マクロスFのライブチケットがとんでもないことに

Category : LIVE
深夜帯に放映されているアニメ『マクロスF』では、天才作曲家である菅野よう子さんが音楽を担当している。作中に登場する2人の歌姫の楽曲(菅野プロデュース)を多数収録したオリジナル・サウンド・トラック(OST)『娘フロ』はオリコンウィークリーチャートで3位を記録し、エヴァンゲリオンのOST以来13年ぶりの快挙を成し遂げた。

しばらくして『マクロスF 超時空スーパーライブ』(本物のライブ)が開催されること告知された。場所は東京お台場の『Zepp Tokyo』 Wikipediaによればキャパシティ(収容人数)としては2700人程度であり、”国内最大級”のライブハウスであるとされている。

アニメ自体の人気と作曲家・ボーカリストの人気が相まって、今このライブチケットの争奪戦がとんでもないことになっているのだ。

チケットの定価は1枚2,100円。
おそらく学生を考慮してのことだろうが、ライブハウスとはいえ一般的なライブチケットに比べればかなり低価格に抑えられている。

このライブの先行予約に注文が殺到。mixiのコミュを見ているとかなりの人が落選し、悔しい思いを吐露している(当選した人があまり書き込んでいないだけかもしれないが)
21日の土曜日に行われた一般発売では開始1分で『完売』したという。
嘘か真かわからないけれども、『10秒で繋がったけどダメだった』なんていう声も聞かれた。

幸いなことに自分は先行予約でライブに当選しているのだが、驚くべきことに整理番号は100番以内だった! そういえば宇多田ヒカルの武道館コンサートのときも最前列から5列目だったし、意外なときに意外な座席(整理)番号が割り振られるものだなぁ(^_^;)
歳も歳だし、Zepp Tokyoの真ん中辺に設置されている柵に持たれかかりながらマッタリとライブ鑑賞をしたいなぁなんて思っていたのだけれど、これだけの良番なのだからタオル片手に最前列に突入するしかあるまい。

ヤフーオークションなどをみるとチケットの値段は既に10倍以上の値段に跳ね上がっている。更に整理番号200番以内になると30,000円とか45,000円とか有り得ない価格がつけられている。これは明らかに主催者側の『誤算』だろう。いや、むしろ『嬉しい悲鳴』といったところか。
こうした状況を考慮したのか、つい先日追加公演の開催が発表された。
Zepp Tokyoで同日に行われる『昼ライブ』と、大阪公演(会場未定?)がそれだ。 つまりZepp Tokyoでは同日中に『昼ライブ』と『夜ライブ』が行われることになる。同日中に2回ライブを行えば単純計算で2倍の人数が収容できるため非常に良いことのように思える。
しかし、ボーカリストにかかる負担は相当なものになるのではないか。特にオーディション上がりの中島愛さんはまだライブにも慣れていないだろうから、声をつぶしてしまわないか非常に心配である。

登場メンバーのスケジュールの都合上難しいのかもしれないけれど、もうこうなったらある程度の主要都市をまわる『マクロスF ライブツアー』を開催するほうが良いのではないだろうか。もしくは日本武道館クラス(10000人弱?)で開催するとか。

これはあくまで自分の願望なのだけれど、先日の一般予約でもチケットを入手できなかった人は、まずZepp Tokyoの『昼ライブ』と大阪公演の先行・一般予約に賭けてもらいたいなぁ。転売屋をみすみす儲けさせるのも何だか悔しいので。
Posted by りすお [RIS-O] on 22.2008   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend