ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 公開間近

Category : Movie
90年代後半に放映されて大反響を生んだTVアニメ『エヴァンゲリオン』が10年の時を経て再び映画化されることになりました。
全四部構成で、その最初『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』がついに今週末(9/1)に公開されます!

20070830_1.jpg

今の若い人は『エヴァ』といっても知らなかったりするのかな~Σ( ̄∇ ̄;)

TV放映時はさほど話題にならなかったのですが、衝撃の最終話、単純なロボットアニメでは有り得ない凝ったディテール、言葉の端々に張り巡らされた様々な伏線、宗教めいた単語…等々そのクオリティーの高さはTV放映終了後から徐々に話題となり、ビデオ・関連グッズ等の商品が飛ぶように売れ、その経済効果は200億円(!)とまで言われました。

その後、TV東京で再放送された『エヴァ』は深夜枠であるにも関わらず異例の高視聴率を叩き出し、録画率も異様に高かったと言われています。(←ビデオ録画もリサーチできるらしい)

20070830_2.jpg

当時高校生だった僕は・・・
周囲から勧められるがままにリアルタイムでエヴァを観ていましたo(´▽`*)/♪
※(僕も含めて)男子校にいる男子はアニヲタばかりでしたw

でもでも、僕が一番スゴイと思ったのはココです。
小説などの活字媒体とは違い、アニメでは到底描ききれないと思われていた苦悩や深層心理(精神世界?)の世界を大っぴらに表現したことです。

『深層心理』の世界をここまで大胆に描いたアニメは今まで無かったのではないでしょうか。

TV放映の『エヴァンゲリオン』は、(最終話を考慮すると)『ロボットアニメ』ではなく『主人公である碇シンジ君の”心の再生”の物語』といった方がしっくりくるでしょう。

主人公の中学生、碇シンジ君は苦悩しながらエヴァンゲリオンという機体(ロボット)に乗り、『使徒(シト)』と呼ばれる未知の敵を倒していきます。

20070830_3.jpg

シンジ君は『逃げちゃダメだ…逃げちゃダメだ!』と作中で自分に向かってつぶやきます。
通常のロボットアニメならば、敵との対戦を怖がる自分を鼓舞するセリフと捉えられますが、エヴァという作品の中ではそれだけの意味にとどまりません。

『ボクがエヴァに乗らないと、沢山の人が死んじゃうんだ。』
『エヴァに乗り続けることによって、父親から自分の存在を認めてもらえるかもしれない。』
『ボクが期待されているのは、それはボクがエヴァにパイロットだからなんだ。だからみんなの期待に応えなきゃいけないんだ!』
『エヴァに乗ること・・・それがボクの”存在意義”』

だから 『逃げちゃダメだ!』 に繋がるのです(・∀・)!

こうした一種哲学的とも言える葛藤が作中では大胆に表現されています。

(これは今でも覚えています)特に凄まじいのがTVシリーズの16話。
途中から完全に精神世界の話になって、主人公の碇シンジ君はもう一人の自分と対話を始めます。

20070830_4.jpg

そこで、”もう一人の自分”からこんなことを言われます。

シンジ:『僕が生きていくには、この世界はつらいことが多すぎるんだ』
?:『たとえば泳げないこと?』
シンジ:『人は浮くようにはできてないんだよ!』
?:『自己欺瞞だね』
シンジ『呼び方なんか関係ないさ!』
?:『イヤなことには目をつぶり、耳をふさいできたんじゃないか!』

シンジ:『楽しいことみつけたんだ、楽しいことみつけて、そればっかりやってて、何が悪いんだよ!!』
?:『楽しいことだけを数珠のようにつむいで生きていられるはずがないんだよ。特に僕はね。』

他の話では『(パイロットとして)エヴァに乗っていないと”自分”を保てないんだろ?』みたいなことも言われていたと思います。

これを観た瞬間、背筋がゾクゾク来ましたw

僕は物心付いた頃から『自分に期待されているのは何なのか』、『自分の存在意義とは何か』、『死ぬことが定められているのに何故人は生きようとするのか』とか…そんなことをずっと考えながら生きてきました。
 でも、当時高校生だったボクはそんなことを考えながら生きてる人間は周囲にはほとんどいないと思ってたし、そういうことを友人に言うと間違いなく気持ち悪がられると思っていました。
でも、エヴァのこの回をキッカケに他人にもこういう話をしていいのかもしれないと思えるようになったのです。(はた迷惑?w)

案の定、翌日学校に行くとアニメを見ていた人達の大半が『昨日の話は何だったんだよ。意味ワカンネーし。』とブーブー言っていました(^_^;)
純粋に『血沸き肉踊るロボットアニメ』を求めていた人からすればガックリする内容だったのでしょうねー。
そんな彼等の期待を裏切るように最終話とその前(25、26話だったかな?)は完全に精神世界の話に染まってしまい…様々な疑問を残しつつTVシリーズは終焉を迎えます。

その後エヴァは映画化されましたが…ここでも濃い精神世界の話が展開され、楽しいことばかりに熱中し周囲との調和が図れないヲタク達に向けて暗喩的に強烈なメッセージが発せられました。。。

ネット上でちょこっと今回の劇場版の製作秘話?みたいなのを読んだけど、『今回はエンターテイメントに徹する』みたいに書いてあったから僕の好きな(?)精神世界の話はあまり観られないかもしれません(´・ω・`)
いずれにせよ週末から公開される劇場版『序』は、TV版でいう1~6話らしいので、そういう話はほとんど出てこないかと思われます。

『エヴァ』をまだ観たことが無い!というそこの貴方!!m9っ`Д´)
色々な意味でセンセーショナルな作品なので、試しに観に行ってみるのはいかが?

まぁ色々熱く語ってしまいましたが、何せ10年前のアニメなのでうろ覚えです(^_^;)
しかも様々な捉え方ができる作品なので…いろいろと異論反論はあるかと思いますが、その辺は勘弁してくださいm(_ _)m
Posted by りすお [RIS-O] on 30.2007   0 trackback
 HOME 

プロフィール

りすお [RIS-O]

  • Author:りすお [RIS-O]
  • フツーの社会人・個人投資家
    ※ご連絡は下記[メールフォーム]よりお願いします。

FC2カウンター

TOTAL ACCESS

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

Recommend