPにおいて)女性ボーカリストでエッジの効いたロックを聞かせてくれる人がいなくなったような気がしていただけに、こうして再始動の胎動が聞こえてくると嬉しくなる。
ここ数年はHIGH and MIGHTY COLORがお気に入りだったのだけど、マーキーはドリカムの中村さんと結婚して年内いっぱいでハイカラ卒業しちゃうし・・・その他、女性ボーカリストでロックしているバンドといえばチャットモンチーくらいかな? でもボーカルの声が甘い感じだからちょっと違うんだよなぁ。V君が好きな陰陽座は耽美的な匂いがしていて正統派ロックとは少し違う感じだし・・・
やっぱり相川七瀬サイコー♪ってことでw

きっと誰かが いつかこの世界を
変えてくれる そんな気でいたよ

相川七瀬 『夢見る少女じゃいられない』


いい歌詞だなぁ。
受身受身で過ごしてきた僕のハートにズシンと響いたよ。
やっぱり『待ってるだけじゃ何も変わらない』んだよね。ここ数年でよく分かった。
REBOON(再生)を掲げて再始動を始める七瀬さんのように、自分もどんどん動いていかなきゃ。
この冴えない現実を夢のように塗りかえたい。
Posted by りすお [RIS-O] on 07.2008   0 trackback

AKB48 TeamA公演 前田敦子生誕祭

Category : LIVE
運良く連続で抽選に当選していたので、昨日のTeamK公演に引き続き、今日のTeamA公演にも行ってきた。
 メンバーの多くが大手芸能事務所に所属した今、(TV・ラジオ・グラビア・イベント等の)外の仕事の関係でTeamAのメンバーは非常に集まりにくい状況にある。 そんな状況を考慮してか、このところのTeamA公演は平日に開催されることが多く、こうして休日に公演が行われるのは久しぶり。

AKB48の公演システムを軽く説明しておくと・・・
平日は19:00から開始される1公演のみ。おそらくメンバーには学生も多いから学業の妨げにならないようにしているのだろう。
休日はずっと2公演(昼、夜)だったのだけど、人気の高まりに呼応するかのように1日に3公演行われるようになった。(12:00、15:00、19:00公演。 それぞれ昼公演、おやつ公演、夜公演と呼ばれている)  公演は(立ち見も含む)全席メール抽選方式。
今日は19:00公演に当選していたのだけれど、運が良いことにこの回は前田敦子さんの生誕祭が行われるのだ。
昨日はめちゃくちゃ運が良く、最前列から数えて2列目に座ることが出来た。(入場順は毎回ランダム)
この日の公演終了後、一緒に行った友人はかなり満足そうな表情をしていたなぁw

ひょっとして最近運気が上がってるのか?なんて勝手に思っていたけれど、運が良いのはここまでだった・・・_| ̄|〇
入場順抽選はかなり干され気味。(最後が25巡目までで)確か21巡目くらいじゃなかったかな・・・
座席に座ることができず、後ろのほうから立ち見観戦。
とりあえず、こじはる(小嶋陽菜)がよく見える位置に陣取ったつもりw

公演が始まって間もなく『やっぱりTeamA公演はいいなぁ』と思った。
現在行われているTeamA 4th 『ただいま恋愛中』公演においては『軽蔑していた愛情』や『BINGO!』のようにシングルカットされているヒットチューンが複数含まれていることも親しみやすい一因なのかもしれないけど、やはり個人的にTeamAに推しメン(一押しメンバー)が多いのがやっぱり大きいかな。
入場巡は最悪だったけれど、6月13日に発売された新曲『Baby Baby Baby』(i-mode限定配信曲)のTeamAバージョンをナマで見ることが出来たからヨシとしようw

一番最後の曲『なんて素敵な世界に生まれたのだろう』が終わり、メンバー全員が手をつないでおじぎを始めようとするところで!?

20080602_4.jpg
『と、見せかけて!?』

こじはるの一声でメンバー全員が動作を止め・・・ここで前田敦子さんの生誕祭発動。
ステージ中央に大きなケーキが運ばれてきた。

♪誕生日の夜 が流れるなか、ローソクの火を一気に吹き消す前田さん。
ここで観客席から大きな拍手と歓声が送られた。
AKB48の発足以来、高橋みなみさんと並ぶダブルエースとしてAKB48をここまで引っ張ってきた前田さん。それだけにファンからの支持も厚いのだろう。ちなみにこうしてシアターで生誕祭を迎えるのも3回目だそうな。
今でこそ公演で明るい笑顔を振りまくようになった前田さんなのだけど、AKB48に入った頃は人と目を合わせられないほどに暗い少女だったそうだ。『そんな自分を変えたくて』AKB48に入ったのだとか。なんだか中川翔子さんのエピソードにかぶるなw
冗談はさておき、多くのファンが『最初はダメダメだった』と語る前田さんがここまで成長できたのは間違いなくAKB48という土壌と、ファンの応援があってこそだろう。
多分、前田さんのファンはそうやって『成長していく彼女』に自分を投影している人も多いのかもしれないな・・・なんてことを思ったり。

20080706.jpg

なにはともあれ前田敦子さん、17回目の誕生日おめでとう☆
Posted by りすお [RIS-O] on 06.2008   0 trackback

『ダビング10』始まりました

Category : TV
本来六月から開始されるはずだった『ダビング10』が、すったもんだの末に7月4日からようやく開始されたようだ。

ネットニュースなどをチラ見している限りでは、(ダビング10に対応している)現行のHDDレコーダーで『ダビング10』を楽しむためには『アップデート』が必要らしい。
主な方法としては以下の2通りだとか。
・(TVの)放送派を使ってアップデートする
・ネットでダウンロードしたデータをCD-Rに焼き、レコーダーに読み込ませる

うーん、なんだか面倒くさそうだなぁ・・・
なんて思っていたら、ウチの機器は何もしていないのにいつの間にかダビング10に対応していた模様。
※Panasonic DIGA DMR-XW30を使用

20080705.jpg
アニメ『マクロスF』です(笑)
※画像右上、先週(6/28)まではコピーアットワンス、今週(7/5)からは『10』のアイコンが。

『家族用に番組をダビングする』だとか『ダビング中に停電してダビング失敗』なんて一度も体験したことない自分からすれば、『ダビング10』のありがたみを感じることはほとんどないのだけど・・・
Posted by りすお [RIS-O] on 05.2008   0 trackback

枕に顔をうずめる前に

Category : Book
つい先日、本屋に立ち寄ってみると2種類の単行本が平積みされているのが目に入った。
片方は村山由佳さんの『夢のあとさき』 もう一方は石田衣良さんの『愛がいない部屋』だった。
個人的に二人とも好きな作家さんなので、このように単行本が隣同士に並べられているのを見て何だか嬉しくなった。
奇しくも村山由佳さんと石田衣良さんは第129回直木賞をW授賞している。
こうして発売日が偶然重なったのも何かの縁なのだろうか。

『夢のあとさき』を含む『おいしいコーヒーの入れ方シリーズ』は、読んでいる方が恥ずかしくなってくるほどの純愛ストーリー。読者層は若者向けを想定しているのか、(当時)マンガくらいしか読まなかった僕ですら一気に読めてしまうほどに面白い内容です。
一方、石田衣良さんの『愛がいない部屋』は、恋愛にまつわる切ないストーリーを集めた短編集。『白馬に乗った王子様』や『アイドルみたいな可愛い子』は出てこないけれど、この世界のどこかでこういう恋愛をしている人は沢山いるのだろうな・・・と思わせてくれるストーリーばかり。平凡な日常の中にきらめく恋の1ページが綴られている小説。
本当にスラスラと読めてしまう短編集なので、時間がない人にもオススメです。
眠りにつく前のほんの何分間を利用して、心の洗濯をしてみませんか。

 
Posted by りすお [RIS-O] on 04.2008   0 trackback

これっていいかも!? ~洋楽編~

Category : Music
皆さんご存知の通り(?)自分は邦楽ロック大好きっ子なんで、洋楽はめったに聴きません。よって、世間でよく見かけられる『俺は洋楽しか聴かないからJ-POPのことよく分かんないんだけど』みたいな人にとっては、今日のエントリは読む価値がないと思います(笑)

いくら洋楽に疎い僕でも定番のAvril LavigneやEVANESCENCE、SUM41くらいは聴くんですよ。
でも、みんなが既に知っているものをわざわざ紹介しても仕方がないですよね。

そんなこんなわけで今日はややマイナーなバンドを紹介したいと思います。
Posted by りすお [RIS-O] on 03.2008   0 trackback

ELLEGARDEN BEST ALBUM発売

Category : Music
今しがたブログを確認してみたら、過去最高のアクセス数だったので『何事?』と思っていたのだけど、今日はELLEGARDENのベストアルバムの発売日だったのね。

つまり、↓のELLEGARDENとは直接関係ない記事に文字検索でやってきた人が多かったということですか。申し訳ないm(_ _)m
このアクセス数を見る限り、良くも悪くも多くの人に反響を与えてきたんだな・・・。

ちなみに僕はベストアルバムを買っていません。全部持ってるしね。

エルレガーデンのフロントマンである細美さんもこう言っていることだし。

去年出すって約束したアルバムが作れなくて、今年出す予定だったアルバムも出ない。
スタッフだってボランティアでやってるわけじゃない。悪いのは約束を守れなかった俺たちだから、 ベストに関しては関わらないっていう立場を選びました。だから昨日書いた通り、持ってる人はいらないと思う。
それしか言えないです。ごめんなさい。
(過去の日記より拝借)



ただ一つ、これだけは言える。

ELLEGARDENの音楽を聴いたことがない人は損をしていると思う。

もちろん、人それぞれ趣味嗜好があるから一概に『良い』とはいえないでしょう。
でも、『知らない』というのはもったいないと思うんだ。

音楽はこれほどまでに激しいのに、対照的に歌詞はスゲー後ろ向き。
下らない偏見や世間体に抑圧されて、自分の居場所を見つけることが出来ずにもがきながら生きてきた人にとってはすごく共感できる音楽だったんじゃないかな。

そういえば、失恋したときは『marry me』を良く聞いてたなぁ。

Posted by りすお [RIS-O] on 02.2008   0 trackback

これっていいかも!? ~邦楽編~

Category : Music
最近すっかり音楽のチェックを怠っていました・・・
せっかくスカパーの音楽専門チャンネル契約してるんだから、もうちょっと聴かねば・・・

というわけで、ざっとチェックしてみたんですが。
邦楽で『これって結構イケてるんじゃ?』と思う曲を二つほど紹介します。
Posted by りすお [RIS-O] on 01.2008   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人♂
    ※当blogでは応援・紹介を目的として有名人の画像を使用しています。
    ※無差別に送信されていると思われるトラバは即刻削除します。
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend