DEAD or ALIVE

Category : investment
今年の夏に起こったサブプライムショックによって世間の投資熱は若干冷え込んでいますが、株や為替等の投資は『(給料以外の)第二の収入源』として依然として高い関心が寄せられています。

そんな中、Yahooのトピックスに気になるニュースが・・・

賢い人は冬のボーナスで投資せず

・「年末年始に投資をするのはやめなさい。高い確率で負けるから」
・日本のサラリーマンのボーナスは、玄人筋には格好のカモネギ
・仕事が始まっても新年会や仕事始めで忙しく、株まで気が回らないといった状況だ。プロたちはこのタイミングを狙って売り攻勢を仕掛ける。
・ちなみに今年に起きたサブプライムショック。市場が急落したのは8月17日だったが、これも日本人の気が緩むお盆時。これを機会に海外勢が仕掛けてきたという“陰謀説”はプロの投資家たちの間では有名な話だ。



などなど、市場の急変動の『きっかけ』を探る上で気になる話題が沢山。
これらの理由は全て”後付け”であることには変わりませんが、『よく分からないけど何故かそうなる』という経験則は得てしてよく当たります。

先日、FX投資家の間でも話題になった『FXで稼ぐ人はなぜ1勝9敗でも勝つのか』を読みましたが、この本でも『12月の相場には参加すべきでない』と警鐘を鳴らしています。
更には「12月を相場をやっているヤツは、負けたヤツ」とまで言い放っています!

ニューヨークの外国為替ディーラーは11月下旬の感謝祭(Thanksgiving Day)から年末まで1ヶ月丸ごと休暇をとることが多いそうです。
いわゆる外資系の企業というと異常なまでにノルマに厳しいイメージがありますが、実際はノルマ未達成(ノルマを8割方達成した)のディーラーも休暇をとる人が多いようです。
12月の不安定な相場に参加して利益を減らすよりは、残り2割未達成のまま年末を迎えたほうが良いだろう。というリスク回避の行動に走るのです。
ノルマを達成しなければ即降格!という企業は案外少ないのかもしれません。

そうなってくると12月に相場に参加している投資家は『負け組ディーラー』ということになります。薄商いの中で大規模な仕掛けを行えば、それがきっかけとなって相場が急変することも有り得ますから、そんな中で相場に参戦することは非常にリスキーな行為と言えます。

ここまで安定的に利益を積み上げてきた人は、12月の相場には参戦しないほうが良いのかもしれませんね。僕のように大負けしている人は12月も一緒に頑張りましょう。必死に相場に食らいついていきましょう(笑)

ローンに苦しんでいる人ならともかく、そうでない人にとってはボーナスは嬉しい臨時収入であることは事実です。『特に使い道がないから投資でもしてみるか』という人も多いでしょうが、始める時期をズラした方が良いのかも!?
それとも変動しやすい相場にボーナスをつぎ込んで一攫千金を狙いますか?

そうそう、イーバンクで3ヶ月の定期預金を100万円で組んでいましたが、今月満期を迎えます。戻ってくる金額は約1,002,000円です(涙
まぁマイナスよりはマシかw

投資につぎ込むお金と貯蓄分のお金としっかりと分けておくことで、投資で失敗してもパニックに陥らなくて済みます。投資で失敗した分を取り戻そうとして借金までする人もいるようですが、言語道断でしょう。冷静な判断ができなくなって更に負債を抱えることにもなりかねません。家のローンとか車とか大きな買い物ならともかく、それ以外で不必要な借金はなるべくしないことです。世の中たかが数百万円の負債で殺人が起こる時代ですからね・・・怖い怖い。
投資はあくまでも余裕資金で!o(´▽`*)/♪

Posted by りすお [RIS-O] on 05.2007   2 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend